「2020年10月16日」の記事一覧

日刊スポーツ

阪神大山悠輔内野手(25)が、打率3割と打撃2冠を視界に捉えた。2回に内野安打で出塁。4回には右翼線三塁打で先制機をつくりあげた。チャンスメークだけでは終わら… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

土壇場にヒヤリとしたが中日が今季最多の6連勝を飾った。5点差のリードで9回に5番手藤嶋が鈴木誠に23号3ランを被弾。しかし守護神R・マルティネスが4番松山から… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

阪神ドラフト2位井上広大内野手が8回に代打で登場し、中越え適時二塁打。甲子園1軍デビューの打席でプロ初安打、初打点をマーク。試合後は西勇、梅野とともにお立ち台… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神5-0ヤクルト」(16日、甲子園球場) 阪神のドラフト2位ルーキー・井上広大が八回にタイムリーを放ち、初安打・初打点をマークした。試合後は、1軍で安打がでなくても母親から届くメールに励まされ、気持ちを切り替えていたことなどを明かした。以下、一問一答の要旨。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神5-0ヤクルト」(16日、甲子園球場) 阪神の矢野燿大監督が、ドラフト2位ルーキーで、初安打・初打点をマークした井上広大について今後の飛躍につなげることを期待した。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神5-0ヤクルト、19回戦、阪神10勝9敗、16日、甲子園)阪神は投打がかみ合い、5-0でヤクルトに快勝。連敗を3で止めた。貯金を再び1とした矢野燿大監督の一問一答。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神5-0ヤクルト、19回戦、阪神10勝9敗、16日、甲子園)阪神の大山がタイムリー2本を含む今季初の4安打。4番の働きに「しっかり走者がいるところでかえせたことは良かった」と胸を張った。

後で読む
サンケイスポーツ

広島は引き分けを挟み2連敗を喫した。投手陣が13被安打8失点。佐々岡真司監督(53)の一問一答は以下の通り。

後で読む
サンケイスポーツ

阪神のドラフト2位・井上広大外野手(19)=履正社高=が八回に中越え二塁打を放ち、初安打初打点。お立ち台にトークに上がった。

後で読む
スポーツニッポン

男子決勝が行われ、西慶司郎(22)が昨年のワールドゲームズ(WG、世界選手権に相当)日本代表で東京五輪代表候補の大原洋人(23)を下し、優勝した。西は10・37点(5・27、5・10)、大原は9・90点(5・33、4・57)だった。

後で読む
東京スポーツ

 投手にとっては脅威だろう。ロッテ・藤原恭大外野手(20)が16日の日本ハム戦(ZOZOマリン)で相手先発の杉浦から初回先頭打者弾を放った。14日の楽天戦でプロ初アーチを初回先頭打者初球本塁打で飾った…

後で読む
東京スポーツ

 首位ソフトバンクは16日の楽天戦(ペイペイ)に7―3で快勝し、6連勝を飾った。打線が初回に6連続単打を集めて4点を奪取。14安打と活発でムーアの5勝目を強力援護した。  好調な打線の中で気がかりだっ…

後で読む
デイリースポーツ

「阪神5-0ヤクルト」(16日、甲子園球場) 高津ヤクルトが今季8度目の完封負けを喫し、借金はワーストタイの「21」。打線がつながりを欠き、シーズン勝ち越しの可能性が消滅した。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA2-1巨人」(16日、横浜スタジアム) DeNAが逆転勝ちを収めた。ラミレス監督は「今のところ、このゲームが今年ベストだと思います」と喜びを爆発させた。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク7-3楽天」(16日、ペイペイドーム) ソフトバンクが6連勝を果たした。「素晴らしい攻撃だった」と工藤監督が振り返る、初回の猛攻で試合の大勢を早々に決めた。

後で読む
デイリースポーツ

「ロッテ5-1日本ハム」(16日、ZOZOマリンスタジアム) 日本ハムは投打がかみ合わず、ロッテに完敗した。

後で読む
東京スポーツ

西武が16日のオリックス戦(メットライフ)に2ー1の逆転勝ちで連敗を2でストップ。借金を2とし、このカードの対戦成績を10勝11敗1分けとした。  先発・今井が6回途中まで6四球を与える不安定な投球…

後で読む
東京スポーツ

阪神は16日のヤクルト戦(甲子園)の5―0と快勝。敗れれば4連敗となり貯金が底をつく正念場の一戦だったが、先発の西勇輝投手(29)が8回を5安打無失点に抑える快投で節目の10勝目をマークした。  野…

後で読む
東京スポーツ

阪神・梅野隆太郎捕手が16日のヤクルト戦の6回に、貴重な中押し点となる6号ソロ。直近5試合で無安打と打撃不振に苦しんでいたが、この日は4打数2安打と復調の兆しを見せた。盟友の先発・西勇をリードだけで…

後で読む
東京スポーツ

厳しい現実を突きつけられた。3位の楽天が16日の首位・ソフトバンク戦(ヤフオク)で3―7と敗れた。この日、2位・ロッテが勝ったため自力でのCS進出は消滅。数字上で〝復活〟する可能性は残されてはいるも…

後で読む
東京スポーツ

〝昇格人事〟の是非はこれからか。巨人が16日のDeNA戦に1―2で敗れた。2位・中日が勝ったため、優勝へのマジックは「8」と変わらず。好機をことごとく逸した内容に、原辰徳監督(62)も「今日は両軍、そ…

後で読む
サンケイスポーツ

 阪神のドラフト2位・井上広大外野手(19)=履正社高=が八回に代打で登場し、出場3試合目で初安打を放った。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク7-3楽天、22回戦、ソフトバンク13勝9敗、16日、ペイペイドーム)ソフトバンクが6連勝。貯金を今季最多の「19」とした。試合後、工藤公康家督(57)が取材に応じた。主な一問一答は以下の通り。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク7-3楽天、22回戦、ソフトバンク13勝9敗、16日、ペイペイD)ソフトバンクが6連勝で楽天戦の6年連続勝ち越しを決めた。一回にグラシアルの適時打など6連打で4点を先制。二回に甲斐のソロ、三回は松田宣の2ランで加点した。ムーアは7回3失点で5勝目。楽天は投手陣が崩れた。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神5-0ヤクルト、19回戦、阪神10勝9敗、16日、甲子園)阪神が連敗を3で止めた。西勇は走者を背負っても冷静で、8回無失点。3年連続2桁勝利に達した。四回に先制二塁打の梅野が2-0の六回は一発。大山は4安打2打点。歳内が五回途中2失点のヤクルトは好機で一本が出なかった。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、中日8-6広島、18回戦、中日8勝9敗1分け、16日、マツダ)中日・木下拓太捕手(28)が「8番・捕手」で出場。同点の二回に左翼へ決勝の3ランを放った。

後で読む
日刊スポーツ

巨人は1点を追う9回無死三塁のチャンスを生かせず、逆転負けで優勝マジック8で足踏みとなった。原辰徳監督は「こっちももう1本というところでしたね。1点で勝とうと… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

デビューから7打席凡退したが、高卒1年目から試合に出て、結果を残した。打点つきの二塁打というのは、いいものを持っている、そんな力の証明だ。もう少し打球が上がれ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

DeNA佐野恵太内野手(25)が、5試合連続本塁打となる20号ソロを放ち、球団記録に並んだ。佐野は11日阪神戦(甲子園)から5戦連発。68年長田、77年田代、… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神5-0ヤクルト」(16日、甲子園球場) 阪神のドラフト2位ルーキー・井上広大外野手が八回にタイムリーを放ち、プロ初安打と初打点を本拠地でマークした。試合後は、10勝目の西勇、本塁打を放った梅野とともに初お立ち台も経験した。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ロッテ5-1日本ハム、22回戦、ロッテ13勝9敗、16日、ゾゾマリン)大阪桐蔭高からドラフト1位で入団して2年目のロッテ・藤原が、14日の楽天戦(ZOZOマリン)に続く初回先頭打者本塁打。鮮やかにチームに流れを呼び込んだ。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、DeNA2-1巨人、19回戦、巨人12勝7敗、16日、横浜)巨人の今村は2日以来、中13日での登板で力強い直球とフォークボールのコンビネーションがさえた。打線の援護がなく白星は得られなかったが、要所を締めて6回を4安打無失点と好投し「ストレートが良く、フォークボールも角度がついていて良かった」と自賛した。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、西武2-1オリックス、22回戦、オリックス11勝10敗1分、16日、メットライフ)オリックスの山岡は6回2失点で5敗目を喫し「課題でもあった六回で粘り切れなかったところ」と振り返った。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、中日8-6広島、18回戦、中日8勝9敗1分け、16日、マツダ)中日は広島に8-6で勝利し、2016年5月10日以来の貯金4。連勝を今季最多、昨年9月3-8日以来となる「6」に伸ばした。与田剛監督(54)の主な一問一答は下記の通り。

後で読む
デイリースポーツ

日本パラリンピック委員会(JPC)アスリート委員会が主催する第1回アスリートミーティングが16日、オンライン形式で開かれ、20競技の55選手が参加して東京五輪・パラリンピック組織委員会から報告された大会準備状況の情報などを共有した。 選手が日本に入国する際の隔離措置を免除する条件などの検討状況も説明された。東京パラ代表に内定している陸上男子走り高跳びの鈴木徹(SMBC日興証券)は「直に意見をもらい、貴重な機会だった。選手は気持ちが入ったと思う」と話した。

後で読む
デイリースポーツ

「サーフィン・さわかみチャレンジシリーズ鴨川」(16日、東条海岸) サーフィンの国内プロツアーを管轄する日本プロサーフィン連盟の特別戦が、無観客で行われた。東京五輪種目のショートボード女子決勝は、19年ワールドゲームズ(WG=世界選手権に相当)代表の脇田紗良(18)が15・50点で優勝。条件付きで五輪出場権を持つ松田詩野(18)は11・37点で2位だった。

後で読む
デイリースポーツ

バスケットボール男子のBリーグ1部(B1)は16日、川崎市とどろきアリーナで1試合が行われ、東地区の川崎は西地区の広島に99-64で快勝し、4勝1敗とした。広島は1勝4敗。

後で読む
デイリースポーツ

日本オリンピック委員会(JOC)は16日、オンラインで開いた加盟競技団体の幹部との会議で、海外遠征した日本選手が帰国後14日間の待機措置を特例で緩和されたことを受け、可能になった練習だけでなく、試合も出場できるように制限を緩和する要望が相次いだことを明らかにした。 現在は感染対策を条件に、宿泊場所と事前登録した練習場所の往復に限って外出が認められている。籾井圭子常務理事は「強化に実戦形式のものは欠かせないということだった。関係機関と調整したい」と話した。

後で読む
東京スポーツ

RIZIN FFは16日、第2代RIZIN女子スーパーアトム級王者のハム・ソヒ(33=韓国)が王座を返上すると発表した。今後の継続参戦について話し合いをしてきたが、合意に至らなかったためだという。 …

