「2020年10月21日」の記事一覧

東京スポーツ

手痛い敗戦となった。J1名古屋は、21日に横浜M(日産)と対戦。後半24分にFWマテウス(26)のゴールで同点に追いつくも、同35分に勝ち越し点を献上し、1―2で敗れた。  マッシモ・フィッカデンテ…

後で読む
東京スポーツ

スペインサッカー連盟は21日、ビリャレアルの日本代表MF久保建英(19)が18日の第6節バレンシア戦で受けた2枚目のイエローカードを取り消したことを発表した。その上で1枚目について180ユーロ(約2…

後で読む
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、中日4-2DeNA、20回戦、中日11勝9敗、21日、ナゴヤドーム)中日がDeNAに勝利し、6カード連続の勝ち越しを決めた。与田剛監督(54)の主な一問一答は下記の通り。

後で読む
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、中日4-2DeNA、20回戦、中日11勝9敗、21日、ナゴヤD)DeNA・ラミレス監督のデータ野球が打ち砕かれた。2-1の七回、5番手で送り込んだエスコバーがビシエドに逆転3ランを浴びた。試合前まで今季の中日戦は7試合無失点。ナゴヤドームでは昨季から7戦連続で得点を与えていなかったが、まさかの乱調で逃げ切りに失敗した。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、中日4-2DeNA、20回戦、中日11勝9敗、21日、ナゴヤD)中日が6カード連続の勝ち越しを決めた。1-2の七回、ビシエドの来日通算100号となる16号3ランで逆転した。2番手の谷元が2年ぶりの勝利を、福がプロ初セーブを挙げた。DeNAは継投が誤算。打線も11残塁の拙攻だった。

後で読む
日刊スポーツ

オリックス山本由伸投手(22)が21日、疲労と上半身のコンディション不良を考慮され、今季初めて出場選手登録を抹消された。ここまで18試合に先発し、8勝4敗。防… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

日本ハムは21日、ソフトバンク23回戦(札幌ドーム)に敗れ、4年連続のV逸が決まった。2回に1点を先制したが追加点を奪えず、5回に逆転を許すと追いつくことがで… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

巨人坂本勇人内野手が、9月23日の広島戦以来21試合ぶりの先制17号ソロを放ったが、逆転負けで優勝マジック7のまま足踏みとなった。ヤクルト石川の120キロシン… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

明治安田J1第13節最終日(21日、湘南0-0鳥栖、BMWス)湘南は今季初の2連勝を逃した。18日に柏を破って連敗を6でストップ。この日は8試合ぶりの無失点だったが、点も奪えなかった。両サイドの畑や岡本のクロスが合わず、浮嶋監督は「中(の選手)が準備して入っていけなかった」と反省点を挙げた。

後で読む
サンケイスポーツ

明治安田J1第33節第1日(21日、横浜M2-1名古屋、日産ス)名古屋は今季初の2連敗を喫した。序盤から動きが重く、押し込まれて先制も許した。後半にマテウスのゴールで1点を返したが、終盤に勝ち越されて持ち前の粘り強さを示せなかった。

後で読む
サンケイスポーツ

バスケットボール男子のBリーグ1部(B1)は21日、東京都のアリーナ立川立飛などで10試合が行われ、東地区の宇都宮はA東京に80-75で競り勝ち、6勝1敗とした。A東京は5勝2敗。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、日本ハム1-9ソフトバンク、23回戦、ソフトバンク16勝6敗1分、21日、札幌D)9年ぶりの10連勝でマジック8が点灯したソフトバンク・工藤監督の一問一答は以下の通り --千賀の投球は 「(甲斐)拓也からは『ボールは悪くない』と。『調子はそんなに悪くないです、良い方だと思います』という話は聞いていました。低めにもいっていましたしね」 --攻撃は周東の足が生きた 「そうですね、やっぱりあの三塁打で同点に追いついて、と。あの三塁まで行ったことがね、あの中村(晃)くんの犠飛につながって逆転というところにつながりましたのでね。非常に大きい三塁打だったと思いますし、よく走ったなというふうにも思います」 --工藤監督自身も10連勝は初めてだが「10」という数字はどうか 「そうですね、たしかにチームが10連勝するというのは素晴らしいことだと思うんですけど。選手が一生懸命にやった結果ということで、本当によくやってくれているというふうに思います。今年にかんして言えば、日々新たに、というふうに常々言っているので。勝つことに関しては本当に、みんなの力でよく勝った、と」 --優勝マジック「8」がついた 「これは選手も、当然そうなれば意識はすると思います。意識するなと言ってもですね、新聞見れば意識すると思うんですけど。大事なのはあしたの試合だ、と。これが急にゼロになるわけではないのでね。僕らはとにかく、あと8個勝つための、あしたがまたそのね、1つ目だというくらいの強い気持ちを持って、あしたに臨むことが何より大事だと思います」

後で読む
東京スポーツ

 東京五輪代表のストライカー争いへ、J1鹿島のFW上田綺世(22)が再アピールした。  21日の神戸戦(ノエスタ)に先発出場した上田が、前半12分に巧みなフェイントから右足で強烈なシュートを突き刺して…

後で読む
東京スポーツ

 底力を見せつけた。J1横浜Mは、21日に名古屋(日産)と対戦。MF渡辺皓太(22)のゴールが決勝点となり、2―1で勝利を収めた。  後半35分だった。DF小池龍太(25)がペナルティーエリア中央へパ…

後で読む
東京スポーツ

 日本ハムは21日、ソフトバンク戦(札幌ドーム)に1―9で敗れ連敗。優勝の可能性が完全消滅した。  先発・バーヘイゲンが5回、周東の適時三塁打と中村の犠飛などから2点を失った。後を託された救援陣も傷口…

後で読む
東京スポーツ

 阪神は21日の広島戦に2―0で零封勝ち。先発の青柳が6回途中を1安打無失点に抑え、8試合ぶりとなる7勝目を挙げた。岩貞―岩崎―藤浪―スアレスによる先手先手の継投策も吉と出て、僅差のゲームを完封リレー…

後で読む
デイリースポーツ

「楽天5-6オリックス」(21日、楽天生命パーク宮城) オリックスは同点の九回に大城の1号ソロで勝ち越し。その裏2死満塁のピンチを迎えるがディクソンが抑え逃げ切った。

後で読む
デイリースポーツ

「楽天5-6オリックス」(21日、楽天生命パーク宮城) 楽天が引き分けを挟んでの4連敗で、西武に抜かれ今季初めて4位に転落した。

後で読む
スポーツニッポン

イングランド・プレミアリーグのアーセナルに所属する元ドイツ代表MFメスト・エジル(32)が20日、今季リーグ戦の登録メンバー(25人)から外されたことについてクラブを非難した。

後で読む
スポーツニッポン

鳥栖に新型コロナウイルス観戦者が出たために延期され、湘南は中3日でホーム&アウェーで対戦。なかなかチャンスがつくれず引き分けで、今季初の連勝はならなかった。

後で読む
スポーツニッポン

スペイン1部ビリャレアルの日本代表MF久保建英(19)が受けた自身プロ初の退場処分が取り消された。

後で読む
東京スポーツ

負の連鎖が止まらない。楽天が21日のオリックス戦(楽天生命)で5―6と競り負け。これで引き分けを挟み4連敗となり、借金も2に膨れ上がった。さらに、この日は3位で並んでいた西武が2位・ロッテに勝ったた…

後で読む
東京スポーツ

西武が21日のロッテ戦(メットライフ)に2夜連続の2―1のサヨナラ勝ち。7月31日以来、82日ぶりの勝率5割に復帰し、単独3位に浮上。CS出場圏内の2位・ロッテとの差を残り17試合で4ゲームに縮めた…

後で読む
東京スポーツ

中日などがドラフト1位の最有力候補に挙げている中京大中京(愛知)の高橋宏斗投手(18)が21日、名古屋市内の同校で会見し「世代ナンバーワン」となる誓いを立てた。  慶大進学がかなわず一転、プロ入りを…

後で読む
東京スポーツ

阪神・青柳晃洋投手が21日の広島戦(甲子園)に先発登板。6回途中を1安打無失点に抑える快投で、8月27日の中日戦(甲子園)以来となる8試合ぶりの白星を手に入れた。  長く勝ち星から遠ざかる中、試行錯…

後で読む
サンケイスポーツ

 日本中央競馬会(JRA)は21日、10月31日から11月15日までの福島、同7日から29日までの東京と阪神について、指定席券の事前購入者に限定して、観客を入れて開催すると発表した。新型コロナウイルス対策で無観客開催を続けてきたJRAは今月、限定的なファンの入場を再開。これを継続する。

後で読む
サンケイスポーツ

 東海大が、硬式野球部の寮内で部員が大麻の疑いがある薬物を使用したとして同部を無期限活動停止とした問題で、大学は21日、部員2人の大麻使用を確認したと発表した。年齢や学年などは公表していない。現時点での結果としており、今後も調査を続けるとしている。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、ヤクルト2-1巨人、18回戦、巨人11勝5敗2分、21日、神宮)巨人の高橋は一発に泣き、今季初黒星を喫した。五回まで無得点に抑えたが、1-0の六回1死二塁で村上に低めの変化球を捉えられ、左翼フェンスをぎりぎり越える逆転2ランとされて降板。「一番やってはいけない本塁打を打たれてしまった。一球の重みをもう一度考えて突き詰めていきたい」と反省した。

後で読む
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、ヤクルト2-1巨人、18回戦、巨人11勝5敗2分、21日、神宮)4番の意地を見せた。0-1の六回1死二塁。ヤクルト・村上が逆転の24号2ランを放った。巨人先発・高橋が投じた外角のスライダーを体勢を崩されながらも左翼席まで運んだ。

後で読む
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、阪神2-0広島、22回戦、阪神12勝7敗3分、21日、甲子園)阪神・スアレスが2点リードの九回に登板し、3人でピシャリ。この日、体幹のコンディショニング不良で抹消された中日のR・マルティネスを抜いて、22セーブでリーグ単独トップに立った。「セーブのつく場面でバトンを回してもらって、少ない球数(10球)で3人で抑えることができたから、よかったよ。自分の仕事ができてよかったね」と語っていた。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神2-0広島、22回戦、阪神12勝7敗3分、21日、甲子園)広島のドラフト2位ルーキー宇草が五回に青柳の投球を右脚に受け、代走を送られて退いた。松原チーフトレーナーは病院に行ったことを説明し「経過を見て今後を検討する」と話した。

後で読む
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、阪神2-0広島、22回戦、阪神12勝7敗3分、21日、甲子園)復帰のあいさつとして十分なインパクトを残す快音が響いた。今季初の甲子園での打席で、豪快な一発。3カ月半ぶりに復帰したマルテが存在感を示した。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、日本ハム1-9ソフトバンク、23回戦、ソフトバンク16勝6敗1分、21日、札幌D)ソフトバンクが9季ぶりの10連勝。0-1の五回に周東の適時三塁打と中村晃の犠飛で逆転し、七回に柳田の適時打とグラシアルの2点二塁打で突き放した。千賀が七回途中1失点で9勝目。日本ハムは好機を生かし切れず大敗した。

