「2020年11月5日」の記事一覧

サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神8-7ヤクルト、24回戦、阪神13勝10敗1分、5日、甲子園)パワーヒッターで鳴らすヤクルトの村上が足で41年ぶりの偉業を達成した。右前打で出塁した二回、二盗、三盗に続いて本盗も鮮やかに決め、1イニング3盗塁。史上17人目のプロ野球記録に「足に自信はないが、遅くもない。ああいう形で点が取れてすごくうれしい」と声を弾ませた。

後で読む
サンケイスポーツ

日本ボクシング連盟が助成金不正流用などを理由に2019年に日本スポーツ協会から受けた「勧告」の処分が解除されることが5日、分かった。同連盟の仲間達也専務理事が明らかにした。

後で読む
日刊スポーツ

阪神梅野隆太郎捕手(29)が今季最大の6点差大逆転勝ちを完結させ、2年連続のAクラスを決めた。「今日は全員で勝ち取った勝利です」。気温10度前後まで冷え込んだ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

中継ぎに再転向した阪神ガンケル投手が、好救援で来日2勝目を手にした。同点の5回に3番手で登板。あっさり3者凡退に仕留め、直後の梅野の決勝ソロを呼んだ。「1球1… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

阪神藤川球児投手は登板機会がなかったが、試合後に一塁と右翼スタンド側へ近づき、ファンに手を振りあいさつした。4日には自身のツイッターに「僕が、試合に入るのは今… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神8-7ヤクルト」(5日、甲子園) 阪神のジョー・ガンケル投手が、好救援で2勝目を手にした。

後で読む
サンケイスポーツ

関西学生サッカー連盟は5日、関大の選手に新型コロナウイルス感染者が出たとして、関西学生リーグの8日の関学大-関大戦、15日の関大-京産大戦をそれぞれ延期すると発表した。関大はトップチームのみ12日まで活動を停止するという。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神8-7ヤクルト、24回戦、阪神13勝10敗1分、5日、甲子園)プロ初勝利を目指したヤクルトの3年目、金久保は四回途中に降板を告げられた。二回までに7点の大量援護をもらっても落ち着けない。7-2の四回は7番木浪から4連打を食らってKOとなり「テンポ良く投げることができなかった。ピンチで粘れず、早い回で降板してしまい申し訳ない」と肩を落とした。

後で読む
サンケイスポーツ

ヤクルトの村上宗隆内野手が5日、甲子園球場で行われた阪神24回戦の二回に1イニング3盗塁をマークし、プロ野球記録に並んだ。1979年に島田誠(日本ハム)が記録して以来17人目。セ・リーグでは51年の与那嶺要(巨人)、53年の土屋伍郎(国鉄)に次いで3人目となった。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、広島5x-4巨人、24回戦、巨人12勝9敗3分、5日、マツダ)広島が今季2度目のサヨナラ勝ちで昨年7月以来の7連勝を飾った。佐々岡真司監督(53)の一問一答は以下のとおり。

後で読む
東京スポーツ

 関東学生陸上競技連盟(関東学連)は5日、第97回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)を例年通り来年1月2、3日に開催すると発表した。  毎年2日間で沿道に100万人以上が集まると言われているが、今…

後で読む
東京スポーツ

 阪神は6日のヤクルト戦(神宮)に8―7で逆転勝利。今季のAクラス入りを確定させた。  先発のエース・西勇が2回途中を7失点でKOされるまさかの展開だったが、最大6点のビハインドをひっくり返す劇的な試…

後で読む
デイリースポーツ

巨人から育成ドラフト6位で指名された坂本勇人捕手=唐津商=が5日、佐賀県唐津市の同校で武田康チーフスカウトの指名あいさつを受け、学業での得意科目を明かした。 名前は不動の遊撃手と同姓同名で「別に嫌とかいうことはないです。覚えてもらいやすいので、得しています」と名前はお気に入りの唐津の坂本勇人。商業高校で簿記は1級を取得している。

後で読む
デイリースポーツ

「広島5-4巨人」(5日、マツダスタジアム) 巨人の原辰徳監督が、坂本勇人内野手の本拠地・東京ドームでの通算2000安打達成を願った。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神8-7ヤクルト」(5日、甲子園球場) ヤクルトが最大6点差あったゲームを悪夢の逆転負け。先発の金久保が四回につかまったが、試合後の高津監督は「それもまた勉強。来年に生かしてくれたらいい」とエールを送った。

後で読む
東京スポーツ

巨人・松原聖弥外野手が連夜の〝お手柄〟だ。5日の広島戦(マツダ)で右翼から本塁への好返球で、絶体絶命の危機を〝一時的〟に救った。  日増しに背番号59の存在感が増している。最大の見せ場は、4―4のま…

後で読む
東京スポーツ

広島が劇的なサヨナラ勝ちで7連勝を決めた。延長10回に巨人・田口を攻めて一死一、二塁から4番・西川の右前打で二塁走者の曽根がホームに突入。右翼手・松原からのレーザービームでタイミングは微妙だったもの…

後で読む
東京スポーツ

本拠地で決めるのか。巨人・坂本勇人内野手が5日の広島戦(マツダ)で、通算1998安打目となる18号2ランを放ち、2000安打まで残り2本となった。  チームは延長10回に4―5でサヨナラ負けを喫した…

後で読む
東京スポーツ

巨人が、5日に行われた広島との今季最終戦(マツダ)に延長10回、4―5で敗れた。  連日、気温15度を下回るなかでのゲーム、しかも連敗とあって原辰徳監督(62)のコメントも渋め。中でも表情を曇らせた…

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、広島5x-4巨人、24回戦、巨人12勝9敗3分、5日、マツダ)巨人の岡本が1打点を挙げ、リーグトップを走る打点を91に伸ばした。2-2の七回2死一塁で右中間へ打ち上げた打球を中堅手が捕球できず、幸運な適時二塁打となり「(外野の間に)落ちてくれて良かった」と振り返った。

後で読む
サンケイスポーツ

中日の武田は8年ぶりのAクラス入りをかけた重要な一戦に「7番・左翼」で先発出場し、二回1死一、二塁から平良の変化球を捉えて左前に先制打を放った。勝利につながる1点となり「いい結果が出たので本当にうれしい」と話した。

後で読む
スポーツニッポン

 ヤクルト・村上が、二盗、三盗、本盗をすべて決める「パーフェクトスチール」を達成した。

後で読む
サンケイスポーツ

オリックスは5日、左股関節付近の違和感を訴えていた西浦が大阪市内の病院で検査を受け、左大腿骨頸部の疲労骨折と診断されたと発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、広島5x-4巨人、24回戦、巨人12勝9敗3分、5日、マツダ)滞空時間の長い打球がカープファンの待つ左中間席に着弾した。1-0の三回2死走者なし。広島・長野が10号ソロで追加点を奪った。

後で読む
日刊スポーツ

ヤクルトは1回に村上の先制打などで4点を先取。2回にも3点を追加。阪神の西勇は今季最短の1回2/3を6安打7失点で降板。阪神は4回に4連打を含む6安打5得点で… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

阪神近本光司外野手はプロ初の打率3割へ、ラストスパートだ。まずは4点ビハインドを背負った1回、先頭で1ボール2ストライクから右腕金久保のフォークを中前にはじき… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

阪神矢野燿大監督も6点ビハインドからの大逆転勝ちに感慨深げだった。「苦しかったですが、キャプテンの健斗(糸原)もベンチで『逆転するぞ』って、2回の時点で言って… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 「広島5-4巨人」(5日、マツダスタジアム) 巨人が今季9度目の延長戦で初めて敗れた。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(5日、甲子園球場) 阪神・岩貞祐太投手が最大のピンチを切り抜けた。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神8-7ヤクルト」(5日、甲子園) 阪神が最大6点差を逆転して勝ち、DeNAが敗れたためAクラスが確定した。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神8-7ヤクルト、24回戦、阪神13勝10敗1分、5日、甲子園)阪神は7-7の五回、梅野が勝ち越しの7号ソロ。最大6点差をひっくり返して8-7でヤクルトに逆転勝利した。貯金は今季最多タイの6となり、Aクラス(2位もしくは3位)が確定した。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ロッテ6-1ソフトバンク、24回戦、ロッテ12勝11敗1分、5日、ゾゾマリン)ロッテがソフトバンクに2年連続で勝ち越した。0-1の五回に安田の2点二塁打で逆転し、六回に押し出し四球で1点、八回に3点を加えた。美馬は八回途中1失点で3年ぶりの10勝目。ソフトバンクの東浜は八回途中6失点だった。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク1-6ロッテ、24回戦、ソフトバンク11勝12敗1分け、5日、ZOZOマリン)ソフトバンクが惜敗。対ロッテは今季負け越しとなった。試合後、工藤公康監督(57)が取材に応じた。主な一問一答は以下の通り。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ロッテ6-1ソフトバンク、24回戦、ロッテ12勝11敗1分、5日、ゾゾマリン)自力でのクライマックスシリーズ(CS)進出の可能性が消えたロッテに19イニングぶりの得点が入った。0-1の五回2死一、二塁で安田が左中間を破る適時二塁打。二走に続き、一走の藤岡もヘッドスライディングで生還。ソフトバンク・工藤監督のリクエストでリプレー検証となったが、左手が甲斐のタッチより一瞬早くベースに触れており、判定通り「セーフ」となった。

後で読む
日刊スポーツ

4日までに13人の新型コロナウイルスの陽性者が判明した柏レイソルは5日、選手とスタッフら90人のPCR検査を再度行い、トップチームのスタッフ1人の陽性を発表し…

後で読む
東京スポーツ

「TOTOジャパンクラシック」(6日~、茨城・太平洋C美野里C)を前に、原英莉花(21=日本通運)は5日「(10位だった)先週より調子はいいです」と手応えを口にした。  開幕を前に最後の調整はティーシ…

後で読む
東京スポーツ

 ソフトバンクが5日のロッテ戦(ZOZOマリン)に1―6で敗れた。ロッテ相手の連勝が7でストップ。対戦成績も11勝12敗1分けとなり、完全優勝を阻止された。  先発の東浜巨投手(30)が無念の投球だ。…

後で読む
デイリースポーツ

東京五輪で2連覇を狙う柔道男子73キロ級代表の大野将平(28)=旭化成=が5日、天理大での代表合宿中にオンライン取材に応じた。 新型コロナウイルスの影響で来夏に延期となった五輪に向けて、7月からは乱取りなど本格的な稽古を再開。欧州の感染状況の悪化もあって、2月以来となる実戦復帰の時期は未定だが、「普段から試合間隔が長い方なので特に気にしてない。今までも(実戦から)1年離れたり“あそび”をつくってやってきたので、その経験が生きてくる。まずはどの時期に大会が開催されるかというところからがスタート。いつでも準備はしていきたい」と悠然と構えた。

後で読む
デイリースポーツ

バスケットボール男子のBリーグ1部(B1)は5日、広島サンプラザホールで1試合が行われ、東地区の富山は西地区の広島を97-74で下し、9勝2敗とした。広島は3勝8敗。

後で読む
デイリースポーツ

「自転車・トラックレース全日本選手権」(5日、ヤマダグリーンドーム前橋) 東京五輪女子オムニアム代表で同種目世界選手権覇者の梶原悠未(23)=筑波大院=が3月に世界女王になって以来、初の公式戦に出場。今大会から単独種目として実施された、エリミネーションで初代王者に輝いた。同種目はオムニアム4種目のうちの1つで、規定周回ごとに最下位の選手が1人ずつ脱落していく。

