「2020年11月2日」の記事一覧

サンケイスポーツ

 東京五輪柔道日本代表で唯一決まっていない男子66キロ級の最終選考会が12月13日に東京・文京区の講道館で実施することで最終調整に入っていることが2日、分かった。新旧世界王者の丸山城志郎(27)=ミキハウス=と阿部一二三(ひふみ、23)=パーク24=による1試合の代表決定戦。勝者が五輪代表になる。

後で読む
サンケイスポーツ

元ユベントス監督のマウリツィオ・サッリが、フィオレンティナの新監督候補となっているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。

後で読む
サンケイスポーツ

マンチェスターUMFポール・ポグバは、PK献上に肩を落とした。

後で読む
サンケイスポーツ

サンプドリアに所属する日本代表DF吉田麻也が1日、ジェノアとのデルビー・デラ・ランテルナ(灯台ダービー)ことジェノヴァダービーに出場し、イタリアメディアなどから高い評価を得た。

後で読む
サンケイスポーツ

ネイマールがパリサンジェルマン(PSG)との契約延長を検討しているようだ。フランス『Foot Mercato』が伝えた。

後で読む
日刊スポーツ

日本ハムは2日、西武22回戦(メットライフドーム)に敗れ、残り4試合を残して今季の3位以下が確定した。クライマックスシリーズ(CS)進出の可能性が完全に消滅。… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

ナポリの指揮官ジェンナーロ・ガットゥーゾが1日のサッスオーロ戦終了後、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じて敗戦の弁を述べた。

後で読む
サンケイスポーツ

ユベントスの指揮官アンドレア・ピルロが1日のスペツィア戦(4-1)終了後、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じて勝利を喜んだ。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、西武4-0日本ハム、22回戦、日本ハム14勝8敗、2日、メットライフ)不運続きの今季初先発だった。今季初先発の生田目(なばため)が、5回5安打3失点でマウンドを降りた。

後で読む
サンケイスポーツ

ボローニャに所属する日本代表DF冨安健洋のカリャリ戦でのパフォーマンスについて、イタリアの主要紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』などが1日に評価を下した。

後で読む
東京スポーツ

 全日本柔道連盟の金野潤強化委員長(53)が2日、強化委員会後のオンライン取材で新型コロナウイルス対策について語った。  先月29日には、体操の男子個人総合で五輪2連覇の内村航平(31=リンガーハット…

後で読む
スポーツニッポン

8連覇中のバイエルン・ミュンヘンは31日、ケルンに2―1で競り勝ち4連勝。勝ち点15で首位に浮上した。今季4点目となる先制PKを決めた31歳FWミュラーはリーグ通算260勝目。GKカーンのクラブ最多記録に並んだ。

後で読む
スポーツニッポン

ACミランは1日、ウディネーゼに2―1で競り勝ち、無敗と首位をキープした。39歳FWイブラヒモビッチが先制点をアシストし、1―1の後半38分には”オーバーヘッドキック”で決勝ゴール。リーグトップの7得点の活躍でチームをけん引している。

後で読む
日刊スポーツ

日本ハムの大卒1年目・望月大希投手が、無失点デビューを飾った。7回から3番手で登板し、1回打者5人を相手に1安打。「第1歩かなと感じているので、ここからまた頑… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ロッテは2日、所属する1、2軍の全選手、首脳陣、スタッフら166人に対して実施したPCR検査の結果、全員が「陰性」と判定されたと発表した。10月30日、31日… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

日本ハムは2日、12月6日に札幌ドームで開催する「ファンフェスティバル2020」のイベント概要を発表した。今年は「ハッピークリスマスバトル~真のサンタになるの… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、西武4-0日本ハム、22回戦、日本ハム14勝8敗、2日、メットライフ)西武は一回に栗山の2点適時打で先制し五回に木村のソロ、八回に代打愛斗の適時打で加点した。榎田が七回途中1安打無失点で今季初勝利を挙げ4投手で無失点リレー。日本ハムは3失策と守備が乱れ、打線も2安打で零敗を喫した。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、西武4-0日本ハム、22回戦、日本ハム14勝8敗、2日、メットライフ)日本ハムは打線が七回1死まで榎田に無安打に抑えられるなど見せ場なく完敗し、2年連続でクライマックスシリーズ(CS)進出を逃した。栗山監督は「悔しい。ひたすら申し訳ない」と肩を落とした。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、西武4-0日本ハム、22回戦、日本ハム14勝8敗、2日、メットライフ)西武の栗山が先制の2点適時打を放ち勝利を呼んだ。一回1死二、三塁で生田目の高めの速球を逆方向に打ち返して三遊間を破り「走者をかえすことだけに集中した。しっかりできて良かった」とうなずいた。

後で読む
デイリースポーツ

日本ボクシングコミッション(JBC)は2日、大阪市のインテックス大阪で3日に開催予定だった世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級タイトルマッチを、スーパー王者の京口紘人(26)=ワタナベ=の新型コロナウイルス感染により、中止すると発表した。 試合は新型コロナウイルス感染拡大後、国内では初めての外国選手を招いての世界戦で、京口は3度目の防衛を懸けて挑戦者のタノンサック・シムシー(20)=タイ=と対戦の予定だった。

後で読む
デイリースポーツ

WBA、IBF世界バンタム級統一王者の井上尚弥(27)=大橋=が2日、成田空港着の航空機で帰国し、新型コロナウイルス感染で世界戦が中止となったWBAライトフライ級スーパー王者の京口紘人(ワタナベ)を気遣った。2人は1993年生まれの同い年でプライベートでも親交が深い。盟友の胸中を慮った“モンスター”は「この状況では誰も責められない。また気持ちを切り替えて頑張ってもらいたい」といたわるように言葉を紡いだ。 井上は10月31日に米ラスベガスで行われた防衛戦で挑戦者ジェーソン・モロニー(オーストラリア)を7回KOで沈めた。KOに繋げた右ストレートを「100点満点」と振り返り、「隔離生活もあった中で自分のやれることを全て出せた。自分の中でも自信になった」とうなづいた。

後で読む
日刊スポーツ

横浜FCの下平隆宏監督(48)が2日、3日の大分戦(ニッパツ)へ向けてオンライン上で取材に応じた。チームは現在2連敗中。下平監督は10月を振り返って「軽い失点…

後で読む
日刊スポーツ

Jリーグは2日、YBCルヴァン杯のニューヒーロー賞を、C大阪のDF瀬古歩夢(20)が受賞したと発表した。C大阪からは初。この日の練習後、オンライン会見した瀬古…

後で読む
東京スポーツ

 全日本柔道連盟は2日、東京五輪代表男女13階級の補欠選手を発表した。 唯一代表が決まっていない男子66キロ級は、12月に丸山城志郎(27=ミキハウス)と阿部一二三(23=パーク24)が代表決定戦を行…

後で読む
東京スポーツ

 全日本柔道連盟の金野潤強化委員長(53)が、丸山城志郎(27=ミキハウス)と阿部一二三(23=パーク24)による男子66キロ級の東京五輪代表最終選考会について言及した。  当初は12月のグランドスラ…

後で読む
デイリースポーツ

全日本柔道連盟の金野潤強化委員長が2日、オンラインで取材に応じ、12月開催予定の男子66キロ級・東京五輪代表最終選考会の会場について、講道館(東京都文京区)を軸に検討していると明かした。同選考会は、19年世界王者の丸山城志郎(27)=ミキハウス=と17、18年世界王者の阿部一二三(23)=パーク24=による一騎打ちで行われる。 同階級は2人が拮抗(きっこう)しているため、全14階級の中で唯一五輪代表が決まっていない。選考会を兼ねるはずだった4月の全日本選抜体重別選手権がコロナ禍で延期となり、同じく12月のグランドスラム(GS)東京大会も中止。代替として、GS東京を開催予定だった12月11~13日のうちのいずれかの日程でワンマッチによる最終選考会を行うことになり、日程や会場などの最終調整に入っている。

後で読む
デイリースポーツ

全日本柔道連盟は2日、来夏の東京五輪代表の補欠選手を発表した。男子は73キロ級で17年世界王者の橋本壮市(パーク24)、100キロ超級で10年無敗だった五輪王者リネール(フランス)を今年2月に破った影浦心(日本中央競馬会)らが入り、女子は18年世界王者の朝比奈沙羅らが選ばれた。 メンバーは以下の通り。

後で読む
東京スポーツ

 2位・ロッテを追う3位・西武は2日の日本ハム戦(メットライフ)に4―0で勝利。貯金を「1」とし、残り6試合でCS出場圏内まで1ゲームとその差を縮めた。  攻撃陣は初回に栗山の2点タイムリー、5回に木…

後で読む
デイリースポーツ

「サーフィン・ジャパンオープン」(2日、千葉県一宮町釣ケ崎海岸) 来年5月の東京五輪最終予選を兼ねたワールドゲームズ(WG=世界選手権に相当、エルサルバドル)の出場権を懸け、東京五輪会場で無観客開催された。女子準々決勝では19年ワールドゲームズ(WG=世界選手権に相当)代表の前田マヒナ(22)が1組を11・30点でトップ通過。同組の脇田紗良(18)は2位で3日の準決勝に進んだ。東京五輪出場権を持つ松田詩野(18)は同組3位で敗者復活3回戦に回った。

後で読む
デイリースポーツ

全日本柔道連盟は2日、来年の東京五輪代表が既に決定した男女13階級の補欠選手を発表し、男子60キロ級代表の高藤直寿と最後まで競り合った永山竜樹、女子78キロ超級で2018年世界選手権優勝の朝比奈沙羅らが選ばれた。 他の階級は次の通り。

後で読む
東京スポーツ

空手の形男子で東京五輪代表に内定している喜友名諒(30=劉衛流龍鳳会)が世界の歴史に名を刻んだ。  2日に沖縄・豊見城市で練習を公開。その中で「ギネス世界記録」に認定されたことを明かした。喜友名は、…

後で読む
東京スポーツ

31日(日本時間1日)にラスベガスで行われたWBAスーパー&IBF世界バンタム級タイトルマッチで7ラウンドKO勝ちした統一王者の井上尚弥(27=大橋)が2日、成田空港に帰国した。  WBO同級1位の…

後で読む
スポーツニッポン

イングランド・プレミアリーグは、連覇を狙うリバプールが31日、ウェストハムに2―1と逆転勝ちして2連勝。勝ち点を16に伸ばし、首位に浮上した。ともに途中出場したMFシャキリのアシストからFWジョタが決勝ゴール。FW南野拓実はベンチで2試合ぶりに出番がなかった。

後で読む
日刊スポーツ

ハンドボール元日本代表の宮崎大輔(39)が2日、暴行容疑で愛知県警中署に逮捕されたことが分かった。名古屋市内のホテルで知人女性の髪を引っ張るなどしたとされる。…

後で読む
日刊スポーツ

プロバスケットボールBリーグ2部(B2)越谷は2日、過失運転致傷および道路交通法違反の容疑で任意捜査を受けたホール百音アレックス(21)との契約を解除したと発…

後で読む
日刊スポーツ

ハンドボール元日本代表の宮崎大輔(39)が2日、暴行容疑で愛知県警中署に逮捕されたことが分かった。名古屋市内のホテルで知人女性の髪を引っ張るなどしたとされる。…

後で読む
日刊スポーツ

全日本柔道連盟は2日、東京オリンピック(五輪)代表の補欠選手を発表した。男子66キロ級を除く男女13人。▼男子60キロ級永山竜樹(了徳寺大職)73キロ級橋本壮…

後で読む
日刊スポーツ

愛知県警中署は2日、名古屋市内のホテルで知人女性に暴力を振るったとして、暴行の疑いで、ハンドボール元日本代表の宮崎大輔容疑者(39)を逮捕した。容疑を否認して…

後で読む
サンケイスポーツ

イタリア人指揮官のアルベルト・マレザーニ氏が1日、ローマの公式サイトのインタビューに応じて監督業引退を示唆したほか、日本についても触れた。

後で読む
サンケイスポーツ

シュツットガルトの日本代表MF遠藤航への絶賛が止まらない。ドイツ誌『キッカー』ではシャルケ戦のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選ばれ、第6節ベストイレブンにも選出された。