後で読む
デイリースポーツ

「ロッテ5-1日本ハム」(16日、ZOZOマリンスタジアム) ロッテ期待の2年目、藤原恭大外野手が勝利の立役者となった。

後で読む
デイリースポーツ

中日が今季初の6連勝。0-1の二回に遠藤の適時打と木下拓の3ランで4点を奪い、逆転した。4-3の八回は高橋と遠藤の適時打で加点した。ロドリゲスが3勝目。広島は終盤に投手陣が崩れ、鈴木誠の2本塁打も実らなかった。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク7-3楽天」(16日、ペイペイドーム) 楽天・下水流昂外野手(32)が、“左キラー”ぶりを発揮だ。

後で読む
デイリースポーツ

「西武2-1オリックス」(16日、メットライフドーム) オリックスは六回にモヤの適時打で先制するもその裏の守りで山岡が粘れず栗山に逆転打を許し4連敗。19試合を残して今季の負け越しが決定。2014年を最後に6年連続でシーズン負け越しとなった。

後で読む
デイリースポーツ

「四国ILp、徳島5-3愛媛」(16日、東予運動公園野球場) 四国ILp・徳島インディゴソックスの最速150キロ右腕・行木俊投手(19)が先発したが、二回無死一塁で頭部死球を与え、危険球により降板した。

後で読む
デイリースポーツ

 「ゴルフ・広電オープン・最終日」(16日、グリーンバーズGC=パー72) 男子プロの部は、関藤直熙(23)=エブリイ=が通算9アンダーで並んだ平本穏(34)とのプレーオフを制し、大会初優勝を飾った。優勝賞金は150万円。トップと5打差の18位から出た関藤は1イーグル、5バーディーの65で回り、プレーオフへ突入。3ホール目にバーディーを奪って決着をつけた。

後で読む
日刊スポーツ

駐日オランダ大使館は16日、「ユリ新品種命名式」をオンラインで開催し、新品種を「Kodaira」と名付けたことを発表した。駐日オランダ大使のペーター・ファンデ…

後で読む
日刊スポーツ

南大会2連覇中の札幌山の手が小樽潮陵を57-3で下し、21年連続で決勝に駒を進めた。9トライを挙げた攻撃陣の起点となったCTB仲野優輝(2年)は「敵陣に入って…

後で読む
日刊スポーツ

18年に男子部員5人で再出発した小樽潮陵は4強で散った。同校OB佐藤幹夫監督(59)が率いる強豪札幌山の手との対戦前には、2年生7人が背中に「潮陵タックル祭」…

後で読む
日刊スポーツ

旭川龍谷が初の北大会3連覇に王手をかけた。前後半3トライの計6トライを挙げ、芦別を38-7で下した。FWとBKが一体となる組織力を武器に終始圧倒。遠軽を迎え撃…

後で読む
東京スポーツ

阪神の井上広大外野手(19)が16日のヤクルト戦(甲子園)でプロ初安打初打点をマークした。  14日に一軍初昇格後、2日連続でスタメン出場していたが、この日は9回に代打で甲子園デビューとなった井上。…

後で読む
東京スポーツ

借金で首が回らない。ヤクルトは16日の阪神戦(甲子園)に0―5で今季8度目の完封負けを喫した。先発・歳内は5回途中を2失点と踏ん張った。それでも2番手・梅野から寺島、久保とこの日、投げた投手は全員失…

後で読む
東京スポーツ

広島・鈴木誠也外野手(26)が一試合2発の大暴れだ。16日の中日戦(マツダ)では3点を追う3回、相手先発・ロドリゲスから中堅・バックスクリーンへ反撃の22号2ランを放った。その後、広島リリーフ陣が崩…

後で読む
東京スポーツ

Vへ勢いは増す一方だ。ソフトバンクが16日の楽天戦(ペイペイ)に7―3で快勝。今季2度目の6連勝で、貯金は今季最多の19となった。  今季2戦2敗、防御率0・66と苦手にしている楽天・塩見を初回に怒…

後で読む
東京スポーツ

J1柏は、16日に下部組織に所属する6選手がトップチームの選手として登録されたと発表した。第2種契約(アマチュア)となり、Jリーグでの試合出場が可能になる。    登録された選手は以下の6名   D…

後で読む
スポーツニッポン

 ロッテの藤原恭大外野手(20)が初回に先頭打者弾を放った。カウント2ボールからの3球目、日本ハム・杉浦の投じた真ん中高めの139キロ直球を右中間席へ運ぶ2号ソロとなった。

後で読む
サンケイスポーツ

日本オープン選手権第2日(16日、千葉・紫CCすみれC=7317ヤード、パー70)5位から出た堀川未来夢が過少申告のため失格になった。パー4の17番で4打を要したが、スコアカードに「3」と誤って記入し提出した。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は16日、セ・パ両リーグで6試合が行われた。

後で読む
サンケイスポーツ

バスケットボール男子のBリーグ2部(B2)は16日、埼玉県の越谷市立総合体育館などで2試合が行われ、東地区の越谷は山形に70-67で競り勝ち、4勝目(1敗)を挙げた。群馬は99-72で愛媛に勝ち、3勝2敗とした。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、広島6-8中日、18回戦、広島9勝8敗1分、16日、マツダ)中日が今季初の6連勝。0-1の二回に遠藤の適時打と木下拓の3ランで4点を奪い、逆転した。4-3の八回は高橋と遠藤の適時打で加点した。ロドリゲスが3勝目。広島は終盤に投手陣が崩れ、鈴木誠の2本塁打も実らなかった。

後で読む
日刊スポーツ

ロッテが1回藤原の先頭打者弾で先制。日本ハムが3回、相手のミスで同点。その裏、ロッテがマーティン25号2ランで勝ち越し。ロッテが6回捕逸と田村の4号ソロで2点… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

2軍で再調整していた日本ハム吉田輝星投手が1軍に合流した。ロッテ戦(ZOZOマリン)の試合前練習に参加。先発登板が見込まれる22日本拠地・札幌ドームでのソフト… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンクは初回、6連打で4点を先制。2、3回にも甲斐、松田宣の1発で3点追加。楽天は3回に下水流が1号2ラン。楽天は4回2死一、二塁から下水流の左前適時打… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 「DeNA2-1巨人」(16日、横浜スタジアム) 巨人が逆転負けを喫した。

後で読む
デイリースポーツ

 「阪神-ヤクルト」(16日、甲子園球場) 元阪神のヤクルト・歳内宏明投手(27)が、古巣である阪神と初対戦。4年ぶりとなった甲子園の登板で、4回1/3を8安打2失点、5奪三振だった。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(16日、甲子園球場) 阪神・大山が大爆発だ。3-0の七回1死一塁。3番手寺島から中堅フェンス直撃の適時二塁打を放った。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(16日、甲子園球場) 阪神・西勇輝投手(29)が最大のピンチを脱した。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(16日、甲子園球場) 阪神のドラフト2位井上がプロ初安打初打点で甲子園デビューを飾った。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神5-0ヤクルト」(16日、甲子園球場) 阪神が連敗を「3」で止め、今季の甲子園勝ち越しを決めた。元阪神のヤクルト先発・歳内を攻略。小刻みに得点を重ね、再び貯金を「1」とした。

後で読む
サンケイスポーツ

日本パラリンピック委員会(JPC)アスリート委員会が主催する第1回アスリートミーティングが16日、オンライン形式で開かれ、20競技の55選手が参加して東京五輪・パラリンピック組織委員会から報告された大会準備状況の情報などを共有した。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、西武-、22回戦、16日、メットライフ)八回の西武の攻撃中、先頭打者の1番・金子のカウントが2ボール1ストライクとなったところで、突然審判団が試合を中断させ、マウンド付近に集まった。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、DeNA2-1巨人、19回戦、巨人12勝7敗、16日、横浜)巨人は競り負け、自力でマジックを減らすことはできなかった。DeNA・佐野は球団6人目となる5試合連続弾でチームに勢いをつけた。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は16日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
スポーツニッポン

女子決勝が行われ、昨年のワールドゲームズ(WG、世界選手権)日本代表の脇田紗良(18)が、東京五輪条件付き出場権を獲得している松田詩野(18)を下し、優勝。今大会最高得点となる9・50点を含む、15・50点を叩き出し、同い年のライバル対決を制した。

後で読む
東京スポーツ

 阪神・梅野隆太郎捕手(29)が16日のヤクルト戦(甲子園)で6号ソロ本塁打を放った。2点リードの6回先頭で打席に入ると、ヤクルト2番手・梅野の4球目の150キロを叩き、右翼ポールに直撃させた。  1…

後で読む
デイリースポーツ

サッカー日本代表の森保一監督(52)ら代表スタッフが16日、遠征先のオランダから成田空港着の航空機で帰国。前日に戻ったスタッフも加え、空港でのPCR検査の結果で全員が陰性判定となり、今後は2週間をめどにした自主待機に入る。 今年初の代表活動を終えた指揮官はオンラインでの取材に、開口一番「良い活動ができた。環境作りに尽力してくれた人に感謝したい」。活動期間中、複数回にわたって検査が行われたが、選手スタッフなどチーム関係者から1人も感染者は出ず。無事に遠征を終えたことで「感染対策に尽力してくれた人に感謝を申し上げたい」と話した。

後で読む
デイリースポーツ

サッカー日本女子代表(なでしこジャパン)の高倉麻子監督(52)が、来年度に発足される国内の女子プロリーグである「WEリーグ」によって代表強化が加速することに期待を寄せた。 前日に行われた参入11チーム決定のウェブ会見を、高倉監督も食い入るように見つめていたといい「勝手に私が盛り上がっていました」と苦笑い。そして「世界中が女子に力を入れている中で、女子のプロ化はかならずやらないといけないと思っていた。まずそこのスタートラインに立てた」と語った。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA-巨人」(16日、横浜スタジアム) 巨人が八回、息詰まる投手戦の均衡を破った。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA-巨人」(16日、横浜スタジアム) DeNA・佐野が八回に右翼へ5試合連続本塁打となる同点の20号ソロを運んだ。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA2-1巨人」(16日、横浜スタジアム) 巨人が逆転負け。1点リードの八回にリリーフ陣が打たれた。

後で読む
デイリースポーツ

「ロッテ-日本ハム」(16日、ZOZOマリンスタジアム) ロッテ・沢村拓一投手が4点リードの八回に3番手で登場し、1回を1安打無失点。味方のミスをカバーし、無失点でしのいだ。

後で読む
デイリースポーツ

「ロッテ5-1日本ハム」(16日、ZOZOマリンスタジアム ロッテが連敗を2でストップした。

後で読む
東京スポーツ

阪神・大山悠輔内野手(25)が16日のヤクルト戦(甲子園)の5回に3打席連続安打となる左前適時打をマーク。チームに貴重な追加点をもたらすとともに、この時点で今季71打点とし、セ・打点王争い3位タイに…

後で読む
東京スポーツ

〝恩返し勝利〟とはいかなかった。ヤクルトの歳内宏明投手(27)が16日の阪神戦(甲子園)に先発し、5回途中8安打2失点。昨年まで所属した古巣のチームメート相手に白星を挙げることはできなかった。  4回…

後で読む
東京スポーツ

待望の対戦も勝利はつかめなかった。ヤクルトの歳内宏明投手(27)が16日の阪神戦(甲子園)に先発。4回1/3を投げ8安打2失点だった。  入団会見でも「阪神戦で投げたいという気持ちがある」と話してい…