後で読む
デイリースポーツ

広島がサヨナラ勝ちで2分けを挟んだ連勝を7に伸ばした。4-4の延長十回2死満塁から松山の中前適時打で勝負を決めた。十回を抑えたケムナがプロ初勝利。巨人は七回に2点をリードしたが、八回に高梨、十回に田口が崩れた。

後で読む
デイリースポーツ

オリックスの西浦颯大外野手は5日、左股関節付近に違和感を訴え、大阪市内の病院でレントゲン、CT、MRI検査の結果、左大腿骨頸部の疲労骨折との診断された。 今後は、患部の状態を確認しながらリハビリ等を行う。

後で読む
デイリースポーツ

「オリックス2-4楽天」(5日、京セラドーム大阪) 楽天・小深田大翔内野手(25)が、今季33度目のマルチ安打を記録。07年・渡辺直人の32度を超えて、球団の新人記録を更新した。

後で読む
デイリースポーツ

「オリックス2-4楽天」(5日、京セラドーム大阪) オリックスは同点の九回に張奕を投入するが、先頭の田中和に安打、岡島犠打の1死二塁の場面で、セットポジションをボークに取られリズムを崩し、そこから2失点。納得のいかない表情でマウンドを降りた。

後で読む
デイリースポーツ

阪神は3位以上が決定。西勇が二回途中7失点と崩れても、1-7の三回に1点返し、四回は代打原口と近本の連続適時打など6安打を集めて5得点で同点。五回に梅野のソロ本塁打で勝ち越した。ヤクルトは金久保らが粘れなかった。

後で読む
スポーツニッポン

J2磐田は5日、FW小川航基(23)とDF船木翔(22)が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性だったと発表した。いずれも無症状だという。

後で読む
日刊スポーツ

20年世界選手権オムニアム覇者で、東京五輪代表の梶原悠未(23=筑波大大学院)が登場し、女子エリミネーションで貫禄勝ちを収めた。一方、男子チームスプリントは、…

後で読む
日刊スポーツ

関東ラグビー協会は5日、関東大学リーグ対抗戦の日体大-明大(7日、東京・秩父宮)を中止すると発表した。日体大の部員1人に新型コロナウイルスで陽性が確認され、大…

後で読む
日刊スポーツ

東京五輪柔道男子73キロ級代表の大野将平(28=旭化成)が5日、オンライン取材に応じ、同男子100キロ超級代表の原沢久喜(28=百五銀行)の腹筋を称賛した。原…

後で読む
日刊スポーツ

22年北京冬季五輪のプレシーズンが始まるのを前にスキージャンプ男子で18-19年W杯個人総合王者の小林陵侑(土屋ホーム)らが5日、都内で会見した。「世界選手権…

後で読む
日刊スポーツ

関西学生アメリカンフットボールの関大が、“エース封じ”で09年度以来の甲子園ボウル(12月13日)出場に王手をかける。8日準決勝で立命大と対戦。5日は大阪・吹…

後で読む
サンケイスポーツ

サッカーのJ2磐田は5日、FW小川航基(23)とDF船木翔(22)が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性だったと発表した。いずれも無症状だが、磐田は同日、2人と濃厚接触が疑われる選手とスタッフに対してPCR検査を実施した。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカーのJ1柏は5日、新たにトップチームのスタッフ1人が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性だったと発表した。選手やスタッフ計90人に対して再度行われた検査で判定された。クラブ内の感染者は選手3人、スタッフ11人の計14人となった。

後で読む
東京スポーツ

楽天が5日のオリックス戦(京セラ)で4―2と勝利し、連敗を3で止めた。しかし、この日3位のロッテが勝ったため、残り2試合を全勝しても勝率で追いつくことができなくなった。同じく残り2試合の5位・日本ハ…

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は5日、セ・パ両リーグで5試合を実施。

後で読む
サンケイスポーツ

バスケットボール男子のBリーグ1部(B1)は5日、広島サンプラザホールで1試合が行われ、東地区の富山は西地区の広島を97-74で下し、9勝2敗とした。広島は3勝8敗。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、オリックス2-4楽天、24回戦、オリックス12勝10敗2分、5日、京セラ)オリックスの田嶋が7回を5安打2失点にまとめ、3年目で規定投球回を初めてクリアした。一回から課題としている力みが出て失点も、要所でコースを突いて打ち取り「修正しながら投げることができた。七回までゲームをつくることができたところは良かった」と及第点を付けた。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、中日2-0DeNA、24回戦、中日15勝9敗、5日、ナゴヤD)DeNAの平良は6敗目となった。10月22日に続いて大野雄と投げ合い、8安打2失点でプロ7年目での初完投。だが、0-1で敗れた前回と同様にエース左腕が立ちはだかった。

後で読む
日刊スポーツ

ヤクルト先発のプロ3年目金久保優斗投手(21)は、3回0/3を9安打6失点、77球で降板した。2試合目の先発だったが、初勝利には届かなかった。最大6点のリード… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

セ・リーグ5位の広島が、優勝を決めた巨人にサヨナラ勝ち。巨人坂本勇人内野手は6回に同点の18号2ランを放ち、通算2000安打へ残り2本とした。▲b… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

オリックスは5日、後藤光尊2軍打撃コーチ(42)と鈴木郁洋育成コーチ(45)に来年度のコーチ契約を行わないと通告したと発表した。後藤コーチは19年に2軍内野守… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 「中日-DeNA」(5日、ナゴヤドーム) 中日・大野雄大投手が7回5安打無失点の好投で、防御率1・82と伸ばしてトップの座を守った。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(5日、甲子園) 阪神が5点を追う四回に打者一巡の猛攻で5点をあげ、最大6点差から同点にとした。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(5日、甲子園) 四回に打者一巡の猛攻で5点を挙げ、最大6点差から追いついた阪神が、ついに逆転に成功した。

後で読む
サンケイスポーツ

西武の増田達至投手がプロ8年目で初めてパ・リーグの最多セーブを獲得することが5日、決まった。自己最多の33セーブを挙げている増田は試合がなかったが、32セーブの森(ソフトバンク)が残り1試合、30セーブの益田(ロッテ)が残り3試合となり、上回られる可能性がなくなった。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ロッテ-ソフトバンク、24回戦、5日、ZOZOマリン)ソフトバンク・東浜巨投手(30)が7回2/3を投げ6失点で降板。防御率、勝率でリーグトップに立つ可能性のある一戦だったが、思い描いていた結果は残せなかった。

後で読む
デイリースポーツ

J1柏は5日、クラブ内で4日までに選手3人、ネルシーニョ監督含むスタッフ10人の計13人が新型コロナウイルスの陽性判定となったことから柏市保健所よりクラスターの認定を受けた。さらに同日、選手36人、トップチームスタッフ10人、フロントスタッフ14人、アカデミースタッフ16人、関係者14人、計90人を対象に改めてPCR検査を実施した結果、トップチームスタッフ1人の陽性も新たに判明した。これまでの感染者は計14人となる。当該トップチーム選手には発熱などの症状はない。 保健所からの選手やスタッフへのヒアリングの結果、4日までの陽性判定者の濃厚接触者も判明。3日に仙台から柏へ移動する際のバスへ乗車していた選手・スタッフ、スタッフルームを使用していたスタッフ、クラブハウスやグラウンドでの接触などの項目から、選手21人、トップチームスタッフ8人の計29名が判定された。

後で読む
デイリースポーツ

サッカーのJ2磐田は5日、FW小川航基(23)とDF船木翔(22)が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性だったと発表した。いずれも無症状だが、磐田は同日、2人と濃厚接触が疑われる選手とスタッフに対してPCR検査を実施した。 クラブによると両選手は10月25日にホームのヤマハスタジアムで行われた群馬とのリーグ戦に出場後、知人と接触した。その知人が新型コロナウイルスに感染したことが4日に分かり、遠征先のホテルで隔離した上でPCR検査を受けた。

後で読む
デイリースポーツ

サッカーのJ1柏は5日、新たにトップチームのスタッフ1人が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性だったと発表した。選手やスタッフ計90人に対して再度行われた検査で判定された。クラブ内の感染者は選手3人、スタッフ11人の計14人となった。 これまでの感染者の濃厚接触者として選手21人、スタッフ8人の計29人が特定された。クラブは活動を休止し、6日から職員らを在宅勤務とする。

後で読む
デイリースポーツ

「広島-巨人」(5日、マツダスタジアム) 巨人・坂本勇人内野手が、史上53人目の通算2000安打達成を7日以降に持ち越した。

後で読む
デイリースポーツ

「中日2-0DeNA」(5日、ナゴヤドーム) 中日がDeNAにナゴヤドームで11連勝とした。

後で読む
デイリースポーツ

「ロッテ1-6ソフトバンク」(5日、ZOZOマリンスタジアム) ロッテが逆転勝ちで2位西武との差を0・5差に縮めた。

後で読む
デイリースポーツ

楽天が連敗を3で止めた。2-2の九回に銀次の右中間二塁打で勝ち越し、小深田の適時二塁打で加点した。2番手の牧田が2勝目、九回を松井が3三振で締めて2セーブ目を挙げた。オリックスは九回に張奕がボークなどで崩れた。

後で読む
デイリースポーツ

中日が無失点リレーで3連勝し、8年ぶりの3位以上を決めた。二回に武田の適時打で先制。八回は内野ゴロの間に加点した。大野雄が7回無失点で11勝目。平良が2失点でプロ初完投したDeNAは、3連敗で4位以下となった。

後で読む
スポーツニッポン

8月に現役を引退したサッカー元日本代表DF内田篤人氏(32)が5日放送の日本テレビ「ぐるぐるナインティナイン」(木曜後7・56)に出演し、選手生活で後悔したという場面を振り返った。

後で読む
スポーツニッポン

8月に現役を引退したサッカー元日本代表DF内田篤人氏(32)が5日放送の日本テレビ「ぐるぐるナインティナイン」(木曜後7・56)の人気コーナー「グルメチキンレース ゴチになります!」に参戦し、ピタリ賞を獲得、賞金100万円を獲得した。

後で読む
東京スポーツ

J2磐田は5日、元日本代表FW小川航基(23)とDF船木翔(22)が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性だったと発表した。  2人はともに無症状で体調不良を訴えていないが、チームはこの日、2人の濃厚…

後で読む
東京スポーツ

J1柏は5日、選手36人、トップチームスタッフ10人ら計90人を対象に新型コロナウイルスのPCR検査を実施し、トップチームスタッフ1人に陽性反応が出たと発表した。  すでにネルシーニョ監督(70)ら…

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、中日-DeNA、24回戦、5日、ナゴヤD)DeNAのラミレス監督が今季で引退する中日の吉見に敬意を表した。試合前の記者会見で、最も印象に残る打者として名前を挙げられたことを受け「とてもスマートな投手。特にナゴヤドームでの投球術をよく理解していた。対戦はいつもチャレンジだった」と懐かしんだ。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、広島-巨人、24回戦、5日、マツダ)広島の長野が2試合連発となるソロを放ち、2年ぶりに10号に到達した。1-0の三回2死でサンチェスのカットボールを捉えて左中間席へ運び「いい風に乗ってくれた」とうなずいた。

後で読む
日刊スポーツ

防御率争いのトップに立つ中日の大野雄大投手(32)が7回無失点でマウンドを降りた。1点リードの7回裏1死二塁となった場面で代打井領が送られた。防御率は1・82… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

阪神が4回に6安打5得点の猛攻を見せ、一時6点差を広げられた試合を振り出しに戻した。2-7の4回だ。まずは無死一、二塁のチャンスで代打原口が中前適時打を放って… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、中日-DeNA、最終戦、5日、ナゴヤドーム)DeNAは2戦連続完封負けを喫している中日の先発・大野雄大投手に対して、七回まで散発5安打の好投を許し無得点。