後で読む
サンケイスポーツ

 10月31日に世界ボクシング協会(WBA)、国際ボクシング連盟(IBF)バンタム級統一王座防衛に成功した井上尚弥(大橋)が2日、米国から帰国して代表取材に応じ「自分のやれることを全て出せたと思える内容。自信になった」と振り返った。ジェーソン・モロニー(オーストラリア)を7回KOで退け、「聖地」ラスベガスでの初試合を会心の内容で飾った。

後で読む
東京スポーツ

サッカー日本代表の森保一監督(52)が今季限りでの引退を表明したJ1川崎の元日本代表MF中村憲剛(40)について語った。  中村は40歳の誕生日を迎えた10月31日に、ホームのFC東京戦(等々力)で…

後で読む
サンケイスポーツ

 プロ野球は2日、パ・リーグで1試合を実施。

後で読む
サンケイスポーツ

全日本柔道連盟は2日、来年の東京五輪代表が既に決定した男女13階級の補欠選手を発表し、男子60キロ級代表の高藤直寿(パーク24)と最後まで競り合った永山竜樹(了徳寺大職)、女子78キロ超級で2018年世界選手権優勝の朝比奈沙羅らが選ばれた。

後で読む
サンケイスポーツ

昨年行われたラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で活躍したSH田中(キヤノン)は2日、日本代表が来年6月に全英代表ライオンズと対戦することが決まったことを受け、代表入りに意欲を示した。「今まで一度もなかった経験が来年できるかもしれないということはうれしい」と語った。

後で読む
サンケイスポーツ

田沢純一投手(34)が2日、所属する埼玉武蔵ヒートベアーズの公式YouTubeチャンネルに登場。指名漏れとなった10月26日のドラフト会議後の心境を語った。

後で読む
日刊スポーツ

12球団の戦力外、退団、引退選手の一覧。随時更新。(※は育成選手)ソフトバンク内川聖一内野手(3… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

西武先発は榎田、日本ハム先発は生田目。西武は1回1死二、三塁から、栗山の左前適時打で2点を先制した。西武は5回、木村が8号ソロ本塁打を放ち3点リードとした。先… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

パ・リーグ3位の西武が、5位の日本ハムと対戦。西武は1回に栗山の左前適時打で2点を先制。5回には木村の本塁打で1点を追加。先発の榎田は7回途中まで1安打無失点… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

プロボクシングWBA、IBF世界バンタム級統一王者で、10月31日(日本時間1日)のタイトルマッチで防衛に成功した井上尚弥(27)=大橋=が2日、防衛戦が行われた米ネバダ州ラスベガスから成田空港着の日航機で帰国した。

後で読む
サンケイスポーツ

日本ハムは2日、バーヘイゲンとマルティネスが米国へ、ビヤヌエバはメキシコへの帰国の途に就いたと発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は2日、パ・リーグで1試合を実施。

後で読む
東京スポーツ

 1日競技の「UNDER-PARプロアマトーナメント」(千葉・浜野GC=パー72)が2日行われ、ミレニアム世代の吉田優利(20=エプソン)が68をマークし、4アンダーの2位に食い込んだ。  プロデビュ…

後で読む
デイリースポーツ

プロ野球の戦力外通告期間が2日からスタートした。例年は通告期間が2つに区切られているが、今年は新型コロナウイルスの影響による変則日程で、日本シリーズ終了翌日(移動を伴うチームは翌々日)まで通しで行われる。 先陣を切って行った巨人は田原誠次投手、藤岡貴裕投手ら支配下4選手、育成10選手に通達。ヤクルトは実績のある近藤一樹投手を筆頭に、山中浩史投手ら7選手に来季構想外であることを伝えた。7選手はすべて投手。今後、野手を含めてさらに増える可能性についてヤクルト・小川GMは「今の段階では言えない」と、語るにとどめた。

後で読む
デイリースポーツ

「西武4-0日本ハム」(2日、メットライフドーム) CS出場を目指す西武は、先発の榎田が七回途中までノーヒット投球と好投し、今季初勝利を挙げた。2位ロッテとのゲーム差は1に縮まった。

後で読む
デイリースポーツ

BCリーグの埼玉武蔵ヒートベアーズ所属の田沢純一投手(34)が2日、球団の公式YouTubeチャンネルに出演し、ドラフト会議で指名がかからなかった後の心境や、今後について語った。 NPB(日本野球機構)球団からの指名がなかったことを受け、「自分に力がなかったってことがすべてだと思う」とし、「それを真摯に受け止めて」、次に向かって進んでいくとした。

後で読む
デイリースポーツ

西武は一回に栗山の2点適時打で先制し五回に木村のソロ、八回に代打愛斗の適時打で加点した。榎田が七回途中1安打無失点で今季初勝利を挙げ4投手で無失点リレー。日本ハムは3失策と守備が乱れ、打線も2安打で零敗を喫した。

後で読む
東京スポーツ

西武・榎田大樹投手(34)のノーヒット投球が7回一死でストップした。  2日の日本ハム戦(メットライフ)に先発した榎田は7回一死まで打者19人に対して2四死球のみのノーヒット投球を続けていた。しかし…

後で読む
東京スポーツ

サッカー日本代表の森保一監督(52)が2日、オンライン取材に応じ、11月のオーストリア遠征(13日、パナマ戦 17日、メキシコ戦)を予定通り実施する方針を示した。  現在、欧州では新型コロナウイルス…

後で読む
東京スポーツ

サッカー日本代表の森保一監督(52)が2日、オンライン取材に応じ、奮闘する東京五輪世代を高評価した。  今季はリーグ戦が新型コロナウイルス感染拡大の影響で、約4か月間中断。過密日程での試合が続いてい…

後で読む
サンケイスポーツ

ロッテは2日、新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査を受けた選手、監督、コーチ、スタッフ、球団職員の166人全員が陰性と判定されたと発表した。検査は10月30、31日に実施した。球団では10月上旬に選手、コーチ、スタッフの計14人の陽性が確認される集団感染が起きていた。

後で読む
サンケイスポーツ

サーフィンの東京五輪最終予選を兼ねる来年のワールドゲームズ(WG=エルサルバドル)の代表選考会、ジャパンオープン第2日は2日、五輪会場となる千葉県一宮町の釣ケ崎海岸で行われ、女子はともに昨年のWGに出場した前田マヒナと脇田紗良、昨年の世界ジュニア18歳以下の部準優勝の野中美波、18年のWG代表の川合美乃里が4回戦に駒を進めた。

後で読む
サンケイスポーツ

巨人の原監督は2日、左脚内転筋の違和感のため出場選手登録を外れている亀井が日本シリーズ出場に向け、8日から宮崎県で開催される2軍の秋季教育リーグで調整すると明らかにした。

後で読む
日刊スポーツ

日本ハム2年目の生田目翼投手が今季初先発。1回、失策絡みで先制の2点を失うなど不運もあったが、右打者の内角を突くツーシームで中村を打ち取りピンチを脱するなど、… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

3日のヤクルト戦に先発する阪神青柳晃洋投手が、2年連続の規定投球回を目指す。甲子園室内練習場で投手指名練習に参加。今季の規定120回まで10回1/3に迫ってい… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

阪神ドラフト4位の立命大・栄枝(さかえだ)裕貴捕手(22)が2日、京都市内の同大学キャンパスで指名あいさつを受けた。   ◇   ◇   ◇<栄枝裕貴(さかえ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

阪神は2日、今季限りで現役を引退を表明している藤川球児投手(40)の応援キャンペーン開催を発表した。3日から開始される予定となっている。 チームショップアルプスならびにファンショップダグアウトにて4500円以上(税込)の買い物ごとに「藤川球児選手オリジナルキットカット」(非売品)が1個プレゼントされる。

後で読む
サンケイスポーツ

DeNAは2日、進藤が横浜市内の病院で右肘のクリーニング手術を受けたと発表した。今季は5試合に登板して防御率5・06だった。

後で読む
日刊スポーツ

MF中村憲剛(40)の今季限りでの引退発表から一夜明けた2日、川崎Fの鬼木監督とDF登里、MF脇坂がオンライン取材に応じた。会見の数時間前、中村がミーティング…

後で読む
日刊スポーツ

コンサドーレ札幌は3日、川崎F戦(等々力)に臨む。2日は大阪府内で前日練習を行った。前節から中2日での試合のため、10月31日アウェーG大阪戦(1-2)後は北…

後で読む
日刊スポーツ

Jリーグは2日、実行委員会後のブリーフィングで、7日のルヴァン杯決勝(国立競技場)で実施する感染予防のための調査の詳細を発表した。NTTグループや国立研究開発…

後で読む
日刊スポーツ

Jリーグは2日、ルヴァン杯決勝(7日、国立)を前にオンラインで会見し、新型コロナウイルスへの複数の感染対策を行うことを発表した。東京と柏が対戦する決勝は、用意…

後で読む
日刊スポーツ

日本代表の森保一監督(52)が2日にオンラインで取材に対応し、今月にオーストリアで行う日本代表活動について言及した。同国は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて…

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレスは2日、ジュニアの祭典「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア27」(15日、愛知県体育館で開幕)の出場10選手を発表した。  BOSJは当初、今年5月12日から6月6日までの開催が発表さ…

後で読む
東京スポーツ

 西武・榎田大樹投手(34)のノーヒット投球が7回一死でストップした。  2日の日本ハム戦(メットライフ)に先発した榎田は7回一死まで打者19人に対して2四死球のみのノーヒット投球を続けていた。しかし…

後で読む
デイリースポーツ

ラグビー・トップリーグのキヤノンが2日、2022年1月に開幕が予定されているラグビー新リーグより、横浜市をホストエリアとすることを発表した。横浜市庁舎で会見を行い、2019年W杯日本代表でキヤノンのSO田村優(31)、SH田中史朗(35)らが林文子市長とともに出席した。 田村は横浜での一番の思い出に昨年のW杯スコットランド戦(日産スタジアム)を挙げ、「横浜でプレーできることを楽しみにしている。W杯を超えるインパクトを与えられるように練習を頑張っています。応援よろしくお願いします」と意気込みを語った。

後で読む
デイリースポーツ

「西武-日本ハム」(2日、メットライフドーム) 西武の先発・榎田が六回終了の時点でノーヒット投球を続けていたが、七回1アウトから初安打を許した。

後で読む
デイリースポーツ

プロ野球の戦力外通告期間が2日からスタートした。例年は通告期間が2つに区切られているが、今年は新型コロナウイルスの影響による変則日程で、日本シリーズ終了翌日(移動を伴うチームは翌々日)まで通しで行われる。 先陣を切って行った巨人は田原誠次投手、藤岡貴裕投手ら支配下4選手、育成10選手に通達。ヤクルトは実績のある近藤一樹投手を筆頭に、山中浩史投手ら7選手に来季構想外であることを伝えた。7選手はすべて投手。今後、野手を含めてさらに増える可能性についてヤクルト・小川GMは「今の段階では言えない」と、語るにとどめた。

後で読む
スポーツニッポン

 日本ボクシングコミッション(JBC)は2日、大阪市内のホテルで会見し、3日に大阪市のインテックス大阪で開催予定のWBAライトフライ級スーパー王者の京口紘人(26=ワタナベ)と同級10位のタノンサック・シムシー(20=タイ)のタイトルマッチが中止になったと発表した。京口と50代男性のチーフセコンドがPCR検査で陽性判定を受けたため。京口の3度目の防衛戦でもあった今回の一戦は、新型コロナウイルスの…