後で読む
東京スポーツ

西武・今井達也投手(22)が16日のオリックス戦(メットライフ)に先発。5回1/3で6四球を与えながら2安打1失点(自責0)でしのぐ今井らしい微妙な投球だった。  立ち上がりからボールが先行する危な…

後で読む
東京スポーツ

阪神・梅野隆太郎捕手(29)が16日のヤクルト戦(甲子園)で6号ソロ本塁打を放った。2点リードの6回先頭で打席に入ると、ヤクルト2番手・梅野の4球目の150キロを叩き、右翼ポールに直撃させた。  1…

後で読む
サンケイスポーツ

テニスのウィンブルドン選手権を主催するオールイングランド・クラブは16日、来年の大会開催に向けて無観客を含めて三つの案を検討していると発表した。英政府や保健当局の方針に沿って、観客の入場を全面的に認めるか、上限付きで受け入れる可能性も探る。

後で読む
サンケイスポーツ

在日オランダ大使館は16日、ユリの命名式をオンラインで開き、新品種を「kodaira」と名付けた。2018年平昌冬季五輪のスピードスケート女子500メートルで金メダルを獲得した小平奈緒(相沢病院)にちなみ、日本とオランダの懸け橋となる願いを込めた。

後で読む
サンケイスポーツ

気温10度台と肌寒い風が吹く中、球場を包む拍手が温かった。ヤクルト・歳内宏明投手(27)=前四国IL香川=が、古巣相手に先発。久々に上がるマウンドの感触を確かめながら、思い切り腕を振った。

後で読む
日刊スポーツ

4位DeNAが、M8の首位巨人と対戦。先発はDeNAが井納、巨人は今村。DeNA佐野恵太内野手(25)が、5試合連続本塁打となる20号ソロを放ち、球団記録に並… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

DeNA佐野恵太内野手(25)が、5試合連続本塁打となる20号ソロを放ち、球団記録に並んだ。1点を追う8回無死、巨人3番手大江の初球を捉え、右翼席に運んだ。1… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

日本ハム杉浦稔大投手(28)が4回途中3失点でマウンドを降りた。1回先頭の藤原に139キロの球を右中間席への1発を浴び先制点を献上。2回は3者凡退に抑えたもの… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(16日、甲子園球場) 阪神・西勇輝投手(29)が五回終了時点で3安打無失点と好投を続けている。自身10勝目、そしてチームの連敗を「3」で止めるべくマウンドでの“奮投”ぶりが光っている。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(16日、甲子園球場) 阪神・大山が追加点をたたき出した。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(16日、甲子園球場) 阪神・梅野が“梅野撃ち”だ。

後で読む
サンケイスポーツ

バドミントンのデンマーク・オープン第4日は16日、デンマークのオーデンセで各種目の準々決勝が行われ、女子ダブルスで第1シードの福島由紀、広田彩花組(丸杉Bluvic)は第5シードのクロイ・バーチ、ローレン・スミス組(イングランド)と対戦。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク-楽天、22回戦、16日、ペイペイドーム)楽天・塩見貴洋投手(32)が先発し、今季最短となる2/3回を6安打4失点で緊急降板した。

後で読む
日刊スポーツ

鹿島アントラーズのザーゴ監督が、18日の北海道コンサドーレ札幌戦(札幌ド)で苦手意識を払拭(ふっしょく)する。今季札幌とはリーグ中断中の3月に練習試合を行った…

後で読む
日刊スポーツ

日本サッカー協会は16日、福島・Jヴィレッジで行われるなでしこジャパンのトレーニング合宿(19日~26日)に参加する選手23人を発表した。   ◇   ◇  …

後で読む
日刊スポーツ

サッカー元日本代表選手で静岡県函南町出身の内田篤人さん(32)が16日、静岡朝日テレビの情報番組「とびっきり!しずおか」(月~金曜午後4時37分)に生出演した…

後で読む
日刊スポーツ

北海道コンサドーレ札幌はチケット販売で新たな取り組みを始めた。18日鹿島アントラーズ戦、24日横浜FC戦(ともに札幌ドーム)で、人工知能(AI)を取り入れた「…

後で読む
日刊スポーツ

アジア・サッカー連盟(AFC)は16日、今季のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)決勝(12月19日)をドーハで行うと発表した。すでに新型コロナウイルスの影…

後で読む
スポーツニッポン

今年3月の東京五輪1年延期決定後、初の合宿を実施中の柔道男子日本代表の井上康生監督(42)が16日、オンライン取材に応じ、「久しぶりの全体合宿で選手、コーチ、スタッフが改めて五輪へ気持ちを引き締めた。(コロナ禍の)期間中、やるべきことをやっていた姿を見られて安心した」などと語った。合宿には73キロ級の大野将平(旭化成)ら東京五輪代表内定6選手と、66キロ級で12月に代表決定戦を控える丸山城志郎…

後で読む
スポーツニッポン

男子ゴルフの日本オープンは16日、千葉・紫CCすみれC(7317ヤード、パー70)で第2ラウンドを行い、2位から出たアマチュアの河本力(20=日体大3年)が5バーディー、3ボギーの68で回り、通算5アンダーで首位に立った。17位から出た杉原大河(20=東北福祉大3年)、桂川有人(22=日大4年)のアマ2選手ら4人が1打差2位。各日の成績でトップ5に3人のアマチュアが入るのは、99年の日本ゴルフ…

後で読む
東京スポーツ

 日本車いすバスケットボール連盟は16日、2021年に予定されていた男子U23世界選手権の日程を変更すると発表した。  当初は、千葉市で21年5月後半から6月前半にかけて開催する方向だったが、新型コロ…

後で読む
東京スポーツ

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は、16日に東京・中央区晴海のオフィスに勤務する20代の男性職員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。組織委職員の感染例は今回が6例目となる。  組織委によると…

後で読む
東京スポーツ

 男子ゴルフの国内メジャー「日本オープン」2日目(15日、千葉・紫CCすみれC=パー70)、2位から出たアマチュアの河本力(20=日体大)が5バーディー、3ボギーの68で回り、通算5アンダーで首位に立…

後で読む
デイリースポーツ

日本オリンピック委員会(JOC)は16日、オンラインで国内競技団体の専務理事、事務局長との会議を行った。 JOCは選手が競技会場で性的な意図で写真を撮影されたり、会員制交流サイト(SNS)にみだらな文章や画像を拡散されたりする被害拡大を受け、選手の環境を守るための対策に乗り出している。

後で読む
デイリースポーツ

新型コロナウイルスの影響で今季の全戦が中止されたサーフィンの国内プロツアーで「特別戦」として開催されたさわかみチャレンジシリーズ鴨川は16日、千葉県鴨川市で決勝が行われ、東京五輪予選を兼ねた昨年のワールドゲームズ(WG)の日本代表同士が対決した女子は脇田紗良が松田詩野を破って優勝した。 男子は西慶司郎が、昨年のWGに出場した大原洋人を抑えて制した。

後で読む
デイリースポーツ

カヌー・スプリントの男子カヤックフォア500メートルで東京五輪代表の4選手が16日、東京都江東区にある五輪会場の海の森水上競技場で練習を公開した。本番会場で一緒の艇に乗るのは今回の合宿が初めてで、リーダー格の松下桃太郎(自衛隊)は「海だが、うねりはなく、風も悪いところはなかった。ベストのパフォーマンスを出せる」と好感触を口にした。 松下は水本圭治(チョープロ)藤嶋大規(自衛隊)宮田悠佑(和歌山県教育センター学びの丘)と息を合わせてスタートやスパートを繰り返し、東京湾の水路を活用したコースの感触を確かめた。

後で読む
デイリースポーツ

カヌー・スプリントで男子カヤックフォア500メートルの東京五輪代表に内定している松下桃太郎、藤嶋大規(ともに自衛隊)、水本圭治(チョープロ)、宮田悠佑(和歌山県教育センター学びの丘)が16日、東京・海の森水上競技場で公開練習を行った。 12日から16日まで行われた今合宿では、東京五輪の同種目が行われる会場を使用。チームでの初乗りに松下は「こぎやすい。海だけど、ベストなパフォーマンスが出せる」とうなずいた。

後で読む
デイリースポーツ

在日オランダ大使館は16日、ユリの命名式をオンラインで開き、新品種を「kodaira」と名付けた。2018年平昌冬季五輪のスピードスケート女子500メートルで金メダルを獲得した小平奈緒選手(相沢病院)にちなみ、日本とオランダの懸け橋となる願いを込めた。 小平選手は14年からスピードスケートが国技とされるオランダへ留学し、飛躍。平昌五輪の1000メートルでも銀メダルを獲得するなど功績をたたえられ「(ユリが)多くの人々の心を温かくし、前に進む勇気を届けてくれる存在になることを願う」とメッセージを送った。自身の名が付いた品種はオレンジ色の鮮やかな花を咲かせる。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク-楽天」(16日、ペイペイドーム) ソフトバンクの松田宣浩内野手が8年連続の2ケタ本塁打を達成した。三回に10号2ランを右中間のホームランテラス席に放った。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(16日、甲子園球場) 元阪神のヤクルト・歳内宏明投手(27)が、古巣である阪神と初対戦。4年ぶりとなった甲子園での登板だったが、4回1/3を投げたところで降板となった。

後で読む
デイリースポーツ

 日本オープン選手権第2日(16日・千葉県紫CCすみれ=7317ヤード、パー70)アマチュアの河本力(日体大)が2位から5バーディー、3ボギーの68で回り、通算5アンダーの135で首位に立った。杉原大河(東北福祉大)、桂川有人(日大)のアマ2選手と、首位から70で回った今平周吾、64と伸ばした谷原秀人が1打差2位に並んだ。 市原弘大と池村寛世が通算3アンダーの6位。さらに1打差で一昨年優勝の稲森佑貴ら4人が並んだ。石川遼はイーブンパーの13位、金谷拓実は1オーバーの19位に上がった。通算4オーバーまでの60人が決勝ラウンド進出する。

後で読む
日刊スポーツ

昨年のサーフィンワールドゲームズ(WG)日本代表の脇田紗良(18)が、ショートボード女子決勝で、条件付きで東京五輪の出場権を持つ松田詩野(18)を破り優勝した…

後で読む
日刊スポーツ

日本オリンピック委員会(JOC)は16日、オンラインで国内競技団体(NF)と新型コロナウイルス対策などについて会議を行った。加盟55団体中52団体の専務理事ら…

後で読む
日刊スポーツ

カヌー・スプリントの男子カヤックフォア500メートルで東京オリンピック(五輪)代表に内定している4人乗りチームが16日、本番が行われる海の森水上競技場で合宿を…

後で読む
日刊スポーツ

北北海道で遠軽が富良野を82-7で下し、2年連続決勝に進出した。NO8目時有斗夢(めとき・あとむ=2年)が3トライのハットトリックと活躍。本職はフランカーも、…

後で読む
日刊スポーツ

柔道男子代表の井上康生監督(42)が、強化合宿で練習試合形式のメニューを取り入れる考えを示した。16日、オンライン取材に応じ、東京五輪代表の国際大会への派遣が…

後で読む
東京スポーツ

ビックマネーが動くかもしれない。ユベントス(イタリア)がパリ・サンジェルマン(フランス)に所属するフランス代表FWキリアン・エムバペ(21)の獲得に本腰を入れている。  エムバペは、2018年ロシア…

