「2020年10月27日」の記事一覧

サンケイスポーツ

 元ユベントスのレジェンドであるアレッサンドロ・デル・ピエロ氏が、イタリアメディア『スカイスポーツ』のテレビ番組に出演して元同僚のアンドレア・ピルロに提言した。

後で読む
サンケイスポーツ

 (パ・リーグ、ソフトバンク5-1ロッテ、19回戦、ロッテ11勝7敗1分、27日、ペイペイD)3年ぶりのリーグ優勝を飾ったソフトバンク・王貞治球団会長(80)が、新型コロナウイルスが直撃した特別なシーズンを制したチームを振り返った。主な一問一答は以下の通り。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク5-1ロッテ、19回戦、ロッテ11勝7敗1分、27日、ペイペイD)ソフトバンクが3年ぶりのリーグ優勝。優勝会見での工藤公康監督(57)の一問一答は以下の通り。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク5-1ロッテ、19回戦、ロッテ11勝7敗1分、27日、ペイペイD)3年ぶりのリーグ優勝を決めたソフトバンクの選手会長・中村晃外野手(30)が優勝会見を行った。一問一答は以下の通り。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク5-1ロッテ、19回戦、ロッテ11勝7敗1分、27日、ペイペイD)ソフトバンクはペイペイドームで祝勝会を実施した。新型コロナウイルス感染防止のため、恒例のビールかけは自粛。中村晃選手会長の「4年連続日本一へ向けて」というかけ声に選手らが「さあ行こう」と応えると、くす玉が割られ、クラッカーを鳴らして喜びを分かち合った。

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンクが、優勝マジック2で迎えた2位ロッテとの直接対決を制し、3年ぶりのリーグ優勝を地元で飾った。パ・リーグ19度目、1リーグ制時代を含め21度目の優勝… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンクが、優勝マジック2で迎えた2位ロッテとの直接対決を制し、3年ぶりのリーグ優勝を地元で飾った。パ・リーグ19度目、1リーグ制時代を含め21度目の優勝… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンクが、優勝マジック2で迎えた2位ロッテとの直接対決を制し、3年ぶりのリーグ優勝を地元で飾った。パ・リーグ19度目、1リーグ制時代を含め21度目の優勝… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神4-1中日」(27日、甲子園球場) 阪神は負けるか、巨人の勝利でリーグ優勝の可能性が完全に消滅する一戦で、接戦の末、勝利。貯金3とし、2位中日とのゲーム差を2とした。コロナ禍の中で離脱していた木浪が先制ソロ。復帰2試合連続でマルチ安打を記録した。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク5-1ロッテ、19回戦、ロッテ11勝7敗1分、27日、ペイペイD)ソフトバンクは投打がかみ合った。五回に中村晃の犠飛で先制。六回に甲斐の2ランで加点し、八回にも甲斐の適時二塁打などで2点を加えた。和田は直球に力があり、6回無失点、8三振で8勝目。ロッテは力負けした。

後で読む
サンケイスポーツ

野球の独立リーグ、ルートインBCリーグは27日、バッティングパレス相石ひらつかでチャンピオンシップ決勝が行われ、神奈川が1-0で信濃を下して優勝した。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神4-1中日、22回戦、阪神12勝10敗、27日、甲子園)阪神の木浪が二回、7月28日以来の本塁打となる先制の3号ソロを放った。福谷のスライダーを捉えた打球は低い弾道で右翼ポール際に飛び込み「塁に出ることを考えて、思い切り振った結果が本塁打になった」と満足げだった。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、オリックス3-5日本ハム、18回戦、オリックス9勝8敗1分、27日、京セラ)日本ハムが競り勝った。同点で迎えた六回に渡辺の適時打で1点を勝ち越し、七回には大田の中前打で加点した。3番手の加藤が3勝目。宮西が8セーブ目を挙げた。オリックスは2度、追い付いたが、得点後の守備で粘れなかった。

後で読む
東京スポーツ

 広島・九里亜蓮投手(29)の存在感が増している。27日のヤクルト戦(マツダ)では8回途中無失点の好投で8勝目(5敗)。ここにきて自身4連勝と絶好調で「しっかり勝負した中で投げ切れている。試合を作るこ…

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA9-2巨人」(27日、横浜スタジアム) 巨人が3連敗。先発の戸郷が5回5失点でKOされ、新人王争いで大きく後退する痛い1敗を喫した。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA9-2巨人」(27日、横浜スタジアム) 巨人・坂本が、前日のドラフト会議で育成6位指名を受けた坂本勇人捕手(唐津商)に激励の言葉を送った。

後で読む
デイリースポーツ

「オリックス3-5日本ハム」(27日、京セラドーム大阪) オリックスが連敗。10月の勝敗成績を8勝13敗1分けとし、月間負け越しが決まった。この日、ソフトバンクのリーグ優勝も決定。今季のカード勝敗成績は5勝17敗2分けで、大きく負け越し中嶋監督代行は「対戦成績、数字から見て分かる通り、かないませんでした」とした。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク5-1ロッテ」(27日、ペイペイドーム) ソフトバンクの孫正義オーナーもペイペイドームに駆け付けて、3年ぶりのリーグ優勝の喜びに浸った。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク5-1ロッテ」(27日、ペイペイドーム) 屈辱的なシーンだった。ソフトバンクに優勝マジック2とされて迎えた直接対決の大一番で敗れた。昨季に続いて敵チームの優勝を目の当たりにした。井口監督は「2年連続で目の前で優勝を見ている。われわれも悔しいですし、選手も悔しいと思う」と言葉を絞り出した。

後で読む
東京スポーツ

巨人は27日のDeNA戦(横浜)に2―9で惨敗。テコ入れした打線も奮起せず、原辰徳監督も嘆き節だ。  5回5失点KOとなった先発・戸郷ら投手陣も失点を重ねたが、このところ特に覇気がないのが打線。20…

後で読む
東京スポーツ

【ソフトバンクV奪回】ソフトバンクの優勝にオリックスの中嶋監督代行が脱帽だ。「対戦成績、数字から分かる通り、かないませんでした。終盤まで粘って一気に突き放されるというゲームが多かったように思います」と…

後で読む
東京スポーツ

【ソフトバンクV奪回】後半戦のMVPだろう。打って走ってソフトバンクのV奪回をけん引したのが周東佑京内野手(24)だ。9月以降は打率3割超え。スタメンでの連続出場が始まった9月18日の楽天戦(ペイペイ…

後で読む
東京スポーツ

【ソフトバンクV奪回】苦しみながらも懸命にもがいてチームを引っ張ったのがベテラン・松田宣浩内野手(37)だ。  開幕の延期から始まり、過酷な6連戦が続いたシーズン。打撃不振に陥り、連続試合出場も815…

後で読む
東京スポーツ

【ソフトバンクV奪回】チーム一丸でつかみ取ったリーグ優勝はシーズン中に急逝した川村隆史コンディショニング担当にささげるものになった。  川村さんは9月15日にくも膜下出血のため55歳の若さで亡くなった…

後で読む
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、阪神4-1中日、22回戦、阪神12勝10敗、27日、甲子園)阪神は近本光司外野手(25)が1-1の八回2死二、三塁から決勝の2点三塁打を放つなどして勝利。先発の青柳晃洋投手(26)も八回途中1失点と粘りの投球を見せ、負ければリーグ優勝の可能性が完全消滅する状況から3連勝した。以下、矢野燿大監督(51)の一問一答。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、DeNA9-2巨人、21回戦、巨人12勝9敗、27日、横浜)DeNAの梶谷が5打数4安打の固め打ちで打率を3割2分8厘まで上げた。残り10試合でチームメートの佐野と全く同じ402打数132安打でリーグトップで並んだ。

後で読む
サンケイスポーツ

 パ・リーグは27日、優勝へのマジックナンバーを「2」としていた首位ソフトバンクが本拠地ペイペイドームで2位ロッテを5-1で下し、3年ぶり19度目(南海、ダイエー時代を含む)、1リーグ時代を含めると21度目の優勝を果たした。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク5-1ロッテ、19回戦、ロッテ11勝7敗1分、27日、ペイペイD)ロッテは目の前で優勝を決められ、15年ぶりのリーグ制覇を逃した。10月9日にゲーム差なしの2位に迫ったが、それ以降の14試合は3勝11敗と失速し、ソフトバンクに独走を許した。チーム内で新型コロナウイルスの感染者が続出し、井口監督は「選手が抜ける形になって、結果的にホークスを走らせてしまったかな」と残念がった。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神4-1中日、22回戦、阪神12勝10敗、27日、甲子園)阪神の青柳は八回途中まで1失点と踏ん張った。無四球と制球が安定し、低めに集めてゴロを打たせる持ち味を発揮。8勝目には届かなくても「テンポよく、長いイニングを投げることができたので良かった」と充実感をにじませた。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、広島2-0ヤクルト、21回戦、広島12勝7敗2分、27日、マツダ)広島は九里-塹江-フランスアの継投で逃げ切った。ヤクルト戦は3試合を残し、5年連続のシーズン勝ち越しが決定。佐々岡真司監督(53)の主な一問一答は以下の通り。

後で読む
日刊スポーツ

阪神糸原健斗内野手がダメ押し打を放った。8回に近本の三塁打で2点を勝ち越して、なお2死三塁。中日福のグラブをはじく適時内野安打で貴重な追加点を呼んだ。「チカ(… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

9回は不動のソフトバンク守護神森唯斗投手が1点を失いながら、最後は2死満塁で元チームメートの福田秀を打ち取った。11日に史上6人目の「100ホールド&100セ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神4-1中日」(27日、甲子園球場) 初めて“チカキナ”でお立ち台に上がった。甲子園球場のボルテージも最高潮の中、同期入団の2人が中心に立った。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神4-1中日」(27日、甲子園球場) 阪神の守護神・スアレスがリーグ最多、そして自己最多となる24セーブ目を挙げた。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神4-1中日」(27日、甲子園球場) 阪神・矢野監督は試合後に、28日に先発する藤浪に期待した。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神4-1中日」(27日、甲子園球場) 阪神は負けるか、巨人の勝利でリーグ優勝の可能性が完全に消滅する一戦で、接戦の末、勝利。貯金3とし、2位中日とのゲーム差を2とした。矢野監督は先発して勝ち星こそつかなかったが、7回0/3を6安打1失点、7奪三振で無四球の好投を披露した青柳、そして二番手でピンチを切り抜けて5勝目を挙げた岩崎を評価した。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、DeNA9-2巨人、21回戦、巨人12勝9敗、27日、横浜)巨人の坂本が3安打をマークし、通算1992安打とした。大台まであと8本に迫ったが「心境の変化はまだない。ラスト2本、1本になるまで変わらないと思う」と淡々と話した。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、DeNA9-2巨人、21回戦、巨人12勝9敗、27日、横浜)DeNAの大貫が6回2失点にまとめて2年目で初めて10勝目を挙げた。得意のツーシームを低めに集めてゴロで凡打を重ね、五回までは散発3安打無失点。「最高です。丸さんに本塁打された以外は良かったと思う」と笑顔で振り返った。

後で読む
サンケイスポーツ

プレミアリーグは26日に第6節が行われ、バーンリーとトットナムが対戦した。

後で読む
サンケイスポーツ

ブレーメンの日本代表FW大迫勇也はホッフェンハイム戦に途中出場するも終盤に負傷交代。長期離脱の可能性を危惧していたフロリアン・コーフェルト監督だが、翌日に検査結果を報告した。

後で読む
東京スポーツ

 パ・リーグ3位・西武は4位・楽天を4―3で下し貯金1。ソフトバンクの優勝が決まり2位・ロッテが負けたため西武がその差を残り12試合で2ゲームに縮めた。  辻発彦監督(62)は「いい試合だった。1―1…