後で読む
スポーツニッポン

 不倫騒動により年内の活動停止処分となった競泳男子・瀬戸大也(26)の妻で、元飛び込み選手の優佳さん(25)が21日夜、騒動後、自身のインスタグラムを初更新した。夫妻は9月24日に謝罪。優佳さんのインスタ更新は9月16日以来、約1カ月ぶりとなった。優佳さんは今月19日、女性ファッション誌のインタビューに答えている。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、日本ハム1-9ソフトバンク、24回戦、ソフトバンク16勝6敗1分、21日、札幌ドーム)日本ハムはソフトバンクに逆転負けを喫し、今季の優勝の可能性が消滅した。

後で読む
日刊スポーツ

日本ハム先発のドリュー・バーヘイゲン投手がソフトバンク打線を抑えきれず、6敗目を喫した。4回まで無失点と粘っていたが、5回につかまった。1死二塁から周東に左中… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンク周東佑京内野手が、守備のミスをバットで取り返した。1点を追う5回1死二塁の打席で左中間を破る同点三塁打。「守りでミスしてしまったので、何とか取り返… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

広島宇草孔基外野手(23)が21日、阪神22回戦(甲子園)の5回に阪神青柳から右足かかと付近に死球を受けて途中交代した。試合中に西宮市内の病院へ行った。松原チ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神2-0広島」(21日、甲子園球場) 阪神が広島相手に完封リレーで勝利した。左ふくらはぎ痛から復帰したマルテが即スタメン出場で、初回の第1打席で決勝2ラン。節目の今季チーム100号で勝利を導いた。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、西武2x-1ロッテ、22回戦、西武14勝8敗、21日、メットライフ)ロッテは連日のサヨナラ負けで自力優勝の可能性が消滅した。打線が八、九回の好機を逃すと、1-1の九回に抑えの益田が四球から崩れて決勝打を浴びた。井口監督は「一本が出ていないのはずっと。投手陣には申し訳ない」と嘆いた。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、ヤクルト2-1巨人、18回戦、巨人11勝5敗2分、21日、神宮)ヤクルトの石川が桑田(巨人)らに並ぶ通算173勝目を挙げた。6回を本塁打の1点に抑えて今季2勝目。40歳となって本拠地では初勝利を挙げ「今季は全然働けていなかった。何とか勝てて良かった」とお立ち台で笑みを浮かべた。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、楽天5-6オリックス、20回戦、オリックス10勝8敗2分、21日、楽天生命)楽天は4連敗を喫し、今季初めての4位に後退した。八回に下水流の適時三塁打で追い付いた直後の九回に松井が大城に手痛い一発を浴びて勝ち越された。対照的に九回裏は2死満塁と攻めながらあと一本が出ず、もどかしい幕切れとなった。

後で読む
日刊スポーツ

ホームの湘南ベルマーレが今季初の連勝を逃した。前半26分にFW石原直が空中戦で左側頭部を強打して途中交代のアクシデント。急きょMF松田がFWに入り、ノルウェー…

後で読む
日刊スポーツ

ヴィッセル神戸が厳しい現実に直面した。鹿島アントラーズに1-3と完敗し、三浦淳寛監督(46)就任7戦目で初の2連敗を喫し、4戦未勝利。攻守ともに競り負けて、今…

後で読む
日刊スポーツ

サガン鳥栖はスコアレスドローで7試合連続未勝利となった。チーム得点王のFW林大地ら快足3トップを軸に押し込んだが、またしても最後の詰めが甘く不発。シュート15…

後で読む
日刊スポーツ

FC町田ゼルビアは首位アビスパ福岡と引き分けた。福岡は連勝が12でストップした。前半15分に町田MFジョン・チュングンのシュートがバーに直撃するなど、町田が多…

後で読む
日刊スポーツ

湘南ベルマーレがホームで今季初の連勝を逃した。チームトップの6得点を挙げているFW石原直樹が空中戦で左側頭部を強打し、前半26分に途中交代。病院に救急搬送され…

後で読む
スポーツニッポン

不倫騒動により年内の活動停止処分となった競泳男子・瀬戸大也(26)の妻で、元飛び込み選手の優佳さん(25)が21日夜、自身のインスタグラムを騒動後初更新した。夫妻は9月24日に謝罪。優佳さんのインスタ更新は9月16日以来、約1カ月ぶりとなった。優佳さんは今月19日、女性ファッション誌のインタビューに答えている。

後で読む
スポーツニッポン

日本ラグビー協会は21日、オンラインで理事会を開き、岩渕健輔専務理事(44)が同日発表された来年6月の日本代表―全英アイルランド代表ライオンズ戦決定までの経緯などについて説明した。

後で読む
東京スポーツ

 大日本プロレス21日の東京・後楽園ホール大会でBJW認定デスマッチヘビー級選手権が行われ、王者の藤田ミノル(43)が高橋匡哉(34)を下して初防衛に成功した。 「Dark night death H…

後で読む
東京スポーツ

 ついに今季初のマジックが点灯した。ソフトバンクが21日の日本ハム戦(札幌ドーム)に9―1で快勝。工藤政権下6年間で初となる10連勝でM8をともした。3年ぶりのV奪回は目前だ。  1点を追いかける5回…

後で読む
東京スポーツ

 阪神・ジェフリー・マルテ内野手が21日の広島戦(甲子園)に、およそ3か月ぶりのスタメン出場。初回に決勝の3号2ランを放ち勝利に大きく貢献した。  お立ち台に上がったマルテは満面の笑みで「ミンナ! タ…

後で読む
東京スポーツ

 引退するチームメートの後押しを受けてさらなる飛躍を目指す。ヤクルトの石川雅規投手(40)が21日の巨人戦(神宮)に先発し6回1失点で今季2勝目を上げた。本拠地・神宮球場で初勝利で、逆転2ランの村上と…

後で読む
デイリースポーツ

レスリング女子の日本代表合宿が21日、7月以来、3カ月ぶりに都内で始まり、東京五輪代表5人らが参加した。新型コロナウイルスの影響で五輪は1年延期となったが、12月にはセルビア・ベオグラードで世界選手権が開催予定。57キロ級代表の川井梨紗子(25)=ジャパンビバレッジ=は「今のところ参加したい。2月から試合に出ていないので(来夏の)五輪前にもう一度、試合の感覚を肌で感じたい」と出場への意欲を燃やした。 この日は、選手全員がマスクを着用しながらスパーリングまで行うという異例の練習を敢行した。日本協会によれば、1968年メキシコ五輪時にマスクを着用して練習していたことがあるといい、呼吸が制限される苦しい状況下でのレスリング練習を体感する狙いだという。

後で読む
デイリースポーツ

米国レスリング協会は20日、セルビアで12月12~20日に開催予定の世界選手権に選手を派遣しないと発表した。新型コロナウイルスの影響を考慮したためで「選手やコーチら関係者全員の安全が最優先。参加が最善の利益にはならない」としている。(共同)

後で読む
デイリースポーツ

東京都は21日、東京五輪・パラリンピックの開催期間中に駅などで観戦客らの道案内をする都市ボランティア「シティキャスト」に実施したアンケート結果を公表した。「大会について心配していること」の質問では、「新型コロナウイルス感染症の状況」との回答が79・0%に上り、都に対する要望では「安全安心に活動できる環境を整備してほしい」が75・1%だった。 心配な点で2番目に多かったのは「大会延期による活動の機運・モチベーションへの影響」が49・3%。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト2-1巨人」(21日、神宮球場) 巨人が逆転負け。1引き分けを挟んで3連敗となった。

後で読む
デイリースポーツ

「日本ハム1-9ソフトバンク」(21日、札幌ドーム) ソフトバンクが逆転勝ちで10連勝。敗れた2位ロッテとのゲーム差が7・5となり、優勝マジック「8」が点灯した。

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクが21日、札幌ドームで日本ハムに逆転勝ち。猛打で9得点を奪い、10連勝を飾った。敗れた2位ロッテとのゲーム差は7・5となり、優勝マジック「8」が点灯した。 一方、セ・リーグは巨人がヤクルトに敗れて3連敗。2引き分けを含めて5試合勝ち星がなく、足踏みが続いている。

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクが9季ぶりの10連勝。0-1の五回に周東の適時三塁打と中村晃の犠飛で逆転し、七回に柳田の適時打とグラシアルの2点二塁打で突き放した。千賀が七回途中1失点で9勝目。日本ハムは好機を生かし切れず大敗した。

後で読む
デイリースポーツ

パ・リーグは21日、首位ソフトバンクが日本ハムに9-1で勝って10連勝とし、2位ロッテが西武に1-2でサヨナラ負けしたため、3年ぶりの優勝へのマジックナンバーが「8」で今季初点灯した。 ソフトバンクは残り14試合でロッテとの直接対決6試合に全敗しても8勝すれば、ロッテが残り16試合に全勝した場合でも勝率が上回る。

後で読む
スポーツニッポン

J2松本は0―1の後半7分にFW阪野豊史(30)の得点で追い付き引き分けに持ち込んだが、4戦勝利なしとなった。柴田監督は「攻撃の形は進歩したけど1点しかとれていない」とシュート16本でわずか1点に終わったことを嘆いた。

後で読む
日刊スポーツ

仙台大明成が東北学院を109-70で下し、宮城県王者に輝いた。すでに2月の東北新人戦で優勝している仙台大明成は東北ブロック枠として、18日に行われた宮城県・決…

後で読む
日刊スポーツ

新潟アルビレックスBBは富山グラウジーズに67-97で敗れ2連敗となった。前半はSF池田雄一(37)、PG納見悠仁(23)、SFマーク・セントフォート(31)…

後で読む
日刊スポーツ

日本ラグビー協会の岩渕健輔専務理事(44)が21日夜、理事会後のオンライン取材に応じ、25年の全英代表ライオンズ戦について日本での開催に意欲を示した。日本協会…

後で読む
サンケイスポーツ

明治安田生命J1リーグは21日に第33節前倒し分が行われ、横浜F・マリノスは名古屋グランパスと対戦した。

後で読む
サンケイスポーツ

日本サッカー協会は21日、ドーハで11月に再開するアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の試合開始時間を発表し、日本勢の再開初戦で11月24日に行われる1次リーグF組のFC東京-上海申花(中国)は午後1時(日本時間同7時)のキックオフに決まった。

後で読む
東京スポーツ

西武のドラフト2位ルーキー・浜屋が21日のロッテ戦(メットライフ)で7回4安打1失点の好投を見せた。  立ち上がりからテンポのいいリズムでロッテ打線を打ち取って試合をつくった浜屋。7回一死一、三塁の…

後で読む
東京スポーツ

巨人の2年目左腕・高橋優貴投手(23)が21日のヤクルト戦(神宮)で1球に泣かされた。 「マジックも1桁になり、それを意識した中で勝ちにつながる投球をしたい」と今回意気込んでいた背番号26だったが、…

後で読む
東京スポーツ

広島は21日の阪神戦(甲子園)に0―2で零封負け。優勝の可能性が完全に消滅した。  先発・遠藤淳志投手(21)は「(シーズンは)あと投げて3試合程度。今まで悪かった分を取り返せるようにしたい。『打て…

後で読む
デイリースポーツ

明治安田J1(21日・ノエビアスタジアム神戸ほか=3試合)アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)のため変則日程となった第33節は、鹿島が上田らのゴールで神戸を3-1で下し、勝ち点42とした。横浜Mは名古屋に2-1で競り勝ち、3試合ぶり勝利で同41。 鳥栖のチーム内で新型コロナウイルスの集団感染が起きて延期となった第13節は、湘南と鳥栖が0-0で引き分けた。