後で読む
東京スポーツ

5連勝中の竜打線の勢いは本物だ――。中日は16日の広島戦(マツダ)で木下拓哉捕手(28)が値千金の勝ち越し3ランを放った。  初回に先発ロドリゲスがボークや3安打を集中されるなど1点を先制されてしま…

後で読む
東京スポーツ

広島・鈴木誠也外野手(26)が16日の中日戦(マツダ)で22号2ランを放った。3点を追う3回、一死一塁の場面で打席に入ると3ボール0ストライクから相手先発・ロドリゲスが投じた149キロの直球をフルス…

後で読む
東京スポーツ

楽天・下水流昂投手(32)が16日のソフトバンク戦(ヤフオク)で今季初本塁打を放った。    この日、出場選手登録されると8番・右翼で先発出場。5点ビハインドの3回無死一塁、相手先発・ムーアから高め…

後で読む
サンケイスポーツ

5点を追う三回無死一塁。相手先発、ムーアの5球目をたたいた。球団広報を通じて、「打ったのはストレートです。しっかり捉えることができました。まだ序盤なので、早く追いつけるように頑張ります」とコメントした。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ロッテ-日本ハム、22回戦、16日、ゾゾマリン)ロッテの藤原が14日のプロ初本塁打に続き、プロ2本目も初回先頭打者本塁打でマークした。2ボールで杉浦の速球を豪快に振り抜き、右中間席中段に運び「カウントが良かったので、思い切っていった。しっかり自分のスイングができた」とうなずいた。

後で読む
サンケイスポーツ

日本オープン選手権第2日(16日、千葉・紫CCすみれC=7317ヤード、パー70)アマチュアの河本力(日体大)が2位から5バーディー、3ボギーの68で回り、通算5アンダーの135で首位に立った。金谷拓実は1オーバーの19位に上がった。

後で読む
サンケイスポーツ

阪神・梅野隆太郎捕手(29)が四回に先制の適時二塁打を放ち、13打席ぶりに安打を記録した。

後で読む
日刊スポーツ

ロッテが1回藤原の先頭打者弾で先制。日本ハムが3回、相手のミスで同点。その裏、ロッテがマーティン25号2ランで勝ち越し。 – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンクは初回、6連打で4点を先制。2、3回にも甲斐、松田宣の1発で3点追加。楽天は3回に下水流が1号2ラン。 – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 米メジャーリーグのナ・リーグ最多勝に輝いたカブスのダルビッシュ有投手が、在シカゴ日本国総領事に表彰されたことを、妻で元レスリング世界女王のダルビッシュ聖子さんが16日、自身のオフィシャルブログで報告した。 「今日は凄い所にご招待頂きました^ ^」のタイトルで、ダルビッシュが表彰されている様子を、写真とともに報告。別途、在シカゴ日本国総領事の岡田健一氏の名前で記された表彰状のアップ写真も掲載されている。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(16日、甲子園球場) 阪神はNPB新型コロナウイルス感染予防ガイドラインに則った形式で、甲子園ライトスタンドでの太鼓、電子笛を使用しての応援活動を再開した。

後で読む
デイリースポーツ

【1985年10月16日】 阪神タイガースが21年ぶりにリーグ優勝しました。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(16日、甲子園球場) 阪神が先制した。ヤクルトの先発は、元阪神の歳内で三回まで無得点だったが、四回に梅野がタイムリーを放った。

後で読む
サンケイスポーツ

インテルミラノに所属するチリ代表FWアレクシス・サンチェスがコロンビア戦で負傷した可能性があるとチリのラジオ番組『ADN Deportes』が報じ、『Goal』も15日にその事実を確認している。

後で読む
サンケイスポーツ

アジア・サッカー連盟(AFC)は16日、12月19日に予定されている今季のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)決勝をドーハで行うと発表した。新型コロナウイルスの影響で中断している東地区の1次リーグ途中から準決勝も11月18日~12月13日にドーハで行われる。

後で読む
サンケイスポーツ

カヌー・スプリントの男子カヤックフォア500メートルで東京五輪代表の4選手が16日、東京都江東区にある五輪会場の海の森水上競技場で練習を公開した。本番会場で一緒の艇に乗るのは今回の合宿が初めてで、リーダー格の松下桃太郎(自衛隊)は「海だが、うねりはなく、風も悪いところはなかった。ベストのパフォーマンスを出せる」と好感触を口にした。

後で読む
スポーツニッポン

日本オリンピック委員会(JOC)に加盟する国内競技団体(NF)の専務理事・事務局長会議が16日、オンラインで行われた。

後で読む
スポーツニッポン

カヌー・スプリント男子カヤックフォア(4人乗り)で東京五輪代表の松下桃太郎(自衛隊)、藤嶋大規(同)、水本圭治(チョープロ)、宮田悠佑(和歌山県教育センター学びの丘)が16日、東京五輪会場の海の森水上競技場で練習を公開した。

後で読む
東京スポーツ

 国内女子ツアー「富士通レディース」初日(16日、千葉・東急セブンハンドレッドC=パー72)、柏原明日架(24=富士通)が70をマーク、首位に2打差の2アンダー、7位と好スタートを切った。首位はペ・ソ…

後で読む
東京スポーツ

 リオ五輪柔道女子48キロ級で銅メダルの近藤亜美(25=三井住友海上)が16日、現役引退を発表した。同日までに全日本柔道連盟(全柔連)強化指定選手辞退届を提出。所属先を通じ「世界チャンピオンや五輪メダ…

後で読む
デイリースポーツ

サッカー女子プロリーグ「WEリーグ」の岡島喜久子チェアは16日、東京都内で取材に応じ、来年9月の開幕戦について「新国立で派手にやりたい」と、東京・国立競技場での実施を目指す考えを示した。2試合続けて開催するアイデアも披露した。1993年に始まった男子のJリーグは、旧国立競技場でのV川崎(現東京V)-横浜Mで幕を開けた。 岡島チェアは同日、内閣府で橋本聖子男女共同参画担当相と面会。初年度に11クラブが参入するWEリーグは、クラブ運営面でも女性登用を推進しており、橋本氏は「まさに女性活躍リーグと期待している」と話した。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(16日、甲子園球場) 阪神打線は初回、ヤクルトの先発・歳内の前に三者凡退に終わった。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク-楽天」(16日、ペイペイドーム) 5連勝中でパ・リーグ首位を快走するソフトバンクが初回に早くも“天敵”を攻略。一気の6連打、4者連続タイムリーで4点を先制した。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク-楽天」(16日、ペイペイドーム) 楽天・塩見貴洋投手(32)が、初回にアクシデントで降板となった。初回1死から川島の左前打を皮切りに6連打を浴びて、瞬く間に4点を失った。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(16日、甲子園球場) 阪神打線がヤクルトの先発・歳内に苦戦している。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク-楽天」(16日、ペイペイドーム) ソフトバンクの4番・グラシアルが二回裏の第2打席を前に早くも代打・釜元を送られて交代した。

後で読む
スポーツニッポン

 広島・石原慶幸捕手(41)は16日、マツダスタジアム内で引退会見を行った。

後で読む
東京スポーツ

今季限りでの現役引退を表明した広島・石原慶幸捕手(41)が16日、マツダスタジアムで引退会見を行った。赤ヘルひと筋で19年を過ごしたベテランは「チームのために自分がなっているのか、なっていないのか自…

後で読む
東京スポーツ

西武は16日のオリックス戦(メットライフ)に先発復帰3戦目の今井達也投手(22)が先発した。  今季はここまで先発、救援合わせて16試合に登板し3勝3敗、防御率6・08と迷走する今井が背水の登板でど…

後で読む
サンケイスポーツ

(イースタン・リーグ、巨人10-1日本ハム、16日、ジャイアンツ球場)日本ハム・斎藤佑樹投手(32)が1-3の六回から3番手で登板。2/3回を4安打5失点でKOされた。

後で読む
サンケイスポーツ

関東大学ラグビー対抗戦で2連覇を目指す明大が16日、今季初の有観客試合となる18日の筑波大戦(熊谷)へ向けて、東京・世田谷区の八幡山グラウンドで約2時間調整した。今季ここまでの2試合は練習拠点での無観客開催。主将のNO・8箸本龍雅(はしもと・りゅうが、4年)は「八幡山じゃないので楽しみ」と笑顔を見せた。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカー女子プロリーグ「WEリーグ」の岡島喜久子チェアは16日、東京都内で取材に応じ、来年9月の開幕戦について「新国立で派手にやりたい」と、東京・国立競技場での実施を目指す考えを示した。2試合続けて開催するアイデアも披露した。1993年に始まった男子のJリーグは、旧国立競技場でのV川崎(現東京V)-横浜Mで幕を開けた。

後で読む
日刊スポーツ

DeNAの地元ファンから絶大な人気を誇るテレビ神奈川(tvk)の吉井祥博アナウンサー(55)が、30日のDeNA-阪神戦(横浜、18時開始)で始球式を行う。1… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ロッテ藤原恭大外野手(20)が、またも先頭打者本塁打を放った。日本ハム先発杉浦から、2ボールからの3球目、真ん中高めの139キロ直球を右中間の中段まで運んだ。… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

4位DeNAが、M8の首位巨人と対戦。先発はDeNAが井納、巨人は今村。DeNA佐野恵太外野手(25)は11日阪神戦から4試合連続本塁打中。DeNAの連続試合… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク-楽天」(16日、ペイペイドーム) 楽天の先発・塩見が初回に4失点を喫し、1回を終えられずに降板した。

後で読む
デイリースポーツ

「ロッテ-日本ハム」(16日、ZOZOマリンスタジアム) ロッテの2年目、藤原恭大外野手が先頭打者本塁打を放った。日本ハム・杉浦の直球を右中間席中段まで運んだ。

後で読む
サンケイスポーツ

大相撲の出稽古が16日、約7カ月ぶりに解禁され、横綱白鵬(35)、新大関正代(28)ら関取9人が参加した。新型コロナウイルス感染予防で3月の春場所後から禁止されていたが、東京・墨田区の両国国技館内の相撲教習所で「合同稽古」として実施された。9月の秋場所後の横綱審議委員会(横審)で度重なる休場を問題視された白鵬は、11月場所(8日初日、国技館)の「結果」で答えを返す。

後で読む
サンケイスポーツ

新大関正代と先輩大関貴景勝(24)が申し合いで3番顔を合わせた後に、三番稽古(同じ相手と何度も取る)でも連続7番取って、正代の4勝6敗だった。

後で読む
サンケイスポーツ

第91回都市対抗野球大会(11月22日開幕・東京ドーム)に出場する32チームが16日、出そろった。初出場はハナマウイ(富里市)の1チーム。最多出場は日本生命(大阪市)で2年連続61度目。昨年優勝のJFE東日本(千葉市)は推薦枠で2年連続24度目の出場。組み合わせ抽選は24日に行われる。