後で読む
スポーツニッポン

J1清水の平岡宏章新監督が2日、現状打開に向けた決意を語った。1日にコーチからの昇格が発表されてから一夜、就任後初めてオンライン取材に対応した。

後で読む
日刊スポーツ

陸上の九電工は2日、青学大黄金時代の礎を築いた久保田和真(27)の引退を発表した。10月31日付け。今後は社業に専念するという。久保田は「4年半陸上競技部に在…

後で読む
日刊スポーツ

男子成年は佐藤幸椰(25=雪印メグミルク)が合計284・4点で初優勝した。1回目に139・5メートルでトップに立つと、2回目。自身の順番前に、1回目3位の伊東…

後で読む
サンケイスポーツ

巨人の原辰徳監督が2日、通算2000安打まで残り4本に迫っている坂本勇人内野手を3日の広島戦(マツダスタジアム)で先発出場させる意向を示した。広島に移動する羽田空港で明らかにした。

後で読む
サンケイスポーツ

J1G大阪のMF倉田秋(31)とFW宇佐美貴史(28)が2日、C大阪との3日の大阪ダービー(ヤンマー)に向けて意気込みを口にした。

後で読む
サンケイスポーツ

巨人から育成ドラフト9位で指名された筑波大・奈良木陸投手(22)が2日、茨城・つくば市のキャンパスで担当の内田強スカウトから指名あいさつを受けた。

後で読む
日刊スポーツ

巨人は2日、11年ドラフトで3球団が1位競合し、「大学ビッグ3」と称され藤岡貴裕投手(31)、プロ通算222試合に登板した田原誠次投手(31)ら支配下選手4人… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

NPBは2日、12球団代表者会議などを行い、今季のポスティングシステム(入札制度)の申請期間を変更すると明かした。通常から1週間ずれ込み、8日から12月12日… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

2年連続新人王じゃ! 広島ドラフト1位のトヨタ自動車・栗林良吏投手(24=名城大)が2日、愛知・豊田市内のトヨタスポーツセンターで、佐々岡真司監督(53)らの… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

ノルディックスキーのチャレンジカップ大倉山サマージャンプ大会は札幌市大倉山ジャンプ競技場(ヒルサイズ=HS137メートル)で行われ、男子は佐藤幸椰(雪印メグミルク)が139・5メートル、140・5メートルを飛んで合計284・4点で優勝した。伊東大貴(雪印メグミルク)が2位。小林陵侑(土屋ホーム)は9位、葛西紀明(土屋ホーム)は13位だった。

後で読む
サンケイスポーツ

知人女性への暴行容疑で愛知県警に逮捕されたハンドボール元日本代表の宮崎大輔容疑者(39)が「財布の奪い合いになり、もみ合いになったが、髪は引っ張っていない」と供述していることが2日、弁護人への取材で分かった。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカーのベルギー1部リーグで伊東純也が所属するゲンクは2日、トルップ監督の辞任を発表した。地元デンマークのコペンハーゲンの監督に就任するためという。

後で読む
スポーツニッポン

ラグビートップリーグのキヤノンイーグルスは2日、22年1月に開幕予定の新リーグから横浜市をホストエリアとすることを発表した。同年からニッパツ三ツ沢球技場や日産スタジアムで公式戦を開催するほか、同市内での普及活動も行っていく。この日、横浜市庁舎で開かれた会見に出席した主将の日本代表SO田村優(31)は「横浜市でプレーできることを楽しみにしています。W杯を超えるようなインパクトを与えられるように練…

後で読む
スポーツニッポン

女子3回戦が行われ、昨年のワールドゲームズ(WG、世界選手権に相当)日本代表の前田マヒナ(22)が、同じく代表だった脇田紗良(18)、東京五輪条件付き出場権を得ている松田詩野(18)を抑え、11・30点(7・17、4・13)で1位通過した。

後で読む
スポーツニッポン

男子3回戦が行われ、昨年のワールドゲームズ(WG、世界選手権に相当)代表の大原洋人(23)が2組を全体トップの13・80(8・17、5・63)で通過した。

後で読む
スポーツニッポン

日本全国でのラグビーの発展に向けた活動を推進する「ラグビーとの地域協創を推進する自治体連携協議会」(通称・自治体ワンチーム)が、W杯日本大会決勝から1周年の2日に令和2年度総会を開催した。

後で読む
東京スポーツ

 1日競技の非公式戦「UNDER―PARプロアマトーナメント」が2日、浜野GC(千葉)で行われ、7バーディー、1ボギーの66で回った原英莉花(21=日本通運)が6アンダーで優勝した。日本女子プロゴルフ…

後で読む
東京スポーツ

 日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)非会員を含む12人のプロが参加した「UNDER―PARプロアマトーナメント」(2日、千葉・浜野GC=パー72)で、三浦桃香(21)は76で回り、4オーバーの10位…

後で読む
東京スポーツ

 13日開幕の国内女子ツアー「伊藤園レディス」の主催者推薦選考会(マンデー)が2日、本選と同じグレートアイランドC(千葉)で行われ、6人の枠をアマチュアが独占した。  6アンダーのトップ通過は吉田鈴(…

後で読む
デイリースポーツ

プロ野球ソフトバンクの優勝パレード実行委員会は2日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、成績にかかわらずパレードを実施しないと発表した。チームは今季、3年ぶりのリーグ優勝を果たし、4年連続の日本一を狙う。 昨年日本一を達成した際のパレードでは、主催者発表で約25万人の観衆が沿道に詰めかけた。

後で読む
スポーツニッポン

Jリーグは2日に実行委員会を開催し、新型コロナウイルス感染症対応ガイドラインの改正を発表した。これまで、試合前の集合写真の撮影は「社会的距離」を保ちながら行われていたが、今月7日より通常の配列に戻す。ただし、掛け声や肩を組む行為は禁止とし、隣や前後の選手同士がぶつからないよう配慮する。

後で読む
東京スポーツ

メジャーリーグ・ツインズの前田健太投手(32)が2日、ツイッターで中日・吉見一起投手(36)の引退を惜しんだ。  前田は「ドラゴンズの吉見さんが引退ですね。若い時に何度も投げ負け当時はどうしたら吉見…

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンクの工藤公康監督(57)が2日、今季限りでチームを退団することになった内川聖一内野手(38)について思いを口にした。  今季は最後まで一軍起用なしに終わった。「当然、ケガを持ってる選手たち…

後で読む
東京スポーツ

J1横浜FCの下平隆宏監督(48)が2日、選手起用について言及した。  今季のJリーグは、新型コロナウイルスの影響で約4か月間中断。過密日程での戦いを強いられる中、指揮官は9月23日の川崎戦(等々力…

後で読む
サンケイスポーツ

日本ハンドボール協会は2日、元日本代表の宮崎大輔容疑者(39)が知人女性への暴行の疑いで愛知県警に逮捕されたことを受け、謝罪の声明を発表した。「スポーツ選手に限らず、暴力行為は決して許されるものではない。日本のハンドボール界をけん引してきた選手、後進の見本となるべき選手の暴力行為が仮に事実とすれば、極めて遺憾に思う」としている。

後で読む
サンケイスポーツ

陸上の九電工は2日、男子長距離の久保田和真が10月31日付で退部したと発表した。社業に専念する。久保田は熊本・九州学院高から青学大に進み、2015年から箱根駅伝の総合連覇に貢献した。

後で読む
サンケイスポーツ

新入幕の天空海は2日、茨城県つくばみらい市の立浪部屋で幕内の明生、豊昇龍と30番程度取った。6日に30歳を迎えるものの、報道陣の電話取材に「もう30歳ではなく、まだ30歳。ようやく幕内に来られた」と若々しかった。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球ソフトバンクの優勝パレード実行委員会は2日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、成績にかかわらずパレードを実施しないと発表した。チームは今季、3年ぶりのリーグ優勝を果たし、4年連続の日本一を狙う。

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンクは2日、内川聖一内野手(38)の退団を正式に発表した。3日からのロッテ3連戦を前にしたこの日、ZOZOマリンで投手練習を見守った工藤公康監督(57… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

来季の観客動員制限の完全解除に希望の光が見えてきた。日本野球機構(NPB)とJリーグは2日、新型コロナウイルス対策連絡会議を実施。専門家メンバーの愛知医科大・… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

パ・リーグ3位の西武が、5位の日本ハムと対戦。先発は西武が榎田、日本ハムは生田目。https://www.nikkans… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

巨人からドラフト5位指名された秋広優人投手(18)=二松学舎大付=が2日、東京都千代田区の同校で榑松スカウト部次長、野間口スカウトから指名あいさつを受けた。 身長200センチの超大型選手。「ジャイアンツの方と話して実感が湧いてきました」と指名をかみしめた。球界入りとなれば、西武の大窪士夢の198cmを抜いて日本人最長身。巨人は育成8位で200cm左腕の阿部剣友=札幌大谷=も指名しており、入団となれば球界最長身が巨人に2人誕生する。

後で読む
東京スポーツ

1日競技の非公式戦「UNDER―PARプロアマトーナメント」が2日、浜野GC(千葉)で行われ、7バーディー、1ボギーの66で回った原英莉花(21=日本通運)が6アンダーで優勝した。日本女子プロゴルフ…

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は2日、パ・リーグで1試合を実施。

後で読む
サンケイスポーツ

セ・パ両リーグは2日、3日の予告先発投手を発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

全日本大学駅伝(1日、名古屋市熱田神宮-三重県伊勢市伊勢神宮=8区間106・8キロ)ことしの箱根駅伝で総合優勝し、今大会も頂点を狙った青学大は後続と40秒ほどの差をつけトップで最終8区につないだが、アンカーでエースの吉田が区間11位と失速して4位だった。

後で読む
サンケイスポーツ

サンケイスポーツでは特別版「原巨人 連覇」(税込み1000円)を2日に発売しました。

後で読む
デイリースポーツ

日本ボクシングコミッション(JBC)は2日、大阪市のインテックス大阪で3日に開催予定だった世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級タイトルマッチを、スーパー王者の京口紘人(26)=ワタナベ=の新型コロナウイルス感染により、中止すると発表した。

後で読む
デイリースポーツ

日本ボクシングコミッション(JBC)は2日、大阪市のインテックス大阪で3日に開催予定だった世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級タイトルマッチを、スーパー王者の京口紘人(26)=ワタナベ=の新型コロナウイルス感染により、中止すると発表した。京口は3度目の防衛を懸けて挑戦者のタノンサック・シムシー(20)=タイ=と対戦の予定だった。 2日午前には大阪市内で調印式と前日計量が行われ、両選手とも1回でパスしたが、同日のPCR検査で京口と、セコンドを務めるワタナベジム関係者の50代男性が陽性反応を示した。現在、2人とも無症状という。

後で読む
デイリースポーツ

ボクシングWBA世界ライトフライ級スーパー王者の京口紘人(26)=ワタナベ=と50代のチーフセコンドが、新型コロナウイルス感染症のPCR検査で陽性判定を受け、3日にインテックス大阪で予定されていた挑戦者・同級10位タノンサック・シムシー(20)=タイ=との3度目の防衛戦が中止となったことが2日、発表された。ワタナベジムの渡辺会長は、タノンサックが日本国内に滞在できる期限である12月31日までに、年内に同じカードで開催する考えをしめした。 日本で開催される世界戦が前日に中止となるのは史上初。この事態に、ジム関係者も対応に追われた。陽性判定を受けた2人に症状はなく、渡辺会長は、今回の興行は中止ではあるが、年内の延期で開催できるよう進める考えを示した。