後で読む
東京スポーツ

J1横浜Mは21日に名古屋(日産)と対戦し、2―1で勝利を収めた。  横浜Mは序盤から試合を優位に進めた。前半41分にペナルティーエリア手前からMF天野純(29)が左サイドにボールを送ると、走り込ん…

後で読む
スポーツニッポン

 東海大は21日、硬式野球部の部員数人が寮内で大麻の疑いがある薬物を使用していた問題について調査結果を公表。部員2人の大麻使用が確認されたと発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、楽天5-6オリックス、20回戦、オリックス10勝8敗2分、21日、楽天生命)オリックスは5-5の九回に大城の1号ソロで勝ち越した。4番手のヒギンスが3勝目、ディクソンが15セーブ目を挙げた。楽天は九回に松井が打たれて4連敗。打線は八回に追い付き粘ったが、九回2死満塁で攻め切れなかった。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、中日4-2DeNA、20回戦、中日11勝9敗、21日、ナゴヤドーム)DeNAは逆転負けで2位・中日に連敗を喫した。先発のD2位・坂本(立命大)が5回1失点と粘るも、七回に5番手・エスコバーがビシエドに逆転3ランを浴びた。佐野、梶谷がスタメンを外れた打線も12安打を放ちながら2得点とつながらず、ナゴヤドームで7連敗となった。以下、ラミレス監督の一問一答 --ロペスが2安打。日米通算2000安打まであと1本に 「すごくよかった。2本打って、1本目もよかったですが、2本目もチャンスの起点にもなった。非常にいい働きをしてくれたと思います」 --あすは今季苦手としている左腕が先発だがスタメン起用は 「それはまたこれから考えて決めたい」 --エスコバーが逆転を許した 「左打者(1、2番)にチャンスをつくられたことがキーポイントかなと。エスコバーはビシエドを今まで抑えていた。本塁打になるのは仕方ない。その前に左打者にチャンスをつくられたことが痛かった」 --八回は無死一、二塁で伊藤光がバントミス 「もちろんミスは大きかったが、あり得ること。ベストを尽くしたので仕方ない」 --宿舎で治療に専念し、今季初めて欠場した佐野のその後 「だいぶよくなったということなので、またあす、新しい情報がきてから判断したい」試合結果へプロ野球日程へ

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は21日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神2-0広島、22回戦、阪神12勝7敗3分、21日、甲子園)広島に2-0で完封勝ちを収めた阪神・矢野監督は試合後、4番手で登板した藤浪に言及した。報道陣とのやりとりは以下の通り。

後で読む
日刊スポーツ

西武は先発浜屋が1回荻野に安打を許すも、3回まで無失点。ロッテのチェン・ウェインも3回1安打無失点の立ち上がり。西武は4回1死二塁で、4番メヒアが左前適時打で… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ヤクルトが巨人戦の連敗を9で止めた。0-1の六回に村上の24号2ランで逆転した。石川は6回3安打1失点で2勝目を挙げ、九回は石山がしのぎ17セーブ目。巨人は坂… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

オリックスは1回、吉田正が13号ソロ。楽天はその裏、4点を奪い逆転。オリックスは3回、吉田正の適時打などで2点。オリックスは4回にも若月の適時打など3安打と涌… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-広島」(21日、甲子園球場) 阪神の先発・青柳は5回2/3を1安打無失点の好投を見せた。2-0の六回、2死一塁でマウンドを譲ったが、2番手・岩貞が松山を見逃し三振に斬った。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神2-0広島」(21日、甲子園球場) 阪神・藤浪が最速161キロをマークするなど、1回を1安打無失点に抑えた。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神2-0広島」(21日、甲子園球場) 阪神が広島相手に完封リレーで勝利した。マルテが復帰即のスタメン出場で、初回に先制となる決勝2ラン。節目のチーム100号で勝利を導いた。先発の青柳が5回2/3を1安打無失点の好投。7勝目を手にした。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、ヤクルト2-1巨人、18回戦、巨人11勝5敗2分、21日、神宮)巨人の高橋優貴投手(24)が今季2度目の先発。好投したが六回、村上に24号逆転ツーランを被弾し、競り負けた。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神2-0広島、22回戦、阪神12勝7敗3分、21日、甲子園)阪神は広島に2-0で勝利。左ふくらはぎを痛めて離脱していたマルテが3カ月半ぶりに1軍復帰し、一回の第1打席で左中間に先制の3号2ラン。3年ぶりにチーム本塁打を100に乗せた助っ人は「打ったのはスライダー。素直にうれしい」とコメント。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、ヤクルト2-1巨人、18回戦、巨人11勝5敗2分、21日、神宮)ヤクルトが巨人戦の連敗を9で止めた。0-1の六回に村上の24号2ランで逆転した。石川は6回3安打1失点で2勝目を挙げ、九回は石山がしのぎ17セーブ目。巨人は坂本の本塁打の1点だけで、九回1死二、三塁も生かせず3連敗。

後で読む
サンケイスポーツ

電気自動車(EV)レースの世界シリーズ「フォーミュラE」の主催者は21日、新型コロナウイルスの影響で来年2月にメキシコシティで、同3月に中国の三亜で予定されていた2大会を延期すると発表した。

後で読む
東京スポーツ

 レスリングの女子代表強化合宿が21日、都内の味の素ナショナルトレーニングセンターで行われた。東京五輪57キロ級代表の川井梨紗子(25=ジャパンビバレッジ)らが参加。この日は新型コロナウイルス感染予防…

後で読む
デイリースポーツ

「明治安田生命J1、神戸1-3鹿島」(21日、ノエビアスタジアム神戸) 監督交代時の勢いは完全に失われてしまった。神戸は鹿島に3失点を喫して2連敗。トルステン・フィンク前監督(52)を事実上の解任としてから4連勝と波に乗ったが、その後は1分け3敗で4試合未勝利となった。三浦淳寛監督(46)は「前半の失点を含む全ての失点でチームとしての甘さが出た」と悔やんだ。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト2-1巨人」(21日、神宮球場) 巨人が逆転負け。1引き分けを挟んで3連敗となった。

後で読む
デイリースポーツ

ヤクルトが巨人戦の連敗を9で止めた。0-1の六回に村上の24号2ランで逆転した。石川は6回3安打1失点で2勝目を挙げ、九回は石山がしのぎ17セーブ目。巨人は坂本の本塁打の1点止まりで九回1死二、三塁も生かせなかった。

後で読む
デイリースポーツ

阪神は復帰したマルテが一回に先制の2点本塁打を放ち、5投手による無失点リレーで逃げ切った。青柳は球が走り、5回2/3を1安打に抑えて8奪三振で8月27日以来の7勝目。広島は遠藤が立て直したが、打線が単打3本に終わった。

後で読む
デイリースポーツ

「西武2-1ロッテ」(21日、メットライフドーム) ロッテが悪夢の2夜連続サヨナラ負け。悲願のVが遠のき、3位西武に4ゲーム差と詰め寄られた。

後で読む
デイリースポーツ

「中日4-2DeNA」(21日、ナゴヤドーム) 中日がビシエドの来日通算100号となる3ランで逆転勝ち。ナゴヤドーム7連勝、6カード連続の勝ち越しを決めた。

後で読む
スポーツニッポン

サッカーJ1の仙台は21日、SNにおいて所属選手に対する誹謗中傷が投稿されているとして、クラブの公式サイトで「許されるものではない」などと声明を発表。警察、弁護士に相談していることを明かし、投稿を止めるよう呼びかけている。

後で読む
東京スポーツ

今季12勝目とはならなかった。楽天・涌井秀章投手(34)が21日のオリックス戦(楽天生命)で先発マウンドに立ち、5回を98球、5安打3四球5失点。  初回に吉田の先制ソロを被弾した。4点の援護をもら…

後で読む
東京スポーツ

燕のベテラン左腕が調子を上げている。ヤクルトの石川雅規投手(40)が21日の巨人戦(神宮)に先発し6回をわずか3安打1失点の好投を見せた。  立ち上がりから安定していた。3回までパーフェクト投球。4…

後で読む
東京スポーツ

ロッテ・澤村拓一投手がミラクル・リリーフを見せた。  21日の西武戦(メットライフ)1ー1の同点で迎えた8回に3番手でマウンドに上がった澤村。すると、いきなり先頭に金子に右線二塁打を打たれ栗山への四…

後で読む
東京スポーツ

1年ぶりの日本代表活動となった森保ジャパンのオランダ遠征の裏側とは――。  日本サッカー協会は21日に技術委員会を開催し、反町康治技術委員長(56)が終了後にオンライン取材に応じた。反町委員長は新型…

後で読む
サンケイスポーツ

中日のダヤン・ビシエド内野手(31)が「4番・一塁」で出場。七回の第4打席に右翼へ3ランを放ち、史上298人目となるNPB通算100号本塁打を記録した。

後で読む
サンケイスポーツ

明治安田J1第33節第1日(21日、神戸1-3鹿島、ノエスタ)神戸の三浦監督は「疲れもあり、選手起用は慎重に考えたい」と、連戦の疲労を考慮してフェルマーレンや酒井ら守備の主力をベンチ外とした。だが、守りの隙を突かれた前半の2失点が重かった。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、西武-ロッテ、21戦、メットライフ)ロッテのチェン・ウェインが6回1失点と好投しながらも日本球界復帰後初勝利はならなかった。「前回の試合のように一球一球集中して、丁寧に投げて試合をつくりたい」と話していた通り、初登板だった14日の楽天戦での6回2失点に続き、粘りの投球を披露した。

後で読む
日刊スポーツ

阪神ドラフト2位の井上広大外野手(19)が21日、出場選手登録を抹消された。再調整となった2軍で逆転での打撃2冠を目指す。この日はウエスタン・リーグのオリック… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ヤクルト村上宗隆内野手が逆転の24号2ランを放った。1点を追う6回1死二塁。巨人高橋の低めに沈む122キロスライダーを捉えた。逆方向への一撃を「初回のチャンス… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-広島」(21日、甲子園球場) 阪神の先発・青柳は5回2/3を1安打無失点の好投、勝ち投手の権利を得て降板した。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-広島」(21日、甲子園球場) 阪神・岩崎がリードを守った。

後で読む
サンケイスポーツ

レスリング女子の東京五輪代表、57キロ級の川井梨紗子と62キロ級の川井友香子(ともにジャパンビバレッジ)姉妹らが21日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで強化合宿を始めた。川井梨は東京五輪が延期になったため12月に新設された世界選手権(セルビア)に出場する意向を示し「出るからには優勝したい。五輪のために感覚を確かめ直したい」と抱負を語った。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、ヤクルト-巨人、18回戦、21日、神宮)巨人の坂本が原監督を超える13年連続13度目のシーズン100安打を本塁打でマークした。0-0の四回2死で、9月23日以来、21試合ぶりの17号ソロ。チーム初安打となる一打で入団2年目の2008年から続けている節目の数字に到達。原監督は新人から12年連続で12度だった。