後で読む
東京スポーツ

 巨人の2年目右腕・戸郷翔征投手(20)が27日のDeNA戦(横浜)でまさかのグランドスラムを被弾するなど5回5失点で降板。4戦勝ちなしの6敗(8勝)で「新人王」取りにも黄信号がともった。 「先に相手…

後で読む
東京スポーツ

 またしてもひっくり返された。4位・楽天が27日の西武戦(メットライフ)で3―4と逆転負けを喫した。この日敗れた2位・ロッテとのゲーム差は3・5のまま。3位・西武との差は再び1・5へと広がり、逆転CS…

後で読む
デイリースポーツ

岩手県は27日、鹿児島県で2023年に実施する国民体育大会の冬季大会スキー競技会開催を、日本スポーツ協会や文部科学省から要請されたと明らかにした。県は受諾する方向で、12月に正式決定する。 今年の開催を予定していた鹿児島国体は、新型コロナウイルスの影響で6月に年内実施を断念。23年に延期して開催することが決まった。

後で読む
東京スポーツ

〝IQレスラー〟こと桜庭和志(51)がプロデュースするグラップリングイベント「QUINTET FIGHT NIGHT 5 in TOKYO」(27日、東京・後楽園ホール)で、アテネ&北京五輪柔道男子6…

後で読む
東京スポーツ

〝IQレスラー〟こと桜庭和志(51)が、自らプロデュースするグラップリングイベント「QUINTET FIGHT NIGHT 5 in TOKYO」(27日、東京・後楽園ホール)でのエキシビション戦で、…

後で読む
デイリースポーツ

パ・リーグは27日、優勝へのマジックナンバーを「2」としていた首位ソフトバンクが本拠地ペイペイドームで2位ロッテを5-1で下し、3年ぶり19度目(南海、ダイエー時代を含む)、1リーグ時代を含めると21度目の優勝を果たした。 工藤監督が就任6年目を迎えた今季は、柳田が3試合連続本塁打を放った8月23日に単独首位に浮上。そこから千賀、東浜ら先発投手陣の活躍もあってトップを維持した。10月21日にマジックナンバーを「8」で初点灯させ、23日には15年ぶりの12連勝を飾って独走態勢を築いた。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク5-1ロッテ」(27日、ペイペイドーム) ソフトバンクが3年ぶり21度目のリーグ優勝を成し遂げた。

後で読む
デイリースポーツ

日本ハムが競り勝った。同点で迎えた六回に渡辺の適時打で1点を勝ち越し、七回には大田の中前打で加点した。3番手の加藤が3勝目。宮西が8セーブ目を挙げた。オリックスは2度、追い付いたが、得点後の守備で粘れなかった。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク5-1ロッテ」(27日、ペイペイドーム) ソフトバンクが3年ぶり21度目のリーグ優勝を成し遂げた。歓喜の瞬間、工藤監督もマスク姿でマウンドに駆け寄ったが、新型コロナウイルスの感染対策で胴上げは行われなかった。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク5-1ロッテ」(27日、ペイペイドーム) ソフトバンクが3年ぶり19度目、1リーグ時代と合わせると21度目のリーグ優勝を決めた。歓喜の瞬間、工藤監督もマスク姿でマウンドに駆け寄ったが、新型コロナウイルスの感染対策で胴上げは行われなかった。

後で読む
日刊スポーツ

本業がユーチューバーである、たむじょー(23)が800メートルに出場した。1分51秒60という、想像をはるかに超える好タイムだった。ガチンコ勝負の激走で、2周…

後で読む
日刊スポーツ

男子マラソンの川内優輝(33=あいおいニッセイ同和損保)が、セカンドキャリア構想を明かした。800メートルを2分2秒97、約2時間後に1500メートルを3分5…

後で読む
東京スポーツ

3位・西武が4位・楽天を4―3で下し、貯金1。2位・ロッテが負けたため、西武がその差を2ゲームに詰めた。  先発・高橋光成が7回を4安打3失点投球で試合を作り平良―増田の盤石リレーで本拠地9連戦の初…

後で読む
東京スポーツ

悲願のリーグV奪回を成し遂げたソフトバンク・工藤公康監督(57)。12球団ダントツのチーム防御率、最少失点で守り勝つ「王道野球」を展開し、自身3度目の優勝監督に輝いた。就任6年目。表向きは順風満帆に…

後で読む
東京スポーツ

則本昂大投手(29)が27日の西武戦(メットライフ)で先発マウンドに立ち、7回を今季最多の130球、6安打3四球4失点(自責3)。チームは3―4で逆転負けを喫し、今季6敗目を喫した。  初回は制球が…

後で読む
東京スポーツ

中日からドラフト1位指名された高橋宏斗投手(18=中京大中京)が27日、名古屋市内の同校で松永幸男編成部長、米村明アマスカウトチーフらの指名あいさつを受けた。  ドラフト会議で使用した与田監督のサイ…

後で読む
東京スポーツ

果たして登録名はどうなるのか――。巨人・坂本勇人内野手(31)が、26日のドラフト会議で育成6位で指名された、唐津商高・坂本勇人捕手(18)との〝同姓同名問題〟について言及した。  27日のDeNA…

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、西武4-3楽天、20回戦、西武11勝8敗1分、27日、メットライフ)西武が逆転勝ちした。1-3の五回に森が9号3ランを放った。高橋光は力のある直球を軸に7回3失点にまとめて8勝目。九回を抑えた増田が2年連続30セーブをマークした。楽天は則本昂が踏ん張れず6敗目を喫した。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は27日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
サンケイスポーツ

11月6日開幕の国内女子ゴルフ「TOTOジャパンクラシック」(茨城・太平洋C美野里C)の出場選手が27日発表され、イ・ボミ(32)=韓国=が今季初参戦するほか、渋野日向子(21)=サントリー、米ツアーが主戦場の畑岡奈紗(21)=アビームコンサルティング=の出場が正式に決まった。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、西武4-3楽天、20回戦、西武11勝8敗1分、27日、メットライフ)楽天・則本昂が今季最多の130球を投げたが、7回4失点で6敗目を喫した。

後で読む
日刊スポーツ

優勝マジック2のパ・リーグ首位ソフトバンクが、同2位のロッテと直接対決。ソフトバンクは5回に中村晃の犠飛で先制。6回には、甲斐が10号2ランを放ち追加点。8回… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンクは初回2死一、三塁としたが5番明石が二ゴロに倒れ無得点。先発和田は3回まで5三振を奪い1安打無失点投球。ソフトバンクは5回に中村晃の犠飛で1点を先… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンクが、優勝マジック2で迎えた2位ロッテとの直接対決を制し、3年ぶりのリーグ優勝を地元で飾った。パ・リーグ19度目、1リーグ制時代を含め21度目の優勝… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 「ソフトバンク5-1ロッテ」(27日、ペイペイドーム) ソフトバンクが3年ぶり21度目のリーグ優勝を成し遂げた。歓喜の瞬間、工藤監督もマスク姿でマウンドに駆け寄ったが、新型コロナウイルスの感染対策で胴上げは行われなかった。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-中日」(27日、甲子園球場) 阪神・青柳晃洋投手(27)が中5日で先発のマウンドに上がった。7回と0/3を投げ6安打1失点、7奪三振。8勝目とはならなかったが、無四球と安定感が際立った。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-中日」(27日、甲子園球場) 阪神が相手のミスにつけ込んで勝ち越しに成功した。

後で読む
デイリースポーツ

「東都大学野球秋季リーグ戦、亜大8-1東洋大」(27日、神宮球場) 阪神からドラフト5位指名を受けた東洋大・村上頌樹投手(4年・智弁学園)は右前腕筋肉離れの影響でこの日もベンチを外れた。杉本泰彦監督は試合後にエースの状態について「80メートルの遠投をやっている」と順調な回復ぶりを説明。患部の炎症が消えるのを待ちながら調整を続けているという。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神4-1中日」(27日、甲子園球場) 阪神が負けるか、巨人の勝利で矢野阪神のリーグ優勝の可能性が完全に消滅する一戦。接戦の末、勝利をつかみとった。貯金3とし、2位中日とのゲーム差を2とした。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神4-1中日」(27日、甲子園球場) 阪神が負けるか、巨人の勝利で矢野阪神のリーグ優勝の可能性が完全に消滅する一戦。接戦の末、勝利をつかみとった。貯金3とし、2位中日とのゲーム差を2とした。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神4-1中日」(27日、甲子園球場) 阪神が負けるか、巨人の勝利で矢野阪神のリーグ優勝の可能性が完全に消滅する一戦。接戦の末、勝利をつかみとった。貯金3とし、2位中日とのゲーム差を2とした。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、DeNA9-2巨人、21回戦、巨人12勝9敗、27日、横浜)巨人は新人王を争う戸郷(8勝)が先発し、DeNA・ロペスに満塁弾を浴びるなど5回8安打5失点。チームは3連敗となったが、中日が敗れたため、優勝へのマジックナンバーは「3」となった。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク5-1ロッテ、19回戦、ソフトバンク7勝11敗1分、27日、ペイペイD)優勝へのマジックナンバーを「2」としていたソフトバンクは2位ロッテを下し、3年ぶり19度目(ソフトバンクとしては6度目)のリーグ優勝を決めた。1リーグ時代を含めると21度目。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は27日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
東京スポーツ

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で来夏に延期された東京パラリンピックの開幕まで28日で残り300日を迎えるにあたり、東京都は4つの催しを開催し、パラスポーツの魅力を発信していく。  1つ目はパラアス…

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク-ロッテ」(27日、ペイペイドーム) 勝てば優勝の決まる大一番で圧巻のピッチング。ソフトバンクの和田毅投手が6回3安打無失点と好投し、8勝目の権利を得てリリーフにバトンを託した。「初回から全力で、スタミナが切れるまで投げました」と最速146キロをマークした直球でぐいぐい押した。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA-巨人」(27日、横浜スタジアム) DeNAのドラフト1位ルーキーの森敬斗内野手がプロ初打席で快音を飛ばした。

後で読む
デイリースポーツ

広島が5年連続のヤクルト戦勝ち越しを決めた。三回に大盛の適時三塁打と田中広の一ゴロで2点を奪った。九里は八回途中3安打無失点で10三振を奪い、自身4連勝で8勝目を挙げた。ヤクルトは打線が高梨を援護できなかった。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA8-2巨人」(27日、横浜スタジアム) 巨人が3連敗。中日が敗れ、優勝マジックは3となった。

後で読む
デイリースポーツ

西武が逆転勝ちした。1-3の五回に森が9号3ランを放った。高橋光は力のある直球を軸に7回3失点にまとめて8勝目。九回を抑えた増田が2年連続30セーブをマークした。楽天は則本昂が踏ん張れず6敗目を喫した。

後で読む
東京スポーツ

オリックス―日本ハム戦(27日、京セラ)で〝珍プレー〟が起きた。  オリックスの5回の攻撃中、二死一、二塁、打者・中川の場面で二走の安達が三盗を敢行。捕手の清水が三塁に送球しようとしたが、右手が山村…

後で読む
東京スポーツ

ドイツ2部ハノーバーの日本代表MF原口元気(29)が、MF長谷部誠(36=Eフランクフルト)に続く〝ブンデス10年戦士〟となるか。  ハノーバーは26日にクラブ公式サイトで「契約更新か。(ゲルハルト…

後で読む
東京スポーツ

日本代表MF久保建英(19)が所属するスペイン1部ビリャレアルのスペイン代表FWジェラール・モレノ(28)が、負傷から復帰の見通しとなった。  チームでエースを務めるモレノは、今月の代表活動中に左足…