後で読む
日刊スポーツ

川崎フロンターレの鬼木達監督(46)が2日、オンライン取材に応じ、今季限りでの引退を発表したMF中村憲剛(40)についての思いを語った。前日の会見で中村は、5…

後で読む
日刊スポーツ

清水エスパルスが平岡新体制で残り9試合を戦い抜く。2日は静岡市内で練習。クラブOBでコーチから昇格した平岡宏章新監督(51)は、1日に解任されたピーター・クラ…

後で読む
スポーツニッポン

青学大陸上部の原晋監督(53)が2日、自身のツイッターを更新。1日に行われた全日本大学駅伝(名古屋市熱田神宮―三重県伊勢市伊勢神宮=8区間106・8キロ)での4位という結果を受け、箱根駅伝でのリベンジを誓った。

後で読む
東京スポーツ

 我慢の限界だったのか。ハンドボール元日本代表の宮崎大輔(39)が2日、知人女性に対する暴行の疑いで愛知県警に逮捕されたことが捜査関係者への取材でわかった。〝ハンドボール界のレジェンド〟の逮捕劇に驚き…

後で読む
東京スポーツ

 巨人は2日、支配下4選手、育成10選手と来季の契約を結ばないことを通知した。大塚球団副代表は血の入れ替えを早くから予告。ドラフト会議では支配下7選手、育成12選手と計19選手を指名していた。  選手…

後で読む
デイリースポーツ

バスケットボールのB2越谷は2日、所属選手であるホール百音アレックス(21)が過失運転致傷および道路交通法違反の容疑で任意捜査されたと発表した。酒気帯び運転、報告義務違反、救護義務違反の容疑がかかっているという。 クラブによると、同選手は30日に都内で友人とパーティーに参加し、そこで飲酒。翌31日朝方に車で帰宅する際、車と車の間に入りこみ接触した模様だが、そのまま帰宅したという。同日朝10時に車をみて気付き、出頭した。事故の状況としては計5台を巻き込む接触事故で、軽症者1名。本人に怪我はないという。

後で読む
デイリースポーツ

ノルディックスキーのチャレンジカップ大倉山サマージャンプ大会は札幌市大倉山ジャンプ競技場(ヒルサイズ=HS137メートル)で行われ、男子は佐藤幸椰(雪印メグミルク)が139・5メートル、140・5メートルを飛んで合計284・4点で優勝した。伊東大貴(雪印メグミルク)が2位。小林陵侑(土屋ホーム)は9位、葛西紀明(土屋ホーム)は13位だった。 女子は伊藤有希(土屋ホーム)が132・5メートル、128メートルの242・7点で制した。丸山希(明大)が2位、高梨沙羅(クラレ)は3位だった。

後で読む
デイリースポーツ

サーフィンの東京五輪最終予選を兼ねる来年のワールドゲームズ(WG=エルサルバドル)の代表選考会、ジャパンオープン第2日は2日、五輪会場となる千葉県一宮町の釣ケ崎海岸で行われ、男子は昨年のWG代表の大原洋人や2017年世界ジュニア選手権16歳以下の部優勝の安室丈らが4回戦に進出した。 女子はともに昨年のWGに出場した前田マヒナと脇田紗良、昨年の世界ジュニア18歳以下の部準優勝の野中美波、18年のWG代表の川合美乃里が4回戦に駒を進めた。

後で読む
デイリースポーツ

東京五輪の空手・形男子の金メダル候補、喜友名諒(劉衛流龍鳳会)が2日、沖縄県豊見城市内で、新型コロナウイルスの感染拡大後初めて報道陣に稽古を公開した。力強い演武を披露し「状態は万全。いつ試合をしてもいいように毎日稽古している」と語った。 昨年2月に母が57歳で亡くなったことを明かし「母も五輪の金メダルを強く願っていた。約束をしっかり果たしたい」と決意を新たにした。

後で読む
デイリースポーツ

サッカー日本代表の森保一監督が2日、オンラインの取材に応じ、オーストリアのグラーツで行う国際親善試合のパナマ戦(13日)メキシコ戦(17日)の予定に変更がないと明らかにした。欧州は新型コロナウイルスの感染が再拡大し、オーストリアは3日から月末まで飲食店の営業制限などの都市封鎖を行う方針。 欧州でスタッフが情報収集中だが「現時点で予定を変更しないといけないような連絡はない。状況が変わったときに対応したい」と話した。欧州組の招集に制限はない。

後で読む
東京スポーツ

WBA世界ライトフライ級スーパー王者の京口紘人(26=ワタナベ)は2日、3度目の防衛戦(3日、インテックス大阪)に向けて大阪市内で調印式と前日計量に臨み、制限体重より100グラム軽い48・8キロでパ…

後で読む
東京スポーツ

立ち技打撃格闘技「RISE」大阪大会の一夜明け会見が2日、大阪市内で行われ〝ミスターRISE〟こと裕樹(37)の引退試合の相手を務めた〝キック界の神童〟こと那須川天心(22)が出席した。  2R2分…

後で読む
東京スポーツ

日本ボクシングコミッション(JBC)は2日、明日3日にインテックス大阪で行われる予定だったWBA世界ライトフライ級スーパー王者の京口紘人(26=ワタナベ)が同級10位のタノンサック・シムシー(20=…

後で読む
東京スポーツ

日本ボクシングコミッション(JBC)とワタナベジムは2日、明日3日にインテックス大阪で行われる予定だったWBA世界ライトフライ級スーパー王者の京口紘人(26=ワタナベ)が同級10位のタノンサック・シ…

後で読む
デイリースポーツ

中日の与田剛監督が2日、ドラフト1位指名した愛知・中京大中京高の高橋宏斗投手に指名あいさつをするため名古屋市の同校を訪れた。球団は10月もスカウトがあいさつしたが、監督が会うのは初めて。「圧倒されるというか、いい雰囲気を持っていた」と大物になる予感を抱いていた。 監督がほれ込んだのは最速154キロの速球に加え、直球と同じ腕の振りで投げてストライクを取れる変化球。「中日、球界のエース、それくらいの力がある選手なので実現させたい」と期待した。

後で読む
デイリースポーツ

オリックスに3位で指名された来田涼斗外野手(18)=明石商=が2日、兵庫県明石市の同校で牧田編成副部長、下山スカウト、乾担当スカウトから指名あいさつを受けた。 約15分のあいさつでは、牧田編成副部長から「1年目から開幕1軍を狙うんだという気持ちを忘れないでほしい」と伝えられたといい、「開幕1軍は本当に難しいことですが、今からさらに高いレベルを目指してやっていきたい」と胸を躍らせた。

後で読む
デイリースポーツ

日本ハムは2日、ニック・マルティネス投手とドリュー・バーヘイゲン投手が米国へ、クリスチャン・ビヤヌエバ内野手がメキシコへそれぞれ帰国するため、同日に離日すると発表した。 2年目のマルティネスは17試合に登板して2勝7敗1セーブ、防御率4・62。

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクは2日、優勝祝賀パレードの実施を中止すると発表した。 「福岡ソフトバンクホークス 優勝祝賀パレードに関するお知らせ」として報告。「新型コロナウイルス感染拡大防止の観点からパレードの開催に伴う関係者、ボランティア、沿道の観衆への感染リスクやパレード運営に伴う準備上の課題等を検討しました結果、優勝パレードの実施を見送ることを決定いたしました」と説明した。

後で読む
スポーツニッポン

あす3日にセレッソとの「大阪ダービー」を控えるG大阪の宮本恒靖監督(43)が2日、オンライン取材に応じた。現在10試合負けなしの2位で、一方のC大阪は勝ち点3差の4位。上位同士の一戦となる中、すでに札幌戦(10月31日)から“仕掛け”をしていたことを明かした。

後で読む
日刊スポーツ

冬季オリンピック(五輪)男子2連覇のフィギュアスケーター羽生結弦(25=ANA)の「2021年 年賀状コレクション」が販売される。ウェブサイトでは本日2日の午…

後で読む
日刊スポーツ

ハンドボール男子元日本代表の宮崎大輔容疑者(39)が知人女性への暴行容疑で逮捕された報道を受け、ハンドボール協会は2日、「皆様にご迷惑、ご心配をおかけしており…

後で読む
日刊スポーツ

B1新潟アルビレックスBBは2日、PFリチャード・ヘンドリックス(33)の契約を解除したと発表した。同日に自由交渉選手リストに公示された。ヘンドリックスは今季…

後で読む
日刊スポーツ

昨年のワールドゲームズ(WG)日本代表に選ばれた前田マヒナ、脇田紗良、松田詩野の3人が、3回戦で激突。同組に入る好カードとなったが、1、2回戦で女子選手の中で…

後で読む
サンケイスポーツ

Jリーグは2日、YBCルヴァン・カップのニューヒーロー賞にC大阪の瀬古歩夢(20)を選出した。同賞は21歳以下の選手が対象。1次リーグ3試合で計1失点の堅守を支えた瀬古は、準々決勝を含め大会4試合に出場。リーグ戦でも主力に定着し、カップ戦を通じた成長も評価された。

後で読む
サンケイスポーツ

広島は2日、水本勝己2軍監督(52)が辞任すると発表した。「みやざきフェニックス・リーグ」は東出輝裕2軍打撃コーチが監督を代行する。

後で読む
サンケイスポーツ

ノルディックスキーのチャレンジカップ大倉山サマージャンプ大会は札幌市大倉山ジャンプ競技場(ヒルサイズ=HS137メートル)で行われ、男子は佐藤幸椰(雪印メグミルク)が139・5メートル、140・5メートルを飛んで合計284・4点で優勝した。伊東大貴(雪印メグミルク)が2位。小林陵侑(土屋ホーム)は9位、葛西紀明(土屋ホーム)は13位だった。

後で読む
日刊スポーツ

ヤクルトは2日、田川賢吾投手(26)と来季の契約を結ばないことを発表した。都内の球団事務所で通告した。今後については「どんな話をいただけるか分からないですけど… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンク工藤公康監督(57)が2日、退団が正式に発表された内川聖一内野手(38)について、心の内を明かした。3日からのロッテ戦を前にして、ZOZOマリンの… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 ボクシングWBA世界ライトフライ級スーパー王者の京口紘人(26)=ワタナベ=と50代のチーフセコンドが、新型コロナウイルス感染症のPCR検査で陽性判定を受け、3日にインテックス大阪で予定されていた挑戦者・同級10位タノンサック・シムシー(20)=タイ=との3度目の防衛戦が中止となったことが2日、発表された。日本で世界戦が前日に中止となるのは史上初。2人に症状はないという。 この日、大阪市内で両陣営が調印を済ませ、前日計量(上限48・9キロ)で京口48・8キロ、タノンサック・シムシーが48・7キロでともに1回目でパスしていた。

後で読む
サンケイスポーツ

【出場選手登録】 ▽西武 榎田大樹投手 ▽日本ハム 生田目翼投手、田宮裕涼捕手 【同抹消】 ▽西武 中塚駿太投手 ▽ソフトバンク 笠谷俊介投手 ▽日本ハム 有原航平投手、鶴岡慎也捕手 ▽オリックス ディクソン投手、ヒギンス投手、西野真弘内野手、山足達也内野手、小田裕也外野手、松井佑介外野手

後で読む
サンケイスポーツ

巨人は2日、藤岡貴裕投手(31)、田原誠次投手(31)、村上海斗外野手(25)、加藤脩平外野手(21)の4選手に、来季の契約を結ばないことを通告したと発表した。

後で読む
スポーツニッポン

日本ハンドボール協会と日本ハンドボールリーグ機構は2日、元日本代表の宮崎大輔容疑者(39)が名古屋市内のホテルで知人女性への暴行容疑で逮捕されたことを受け、連名で声明を発表した。

後で読む
スポーツニッポン

男子バスケットボールのBリーグ2部(B2)の越谷は2日、所属選手のホール百音アレックス(21)が過失運転致傷および道路交通法違反容疑(酒気帯び運転・報告義務違反・救護義務違反)で任意捜査を受けたことを発表した。クラブは同選手を契約解除処分とした。