後で読む
サンケイスポーツ

日本オープン選手権第2日(16日、千葉・紫CCすみれC=7317ヤード、パー70)アマチュアの河本力(日体大)が2位から5バーディー、3ボギーの68で回り、通算5アンダーの135で首位に立った。杉原大河(東北福祉大)、桂川有人(日大)のアマ2選手と、首位から70で回った今平周吾、64と伸ばした谷原秀人が1打差2位に並んだ。

後で読む
日刊スポーツ

川崎フロンターレは因縁の相手を下しての新記録樹立を狙う。18日に対戦する名古屋には、8月に同一シーズンの90分試合でのJ1連勝新記録となる11連勝を阻まれた。…

後で読む
日刊スポーツ

名古屋グランパスのマッシモ・フィッカデンティ監督(52)が16日、18日の首位川崎フロンターレ戦(等々力)に向けてリモートで取材に応じた。4位につける名古屋と…

後で読む
日刊スポーツ

日本サッカー協会は16日、福島・Jヴィレッジで行われるなでしこジャパンのトレーニング合宿(19日~26日)に参加する選手23人を発表した。DF鮫島彩(33=I…

後で読む
日刊スポーツ

来年9月に開幕する日本初のサッカー女子プロリーグ「WEリーグ」への参入が15日に決まった新潟レディース(L)の山本英明代表取締役社長(47)と奥山達之取締役G…

後で読む
東京スポーツ

 日本代表の森保一監督(52)が16日、今年初のA代表活動となったオランダ遠征を終えて成田空港に帰国した。  今回の遠征はカメルーン戦(9日)で0―0の引き分け、コートジボアール戦(13日)は1―0の…

後で読む
デイリースポーツ

大相撲11月場所(11月8日初日・両国国技館)に向け、出稽古希望者を対象とした異例の合同稽古が16日、国技館内の相撲教習所で始まり、横綱白鵬や新大関正代、大関貴景勝ら9人の関取が参加した。新型コロナウイルスの影響で3月の春場所後は出稽古が禁止となり、他の部屋の力士同士が稽古場で手合わせするのは約7カ月ぶり。 右膝負傷で2場所連続休場中の白鵬は踏み込みを確認したり、ぶつかり稽古で正代に胸を出したりした。コロナ禍での貴重な機会に「気持ち良かった。本当にありがたい」と感謝した。

後で読む
デイリースポーツ

陸上の全国中学生大会第1日は16日、横浜市の日産スタジアムで行われ、200メートルの男子は津田伊万(石川・金石)が21秒84、女子は磯貝唯菜(静岡・笠井)が24秒68で制した。女子走り幅跳びは釣本陽香(奈良・郡山南)が追い風参考で5メートル83を跳び優勝。 新型コロナウイルスの影響で夏の全国中学校体育大会が中止になったことを受け、当初予定されていたU16競技大会の参加区分を年齢から学年に改め、名称も変更して実施された。

後で読む
デイリースポーツ

日本学生野球協会は16日、審査室会議を開いて7件の処分を決め、高校では松山聖陵(愛媛)の監督が不適切指導および体罰、報告義務違反で8月30日から来年3月29日まで7カ月の謹慎となった。部内暴力のあった享栄(愛知)の部長は9月6日から3カ月の謹慎。 部内暴力と報告義務違反のあった内子(愛媛)の部長は9月18日から4カ月の謹慎処分。校名非公表の監督はセクハラ行為で無期謹慎となった。

後で読む
デイリースポーツ

◇セ・リーグDeNA・京山-巨人・畠(横浜)

後で読む
デイリースポーツ

今季限りで現役を引退する広島の石原慶幸捕手(41)が16日、広島市のマツダスタジアムで記者会見し「すごく幸せな時間だった。真っ赤なファンのみなさんが選手に勇気と力を与えてくれていた」とすっきりした表情で感謝を口にした。 県岐阜商高-東北福祉大から2002年にドラフト4巡目で広島入団。ベストナイン、ゴールデングラブ賞に輝いた16年からリーグ3連覇に貢献し「25年ぶりの優勝がすごく印象深い。3回ともいろいろなうれしさがあったけど、一番記憶に残っている」としみじみと語った。

後で読む
デイリースポーツ

DeNAは16日、十分な感染症対策を講じた上で、観客数の上限を緩和し80%を目安として開催する10月30日から11月1日の阪神戦を対象に、チケットをフレックスプライス「☆5」の一般料金から、最大35%割引した特別価格の「みらいチケット」を発売すると発表した。 観客数上限緩和につては、内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室と協議し、専門家で構成される新型コロナウイルス感染症対策分科会に報告、了解を得て実施される。コロナ対策に関する技術実証を行うため。実際に観戦するファンの協力が必要不可欠となることから、割引価格でチケットを発売することになった。10月19日10時より順次発売する。詳細は球団公式ホームページまで。

後で読む
デイリースポーツ

「ロッテ-日本ハム」(16日、ZOZOマリンスタジアム) ロッテの2年目、藤原恭大外野手が先頭打者本塁打を放った。日本ハム・杉浦の直球を右中間中段まで運んだ。

後で読む
スポーツニッポン

JFLホンダFCは16日、井幡博康監督(46)の今季限りでの退団を発表した。

後で読む
スポーツニッポン

8月に現役引退したサッカー元日本代表DF内田篤人さん(32)が16日、静岡朝日テレビの「とびっきり!しずおか」に生出演した。

後で読む
デイリースポーツ

 富士通レディース第1日(16日・千葉県東急セブンハンドレッド=6659ヤード、パー72)ペ・ソンウ(韓国)が68で首位発進。2週連続優勝を狙う稲見萌寧は69で回り山路晶、永井花奈、比嘉真美子、テレサ・ルー(台湾)とともに2位につけた。 笹生優花、小祝さくら、柏原明日架、申ジエ(韓国)ら9人が70で7位。原英莉花は72で25位、昨年大会をアマチュアとして制した古江彩佳は74で47位となった。(賞金総額1億円、優勝1800万円、出場96選手=アマ4、曇り、気温16・5度、北の風4・0メートル、無観客)

後で読む
日刊スポーツ

日本車いすカーリング協会が16日、オンラインで会見を開き、新たに採用した日本代表選考・強化方式で21年世界選手権、22年北京冬季パラリンピック出場を目指してい…

後で読む
日刊スポーツ

アメリカンフットボールの関東大学リーグで背番号0が解禁された。3ケタは今まで通り使えない。101人以上のチームは重複も許されている。ただし、攻守の選手による重…

後で読む
日刊スポーツ

アメリカンフットボール日本代表主将の近江克仁(24)が、日本人初のNFL入りへ1歩前進した。NFL予備軍が参加するプロリーグTSL(ザ・スプリング・リーグ)の…

後で読む
日刊スポーツ

10月16日、ホンダのF1活動を統括するブランドコミュニケーション本部の渡辺康治本部長が取材に応じ、2021年限りでのF1活動終了に至った経緯を詳しく語った。…

後で読む
サンケイスポーツ

サッカー日本代表の森保一監督らスタッフが16日、オランダでの今年初の活動を終えて成田空港に帰国した。前日15日に戻ったスタッフも含め新型コロナウイルスの検査は全員陰性で、2週間をめどに自主待機する。全て欧州組だった選手は既に所属先に合流した。

後で読む
サンケイスポーツ

Jリーグは16日、選手、スタッフ、審判員を対象とした新型コロナウイルスのPCR検査で、8~11日に検体採取した全3242件が陰性だったと発表した。

後で読む
デイリースポーツ

サッカースペイン1部リーグ、エイバルで下部組織チームに5人の新型コロナウイルス陽性者が出たと15日、クラブが公式発表した。 スペイン紙アスによると、5人は同クラブのBチームに当たるCDビトリアの選手。元日本代表のMF乾貴士、FW武藤嘉紀が所属するトップチームに他の下部組織所属選手が練習参加や試合に出場したケースはこれまでにあるが、陽性判定の5選手はトップチームでの活動がないという。さらに上記2チームは試合会場も練習場も違うため接点がないという。

後で読む
東京スポーツ

真相の行方はいかに――。新型コロナウイルスに感染したイタリア1部ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスチアーノ・ロナウド(35)がイタリアの規則に違反した可能性が浮上している。  C・ロナウド…

後で読む
サンケイスポーツ

ロッテは16日、新型コロナウイルス陽性と判定された鳥谷敬内野手(39)、清田育宏外野手(34)、角中勝也外野手(33)に加え、濃厚接触者の判定を受けた和田康士朗外野手(21)の計4選手を出場選手登録した。

後で読む
サンケイスポーツ

スターティングメンバーが発表され、阪神のドラフト2位・井上広大外野手(19)=履正社高=はベンチスタートとなった。この日の試合前まで2試合連続でスタメン出場もプロ初安打を放つことができていなかった。また、今季限りでの現役引退を表明している藤川球児投手(40)は、ベンチ入りメンバーから外れた。

後で読む
サンケイスポーツ

中日・柳裕也投手(26)が17日の広島戦(マツダ)で先発する。16日は敵地で、ダッシュなどで最終調整を行った。

後で読む
日刊スポーツ

日本投手初の最多勝に輝いたカブスのダルビッシュ有投手(34)が、在シカゴ日本国総領事館から表彰されたことをツイッターで報告。「最多勝祝いで夕食会を開いていただ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

今オフに年俸調停権を取得するエンゼルス大谷翔平投手(26)の来季年俸を、移籍情報サイト「MLBTR」が300万ドル(約3億3000万円)と予想。今季60試合で… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ブレーブスが21年ぶりのワールドシリーズ進出に王手をかけた。PS初登板の22歳右腕ウィルソンが6回1失点と好投。公式戦を含めても8度目の先発だったが、微妙に動… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

4位DeNAが、M8の首位巨人と対戦。予告先発はDeNAが井納、巨人は今村。DeNA佐野恵太外野手(25)は11日阪神戦から4試合連続本塁打中。DeNAの連続… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

両チームのスタメンが発表された。先発は阪神が西勇輝投手(29)、ヤクルトが歳内宏明投手(27)。阪神西勇は現在、防御率2・18でリーグ3位につける。自身3連勝… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ヤクルトは、2試合ぶりに「1番三塁」でエスコバー内野手がスタメンに名を連ねた。2番には、今季2試合目となる田代将太郎外野手が入った。「7番右翼」で山崎晃大朗外… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 「阪神-ヤクルト」(16日、甲子園球場) 両チームのスタメンが発表された。

後で読む
デイリースポーツ

阪神ジョー・ガンケル投手が16日、甲子園で汗を流し、先発予定の17日・ヤクルト戦へ意気込みを語った。 「シンプルに考えてボールを低めに集めたい。低めにいいボールを投げようと意識し過ぎるとカウントを悪くしてしまうこともあるから、打者にゴロを打ってもらえるようにツーシームなどを上手く使って、カウントを有利にして抑えていきたい」

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(16日、甲子園球場) 阪神・板山祐太郎外野手(26)が16日、1軍戦が行われる甲子園の試合前練習に合流し、この日、出場選手登録された。1軍での出場は18年10月13日・中日戦以来遠ざかっている。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神-ヤクルト、19回戦、16日、甲子園)かつての本拠地に戻ってきた。ヤクルト・歳内宏明投手(27)が、甲子園で阪神時代の2016年4月27日の巨人戦以来、4年ぶりに登板する。