後で読む
サンケイスポーツ

東都大学野球秋季リーグ第4週第1日(27日、亜大8-1東洋大、神宮)前日26日のドラフト会議で巨人から1位指名を受けた最速156キロ右腕、亜大・平内(へいない)龍太投手(4年)が先発し、この日最速152キロの直球にフォーク、スライダーを交え、5安打1四球1失点で、2017年秋の中大2回戦以来の完投勝利を飾った。亜大は6勝1敗で単独首位に立った。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク-ロッテ、19回戦、27日、ペイペイD)ソフトバンクの周東が四球を選んだ三回、続く中村晃の初球で二盗を決め、月間20盗塁に到達。1964年5月の広瀬(南海)の球団記録を塗り替えた。さらに連続試合盗塁を10に伸ばして95年の緒方(広島)に並び、プロ野球記録の福本(阪急)にあと1試合と迫った。「走り方は意識しない。思うがままに走っている」と無我夢中で数字を積み上げた。

後で読む
サンケイスポーツ

東都大学野球秋季リーグ戦第4週第1日(27日、亜大8-1東洋大、神宮)亜大の平内が5安打1失点で1年生の秋以来の完投勝利。得意の落ちる球が中盤から決まり、四回以降に7三振を奪う力投で「フォームのぶれを試合中に修正できた」と胸を張った。

後で読む
日刊スポーツ

中大は昨秋に続く優勝の望みが消えた。打線が5安打1得点では勝機はこなかった。日本ハムから2位指名を受けた五十幡亮汰外野手(4年=佐野日大)は無安打で自慢の足を… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

優勝マジック2が点灯しているパ・リーグ首位のソフトバンクが、同2位のロッテと直接対決。ソフトバンクは1回に2死一、三塁の好機も、明石が二ゴロに倒れる。先発の和… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

巨人丸佳浩外野手(31)が25号2ランを放ち、リーグトップの巨人岡本、阪神大山に1本差に迫った。5点を追いかける6回2死一塁、DeNA大貫から中堅バックスクリ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

大相撲の新大関正代は27日、東京都墨田区の時津風部屋で上半身中心の筋力トレーニングで汗を流した。稽古後、報道陣の電話取材に応じ「番付(表で大関の下)に名前があると、また違った感覚。ここから追い込んでいけたら」と、11月場所(11月8日初日、両国国技館)へ向けて気分を一新させた。

後で読む
サンケイスポーツ

短水路(25メートルプール)で争う競泳のチーム対抗戦、国際リーグ(ISL)で24、25日に1次リーグの初戦を終えた東京フロッグキングスの選手が27日、オンラインで記者会見し、200メートルと400メートルの男子個人メドレーを制した萩野公介(ブリヂストン)は「400メートルは(先週からタイムが)少し上がって、楽に泳げた」と振り返った。

後で読む
サンケイスポーツ

J1川崎のMF三笘薫(23)とDF神谷凱士(かいと、23)が27日、川崎市立有馬小学校の6年生とオンラインで交流した。

後で読む
日刊スポーツ

元日本代表FWでJリーグ特任理事を務める播戸竜二氏(41)が、自身が開設したユーチューブチャンネル「播戸竜二のおばんざい屋」で、MF遠藤保仁(40)を語り尽く…

後で読む
日刊スポーツ

高校サッカーの名門・神戸弘陵のMF松井治輝(3年)が、J3のFC今治に入団することが27日、発表された。元日本代表監督の岡田武史氏(64)がオーナーを務めるク…

後で読む
日刊スポーツ

川崎フロンターレMF三笘薫(23)とDF神谷凱士(かいと=23)が27日、クラブオリジナル算数ドリルを用いた小学生向けオンライン授業を行った。2人は“ゲストテ…

後で読む
東京スポーツ

 女子プロレス「センダイガールズ(仙女)」の〝横綱〟こと里村明衣子(40)が再び世界へ向かう。27日の宮城野区文化センター大会で、仙女について今後は限定出場とすると発表した。明言を避けたものの、目標は…

後で読む
スポーツニッポン

ハンガリー・ブタペストで行われていた国際水泳リーグ(ISL)予選第3戦終了から一夜明けた27日、日本チーム「東京フロッグキングス(北島康介GM)」の入江陵介主将(30=イトマン東進)らがオンラインで取材に応じた。予選第3戦からリーグに出場し、入江は「初めての試合で緊張感やワクワク感もあり、不思議な感じだった。ここからは体力的にも精神的にもタフな戦いになるから、残りの試合もしっかり戦って行きたい…

後で読む
東京スポーツ

 女子プロレス「スターダム」のワンダー王者ジュリア(26)と、ひめか(23)の遺恨が深まった。  27日に公式ユーチューブチャンネルでオンライン調印式で行われ、29日の東京・後楽園ホール大会のワンダー…

後で読む
東京スポーツ

 政府、東京都、大会組織委員会で構成される東京五輪・パラリンピックへ向けた「新型コロナウイルス感染症対策調整会議」が27日、首相官邸で行われた。今回の主な議論は以下の4点だ。  ①アスリートの保険衛生…

後で読む
東京スポーツ

 イングランド・プレミアリーグのリバプールに所属する日本代表MF南野拓実(25)がいよいよ〝CL男〟の本領発揮か。  リバプールは27日(日本時間28日)に欧州チャンピオンズリーグ(CL)1次リーグの…

後で読む
東京スポーツ

 新人王が〝風前の灯火〟となってしまった。現在9勝(3敗)の広島・森下と新人王を争う、巨人・戸郷翔征投手(20)が、27日のDeNA戦に先発。この日勝利すれば、優勝へのマジックを減らすだけでなく、自身…

後で読む
東京スポーツ

 逆転CS進出を目指す3位・西武の主戦・森友哉捕手(25)が27日の楽天戦(メットライフ)で逆転9号3ランを放った。  場面は1―3と2点を追う5回二死二、三塁の第3打席だった。このチャンスで3番・森…

後で読む
東京スポーツ

 楽天・下妻貴寛捕手(26)が27日の西武戦(メットライフ)で勝ち越し打を放った。1―1で迎えた4回二死二、三塁、相手先発の高橋から左翼フェンス直撃の適時二塁打。自身にとっては6試合ぶりの安打となった…

後で読む
デイリースポーツ

大相撲の新大関正代は27日、東京都墨田区の時津風部屋で上半身中心の筋力トレーニングで汗を流した。稽古後、報道陣の電話取材に応じ「番付(表で大関の下)に名前があると、また違った感覚。ここから追い込んでいけたら」と、11月場所(11月8日初日・両国国技館)へ向けて気分を一新させた。 合同稽古で横綱白鵬や大関貴景勝らと番数をこなしたが、動きの鈍さを感じたという。「幕下力士と多めに取って、動きをもっと確認していく」と話した。腰高の立ち合いは改善中で、やや前傾の当たりを本場所までに試す意向を示した。

後で読む
デイリースポーツ

政府は27日、来夏に延期された東京五輪・パラリンピックに向けた新型コロナウイルス対策の第4回調整会議を行い、アスリートのための医療体制、陽性者発生時の競技運営のあり方、大会関係者への対応などについて協議した。 選手、コーチらが滞在する選手村で感染者が出た場合を想定し、保健所機能を持つ「保健衛生拠点」を構築することで一致。大会組織委に「感染症対策センター」(仮称)を設置し、感染症対策を一元化する方針を確認した。

後で読む
デイリースポーツ

東都大学野球リーグ第4週第1日は27日、神宮球場で3試合が行われ、亜大が8-1で東洋大を退け6勝1敗とした。国学院大が中大を3-1で下し、駒大は立正大に7-3で快勝した。国学院大と立正大が5勝2敗、駒大と中大は2勝5敗。 亜大は三回までに6点を挙げ、巨人からドラフト1位指名された平内が完投。国学院大は1-1の六回に集中打で2点を勝ち越した。駒大は七回に鵜飼の3号3ランなどで5点を奪い、逆転勝ちした。

後で読む
デイリースポーツ

政府は27日、来夏に延期された東京五輪・パラリンピックの新型コロナウイルス対策を検討する調整会議の第4回会合を首相官邸で開いた。選手、コーチらが滞在する選手村(東京都中央区晴海)で感染者が出た場合を想定し、保健所機能を持つ「保健衛生拠点」を構築することで一致。大会組織委員会に「感染症対策センター」(仮称)を設置し、対応を一元化する方針を確認した。 東京都と組織委が連携し、ピーク時で約3万人が集まると見込まれる選手村でクラスター防止を図る。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク-ロッテ」(27日、ペイペイドーム) ソフトバンクがリーグ優勝に向けて追加点。六回裏、甲斐拓也捕手に10号2ランが飛び出して3-0とリードを広げた。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA-巨人」(27日、横浜スタジアム) 巨人・戸郷が痛恨の満塁被弾。5回8安打5失点で降板となり、広島・森下との新人王争いで、厳しい状況に追い込まれた。

後で読む
デイリースポーツ

中日からドラフト1位指名を受けた愛知・中京大中京高の高橋宏斗投手が27日、名古屋市の同校で松永編成部長や米村チーフスカウトらから指名あいさつを受け「自分もやっとこの舞台に立てたんだなと思った。期待にしっかり応えていきたい」と意気込んだ。 冒頭では与田監督が26日のドラフト会議で使用し、サインが書かれた入場パスを松永編成部長から受け取った。高橋はメディアに多く取り上げられたことで自身の写真共有アプリ、インスタグラムのフォロワー数が約千人も増え「常に自分は見られているんだという意識を持たないといけないなと思った」と強い自覚が生まれたという。

後で読む
スポーツニッポン

 日本ハムは27日、浦野博司投手(31)が今季限りで引退することを発表した。

後で読む
スポーツニッポン

浦和のDF槙野智章(33)が27日、都内のイベントに参加し、自身が代表を務めるビューティーブランド「HALTEN(ハルテン)」から新商品のボディーソープ発売を発表。90周年を迎えた入浴剤のバスクリン、人気ブランド「フリークスストア」とのコラボ企画の一環で「オーガニック成分で香りが特徴的。ボトルもかわいくお風呂場にピッタリ」と笑顔をみせた。

後で読む
デイリースポーツ

 日本男子ゴルフツアー選手会の池田勇太副会長は27日、オンラインで取材に応じ、11月に東京-宮崎間でチャーター機を往復で手配すると発表した。移動する選手らの新型コロナウイルス感染リスクを下げるためで、国内ゴルフでは男女を通じて初めての試み。 26日の選手会理事会で決まった。11月12~15日の三井住友VISA太平洋マスターズ(静岡)と19~22日のダンロップ・フェニックス(宮崎)が連戦となる。同副会長は「陰性者だけが乗る飛行機。一つの前例をつくれれば、来年も対応できる」と説明した。搭乗者から片道2万5千円を徴収し、残りは日本ゴルフツアー機構が負担する。

後で読む
日刊スポーツ

今季女子1500メートル、3000メートルの日本記録を樹立した田中希実(21=豊田自動織機TC)が無類のタフネスぶりを示した。ゴールで転倒しながら、優勝した木…

後で読む
日刊スポーツ

バスケットボールBリーグ3部に相当するB3ベルテックス静岡は27日、ラシード・ハザード監督(44)に重大な契約違反があり、契約解除に至ったと発表した。米ロサン…

後で読む
日刊スポーツ

政府は27日、来夏の東京オリンピック(五輪)に向けた新型コロナウイルス対策会議の第4回会合を開催した。大会本番時、選手が無症状の陽性や濃厚接触者になった場合の…

後で読む
日刊スポーツ

日本テニス協会が、東京五輪に向けた新たな挑戦を始める。8月の全米、9月の全仏から情報を収集し、新型コロナウイルス感染対策を施した全日本テニス選手権が28日に開…

後で読む
日刊スポーツ

国際水連と一線を画す賞金総額605万ドル(約6億6550万円)の競泳国際リーグ(ISL)に初参戦した「東京フロッグキングス」の萩野公介(26=ブリヂストン)ら…

後で読む
東京スポーツ

すぐに取り返した。楽天・渡辺佳明内野手(23)が27日の西武戦(メットライフ)同点打を放った。1点を追う2回二死二塁、相手先発・高橋から中前適時打。試合を振り出しに戻した。  一軍再昇格後、2試合連…