後で読む
日刊スポーツ

J2アルビレックス新潟の是永大輔社長(43)と玉乃淳GM(36)が、試合開始1時間前の午後6時3分に、ファビオの酒気帯び運転に端を発した一連の騒動についてサポ…

後で読む
日刊スポーツ

J1ベガルタ仙台に逆風が吹いている。現在13戦未勝利(4分け9敗)で17位と低迷。前節18日のアウェー浦和戦は0-6で大敗した。さらに20日発売の週刊誌で知人…

後で読む
日刊スポーツ

日本協会は21日、技術委員会を開いた。終了後に反町康治技術委員長(56)がオンラインで取材対応し、11月にメキシコとの国際親善試合(オーストリア)が決まってい…

後で読む
日刊スポーツ

鹿島アントラーズが3発で完勝した。先制点は前半12分。敵陣左サイドで相手から球を奪うと、最後はFW上田が個人技で右足のゴールを決めた。約3カ月ぶりの先発で今季…

後で読む
スポーツニッポン

レスリング女子の全日本合宿が21日、味の素ナショナルトレーニングセンターで再開し、57キロ級の川井梨紗子(25=ジャパンビバレッジ)ら東京五輪代表の5選手を含む約20人が参加した。女子の代表合宿は7月上旬以来で、26日まで行われる。

後で読む
東京スポーツ

 女子プロレス「アイスリボン」のエース・藤本つかさ(37)が「浮気者」の烙印を押された。  31日の東京・後楽園ホール大会ではシードリングの中島安里紗(31)との名コンビ「ベストフレンズ」を結成し、つ…

後で読む
東京スポーツ

 女子プロレス「アイスリボン」のICE×∞王者の鈴季すず(18)が若き女王の貫禄を示す。  21日に埼玉・蕨市内で会見し、V2戦(31日、東京・後楽園ホール)で迎え撃つディアナの梅咲遥(19)と対峙。…

後で読む
東京スポーツ

 日本サッカー協会は21日に技術委員会を開催し、終了後に反町康治技術委員長(56)がオンラインで取材に応じた。  1月のU―23アジア選手権で1次リーグ敗退以来、活動が中断している東京五輪世代の代表チ…

後で読む
デイリースポーツ

柔道女子日本代表の増地克之監督が21日、オンラインで取材に応じ、12月開催予定の国際大会、グランプリ(GP)ザグレブ大会に東京五輪代表を派遣する可能性があることを明かした。日本選手が出場すれば新型コロナウイルス感染拡大以降初となるが、選手の意向を聞いた上で検討するといい「条件が整えば(派遣も)視野に置く」と明かした。 国際柔道連盟(IJF)は今月23日開幕のグランドスラム(GS)ブダペスト大会(ハンガリー)から国際大会を再開するが、日本選手は出場しない。全日本柔道連盟としては12月開催予定だったGS東京大会が中止となったことで、国際大会への派遣再開は年明け以降とする方針だったが、政府による帰国後14日間の待機措置の特例的緩和もあり、転換する可能性も出てきた。

後で読む
デイリースポーツ

東京五輪・パラリンピック組織委員会は21日、観客らが競技会場に入る際に通る手荷物検査エリア運営の実証実験を東京都内で報道陣に公開した。新型コロナウイルス対策として、入場時の検温はサーモグラフィー、非接触型の検温計、手首に貼るだけで発熱しているかどうかが分かる「検温シール」の3方法をテスト。待機列は1~1・5メートルの間隔を空けて並んでもらう形を試し、検査する警備員はマスクやフェースシールドなどを着用した。 今回の検証結果などを踏まえ、本番時の対策を協議する。

後で読む
デイリースポーツ

レスリング女子の東京五輪代表、57キロ級の川井梨紗子と62キロ級の川井友香子姉妹らが21日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで強化合宿を始めた。川井梨は東京五輪が延期になったため12月に新設された世界選手権(セルビア)に出場する意向を示し「出るからには優勝したい。五輪のために感覚を確かめ直したい」と抱負を語った。 合宿は新型コロナウイルスの影響で7月上旬以来、約3カ月半ぶり。他に五輪代表に決まっている53キロ級の向田真優、68キロ級の土性沙羅、76キロ級の皆川博恵も参加し、初日はマスクをつけながらランニングや打ち込みに励んだ。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト-巨人」(21日、神宮球場) 巨人・若林が左翼守備でファインプレーを見せた。

後で読む
デイリースポーツ

「楽天-オリックス」(21日、楽天生命パーク宮城) 1点を追うオリックスは四回に安達、小田の連打で一、三塁とすると、若月の初球に涌井が暴投で同点。さらに無死三塁から若月が中前適時打で勝ち越した。

後で読む
デイリースポーツ

東海大学は21日、硬式野球部の寮内で複数の部員による薬物使用の疑いがあったことに関して、同大学調査委員会による調査の結果、部員2名の大麻使用が確認されたと発表した。 該当の2名については、東海大学医学部付属病院で更生に向けた対応を開始しているという。

後で読む
デイリースポーツ

「西武-ロッテ」(21日、メットライフドーム) ロッテ・マーティンが痛恨のアクシデントに見舞われた。

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト-巨人」(21日、神宮球場) 巨人の先発・高橋が5回1/35安打2失点で降板。1-0の6回1死二塁で村上に逆転の2ランを食らい、マウンド上で唇をかんだ。

後で読む
日刊スポーツ

日本身体障がい者水泳連盟、日本知的障害者水泳連盟は21日、11月7、8日に宮城県総合運動公園セントラルスポーツ宮城G21プールで2020年度第1回強化育成合同…

後で読む
日刊スポーツ

レスリングの東京五輪女子日本代表選手らが21日、都内で合宿を開始した。選手はランニング用のマスクを着用。笹山秀雄委員長(52)は「(日本協会の)福田会長から(…

後で読む
サンケイスポーツ

日本サッカー協会の反町康治技術委員長が21日、オンラインで取材に応じ、男子の東京五輪世代(1997年以降生まれ)の国内組を集めた強化試合や合宿を年内に行う方針を明らかにした。「Jリーグで頭角を現してきた選手がいる。そういう選手を集め、現状把握をしたい」と話した。

後で読む
東京スポーツ

日本ハムの大田泰示外野手が21日、ソフトバンク戦(札幌ドーム)に「6番・右翼」で先発出場し、2回に先制の適時打を放った。  相手先発は千賀。エースを相手に、周東の失策と渡辺の内野安打から無死一、二塁…

後で読む
東京スポーツ

ド派手に節目到達だ。巨人・坂本勇人内野手が21日のヤクルト戦(神宮)で先制17号ソロをかっ飛ばした。  さすがの一打だった。打線は燕先発の石川の前に3回まで一人の走者も出せない完全投球を許した。両軍…

後で読む
東京スポーツ

ツバメの若き主砲が存在感を見せた。ヤクルトの村上宗隆内野手(20)が21日の巨人戦(神宮)に「4番・一塁」で先発出場。1回無死満塁では空振り三振、3回一死一塁では遊ゴロに倒れたが、6回一死二塁で〝ら…

後で読む
東京スポーツ

日本サッカー協会は21日に技術委員会を開催し、終了後に反町康治技術委員長(56)がオンラインで取材に応じた。  1年ぶりのA代表活動となったオランダ遠征に関する報告も行われ「技術委員からの感想など話…

後で読む
サンケイスポーツ

男子テニスで世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)がマスターズ・パリ大会(11月2日開幕)の出場を辞退すると21日付の地元紙に明かした。自身のランキングのポイントに影響しないため。

後で読む
サンケイスポーツ

チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第1節が21日に行われる。一昨季の王者であるリバプールの初戦はアヤックスが相手だ。

後で読む
サンケイスポーツ

来夏に延期された東京五輪・パラリンピックの大会組織委員会は21日、観客らが競技会場に入る際の入場検査の実証実験を東京都内で報道陣に公開した。新型コロナウイルス対策を検討する材料として、検温方法や係員の人数などを44の異なるシナリオで検証し、必要な時間などデータを収集。「安全・安心」な大会実現を目指す。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、楽天-オリックス、20回戦、21日、楽天生命パーク)楽天・島内宏明内野手(30)が「4番・DH」で先発出場。1点を追う一回1死一、二塁から、左前適時打を放って同点とした。次打者のロメロが、勝ち越しとなる右越え21号3ランで続いた。島内は、球団広報を通じて、「10月17日がロメロの(32回目の)誕生日でした。プレゼントにグッドシューズを買ったので打ってくれたと思います。自分のタイムリーよりも、ロメロが打ってくれてうれしいです。まだ、商品が届いてないけど楽しみにしといてな! ロメロへ」とコメントした。

後で読む
日刊スポーツ

日本ハム大田泰示外野手(30)が、相手エース千賀から貴重な先制適時打を放った。2回無死一、二塁。カウント1-1からの3球目145キロ高めカットボールを振り抜き… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

9月下旬に支配下登録された阪神横山雄哉投手が、ウエスタン・リーグのオリックス戦に先発し、6回2/3を2安打無失点に抑えた。「この前より全然良かったですし、球の… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-広島」(21日、甲子園球場) 阪神の先発・青柳が上々の立ち上がりを見せた。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-広島」(21日、甲子園球場) 阪神は初回、ジェフリー・マルテ内野手が放った2ランで、今季チームとして節目の100号に到達した。113本を記録した2017年以来、3年ぶり。120試合制のシーズンで、課題だった長打力には一定の変化が見られている。

後で読む
スポーツニッポン

25歳以上のアマが参加する大会で、62歳の野上英司(ミッションバレー)が4バーディー、3ボギー、1ダブルボギーの1オーバー、73で回り、首位に2打差の3位と好発進を決めた。

後で読む
東京スポーツ

 女子プロレス「アイスリボン」のFantastICE王座を保持する世羅りさ(28)が、雪妃真矢の別人格・雪妃魔矢とのV4戦(31日、東京・後楽園ホール)へ闘志を燃やした。  同王座は王者が自由にルール…

後で読む
東京スポーツ

 久々の波状攻撃でひっくり返した。楽天が21日のオリックス戦(楽天生命)で初回に一挙4点を奪った。1点を先制されたものの、その裏に一死一、二塁から4番・島内が左翼へ同点適時打。続けて5番・ロメロも走者…

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト-巨人」(21日、神宮球場) 巨人・坂本勇人内野手が先制の17号ソロを放った。

後で読む
スポーツニッポン

欧州チャンピオンズリーグ(CL)が20日に開幕。各地で1次リーグ8試合が行われ、H組でマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)がアウェーで昨季準優勝のパリ・サンジェルマン(フランス)を2―1で破った。

後で読む
東京スポーツ

来季の戦力構想から外されていることが報じられた阪神・福留孝介外野手が21日、ウエスタン・オリックス戦(舞洲)に「5番・DH」として先発出場。4打数無安打の内容に終わった。  三振、二ゴロ併殺打、二飛…

後で読む
日刊スポーツ

ワールドシリーズ(WS=7回戦制)第1戦は、ドジャースが走攻守でレイズを圧倒した。ムーキー・ベッツ外野手(28)が、WSで史上初となる1試合2盗塁2得点1本塁… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

楽天辛島航投手(30)が21日、イースタン・リーグの日本ハム12回戦に先発。6回を投げ3失点も7三振を奪い、5安打1四球の投球内容だった。この日の直球は最速1… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

最下位ヤクルトが、首位巨人と対戦。先発はヤクルトが石川、巨人は高橋。40歳のヤクルト石川雅規投手(40)は巨人戦で現役最多の31勝しているが、今季は未勝利。巨… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

来日初の4番に座ったDeNAタイラー・オースティン内野手(29)が、先制適時打を放った。ここまで全試合に4番で先発してきた佐野が背中の張りのためスタメンを外れ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「ヤクルト-巨人」(21日、神宮球場) お笑いタレントの狩野英孝が始球式に登場した。