後で読む
日刊スポーツ

J2ジュビロ磐田は5日、FW小川航基(23)とDF舩木翔(かける、22)が新型コロナウイルス感染症のPCR検査で陽性反応を受けたと発表した。2選手は先月25日…

後で読む
日刊スポーツ

今月にオーストリア遠征を行うサッカー日本代表(FIFAランク27位)のメンバー24人が5日に発表され、FW鈴木武蔵(26=ベールスホット)が10月のオランダ遠…

後で読む
日刊スポーツ

“大迫ロス”を武蔵が吹き飛ばす! 今月にオーストリア遠征を行うサッカー日本代表(FIFAランク27位)のメンバー24人が5日に発表され、FW鈴木武蔵(26=ベ…

後で読む
東京スポーツ

〝悪魔仮面〟ケンドー・カシンが、まさかの東京女子プロレスを標的にした。青森から久々の電話取材に応じ、開口一番「誰だか知らんが、頭が高いぞ、愚民!」と記者を罵倒。無礼を詫びた上で近況を問うと「口を慎め…

後で読む
東京スポーツ

 日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長(63)は5日、常務理事会後に取材に応じ、体操の国際大会(8日、代々木第一競技場)に出場する五輪2連覇・内村航平(31=リンガーハット)が新型コロナウイ…

後で読む
東京スポーツ

 ミレニアム世代のルーキーの安田祐香(19=NEC)がおよそ1年ぶりに太平洋C美野里C(茨城)に戻ってきた。  今週の「TOTOジャパンクラシック」(6日)の会場である同コースは、今年1月に本紙が掲載…

後で読む
デイリースポーツ

スポーツ庁は5日、大学運動部での新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)について、これまで8大学の10運動部で発生し、260人の感染者・陽性者を確認したと明らかにした。8月1日~11月2日に文部科学省に報告があった感染者5人以上の事例をまとめた。自民党のスポーツ立国調査会などの合同会議で報告した。 文科省は部活動時だけでなく、寮生活や食事など集団生活でも留意するよう既に各大学に通知している。大麻使用が判明した部活動も今年2件確認しているとし、改めて違法行為に関し大学などに注意喚起する方針を示した。

後で読む
デイリースポーツ

8日に行われる体操の国際大会の公式練習が5日、会場の東京・国立代々木競技場で始まった。大会組織委員会によると、日本と4日に到着した米国が非公開で調整したという。新型コロナウイルス禍に五輪競技で初めて海外から選手を日本に招いた国際大会で、外国勢は通常、入国後14日間の待機が必要だが、出国前から感染対策を徹底している今回は例外的に練習や試合出場が認められている。 大会はロシア、中国を含めた4カ国が参加。米国は他の国より1人ずつ少ない男女各3人となり、計30人を2チームに分けた男女混合の団体戦を実施する。

後で読む
デイリースポーツ

日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長は5日、常務理事会後に報道陣の取材に応じた。コロナ禍の中で、8日に五輪延期後初の日本での国際大会となる体操の交流大会に出場する内村航平(リンガーハット)が偽陽性と判定され、また、ボクシングでは計量後にWBA世界ライトフライ級スーパー王者の京口紘人の陽性が判明し、世界戦が中止となるなど、スポーツイベントの混乱が続いている。 山下会長は「(内村の偽陽性には)ドキッとした。あれだけ厳重にやって出たら、防ぎようがない。陰性となってホッとしました。色んな経験を積みながら、万全に近い体制をとっていくしかないんだと思う」と、すべての経験を、来夏の東京五輪に繋げていく考えを示した。その上で「有効なワクチンが出てこない場合は、頻繁に検査をやっていくしかないのかなと思う」と、話した。

後で読む
デイリースポーツ

柔道の東京五輪男子日本代表が5日、奈良県の天理大での強化合宿期間中にオンラインで取材に応じ、2連覇を狙う73キロ級の大野将平(旭化成)は「私の拠点に全日本チームが来てくださった。緊張感や取り組む姿勢を大事にしたい」と表情を引き締めた。 新型コロナウイルス禍での練習自粛を経て7月に乱取りを再開した大野。実戦復帰は未定だが「やはり柔道家はこの畳の上で多くの時間を過ごすものだと感じた。過酷な競技をやっている誇りが改めて芽生えた」と充実感を漂わせ、来夏へ「日本武道館での2連覇、混合団体での金メダル獲得が一番の目標」と力強く宣言した。

後で読む
デイリースポーツ

自転車トラック種目の全日本選手権が5日、ヤマダグリーンドーム前橋で開幕し、東京五輪女子オムニアム代表で世界選手権覇者の梶原悠未(筑波大大学院)が、エリミネーションで優勝した。エリミネーションは、1日4種目の合計点を競うオムニアムで行われる種目の一つ。 男子オムニアムの五輪代表、橋本英也(日本競輪選手会)はエリミネーションと、4000m団体追い抜きを制した。

後で読む
デイリースポーツ

「オリックス-楽天」(5日、京セラドーム大阪) 1点を追うオリックスは四回、先頭の福田が右前打のあと、中川が辛島の133キロを左翼スタンドに運ぶ2号2ランで逆転した。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(5日、甲子園球場) ヤクルトの村上宗隆内野手(20)が1イニング3盗塁で、7点目のホームを踏んだ。天敵であった阪神・西勇を主砲が足でかく乱し、KOした。

後で読む
デイリースポーツ

「広島-巨人」(5日、マツダスタジアム) 巨人・坂本勇人内野手が六回の第3打席で薮田から18号2ランを放ち、史上53人目の通算2000安打まであと2本とした。

後で読む
デイリースポーツ

楽天は5日、由規投手(30)に来季の契約を結ばないと通告したと発表した。球団を通じ「現役続行を希望している。トライアウトへの参加も考えている」などとコメントした。 由規はヤクルト時代の2010年に12勝を挙げるなどしたが18年に自由契約となり、昨季から楽天に所属。昨季1試合に投げただけで、今季は登板機会がなかった。

後で読む
デイリースポーツ

 「女子ゴルフ・TOTOジャパンクラシック」(6日開幕、太平洋C美野里C=パー72) 原英莉花(21)=日本通運=は初日のペアリングが渋野日向子、畑岡奈紗と同組になったことに驚いた様子を見せた。

後で読む
デイリースポーツ

 「女子ゴルフ・TOTOジャパンクラシック」(6日開幕、太平洋C美野里C=パー72) 今季国内ではまだ予選通過がない渋野日向子(21)=サントリー=は午前9時20分に畑岡奈紗、原英莉花とともにティーオフ。不振脱出への糸口を見つけられるか、注目のラウンドがいよいよスタートする。

後で読む
スポーツニッポン

サッカーJ2福岡のMF重広卓也(25)が5日、練習後のウェブ会見で戦列復帰の思いを話した。

後で読む
デイリースポーツ

 女子ゴルフのTOTOジャパンクラシックの出場選手が5日、茨城県の太平洋クラブ美野里で最終調整し、前週予選落ちした渋野日向子は「くよくよしていても前に進めないので、課題を整理して、切り替えてやっていかなければ」と自らを奮い立たせた。 6月の国内開幕戦で予選落ちし、8~10月の英米遠征も目立った成績を残せなかった。今週は予選落ちがなく「3日間戦えるので、しっかり考えながら、結果を出せるようにしたい」と話した。

後で読む
日刊スポーツ

スポーツ庁の室伏広治長官(46)が5日、都内で会見した。8日には体操の国際大会「Friendship and Solidarity competition」(…

後で読む
日刊スポーツ

東京オリンピック(五輪)柔道男子90キロ級代表の向翔一郎(24=ALSOK)が、体重無差別で争う全日本選手権(12月26日、東京・講道館)に推薦枠で出場する意…

後で読む
東京スポーツ

今季限りでの現役引退を発表していた中日・吉見一起投手(36)が5日、ナゴヤドームで引退会見を行った。  会見中は終始笑顔で涙はなし。冒頭で「今年をもちましてプロ野球生活を引退したいと思います。いろい…

後で読む
東京スポーツ

楽天が5日、渡辺佑樹投手(24)、熊原健人投手(27)、由規投手(30)、山下斐紹捕手(27)、ルシアノ・フェルナンド外野手(28)の5選手へ来季の選手契約を行わない旨を伝えたと発表。渡辺には育成契…

後で読む
東京スポーツ

阪神・西勇輝投手(29)が5日のヤクルト戦に今季最後の先発登板。この日の投球結果次第で、セ・防御率トップを走る中日・大野雄を逆転できる可能性もあったが、2回途中を6安打7失点の内容で降板した。  全…

後で読む
東京スポーツ

さあ、ファイナルカウントダウンだ。巨人・坂本勇人内野手が5日の広島戦(マツダ)で、13試合ぶりとなる18号2ランを放った。  打った瞬間に誰もが確信した。2点ビハインドの6回無死一塁。相手先発の薮田…

後で読む
東京スポーツ

スペイン1部ウエスカのFW岡崎慎司(34)が、7日のエイバル戦から復帰する見通しとなった。  10月3日のエルチェ戦で負傷し、「左足大腿二頭筋の負傷で復帰まで2~3週間の見込み」と診断されたベテラン…

後で読む
スポーツニッポン

 楽天は5日、渡辺佑樹投手、熊原健人投手、由規投手、山下斐紹捕手、ルシアノ・フェルナンド外野手の5人に来季の契約を結ばないことを通告したと発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神-ヤクルト、24回戦、5日、甲子園)初の防御率のタイトルを目指していた阪神・西勇輝投手(29)が今季最短の二回途中6安打7失点(自責4)で降板。リーグ3位だった防御率は2・03から2・26まで下がり、逆転でのタイトル獲得は絶望的となった。

後で読む
サンケイスポーツ

柔道の東京五輪男子日本代表が5日、奈良県の天理大での強化合宿期間中にオンラインで取材に応じ、2連覇を狙う73キロ級の大野将平(旭化成)は「私の拠点に全日本チームが来てくださった。緊張感や取り組む姿勢を大事にしたい」と表情を引き締めた。

後で読む
サンケイスポーツ

日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長は5日、東京都内で行われた常務理事会後に取材に応じ、8日に開かれる体操の国際大会(東京・国立代々木競技場)について「何とか成功裏に盛り上がってもらいたい」と期待感を示した。

後で読む
サンケイスポーツ

日本相撲協会は5日、新型コロナウイルスの感染防止を啓発するため、東京都と連携し、今場所でも「NO!3密」、「手洗い マスクの徹底」などと記した5種類の懸賞旗タイプの告知旗を、15日間を通じて土俵上に掲出すると発表した。

後で読む
日刊スポーツ

ヤクルトは初回、相手の隙を突いて4点を先制した。先頭の山崎が内野安打。1死一、二塁から4番村上が右前打を放ち、1点を先制した。1死一、三塁から、宮本の大きなバ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

セ・リーグ5位の広島が、優勝を決めた巨人と対戦。先発は広島が薮田、巨人はサンチェス。巨人坂本勇人は3番遊撃で出場。残り3本に迫る2000安打達成なるか。―――… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

阪神西勇輝投手(29)が1回2/3を6安打3四死球7失点(自責4)で降板し、最優秀防御率のタイトル獲得が厳しくなった。1回1死一、二塁から4番村上に先制の右前… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(5日、甲子園球場)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(5日、甲子園球場)

後で読む
サンケイスポーツ

日本実業団陸上競技連合は5日、来年1月1日に群馬県庁前発着で予定されている全日本実業団対抗駅伝の大会要項を発表し、新型コロナウイルスへの対応について「地域医療態勢の逼迫が予想される場合は中止する」と慎重な姿勢を示した。開催可否の判断時期として21日の同連合理事会、大会1カ月前、3週間前、2週間前を明示した。