後で読む
サンケイスポーツ

ソフトバンクからドラフト1位指名された埼玉・花咲徳栄高の井上朋也内野手が27日、埼玉県加須市の同校でスカウトらの訪問を受け、「少しずつ実感が湧いてきた。3割、30本をコンスタントに打てる選手になりたい」と抱負を述べた。

後で読む
日刊スポーツ

優勝マジック2が点灯しているパ・リーグ首位のソフトバンクが、同2位のロッテと直接対決。予告先発はソフトバンクが和田、ロッテは石川。ソフトバンクは勝てば3年ぶり… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

日本ハムは1回に3四球から無安打で2点先取。同点とされて迎えた3回1死二、三塁から中田の遊ゴロの間に1点を勝ち越した。 – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-中日」(27日、甲子園球場) 阪神・木浪が会心の一発を放った。二回先頭で打席に立つと、カウント1-1から中日の先発・福谷が投じた内角のスライダーを強振。完璧に捉えた打球は、阪神ファンの待つ右翼席ポール際へ飛び込んだ。

後で読む
サンケイスポーツ

陸上中距離種目の競技会「東京陸協ミドルディスタンス・チャレンジ」が27日、東京・駒沢陸上競技場で行われ、男子マラソンが本職の川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)が2種目に出場し800メートルを2分2秒97、1500メートルを3分56秒22でゴールした。新型コロナウイルスの影響でロードレースの中止が相次ぐ中、トラックレースに積極的に出ており「逃げていたスピード(不足の課題)にコロナの影響で向き合わざるを得なくなった。これが(マラソンに)生きてくれば」と話した。

後で読む
サンケイスポーツ

前日26日のドラフト会議でヤクルトから2位指名を受けた東北福祉大の山野太一投手(21)、4位指名を受けた元山飛優内野手(21)が27日、仙台市内の同大で伊東昭光編成部長(57)と斉藤宜之スカウト(44)から指名あいさつを受けた。

後で読む
サンケイスポーツ

男子テニスの世界ランキング37位で、右肩に痛みを抱える錦織圭(30)=日清食品=が26日(日本時間27日)、翌日に予定されていたエルステバンク・オープン(ウィーン)シングルス1回戦の出場を取りやめた。

後で読む
サンケイスポーツ

阪神・藤浪晋太郎投手(26)が28日の中日戦(甲子園)に先発する。救援陣で先発から継投する「ブルペンデー」の1番手として登板し、短いイニングを投げる予定。「深く考えすぎずに試合に入りたい。ペース配分などは意識せず一人一人抑えていくことに集中したい」と気合を入れた。

後で読む
東京スポーツ

 ついにカウントダウンに入った。巨人・坂本勇人内野手(31)が、27日のDeNA戦(横浜)で初回の右前打に続き4回に二塁打を放ち、2000安打の快挙まで9本とした。  坂本は初回、二死走者なしでDeN…

後で読む
東京スポーツ

 すぐに取り返した。楽天・渡辺佳明内野手(23)が同点打を放った。1点を追う2回二死二塁、相手先発・高橋から中前適時打。試合を振り出しに戻した。  一軍再昇格後、2試合連続でスタメン起用となった2年目…

後で読む
デイリースポーツ

「秋季高校野球関東大会・準々決勝、常総学院9-1木更津総合」(27日、ZOZOマリンスタジアム) 日本ハムなどで投手として活躍した島田直也新監督率いる常総学院(茨城2位)が木更津総合(千葉1位)に快勝し、4強入りで16年春以来となる来春センバツ出場を確実にした。新指揮官は今年3月16日に学生野球指導者資格を回復して同20日から同校のコーチに就任。同7月に監督へと昇格し、いきなり結果を残した。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク-ロッテ」(27日、ペイペイドーム) ソフトバンクの周東佑京内野手が一気に2つの球団記録を塗り替えた。

後で読む
デイリースポーツ

「東都大学野球、亜大8-1東洋大」(27日、神宮球場) 巨人からドラフト1位指名を受けた亜大・平内龍太投手(22)が先発し、9回5安打1失点で完投勝利を挙げた。

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクからドラフト1位指名された埼玉・花咲徳栄高の井上朋也内野手が27日、埼玉県加須市の同校でスカウトらの訪問を受け、「少しずつ実感が湧いてきた。3割、30本をコンスタントに打てる選手になりたい」と抱負を述べた。 スカウトからは王貞治球団会長と工藤公康監督のサイン入りボールがプレゼントされた。内外野どちらも経験があるが、球団は三塁手として育成する方針。「息の長い選手になるのが目標。内川選手や松田宣選手のように長く活躍できれば」と語った。

後で読む
デイリースポーツ

「オリックス-日本ハム」(27日、京セラドーム大阪) オリックスが、モヤの同点2ランで試合を振り出しに戻した。

後で読む
東京スポーツ

西武・高橋光成投手(23)が27日の楽天戦(メットライフ)に先発登板。1―0の2回二死二塁のピンチで渡辺佳に同点左前適時打を打たれ、3試合続いていた連続無失点が23回1/3で途切れた。  高橋光は6…

後で読む
東京スポーツ

サッカー元日本代表の鈴木啓太氏(39)が社長を務める「AuB(オーブ)」が27日、新しいタイプのプロテイン「AuB MAKE(オーブメイク)」(1袋800g入り、粉末タイプ、20食分)の発売を発表し…

後で読む
サンケイスポーツ

オリックスからドラフト1位指名された福岡大大濠高の山下舜平大投手が27日、福岡市の同校で福良ゼネラルマネジャー(GM)らの訪問を受け「とても素晴らしい先輩方がいるかっこいいチーム。憧れられるような、日本を代表するピッチャーになりたい」と、緊張の面持ちで決意を新たにした。

後で読む
サンケイスポーツ

日本男子ゴルフツアー選手会の池田勇太副会長は27日、オンラインで取材に応じ、11月に東京-宮崎間でチャーター機を往復で手配すると発表した。移動する選手らの新型コロナウイルス感染リスクを下げるためで、国内ゴルフでは男女を通じて初めての試み。

後で読む
日刊スポーツ

優勝マジック2が点灯しているパ・リーグ首位のソフトバンクが、同2位のロッテと直接対決。予告先発はソフトバンクが和田、ロッテは石川。ソフトバンクは勝てば3年ぶり… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

阪神藤浪晋太郎投手が「オープナー」で28日中日戦(甲子園)に先発する。チーム内のコロナ禍の影響で9月下旬に中継ぎに配置転換。現在8戦連続無失点中と好調で、ブル… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

中日滝野要外野手(24)が、「7番・右翼」でプロ2年目で初のスタメン出場を果たした。大垣日大時代に2度、夏の甲子園を経験。1軍では初の聖地凱旋(がいせん)も決… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「秋季高校野球関東大会・準々決勝、東海大甲府2-1東海大相模」(27日、ZOZOマリンスタジアム) 東海大甲府(山梨1位)が東海大相模(神奈川1位)との“東海大対決”を制し、来春センバツ出場を当確させた。0-1の九回1死一、二塁から久井峻也内野手(2年)が右翼を襲うと、右翼手の手前で大きく弾んで後逸(記録は三塁打)。一気に二人の走者を迎え入れた。

後で読む
デイリースポーツ

「DeNA-巨人」(27日、横浜スタジアム) 巨人・坂本勇人内野手が初回2死から右前打を放ち、プロ通算2000安打まで残り10本とした。

後で読む
デイリースポーツ

ドラフト会議で4球団が1位指名で競合し、阪神が交渉権を得た近大の佐藤輝明内野手が27日、大阪府東大阪市のキャンパスで矢野監督のあいさつを受けた。当たりくじを手渡され「持ち味は走攻守全てできるところ。夢を与えられるような選手になりたい」と晴れやかな顔で決意を語った。 交渉権を射止めた際にガッツポーズを見せた監督が「興奮してきのうよく寝られなかった」と話すと、期待のスラッガーは「ぐっすり眠れました、僕は」と返答。監督はプロ野球では前人未到の同一シーズン40本塁打、40盗塁への挑戦を熱望し「誰も追い付かないようなところまでいってもらえたら」と背中を押した。

後で読む
デイリースポーツ

プロ野球ドラフト会議で4球団競合の末、阪神が交渉権を獲得したドラフト1位・佐藤輝明内野手(21)=近大=が17日、東大阪市の同大東大阪キャンパスで矢野監督、畑山統括スカウト、永吉編成ディレクター、渡辺スカウトから指名あいさつを受けた。 運命の一日から一夜明けた。矢野監督とのファーストコンタクトを交わした佐藤輝は「カッコイイ」と指揮官の甘いマスクにくぎ付けだ。矢野監督は「僕自身興奮して昨日はよく寝られなかった」と話したが、佐藤輝は「僕はぐっすり眠れました」と堂々の宣言。思わず指揮官も「スケールがちゃうなあ」とうなずいていた。

後で読む
デイリースポーツ

阪神・藤浪晋太郎投手(26)が27日、甲子園で調整した。28日・中日戦(甲子園)は今季初のブルペンデー。9月13日・広島戦(甲子園)以来となる先発へ「深く考えすぎずに試合に入りたいと思いますし、ペース配分等は意識せず一人一人抑えにいくことに集中したいと思います」と冷静に意気込んだ。 藤浪はコロナ禍の中、9月下旬から中継ぎに挑戦。計13試合に登板し15回1/3を4失点、防御率2・35。自己最速162キロをたたき出すなど、内容と結果でアピールしていた。

後で読む
サンケイスポーツ

秋季高校野球・関東大会準々決勝(27日、東海大甲府2-1東海大相模、ZOZOマリン)同門の“タテジマ対決”は、東海大甲府(山梨)が逆転サヨナラ勝ちで東海大相模(神奈川)を破り、4強入りで来春の選抜出場を確実にした。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、巨人-DeNA21回戦、27日、横浜)巨人・坂本勇人内野手(31)が一回、大貫から一塁線を破る右前打を放ち、通算2000安打まで残り10本に迫った。この試合を含め、今季の残りは13試合。大台到達が近づいてきた。

後で読む
サンケイスポーツ

国内男子ツアーを統括する日本ゴルフツアー機構(JGTO)は27日、来月に2週連続で開催する大会で選手らの移動について、チャーター機を用意する方針を明らかにした。公共交通機関の利用を避けて新型コロナウイルスの感染リスクを低減させることが狙いで、国内ツアーでは初めての試みとなる。

後で読む
デイリースポーツ

10月31日(日本時間11月1日)に米ラスベガスでWBA世界バンタム級2位・IBF同級4位ジェーソン・モロニー(29)=豪州=との防衛戦を行うため、米国滞在中のWBA・IBF世界同級統一王者の井上尚弥(27)=大橋=が26日(日本時間27日)、現地メディアからオンラインによる取材を受けた。 完全休養日だった25日の日曜日から一夜明けたこの日は最高気温15度と、渡米後の1週間で一番の寒さ。取材は練習を行うトップランクジムで行われた。3社から各15分間、別々にインタビューされたため同じ内容の質問もあったが、井上尚は嫌な顔一つせず、丁寧に対応したという。