後で読む
デイリースポーツ

「楽天-オリックス」(21日、楽天生命パーク宮城) オリックスは初回2死から吉田正が涌井の外角142キロを捉え、左翼スタンドに運ぶ13号ソロで先制した。

後で読む
デイリースポーツ

「ウエスタン、オリックス-阪神」(21日、オセアンバファローズスタジアム舞洲) 来季の構想から外れていることが報じられた阪神・福留孝介外野手(43)が2軍戦に「5番・DH」で先発出場。4打席に立ち、無安打に終わった。

後で読む
デイリースポーツ

阪神ドラフト2位の井上広大外野手(19)が21日、出場選手登録を抹消された。この日はウエスタン・リーグのオリックス戦に出場し、2打席に立っていた。 14日に1軍昇格し、同日の中日戦(ナゴヤドーム)でデビュー。16日・ヤクルト戦(甲子園)でプロ初安打初打点をマーク。6試合に出場し、11打数1安打1打点、打率・091だった。

後で読む
デイリースポーツ

阪神・岩田稔投手が21日、甲子園で汗を流し、先発予定の22日・広島戦へ意気込んだ。甲子園での登板は1日・中日戦以来。「頑張るのみです」と気合を入れた左腕は「今できることをしっかりやった上でチームの勝利につながるような投球ができるように頑張ります」と力を込めた。 今季は4試合に先発し1勝1敗、防御率4・58。前日20日には国内フリーエージェント(FA)件の資格取得条件を満たしていた。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-広島」(21日、甲子園球場) 左ふくらはぎ痛から復帰したジェフリー・マルテ内野手が、初回に先制の2ランを放った。復帰即、1打席目で今季3号アーチ。フルスイングで来季残留を猛アピールした。

後で読む
東京スポーツ

柔道女子日本代表の増地克之監督(50)が21日、オンラインでの合同取材に応じ、代表選手の現状について言及した。  男子は12~17日の日程で全体合宿を行ったが、女子は個別分散合宿の形を取っている状況…

後で読む
サンケイスポーツ

ソフトバンクのマット・ムーア投手(31)がキャッチボールなどで調整。22日の先発登板に向けて「まず(目指すの)はリーグ優勝だと思う。自分たちが勝てばそれでいいと思うので。1試合でも多くチームが勝てるように」と力を込めた。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は21日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
サンケイスポーツ

プロボクシングのWBA、IBF世界バンタム級統一王者、井上尚弥(27)=大橋=が20日(日本時間21日)、滞在している米ネバダ州ラスベガスで渡米後初のジムワークを行った。31日(同11月1日)に当地でWBA2位、IBF4位のジェーソン・モロニー(29)=オーストラリア=と防衛戦を行う。

後で読む
デイリースポーツ

世界ボクシング協会(WBA)と国際ボクシング連盟(IBF)のバンタム級統一王者、井上尚弥(大橋)が20日、米ネバダ州ラスベガスでの防衛戦(31日)に向け、現地のジムで初練習を行った。プロモート契約を結んでいる米興行大手トップランク社のジムで、ミット打ち、縄跳びなどで汗を流した。 19日にメディカルチェックを受け、新型コロナウイルスのPCR検査は陰性だった。(共同)

後で読む
日刊スポーツ

浦和レッズMFエヴェルトン(27)が残り10戦に向け、一戦必勝の決意で(ACL)アジア・チャンピオンズリーグ出場権(リーグ3位以内)獲得に挑む姿勢を示した。2…

後で読む
日刊スポーツ

北海道コンサドーレ札幌ミハイロ・ペトロビッチ監督(63)が、24日ホーム横浜FC戦(札幌ドーム)での偉業達成を約束した。札幌・宮の沢で練習した21日、63歳の…

後で読む
日刊スポーツ

ベガルタ仙台は、週刊誌による知人女性への暴行報道を受け主力だったMF道渕諒平(26)を契約解除してから一夜明けた21日、仙台市内で24日の名古屋戦(アウェー)…

後で読む
東京スポーツ

 日本ラグビーフットボール協会は21日、日本代表が来年6月26日に英国・エディンバラのマレーフィールド・スタジアムで全英代表ライオンズとテストマッチを行うと発表した。  1888年に始まったライオンズ…

後で読む
デイリースポーツ

産業能率大スポーツマネジメント研究所は7月末に実施した「コロナ禍のスポーツ観戦意識調査」の結果を21日までに発表し、東京五輪・パラリンピックについて84・8%が「現実問題として、来年の開催も難しいと思う」と回答した。「コロナ禍が収まり、来年無事に開催されてほしい」の設問は74・7%が同意した。 プロスポーツの実施や観客の有無についての設問では「自粛で行われない日々はつまらなかった」が74・0%、「完全に終息するまでは会場での観戦は控えたい」は66・6%、「有観客試合開始のタイミングは早すぎた」は45・9%だった。

後で読む
デイリースポーツ

フィギュアスケート男子で昨季ジュニア・グランプリ(GP)ファイナルを制した16歳の佐藤駿(フジ・コーポレーション)が21日、埼玉県上尾市で報道陣に練習を公開し、ルッツなど3種類の4回転ジャンプを成功させた。シニアに転向して迎えるシーズンを前に「自分の納得する演技をすることが大事。まずは自分に勝たないと」と語った。 新たにアドバイザーに迎えた2014年四大陸選手権覇者の無良崇人さんから身ぶり手ぶりを交えた指導を受け「すごく的確」と手応えを得た様子。今月上旬の関東選手権は同学年のライバル鍵山優真(神奈川・星槎国際高横浜)に90点近い大差で敗れた。

後で読む
デイリースポーツ

日本ラグビー協会は21日、日本代表が来年6月26日に英国のエディンバラで全英代表ライオンズと対戦すると発表した。伝統あるライオンズはイングランド、ウェールズ、スコットランド、アイルランドの選抜チーム。日本とは初対戦で、歴史的な一戦となる。 1888年に始まったライオンズは近年、4年に1度編成されて南半球に遠征しており、来年7~8月に南アフリカで8試合を行う予定。日本戦は遠征前にテストマッチとして開催する。

後で読む
デイリースポーツ

柔道日本女子の増地克之監督が21日、オンラインで報道陣の取材に応じ、新型コロナウイルスの影響で1月を最後に行われていない強化合宿を年内に実施したい意向を示した。「再スタート。チームとして五輪を闘うという意識を再確認したい」と狙いを語った。 2月までに出そろった東京五輪代表7選手は所属先での活動が中心で、月に1度は約1週間の少人数練習。増地監督は52キロ級の阿部詩(日体大)を「すぐにでも試合に出られる状態」と説明し、今月は63キロ級の田代未来、57キロ級の芳田司(ともにコマツ)と一緒に山形県の高地施設で心肺機能強化に励んだという。

後で読む
デイリースポーツ

東京五輪・パラリンピック組織委員会は21日、都内で新型コロナウイルスの影響で来夏に延期となった本大会に向けて、手荷物検査などの実証実験を報道陣に公開した。19日から3日間に渡り、コロナ対策、手荷物検査の強度など44シナリオを検証。検温も非接触型検温器、サーモグラフィ、体に張るだけで体温が分かる検温シールの3パターンをテストし1時間に何人が入れるかなどを分析した。 組織委の岩下剛警備局長は「必要なデータをとることができた」と、成果を強調。「手荷物がない場合は通常の2倍速く入っていただける。キャッチフレーズは“入場は手荷物少なくストレスフリー~大きな感動をお持ち帰りいただきますので、手荷物は最小限でお願いします”」と、手ぶら観戦を推奨した。

後で読む
東京スポーツ

米ラスベガス入りしているWBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者の井上尚弥(27=大橋)が20日(日本時間21日)、WBO同級1位ジェイソン・モロニー(29=オーストラリア)との防衛戦(31日=…

後で読む
デイリースポーツ

◇セ・リーグヤクルト・吉田喜-巨人・サンチェス(神宮)

後で読む
スポーツニッポン

欧州チャンピオンズリーグ(CL)が20日に開幕。各地で1次リーグ8試合が行われ、G組で6季ぶりの優勝を目指すバルセロナ(スペイン)はホームでフェレンツバロシュ(ハンガリー)を5―1で下し、快勝発進した。

後で読む
スポーツニッポン

J1はきょう21日に第13節の湘南―鳥栖、ACL出場チームの第33節神戸―鹿島、横浜―名古屋の3試合が行われる。

後で読む
デイリースポーツ

 【サウザンドオークス(米カリフォルニア州)共同】米男子ゴルフのZOZOチャンピオンシップは22日(日本時間23日未明)からロサンゼルス郊外のシャーウッドCCで開催される。新型コロナウイルスの影響で千葉県から米国に舞台を移した日本企業の冠大会。プロ転向したばかりの金谷拓実は19日に9ホール、20日は18ホールと精力的にラウンドし、強豪たちとの戦いに備えた。 プロ初戦だった18日までの日本オープン選手権は7位。休む間もなく移動してきたが「元気。試合の4日間は楽しみたい」と笑みを見せた。

後で読む
日刊スポーツ

日本スケート連盟(JSF)は21日、都内で理事会を開き、フィギュアスケートの全日本ジュニア選手権(11月21~23日、青森・フラット八戸)と全日本選手権(12…

後で読む
日刊スポーツ

フィギュアスケート男子の19年ジュニアグランプリ(GP)ファイナル王者、佐藤駿(16=フジ・コーポレーション)が21日、埼玉アイスアリーナで練習を公開した。今…

後で読む
日刊スポーツ

ドリームマッチが実現した。日本ラグビー協会は21日、日本代表が「ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ」と21年6月26日にスコットランドで対戦すると発表し…

後で読む
日刊スポーツ

東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は21日、東京ビッグサイト(江東区)で、観客や関係者が会場に入る際に行う、スクリーニング(審査)の実証実験を行った。新型…

後で読む
日刊スポーツ

柔道女子代表の増地克之監督(50)が21日、オンライン取材に応じ、12月に開催が予定されているグランプリ・ザグレブ大会(クロアチア)に東京五輪代表選手を派遣す…

後で読む
サンケイスポーツ

サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)は20日に開幕して1次リーグの8試合が行われ、G組はバルセロナ(スペイン)がフェレンツバロシュ(ハンガリー)に5-1で圧勝し、イタリア王者のユベントスはディナモ・キエフ(ウクライナ)に2-0で快勝。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)は20日に開幕して1次リーグの8試合が行われ、F組はラツィオ(イタリア)がドルトムント(ドイツ)を3-1で破った。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は21日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神-広島、22回戦、21日、甲子園)先発メンバーが発表され、リーグトップの26本塁打でタイトルを争っている阪神・大山が「4番右翼」でスタメン出場する。6月20日の巨人戦(東京ドーム)など左翼での先発は過去にもあったが、右翼は自身初。試合前の練習でも右翼でノックを受けていた。大山の定位置である三塁には、この日から1軍に合流したマルテが入った。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、日本ハム-ソフトバンク、23回戦、21日、札幌ドーム)ソフトバンク・工藤公康監督(57)が試合前に取材に対応。前日20日に6回無失点で4勝目を挙げた笠谷俊介投手(23)について「結果だけを考えれば、当然、次もあるということは間違いない」と明言した。

後で読む
日刊スポーツ

オリックス山本由伸投手(22)が21日、出場選手登録を抹消された。今季初めての出場選手登録抹消となる。球団広報によると、疲労と上半身のコンディション不良を考慮… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