後で読む
東京スポーツ

〝IQレスラー〟桜庭和志(51)とミノワマン(44)による〝大ケガ必至の再戦〟が決まった。  2人は12月27日、シネマート新宿で開催されるドキュメンタリー映画「アイアン・シーク」の上映後に行われる〝…

後で読む
東京スポーツ

 大相撲11月場所を控えた2日、幕内明生(25=立浪)が茨城・つくばみらい市の部屋で稽古を行った。  この日は部屋の関取衆との申し合いに参加して調整した。本番へ向けて「先場所(幕内に)戻ってきて、2桁…

後で読む
デイリースポーツ

J1川崎の鬼木監督は2日、ベテラン中村の引退発表から一夜明けてオンラインで取材に応じ「動揺がないと言ったらうそになるが、結束につながるのも間違いない。憲剛(中村)と一緒に複数タイトルを取り、フロンターレの歴史に刻んでいければ」と思いを語った。2年ぶりのJ1制覇は目前で、天皇杯全日本選手権との2冠を目指す。 10月23日に引退の意向を伝えられた後、撤回を促したが「彼の決意は固かった。納得するしかなかった」という。残るシーズンへ「彼と戦えるのはあと2カ月。吸収できるところを吸収し、しっかりこの先もやっていけるクラブになればいい」と前向きに話した。

後で読む
デイリースポーツ

ヤクルトは2日、近藤一樹投手、山中浩史投手、風張蓮投手、山田大樹投手、平井諒投手、田川賢吾投手、育成のジュリアス投手に戦力外通告を行った。投手力が課題のチームだが、来季構想から外した7選手はすべて投手となった。 小川GMは近藤、山中について「総合的な判断でそういう風に決断をしたということ。本人たちは現役(続行)ということはいっていた」と説明。今後、さらに増える可能性については「そこは申し訳ないけど、まだというか、今の段階では何とも言えない」とした。

後で読む
デイリースポーツ

巨人は2日、都内で田原誠次投手ら支配下4選手、育成10選手に来季の契約を結ばないことを通達したと発表した。 田原は11年ドラフト7位で入団したサイド右腕。今季は2軍で35試合に登板して1勝1敗、防御率7・06だった。主に中継ぎとして通算222試合登板の実績があるが、今季はプロ9年目で初めて1軍登板がなかった。

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクは2日、現役最多の通算2171安打を誇る内川聖一内野手(38)と来季の契約を結ばないと発表した。プロ20年目の今季、1軍への昇格が一度もなかった内川はポストシーズンも含め、残りの試合には出場しない。他球団での現役続行を希望しており、ヤクルトが獲得を検討している。 オンラインで会見した三笠杉彦ゼネラルマネジャーは「本人が他球団でチャレンジしたいと選んだ。尊重したい」と経緯を説明した。

後で読む
デイリースポーツ

四国ILp・徳島インディゴソックスは2日、飯泉嘉門徳島県知事を表敬訪問し、今季のリーグ優勝を報告した。 今季の四国ILpは、新型コロナウイルスの影響で開幕が延期され、開幕後も当初は無観客で開催された。飯泉知事は「コロナの影響をもろに受けたのではないか」と、選手、スタッフをねぎらった。南啓介球団社長は「県民の皆様がインディゴソックスに誇りを持ってくださっている、と感じた1年だった」と、厳しい状況下での応援、支援に感謝の言葉を述べた。

後で読む
デイリースポーツ

広島からドラフト1位指名されたトヨタ自動車の栗林良吏投手が2日、愛知県豊田市で佐々岡監督らから指名あいさつを受け「1年目からしっかりいい印象を残せるよう頑張りたい」と意気込んだ。社会人時代に変化球の精度を磨いた本格派。大学日本代表に選ばれた縁で親交のある広島の森下を、強く意識しているという。 同じドラフト1位で今季既に2桁勝利を挙げた新人の好投手について「映像をずっと見ている。同じくらい活躍したい」と高い目標を掲げた。

後で読む
東京スポーツ

今年のドラフト会議で広島から1位で指名された栗林良吏投手(24=トヨタ自動車)が2日、愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで佐々岡真司監督(53)から指名あいさつを受けた。  面談の場で指揮官からド…

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンクは2日、内川聖一内野手(38)と来季の選手契約を結ばないことを発表。三笠GMがZOOMで対応した。  内川とは話し合いを重ねていたとのことで「来季について他球団でプレーしたいという本人の…

後で読む
サンケイスポーツ

 3日に予定されていたプロボクシングのWBA世界ライトフライ級タイトルマッチ(インテックス大阪)が中止になることが2日、決まった。関係者によると、この日午前中、PCR検査を行ったところ、午後になって3度目の防衛に臨むスーパー王者の京口紘人(26)=ワタナベ=と陣営の50代のチーフセコンドの新型コロナウイルス感染が判明した。症状はないという。

後で読む
サンケイスポーツ

ヤクルト・風張蓮投手(27)が2日、東京・北青山の球団事務所で来季の契約を結ばないことを通告された。

後で読む
サンケイスポーツ

ヤクルト・平井諒投手(29)が2日、東京・北青山の球団事務所で来季の契約を結ばないことを通告された。今後については現役続行を希望している。

後で読む
サンケイスポーツ

ヤクルト・田川賢吾投手(26)が2日、東京・北青山の球団事務所で来季の契約を結ばないことを通告された。今後については現役続行を希望し、トライアウトも受験する予定。

後で読む
サンケイスポーツ

J1川崎の鬼木監督は2日、ベテラン中村の引退発表から一夜明けてオンラインで取材に応じ「動揺がないと言ったらうそになるが、結束につながるのも間違いない。憲剛(中村)と一緒に複数タイトルを取り、フロンターレの歴史に刻んでいければ」と思いを語った。2年ぶりのJ1制覇は目前で、天皇杯全日本選手権との2冠を目指す。

後で読む
日刊スポーツ

ヤクルトが2日、近藤一樹投手(37)を自由契約選手として発表した。コンディション不良は抱えておらず、本人は残りシーズンに向けての練習を続けている。現役続行を希… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ヤクルトが2日、近藤一樹投手(37)を自由契約選手として発表した。◆近藤一樹(こんどう・かずき)1983年(昭58)7月8日、神奈川県生まれ。日大三3年時に春… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ヤクルトは2日、山中浩史投手(35)山田大樹投手(32)平井諒投手(29)風張蓮投手(27)田川賢吾投手(26)ジュリアス投手(23)に対し、来季の契約を結ば… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

大相撲11月場所を控えた2日、大関貴景勝(24=千賀ノ浦)が東京・台東区の部屋で稽古を行った。6日後に迫った本番に向けて「とにかく優勝したいという気持ちだけです」と意気込んだ。  貴景勝はボクシング…

後で読む
東京スポーツ

大相撲11月場所を控えた2日、新関脇隆の勝25=千賀ノ浦)が東京・台東区の部屋で稽古を行った。この日は十両貴源治(23)を相手に相撲を15番取って調整した。目標にする大関へのスタートラインに立った隆…

後で読む
東京スポーツ

知人女性に対する暴行の疑いで2日に逮捕されたハンドボール元日本代表の宮崎大輔(39=日体大)について、日本ハンドボール協会が声明を発表した。 「皆様にご迷惑、ご心配をおかけしておりますことに、深くお…

後で読む
サンケイスポーツ

ソフトバンクが2日、内川聖一内野手(38)との来季の契約を結ばないと発表した。三笠杉彦GM(46)がオンラインで会見した。主な一問一答は以下の通り。

後で読む
サンケイスポーツ

阪神電鉄は2日、甲子園歴史館で導入している「VR(バーチャルリアリティー)映像」の第6弾が3日から登場すると発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

阪神電鉄は2日、甲子園歴史館の10周年記念イベントとして、22日に阪神OBの桧山進次郎氏が一日館長を務めると発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

ヤクルトは2日、近藤一樹(37)、山田大樹(32)、田川賢吾(26)、風張蓮(27)、平井諒(29)、山中浩史(35)、育成のジュリアス(23)の計7投手に来季の契約を結ばないことを通達したと発表した。

後で読む
日刊スポーツ

J1リーグ戦の大阪ダービーは3日、95年5月の初対戦から数え、通算40度目の対戦を迎える。その節目にふさわしいのが、両軍の現在のチーム状態だ。本拠地ヤンマース…

後で読む
日刊スポーツ

J1は11月3日に8試合を行う。各カードのoptaファクトは以下の通り。※ファクト内の数字はJ1での成績ベガルタ仙台 – 柏レイソル・仙台…

後で読む
東京スポーツ

 東京女子プロレスのエース・山下実優(25)が、年間最大興行に向けて燃えている。  初進出となる7日の東京ドームシティホール(TDC)大会ではアジャ・コング(50)と組み、伊藤麻希(25)、Saree…

後で読む
東京スポーツ

 大相撲11月場所を控えた2日、幕内豊昇龍(21=立浪)が2日、茨城・つくばみらい市の部屋で稽古を行った。この日は関取衆の申し合いに参加して調整。本番を前に「(新入幕の)先場所は本当に勉強と思って相撲…

後で読む
東京スポーツ

 大相撲11月場所を控えた2日、新入幕天空海(あくあ、29=立浪)が2日、茨城・つくばみらい市の部屋で稽古を行った。この日は部屋の関取衆らと相撲を30番取って精力的に汗を流した。初土俵から10年をかけ…

後で読む
東京スポーツ

 トヨタ自動車は2日、フィギュアスケート女子で2018年グランプリ(GP)ファイナルを制した紀平梨花(18)が1日付で嘱託社員として入社したと発表した。通信制の「N高東京」としてきた所属先も「トヨタ自…

後で読む
デイリースポーツ

ハンドボール元日本代表の宮崎大輔(39)が名古屋市内のホテルで知人女性に暴力を振るったとし、愛知県警に逮捕されたと報道されたことを受け、日本ハンドボール協会は2日、リリースで声明を発表し「皆様にご迷惑、ご心配をおかけしておりますことに、深くおわび申し上げます」と謝罪した。 日本協会は事実関係を確認中だというが、「スポーツ選手に限らず、暴力行為は決して許されるものではありません。ましてや、長年、日本のハンドボール界をけん引してきた選手、後進の見本となるべき選手の暴力行為が仮に事実とすれば、極めて遺憾に思います」とした。

後で読む
デイリースポーツ

トヨタ自動車は2日、フィギュアスケート女子で2018年グランプリ(GP)ファイナル覇者の紀平梨花(18)が1日付で嘱託社員として入社したと発表した。通信制の「N高東京」としてきた所属先も「トヨタ自動車」に変更となった。 2022年北京冬季五輪でメダル候補として期待される紀平は、同社を通じ「このたび仲間として受け入れていただけるトヨタ自動車に感謝しつつ、人としても成長できるよう精いっぱい頑張ります」とコメントした。

後で読む
東京スポーツ

【広瀬真徳 球界こぼれ話】先週行われたプロ野球のドラフト会議。今年は新型コロナウイルス感染防止の観点からオンラインによる指名、抽選や無観客による開催など異例ずくめだった。もっとも、興味深かったのはシス…

後で読む
デイリースポーツ

【ニューヨーク共同】米プロフットボールNFL第8週第2日は1日、各地で行われ、スティーラーズはレーベンズに28-24で勝ち、開幕7連勝を飾った。QBロスリスバーガーが2TDパスを決めた。レーベンズは5勝2敗。 昨季王者のチーフスはジェッツを35-9で下して7勝目(1敗)を挙げた。