後で読む
サンケイスポーツ

富士通レディース第1日(16日、千葉県東急セブンハンドレッド=6659ヤード、パー72)ペ・ソンウ(韓国)が68で首位発進。2週連続優勝を狙う稲見萌寧は69で回り山路晶、永井花奈、比嘉真美子、テレサ・ルー(台湾)とともに2位につけた。

後で読む
スポーツニッポン

大相撲の合同稽古が16日、東京都墨田区の両国国技館内にある相撲教習所で始まり、横綱・白鵬(35=宮城野部屋)や新大関・正代(28=時津風部屋)、大関・貴景勝(24=千賀ノ浦部屋)ら関取9人、幕下力士10人が参加した。新型コロナウイルスの感染拡大により、日本相撲協会は3月の春場所後は出稽古を禁止しており、参加希望者は久しぶりに他の部屋の力士と胸を合わせた。

後で読む
東京スポーツ

 女子プロレス「シードリング」20日の東京・新木場1stRING大会でタッグを結成する〝最恐スイーツ女子〟こと世志琥(27)とWWE入りを控えるSareee(24)が、早くも空中分解の危機に陥った。 …

後で読む
デイリースポーツ

日本サッカー協会は16日、女子日本代表「なでしこジャパン」候補による国内合宿のメンバーに、菅沢(浦和)岩渕(INAC神戸)の両FWら23人を選んだと発表した。代表活動は新型コロナウイルスの影響で休止していたため、3月の米国遠征以来。合宿は19日から26日まで福島県のJヴィレッジで行われる。 オンラインで取材に応じた高倉監督は「五輪に向かって新たに進んでいきたい。世界の中で勝っていくための課題を思い出し、上積みをしたい」と話した。全選手が国内でプレーしており、MFの伊藤(INAC神戸)塩越(浦和)脇阪(C大阪堺)が初めて招集された。

後で読む
デイリースポーツ

サッカー日本代表の森保一監督らスタッフが16日、オランダでの今年初の活動を終えて成田空港に帰国した。前日15日に戻ったスタッフも含め新型コロナウイルスの検査は全員陰性で、2週間をめどに自主待機する。全て欧州組だった選手は既に所属先に合流した。 感染防止対策を徹底して国際親善試合2試合を行い、期間中の複数の検査で日本に感染者はいなかった。オンラインで取材に応じた森保監督は「他の団体スポーツに先駆けて活動し、成功例として次につなげたかった。勇気を持って活動の幅を広げてもらえるきっかけになれば」と語った。

後で読む
デイリースポーツ

日本学生野球協会は16日、都内で審査室会議を開いて高校6件、大学1件の処分を決めた。9月に不適切指導を行っていたことが発覚していた松山聖陵の男性監督は7カ月の謹慎。同監督は8月下旬以降の練習に参加しておらず、初戦で敗退した秋季愛媛大会はコーチが監督代行として指揮していた。 同監督は8月の新チーム発足後、練習中に怠慢があった部員に対して「壁に頭をぶつけておけ」と不適切な指導をしたという。さらに自身が身ぶりで手本を見せながら「自分で頬をたたけ」などといった指示も出していた。

後で読む
スポーツニッポン

JFLホンダFCは16日、井幡博康監督(46)の今季限りでの退団を発表した。

後で読む
東京スポーツ

日本サッカー協会は16日、なでしこジャパン候補合宿(10月19~26日、福島・Jヴィレッジ)のメンバーを発表した。  なでしこジャパンの活動は、3月に米国で行われた国際親善大会「シービリーブスカップ…

後で読む
サンケイスポーツ

今季限りで現役を引退する広島の石原慶幸捕手(41)が16日、広島市のマツダスタジアムで記者会見し「すごく幸せな時間だった。真っ赤なファンのみなさんが選手に勇気と力を与えてくれていた」とすっきりした表情で感謝を口にした。

後で読む
サンケイスポーツ

柔道女子48キロ級で2016年リオデジャネイロ五輪銅メダルの近藤亜美(25)=三井住友海上=が16日、現役引退を表明した。所属先を通じ「世界チャンピオンや五輪メダリストになったことは大きな誇り。本当に良い競技人生だったと思っており、悔いはありません」などとコメントした。

後で読む
サンケイスポーツ

(米大リーグ、アストロズ4x-3レイズ、15日=日本時間16日、カリフォルニア州サンディエゴ)ア・リーグ優勝決定シリーズ(7回戦制)の第5戦が行われ、アストロズ(西地区2位)がレイズ(東地区1位)にサヨナラ勝利し、対戦成績を2勝3敗とした。

後で読む
サンケイスポーツ

中日のソイロ・アルモンテ外野手(31)が16日、下肢のコンディショニング不良のため、1軍登録を抹消された。

後で読む
日刊スポーツ

今季限りでの引退を表明した広島石原慶幸捕手(41)が16日、マツダスタジアム内で引退会見を行った。黒のスーツに赤いネクタイを締めて会見場に姿を現し「今シーズン… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

10月16日のプロ野球の出場選手登録と抹消は以下の通り。【セ・リーグ】<登録>巨人 今村信貴投手阪神 板山祐太郎外野手広島 島内颯太郎投手広島 田中法彦投手中… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

巨人は16日、東京ドームの試合をスマートフォンでコメント投稿などをしながら視聴できる参加型ライブ配信を23日阪神戦からドーム最終戦の11月8日ヤクルト戦までの… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(16日、甲子園球場) 阪神ドラフト2位・井上広大外野手(19)=履正社=が1軍の公式戦では初めて甲子園の練習に参加し、フリー打撃でかっ飛ばした。

後で読む
デイリースポーツ

今季限りでの現役引退を表明している阪神・藤川球児投手(40)が16日、久々に甲子園で汗を流した。14時28分にグラウンドに現れると、御子柴スコアラーと握手。ショートダッシュ中に能見と話し込むなど、リラックスした表情で調整した。 藤川は前日15日・中日戦(ナゴヤドーム)から1軍に復帰。ブルペンで出番を待っていたが、登板機会は訪れなかった。

後で読む
サンケイスポーツ

DeNAは16日、大規模イベントガイドライン策定に向けた技術実証として、本拠地・横浜スタジアムで30日から行われる阪神3連戦で、実際に観戦するファンの方の協力が不可欠となることから、チケットをフレックスプライス「☆5」の一般料金から、最大35%割引した特別価格の「みらいチケット」を発売すると発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

日本車いすバスケットボール連盟は16日、来年に千葉市で開催を予定していた男子のU23(23歳以下)世界選手権を2022年5、6月に延期すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大と東京パラリンピックの1年延期を受けての措置。

後で読む
日刊スポーツ

東京オリンピック(五輪)世代の湘南ベルマーレGK谷晃生(20)が、柏レイソルFWオルンガ封じに向け、静かな闘志を燃やした。18日に控える柏とのホーム戦に備え、…

後で読む
日刊スポーツ

J2東京ヴェルディは16日、コロナ禍で減収が見込まれるクラブ経営の支援を募るクラウドファンディングを開始することを発表し、羽生英之社長がオンラインで取材に応じ…

後で読む
日刊スポーツ

浦和レッズの大槻毅監督(47)が、自主的に開催された選手間ミーティングを「素晴らしいこと」と歓迎した。18日のベガルタ仙台とのホーム戦に備え、16日にはさいた…

後で読む
日刊スポーツ

名古屋グランパスは16日、MF相馬勇紀(23)が左第11肋骨(ろっこつ)骨折で全治約3週間の診断を受けたと発表した。14日の北海道コンサドーレ札幌戦で負傷した…

後で読む
東京スポーツ

 日本車いすカーリング協会は16日、今季のシーズンインを前に、オンライン会見を行った。  当競技は健常者のカーリングと異なり、男女混合で実施。パラリンピックでは、2006年トリノ大会から正式種目に採用…

後で読む
東京スポーツ

 コロナ禍により延期が続いていた柔道日本代表の強化合宿が再開されたことを受け、男子の井上康生監督(42)が16日、オンラインでの合同取材に応じた。  期間は12日から17日までで、受入れ先や選手の安全…

後で読む
デイリースポーツ

競泳男子で、東京五輪代表に内定している瀬戸大也(26)が不倫問題を受けて、日本水泳連盟から年内の活動停止などの処分を受けた問題は、五輪金メダル候補の世界王者ということもあり、世界でも英BBCや米紙「ワシントンポスト」、「NBCスポーツ」など主要メディアで報じられ、反響を呼んでいる。 淡々と事実のみを伝える報道が多い一方で、犯罪ではない不倫での厳しい処分に同情の声もある。アルゼンチンの「TyCスポーツ」は、「日本は不誠実であることで最高のスイマーを制裁する」との見出しで報じ、「アスリートの不貞はプロとしてのキャリアに問題を引き起こす可能性がある。ただ、それが日本のアスリートである場合、実質的に犯罪者であるような道徳的負担を伴う」と、驚きをもって伝えた。

後で読む
デイリースポーツ

全日本柔道連盟は16日、新型コロナウイルスの感染拡大後で柔道では初の全国規模の大会となる講道館杯全日本体重別選手権(10月31日、11月1日・千葉ポートアリーナ)の組み合わせを発表し、男子73キロ級は66キロ級で五輪2大会連続銅メダルの海老沼匡が2回戦から登場する。来年の東京五輪代表13人は男女ともエントリーしなかった。 男子100キロ級は2016年リオ五輪3位の羽賀龍之介、18年アジア大会覇者の飯田健太郎が出場。同90キロ級で村尾三四郎が2連覇に挑む。

後で読む
デイリースポーツ

スポーツ庁の室伏広治長官は16日、陸上の全国中学生大会の視察で訪れた横浜市の日産スタジアムで取材に応じ、女子選手への性的な撮影被害や画像拡散の問題について「選手を守っていくことが大切。しっかりスポーツ庁としても取り組んでいきたい」と述べ、日本オリンピック委員会(JOC)と積極的に連携していく考えを示した。 会員制交流サイト(SNS)の普及で被害は悪質化し、トップ選手に限らず中高生など若年層にも広がっている。約20年前から続くとされる問題に、室伏氏は「認識していた」と言及。「選手にとって安心安全な環境を目指し、JOCと歩調を合わせていきたい」と強調した。

後で読む
デイリースポーツ

大相撲秋場所を右膝負傷のため全休した横綱白鵬(35)=宮城野=が16日、東京・両国国技館内の相撲教習所で始まった合同稽古に参加し、ぶつかり稽古で新大関正代(時津風)に胸を出すなど、元気いっぱいに動いた。 8月に右膝手術し長いリハビリ。合同稽古も参加を直前まで迷っていたが、「ぎりぎり間に合った」と言う。勢(伊勢ノ海)相手に踏み込み、当たりの確認も力強く再開した。