最下位ヤクルトが、首位巨人と対戦。予告先発はヤクルトが石川、巨人は高橋。40歳のヤクルト石川雅規投手(40)は巨人戦で現役最多の31勝しているが、今季は未勝利… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-広島」(21日、甲子園球場) スタメンが発表された。阪神は左ふくらはぎの張りから1軍復帰したマルテが「3番三塁」、本塁打王を狙う大山は「4番右翼」で先発出場する。マルテ、サンズ、ボーアの「MSB」トリオが復活した。

後で読む
サンケイスポーツ

大相撲11月場所(11月8日初日、両国国技館)に向けた合同稽古が21日、国技館内の相撲教習所で行われ、11月場所での三役復帰が有力な元大関高安が初参加して、新大関正代、関脇御嶽海らに10勝4敗と上々の動きを見せた。体調面を考慮し、この日から参戦。前に出る相撲が多く「厳しい相撲を取りたかった。目的を持って取り組むことができた」と手応えを口にした。

後で読む
サンケイスポーツ

米男子ゴルフのZOZOチャンピオンシップは22日(日本時間23日未明)からロサンゼルス郊外のシャーウッドCCで開催される。新型コロナウイルスの影響で千葉県から米国に舞台を移した日本企業の冠大会。プロ転向したばかりの金谷拓実は19日に9ホール、20日は18ホールと精力的にラウンドし、強豪たちとの戦いに備えた。

後で読む
サンケイスポーツ

産業能率大スポーツマネジメント研究所は7月末に実施した「コロナ禍のスポーツ観戦意識調査」の結果を21日までに発表し、東京五輪・パラリンピックについて84・8%が「現実問題として、来年の開催も難しいと思う」と回答した。「コロナ禍が収まり、来年無事に開催されてほしい」の設問は74・7%が同意した。

後で読む
スポーツニッポン

東京五輪・パラリンピック組織委員会は21日、新型コロナウイルスの影響で来年へ延期となった大会の安全な実施へ向け、競技会場などへの入場時における手荷物検査の実証実験をメディアに公開した。19日から3日間行われた実験では、東京ビッグサイトの一角にプレハブの検査エリアを設け、大会で実際に使用する金属探知機や顔認証装置などを設置。コロナ対策の検温、手荷物検査の強度、持ち込み可能なペットボトルの試飲など…

後で読む
スポーツニッポン

日本ラグビー協会は21日、来年6月26日に英エディンバラのマレーフィールドで、日本代表がブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ(全英愛代表)と対戦すると発表した。全英愛代表は4年に一度、イングランド、スコットランド、ウェールズ、アイルランドの4カ国から選抜されるチーム。日本が対戦するのは史上初で、対戦自体が歴史的な快挙と言える。

後で読む
東京スポーツ

 さくらジャパンに衝撃が走った。東京五輪に出場するホッケー日本女子代表のアンソニー・ファリー監督(47=オーストラリア)が退任することが21日までに分かった。日本協会と結んでいた10月末までの契約が満…

後で読む
デイリースポーツ

サッカー元日本代表MF香川真司が今週中にも移籍先を決める見通しだという。スペインのスポーツ紙マルカが21日までに伝えている。 報道によると、本人の希望はスペインでのプレー継続だが、現状では条件に合うものがない。一方で、欧州大会に出場しているスペイン国外のチームからは複数のオファーがあり、そのいずれかに決める流れだという。

後で読む
デイリースポーツ

「中日-DeNA」(21日、ナゴヤドーム) DeNA・佐野恵太内野手が背中の張りで今季初めて欠場することが決まった。

後で読む
デイリースポーツ

オリックスの山本由伸投手、富山凌雅投手が21日、出場選手登録を抹消された。 山本は上半身のコンディション不良があり疲労を考慮されたもの。

後で読む
スポーツニッポン

イングランド・プレミアリーグのアーセナルに所属する元ドイツ代表MFメスト・エジル(32)が、20日に発表された今季リーグ戦の登録メンバー(25人)から外れた。既に欧州リーグの登録メンバー(25人)からも外れていた。

後で読む
東京スポーツ

コロナ陽性判定を受けた2人が一軍復帰――。9月下旬に新型コロナウイルスに感染した陽川尚将内野手(29)と小川一平投手(23)の2人が21日、一軍に合流した。  陽川は感染後、発熱の症状を起こし、一時…

後で読む
東京スポーツ

3か月ぶりの1軍昇格で残留アピールへ――。阪神の助っ人、ジェフリー・マルテ内野手(29)が21日に一軍に合流した。  今季来日2年目の助っ人は開幕戦に三塁を任され2本塁打、5打点と定位置を獲得したか…

後で読む
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、中日-DeNA、20回戦、21日、ナゴヤドーム)DeNA・佐野恵太内野手(25)が今季初めて欠場となる見込みとなった。試合前、ラミレス監督が明かした。これでチームは今季全試合出場選手がゼロとなる。

後で読む
サンケイスポーツ

大相撲11月場所(11月8日初日、両国国技館)に向けた合同稽古が21日、国技館内の相撲教習所で行われ、右膝負傷で2場所連続休場中の横綱白鵬が新大関正代に19勝1敗と順調な回復ぶりをアピールした。注目の相手としっかり汗を流し「できたね、いい稽古が」と前向きに語った。

後で読む
サンケイスポーツ

【出場選手登録】 ▽オリックス 榊原翼投手、鈴木優投手 【同抹消】 ▽ソフトバンク 笠谷俊介投手 ▽日本ハム 上沢直之投手 ▽オリックス 山本由伸投手、富山凌雅投手

後で読む
サンケイスポーツ

【出場選手登録】 ▽阪神 小川一平投手、マルテ内野手、陽川尚将内野手 ▽中日 ゴンサレス投手 【同抹消】 ▽阪神 ガルシア投手、伊藤和雄投手、井上広大外野手 ▽中日 R・マルティネス投手

後で読む
サンケイスポーツ

DeNAは21日、新型コロナウイルスの影響によりスタージェット風船を使用した応援ができない中、新たな演出としてクラッカーを使用した応援演出23日の広島戦にてテスト実施すると発表した。

後で読む
日刊スポーツ

地区シリーズで8日の試合に出場していたパドレスのルイス・カンプサノ捕手(22)が、故郷のジョージア州で大麻79グラムを所持していたため逮捕。79グラム所持はパ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

マリナーズの公式ツイッターが、引退を発表した巨人岩隈久志投手に感謝のメッセージを送った。岩隈は12年から6年間マ軍に所属。「思い出をありがとう。引退後の幸運を… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ドジャースのエース左腕クレイトン・カーショー投手が6回2安打1失点でリズム良く投球した。8奪三振の力投で、7つ目の三振を奪った時点でポストシーズン通算200三… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

10月21日のプロ野球の出場選手登録と抹消は以下の通り。【セ・リーグ】<登録>阪神 小川一平投手阪神 J・マルテ内野手阪神 陽川尚将内野手中日 L・ゴンサレス… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

阪神の高卒ドラフト2位、井上広大外野手(19)が21日、出場選手登録を抹消された。井上は14日に初昇格。同日の中日戦(ナゴヤドーム)で球団高卒新人野手では68… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

中日のライデル・マルティネス投手(24)が21日、体幹のコンデショニング不良のため、出場選手登録を抹消された。今季は抑えに定着して40試合に登板。防御率1・1… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「ウエスタン、オリックス-阪神」(21日、オセアンバファローズスタジアム舞洲) 来季の構想から外れていることが報じられた阪神・福留孝介外野手(43)が2軍戦に「5番・DH」で先発出場。4打席に立ち、無安打に終わった。

後で読む
デイリースポーツ

阪神ドラフト2位の井上広大外野手(19)が21日、出場選手登録を抹消された。この日はウエスタン・リーグのオリックス戦に出場し、2打席に立っていた。 14日に1軍昇格し、同日の中日戦(ナゴヤドーム)でデビュー。16日・ヤクルト戦(甲子園)でプロ初安打初打点をマーク。6試合に出場し、11打数1安打1打点、打率・091だった。

後で読む
サンケイスポーツ

ロッテは21日、ブランドン・レアード内野手(33)が米国アリゾナ州の病院で腰椎椎間板ヘルニアの手術を行ったと発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

ワールドシリーズ(WS=7回戦制)が開幕。1988年以来、32年ぶり7度目の頂点を狙うドジャース(ナ・リーグ)が初制覇を目指すレイズ(ア・リーグ)に8-3で先勝した。日本選手で唯一、ここまで勝ち残ったレイズの筒香嘉智外野手(28)は28人の登録メンバー入りを果たすが、出場機会はなかった。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神ー広島、22回戦、21日、甲子園)阪神のドラフト2位・井上広大外野手(19)、オネルキ・ガルシア投手(31)、伊藤和雄投手(30)が出場選手登録を抹消された。

後で読む
日刊スポーツ

ケニア代表で柏レイソルのFWオルンガが、11月7日のルヴァン杯決勝・FC東京戦後にケニア代表に合流することが決まった。20日、ネルシーニョ監督がオンライン取材…

後で読む
スポーツニッポン

柔道女子日本代表の増地克之監督(50)が21日、オンライン取材に応じ、12月に開催が予定される国際大会のグランプリ(GP)ザグレブ大会(クロアチア)に、五輪代表選手を派遣する可能性があることを明言した。実現すれば日本人選手の国際大会出場は、新型コロナウイルス感染拡大後、初めて。

後で読む
東京スポーツ

 WWE・NXTで活躍する元新日本プロレスのKUSHIDA(37)が21日、国際電話で本紙のインタビューに応じ、新たな未来を目指す胸中を語った。現在の同王者は同じ元新日本のフィン・ベイラー(39=プリ…

後で読む
東京スポーツ

 大相撲11月場所(11月8日初日、東京・両国国技館)を控えた21日、新大関正代(28=時津風)が国技館内の相撲教習所で行われた合同稽古に参加した。  相撲を取る稽古では横綱白鵬(35=宮城野)との2…

後で読む
東京スポーツ

 大相撲11月場所で復活を目指す横綱白鵬(35=宮城野)が21日、国技館内の相撲教習所で行われた合同稽古に参加。20日に予告していた通り、新大関正代(28=時津風)を稽古相手に指名し、20番取って19…

後で読む
東京スポーツ

【多事蹴論(6)】2006年ドイツW杯に臨んだ日本代表は「史上最強」と言われながらも1次リーグを1分け2敗で敗退した。現役時代に“サッカーの神様”と呼ばれた元ブラジル代表10番のジーコ監督をもってして…

後で読む
デイリースポーツ

日本スケート連盟は21日、都内で理事会を開催した。終了後に報道陣の取材に応じた伊東秀仁フィギュア委員長(59)は、全日本選手権と全日本ジュニア選手権を有観客で開催する予定だと明かした。 全日本選手権は12月23~27日に長野市で、全日本ジュニア選手権は11月21~23日に青森県八戸市で開催される。いずれの大会も今月末から始まる西日本選手権(京都)、11月の東日本選手権(甲府)の上位者で争われる。

後で読む
デイリースポーツ

広島大は21日、陸上女子100m障害の木村文子が1日付で同大大学院人間社会科学研究科人文社会科学専攻人間総合科学プログラムの博士課程前期に入学したことを発表した。 広島市内の同大で記者会見した木村は「セカンドキャリアの準備を進めながら、五輪に向けての準備を同時に進めていきたいという思いがあった」と語った。