後で読む
デイリースポーツ

サッカーJ1川崎の鬼木達監督が2日、オンラインでの取材に応じて、前日に今季限りでの現役引退を発表したMF中村憲剛への思いを語った。 中村が加入した2003年から鬼木監督が引退するまでの06年までは同じチームメートとして。その後はコーチングスタッフ、監督として共に川崎フロンターレのために尽くしてきた2人だ。日常会話の中から、キャリアの終え方を考えている様子も感じていたというが、10月23日に話をして引退の意志を伝えられた際には「ビックリしたのが一番の思いだった」という。

後で読む
デイリースポーツ

「大相撲11月場所」(8日初日、両国国技館) 新関脇の隆の勝(25)=千賀ノ浦=が2日、都内の部屋で十両貴源治と稽古し、15番取って11勝4敗と上々だった。稽古後、電話取材に応じ、「状態はいいです。調子いいです。このまま続けて、あまり疲れ残さないようにできれば、いいのかなと思います」と、手応え十分に語った。

後で読む
デイリースポーツ

Jリーグは2日、YBCルヴァン・カップのニューヒーロー賞にC大阪の瀬古歩夢(20)を選出した。同賞は21歳以下の選手が対象。1次リーグ3試合で計1失点の堅守を支えた瀬古は、準々決勝を含め大会4試合に出場。リーグ戦でも主力に定着し、カップ戦を通じた成長も評価された。 オンライン上の記者会見で瀬古は「(FWなど)前の選手に賞がいくのが必然と思っていたので、DFの自分が取れたのは非常に自信になった。守ることを第一に、大事なときには点も決められる選手になりたい」とさらなる飛躍を誓った。

後で読む
デイリースポーツ

巨人は2日、デラロサ投手と鍵谷陽平投手の出場選手登録を抹消した。 デラロサは守護神として、鍵谷も貴重な中継ぎとしてフル回転。リーグ2連覇に大きく貢献していた。

後で読む
デイリースポーツ

ヤクルトは2日、近藤一樹投手、山中浩史投手、風張蓮投手ら7選手に来季の契約を結ばないことを通達した。 近藤は近鉄、オリックス、ヤクルトでプレーし、通算347試合に登板。18年には74試合に登板するなど、5シーズンでヤクルトのブルペンを支えた。

後で読む
東京スポーツ

10月30日に巨人のリーグ優勝が確定し、若手に出場機会を与えるための措置とみられる。プロ17年目の糸井は今季、右ヒザのコンディション不良が響き、7月は月間打率1割台、8月は同打率2割と深刻な打撃不振…

後で読む
サンケイスポーツ

 愛知県警中署は2日、名古屋市内のホテルで知人女性に暴力を振るったとして、暴行の疑いで、ハンドボール元日本代表の宮崎大輔容疑者(39)を逮捕した。容疑を否認しているという。捜査関係者への取材で分かった。

後で読む
サンケイスポーツ

サーフィンの東京五輪最終予選を兼ねる来年のワールドゲームズ(WG=エルサルバドル)の代表選考会、ジャパンオープン第2日は2日、五輪会場となる千葉県一宮町の釣ケ崎海岸で行われ、男子は昨年のWG代表の大原洋人や2017年世界ジュニア選手権16歳以下の部優勝の安室丈らが4回戦に進出した。

後で読む
サンケイスポーツ

阪神・糸井嘉男外野手(39)が2日、出場選手登録を抹消された。

後で読む
サンケイスポーツ

Jリーグは2日、YBCルヴァン・カップのニューヒーロー賞にC大阪の瀬古歩夢(20)を選出した。同賞は21歳以下の選手が対象。1次リーグ3試合で計1失点の堅守を支えた瀬古は、準々決勝を含め大会4試合に出場。リーグ戦でも主力に定着し、カップ戦を通じた成長も評価された。

後で読む
日刊スポーツ

11月2日のプロ野球の出場選手登録と抹消は以下の通り。【セ・リーグ】<登録>なし<抹消>巨人 デラロサ投手巨人 鍵谷陽平投手DeNA 阪口皓亮投手阪神 糸井嘉… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

阪神電鉄は2日、甲子園球場内にある甲子園歴史館の10周年記念イベントとして、阪神OBの桧山進次郎氏(51=日刊スポーツ評論家)を1日館長に任命することを発表し… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

阪神糸井嘉男外野手(39)が2日、出場選手登録を抹消された。今季は出場機会がないための処置で、体のケアに専念する見込み。今季は86試合に出場して打率2割6分8… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 米大リーグ、ヤンキースは1日(日本時間2日)、今季終了後にフリーエージェント(FA)になった自軍選手を対象にした1年1890万ドル(約20億円)のクオリファイング・オファー(QO)をDJ・ラメーヒュー内野手(32)に提示したと発表した。今季で7年1億5500万ドル(約163億円)の契約を満了し、FAになった田中将大投手(32)には提示しなかった。 QOの制度は、今季年俸上位125選手の平均額を規定額とし、球団からの提示を拒否したFA選手を獲得した他球団は翌年のドラフト上位指名権を元所属球団に譲渡するというもの。無償でFA選手の不公平な流出を防ぐために12年から導入された。この日が球団から選手への提示期限で、選手は11日(同12日)までに諾否を決定する。

後で読む
サンケイスポーツ

17位に低迷するJ1清水で、契約解除されたクラモフスキー監督に代わって就任した平岡宏章新監督が2日、オンラインで取材対応し「すごく光栄で責任を感じている。もう一度強い時代のエスパルスに戻したい。とにかく戦う集団をつくっていく」と抱負を語った。

後で読む
サンケイスポーツ

ソフトバンクは2日、現役最多の通算2171安打を誇る内川聖一内野手(38)と来季の契約を結ばないと発表した。プロ20年目の今季、1軍への昇格が一度もなかった内川はポストシーズンも含め、残りの試合には出場しない。他球団での現役続行を希望している。

後で読む
サンケイスポーツ

ソフトバンクは2日、内川聖一内野手(38)と来季の選手契約を締結しないと発表した。三笠杉彦GM(46)がオンライン取材に対応し、説明した。

後で読む
スポーツニッポン

空手の東京五輪男子形代表の喜友名諒(30=劉衛流龍鳳会)が2日、ギネスワールドレコーズから「Most gold medals won in the Karate 1 Premier League The most gold(空手1プレミアリーグ最多ゴールドメダル)」として世界ギネス記録に認定され、沖縄県豊見城市の沖縄空手会館で公式認定証を受け取った。

後で読む
デイリースポーツ

17位に低迷するJ1清水で、契約解除されたクラモフスキー監督に代わって就任した平岡宏章新監督が2日、オンラインで取材対応し「すごく光栄で責任を感じている。もう一度強い時代のエスパルスに戻したい。とにかく戦う集団をつくっていく」と抱負を語った。 1日にコーチからの昇格が発表され「寝耳に水というか(要請は)突然で、二つ返事とはいかなかった」という。それでも生まれ育った地元のクラブで選手、指導者としても多くの時間を過ごし「力になれるのであれば」と決断。「守備を整理し、攻撃では最後の落ち着きのところで質を上げたい」と、残り9試合での奮闘を誓った。

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクは2日、内川聖一内野手の退団を正式発表した。11月末の契約期間満了を以て契約終了となる。 球団リリースで「福岡ソフトバンクホークスは、内川聖一選手との来季選手契約を締結しないこととなりましたのでお知らせします」とした。

後で読む
サンケイスポーツ

マンチェスターUのオーレ・グンナー・スールシャール監督は、今季ホームで2度目の敗戦について説明に苦慮しているようだ。

後で読む
サンケイスポーツ

マンチェスターUOBロイ・キーン氏は、古巣の選手たちを痛烈に批判した。

後で読む
サンケイスポーツ

ビリャレアルMF久保建英は、4試合連続で先発出場するかもしれない。スペイン紙『マルカ』が予想している。

後で読む
サンケイスポーツ

年末年始と言えば、全国のパチンコホールにとって大切なかきいれ時だが、コロナショックを経た今年の年末年始は例年のそれとはひと味違うだろう。

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンクから5位指名を受けた履正社・田上奏大投手(17)が1日、大阪府豊中市内の同校で、永井編成育成本部本部長兼育成部部長らから指名あいさつを受けた。高校… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

楽天からドラフト3位指名を受けたENEOS・藤井聖投手(24)が2日、川崎市内の同社野球部合宿所で後関スカウト部長、担当の部坂スカウトから指名あいさつを受けた… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンクは2日、内川聖一内野手(38)と来季契約を結ばないことを発表した。三笠杉彦取締役GMがオンラインで会見し「シーズン後半になって、本人とは定期的に話… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

衝撃のニュースが飛び込んできた。ハンドボール元日本代表の宮崎大輔(39=日体大)が2日、知人女性に対する暴行の疑いで、逮捕されたことが分かった。  長年日本代表として活躍してきた宮崎は、昨季限りで大…

後で読む
東京スポーツ

ハンドボール元日本代表の宮崎大輔(39)が2日、知人女性に対する暴行の疑いで愛知県警に逮捕された。  宮崎容疑者は日本リーグ(大崎電気)で新人王、最優秀選手賞(MVP)など数々のタイトルを獲得。スペ…

後で読む
東京スポーツ

フィギュアスケートのアイスダンス、高橋大輔(34=関大KFSC)と村元哉中(27=関大KFSC)が2日、今季の新プログラムを公式ホームページで発表した。  曲目はリズムダンスが「The Mask」(…

後で読む
東京スポーツ

大相撲11月場所を控えた2日、大関貴景勝(24=千賀ノ浦)が東京・台東区の部屋で稽古を行った。6日後に迫った本番に向けて「とにかく優勝したいという気持ちだけです」と意気込んだ。  貴景勝はボクシング…

後で読む
サンケイスポーツ

ロッテから育成ドラフト2位で指名された茨城アストロプラネッツの小沼健太投手(22)が2日、茨城・土浦市内の球団事務所で永野吉成プロ・アマスカウト部長、榎康弘チーフスカウト、中川隆治担当スカウトから指名あいさつを受けた。

後で読む
サンケイスポーツ

楽天からドラフト3位指名されたENEOSの藤井聖(まさる)投手(24)が2日、神奈川・川崎市のENEOS野球部合宿所で部坂スカウトらから指名あいさつを受けた。

後で読む
デイリースポーツ

「ボクシング・WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ」(3日、インテックス大阪) 前日計量(上限48・9キロ)が2日、大阪市内で行われ、3度目の防衛戦となる王者の京口紘人(26)=ワタナベ=は48・8キロ、挑戦者の同級10位タノンサック・シムシー(20)=タイ=は48・7キロでともに1回目でパスした。

後で読む
デイリースポーツ

1日にフジテレビが放送したボクシング「井上尚弥ラスベガス防衛戦」の視聴率が10・6%だったことが2日、分かった。前4週平均の5・9%から4・7ポイントアップとなった。 試合は井上の右ストレートが決まり、7回2分59秒でKO勝利。新型コロナウイルスの影響で無観客試合となり、フジはライブ中継ではなかったが、ボクシングの聖地・ラスベガスでの井上の米本格デビュー戦は注目度が高かった。

後で読む
日刊スポーツ

鹿島アントラーズMF土居聖真(28)が2日、3日の横浜F・マリノス戦に向けオンライン取材に応じ、上位戦線に食らいつく覚悟を示した。現在、2位ガンバ大阪と勝ち点…

後で読む
日刊スポーツ

来年9月に開幕する日本初の女子プロサッカーリーグ「WEリーグ」の岡島喜久子チェアが2日、同リーグに参入が決まった浦和レッズレディース、大宮アルディージャ、ちふ…

後で読む
日刊スポーツ

Jリーグは2日、今季のYBCルヴァン杯のニューヒーロー賞を、セレッソ大阪のDF瀬古歩夢(20)が受賞したと発表した。C大阪からは初受賞。瀬古はこの日、大阪市内…

後で読む
日刊スポーツ

直近10戦不敗(9勝1分け)と、首位独走の川崎Fにも負けない強さを誇り、J1で現在2位のガンバ大阪は3日、アウェーで4位セレッソ大阪と激突。大阪ダービーに臨む…

後で読む
スポーツニッポン

NFLは1日に第8週2日目12試合を行い、AFC北地区で首位を走るスティーラーズは敵地ボルティモア(メリーランド州)で同2位のレイブンズに28―24(前半7―17)で競り勝ち、スーパーボウルを制した1978年シーズン以来、42年ぶりの開幕7連勝。リーグ唯一の“不敗”を堅持した。