後で読む
デイリースポーツ

ボクシングの元世界王者、亀田興毅氏ら「亀田3兄弟」のいとこで、プロ活動休止となった協栄ジムに所属していた亀田京之介が27日、ハラダジムへの移籍を発表した。大阪市のハラダジムで記者会見した亀田京は「小学生の時に初めてボクシングを習ったジム。たくさん試合をして経験を積みたい」と意気込んだ。 具志堅用高ら13人の世界王者を生んだ協栄ジムは、昨年12月に金銭トラブルで休会届を提出。亀田京は試合出場のため一時的に花形ジムに所属し、その後移籍先を探していた。出身の大阪で再出発し、11月28日に大阪市のエディオンアリーナ大阪で移籍初戦の6回戦に臨む。

後で読む
日刊スポーツ

川崎フロンターレMF田中碧(22)が27日、オンライン取材に応じ、7日のルヴァン杯準決勝で敗れた因縁のFC東京戦(31日、等々力)に向けて「今季3回目の対戦。…

後で読む
日刊スポーツ

ガンバ大阪U-23チームでJ3に出場している、現在高校2年のMF中村仁郎(17)が27日、オンラインで取材に対応した。“和製メッシ”とも呼ばれる左利きのドリブ…

後で読む
日刊スポーツ

コロナ禍での観客の楽しみ方を教えます。日本フットサルリーグ(Fリーグ)、エスポラーダ北海道の金井一哉監督(40)水上玄太主将(37)堀米将太(27)の3人が2…

後で読む
日刊スポーツ

ベガルタ仙台と就職情報サイトなどを運営するマイナビは27日、来秋開幕の女子プロサッカーリーグ「WEリーグ」にマイナビ仙台レディース(現マイナビベガルタ仙台レデ…

後で読む
東京スポーツ

 元プロレスラーの小橋建太(53)が27日、ツイッターを更新し、人間ドックの検査を受けたことを明かした。  小橋は「皆さんは、胃カメラをした事がありますか? 以前にピロリ菌が見つかった…今は完治したが…

後で読む
東京スポーツ

 東京女子プロレスのプリンセス・オブ・プリンセス王座を保持する坂崎ユカが、年間最大興行を世界に発信する。  11月7日の東京ドームシティホール(TDC)大会メインでは、ユニット「マジカルシュガーラビッ…

後で読む
東京スポーツ

 巨人のクリストファー・クリソストモ・メルセデス投手(26)が左肘の関節クリーニング手術を受けたことが27日、分かった。トレーニング再開までは約1か月を要する見込みで、今季の登板は絶望的となった。  …

後で読む
デイリースポーツ

「大相撲11月場所」(11月8日初日、東京・両国国技館) 秋場所で初優勝し新大関に昇進した正代(28)=時津風=が27日、都内の部屋で稽古を再開させた。上半身を中心に鍛え軽めの調整をし、稽古後、報道陣の電話取材に応じた。

後で読む
デイリースポーツ

「大相撲11月場所」(11月8日初日、東京・両国国技館) 秋場所で初優勝し新大関に昇進した正代(28)=時津風=が27日、都内の部屋で稽古後、報道陣の電話取材に応じた。アニメ好きで知られる大関は大ヒット公開中のアニメ映画「鬼滅の刃(きめつのやいば)」愛を全開。「反響がすごすぎて。すごい気になっちゃっている」と、興奮気味に話した。

後で読む
デイリースポーツ

陸上中距離種目の競技会「東京陸協ミドルディスタンス・チャレンジ」が27日、東京・駒沢陸上競技場で行われ、女子1500mは田中希実(豊田自動織機TC)が4分10秒41で快勝した。800mを走った24日の大会から中2日。自身の日本記録からは5秒14遅れたが「うまくまとめられて良かった」と収穫を口にした。 中盤まではペースメーカーを務めた昨年の日本選手権覇者の卜部蘭(積水化学)の後ろでリラックスして走り、外れた後半にスピードを上げた。24日のレースで転倒して痛めた左肩の不安もあり、序盤はペースを抑え「後半にどれだけ気持ちよく上げられるか」をテーマにしたという。

後で読む
デイリースポーツ

「陸上・東京陸協ミドルディスタンス・チャレンジ」(27日・駒沢陸上競技場) 女子1500メートルが行われ、4分5秒27の日本記録を持つ田中希実(21)=豊田自動繊機TC=が4分10秒41で優勝した。24日の木南道考記念800メートルでは転倒しながらゴールしたばかり。「疲労もあったけどうまくまとめられて良かった」とうなずいた。

後で読む
デイリースポーツ

大相撲で腰痛などを理由に2場所連続休場中の横綱鶴竜が27日、報道陣の電話取材に応じ、11月場所(11月8日初日・両国国技館)の出場可否を慎重に判断する意向を示した。「相撲を取ってみてだと思う。いつもやっていることができるかどうか」と鍵を挙げた。 27日は東京都墨田区の陸奥部屋で、四股などの基本運動やぶつかり稽古で胸を出して調整した。近日中に相撲を取る稽古を再開する方針だという。状態について「いい感じと思うけど。これから相撲を取ってきたら、どうなるか見てみたいなと思う」と説明した。

後で読む
東京スポーツ

【ネバダ州ラスベガス26日(日本時間27日)発】ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級タイトルマッチ(31日=日本時間11月1日、MGMグランド)で統一王者の井上尚弥(27=大橋)に挑むWB…

後で読む
デイリースポーツ

オリックスからドラフト1位指名された福岡大大濠高の山下舜平大投手が27日、福岡市の同校で福良ゼネラルマネジャー(GM)らの訪問を受け「とても素晴らしい先輩方がいるかっこいいチーム。憧れられるような、日本を代表するピッチャーになりたい」と、緊張の面持ちで決意を新たにした。 指名のあいさつをした福良GMは、最速153キロを誇る身長189センチの右の本格派を「スケールの大きい選手。2、3年後にはチームの柱になってくれる」と高く評価。写真撮影でユニホームに袖を通し、ようやく表情が緩んだ山下は「まずはフォークボールを練習していきたい」と新球種の習得に意欲を見せた。

後で読む
デイリースポーツ

「オリックス-日本ハム」(27日、京セラドーム大阪) オリックスは、プロ2年目の頓宮が今季2試合目のスタメンマスクをかぶる。T-岡田が2番に入り、安達、吉田正、モヤのクリーンアップ。先発・榊原は7月24日・楽天戦以来となる白星を目指す。

後で読む
日刊スポーツ

バスケットボールBリーグの川崎ブレイブサンダースは27日、人気アプリ「TikTok(ティックトック)」とパートナーシップ契約を締結したことを発表した。これまで…

後で読む
日刊スポーツ

B1新潟アルビレックスBBは28日、川崎(第6節=川崎市とどろきアリーナ)と対戦する。27日は中之島体育館で練習を行い、敵地へ乗り込んだ。今季、川崎から移籍し…

後で読む
サンケイスポーツ

パリサンジェルマン(PSG)のキリアン・ムバッペは、同クラブでのチャンピオンズリーグ(CL)制覇後のステップアップを見据えているのだろうか。

後で読む
東京スポーツ

阪神は27日、矢野燿大監督(51)、畑山俊二アマスカウト統括、永吉編成ディレクター、渡辺スカウトの4人がドラフト1位指名した近大・佐藤輝明内野手(21)に指名挨拶を行った。東大阪市内の同大キャンパス…

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は27日、セ・パ両リーグで6試合を実施。

後で読む
サンケイスポーツ

日本ハムからドラフト1位で指名された苫小牧駒大・伊藤大海(ひろみ)投手(23)が27日、北海道苫小牧市の苫小牧駒大で日本ハム・大渕隆スカウト部長、白井康勝担当スカウトから指名あいさつを受けた。

後で読む
サンケイスポーツ

全日本柔道連盟は27日、男子81キロ級の佐々木健志(ALSOK)と同73キロ級の土井健史(三重県スポーツ協会)、女子78キロ級の佐々木ちえ(東京学芸大)が講道館杯全日本体重別選手権(31日、11月1日・千葉ポートアリーナ)を欠場すると発表した。代替選手はいない。

後で読む
サンケイスポーツ

◇セ・リーグ DeNA・坂本-巨人・高橋(横浜) 阪神・藤浪-中日・勝野(甲子園) 広島・遠藤-ヤクルト・石川(マツダスタジアム) ◇パ・リーグ 西武・浜屋-楽天・涌井(メットライフドーム) オリックス・増井-日本ハム・バーヘイゲン(京セラドーム大阪) ソフトバンク・千賀-ロッテ・チェン・ウェイン(ペイペイドーム)

後で読む
日刊スポーツ

3年ぶりのリーグ優勝へマジック2で迎えたこの日、ソフトバンクナインが、亡き「恩師」の特製Tシャツを着て試合前練習に臨んだ。胸には「Thank you TAKA… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

専大北上(岩手)が1-0で羽黒(山形)を破り、8年ぶり2度目の優勝を果たした。小5からバッテリーを組む左腕・佐藤瑠聖(るいせい)と菊池恋(れん)捕手(ともに2… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

専大北上(岩手)が1-0で羽黒(山形)を破り、8年ぶり2度目の優勝を果たした。小5からバッテリーを組む左腕・佐藤瑠聖(るいせい)と菊池恋(れん)捕手(ともに2… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-中日」(27日、甲子園) 阪神が負けるか、巨人の勝利で矢野阪神のリーグ優勝の可能性が完全に消滅する。

後で読む
サンケイスポーツ

東都大学野球秋季リーグ戦第4週第1日(27日、国学院大3-1中大、神宮)国学院大は四回に追いつかれると、六回に3安打などで2点を奪って突き放した。先発右腕・上出拓真投手(4年)、左腕・諸見里俊投手(4年)の継投で逃げ切った。国学院大は5勝2敗、中大は2勝5敗となった。

後で読む
サンケイスポーツ

元アーセナルのローラン・コシールニーは、元チームメイトのメスト・エジルを擁護した。

後で読む
スポーツニッポン

プロランナー川内優輝(33=あいおいニッセイ同和損保)が男子800メートルに出場し2分2秒97、約2時間後に出場した同1500メートルは3分56秒22をマークした。川内は「全盛期に比べるとまだまだだが、1500メートルでは4分を切れた。福岡ではサブテン(2時間10分以内)を狙いたい」と9カ月ぶりのフルマラソンとなる福岡国際マラソン(12月6日)に弾みを付けた。

後で読む
スポーツニッポン

大相撲11月場所(11月8日初日、東京・両国国技館)に向けて、新大関・正代(28=時津風部屋)が27日、東京都墨田区の時津風部屋で稽古を再開し、電話での代表取材に応じた。この日はインフルエンザ予防接種を受けることになっていたため、バーベルなどを使った上半身のトレーニングなどで終えた。16日から行われた合同稽古では「体中が痛くなった」と最終日を欠席したこともあり「ここから追い込んでいけたら」と新…

後で読む
東京スポーツ

 大相撲11月場所(11月8日初日、東京・両国国技館)を控えた27日、新大関正代(28=時津風)が東京・墨田区の部屋で稽古を再開。この日はバーベルを使った上半身のトレーニングなどで汗を流し「(大関の)…

後で読む
デイリースポーツ

就職活動サイトなどを運営するマイナビは27日、J1仙台から経営権を取得し、サッカー女子プロリーグ「WEリーグ」に参入する「マイナビ仙台レディース」の運営についてオンライン記者会見で説明した。来年9月に開幕するWEリーグでは15人以上のプロ選手が必要だが、原則全選手とプロ契約を結ぶとした。 拠点は仙台市のまま。ユニホームは現在の金色から、マイナビのコーポレートカラーの水色基調に変わる。マイナビの中川信行社長は「どこかにベガルタの味が残るようにできれば」と話した。