後で読む
デイリースポーツ

大相撲の大関貴景勝(24)=千賀ノ浦=が16日、東京・両国国技館内の相撲教習所で始まった合同稽古に参加し、新大関正代(時津風)といきなり三番稽古(同じ相手と続けて何番も取る)で豪華競演した。 新型コロナウイルスの影響で禁止が続いた出稽古が7カ月ぶり解禁。「なかなか貴重な経験なので、しっかり自分のものにしたいなと思います。3月前からやってなかったので貴重な経験だし、せっかくやれるチャンスなので無駄にしないようにやっていきたい」と充実の表情。

後で読む
デイリースポーツ

「イースタン、巨人-日本ハム」(16日、ジャイアンツ球場) 日本ハム・斎藤佑樹投手が、2点ビハインドの六回から登板。1イニング持たず、2/3回で4安打を浴びて5失点KOとなった。

後で読む
デイリースポーツ

ロッテは16日、新型コロナウイルスと陽性判定されていた角中勝也外野手、鳥谷敬内野手、清田育宏外野手、濃厚接触者と判定されていた和田康士朗外野手を出場選手登録した。隔離期間を経て、1軍に合流した。 代わりに宗接唯人捕手、松田進内野手、細谷圭内野手、高部瑛人外野手が登録抹消となった。

後で読む
スポーツニッポン

 柔道女子48キロ級で、16年リオデジャネイロ五輪銅メダル、14年世界選手権チェリャビンスク大会覇者の近藤亜美(25=三井住友海上)が16日、自身のツイッターで現役引退を発表した。

後で読む
スポーツニッポン

なでしこリーグ1部のC大阪堺レディースは16日、なでしこジャパン候補合宿にMF脇阪麗奈(21)、MF林穂之香(22)、FW宝田沙織が選出されたことを発表した。19~26日に福島県のJヴィレッジで行われるトレーニングキャンプに参加する。

後で読む
デイリースポーツ

 「女子ゴルフ・富士通レディース・第1日」(16日、東急セブンハンドレッドC=パー72) 黄金世代の山路晶(22)=森六グループ=がホールインワンによる1イーグル、6バーディー、5ボギーの3アンダー69をマークし、首位に1打差2位と好スタートを切った。

後で読む
日刊スポーツ

全日本柔道連盟は16日、延期となった全日本選抜体重別選手権を兼ねた講道館杯体重別選手権(10月31日~11月1日、千葉ポートアリーナ)の出場選手を発表した。男…

後で読む
日刊スポーツ

国際水連と一線を画す賞金総額605万ドル(約6550万円)の競泳国際リーグ(ISL)に初参戦する「東京フロッグキングス」(北島康介GM)は16日、メンバー変更…

後で読む
日刊スポーツ

化粧品大手コーセーは15日、ブランドの最高峰シリーズ「雪肌精 みやび」から、フィギュアスケート男子で冬季オリンピック(五輪)2連覇の羽生結弦(25=ANA)と…

後で読む
日刊スポーツ

16年リオデジャネイロ五輪女子48キロ級銅メダルの近藤亜美(25=三井住友海上)が16日、現役引退を発表した。自身のツイッターを更新し、「私、近藤亜美は競技生…

後で読む
日刊スポーツ

柔道男子代表の井上康生監督(42)が16日、16年リオデジャネイロ五輪男子73キロ級金メダルの大野将平(28=旭化成)のリーダーシップを称賛した。東京五輪男子…

後で読む
サンケイスポーツ

J1名古屋は16日、相馬が肋骨骨折のため約3週間の治療期間が必要と診断されたと発表した。ガブリエルシャビエルも左太もも裏の肉離れで、約3週間の治療が必要と診断された。両FWとも14日の札幌戦で負傷した。

後で読む
サンケイスポーツ

J1首位の川崎は同一シーズンの新記録となる11連勝(延長を除く)を懸け、18日にホームで名古屋と対戦する。名古屋には8月に0-1で敗れ、連勝を10で止められた因縁がある。鬼木監督は16日、オンラインで取材に応じ「勝ちへの思い、気持ち。そういうものを前面に出せるゲームになればいい」と意気込んだ。

後で読む
デイリースポーツ

J1首位の川崎は同一シーズンの新記録となる11連勝(延長を除く)を懸け、18日にホームで名古屋と対戦する。名古屋には8月に0-1で敗れ、連勝を10で止められた因縁がある。鬼木監督は16日、オンラインで取材に応じ「勝ちへの思い、気持ち。そういうものを前面に出せるゲームになればいい」と意気込んだ。 7月のリーグ戦再開から圧倒的な攻撃力で白星を重ねたが、堅守の名古屋に抑え込まれた。鬼木監督は再び連勝が始まった当初から「11連勝目は名古屋が相手になる」とスタッフに伝え、雪辱戦を見据えてきたという。

後で読む
サンケイスポーツ

J2東京Vは16日、クラブ経営を支えるためのクラウドファンディングを同日から12月20日まで実施すると発表した。目標額は3000万円。新型コロナウイルスの影響で入場料やスクール活動などによる収入が大幅に減少し、羽生英之社長は「痛手をずいぶん負っている。一人でも多くの人に参加してほしい」と呼び掛けた。

後で読む
日刊スポーツ

阪神板山祐太郎外野手(26)が今季初めて1軍に合流した。荒木と代わり、そのまま出場選手登録される見込み。今季はウエスタン・リーグで67試合に出場して打率2割5… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

新型コロナウイルス陽性と診断されていたロッテ藤岡裕大内野手、菅野剛士外野手、濃厚接触者だった山本大貴投手、東妻勇輔投手が16日、隔離期間を終えて2軍練習に合流… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「ウエスタン、阪神-広島」(16日、鳴尾浜球場) 「6番・遊撃」で出場した阪神・木浪聖也内野手(26)が3安打の固め打ちとバットで上昇気配を漂わせている。

後で読む
サンケイスポーツ

スポーツ庁の室伏広治長官は16日、陸上の全国中学生大会の視察で訪れた横浜市の日産スタジアムで取材に応じ、女子選手への性的な撮影被害や画像拡散の問題について「選手を守っていくことが大切。しっかりスポーツ庁としても取り組んでいきたい」と述べ、日本オリンピック委員会(JOC)と積極的に連携していく考えを示した。

後で読む
サンケイスポーツ

全日本柔道連盟は16日、新型コロナウイルスの感染拡大後で柔道では初の全国規模の大会となる講道館杯全日本体重別選手権(10月31日、11月1日・千葉ポートアリーナ)の組み合わせを発表し、男子73キロ級は66キロ級で五輪2大会連続銅メダルの海老沼匡(パーク24)が2回戦から登場する。来年の東京五輪代表13人は男女ともエントリーしなかった。

後で読む
東京スポーツ

 16日に配信されたWWE・NXT大会で、NXT女子王者の〝暗黒の逸女〟こと紫雷イオ(30)が、キャンディス・レラエ(35)を迎え、30日配信の「NXT:ハロウィン・ハボック」で防衛戦を行うことが決ま…

後で読む
デイリースポーツ

ロッテは16日、新型コロナウイルスと陽性判定されていた角中勝也外野手、鳥谷敬内野手ら4選手が隔離期間を経て、ZOZOマリンスタジアムに姿を見せた。 1軍が練習する球場に姿を見せたのは角中、鳥谷、清田育宏外野手、濃厚接触者と判定されていた和田康士朗外野手。球団の発表では和田は1軍本隊に合流する。

後で読む
スポーツニッポン

日本サッカー協会は16日、なでしこジャパン候補合宿(今月19~26日、福島・Jヴィレッジ)の招集メンバー23人を発表した。今年3月の国際親善大会シーブリーズ杯(米国)以来の代表招集で、コロナ禍による中断以降は初の活動となる。高倉麻子監督(52)は「活動ができることを本当にうれしく思う。もう一回、世界で戦っていく課題を思い出し、チームの上積みをしていきたい」と話した。

後で読む
サンケイスポーツ

阪神・板山祐太郎外野手(26)が16日、今季初めて1軍に合流した。

後で読む
サンケイスポーツ

サンケイスポーツは無料のメールマガジン「サンスポ花子」を好評配信中です。「サンスポって、どんな人たちが作っているの?」「芸能記者はどんな取材へ行っているの?」「試合に出ていないときの選手はどんな感じ?」などなど…。サンスポ紙面とは少し違った切り口でスポーツ&芸能情報をお伝えします。

後で読む
日刊スポーツ

ツインズの前田健太投手が移籍1年目で大きな評価を得た。同球団専門ニュースサイト「ツインズ・デイリー」の記者23人が選ぶツインズの年間最優秀投手賞および年間最優… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

卓越した打者をファン投票などで選出するハンク・アーロン賞について、2020年の最終候補者が15日に各リーグから7名ずつ発表された。ア・リーグからはマイク・トラ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

阪神・熊谷と小幡が16日、遠征先の名古屋から帰阪し、すぐさま甲子園で早出特守に取り組んだ。熊谷は久慈内野守備走塁コーチ、小幡は藤本内野守備走塁コーチからマンツーマン指導を受けた。 チームはリーグワースト70失策。前日15日・中日戦でもボーア、井上、植田が失策し、チームはサヨナラ逆転負けを喫していた。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(16日、甲子園球場) 阪神・板山祐太郎外野手(26)が16日、1軍戦が行われる甲子園の試合前練習に合流した。1軍での出場は18年10月13日・中日戦以来遠ざかっているだけにこのまま昇格となれば、2年ぶりとなる。

後で読む
サンケイスポーツ

自動車F1シリーズでベトナム・グランプリ(GP)の主催者は16日、新型コロナウイルスの影響でレースを中止すると発表した。初開催として4月に予定されていたが、コロナ禍による延期を経て断念した。

後で読む
日刊スポーツ

僕は今まで多くの発展途上国を訪れている。特に東南アジアやアフリカへ行く回数が多く、南アフリカは5回訪れ、東南アジアはフィリピン、ラオス、カンボジ…

後で読む
日刊スポーツ

セレッソ大阪ロティーナ監督(63)が16日、黄金ルーキーのMF西川潤(18)をFWで育てていきたい意向を明かした。前節の湘南ベルマーレ戦で後半ロスタイム、DF…

後で読む
日刊スポーツ

J1第23節が10月17、18日に行われる。各カードのoptaファクトは以下の通り。※ファクト内の数字はJ1での成績セレッソ大阪 – 横浜F・…

後で読む
日刊スポーツ

日本サッカー協会は16日、19日から福島・Jヴィレッジで行われるなでしこジャパンのトレーニング合宿に参加する選手23人を発表した。女子代表にとっては3月に米国…

後で読む
デイリースポーツ

オートバイの世界選手権シリーズ最高峰クラスで総合優勝7度を誇るバレンティーノ・ロッシ(イタリア、ヤマハ)は15日、ツイッターで新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示したと明らかにした。18日決勝のアラゴン・グランプリ(GP)は欠場する。微熱などの症状があったといい「早く体調が戻れば」と記した。(共同)

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクは16日、SNS上での誹謗中傷や虚偽の書き込みなどに対して注意喚起を行った。 公式ツイッターや公式Facebookで、「ホークスについての応援や批判、議論などいずれも大歓迎ですが、みなさんが気持ちよく利用できるようご配慮ください」と注意。そして、「また、度を過ぎた誹謗中傷や虚偽等、違法な投稿であると判断した場合、当球団として公的な措置をとることがありますのでご了解ください」(原文まま)と強調した。