後で読む
スポーツニッポン

トヨタ自動車は2日、フィギュアスケート女子の紀平梨花(18)が1日付で入社したことを発表した。

後で読む
デイリースポーツ

Jリーグは2日、YBCルヴァン・カップのニューヒーロー賞にC大阪のDF瀬古歩夢(20)を選出したと発表した。C大阪から初の受賞となる。瀬古は1次リーグ3試合と準々決勝の計4試合に出場。候補選手の中でも最長となる270分間プレーした。同賞は当該シーズンの12月31日に満21歳以下の選手が対象で、賞金50万円、クリスタルオーナメント、ヤマザキビスケット社製品1年分が贈られる。 瀬古は「たいへん光栄な賞をいただき、うれしく思っている。賞を取れたのはチームのおかげ。この賞を機にもっと活躍できる選手になっていきたい。正直びっくりした。(受賞を)聞いた瞬間は素直にうれしかった」と喜びを口にした。

後で読む
デイリースポーツ

フィギュアスケート女子の紀平梨花が、11月1日付けでトヨタ自動車に入社したことが2日、分かった。同社が発表した。 紀平は「今シーズンからトヨタ自動車にお世話になることが決まり、大変嬉しく思います。現在、スイスを拠点に練習しており、フィギュアスケートは海外の試合も多いため、世界各国に広がるトヨタファミリーの方々に応援いただけることはとても心強く、皆様とコミュニケーションが図れることをとても楽しみにしています。

後で読む
デイリースポーツ

複数の英メディアは1日、サッカー元イングランド代表で1966年ワールドカップ(W杯)優勝に貢献し、マンチェスター・ユナイテッドでも活躍したボビー・チャールトン氏(83)が認知症を患っていると報じた。マンチェスターUは「悲しみに包まれている」と声明を出した。 ともにW杯を制し、7月に死去した兄のジャック・チャールトン氏も認知症を患っていた。(共同)

後で読む
東京スポーツ

≪試合前スパーで見せた進化≫衝撃の新兵器だ。WBAスーパー&IBF世界バンタム級タイトルマッチ(31日=日本時間1日、ネバダ州ラスベガス)は、約1年ぶりの試合となった統一王者の井上尚弥(27=大橋)が…

後で読む
東京スポーツ

WBAスーパー&IBF世界バンタム級タイトルマッチ(31日=日本時間1日、ネバダ州ラスベガス)は、約1年ぶりの試合となった統一王者の井上尚弥(27=大橋)が挑戦者のWBO同級1位ジェイソン・モロニー…

後で読む
スポーツニッポン

Jリーグは2日、ルヴァン杯(旧ナビスコ杯)のニューヒーロー賞をC大阪のDF瀬古歩夢(20)が受賞したことを発表した。今年12月31日時点で満21歳以下の選手に与えられる賞で、C大阪は8強で敗れたものの、チームの最終ラインを支えた20歳のDFが選出された。

後で読む
日刊スポーツ

東海大静岡翔洋が静岡聖光学院を14-7で破り、3年ぶり11度目の優勝を飾った。敗れた静岡聖光学院・佐々木陽平監督(43)は、ラストチャンスへ気持ちを切り替えた…

後で読む
日刊スポーツ

東海大静岡翔洋が静岡聖光学院を14-7で破り、3年ぶり11度目の優勝を飾った。終盤の決勝トライで3連覇を狙った王者を撃破。トップリーグ・ヤマハ発動機の元選手で…

後で読む
日刊スポーツ

愛知県警中署は2日、名古屋市内のホテルで知人女性に暴力を振るったとして、暴行の疑いで、ハンドボール元日本代表の宮崎大輔容疑者(39)を逮捕した。容疑を否認して…

後で読む
日刊スポーツ

ハンドボール元日本代表の宮崎大輔(39)が名古屋市内のホテルで知人女性に暴力を振るったとし、逮捕されていたことが2日、分かった。愛知県警中署への取材で明らかに…

後で読む
日刊スポーツ

トヨタ自動車は2日、フィギュアスケート女子の紀平梨花(18)が2020年11月1日付で入社したと発表した。これまでの所属はN高東京だった。入社に当たり、紀平は…

後で読む
サンケイスポーツ

複数の英メディアは1日、サッカー元イングランド代表で1966年ワールドカップ(W杯)優勝に貢献し、マンチェスター・ユナイテッドでも活躍したボビー・チャールトン氏(83)が認知症を患っていると報じた。マンチェスターUは「悲しみに包まれている」と声明を出した。

後で読む
東京スポーツ

4日ヤクルト戦に先発予定の阪神・藤浪晋太郎投手(26)が先発復帰2戦目への意気込みを語った。2日、甲子園球場室内での投手練習に参加。ブルペン入りしたほか、50メートル程度のダッシュなどを複数本こなし…

後で読む
東京スポーツ

英「BBC」(1日付)は、元イングランド代表FWで1966年W杯優勝メンバーのボビー・チャールトン氏(83)が認知症と診断されたと報じた。  現役時代にマンチェスター・ユナイテッドで活躍し、3度のリ…

後で読む
東京スポーツ

Jリーグは2日、ルヴァンカップのニューヒーロー賞にC大阪のDF瀬古歩夢(20)が選出されたと発表した。1次リーグ3試合とプライムステージ1試合の計4試合で1失点とチームの堅守に貢献。同賞の投票をもと…

後で読む
サンケイスポーツ

【ニューヨーク1日(日本時間2日)】米大リーグは1日(同2日午前)にフリーエージェント(FA)になった選手と旧所属球団との独占交渉が期限を迎え、正式に交渉解禁となった。

後で読む
サンケイスポーツ

Jリーグは2日、ルヴァン杯のニューヒーロー賞がC大阪のDF瀬古歩夢(20)に決定したと発表した。

後で読む
日刊スポーツ

レッドソックスで指名打者を務めるJ・D・マルティネスが、オプトアウト(契約破棄)の権利を行使せず、来季も同球団でプレーする見込みとなった。MLB公式サイトが情… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

パドレスは1日、ミッチ・モアランド内野手(35)との300万ドル(約3億3000万円)の契約延長オプションを破棄した。これにより、同選手は契約解除金50万ドル… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

MLB公式サイトが、新シーズンに向けた現時点でのフリーエージェント(FA)選手トップ25を発表。ヤンキースからFAとなった田中将大投手(32)の名前も挙げられ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

阪神先発陣が2日、甲子園室内練習場で投手指名練習を行った。青柳、藤浪、西勇、秋山、ガンケルの5投手が参加した。3日ヤクルト戦(甲子園)に先発予定の青柳は、キャ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ロッテから育成ドラフト2位指名を受けたBCリーグ茨城の小沼健太投手(22)が2日、茨城・土浦市内の球団事務所で永野プロ・アマスカウト部長らから指名あいさつを受… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

阪神は2日、今季限りで現役を引退する藤川球児投手(40)の応援キャンペーンを3日から開催すると発表した。甲子園に隣接するチームショップアルプス、ファンショップ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「練習試合、近大6-2大阪産業大」(1日、生駒総合グラウンド) 阪神からドラフト1位指名された佐藤輝明内野手(21)が1日、奈良・生駒市の近大グラウンドで行われた練習試合・大産大戦に「3番・三塁」で指名後初実戦に臨み、“虎初アーチ”を放った。七回に推定130メートルの決勝ソロを右中間にたたき込むと、両校申し合わせで行われた延長十回のタイブレークでは、中越えへサヨナラ3ラン。聖地で規格外のパワーを見られる日が待ち遠しい。

後で読む
デイリースポーツ

阪神からドラフト4位指名を受けた栄枝裕貴捕手(22)=立命大=が2日、京都市内の同大で畑山統括スカウト、熊野スカウトから指名あいさつを受けた。 指名あいさつを終え、取材に応じると「(ドラフト会議で)名前を呼ばれたときは『おっ』とはなりましたけど、まだあまり実感は沸かなかったです。球団の方とお話をさせていただいて、すごく自分も一歩じゃないですけど、実感が湧きました」とプロ野球選手になることは、夢ではなく現実なんだと受け止めた。

後で読む
サンケイスポーツ

阪神からドラフト4位指名された栄枝裕貴捕手(22)=立命大=が2日、京都市内の同校で指名あいさつを受けた。

後で読む
サンケイスポーツ

【ニューヨーク1日(日本時間2日)】大リーグのFA(フリーエージェント)マーケットが1日(同2日)正式に交渉解禁になったことを受け、NYポスト紙(電子版)が「FAトップ30ランキング」を発表。ヤンキースとの独占交渉期間を終えFAとなった田中将大投手(32)は14位、またポスティングシステムを利用して大リーグに挑戦する可能性がある巨人の菅野智之投手(31)が21位にランクインした。

後で読む
スポーツニッポン

フィギュアスケートアイスダンスの村元哉中、高橋大輔組(関大KFSC)の今季使用プログラム曲が2日、2人の公式サイトで発表された。

後で読む
スポーツニッポン

愛知県警中署は2日、名古屋市内のホテルで知人女性に暴力を振るったとして、暴行の疑いで、ハンドボール元日本代表の宮崎大輔容疑者(39)を逮捕した。容疑を否認しているという。捜査関係者への取材で分かった。

後で読む
デイリースポーツ

オリックス・山崎福也投手が3日・楽天戦(京セラドーム大阪)に向けて大阪市此花区の球団施設で調整した。 先発は10月14日・ソフトバンク戦以来となる。

後で読む
デイリースポーツ

プロ野球西武が松坂大輔投手(40)と来季も契約を結ぶ方針であることが2日、分かった。14年ぶりに古巣に復帰した今季は7月に頸椎の手術を受けて1軍登板がないが、球団は体の状態さえ整えば戦力になり得ると判断した。 松坂は開幕前に首の痛みと手のしびれを訴え、原因となっていた頸椎の手術に踏み切った。リハビリに励んでいるが、実戦で登板できる状態には戻っていない。以前から投げられる限り現役を続けたい意向を示していた。

後で読む
東京スポーツ

西武・松坂大輔投手(40)の来季再契約の方針が固まった。  球団を離れ、親会社である西武ホールディングス案件となっていた松坂の契約延長問題だが、最終的には後藤高志オーナー(71)がこれを了承する形で…

後で読む
サンケイスポーツ

 欧州で再び爆発している新型コロナウイルスの感染拡大が、ラグビーにも影響を及ぼしている。

後で読む
サンケイスポーツ

 1軍の舞台にも立ち、大きな経験を積んだドラフト2位新人、井上広大外野手(19)が、10月29日のウエスタン・中日戦(鳴尾浜)で岡田から9号ソロを放った。

後で読む
日刊スポーツ

日本野球機構(NPB)とJリーグの第19回「新型コロナウイルス対策連絡会議」(Web会議システムにて実施)が2日、行われた。Web会議システムで行われた会議後… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