後で読む
サンケイスポーツ

日本バスケットボール協会は5日、同日に始まった3人制女子日本代表の強化合宿の参加メンバーを発表し、昨年のU23(23歳以下)ワールドカップ優勝メンバーの馬瓜ステファニーや山本麻衣(ともにトヨタ自動車)ら12人が選ばれた。

後で読む
サンケイスポーツ

スポーツ庁は5日、大学運動部での新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)について、これまで8大学の10運動部で発生し、260人の感染者・陽性者を確認したと明らかにした。8月1日~11月2日に文部科学省に報告があった感染者5人以上の事例をまとめた。自民党のスポーツ立国調査会などの合同会議で報告した。

後で読む
スポーツニッポン

上田桃子(34)が12月に開催される海外メジャーの全米女子オープンについて「出ると決めました」と7年ぶりに同大会に挑戦する意思を明かした。13年に米ツアーから撤退し、それ以降は同大会への出場を回避していたものの、8月の全英女子オープンで自己最高の6位に入り、海外の大舞台でも十分に戦えることを証明した。

後で読む
東京スポーツ

 広島・長野久義外野手(35)が自身10度目となる2桁本塁打に到達した。  5日の巨人戦(マツダ)に「1番・左翼」で先出場すると、3回二死走者なしの場面で迎えた第2打席で、相手先発・サンチェスから左中…

後で読む
デイリースポーツ

ロッテの河合克美オーナー代行兼球団社長は5日、マーティン外野手(32)と来季以降の契約に合意したことを明らかにした。年俸約2億円での複数年契約を結んだとみられ「勝つことに対する思いが強い。うちにとって必要な選手」と信頼を寄せた。 来日2年目の今季は104試合に出場して打率2割3分4厘、25本塁打、65打点と活躍。右翼手として強肩でも貢献した。10月21日の西武戦で左足首を捻挫し、米国で治療を受けるため4日に一時離日した。(金額は推定)

後で読む
デイリースポーツ

楽天は5日、渡辺佑樹投手(24)、熊原健人投手(27)、由規投手(30)、山下斐紹捕手(27)、ルシアノ・フェルナンド外野手(28)の5選手に戦力外通告を行ったと発表した。由規、山下は現役続行希望。渡辺佑は育成契約を打診された。 一昨年オフにヤクルトを戦力外となり、育成選手として地元・仙台の楽天に移籍し、昨年7月に支配下登録となった由規は「球団には感謝しかない。ほぼ投げられない状態で来たので、ここまで投げられるようになるまでリハビリで支えてくれたトレーナーの方々にも感謝ですし、とにかく野球ができる環境を作っていただいたことが、僕にとっては本当に感謝です」とコメントした。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(5日、甲子園球場) ヤクルトが、最優秀防御率を目指す西勇から一挙4点の先制点を奪った。先制適時打を放った村上が今季84打点に到達。リーグ単独2位に再浮上した。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(5日、甲子園球場) ヤクルトの村上宗隆内野手(20)が1イニング3盗塁で、7点目のホームを踏んだ。天敵であった阪神・西勇を主砲が足でかく乱し、KOした。

後で読む
東京スポーツ

広島が5日、小窪哲也内野手(35)の今季限りでの退団を発表した。来季の契約について話し合った結果、現役続行を望む小窪本人の意思を尊重し自由契約にすることを決断したという。  2007年の大学・社会人…

後で読む
東京スポーツ

今季限りでの現役引退を発表していた中日・吉見一起投手(36)が5日、ナゴヤドームで引退会見を行った。  会見中は終始笑顔で涙はなし。冒頭で「今年をもちましてプロ野球生活を引退したいと思います。いろい…

後で読む
サンケイスポーツ

ロッテの河合克美オーナー代行兼球団社長は5日、マーティン外野手(32)と来季以降の契約に合意したことを明らかにした。年俸約2億円での複数年契約を結んだとみられ「勝つことに対する思いが強い。うちにとって必要な選手」と信頼を寄せた。

後で読む
サンケイスポーツ

日本ハムは5日、宮崎県内で8日に開幕する秋季教育リーグ「みやざきフェニックス・リーグ」に吉田輝、清宮、野村ら29選手が参加すると発表した。

後で読む
日刊スポーツ

セ・リーグ5位の広島が、優勝を決めた巨人と対戦。先発は広島が薮田、巨人はサンチェス。巨人坂本勇人は3番遊撃で出場。残り3本に迫る2000安打達成なるか。―――… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

日本ハム昨年のドラフト1位河野竜生投手は白星でルーキーイヤーを締めくくる。6日オリックス戦に先発。徳島出身で、両親と「両親より大事にしている」という祖父母も応… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

楽天は5日、由規投手(30)熊原健人投手(27)山下斐紹捕手(27)ルシアノ・フェルナンド外野手(28)渡辺佑樹投手(24)の5選手に来季の選手契約を結ばない… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

巨人から育成ドラフト6位で指名された佐賀・唐津商高の坂本勇人捕手が5日、唐津市の同校で指名あいさつを受け、同姓同名の球界を代表する遊撃手とチームメートになることに「自分も坂本勇人選手に負けないように。本当に活力にもなる」と初々しく意気込みを口にした。 武田チーフスカウトによると、登録名についてはまだ煮詰めていないという。坂本は「育成選手なので(登録名の)願望はない。一日でも早く支配下を目指して頑張るだけ」と背筋を伸ばした。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-ヤクルト」(5日、甲子園球場) 前夜は大山のサヨナラ弾で勝利した阪神は今季残り4試合。先発の西勇は2014年、オリックス時代のキャリアハイに並ぶ12勝を目指す。現在、防御率は中日・大野雄の1・905、広島・森下の1・907に続く、リーグ3位の2・03。9回完封なら1・92となり、タイトルも視界に捉えての登板となる。

後で読む
デイリースポーツ

阪神は5日、島本浩也投手(27)、才木浩人投手(21)が靱帯(じんたい)再建手術、通称トミー・ジョン手術を終了したことを発表した。 島本は横浜市内の病院で「左肘内側側副靭帯再建術および左肘関節鏡視下滑膜切除術」を無事に終え、5日に退院。「肘の不安をすべて取るために手術することを決断しました。今まで以上のパフォーマンスを出すことができるようにしっかりとリハビリに励み、また甲子園のマウンドで投げる姿をファンのみなさんにお見せできるよう頑張ります」とコメントした。

後で読む
東京スポーツ

株式会社ニトリは5日、日本ゴルフツアー機構(JGTO)と共催で今月25、26日の2日間、成田ヒルズCC(千葉)で「ニトリ エキシビションゴルフ」を開催することを発表した。  無観客で行われる大会の賞…

後で読む
東京スポーツ

柔道男子日本代表が奈良・天理大学で強化合宿を開催。リオ五輪73キロ級金メダルの大野将平(28=旭化成)がオンライン取材で現在の思いを語った。  コロナ禍での自粛期間を経て久々に乱取りを再開した時期を…

後で読む
サンケイスポーツ

日本バスケットボール協会は5日、2020年度の女子日本代表候補選手を発表した。8月に選出された高田真希(デンソー)や渡嘉敷来夢(ENEOS)ら21人に加え、昨季Wリーグ新人王の東藤なな子(トヨタ紡織)やENEOSのガード宮崎早織、センターの梅沢カディシャ樹奈ら新たに8人が選ばれた。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は5日、セ・パ両リーグで5試合を実施。

後で読む
サンケイスポーツ

自転車トラック種目の全日本選手権は5日、群馬・ヤマダグリーンドーム前橋で開幕。今大会から実施する男子エリミネーションは東京五輪代表の橋本英也(26)=日本競輪選手会=が優勝した。

後で読む
サンケイスポーツ

プロボクシングWBO世界フライ級王座決定戦(東京・後楽園ホール)の前日計量が5日、東京都内のホテルで行われた。同級3位の中谷潤人(22)=M・T=はリミットを100グラム下回る50・7キロ、同級1位のジーメル・マグラモ(26)=フィリピン=は200グラム下回る50・6キロでともにパスした。

後で読む
デイリースポーツ

ボクシングの元日本バンタム級王者で現在は日本ボクシングコミッション(JBC)の審判員を務める池原信遂氏(44)が、6日に後楽園ホールで行われるWBO世界フライ級王座決定戦12回戦・同級1位ジーメル・マグラモ(フィリピン)-同級3位・中谷潤人(M・T)でレフェリーを務めることが5日、発表された。 池原氏は2008年1月にWBA世界バンタム級王者、ウラジーミル・シドレンコ(ウクライナ)に挑戦し、判定負け。09年に引退した。13年からJBCの審判員を務め、WBA、WBO、IBFの資格も保有している。

後で読む
デイリースポーツ

「ボクシング・WBO世界フライ級王座決定戦12回戦」(6日、後楽園ホール) 前日計量(上限50・8キロ)が5日、都内で非公開で行われ、同級1位ジーメル・マグラモ(26)=フィリピン=は50・6キロ、同級3位・中谷潤人(22)=M・T=は50・7キロでともに1回目でパスした。

後で読む
デイリースポーツ

世界ボクシング機構(WBO)フライ級王座決定戦(6日・後楽園ホール)の前日計量が5日、東京都内で行われ、同級3位の中谷潤人(M・T)は制限体重より100グラム軽い50・7キロ、同級1位ジーメル・マグラモ(フィリピン)は50・6キロで、ともにパスした。新型コロナ禍で海外から選手を招いて行う国内初の世界戦となる。 22歳の中谷はオンライン取材に応じ「いよいよこの舞台で闘えることに感謝したい。日本の皆さんに明るいニュースを届けたい」と初の世界戦に臨む心境を語った。試合は4月、8月に予定されていたが、新型コロナの影響で延期。両選手らはPCR検査で陰性だった。

後で読む
東京スポーツ

「TOTOジャパンクラシック」(6日~、茨城・太平洋C美野里C)が今季国内3戦目となる渋野日向子(21=サントリー)は5日、インの9ホールを回って最終調整を終えた。  国内復帰戦となった先週の「三菱電…

後で読む
東京スポーツ

 群馬県の前橋競輪場で「第89回全日本自転車競技選手権大会トラック・レース」が5日、開幕。世界女王の梶原悠未(23=筑波大学大学院)が、全日本トラックで初めて単独競技として争われたエリミネイションを制…

後で読む
東京スポーツ

 小祝さくら(22=ニトリ)は初の海外メジャーとなる「全米女子オープン」出場をかけて、今週の国内女子ツアー「TOTOジャパンクラシック」(6日、太平洋C美野里C)に臨む。  国内女子ツアー終了後の12…

後で読む
デイリースポーツ

関東学生陸上競技連盟は5日、第97回となる東京箱根間往復大学駅伝を来年1月2、3日に予定通り開催すると発表した。コースは前回と同じ東京・大手町-神奈川県箱根町の往復217・1キロ。日本陸連の指針に従って参加者の健康チェックなど新型コロナウイルス感染対策を講じ「今後の社会情勢の変化によっては、大会を中止する可能性もある」とした。 沿道での応援について出場校の関係者や保護者に対しては「強く自粛を求め」、地域の住人にも「観戦はご遠慮ください」と呼びかけた。10月の予選会は陸上自衛隊立川駐屯地内の周回コースで観客を入れず行った。