後で読む
デイリースポーツ

日本ハムからドラフト1位指名された苫小牧駒大の伊藤大海投手が27日、北海道苫小牧市の同校で大渕スカウト部長らから指名のあいさつを受けた。先発と救援の両方に適性があると期待され「どちらでもできる準備をする。必要とされたポジションで全うしたい」と意気込んだ。 球団史上初めて北海道出身選手として最上位で指名された。チームのエースとして活躍した米大リーグ、カブスのダルビッシュを目標に掲げる。大渕スカウト部長は「地元だから評価したわけではない。実力通り指名した結果」と強調した。

後で読む
デイリースポーツ

日本ハムからドラフト1位指名された伊藤大海投手(23)=苫小牧駒大=が27日、北海道・苫小牧市の同大で、大渕隆スカウト部長、白井康勝担当スカウトから指名あいさつを受けた。 伊藤は、チームが2004年に北海道に移転してから初の地元選手として1位指名を受けた。大学ではエースとしてチームを引っ張り、18、19年と2年連続で日米大学野球選手権大会にも出場。リリーバーとして侍ジャパン大学代表に貢献した。

後で読む
東京スポーツ

高知県の濱田省司知事(57)は27日、阪神・藤川球児投手(40)の引退セレモニーが行われる11月10日の巨人戦(甲子園)で、高知くろしお感動大賞を贈呈すると発表した。  大阪市内で行われた大阪観光局…

後で読む
東京スポーツ

日本ハムは27日、浦野博司投手(31)が今季限りで現役を引退することを発表した。  浦野は浜松工高、愛知学院大、セガサミーを経てドラフト2位で2013年に入団。先発・中継ぎを問わない活躍で、18年に…

後で読む
サンケイスポーツ

 陸上の女子1500メートルと3000メートルで日本記録を持つ田中希実(豊田自動織機TC)が27日、東京都内で開かれた競技会の1500メートル(タイムレース)に出場し、4分10秒41で優勝した。

後で読む
サンケイスポーツ

 競泳東京五輪代表の瀬戸大也(26)の妻で飛び込み元日本代表の馬淵優佳さん(25)が27日、MBSテレビの情報番組「ミント!」にゲストコメンテーターとして瀬戸の不倫騒動後初のテレビ生出演。冒頭で「ここから心機一転、お仕事頑張っていきますので、よろしくお願いします」とあいさつした。

後で読む
スポーツニッポン

 阪神は27日、4球団競合の末に交渉権を獲得したドラフト1位・佐藤輝明内野手(21=近大)への指名あいさつを行った。

後で読む
サンケイスポーツ

【出場選手登録】 ▽ロッテ ハーマン投手 ▽オリックス 中川圭太内野手 【同抹消】 ▽ロッテ チェン投手

後で読む
サンケイスポーツ

2軍調整中の阪神のジャスティン・ボーア内野手(32)が27日、ウエスタン・中日戦(鳴尾浜)に「5番・一塁」でスタメン出場。22日に登録抹消後、実戦初出場となったが、快音を響かせることはできなかった。

後で読む
サンケイスポーツ

日本ハムからドラフト1位指名された苫小牧駒大の伊藤大海投手が27日、北海道苫小牧市の同校で大渕スカウト部長らから指名のあいさつを受けた。先発と救援の両方に適性があると期待され「どちらでもできる準備をする。必要とされたポジションで全うしたい」と意気込んだ。

後で読む
サンケイスポーツ

日本ハムは27日、浦野博司投手(31)が今季限りで引退することが決まったと発表した。球団を通じ「7年間ファイターズでプレーできて本当に幸せだった。度重なるけがや不調により思うようなプレーができなくなり、1軍の戦力になれないと思い引退を決断した」などとコメントした。

後で読む
日刊スポーツ

10月27日のプロ野球の出場選手登録と抹消は以下の通り。【セ・リーグ】<登録>DeNA 桜井周斗投手DeNA 森敬斗内野手DeNA 宮本秀明外野手中日 佐藤優… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

来春センバツ目指す秋季関東大会は準々決勝4試合。常総学院(茨城)東海大甲府(山梨)専大松戸(千葉)高崎健康福祉大高崎(群馬)が4強入りを決めセンバツへ出場へ大… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

西武からドラフト1位指名された桐蔭横浜大・渡部(わたなべ)健人内野手(21)が27日、同校グラウンドで練習を行い、珍回答連発の爆笑会見の裏側を明かした。112… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「ウエスタン、阪神-中日」(27日、鳴尾浜球場) 来季の構想外となっている阪神・福留が“球界最年長対決”を制し、同点の適時打を放った。

後で読む
サンケイスポーツ

阪神からドラフト1位指名された佐藤輝明内野手(21)=近大=が27日、東大阪市内の同校で矢野監督らから指名あいさつを受けた。

後で読む
サンケイスポーツ

就職活動サイトなどを運営するマイナビは27日、J1仙台から経営権を取得し、サッカー女子プロリーグ「WEリーグ」に参入する「マイナビ仙台レディース」の運営についてオンライン記者会見で説明した。来年9月に開幕するWEリーグでは15人以上のプロ選手が必要だが、原則全選手とプロ契約を結ぶとした。

後で読む
サンケイスポーツ

ロッテからドラフト1位指名された法大の鈴木昭汰投手が27日、川崎市の法大野球部合宿所でロッテの永野プロアマスカウト部長らから指名のあいさつを受けた。左の即戦力として先発ローテーション入りを期待されており「小さい頃からの夢だったプロ野球選手になれたという、うれしい気持ちと実感が徐々に湧いてきた」と笑顔で話した。

後で読む
スポーツニッポン

大相撲の横綱・鶴竜が27日、報道陣の電話取材に応じ、結果次第では横綱審議委員会(横審)から何らかの決議を受ける可能性がある11月場所(8日初日、両国国技館)へ「覆すには結果しかない。もう言われても仕方ない状態」と覚悟を口にした。

後で読む
スポーツニッポン

女子1500メートルは日本記録保持者の田中希実(21=豊田自動織機TC)が4分10秒41の1着でフィニッシュした。

後で読む
デイリースポーツ

「大相撲11月場所」(11月8日初日、東京・両国国技館) 腰の負傷で先場所を全休した横綱鶴竜(35)=陸奥=が27日、都内の部屋で朝稽古後、報道陣の電話取材に応じた。基礎運動、若い衆相手に胸を出し調整。腰の回復に関し、「まあ、ぼちぼち。いい感じと思いますけど」と、語った。

後で読む
デイリースポーツ

日本ハムは27日、浦野博司投手(31)が今季限りで現役を引退することを発表した。 球団を通じ「7年間ファイターズでプレーできて本当に幸せでした。思い描いていたプロ野球人生ではなかったですが、たくさんの方の支えがあって、ここまで野球を続けることができました。度重なるけがや不調により思うようなプレーができなくなり、一軍の戦力になれないと思い引退を決断しました。今までプレーさせてくれた栗山英樹監督、コーチ、裏方さん、トレーナーさん、何よりチームメートのみなさん、本当にありがとうございました。そして、どんな時でも温かい声援を送ってくれたファンの皆さま、本当に感謝の思いしかありません。7年間、本当にありがとうございました」とコメントした。

後で読む
デイリースポーツ

三菱UFJリサーチ&コンサルティングは27日、20年スポーツマーケティング基礎調査の結果を発表した。新型コロナウイルスの影響で大きな影響を受けたスポーツ参加市場規模は約1・6兆円で昨年より約3割(28・7パーセント)減少。スタジアム観戦市場は半減となった。 来夏に延期となった東京五輪については、予定通り開催という回答は12・8パーセントに止まったが、規模を縮小して開催、観客減や無観客での開催などを合わせると、来年開催に肯定的な意見は半数を超えた。ただ、単一意見では「中止する」という回答が最も多く19・3パーセントだった。

後で読む
デイリースポーツ

DeNAは27日、佐野恵太内野手(25)の出場選手登録を抹消した。25日の広島戦で走塁時にヘッドスライディングした際に左肩を負傷し交代。翌26日に横浜市内の病院で診察を受け「左肩関節脱臼」と診断された。全治は不明。最短10日で再復帰した場合、残り試合は2試合。現在打率がリーグトップの・328で、同僚・梶谷や中日・大島との首位打者争いにも影響を及ぼしそうだ。 DeNAは蝦名達夫外野手の登録も抹消。代わりに桜井周斗投手、宮本秀明外野手とドラフト1位の森敬斗内野手が登録された。18歳の森は初昇格。今季2軍で56試合に出場し、打率・211、2本塁打、13打点の成績。

後で読む
スポーツニッポン

 Call me SHOTA!ロッテのドラフト1位・鈴木昭汰投手(22=法大)が27日、川崎市の合宿所で永野吉成スカウト部長らから指名あいさつを受けた。

後で読む
日刊スポーツ

バスケットボールBリーグの川崎ブレイブサンダースは27日、人気アプリ「TikTok(ティックトック)」とパートナーシップ契約を締結したことを発表した。これまで…

後で読む
東京スポーツ

日本代表DF冨安健洋(21)が所属するイタリア1部ボローニャが、不名誉記録に並んだ。  ボローニャは24日(日本時間25日)のラツィオ戦に1―2で敗れ、イタリア1部リーグ38試合連続失点。イタリアメ…

後で読む
日刊スポーツ

セ・リーグ首位打者のDeNA佐野恵太内野手(25)が27日、左肩肩関節脱臼のため出場選手登録から抹消された。背中の張りを訴え、20日の中日戦以来5試合ぶりにス… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

巨人香月一也内野手(24)が、この日2本目となる11号ソロを放った。4点リードの4回2死。楽天由規の143キロ直球を右翼席に運んだ。「完璧でした。すごく気持ち… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

プロ野球ドラフト会議で4球団競合の末、阪神が交渉権を獲得したドラフト1位・佐藤輝明内野手(21)=近大=が17日、東大阪市の同大東大阪キャンパスで矢野監督、畑山統括スカウト、永吉編成ディレクター、渡辺スカウトから指名あいさつを受けた。 運命の一日から一夜明けた。矢野監督とのファーストコンタクトを交わした佐藤輝は「カッコイイ」と指揮官の甘いマスクにくぎ付けだ。矢野監督は「僕自身興奮して昨日はよく寝られなかった」と話したが、佐藤輝は「僕はぐっすり眠れました」と堂々の宣言。思わず指揮官も「スケールがちゃうなあ」とうなずいていた。

後で読む
サンケイスポーツ

米カリフォルニア州ロサンゼルス郡の保健当局は26日、米プロバスケットボールNBAでレーカーズの優勝、米大リーグでドジャースのワールドシリーズ進出と地元球団の活躍に喜ぶファンが市街地に集結したことで、新型コロナウイルスの感染拡大につながった可能性があるとの考えを示した。AP通信が報じた。

後で読む
サンケイスポーツ

DeNA・佐野恵太内野手(25)が27日、左肩関節脱臼のため今季初めて出場選手登録を抹消されることになった。代わってドラフト1位・森敬斗内野手(18)=桐蔭学園高=が今季初めて昇格する見通し。巨人戦の試合前、ラミレス監督が明かした。

後で読む
スポーツニッポン

ジャパンゴルフツアー選手会の池田勇太副会長が27日、リモートで会見し、新型コロナウイルス感染防止策として国内ゴルフ界初の試みとなるチャーター機による移動を発表した。

後で読む
スポーツニッポン

11月6日開幕のTOTOジャパンクラシック(スポニチ主催、茨城・太平洋C美野里C)の出場選手78人が27日、発表された。今年は、富士通レディース終了時点の賞金ランク上位35人に加え、10月12日時点の世界ランクで上位43人までの日本ツアーメンバーとTP単年登録者に資格を付与。両ランク重複選手、欠場者らの補充として賞金ランク36位以下から繰り上がった。2年前大会の覇者で米ツアーで活躍する畑岡奈紗…