後で読む
日刊スポーツ

南北海道で単独では15年ぶり出場の小樽潮陵が北嶺を17-14の逆転で下し、03年以来17年ぶりの道大会1勝を挙げた。17年には男子部員がゼロとなり休部状態に。…

後で読む
日刊スポーツ

富良野SO杉本塁(3年)はチームメートに告げた。「僕ができることは全てした」。地元・帯広柏葉との一戦は60分で決着がつかなかった。抽選に臨んだゲーム主将は、大…

後で読む
日刊スポーツ

陸上ハンマー投げの佐々木健介(新津工3年)が、全国高校陸上大会(23~25日=広島・エディオンスタジアム)に臨む。中止になった8月の全国高校総体(インターハイ…

後で読む
日刊スポーツ

B1新潟アルビレックスBBは、20-21年シーズンに向けた体制づくりを進めている。小菅学社長(46)がリーグ参戦5季目を迎えるチームについて、連載「小菅学社長…

後で読む
日刊スポーツ

フィギュアスケートのペアで14年ソチ、18年平昌五輪代表の木原龍一(28=木下グループ)が16日、自身が出場予定だったグランプリ(GP)シリーズ第2戦スケート…

後で読む
東京スポーツ

J1浦和の大槻毅監督(47)が手応えをつかみつつある。  現在、チームは10勝4分け9敗の勝ち点34で9位。特にホームでは3勝3分け6敗と苦しい戦いを強いられているが、10日の鳥栖戦(駅スタ)は1―…

後で読む
サンケイスポーツ

米大リーグのリーグ優勝決定シリーズ(7回戦制)は15日、サンディエゴなどで行われ、第5戦のア・リーグはアストロズ(西地区2位)が4-3でレイズ(東地区1位)にサヨナラ勝ちし、2勝3敗とした。3-3の九回にコレアがソロ本塁打を放った。レイズの筒香は出番がなかった。

後で読む
日刊スポーツ

米大リーグのリーグ優勝決定シリーズ(7回戦制)が行われ、第5戦のア・リーグはアストロズ(西地区2位)が4-3でレイズ(東地区1位)にサヨナ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

18時開始予定。予告先発は広島が床田、中日がロドリゲス。 – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

18時開始予定。予告先発はソフトバンクがムーア、楽天が塩見。 – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

18時開始予定。予告先発はロッテが二木、日本ハムが杉浦。 – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

 阪神が15日の中日戦(ナゴヤドーム)に3―5で逆転サヨナラ負けを喫し、貯金がついになくなった。4位のDeNAとは1ゲーム差とAクラスを守れるかどうかも怪しくなってきたが、そんなチームの中で気がかりな…

後で読む
デイリースポーツ

1974年以来、46年ぶりのリーグ1位を目指すロッテは16日、明日17日から25日までマリーンズオンラインストア限定で大人気4コマ漫画・テレビアニメの「ポプテピピック」がコラボレーションしたグッズを受注販売すると発表した。 ポプテピピックコラボグッズにはポプテピピックおなじみのセリフをアレンジした「ビビってんのか オェーイ ヘイヘイヘイヘイ~」、「しょうがねーだろ マリーンズファンなんだから。」の2パターンのデザインを用意している。

後で読む
デイリースポーツ

プロ野球のドラフト会議が26日に行われる。1位競合が確実視されているのが、近大・佐藤輝明内野手。オリックスがすでに1位指名を公表し、巨人や阪神など複数球団の有力候補として名前が挙がっている。プロ野球で多くの強打者育成に携わり、今年はJR東日本の外部コーチとして佐藤を実際に見た経験を持つ内田順三氏(デイリースポーツウェブ評論家)に、その印象を聞いた。 ◇ ◇

後で読む
スポーツニッポン

 大リーグのア・リーグ優勝決定シリーズ(7回戦制)、アストロズ―レイズ第5戦が15日(日本時間16日)、サンディエゴで行われ、アストロズがコレアのサヨナラ本塁打で4―3でサヨナラ勝ちし、2連勝。対戦成績を2勝3敗とした。レ軍の筒香嘉智外野手(28)は出場機会がなかった。

後で読む
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、中日5x-3阪神、21回戦、阪神11勝10敗、15日、ナゴヤD)ミス続出の嫌な空気を、原口の逆転打で吹き飛ばせた…と思ったのもつかの間、まさかまさかの逆転サヨナラ負け。投手として通算92勝をあげた阪神OBの上田二朗氏(73)=本紙専属評論家=は九回2死二、三塁から高橋を歩かせて満塁策を取らなかった矢野阪神の采配を「結果論ではなく、ベンチのミス」と指摘。痛恨の1敗を悔やんだ。

後で読む
サンケイスポーツ

バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、よりチームプレーヤーとなっていることを強調した。

後で読む
サンケイスポーツ

元アーセナル指揮官アーセン・ヴェンゲル氏が、メスト・エジルが苦境に陥る原因について語った。

後で読む
サンケイスポーツ

オートバイの世界選手権シリーズ最高峰クラスで総合優勝7度を誇るバレンティーノ・ロッシ(イタリア、ヤマハ)は15日、ツイッターで新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示したと明らかにした。18日決勝のアラゴン・グランプリ(GP)は欠場する。微熱などの症状があったといい「早く体調が戻れば」と記した。

後で読む
日刊スポーツ

アストロズのカルロス・コレア内野手(26)が予告通りのサヨナラ本塁打を放ち、試合にケリをつけた。3-3の同点で迎えた9回の攻撃前、ベーカー監督と会話を交わした… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

エンゼルスのマックス・スタッシ捕手(29)が損傷した左股関節唇の修復術を受け、来季開幕に間に合うか微妙な状況にあることが分かった。MLB公式サイトが伝えている… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

今月2日、ホンダは自動車のF1シリーズへパワーユニット(PU)を供給する活動を来季限りで終了すると発表した。衝撃的なニュースだったが、私は同時に「ああ、またか」とも感じた。

後で読む
サンケイスポーツ

ヤクルト・五十嵐亮太投手(41)が今季限りでの現役引退を発表した。誰もが愛する人柄に、引退を惜しむ声が尽きなかった。

後で読む
スポーツニッポン

第3回は、飛距離アップにつながる方法を藤田寛之プロがレッスンします。ポイントは2つ。アドレスでの肩のラインとスイング中に鳴る“音”です。その点に注意して練習や実践に臨めば、パワーアップしなくても確実に飛距離は伸びるとのこと。早速、ミス日本ミススポーツの田中絵梨果さんがトライしました。その結果は――。ティーチングプロのジミー常住氏が進行役を務めます。

後で読む
東京スポーツ

 日本ゴールボール協会は、15日に日本代表チームの強化体制を再構築をすると発表した。  東京パラリンピックを約10か月後に控え、男女別々に設置していた強化委員会を統合。新たにゴールボール強化委員会を立…

後で読む
デイリースポーツ

橋本聖子五輪相(56)が16日、閣議後に会見した。東京五輪競泳男子代表の瀬戸大也(26)が不倫問題で、日本水泳連盟から年内の活動停止などの処分を受けたことについて「日本水連において適切に判断された」と理解を示した上で、「日本代表は国民の大きな期待を背負い、社会の模範となる行動を期待されているところもある。(本人が)反省しているということで、これから復帰を目指して期待に応えられるように頑張ってほしい」と再起を促した。 日本オリンピック委員会(JOC)としても、橋本大臣が強化本部長を務めていた時代から「人間力なくして競技力向上なし」というスローガンを掲げて選手の行動規範の厳守に努めてきた。瀬戸もこの度、改めてJOCのインテグリティ教育プログラムを受講することになるが、「しっかりとした人間形成、そして競技力向上の両方で模範となるような指導をお願いしたい」と反省した上での再出発を期待した。

後で読む
デイリースポーツ

ブルーウェーブにまた新しい波。オリックスが日本球界初の試みとして公募していた球場アナウンサー“ウグイス・ボーイ”が1990年10月16日、決まった。来年のオープン戦からデビューの予定。 ディスクジョッキー歴10年で自らディスコのソフトプロデュース会社を大阪で経営している木村芳生さんがその人。三十数人の応募の中から発声、声質、野球を見るセンスなどを中心に選考。「一番声の質が良かった」木村さんが選ばれた。

後で読む
日刊スポーツ

2008年北京オリンピック(五輪)の競泳女子200メートル自由形金メダリストで、32歳のフェデリカ・ペレグリニ(イタリア)が新型コロナウイルスの検査に陽性反応…

後で読む
東京スポーツ

阪神が15日の中日戦(ナゴヤドーム)に3―5で逆転サヨナラ負けを喫し、貯金がついになくなった。4位のDeNAとは1ゲーム差とAクラスを守れるかどうかも怪しくなってきたが、そんなチームの中で気がかりな…

後で読む
デイリースポーツ

不遇な時、何をしているか。どんな振る舞いをしているか。人間の価値はそこで決まる。 ビジネスセミナーなどでよく聞く言葉。あまりに正論すぎて、素直にうなずくことがなかなかできない。でもJ1広島のMF森島司のサッカー人生は、この正論を地で行く道程を見せている。

後で読む
日刊スポーツ

アストロズがカルロス・コレア内野手(26)のサヨナラ本塁打で劇的な勝利を飾った。3-3の9回1死、レイズの4番手アンダーソンの直球を捉え、中堅越えへ運んだ。8… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ホワイトソックスのホセ・アブレイユ内野手(33)が15日、米スポーツ専門サイト「スポーティングニュース」が実施した選手間投票で今季最優秀選手に選出され、喜びの… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

16日のDeNA戦に先発する巨人今村信貴投手が4勝目を狙う。5回途中3失点で2敗目を喫した2日阪神戦から中13日と休養十分で「中継ぎの皆さんを助けられるような… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

西武ファンの方なら覚えているだろうか。13年7月26日からのオリックス3連戦。選手たちはグレーのユニホームでプレーした。袖口と首回りからベルトのバックルに向け… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

全国高校女子硬式野球選手権がコロナ禍で中止となり、代替大会となる女子高校硬式野球交流大会が今日16日、兵庫・丹波市内で開幕する。全国5校計7チームが出場し、強… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

阪神OBのマット・マートン氏が16日、自身の公式Twitterを更新。「Inoue Omedeto!」とつづり、ドラフト2位のルーキーで、14日の中日戦(ナゴヤドーム)から1軍昇格した、井上広大外野手にエールを送った。 井上はドラフトに指名された直後、阪神のイメージを問われた際に「マートン選手が印象に残っています」とコメント。在籍6年で最多安打を3度、首位打者を1度獲得した助っ人に憧れを頂いていた。

後で読む
サンケイスポーツ

男子ゴルフのオーストラリア・オープンの大会主催者は16日、新型コロナウイルスの影響で中止すると発表した。同大会が開催されないのは、第2次世界大戦が終わった1945年以来初めて。11月実施の予定を延期していたが、断念した。

後で読む
並び替え可能( Cookieで保存)。
よく使用する競技を下に(片手で届く場所に)並び替えて使用してください。
追加したい競技があればコメントください。