後で読む
デイリースポーツ

大相撲の西横綱鶴竜(35)=本名マンガラジャラブ・アナンダ、モンゴル出身、陸奥部屋=が5日、腰痛のため11月場所(8日初日・両国国技館)を休場すると明言した。休場は3場所連続で18度目となる。報道陣の電話取材に「次に出た時はちゃんとした結果を残さないと駄目」と述べ、来場所以降に進退を懸ける覚悟を示した。 鶴竜は7月場所を右肘の負傷で途中休場。秋場所は腰の故障で全休した。今場所前は相撲を取る稽古を再開できず、調整が大幅に遅れていた。

後で読む
デイリースポーツ

関東ラグビー協会は5日、東京・秩父宮ラグビー場で7日に開催予定だった関東大学リーグ対抗戦の日体大-明大を中止すると発表した。日体大によると、ラグビー部員1人に新型コロナウイルスで陽性が確認され、辞退を申し出た。他の部員についてもPCR検査を実施する。 規定により試合は明大の不戦勝(勝ち点4)となり、日体大は勝ち点0。同日の秩父宮での早大-筑波大は予定通り行う。

後で読む
デイリースポーツ

大相撲の新大関正代は5日、29歳の誕生日を迎え「年取ったなあという感じ。そんなにうれしく感じない。できるだけ若々しい相撲を取れたら」と11月場所(8日初日・両国国技館)へ意気込んだ。東京都墨田区の時津風部屋で報道陣の電話取材に応じた。 新たに看板力士として迎える節目にも「特に変わらない。とりあえず、けがなく相撲を取り切れたらいい」と泰然としていた。後援者からは賜杯を持つ姿が描かれたケーキを贈られたという。

後で読む
デイリースポーツ

全日本スキー連盟は5日、冬のシーズンの本格開幕を前に東京都内で各種目の有力選手による記者会見を行い、ジャンプ男子の小林陵侑(土屋ホーム)は「まずはワールドカップ(W杯)1勝」と身近な目標を掲げた。W杯個人総合連覇を狙った昨季は腰痛で総合3位に終わったが、今は痛みなどはないという。 ノルディック複合で、冬季五輪2大会連続銀メダルの渡部暁斗(北野建設)はリモートで登場。2022年北京冬季五輪の前哨戦となる来年の世界選手権へ「世界選手権も個人銀メダルまで届いている。自分のレベルを一つ引き上げ、金メダルを目標に頑張る」と意気込んだ。

後で読む
デイリースポーツ

サッカースペイン1部リーグ、ウエスカのFW岡崎慎司が4日、左足大腿二頭筋の負傷から回復、乾貴士と武藤嘉紀のエイバル戦(7日)に出場可能な状態となった。スペインのスポーツ紙アスが伝えている。 報道によると岡崎は医師からの怪我回復の診断を受け、正式にミチェル監督の指揮下に入った。これまでチームとは別の調整を続けていたが急ピッチで戦線復帰の準備に入ると考えられる。

後で読む
東京スポーツ

日本ボクシングコミッション(JBC)は5日、6日に後楽園ホールで行われるWBO世界フライ級王座決定戦に出場する同級3位の中谷潤人(22=M・T)と同1位のジーメル・マグラモ(26=フィリピン)の両選…

後で読む
東京スポーツ

6日に後楽園ホールで行われるWBO世界フライ級王座決定戦に出場する同級3位の中谷潤人(22=M・T)と、同1位のジーメル・マグラモ(26=フィリピン)の両選手が5日、前日計量に臨み、中谷は100グラ…

後で読む
デイリースポーツ

パ・リーグ制覇した ソフトバンクは5日、14日に開幕するクライマックスシリーズ(CS)初戦の始球式に卓球の早田ひな(日本生命)を起用すると発表した。今年はコロナ禍の影響でクライマックスシリーズは1、2位の戦いのみ。2位はまだ決まっていない。 北九州市出身の早田は今年1月の全日本選手権でシングルス初優勝、ダブルス3連覇達成。卓球プロリーグTリーグで日本生命レッドエルフとして初代チャンピオン、さらにはシーズン13勝無敗で年間MVPを獲得。平野美宇、伊藤美誠と同世代で卓球界期待のミレニアムトリオのひとり。

後で読む
デイリースポーツ

巨人から育成ドラフト6位で指名された唐津商の坂本勇人捕手が5日、佐賀・唐津市内の同校で武田康チーフスカウトから指名あいさつを受けた。 1軍で活躍する坂本と同姓同名の坂本は「自分も坂本選手に負けないように、(同じ名前は)自分の力にもなる。頑張りたい」と意気込んだ。

後で読む
デイリースポーツ

日本ハムの河野竜生投手(22)が、6日・オリックス戦(京セラドーム)で今季最終登板を迎える。チームは2年連続Bクラスが決まった中、左腕が目指すのは来季につながる内容。「自分をアピールする日。1イニング、1人のバッターに対して勝負していきたい」と力を込めた。 即戦力として期待された今季は3勝4敗、防御率5・13。物足りない数字だが、前回10月31日・オリックス戦(札幌ドーム)では6回を3安打1失点、無四球で勝利を挙げた。全身を目いっぱいに使い、ストライクゾーンで強気に勝負する本来の大胆な投球スタイルが戻ってきている。

後で読む
デイリースポーツ

 「TOTOジャパンクラシック」(6日開幕、太平洋C美野里C=パー72) 前週まで賞金ランク2位の小祝さくら(22)=ニトリ=が今季2勝目に照準を定めた。

後で読む
スポーツニッポン

今月7日午後1時からフジテレビで生中継される予定だったものの、ネルシーニョ監督(70)をはじめ、J1柏に新型コロナウイルスの集団感染(計13人)が発生したため延期となった「ルヴァン杯決勝」(柏―FC東京、国立競技場)の代替番組として、1998年公開の映画「ディープ・インパクト」(監督ミミ・レダー)が放送されることになった。

後で読む
デイリースポーツ

 「TOTOジャパンクラシック」(6日開幕、太平洋C美野里C=パー72) 原英莉花(21)=日本通運=は初日のペアリングが渋野日向子、畑岡奈紗と同組になったことに驚いた様子を見せた。

後で読む
日刊スポーツ

関東学生陸上競技連合は5日、来年1月2、3日の東京箱根間往復駅伝に出場する関東学生連合の選手を発表した。10月17日の予選会で1時間1分47秒の個人11位だっ…

後で読む
サンケイスポーツ

日本サッカー協会(JFA)は5日に、11月のオーストリア遠征に臨む日本代表メンバーを発表した。

後で読む
東京スポーツ

なでしこリーグ1部の千葉は5日、元なでしこジャパンGK山根恵里奈(29)が今季限りで引退すると発表した。  山根は188㌢の長身を生かしたセービングを武器に活躍。JFAアカデミー福島から東京電力を経…

後で読む
サンケイスポーツ

大相撲の新大関正代は5日、29歳の誕生日を迎え「年取ったなあという感じ。そんなにうれしく感じない。できるだけ若々しい相撲を取れたら」と11月場所(8日初日、両国国技館)へ意気込んだ。東京都墨田区の時津風部屋で報道陣の電話取材に応じた。

後で読む
日刊スポーツ

6日のプロ野球予告先発は以下の通り。<セ・リーグ>中日吉見一起-ヤクルト高橋奎二(ナゴヤドーム=18時)<パ・リーグ>楽天岸孝之-西武浜屋将太(楽天生命パーク… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

偉大な先輩と同じく、北の大地で飛躍する。日本ハム育成1位の花巻東(岩手)松本遼大投手(18)が5日、花巻市内の同校で指名あいさつを受け、エンゼルス大谷翔平(2… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

セ・リーグ5位の広島が、優勝を決めた巨人と対戦する。先発は広島が薮田、巨人はサンチェス。巨人坂本勇人は3番遊撃で出場。残り3本に迫る2000安打達成なるか。試… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 広島は5日、小窪哲也内野手を自由契約とすることを発表した。 球団によると、この日、次年度の契約について話し合った結果、本人の意思を尊重し自由契約とすることにした。

後で読む
デイリースポーツ

NHKが13日放送の「かんさい熱視線」(総合、土曜、後7・30。関西ローカル)で今季限りで引退する阪神・藤川球児投手(40)を特集した「不惑の直球 藤川球児(仮)」を放送することが5日、分かった。大阪市の大阪放送局で行われた角英夫局長(60)の定例会見で発表された。 番組では巨人戦で引退試合を行う10日の『最後の1日』に密着。NHKだけに語った引退理由、ライバルとして対戦した清原和博氏(53)の証言からひもとく名勝負の新事実などを伝える。

後で読む
サンケイスポーツ

日本サッカー協会は5日、オーストリアのグラーツで行われる国際親善試合に臨む日本代表メンバーを発表し、南野(リバプール)久保建(ビリャレアル)ら欧州組の24選手が選出された。13日にパナマ代表、17日にメキシコ代表と対戦する。

後で読む
サンケイスポーツ

高校野球の秋季九州大会(第147回九州大会)第4日は5日、長崎県営野球場で準決勝2試合が行われ、大崎(長崎)と福岡大大濠が6日の決勝に進んだ。大崎は初、福岡大大濠は8季ぶりの頂点を目指す。

後で読む
サンケイスポーツ

中日は5日、今月8日から29日まで開催される「第17回みやざきフェニックスリーグ」に参加するメンバーを発表した。参加選手は以下の通り。

後で読む
スポーツニッポン

新型コロナウイルスの影響で3月から中断していたハンドボール男子日本代表の強化合宿が11月4日に東京・味の素ナショナルトレーニングセンターで再開した。5日にはダグル・シグルドソン監督がオンライン取材に応じ、「コロナの影響で長い間ブレークしてしまったが、もう一度チームを立て直したい」と語った。

後で読む
スポーツニッポン

埼玉県熊谷市で合宿中の7人制ラグビー女子日本代表のFW長田いろは(22=立正大)が5日、オンラインの合同取材に応じ、「今のままでは世界で通用しないとか、(選手で指摘し合って)練習している。日本が世界にどう勝つかにフォーカスしている」などと練習の様子を明かした。

後で読む
東京スポーツ

 全日本プロレスの〝暴走大巨人〟こと諏訪魔(43)、石川修司(45)組が意外な相手に〝クレーム〟をつけた。  発端は女子プロレス「アイスリボン」の藤本つかさ(37)だ。4日のシードリング後楽園大会で中…

後で読む
スポーツニッポン

関東学生陸上競技連盟は5日、来年1月2、3日の第97回東京箱根間往復大学駅伝競走に出場する関東学生連合の選手を発表した。チームを率いるのは、予選会11位で惜しくも2年連続の本戦出場を逃した筑波大の弘山勉監督。同12位中央学院大の川崎勇二監督、同13位の山川達也監督がコーチになった。

後で読む
東京スポーツ

 ハンドボールの男子日本代表国内強化合宿(4~10日、東京・北区の味の素ナショナルトレーニングセンター)で指揮を執るダグル・シグルドソン監督(47)が5日、リモート取材に応じ、新型コロナウイルス禍から…

後で読む
東京スポーツ

 柔道男子日本代表・井上康生監督(42)が5日、オンライン取材に応じ、奈良・天理大学で開催中の強化合宿について語った。  期間は2日から7日まで。前回の合宿から1か月経たず行ったことに関して「チームの…

後で読む
東京スポーツ

 柔道男子日本代表が奈良・天理大学で強化合宿を開催。100キロ超級の原沢久喜(28=百五銀行)がオンライン取材で現在の思いを語った。  前回の合宿から一か月経たない中での参加となるが「コロナ禍で思うよ…

後で読む
東京スポーツ

 日本サッカー協会は5日、オーストリア遠征(13日=パナマ戦、18日=メキシコ)戦に臨む日本代表メンバー24人を発表した。  10月の活動では、オランダへの入国制限があった国のリーグに在籍しているロシ…