後で読む
デイリースポーツ

ロッテは27日、11月1日・楽天戦(ZOZOマリンスタジアム、13時試合開始)で千葉市の特産品「サツマイモ」を先着300人に無料配布すると発表した。配布はZOZOマリンスタジアム外周配布ステーションで当日の観戦チケット(ビジター外野応援席を除く)を持っているファンに10時から行う。 なお当日の楽天戦はホームタウンである千葉市が、2021年1月1日に市制100周年を迎えることを記念した「千葉市スペシャルデー」として開催する。

後で読む
デイリースポーツ

DeNAは27日、佐野恵太内野手(25)が26日に横浜市内の病院で診察を受け「左肩関節脱臼」と診断されたことを発表した。 佐野は5試合ぶりに先発出場した25日の広島戦(横浜)の八回、2死一塁から四球で出塁。次打者の大和の右越え安打で生還を狙い三塁を大きく回ったところでストップし、ヘッドスライディングで三塁へ帰塁した際に負傷した。

後で読む
サンケイスポーツ

 「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が26日、東京都内で開かれ、阪神から3位指名された上武大・佐藤蓮は満面の笑みを浮かべた。

後で読む
日刊スポーツ

東海大甲府がサヨナラ勝利で東海大相模とのタテジマ対決を制し、5年ぶりのセンバツ出場をほぼ確実とした。東海大甲府は1点ビハインドで迎えた9回裏。1死一塁から猪ノ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

降格後初の2軍戦出場となった阪神の助っ人ジャスティン・ボーア内野手(32)は2打数無安打に終わった。22日に出場選手登録を初めて抹消され、24日から2軍に合流… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「ウエスタン、阪神-中日」(27日、鳴尾浜球場) 阪神・ボーアが「5番・一塁」で降格後、初となるスタメン出場している。

後で読む
デイリースポーツ

阪神・小幡と梅野が甲子園球場で早出特守に励んだ。小幡は久慈、藤本両内野守備走塁コーチが見守る中、遊撃で清水ヘッドコーチのノックを受けた。 梅野もスローイング練習後、打撃練習で汗を流した。梅野はここまで90試合に出場。打率・261、6本塁打、28打点をマーク。ここ2試合は坂本に先発マスクを譲っている。

後で読む
デイリースポーツ

阪神・藤浪晋太郎投手(26)が28日・中日戦(甲子園)に先発することが29日、決定的となった。午後2時前、甲子園に姿を見せると、西勇、青柳、高橋、ガンケルら先発組の練習に参加した。 藤浪はコロナ禍の中、9月下旬から中継ぎに挑戦。計13試合に登板し15回3分の1を4失点、防御率2・35。自己最速162キロをたたき出すなど、内容と結果でアピールしていた。

後で読む
デイリースポーツ

「ウエスタン、阪神-中日」(27日、鳴尾浜球場) 阪神・ボーアが「5番・一塁」で降格後、初となるスタメン出場。3打席に立ち、2打数無安打、1四球で六回の守備から退いた。

後で読む
サンケイスポーツ

米プロフットボールNFL第7週最終日は26日、カリフォルニア州イングルウッドで行われ、ラムズがベアーズに24-10で快勝し、5勝2敗とした。QBゴフが2TDパスを通した。ベアーズも5勝2敗。

後で読む
日刊スポーツ

J1は10月28日に3試合が行われる。各カードのoptaファクトは以下の通り。※ファクト内の数字はJ1での成績ベガルタ仙台 – ヴィッセル神戸…

後で読む
日刊スポーツ

所属するブラジル人FWアデミウソン(26)が道交法違反(酒気帯び運転など)の疑いで大阪府警の任意捜査を受けた件について、ガンバ大阪は発表から一夜明けた27日、…

後で読む
日刊スポーツ

最近4戦未勝利(1分け3敗)で11位のヴィッセル神戸は、28日にベガルタ仙台戦(ユアスタ)を迎える。三浦淳寛監督(46)は27日、神戸市内での練習後にオンライ…

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド26日(日本時間27日)発】WWEのロウ大会が配信され、次回PPV大会「サバイバー・シリーズ」(11月22日)で〝女帝〟ことロウ女子王者のアスカ(39)は、新スマックダウン(SD…

後で読む
スポーツニッポン

大相撲の横綱・鶴竜が27日、報道陣の電話取材に応じ、結果次第では横綱審議委員会(横審)から処分を受ける可能性がある11月場所(8日初日、両国国技館)へ「覆すには結果しかない。もう言われても仕方ない状態」と覚悟を口にした。

後で読む
東京スポーツ

 大相撲11月場所(11月8日初日、東京・両国国技館)で復帰を目指す横綱鶴竜(35=陸奥)が27日、東京・墨田区の部屋で稽古を再開。四股などの基礎運動のほか、部屋の若い衆に胸を出して汗を流した。  9…

後で読む
東京スポーツ

 フランス1部パリ・サンジェルマンが、フランス代表FWキリアン・エムバペ(21)との契約延長交渉でいきなりつまずいた。  フランス紙「レキップ」によると、パリSGは2022年6月まで契約を残すエムバペ…

後で読む
デイリースポーツ

【ロサンゼルス共同】米プロフットボールNFL第7週最終日は26日、カリフォルニア州イングルウッドで行われ、ラムズがベアーズに24-10で快勝し、5勝2敗とした。QBゴフが2TDパスを通した。ベアーズも5勝2敗。

後で読む
東京スポーツ

倒す気持ちを忘れたKOアーティストは、再び頂点に立てるのか。元WBC世界フライ級王者でWBCバンタム級8位の比嘉大吾(25=Ambition)は東京・後楽園ホールで同級日本13位・堤聖也(24=角海…

後で読む
東京スポーツ

【ネバダ州ラスベガス26日(日本時間27日)発】ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者の井上尚弥(27=大橋)は、31日(同11月1日)に行われるWBO同級1位のジェイソン・モロニー…

後で読む
デイリースポーツ

巨人のクリストファー・クリソストモ・メルセデス投手が(26)が左肘の関節クリーニング手術を受けたことが27日、分かった。トレーニング再開までは1カ月程度を要する見込みで、今季の登板は厳しい状況となった。 メルセデスは今季ここまで11試合に登板し4勝4敗。防御率3・10の成績を収めていた。

後で読む
デイリースポーツ

巨人は27日、球団公式マスコットガール「ヴィーナス」の2021年度新メンバーを募集すると発表した。グラウンド上でのダンスのほか、ステージイベントでのMC、練習見学ツアーでのガイドなど活躍の場は多岐にわたり、ダンス未経験の方でも応募可能。募集期間は10月27日(火)正午から11月30日(月)15時まで。 応募資格は2021年4月1日時点で18歳以上の女性。国籍・学歴不問。ヴィーナスの仕事を優先できる人。1月から行われる研修を全日受けることが条件。応募方法などの詳細は巨人軍公式HPまで。

後で読む
東京スポーツ

J1FC東京のDF渡辺剛(23)が〝怪物封じ〟の秘策を明かした。  FC東京は28日に柏戦(味スタ)に臨むが、11月7日のルヴァンカップ決勝も同カードとあって今回は〝前哨戦〟となる。勝敗の行方を左右…

後で読む
東京スポーツ

サッカーのトゥーロン国際大会(12月、フランス)の今季開催が中止となった。主催者が公式ホームページで発表した。  例年は6月頃に行われるU―23の国際大会だが、今季は新型コロナウイルス感染拡大の影響…

後で読む
東京スポーツ

今夏に大騒動を巻き起こしたスペイン1部バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(33)の退団騒動に新たな動きが出てきた。  メッシは現在のクラブ首脳陣との確執が退団を希望するキッカケとなった…

後で読む
東京スポーツ

Jリーグの不祥事続発が波紋を広げている。  J1FC東京長谷川健太監督(55)が27日にオンラインで取材に応じ、Jリーグで相次ぐ不祥事に言及。「他クラブのことだが、Jリーガーの規律ある行動がそがれ、…

後で読む
サンケイスポーツ

東都大学野球秋季リーグ戦第4週第1日(27日、駒大7-3立正大、神宮)駒大が一回に先制したが、立正大が二回に追いつき、さらに三回に2点を勝ち越した。しかし、駒大が五回に1点返し、七回には逆転した後に、4番・鵜飼航丞外野手(3年)の今季3号の左越え3ランでダメ押した。駒大は今季2勝5敗、立正大は5勝2敗。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球セ・リーグは27日、公式戦の追加日程を次の通り発表した。

後で読む
日刊スポーツ

新監督を探しているタイガースは、ヤンキースのフィル・ネビン三塁コーチ(49)と面談したという。ニューヨーク・ポスト紙のジョージ・キング記者が報じている。ネビン… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ドジャースのマックス・マンシー一塁手(30)は、これまでに経験した挫折が今につながっていると話した。NBCスポーツ・ベイエリアが報じている。マンシーは2017… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ロッテのドラフト1位、法大・鈴木昭汰投手(22)が27日午前11時30分、12球団一番乗りで指名あいさつを受けた。神奈川・川崎市内の同大合宿所で永野スカウト部… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

日本野球機構(NPB)の斉藤惇コミッショナー(81)がリーグ優勝チームに対して新型コロナウイルスの感染拡大防止策を取った上で例年通り、優勝ペナントを授与する。… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

来春センバツ目指す秋季関東大会は準々決勝4試合。勝った4校はセンバツへ大きく前進する。ZOZOマリンの2試合を詳細速報。柏の葉公園野球場の2試合をスコア速報。… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 「プロ野球ドラフト会議」(26日、都内ホテル) 巨人から育成ドラフト3位で指名された敦賀気比・笠島尚樹投手(17)は会見で「育成では行かないと決めていた」と指名を断ることを明かした。「これから親や監督さんと話し合って決める」と大学進学に切り替えるようだ。

後で読む
サンケイスポーツ

26日のドラフト会議で、巨人は支配下7人、育成12人を指名した。2005年の育成ドラフト開始以降、12人は史上最多だ。大塚球団副代表は「今年が発掘と育成の元年だと思っている。血の入れ替えは必要」と言い切った。

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド26日(日本時間27日)発】WWEのロウ大会が配信され、前WWE王者ドリュー・マッキンタイア(35)が早くも再起戦を飾った。  オープニングでは前夜のPPV大会「ヘル・イン・ア・…

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド26日(日本時間27日)発】WWEのロウ大会が配信され、ロウとスマックダウン(SD)の対抗戦となるPPV大会「サバイバー・シリーズ」(11月22日)で行われる5対5イリミネーショ…

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド26日(日本時間27日)発】WWEのロウ大会が配信され、〝ザ・フィーンド(悪魔)〟ことブレイ・ワイアット(33)が、新WWE王者ランディ・オートン(40)の首に狙いを定めた。  …

後で読む
スポーツニッポン

NFLは26日、カリフォルニア州ロサンゼルスの「ソーファイ・スタジアム」で第7週の残り1試合を行い、地元のラムズが24―10(前半10―3)でベアーズを下して5勝2敗。2019年のスーパーボウルに出場したQBジャレッド・ゴフ(26)は33回中23回のパスを通して219ヤードと2TDをマークしてチームを引っ張った。196センチ、109キロの大型パンター、ジョニー・へッカー(30)は63ヤードと5…

後で読む
サンケイスポーツ

米移籍情報サイト「トレードルーマーズ」は26日(日本時間27日)、大リーグの複数の球団がロッテの沢村拓一投手(32)の獲得に興味を示していると報じた。

後で読む
日刊スポーツ

ドジャースのトニー・ゴンソリン投手は26日、レイズとのワールドシリーズ第6戦(27日)に向けて意気込みを示した。ロサンゼルス・タイムズ紙が報じている。レイズの… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