後で読む
日刊スポーツ

柔道女子代表の増地克之監督(50)が21日、オンライン取材に応じ、現役引退した16年リオデジャネイロ五輪48キロ級銅メダルの近藤亜美(25=三井住友海上)にね…

後で読む
デイリースポーツ

J1柏のケニア代表FWオルンガ(26)が11月7日のルヴァン杯決勝(FC東京戦)に出場することが21日、明らかになった。 ネルシーニョ監督(70)は同日、オンライン取材に応じ「(11月)7日のルヴァンの決勝にオルンガは出場します」と明言した。

後で読む
東京スポーツ

J1柏のネルシーニョ監督(70)が〝オール決勝戦〟の精神でリーグ終盤戦に挑む。  柏は現在、勝ち点37で8位。上位3チームに与えられるアジアチャンピオンズリーグ(ACL)の出場権を獲得するためには、…

後で読む
東京スポーツ

なでしこジャパンのGK山根恵里奈(29)が感謝の思いを胸に、代表候補合宿に挑んでいる。  山根は高校入学時に福島の地に足を踏み入れ、JFAアカデミー福島と東京電力マリーゼでプレーした経験がある。21…

後で読む
サンケイスポーツ

 プロボクシングWBA、IBF世界バンタム級統一王者の井上尚弥(27)=大橋=が20日(日本時間21日)、防衛戦(31日=日本時間11月1日、米ネバダ州ラスベガス)に向けて渡米後初のジムワークを行った。WBA2位、IBF4位のジェーソン・モロニー(29)=オーストラリア=の挑戦を受ける。

後で読む
スポーツニッポン

 大リーグは20日(日本時間21日)、米テキサス州アーリントンのグローブライフ・フィールドでワールドシリーズ(WS)が開幕し、ドジャースとレイズが激突。それぞれリーグ最高勝率を誇った両軍のWS初対決は、ドジャースが8―3で先勝した。レ軍の筒香嘉智外野手(28)は出場機会がなかった。

後で読む
サンケイスポーツ

広島大は21日、陸上女子100メートル障害の木村文子(エディオン)が1日付で同大大学院人間社会科学研究科人文社会科学専攻人間総合科学プログラムの博士課程前期に入学したことを発表した。

後で読む
日刊スポーツ

1988年以来となる、悲願のワールドシリーズ制覇を目指すドジャースは、走攻守で圧倒し、白星スタートを切った。6回を投げて、2安打1失点、1四球、8三振の快投を… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

巨人岩隈久志投手(39)が、今季限りで現役引退する。日米通算170勝。マリナーズ時代の05年にはノーヒットノーランを達成した。日本球界で最も高い制球力を誇る投… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

球団の来季戦力構想から外れたとみられる阪神福留孝介外野手(43)が21日、ウエスタン・リーグのオリックス戦の先発メンバーに入り「5番・DH」で出場した。プロ2… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ロッテは21日、23日から11月1日まで、オンラインストア限定でディズニーの人気キャラクター、ミッキーマウスとコラボレーションしたグッズを受注販売すると発表し… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-広島」(21日、甲子園球場) 阪神の福原忍投手コーチが20日の同戦で約2カ月ぶりに登板した藤川球児投手について言及した。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-広島」(21日、甲子園球場) 試合前練習でこの日、1軍に合流したばかりの阪神のジェフリー・マルテ内野手(29)が三塁の守備位置でノックを受け、三塁が本職で4番の大山悠輔内野手(25)が右翼の守備位置に就いた。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-広島」(21日、甲子園球場) 左ふくらはぎ痛で戦列を離れていた阪神のジェフリー・マルテ内野手(29)が約3カ月ぶりに1軍に合流した。試合前の甲子園練習に参加し、このまま昇格となる見込みだ。

後で読む
サンケイスポーツ

すでに現役を引退した元チェコ代表GKペトル・チェフに、今季現役復帰の可能性が浮上している。

後で読む
サンケイスポーツ

先月22日にヴィッセル神戸はドイツ人指揮官トルステン・フィンク氏の退任を発表。現在52歳の同氏は、母国メディア『シュポルト1』のインタビューに応じ、日本で過ごした時間を振り返った。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神-広島、22回戦、21日、甲子園)左ふくらはぎを痛めて2軍で調整していた阪神のジェフリー・マルテ内野手(29)が1軍練習に合流した。7月4日の広島戦(マツダ)で左ふくらはぎを負傷し、出場選手登録を外れた。リハビリを経て、実戦復帰した8月8日のウエスタン・広島戦(由宇)で再発していた。20日のウエスタン・オリックス戦(オセアンBS)に「5番・三塁」で先発出場し、3打数1安打。矢野監督はマルテについて「ずっとタイミングというか、どうしようかなというのはあるんだけど、ちょっと今から考えます」と話していた。

後で読む
サンケイスポーツ

来季の構想から外れたとみられる阪神・福留孝介外野手(43)が21日、ウエスタン・オリックス戦(オセアン)に「5番・DH」でスタメン出場し、七回までで3打数無安打だった。

後で読む
スポーツニッポン

フィギュアスケート男子の19年ジュニアグランプリ(GP)ファイナル覇者で今季シニア転向した佐藤駿(16=フジ・コーポレーション)が21日、埼玉県上尾市の埼玉アイスアリーナで練習を公開した。

後で読む
スポーツニッポン

J1柏のケニア代表FWオルンガ(26)が、来月7日のルヴァン杯決勝(対FC東京)に出場できることが21日、明らかになった。11月に同国代表のアフリカ選手権予選が控えており、ルヴァン杯決勝の出場は微妙だったが、この日オンラインで取材対応したネルシーニョ監督(70)は「ルヴァンの決勝にオルンガは出場します。その試合が終わって、代表へ行く流れになる」と明言した。

後で読む
東京スポーツ

J1柏に朗報だ。チームのエースでケニア代表FWマイケル・オルンガ(26)が11月7日のルヴァンカップ決勝(FC東京戦、国立)に出場する予定であることが21日、分かった。  ケニア代表は11月にアフリ…

後で読む
サンケイスポーツ

 また一人、レジェンドがユニホームを脱ぐ。ヤクルト・五十嵐亮太投手(41)が、今季限りで現役を引退することを決めた。

後で読む
スポーツニッポン

 日本スケート連盟の理事会が21日、都内で行われ、伊東秀仁フィギュア委員長(59)が11月21~23日の全日本ジュニア選手権(青森・フラット八戸)、12月23~27日の全日本選手権(長野・ビッグハット)を有観客で開催することを明らかにした。

後で読む
サンケイスポーツ

今季限りでの引退を表明している阪神・藤川球児投手(40)が21日の広島戦(甲子園)を欠場することがわかった。20日の同戦で約2カ月ぶりに1軍登板して1回1安打無失点に抑えたが、連投を避ける形となった。福原投手コーチは「球児は今日はベンチから外します。もちろん本人とも相談しながらになりますが、今後はベンチから外れる日を作りながら、最後までしっかりチームを支えていってもらえたらと思います」と話した。右上肢コンディション不良で手術が必要といわれていることも明らかにしており、今後も連投は避けることになる。

後で読む
日刊スポーツ

ドジャースの1番打者ムーキー・ベッツ外野手(28)が、ワールドシリーズでは史上初の1試合2盗塁、2得点、1本塁打をマークし、第1戦の勝利に大きく貢献した。1点… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

MLBのロブ・マンフレッド・コミッショナーは20日、来季以降もプレーオフ枠の拡大と、無死二塁から始まるタイブレーク制を継続したいとの意向を示している。新型コロ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

日本ハムは21日、2軍本拠地の千葉・鎌ケ谷で行われる今季最終戦、11月1日イースタン・リーグヤクルト戦の入場チケット1100枚が前売り段階で完売したと発表した… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

阪神・小幡が甲子園で連日の早出特守に取り組んだ。久慈、藤本両内野守備走塁コーチが見守る中、藤井バッテリーコーチのノックを受け、レベルアップに励んだ。 高卒2年目小幡はコロナ禍の中、遊撃に定着。20日広島戦では自慢の強肩を披露した。外野からの中継プレーで本塁へ好送球し、生還を阻止。チーム失策数はリーグワースト73だが、小幡は着実に成長の跡を見せている。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-広島」(21日、甲子園球場) 阪神の福原忍投手コーチが20日の同戦で約2カ月ぶりに登板した藤川球児投手について言及した。

後で読む
スポーツニッポン

フィギュアスケート男子の19年ジュニアグランプリ(GP)ファイナル覇者で今季シニア転向した佐藤駿(16=フジ・コーポレーション)が21日、埼玉県上尾市の埼玉アイスアリーナで練習を公開した。入念にスピン、ステップを確認した後はショートプログラム(SP)「パイレーツ・オブ・カリビアン」、フリー「バトル・オブ・ザ・キングス」の通しで演技構成を確認した。

後で読む
東京スポーツ

【KJ松井のCatch&Shoot(38)】米プロバスケットボールNBAはロサンゼルス・レイカーズが2019~20年シーズンの年間王者に輝いた。17度目のファイナル制覇はレブロン・ジェームズ(35)と…

後で読む
東京スポーツ

 J1柏のMF江坂任(28)がルヴァンカップ制覇に向け、気持ちを高ぶらせている。  7年ぶりの優勝を目指す柏は、11月7日の決勝でFC東京(国立)と対戦する。21日のオンライン取材では「シーズン始める…

後で読む
東京スポーツ

 なでしこジャパンのMF伊藤美紀(25=INAC神戸)が代表定着へ己の武器をアピールしている。  高倉麻子監督(52)が「小柄だが、ゲームの流れを読むのが得意。技術もしっかりしている」と初招集した期待…

後で読む
デイリースポーツ

フィギュアスケート男子で、昨年のジュニアGPファイナルを制した佐藤駿(16)=フジ・コーポレーション=が21日、埼玉アイスアリーナで練習を公開した。 4回転ルッツや4回転トーループからの連続ジャンプ、4回転サルコーなどを着氷。今月初旬の関東選手権では、ジャンプでミスが相次いだだけに「このままの調子で、まずは自分が納得する演技をしたい」と語った。

後で読む
デイリースポーツ

大相撲秋場所を右膝手術で全休した横綱白鵬(35)=宮城野=が21日、東京・両国国技館内の相撲教習所で合同稽古に参加し、新大関正代(28)=時津風=を三番稽古(同じ相手と続けて何番も取る)に指名し、20番取って19勝1敗とねじ伏せた。右足で踏ん張り、投げを決めるなど、患部への不安は日に日に解消。「出来たね!いい稽古が」と声も弾んだ。 新大関の勢いを問われ、「想像にお任せします」と余裕。前日は御嶽海(出羽海)と23番取り連日、精力的。「番数こなして、いろんなものを思い出させるというか、それが番数こなす意味があるのかなと」と話した。

後で読む
デイリースポーツ

大相撲秋場所で初優勝し、新大関に昇進した正代(28)=時津風=が21日、東京・両国国技館内の相撲教習所で合同稽古を行い、横綱白鵬(宮城野)と三番稽古(同じ相手と続けて取る)で1勝19敗と完敗した。 「ありがたいです」と大関昇進後、初の横綱との稽古に感謝。自慢の立ち合いの圧力もうまく伝わらず。「ちゃんとぶつけられていないような感じがしますね」と悔やんだ。