後で読む
東京スポーツ

 日本サッカー協会は5日、オーストリア遠征(13日=パナマ戦、18日=メキシコ)戦に臨む日本代表メンバー24人を発表した。  森保一監督(51)は、ベルギーリーグで得点を量産しているFW鈴木武蔵(26…

後で読む
デイリースポーツ

日本サッカー協会は5日、オーストリアのグラーツで行われる国際親善試合に臨む日本代表メンバーを発表し、南野(リバプール)久保建(ビリャレアル)ら欧州組の24選手が選出された。13日にパナマ代表、17日にメキシコ代表と対戦する。 新型コロナウイルスの影響で10月のオランダでの親善試合に招集できなかった橋本(ロストフ)浅野(パルチザン)が入り、10月はコンディション不良で辞退した長友(マルセイユ)も復帰。大迫(ブレーメン)は所属クラブの意向で外れた。

後で読む
デイリースポーツ

日本ハムは5日、8日に開幕する秋季教育リーグ「第17回みやざきフェニックス・リーグ」の参加メンバーを発表した。同リーグにはNPB12球団が参加し29日まで開催。日本ハムは宮崎県内各地で18試合を行う予定です。 【投 手】 生田目翼、吉田輝星、河野竜生、立野和明、西村天裕、柿木蓮、福田俊、鈴木健矢、鈴木遼太郎、宮台康平、吉田侑樹、望月大希、北浦竜次、長谷川凌汰、高山優希

後で読む
デイリースポーツ

今季限りで現役を引退する中日の吉見一起投手(36)が5日、記者会見し「幸せな15年間だった。てっぺんも底辺も両方見られたことはこれからの人生にすごく生きると思う」と語った。6日のナゴヤドームでの最終戦、ヤクルト戦で引退セレモニーが行われる。 中日の黄金期を支え、抜群の制球力は精密機械と称された。マウンドとホーム間の「空気を読む」勘や頭脳で試合を支配。当時投手コーチだった森繁和前監督や捕手の谷繁元信さんに指針を与えられたといい「当時最高の仲間がいたから勝てた」と感謝した。

後で読む
スポーツニッポン

 中日の吉見一起投手(36)が5日、ナゴヤドームで引退会見を行った。

後で読む
東京スポーツ

日本サッカー協会が、新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化してロックダウン(都市封鎖)を実施しているオーストリアへの遠征について安全対策を説明した。  反町康治技術委員長(56)は「ロックダウンの中で…

後で読む
サンケイスポーツ

 日本サッカー協会(JFA)は5日に、11月のオーストリア遠征に臨む日本代表メンバーを発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

高校野球の秋季九州大会(第147回九州大会)第4日は5日、長崎県営野球場で準決勝2試合が行われ、大崎(長崎)と福岡大大濠が6日の決勝に進んだ。大崎は初、福岡大大濠は8季ぶりの頂点を目指す。

後で読む
サンケイスポーツ

ハンドボール男子日本代表のダグル・シグルドソン監督(47)が5日、オンラインで記者会見し、来年1月の世界選手権(エジプト)へ「ベストを尽くすことが来夏の東京五輪へのいい準備になる」と意欲を表した。

後で読む
サンケイスポーツ

広島は5日、宮崎県内で8~29日に行われる2軍の秋季教育リーグ「みやざきフェニックス・リーグ」の参加選手24人を発表し、ともにドラフト1位で入団した2年目の小園、3年目の中村奨らが参加することになった。東出監督代行が指揮を執る。

後で読む
日刊スポーツ

全米インターネット野球記者協会(IBWAA)が4日、今季の最優秀投手を発表し、カブスのダルビッシュ有投手(34)がナ・リーグ得票2位、ツインズ前田健太投手(3… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

今オフ初めて年俸調停権を得るエンゼルス大谷翔平投手(26)の来季年俸は210万ドル(約2億3100万円)になると、米球界情報サイトMLBTR(トレードルーモア… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

大正大が最終戦で勝利し、今季2勝目を挙げ(8敗)で国士舘大と同率5位で秋季リーグ戦を終えた。1回2死一、三塁で5番大谷木涼太外野手(4年=坂戸)が中前に適時打… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

広島は5日、8日から始まるみやざきフェニックスリーグの参加選手を発表した。左ひじ手術から復帰を目指す高橋昂也投手(22)や今季1軍デビューも初安打は来季に持ち… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ロッテの育成ドラフト1位、立正大淞南・谷川唯人捕手(18)が5日、島根・松江市内の同校で永野スカウト部長、黒木担当スカウトの指名あいさつを受けた。強肩が売りで… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

【出場選手登録】 ▽オリックス 西村凌外野手 【同抹消】 ▽日本ハム 吉田輝星投手 ▽オリックス 西浦颯大外野手

後で読む
サンケイスポーツ

DeNAにドラフト4位で指名された小深田大地内野手(17)=履正社高が=5日、大阪・豊中市の同校で吉田孝司顧問兼球団代表補佐(74)、進藤達哉編成部長(50)、安部建輝スカウト(34)から指名あいさつを受けた。

後で読む
サンケイスポーツ

ロッテから育成ドラフト1位で指名された立正大淞南高(島根)の谷川唯人捕手(18)が5日、同校で永野吉成プロ・アマスカウト部長、黒木純司担当スカウトから指名あいさつを受けた。

後で読む
日刊スポーツ

サッカー女子、なでしこリーグ1部のジェフユナイテッド市原・千葉レディースは5日、GK山根恵里奈(29)が今季限りで引退すると発表した。身長188センチの長身G…

後で読む
日刊スポーツ

日本サッカー協会(JFA)は5日、オンラインで会見し、11月の日本代表オーストリア遠征のメンバーを発表した。10月のオランダ遠征に続き、選手は全員が欧州の海外…

後で読む
スポーツニッポン

関東ラグビー協会は5日、今月7日に予定していた関東大学対抗戦Aグループの明大―日体大戦(東京・秩父宮ラグビー場)を中止すると発表した。日体大のラグビー部員1名の新型コロナウイルス陽性が確認されたため。9月に開幕した関東の2つの主要大学リーグで、新型コロナの影響で試合が中止となるのは初めて。

後で読む
東京スポーツ

 大相撲11月場所(8日初日、東京・両国国技館)を控えた5日、新大関正代(29=時津風)が稽古を行った。幕内豊山(27)と相撲を取って調整し、状態については「とりあえず、今の段階ではいつも通り仕上げら…

後で読む
東京スポーツ

 大相撲11月場所(8日初日、東京・両国国技館)を控えた5日、横綱鶴竜(35=陸奥)が持病の腰痛のため休場することが決まった。師匠の陸奥親方(61=元大関霧島)が報道陣の電話取材に対応。「稽古ができて…

後で読む
東京スポーツ

 大相撲11月場所(8日初日、東京・両国国技館)を控えた5日、横綱白鵬(35=宮城野)の師匠の宮城野親方(63=竹葉山)が代表取材に応じた。  白鵬は8月に右ヒザの内視鏡手術を受け、9月の秋場所を全休…

後で読む
デイリースポーツ

関東ラグビー協会は5日、7日に開催する予定だった関東大学ラグビー対抗戦の日体大-明大戦(秩父宮)を中止にすることを発表した。 日体大学友会に所属する10代の学生1人が新型コロナウイルス陽性判定され、2人が濃厚接触者に指定されたもので、管轄の保健所から当該学友会に所属する者にPCR検査を受診する指示があった。6日に検査を受ける予定で検査結果は最短で7日に判明するため、試合を辞退する判断に至ったという。

後で読む
デイリースポーツ

「大相撲11月場所」(8日初日、東京・両国国技館) 2場所連続休場中の横綱鶴竜(35)=陸奥=が5日、腰痛のため11月場所も初日から休場することが分かった。3場所連続休場で進退は厳しくなる。朝稽古後に電話取材に応じ、「次に出た時はちゃんとした結果を残さなきゃダメでしょうね。体をベストの状態にして次に出たい」と来年初場所(1月10日初日、東京・両国国技館)で進退を懸ける考えを示した。

後で読む
デイリースポーツ

「大相撲11月場所」(8日初日、東京・両国国技館) 新大関正代(時津風)が5日、29歳の誕生日を迎え、「若々しい相撲を取れたら」と20代最後の年に意気込んだ。後援者から自身が賜杯を抱く写真が彩られた「大きいケーキ」をプレゼントされた。

後で読む
デイリースポーツ

来夏の東京五輪で33年ぶりの五輪出場となるハンドボール男子代表「彗星ジャパン」のダグル・シグルドソン監督が5日、オンライン会見を行い、来年1月の世界選手権(エジプト)に向け、4日から10日まで東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで行う第1回代表合宿や、今後の方針について説明した。 合宿には17年7月の日韓戦で史上初の高校生代表に選出された部井久アダム勇樹(21)=中大=が最年少で参加するなど、若手選手が多く招集された。「若い選手がチームにどういう影響を与えてくれるのか見たかった。世界選手権、アジア選手権、五輪では年齢に関係なく、ベストな選手を選出して臨むつもり」と積極的な“若手起用”も示唆した。

後で読む
デイリースポーツ

西武から育成ドラフト5位指名を受けた水上由伸投手(22)=四国学院大=が5日、善通寺市内で西武・渡辺智男スカウト(53)から指名あいさつを受けた。 渡辺スカウトから「直球のキレ、コントロール課題をクリアできれば支配下になれる選手」と激励を受けた水上。「これから体も大きくして、走り込んでいって、(1月の新人合同自主トレで)目立てるようにやっていきたい」と、一日でも早い支配下登録を誓った。

後で読む
デイリースポーツ

公正取引委員会は5日、日本のドラフト指名を拒否して外国のプロリーグでプレーした選手とは一定期間契約できないとするプロ野球の「田沢ルール」を巡り、独禁法違反(共同の取引拒絶)の疑いで日本野球機構(NPB)内の「日本プロ野球組織」を調査した結果、NPB側がルールを撤廃したため、調査を打ち切ったと公表した。 同ルールは米大リーグ、レッドソックスなどで活躍した田沢純一投手が2008年に大リーグ挑戦を表明した際に取り決められた申し合わせ。それぞれ帰国から高校生の場合は3年、大学生と社会人の場合は2年、プロ野球12球団との契約が禁じられていた。

後で読む
デイリースポーツ

ヤクルトはドラフト4位の大西広樹投手を1軍登録。石川雅規投手を抹消した。オリックスは西村凌外野手を登録、西浦颯大外野手を抹消した。日本ハムは前日の西武戦で8失点した吉田輝星投手を抹消した。 以下は5日の公示。

後で読む
デイリースポーツ

ヤクルト時代の2001年に最多勝のタイトルを獲得したDeNAの藤井秀悟広報兼打撃投手が5日、公式ブログを更新。日米通算2000安打を記録し、4日に国内FA権を獲得したホセ・ロペス内野手を祝福するとともに広島・長野久義外野手の気遣いを明かした。 ロペスとのツーショット写真とともに「先日は日米通算2000本安打達成、そしてNPB1000MLB1000安打達成したロペス。すごい記録過ぎてあせる仲良くしてくれてるロペスの大偉業達成は、ほんとに嬉しい」と偉業を祝福した。

後で読む
日刊スポーツ

関東学生陸上連盟は5日、東京箱根間往復大学駅伝を予定通り来年1月2日、3日に開催すると発表した。正月の風物詩は2日間で沿道に100万人以上の見物客が集まるとさ…

後で読む
サンケイスポーツ

日本サッカー協会(JFA)は5日に、11月のオーストリア遠征に臨む日本代表メンバーを発表した。

後で読む
東京スポーツ

日本サッカー協会は5日、オーストリア遠征(13日=パナマ戦、18日=メキシコ)戦に臨む日本代表メンバー24人を発表した。  FW大迫勇也(30=ブレーメン)はチーム事情で招集されず、国内組は10月の…