DeNAは、12月6日に横浜スタジアムで「横浜DeNAベイスターズ ファンフェスティバル2020」を開催することを発表した。あわせて無料・有料の複数チャンネル… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 女子ゴルフの渋野日向子(21)=サントリー=が苦戦している。英国・米国遠征から帰国後の復帰第1戦、樋口久子・三菱電機レディースは2日間通算5オーバー65位で予選落ち。国内開幕戦のアース・モンダミンカップも予選を通過できなかったので、今季国内では予選通過なし。三菱電機で予選落ちした直後の言葉から悩みの深さが伝わってくる。 三菱電機2日目の内容はメジャー優勝者とは思えないものだった。2バーディー、3ボギー、2ダブルボギーの5オーバー77。不調の原因はアプローチ、パットのショートゲームの精度が低く、チャンスを拾えず、ピンチをしのげなかったことだ。

後で読む
東京スポーツ

ハンドボール元日本代表の宮崎大輔(39)が2日、知人女性に対する暴行の疑いで愛知県警に逮捕された。  宮崎容疑者は日本リーグ(大崎電気)で新人王、最優秀選手賞(MVP)など数々のタイトルを獲得。スペ…

後で読む
サンケイスポーツ

ファンフェスティバル2020」を開催することを2日、発表した。改修工事も終わった“新生”のハマスタでは4年ぶりの開催となる。

後で読む
サンケイスポーツ

阪神・藤浪晋太郎投手(26)が2日、甲子園に隣接する室内練習場での投手指名練習に参加。4日に先発予定のヤクルト戦(甲子園)に向けてブルペン投球、ランニングなどで調整した。

後で読む
日刊スポーツ

日大山形が米沢中央に2-0で競り勝ち、15年以来5年ぶり14度目の優勝を果たした。0-0の延長前半8分、DF鈴木哲平(3年)が先制ゴールを奪うと、延長後半3分…

後で読む
日刊スポーツ

常盤木学園(宮城)は3年連続の優勝を逃したが、尚志(福島)を3-0で下し、23大会連続23度目の本大会に3位で滑り込んだ。前日31日の準決勝では2-2からのP…

後で読む
日刊スポーツ

前年度全国優勝の静岡学園が好スタートを切った。静岡北に5-1で快勝。FW冨永日向(ひゅうが、3年)が、公式戦自身初のハットトリックを達成した。3日に準々決勝4…

後で読む
日刊スポーツ

浜松開誠館は5-0で浜松東を退け、順当にベスト8へ進んだ。3日に準々決勝4試合が行われる。エースが鮮やかなFKを決めた。浜松開誠館は1-0の後半7分、FW熊取…

後で読む
日刊スポーツ

11位のヴィッセル神戸は3日、17位の清水エスパルス戦(アイスタ)に臨む。今回がアウェー4連戦の2戦目。清水は1日にクラモフスキー監督が契約解除となり、平岡コ…

後で読む
東京スポーツ

 パラバドミントン女子WH1の里見紗李奈(22=NTT都市開発)が金メダルを目指して奮闘中だ。  国際パラリンピック委員会(IPC)の公式サイト内で、パラリンピックへの思いを告白。「パラバドミントンは…

後で読む
東京スポーツ

 テニスの男子世界ランキング(2日付)が発表され、錦織圭(30=日清食品)は三つ下がって40位だった。  錦織は10月19日開幕のヨーロピアン・オープン(ベルギー・アントワープ)のシングルス、ダブルス…

後で読む
デイリースポーツ

NBA屈指のパワーフォワードとして活躍し、オールスターに6回出場したショーン・ケンプ氏(50)が現役時代の大麻吸引を告白した、と1日(日本時間2日)、米ゴシップサイトTMZが伝えた。 ケンプ氏は89年ドラフトでシアトルを本拠地としたスーパーソニックス(現サンダー)から1巡目全体17位で指名された。その強靭な肉体でゲームを支配したことから「レインマン(ReignMan)」の異名をもち、03年までソニックスやキャバリアーズなど、4チームでプレー。通算1051試合、1試合平均14・6点、8・4リバウンドン成績を残し、オールスターにも6度選出された。

後で読む
デイリースポーツ

東京五輪とパラリンピックの聖火リレーで使うトーチの東京都内での巡回展示が2日、始まった。初日は都庁第1本庁舎2階の大会PRコーナーで公開。来年7月3日まで約8カ月をかけて島しょ部を含む都内の全62市区町村を回り、大会開催に向けたムードを盛り上げる。 展示されるのは五輪とパラ大会のトーチ1本ずつ。都庁では昨年7月~8月にも披露された。前回と異なり、手に持って写真撮影などはできないが、ケースに入ったトーチを間近に眺めることができる。本番では、ランナー1人に1本ずつトーチが用意される。

後で読む
デイリースポーツ

1日にテレビ朝日系で放送された「秩父宮賜杯第52回全日本大学駅伝」の世帯平均視聴率が12・0%だったことが2日、分かった。前4週平均4・0%から3倍増の8ポイントアップとなった。 試合はまれに見る大混戦となり、最後は駒大が5時間11分8秒の大会新記録で東海大を振り切り、6年ぶり13度目の優勝を飾った。(ビデオリサーチ日報調べ、関東地区)

後で読む
デイリースポーツ

フィギュアスケートで、今季アイスダンスデビューする村元哉中(27)高橋大輔(34)=ともに関大KFSC=組のプログラムが2日、発表された。2人がそれぞれ、公式ホームページで掲載した。 リズムダンスは「The Mask」で、マリーナ・ズエワ氏らの振り付け。フリーダンスはズエワ氏とマッシモ・スカリ氏の振り付けで「La Bayadere」となった。

後で読む
デイリースポーツ

柔道で実業団女子の強豪で知られる三井住友海上は2日、女子70キロ級で2004年アテネ、08年北京と五輪を2連覇した上野雅恵氏(41)が12月1日付で新監督に就任すると発表した。柳沢久監督(73)はチームに残って指導を続ける。 北海道出身の上野氏は旭川南高から三井住友海上に進み、攻守に隙のない柔道で01、03年の世界選手権でも2連覇。09年3月の現役引退後は所属先での指導と同時に、16年リオデジャネイロ五輪では日本女子のコーチを務めていた。

後で読む
スポーツニッポン

来年9月に開幕する日本初の女子プロサッカーリーグ「WEリーグ」の岡島喜久子チェアが2日、浦和、大宮、ちふれASエルフィンのホームタウンである埼玉県に大野元裕知事を表敬訪問した。初年度参入11クラブのうち3クラブが選ばれた埼玉県に、岡島チェアは「埼玉ダービーを開幕戦の1つとして考えている。3チーム三つどもえでファンの獲得競争をさせたい」と期待を込めた。

後で読む
スポーツニッポン

Jリーグは2日、NPB(日本野球機構)との新型コロナウイルス対策連絡会議を実施した。7日にはFC東京―柏のルヴァン杯決勝が国立競技場で行われ、既に収容50%にあたる2万5000人弱の入場券は完売。今季のJリーグ公式戦では最多の入場数となる見通しとなった。

後で読む
デイリースポーツ

 米男子ゴルフのバミューダ選手権は1日、英領バミューダ、サウサンプトンのポートロイヤルGC(パー71)で最終ラウンドが行われ、64で回った48歳のブライアン・ゲイ(米国)が通算15アンダー、269で並んだウィンダム・クラーク(米国)とのプレーオフを制し、2013年以来となるツアー通算5勝目を挙げた。賞金72万ドル(約7500万円)を獲得。 日本選手は出場していない。(共同)

後で読む
日刊スポーツ

長岡商が中越との接戦をものにし3-1で勝利し、3年連続9回目の優勝。エース水落彩花(2年)が故障を背負いながらもアタッカーとしてチームに勢いをつけた。全国大会…

後で読む
日刊スポーツ

東京学館新潟が佐渡に3-0で勝ち、2年ぶり13回目の優勝を果たした。昨年と同じカードになった決勝でリベンジし、“王座”を奪回した。昨年決勝を唯一、先発メンバー…

後で読む
日刊スポーツ

男子は羽黒が米沢中央に103-91で勝利し、3年連続4度目の全国切符を手にした。期待の2年生・佐藤空が8本の3点シュートを含む33得点を奪い、3連覇に貢献した…

後で読む
日刊スポーツ

女子は山形中央が山形商に76-65で勝利。島村きらら主将(3年)が30得点を挙げる活躍で、チームを2連覇に導いた。前半だけで18得点を挙げた島村を止めるため、…

後で読む
日刊スポーツ

愛知県警は2日、知人女性に対する暴行の疑いで、ハンドボール元日本代表の宮崎大輔容疑者(39)を逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。(共同)

後で読む
サンケイスポーツ

バルセロナのリオネル・メッシが退場になるべきだったと元レフェリーのホアン・アンドゥハル・オリヴェル氏が主張した。

後で読む
東京スポーツ

西武・平尾博司二軍打撃コーチ(44)の不祥事退団が波紋を広げている。  球団は1日、契約違反のため同コーチとの契約を10月31日付けで解除したことを発表した。理由は所属選手2名の私物を搾取した事実が…

後で読む
サンケイスポーツ

 関東大学ラグビー対抗戦(1日、東京・秩父宮ラグビー場ほか)4試合が行われ、昨季の大学覇者・早大はかつてのV9王者・帝京大から7トライを奪い、45-29で破って唯一の4戦全勝とした。

後で読む
サンケイスポーツ

プロボクシングのWBA世界ライトフライ級タイトルマッチ(3日、インテックス大阪)の調印式と前日計量、記者会見が2日、試合会場近くのホテルで行われ、スーパー王者の京口紘人(26)=ワタナベ=が「完勝するのが一番のテーマ。相手の良い場面を作らせず、自分のパンチを当て結果的にKOにつなげたい」と3度目の防衛に自信をのぞかせた。

後で読む
日刊スポーツ

2シーズン連続でケガに見舞われているヤンキースのジャンカルロ・スタントン指名打者(30)は、残り7年総額2億1800万ドル(約239億8000万円)の契約で来… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

日本野球機構(NPB)とJリーグの第19回「新型コロナウイルス対策連絡会議」(Web会議システムにて実施)が2日、行われた。Web会議システムで行われた会議後… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ヤクルトは2日、井野卓捕手(36)が、今季限りで現役を引退すると発表した。「プロ野球生活15年、東京ヤクルトスワローズには6年間お世話になり、かけがえのない時… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

阪神は2日、甲子園に隣接する室内練習場で投手練習を行った。 3日からのヤクルト3連戦(甲子園)は青柳、藤浪、西勇の3投手が先発する見込み。藤浪は約1か月半ぶりに先発した10月28日・中日戦(甲子園)から中6日で4日に先発予定。藤浪は「久しぶりに先発の調整しましたけど、感じでできているので、ゲームで出せるようにできればいいかなと思います」と意気込んだ。

後で読む
サンケイスポーツ

スペイン第三の都市を代表するクラブ、バレンシアが喘いでいる。1日のラ・リーガ第8節ヘタフェ戦を2-2で終えて、今季成績は2勝2分け4敗に。第8節時点で獲得した勝ち点はわずか8と、今世紀ワーストを記録した。

後で読む
東京スポーツ

https://www.tokyo-sports.co.jp/prores/2363079/

後で読む
スポーツニッポン

柔道の女子実業団強豪の三井住友海上は2日、12月1日付けで04年アテネ五輪、08年北京五輪の女子70キロ級を2連覇した上野雅恵氏(41=現コーチ)が新監督に就任すると発表した。1989年の創部から31年間の長きに渡って監督を務め、数々の五輪メダリストを育成してきた柳沢久氏(73)は退任し、上野新監督のサポートに回る。

後で読む
東京スポーツ

 7日の新日本プロレス・エディオンアリーナ大阪大会でIWGPヘビー級&インターコンチネンタル(IC)2冠王座に挑戦するEVILが、王者の内藤哲也(38)に不穏予告だ。3度目となる両雄の2冠戦には批判的…

後で読む
並び替え可能( Cookieで保存)。
よく使用する競技を下に(片手で届く場所に)並び替えて使用してください。
追加したい競技があればコメントください。