後で読む
デイリースポーツ

DeNAは21日、新型コロナウイルスの影響でスタージェットを使用した応援ができない中、クラッカーを使用した応援演出を10月23日・広島戦でテスト実施すると発表した。 実施のタイミングは7回表終了後の「HOT PEPPER LUCKY7」。対象席種はJ:COmベイディスカバリーBOXシート、Paraviネット裏BOXシート、エントリープレミアムテラス、東京日商エステム リビングBOXシート、レイズネクスト スカイバーカウンター、日総工産パーティースカイデッキ、横浜銀行BOXシート。

後で読む
日刊スポーツ

陸上女子短距離で昨年総体200メートル優勝、100メートル2位の石堂陽奈(立命館慶祥3年)が高校最後の舞台で短距離2種目の日本高校新を狙う。新型コロナウイルス…

後で読む
日刊スポーツ

新型コロナウイルスの影響で中止となった総体の代替大会にあたる全国高校陸上2020(23日開幕、広島)で、男子短距離2種目に出場する鷹祥永(立命館慶祥3年)は、…

後で読む
スポーツニッポン

 女子ゴルフの柏原明日架(24=富士通)が21日、今週開催予定だった「NOBUTA GRUOP マスターズGCレディース」のディフェンディングチャンピオンとしてオンラインでの会見を行った。

後で読む
サンケイスポーツ

米大リーグのワールドシリーズ(WS=7回戦制)は20日、アーリントンで開幕し、32年ぶり7度目の頂点を狙うドジャース(ナ・リーグ)が初制覇を目指す筒香のレイズ(ア・リーグ)に8-3で快勝した。

後で読む
サンケイスポーツ

パ・リーグは21日、試合日程の追加を次の通り発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

フィギュアスケート男子で昨季のジュニア・グランプリファイナル覇者の佐藤駿(フジ・コーポレーション)が21日、埼玉県内で練習を公開し、2014年四大陸選手権王者で18年に引退したプロスケーターの無良崇人さん(29)から指導を仰いでいると明かした。

後で読む
日刊スポーツ

走攻守で圧倒したドジャースが、初戦で快勝した。4回1死一塁、右肩を負傷していたコディ・ベリンジャー内野手(28)の右越え2ランで先制すると、5回に足を絡めた攻… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

MLB公式サイトは20日、今季のワールドシリーズ(WS)に関し、同サイトの記者とアナリストの大半がドジャースの優勝を予想したと明かした。ドジャースは8年連続で… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ア・リーグ覇者のレイズが、初戦でドジャースに完敗した。筒香嘉智外野手(28)は、出場機会がなかった。4回に2点を先制され、1点差に詰め寄った直後の5回、重盗を… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

DeNAは、23日広島戦(横浜)で新型コロナウイルスの影響により現在は使用禁止となっている「スタージェット」の代替として、応援クラッカーを使用した新たな球場演… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

米大リーグのワールドシリーズ(WS=7回戦制)は20日、アーリントンで開幕し、32年ぶり7度目の頂点を狙うドジャース(ナ・リーグ)が初制覇を目指す筒香のレイズ(ア・リーグ)に8-3で快勝した。

後で読む
サンケイスポーツ

米大リーグのワールドシリーズ(WS=7回戦制)は20日、アーリントンで開幕し、32年ぶり7度目の頂点を狙うドジャース(ナ・リーグ)が初制覇を目指す筒香のレイズ(ア・リーグ)に8-3で快勝した。

後で読む
東京スポーツ

 今週開催予定だった「マスターズGCレディース」の前年優勝者会見が21日、リモートで行われ、柏原明日架(24=富士通)が昨年のツアー2勝目を振り返った。  プロ6年目での念願の初優勝から、わずか1か月…

後で読む
スポーツニッポン

 女子ゴルフの柏原明日架(24=富士通)が21日、今週開催予定だった「NOBUTA GRUOP マスターズGCレディース」のディフェンディングチャンピオンとしてオンラインでの会見を行った。

後で読む
スポーツニッポン

 阪神は来季構想外から外れていることがわかった福留孝介外野手(43)が「5番・DH」で3試合ぶりのスタメン出場。18日の同広島戦では、6回から代打で出場し、コロナ禍による離脱から復帰後初アーチを放った。1軍復帰を目指してアピールを続ける。

後で読む
スポーツニッポン

 阪神の福留孝介外野手(43)が球団から戦力外通告を受けていたことが21日、わかった。この日までに来季の契約を結ばないことを通告され、今後は未定となっている。

後で読む
サンケイスポーツ

米大リーグ機構(MLB)のロブ・マンフレッド・コミッショナーは20日、AP通信のインタビューに応じ、新型コロナウイルスのためレギュラーシーズンを162試合から60試合に短縮し、無観客開催した今季は全30球団で計30億ドル(約3150億円)の損失を出したと明らかにした。

後で読む
日刊スポーツ

ドジャースのエース左腕クレイトン・カーショー投手(32)が、6回2安打1失点、8奪三振と好投した。7つ目の三振を奪った時点でポストシーズン(PS)通算200三… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

米大リーグ機構(MLB)のロブ・マンフレッド・コミッショナーは20日、AP通信のインタビューに応じ、新型コロナウイルスのためレギュラーシーズンを162試合から… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

MLB公式サイトは20日、今季のワールドシリーズ(WS)について同サイトの記者とアナリストに行ったアンケート調査の結果を発表。MVP予想ではドジャースのムーキ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

18時開始予定。予告先発は楽天が涌井、オリックスが榊原。 – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

18時開始予定。予告先発は日本ハムがバーヘイゲン、ソフトバンクが千賀。 – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

球団の来季戦力構想から外れたとみられる阪神福留孝介外野手(43)が21日、ウエスタン・リーグのオリックス戦の先発メンバーに入った。「5番・DH」で出場する。プ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「ウエスタン、オリックス-阪神」(21日、オセアンバファローズスタジアム舞洲) 来季の構想から外れていることが報じられた阪神・福留孝介外野手(43)が2軍本隊に帯同し、試合前練習を通常通りこなした。

後で読む
デイリースポーツ

「ウエスタン、オリックス-阪神」(21日、オセアンバファローズスタジアム舞洲) 阪神2軍は横山が先発する。

後で読む
サンケイスポーツ

奥さん「松本さん、カッコいい!」  いやぁ照れますね~♪ところが、残り10メートルでラインが反対舷の方向に行っていることが分かりました。オマツリです。魚を回収するため私の方で巻き取らせてもらったのですが、付いていたのはアジ。何のことはない、タナが低すぎたんです。カッコ悪い…。ごめん、5メートルは撤回ね(汗)。

後で読む
サンケイスポーツ

【ノーサイドの精神】関東大学ラグビーは対抗戦、リーグ戦ともに、開幕して各校3試合を消化した。全ての試合をくまなくチェックしているわけではないが、今年の傾向として何となく「FWのトライが多い」気がしたので、ちょっと調べてみた。

後で読む
サンケイスポーツ

8月22日、滋賀県高島市の琵琶湖畔に国内最大級のルアー釣り場「フィッシングパーク 高島の泉」がグランドオープンした。4万平米の敷地に3池とレストハウス、釣り堀&つかみ取り、バーベキュー施設を備え、朽木渓流魚センター(井出章雄代表)が運営する。豊富な湧き水は1年を通して14度台と安定。オールシーズン楽しめるのが魅力だ。オープンからまもなく2カ月。秋の風に誘われて、人気インスタグラマーのフッチーこと、渕上万莉さんが高島の泉を訪ねた。

後で読む
サンケイスポーツ

10月になり、内房・保田沖のワラサのアベレージサイズが3キロを超えてきた。トップは2桁を記録する日もあり、型・数ともに申し分なし。さらに5キロ級の大型のマダイまで姿を見せており、期待は膨れ上がる一方だ。ぜいたくにワラサと大ダイを求めて千葉県鋸南町・保田『東丸』へ急行した。

後で読む
日刊スポーツ

横浜FCは21日、MF松尾佑介(23)が左肩鎖関節の脱臼で全治6~8週間と診断されたと発表した。14日の仙台戦で負傷し、20日に手術を受けた。松尾は第22節ま…

後で読む
東京スポーツ

“世界の16文”として一時代を築いた故ジャイアント馬場さんの「23回忌追善興行」が来年2月4日、東京・後楽園ホールで開催される。最後となる馬場さんの名を冠した大会のテーマは1982年の同日に全日本プロ…

後で読む
東京スポーツ

https://www.tokyo-sports.co.jp/prores/2318607/

後で読む
東京スポーツ

“V字復活”は可能なのだろうか。競泳男子個人メドレー2種目で東京五輪代表の瀬戸大也(26)が不倫騒動を引き起こし、日本中に波紋を広げた。現在は所属先がなくなり、代表活動も年内停止。1年延期となった大舞…

後で読む
デイリースポーツ

東京五輪に出場するホッケー日本女子代表のアンソニー・ファリー監督(47)=オーストラリア=が退任することが21日、関係者の話で分かった。新型コロナウイルスへの懸念や家庭の事情を理由に挙げているという。日本協会とは10月末までの契約だった。米国のホッケー統括団体は公式サイトで20日、ファリー氏が女子代表監督に就任すると発表した。 後任は、山梨学院大女子監督でオーストラリア出身のジョン・シアン日本代表コーチ(48)、2016年リオ五輪で指揮を執った日本リーグ女子、ソニーの永井祐司監督(57)に他の外国人指導者も候補に入れて選定を進め、今月中に決定する見込み。

後で読む
デイリースポーツ

プロ野球阪神は、日米通算2407安打を誇る福留孝介外野手(43)について、来季の戦力構想外を検討していることが21日、関係者への取材で分かった。現役最年長で、プロ22年目の今季は出場43試合にとどまり、打率1割5分4厘、1本塁打、12打点と振るわなかった。 不振が長引き、代打要員となっていた中、9月に球団ルールを上回る人数での会食に参加していたことが判明。出席者の新型コロナウイルス感染が確認され、球団独自の濃厚接触者扱いとして9月25日に出場選手登録を外れた。

後で読む
デイリースポーツ

 女子ゴルフの柏原明日架(24)=富士通=が21日、今週開催予定だったマスターズGCレディースの前年覇者としてオンライン会見に臨み、3勝目への強い意欲を口にした。 柏原は昨年9月のミヤギテレビ杯ダンロップ女子でツアー初優勝を果たし、4週後の同大会で早々と2勝目をマーク。「1勝目は目の前に集中していたけど、2勝目は優勝へのイメージが完ぺきにできた試合だった」と振り返った。

後で読む
日刊スポーツ

さくらに衝撃-。ホッケー女子の日本代表「さくらジャパン」のアンソニー・ファリー監督(47)が東京五輪を9カ月後に控えて退任することを21日、わかった。10月末…

後で読む
日刊スポーツ

スペイン・バルセロナ。2013年7月に開催された世界水泳選手権で訪れた地だ。飛び込みの日本代表で戦い始めたころ、いつか行ってみたいと思っていた。この世界選手権…

後で読む
日刊スポーツ

新城幸也(バーレーン・マクラーレン)の同僚ヤン・トラトニク(30、バーレーン・マクラーレン=スロベニア)がグランツール初勝利を挙げた。ベン・オコナー(オースト…

後で読む
日刊スポーツ

新型コロナウイルスの影響で延期されていた大会が2カ月後れで開幕し、前回覇者のプリモシュ・ログリッチ(スロベニア=ユンボ・ビスマ)が中級山岳ステージに勝利して好…

後で読む
並び替え可能( Cookieで保存)。
よく使用する競技を下に(片手で届く場所に)並び替えて使用してください。
追加したい競技があればコメントください。