長年にわたりドジャース戦の実況を担当した名アナウンサーのビン・スカリー氏(92)は、今年のドジャース対レイズのワールドシリーズに熱中しているという。ロサンゼル… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ドジャースとのワールドシリーズ第6戦(27日)に先発するレイズのブレーク・スネル投手は、大一番を楽しみにしていると述べた。MLB公式サイトが報じている。スネル… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

トットナムのジョゼ・モウリーニョ監督が、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)を非難した。

後で読む
サンケイスポーツ

ノルウェー代表FWアーリング・ハーランドとドルトムントの契約に関して、2022年6月に有効となる解除条項の額が明らかになった。

後で読む
サンケイスポーツ

昨年、一昨年と不漁が続いたカワハギが、今シーズンは回復傾向にあるようだ。10月半ばを過ぎたころから各地でトップ2桁を超える結果が報告されている。沿岸にいたコッパ(当歳魚)が成長し沖へ出てきたようだ。潮温も下がりそろそろ? となればすぐにでも様子が見たい。午前午後のショートの2部制を取る神奈川県横須賀市・長井『儀兵衛丸』へ急いだ。

後で読む
デイリースポーツ

総務省は27日、新型コロナウイルス感染症の影響で来夏に延期された東京五輪の聖火を、来月7日から来年3月16日にかけ、岩手や石川など14道府県の計73市町村で巡回展示すると正式に発表した。 石川からスタートし、三重、愛媛、大分、広島、北海道、大阪、奈良、岐阜、福岡、新潟、高知、山口、岩手の順で巡る計画。各道府県内でも複数の市町村を巡回する。

後で読む
スポーツニッポン

Jリーグの村井チェアマンは26日、Jリーグ参入を目指すFC大阪とホームタウンである東大阪市を訪れ、ヒアリングを実施した。

後で読む
サンケイスポーツ

【No Ball、No Life】G大阪が快進撃を続けている。9月19日の札幌戦から9試合で8勝1分け。順位も9位から2位タイまで浮上した。

後で読む
東京スポーツ

米メディアのNBCスポーツ・ワシントン(電子版)は26日(日本時間27日)に今季終了後にFAとなる選手のトップ15を発表し、ヤンキースの田中将大投手(31)を14位にランクづけた。1位はレッズのトレ…

後で読む
東京スポーツ

ドジャースは25日(日本時間26日)にレイズとのワールドシリーズ(WS)第5戦に4―2で勝ち、通算3勝2敗として1988年以来、32年ぶりの世界一へ王手をかけた。一夜明けた26日(同27日)の選手、…

後で読む
東京スポーツ

サッカーのドイツ1部ブレーメンは26日、前日に行われたホッフェンハイム戦で負傷交代を余儀なくされた日本代表FW大迫勇也(30)の検査結果を公式サイト上で発表し、重傷ではないことを明らかにした。  大…

後で読む
スポーツニッポン

 今ドラフトの「顔」だった早川は、寮のラウンジでテレビを見ながら運命の瞬間を迎えた。交渉権を獲得したのは、楽天――。会見場となった西東京市の室内練習場には、テレビカメラ10台に約80人の報道陣が集結していた。授業を終え会見に臨んだ最速155キロ左腕は、真っすぐ前を向いて決意を口にした。

後で読む
サンケイスポーツ

今季で結成10周年を迎えた、東京ヤクルトスワローズのオフィシャルダンスチーム「Passion」のメンバー15人を日替わりで紹介します! 持ち前のルックスと、ハイレベルなダンスレッスンで鍛え上げられた彼女たちの情熱的でエネルギッシュなパフォーマンスにご期待ください。

後で読む
日刊スポーツ

レイズは2勝3敗と王手をかけられたものの、第6戦を控えたキャッシュ監督に切迫感はなかった。休養日のこの日、オンライン会見に対応し、「明日、我々はアグレッシブに… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

複数のメジャー球団がロッテ沢村拓一投手(32)に関心を示していることを26日(日本時間27日)、米最大の移籍情報サイト「トレード・ルーマーズ」が報じた。同投手… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

巨人戸郷翔征投手が27日DeNA戦に先発する。前回20日ヤクルト戦では6回無失点の好投も、チームが逆転負けを喫し9勝目を逃した。優勝マジック4で迎える一戦に「… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

 DDTの東京・大田区大会(11月3日)で一騎打ちする竹下幸之介(25)と秋山準(51)が、会見で火花を散らした。  竹下は「個人的にも勝ちたいが、僕が勝つということはプロレス界のバランスが動くという…

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレスの大張高己新社長(おおはり・たかみ=46)が本紙の取材に応じ、今後の団体の展望を明かした。新型コロナウイルス禍でスポーツ・エンターテインメント界全体が苦境に立たされる中で、プロレス界盟…

後で読む
東京スポーツ

 珍しいハプニングだ。フィギュアスケート女子の紀平梨花(18=N高東京)がエントリーしていない大会の出場者リストに記載され、日本スケート連盟をはじめファンも大混乱。紀平本人が出場を否定する事態にまで発…

後で読む
東京スポーツ

 国際スケート連盟(ISU)の広報担当者は26日、新型コロナウイルスの影響で変則開催となった今季のフィギュアのグランプリ(GP)シリーズについて、得点は世界歴代最高や自己ベストなどISUの公認記録に反…

後で読む
東京スポーツ

【藤井康雄「勇者の魂」(9)】オリックス・ブルーウェーブ元年の1991年は5月までは順調でね。それが練習中に外野でノックを受けていた時、バックしながら後ろのフェンスにぶつかり、捕球した瞬間にドーンとき…

後で読む
日刊スポーツ

TBS系で26日に生中継された「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」(午後4時50分)の平均視聴率が関東地区10・0%、関西地区11… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

前例のないドラフト会議だった。新型コロナウイルスの影響により、オンラインで実施。育成も含め123人が指名されたが、この日を迎えるために不可欠だった各球団のスカ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

来春センバツ目指す秋季関東大会は準々決勝4試合。勝った4校はセンバツへ大きく前進する。ZOZOマリンの2試合を詳細速報。柏の葉公園野球場の2試合をスコア速報。… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「プロ野球ドラフト会議」(26日、都内ホテル) 明確な方針が見えたドラフトだった。阪神は昨年、支配下6人中5人で高校生を指名。一転して今年は支配下8人中7人を大学生、社会人、独立リーグから指名した。

後で読む
デイリースポーツ

【アーリントン共同】世界ボクシング協会(WBA)、国際ボクシング連盟(IBF)バンタム級統一王者の井上尚弥(大橋)に米ネバダ州ラスベガスで挑戦するジェーソン・モロニー(オーストラリア)が26日、オンライン記者会見に臨み「人生最高の日になると自信を持っている」と意欲を示した。 31日(日本時間11月1日)に行われる試合の下馬評ではWBA2位、IBF4位の挑戦者が圧倒的に不利とみられている。モロニーは複数の練習パートナーに井上尚の動きを模倣してもらいながら充実した調整ができているとし「彼も人間だ。誰にだって弱点はあるし、倒すことができる」と話した。

後で読む
デイリースポーツ

【ジュネーブ共同】国際スケート連盟(ISU)の広報担当者は26日、新型コロナウイルスの影響で変則開催となった今季のフィギュアのグランプリ(GP)シリーズについて、得点は世界歴代最高や自己ベストなどISUの公認記録に反映しないと明らかにした。各大会の出場者を地元選手や開催国に拠点を置く選手らに制限しており、公平性を保つため。 世界ランキングのポイントを付与しないことや、記録した得点が世界選手権などの出場に必要な最低技術点に適用されないことは開催概要で公表していたが、自己ベストなど記録の扱いは明記していなかった。

後で読む
スポーツニッポン

【大西純一の真相・深層】パワハラ疑惑が浮上して昨年10月に湘南の監督を退任したチョウ貴裁(チョウ・キジェ)さん(51)が優勝に王手をかけている。現在流経大のコーチを勤めているが、アミノバイタル杯の決勝に導き、11月3日に母校・早大と対戦する。勝てばこの大会初優勝、チョウさんにとっても復活への大きな第一歩となる。

後で読む
日刊スポーツ

国際オリンピック委員会(IOC)は26日、世界平和に貢献した個人や団体をたたえる「ソウル平和賞」をバッハ会長が受賞したと発表した。2018年平昌(ピョンチャン…

後で読む
日刊スポーツ

国際スケート連盟(ISU)の広報担当者は26日、新型コロナウイルスの影響で変則開催となった今季のフィギュアのグランプリ(GP)シリーズについて、得点は世界歴代…

後で読む
サンケイスポーツ

 阪神からドラフト1位指名された近大・佐藤輝明内野手(21)が27日、読売テレビの朝の情報番組「す・またん!」(月~金曜前5・50)に生出演した。

後で読む
サンケイスポーツ

世界ボクシング協会(WBA)、国際ボクシング連盟(IBF)バンタム級統一王者の井上尚弥(大橋)に米ネバダ州ラスベガスで挑戦するジェーソン・モロニー(オーストラリア)が26日、オンライン記者会見に臨み「人生最高の日になると自信を持っている」と意欲を示した。

後で読む
サンケイスポーツ

国際スケート連盟(ISU)の広報担当者は26日、新型コロナウイルスの影響で変則開催となった今季のフィギュアのグランプリ(GP)シリーズについて、得点は世界歴代最高や自己ベストなどISUの公認記録に反映しないと明らかにした。各大会の出場者を地元選手や開催国に拠点を置く選手らに制限しており、公平性を保つため。

後で読む
サンケイスポーツ

国際オリンピック委員会(IOC)は26日、世界平和に貢献した個人や団体をたたえる「ソウル平和賞」をバッハ会長が受賞したと発表した。2018年平昌冬季五輪のアイスホッケー女子で五輪初となる韓国と北朝鮮の合同チーム結成を実現させて南北融和を演出した実績や、難民選手団への支援が評価されたという。

後で読む
サンケイスポーツ

男子テニスで右肩痛を抱える錦織圭(日清食品)が26日、エルステバンク・オープン(ウィーン)のシングルス1回戦出場を取りやめた。今年の全米オープンを制した世界ランキング3位のドミニク・ティエム(オーストリア)と27日に対戦予定だったが、大会広報によると故障を理由に欠場した。

後で読む
日刊スポーツ

米大リーグのワールドシリーズ(7回戦制)は26日、休養日となり、3勝2敗で32年ぶり7度目の制覇にあと1勝のドジャース(ナ・リーグ)は全体練習がなく、選手数人… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

オリックスから育成ドラフト2位指名を受けた学法福島(福島)の143キロ左腕・辻垣高良投手(3年)が、夢舞台での活躍を誓った。同校の会見場でテレビ中継を見つめる… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

巨人1位:平内龍太中日1位:高橋宏斗阪神1位:佐藤輝明《… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「プロ野球ドラフト会議」(26日、都内ホテル) 阪神から4位指名を受けた栄枝裕貴捕手(22)=立命大=は、大学の先輩である古田敦也氏の盗塁阻止率を超えることを目標に掲げた。5位以下なら社会人野球へ進むことが決まっていたため「名前が呼ばれてすごくホッとしました」と安どの表情。阪神については「12球団で一番ファンと選手が熱い。甲子園も熱気に包まれている」と目を輝かせた。

後で読む
デイリースポーツ

「プロ野球ドラフト会議」(26日、都内ホテル) 阪神から2位指名を受けた即戦力候補の伊藤将司投手(24)=JR東日本=は能見が憧れの存在だ。

後で読む
並び替え可能( Cookieで保存)。
よく使用する競技を下に(片手で届く場所に)並び替えて使用してください。
追加したい競技があればコメントください。