後で読む
東京スポーツ

日本代表の森保一監督(52)がオーストリア遠征(13日=パナマ戦、17日、メキシコ戦)に向けて〝実力至上主義〟を強調した。  今回の遠征で今年の活動は最後となる森保ジャパン。来年は延期されたカタール…

後で読む
スポーツニッポン

 大相撲の西横綱・鶴竜(35=陸奥部屋)が11月場所(8日初日、東京・両国国技館)を腰痛により休場することになった。5日まで相撲を取る稽古ができておらず、朝稽古後の電話取材に「こんな状態だと難しいかなと思う。出たときにはちゃんとした結果を残さないといけないので、この状態で出てもしょうがない」と話した。休場は3場所連続で18度目となる。

後で読む
サンケイスポーツ

11月1日に今季限りでの引退を発表した中日・吉見一起投手(36)が5日、ナゴヤドームで会見した。主な一問一答は以下の通り。

後で読む
日刊スポーツ

阪神ドラフト6位の三菱自動車岡崎・中野拓夢内野手(24)が5日、愛知・岡崎市内の同社で畑山統括スカウト、筒井スカウトから指名あいさつを受けた。走攻守そろった即… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

中日の吉見一起投手(36)が5日、ナゴヤドームで引退会見を行った。6日の今季本拠地最終戦となるヤクルト戦(ナゴヤドーム)で引退セレモニーを行う。主な一問一答は… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

阪神からドラフト6位で指名された中野拓夢内野手(24)=三菱自動車岡崎=が5日、岡崎市の同社で畑山統括スカウト、筒井スカウトから指名あいさつを受けた。 社会人2年目の今年は遊撃手として主にプレーし、大会では無失策を継続している。「なんとか自信を持って守れるようになってからはエラーが減ったのかなと思います。自分は広く守るタイプ。広い守備範囲でピッチャーを助けることを心掛けています」と中野。現在、チームの失策数はリーグワーストの82。社会人野球でも鉄壁の守りを見せてきた中野の守備力に期待がかかる。

後で読む
サンケイスポーツ

日本サッカー協会(JFA)は5日に、11月のオーストリア遠征に臨む日本代表メンバーを発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

大相撲の横綱鶴竜(35)が、11月場所(8日初日、両国国技館)を休場することが5日、分かった。同日の稽古後、師匠の陸奥親方(元大関霧島)に休場する意思を伝えた。7月、9月の秋場所を右肘の負傷で全休した鶴竜は、3場所連続休場となる。

後で読む
スポーツニッポン

関東学生陸上競技連盟(関東学連)は5日、第97回東京箱根間往復大学駅伝競走を予定通り2021年1月2、3日に開催することを発表した。

後で読む
東京スポーツ

 大相撲11月場所(8日初日、東京・両国国技館)を控えた5日、横綱鶴竜(35=陸奥)が代表取材に応じ、腰痛のため休場することを明かした。  本場所出場に向けて調整を続けてきたが、持病の腰痛が悪化。ここ…

後で読む
デイリースポーツ

日本サッカー協会は5日、オーストリアのグラーツで行われる国際親善試合に臨む日本代表メンバーを発表し、南野(リバプール)久保建(ビリャレアル)ら欧州組の24選手が選出された。 13日にパナマ代表、17日にメキシコ代表と対戦する。新型コロナウイルス対策で帰国後に求められる待機措置などのため、10月の活動に続いて国内組の招集は見送った。

後で読む
デイリースポーツ

日本サッカー協会は5日、オーストリア・グラーツで国際親善試合パナマ戦(13日)とメキシコ戦(17日)に臨む日本代表メンバーを発表し、MF南野拓実(25)=リバプール=やMF久保建英(19)=ビリャレアル=ら24人が選出された。 10月のオランダ遠征に続き全員が欧州組となり、前回はオランダへの入国制限のため招集外となっていたMF橋本拳人(27)=ロストフ、FW浅野拓磨(25)=パルチザン=が選ばれ、体調不良で参加を辞退していたDF長友佑都(34)=マルセイユ=も復帰した。

後で読む
スポーツニッポン

日本サッカー協会は5日、オーストリア遠征(13日パナマ、17日メキシコ)を戦う代表メンバー24人を発表した。10月のオランダ遠征に続き全員が欧州組。前回は招集外だった橋本拳人(27=ロストフ)、浅野拓磨(25=パルチザン)が復帰した。オランダ遠征で1試合のみの参加となっていたFW大迫勇也(30=ブレーメン)は招集外となった。

後で読む
東京スポーツ

日本ハムは5日、千葉県鎌ケ谷市内の球団施設で、黒羽根利規捕手、白村明弘外野手に対して戦力外通告を行ったことを明らかにした。  黒羽根は2005年に日大藤沢高からドラフト3位で横浜ベイスターズ(現De…

後で読む
サンケイスポーツ

 11月1日に今季限りでの引退を発表した中日・吉見一起投手(36)が5日、ナゴヤドームで会見した。

後で読む
サンケイスポーツ

 日本サッカー協会(JFA)は5日、オーストリア遠征に臨む日本代表メンバーを発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

 菊花賞で史上3頭目となる無敗のクラシック3冠を達成したコントレイル(栗・矢作、牡3)が、ジャパンC(29日、東京、GI、芝2400メートル)への参戦を決めた。

後で読む
スポーツニッポン

 日本女子プロゴルフツアーの今季第11戦「TOTOジャパンクラシック」(スポニチ主催)は6日から3日間、茨城県の太平洋C美野里C(6554ヤード、パー72)で開催される。国内唯一の米ツアー公式戦として知られる今大会も、今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で日本ツアー単独開催となる。

後で読む
サンケイスポーツ

関東ラグビー協会は5日、関東大学対抗戦の明大-日体大(7日、秩父宮)が、日体大の部員に新型コロナウイルス陽性者が出て試合を辞退したことで、中止すると発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

大相撲の西横綱鶴竜(35)=本名マンガラジャラブ・アナンダ、モンゴル出身、陸奥部屋=が5日、11月場所(8日初日、両国国技館)を腰痛により休場すると明言した。休場は3場所連続で18度目となる。

後で読む
日刊スポーツ

西武ドラフト4位の駒大・若林楽人外野手(22)は僧侶のイケメン息子だ。5日、世田谷市内の同大学で指名あいさつを受けた。潮崎編成グループディレクターが開口一番「… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

今季限りでの引退を表明した中日吉見一起投手(36)が5日、ナゴヤドームで引退会見を行った。会見では終始笑顔。現役引退を決めた理由について「自分の立ち位置、1軍… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

巨人は5日、10月29日のDeNA戦で通算200本塁打を達成した丸佳浩外野手(31)の記念グッズを、球団公式通販サイトで販売開始したと発表した。丸は、1点を追… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)は4日、各地で1次リーグ第3戦の8試合が行われ、H組ではライプチヒ(ドイツ)がパリ・サンジェルマン(フランス)を2-1で破った。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)は4日、各地で1次リーグ第3戦の8試合が行われ、G組でバルセロナ(スペイン)はメッシのゴールなどでディナモ・キエフ(ウクライナ)を2-1で退け、3連勝とした。

後で読む
日刊スポーツ

J1は11月8日に2試合が行われる。各カードのoptaファクトは以下の通り。※ファクト内の数字はJ1での成績ベガルタ仙台 – サガン鳥栖・…

後で読む
日刊スポーツ

日本サッカー協会(JFA)は5日、オンラインで会見し、11月の日本代表オーストリア遠征のメンバーを発表した。10月のオランダ遠征に続き、選手は全員が欧州組で編…

後で読む
スポーツニッポン

スポーツ庁の室伏広治長官が5日、都内で取材に応じた。8日には新型コロナウイルスの感染拡大後、五輪競技では国内初となる海外選手も参加する国際大会(東京・国立代々木競技場)が行われる。来夏の東京五輪・パラリンピックに向けても注目が集まっており、室伏長官は「PCR検査や行動計画を含めて、しっかりとした対策のもと、これ(国際大会)が試金石になっていくのは確実」と話した。

後で読む
スポーツニッポン

女子ゴルフツアーの「TOTOジャパンクラシック」(スポニチ主催)はあす6日から茨城県の太平洋C美野里C(6554ヤード、パー72)で開催される。

後で読む
デイリースポーツ

ジェフ千葉レディースは5日、187センチの長身GK山根恵里奈(29)の引退を発表した。 山根は広島市出身。高校時代は越境して福島県の富岡高に入学し、JFAアカデミー福島1期生として入団。年代別日本代表に名を連ねた。09年に東京電力マリーゼ入りし、なでしこジャパンに初招集。15年W杯カナダ大会は初戦のスイス戦に先発、1-0の勝利に貢献している。

後で読む
デイリースポーツ

サッカー女子、プレナスなでしこリーグ1部の千葉は5日、GK山根恵里奈(29)が今季限りで引退すると発表した。188センチの長身で、女子日本代表で通算26試合に出場している。 広島市出身の山根はJFAアカデミー福島から東京電力を経て千葉へ加入。2017年にベティス(スペイン)へ移籍し、昨年千葉へ復帰した。15年女子ワールドカップ(W杯)カナダ大会の代表メンバーで、今年10月の代表候補合宿にも招集されていた。

後で読む
デイリースポーツ

日本サッカー協会は5日、オーストリア・グラーツで国際親善試合パナマ戦(13日)とメキシコ戦(17日)に臨む日本代表メンバーを発表し、MF南野拓実(25)=リバプール=やMF久保建英(19)=ビリャレアル=ら24人が選ばれた。 10月のオランダ遠征に続き全員が欧州組となり、前回は招集外となっていたMF橋本拳人(27)=ロストフ、FW浅野拓磨(25)=パルチザン=が選ばれ、体調不良で参加を辞退していたDF長友佑都(34)=マルセイユ=も復帰した。

後で読む
東京スポーツ

日本ボクシングコミッション(JBC)は5日、明日6日に後楽園ホールで行われるWBO世界フライ級王座決定戦に出場する同級3位の中谷潤人(22=M・T)と同1位のジーメル・マグラモ(26=フィリピン)の…

後で読む
スポーツニッポン

日本サッカー協会は5日、オーストリア遠征(13日パナマ、17日メキシコ)を戦う代表メンバー24名を発表した。メンバーは以下の通り。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカー女子、プレナスなでしこリーグ1部の千葉は5日、GK山根恵里奈(29)が今季限りで引退すると発表した。188センチの長身で、女子日本代表で通算26試合に出場している。

後で読む
スポーツニッポン

 ジェフユナイテッド市原・千葉レディースは5日、元女子日本代表(なでしこジャパン)のGK山根恵里奈(29)が今季限りで現役を引退すると発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

日本ハムは5日、黒羽根利規捕手(33)、白村明弘外野手(28)と来季の契約を結ばないと発表した。両選手とも5日時点で今季1軍戦未出場。

後で読む
日刊スポーツ

日本ハムは5日、千葉・鎌ケ谷の2軍施設で、黒羽根利規捕手(33)と白村明弘外野手(28)の2選手について、来季の契約を結ばないことを通達した。黒羽根は「このメ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

DeNAドラフト4位の履正社・小深田大地内野手(17)が5日、大阪・豊中市内の同校で吉田孝司顧問兼代表補佐(74)、安部建輝スカウト(34)らから指名あいさつ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

 男子テニスのラファエル・ナダル(34=スペイン)が4日、シングルス通算1000勝目を挙げた。出場中のマスターズ・パリ大会2回戦でフェリシアノ・ロペス(39=スペイン)に4―6、7―6(7―5)、6―…

後で読む
東京スポーツ

 日本ハムは5日、千葉県鎌ケ谷市内の球団施設で、黒羽根利規捕手、白村明弘外野手に対して戦力外通告を行ったことを明らかにした。  黒羽根は2006年に日大藤沢高からドラフト3位で横浜ベイスターズ(現De…

後で読む
デイリースポーツ

日本ハムは5日、黒羽根利規捕手、白村明弘外野手に来季の契約を結ばないことを通達したと発表した。今後についてはともに未定としている。 黒羽根は05年高校生ドラフト3巡目で日大藤沢から横浜(現DeNA)に入団。08年に1軍初出場。強肩を武器に14年には正捕手の座をつかみ109試合に出場した。だが、16年は1軍出場なしに終わり、17年シーズン中に日本ハムにトレードされた。日本ハムでは17年は19試合に出場したが、以降は出場試合が激減。今季は出場なしに終わった。1軍通算成績は打率・214、6本塁打だった。

後で読む
デイリースポーツ

日本ハムは5日、黒羽根利規捕手、白村明弘外野手に来季の契約を結ばないことを通達したと発表した。黒羽根は現役続行を希望。白村は引退する意向を示した。 黒羽根は05年高校生ドラフト3巡目で日大藤沢から横浜(現DeNA)に入団。08年に1軍初出場。強肩を武器に14年には正捕手の座をつかみ109試合に出場した。だが、16年は1軍出場なしに終わり、17年シーズン中に日本ハムにトレードされた。日本ハムでは17年は19試合に出場したが、以降は出場試合が激減。今季は出場なしに終わった。1軍通算成績は打率・214、6本塁打だった。

後で読む
東京スポーツ

英「BBC」など各メディアは4日、世界反ドーピング機関(WADA)がサッカーの元フランス代表でクリスタルパレス(イングランド)に所属するDFママドゥ・サコ(30)にドーピング違反の疑いをかけたことが…

後で読む
サンケイスポーツ

 16年ぶりに近鉄・天理駅を利用した。隣接するJRの駅舎も含めてゴミ一つ落ちていないのは、以前とまったく変わっていない。先月26日に開かれたプロ野球、ドラフト会議で指名候補がいる奈良・天理大の担当となり、きれいで清潔だと改めて感心した駅に降り立った。大ざっぱで、いい加減な性格の自分には妙に落ち着かない駅でもあるが…。

後で読む
サンケイスポーツ

 巨人担当時代に宮崎キャンプで、ある選手と食事に行ったときのこと。着席して灰皿を差し出すと、彼は手のひらを私の方に向けて制し、「たばこは先月、やめたんですよ。気にしないで吸ってください」と笑った。

後で読む
サンケイスポーツ

交際女性を殴りけがをさせたとして、熊本中央署は5日までに、傷害の疑いでオートバイのモトクロス元全日本チャンピオンで会社役員成田亮容疑者(40)=仙台市泉区=を逮捕した。逮捕は4日。

後で読む
日刊スポーツ

日大が最終戦で敗れ、青学大の2部優勝が決まった。今季は青学大、日大、専大、拓大、国士舘大、大正大の6大学で2部リーグ戦が開催。例年と異なり、2回戦総当たり制で… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

千葉県勝浦市・勝浦興津港『第五庄之助丸』といえば、イワシ餌を使ったヒラメ釣りで根際ギリギリに仕掛けを入れて攻めるなど、ほかに類を見ない船の流し方をしてくれ、ゲーム性の高い釣りを楽しませてくれる。その秋葉庄之助船長が最近になってルアーを使ったジギングを始めたと聞き、早速、庄之助流SLJ(スーパーライトジギング)を楽しんできた。

後で読む
サンケイスポーツ

――師匠、銚子沖のヒラメが絶好調のようですね。

後で読む
サンケイスポーツ

東都大学野球2部秋季リーグ戦最終週最終日(5日、専大7-1日大、等々力)第1試合の専大-日大2回戦は、専大が日大を下し、日大は7勝3敗、専大は6勝4敗で終えた。2試合総当たり制の今季は優勝を勝利数で争う方式をとっており、勝利数が同数の場合は、当該の対戦を比較し、日大は、ここまで同じ7勝2敗の青学大に対し2連敗だったため、第3試合で青学大が拓大に敗れ7勝3敗となっても青学大の優勝で、第1試合で優勝が決まった。

後で読む
日刊スポーツ

ゴール裏の撮影ゾーンでカメラを構える。ピッチレベルで間近に見るゴール前の攻防は、本当に迫力満点だ。スタンドの記者席から見るサッカーとは、まったく異なる景色にな…

後で読む
日刊スポーツ

横浜FCのU-19(19歳以下)日本代表FW斉藤光毅(19)が今季終了後にベルギー2部リーグのロンメルに移籍することが5日、関係者への取材で分かった。クラブ間…

後で読む
スポーツニッポン

日本女子プロゴルフツアーの今季第11戦「TOTOジャパンクラシック」(スポニチ主催)は6日から3日間、茨城県の太平洋C美野里C(6554ヤード、パー72)で開催される。国内唯一の米ツアー公式戦として知られる今大会も、今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で日本ツアー単独開催となる。

後で読む
デイリースポーツ

日本ハムは5日、黒羽根利規捕手、白村明弘外野手に来季の契約を結ばないことを通達した発表した。

後で読む
スポーツニッポン

 男子テニスのロレックス・パリ・マスターズは4日、無観客の中でシングルス2回戦が行われ、第1シードのラファエル・ナダル(34=スペイン)が世界ランク64位のフェリシアーノ・ロペス(39=スペイン)を―6、 7―6(7―5)、6―4で下して初戦を突破し、シングルスでは通算1000勝目を挙げた。

後で読む
日刊スポーツ

アルペンスキーのワールドカップ(W杯)で13、14日にオーストリアのレッヒで開催予定だった男女のパラレルを、雪不足のため26、27日に延期すると同国スキー連盟…

後で読む
日刊スポーツ

年末年始にかけて、サッカーやラグビーなどの高校スポーツ全国大会が各地で開催される。日刊スポーツ東北版では今日から、競技別に東北の代表校を全チーム紹介します。第…

後で読む
日刊スポーツ

年末年始にかけて、サッカーやラグビーなどの高校スポーツ全国大会が各地で開催される。日刊スポーツ東北版では今日から、競技別に東北の代表校を全チーム紹介します。第…

後で読む
日刊スポーツ

ノルディックスキー・ジャンプ男子の佐藤慧一(23=雪印メグミルク)が新婚パワーでワールドカップ(W杯)上位を目指す。4日、札幌・北海道神宮での必勝祈願に参加し…

後で読む
日刊スポーツ

雪印メグミルクスキー部が4日、札幌・北海道神宮で恒例の必勝祈願を行った。全日本選手権など国内7戦中3戦で表彰台を独占するほど、チームは好調なスタートを切った。…

後で読む
サンケイスポーツ

世界反ドーピング機関(WADA)が4日、サッカーの元フランス代表DFサコ(クリスタルパレス)に対し2016年にドーピング違反の疑いをかけたことが間違っていたと認めて謝罪し、賠償金を支払った。BBC放送(電子版)など複数の英メディアが報じた。

後で読む
サンケイスポーツ

J1横浜FCのU-19(19歳以下)日本代表FW斉藤光毅(19)が今季終了後にベルギー2部リーグのロンメルに移籍することが5日、関係者への取材で分かった。クラブ間で合意しており、近日中に正式発表される。

後で読む
東京スポーツ

ナゴヤドームに“勝利の女神”降臨だ。「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の主題歌「炎(ほむら)」がオリコン週間シングルランキングで3週連続1位を獲得と大ヒット中の歌手・LiSA(33)が4日の中日―De…

後で読む
東京スポーツ

楽天は4日のオリックス戦(京セラ)に7―8と敗れ、引き分けを挟んで3連敗。借金4となり2位・西武との差が残り3試合で3・5ゲームまで開き、CS進出の可能性が消滅した。  球団は複数年契約を結んでいる…

後で読む
東京スポーツ

欧州チャンピオンズリーグ(CL)1次リーグ第3節(4日=日本時間5日)、H組のマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)はアウェーでバシャクシェヒル(トルコ)に1―2で敗れた。前半13分にカウンタ…

後で読む
東京スポーツ

欧州チャンピオンズリーグ(CL)1次リーグ第3節(4日=日本時間5日)、H組のパリ・サンジェルマン(フランス)はアウェーでライプチヒ(ドイツ)に1―2と逆転負けを喫した。  昨季CL準優勝のパリSG…

後で読む
日刊スポーツ

MLB公式サイトは、注目フリーエージェントの契約先を予想する記事でマルセル・オズナ外野手をピックアップ。今季所属したブレーブスなど8チームを挙げた。来年開幕時… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

南海電鉄などは4日、プロ野球の南海(現ソフトバンク)で戦後初の3冠王を獲得するなど活躍し、今年2月に84歳で死去した野村克也氏関連の展示を大阪市浪速区の本拠地… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンク千賀滉大投手(27)が、大きな勲章を手にした。3回に通算1000奪三振をマークし、野茂英雄(近鉄)を抜いてパ・リーグ最速855回1/3での記録達成… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンク千賀滉大投手(27)が、大きな勲章を手にした。3回に通算1000奪三振をマークし、野茂英雄(近鉄)を抜いてパ・リーグ最速855回1/3での記録達成… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

アルペンスキーのワールドカップ(W杯)で13、14日にオーストリアのレッヒで開催予定だった男女のパラレルを、雪不足のため26、27日に延期すると同国スキー連盟が4日に発表した。

後で読む
東京スポーツ

https://www.tokyo-sports.co.jp/prores/2373459/

後で読む
東京スポーツ

 7日の新日本プロレス・エディオンアリーナ大阪大会でEVILとのV1戦に臨むIWGPヘビー級&インターコンチネンタル2冠王者の内藤哲也(38)が意外な発奮材料を明かした。かつての「パレハ」との“エンド…

後で読む
東京スポーツ

 米テレビ局のMASN(電子版)は4日(日本時間5日)にヤンキースからFAとなった田中将大投手(32)について、オリオールズかナショナルズが来季の先発ローテーションの有力候補に挙げながらも、ヤンキース…

後で読む
デイリースポーツ

J1横浜FCのU-19(19歳以下)日本代表FW斉藤光毅(19)が今季終了後にベルギー2部リーグのロンメルに移籍することが5日、関係者への取材で分かった。クラブ間で合意しており、近日中に正式発表される。 斉藤は横浜FCの下部組織出身で2018年7月にJ2初出場。昨季はJ2で29試合に出場し6得点、チームが13年ぶりのJ1で戦う今季は24試合出場で3得点をマークしている。昨年はU-20ワールドカップ(W杯)に飛び級で出場した。

後で読む
東京スポーツ

欧州チャンピオンズリーグ(CL)1次リーグ第3節(4日=日本時間5日)、G組のユベントス(イタリア)は敵地でフェレンツバロシュ(ハンガリー)に4―1で大勝した。  ユベントスは新型コロナウイルス感染…

後で読む
東京スポーツ

【藤井康雄「勇者の魂」(14)】1994年、オリックスは3年目のイチローが210安打の活躍で優勝争いし、2位に食い込みました。イチローフィーバーが巻き起こると、女性客も増えて球場の風景が変わりました。…

後で読む
東京スポーツ

【スペイン・バルセロナ発】欧州チャンピオンズリーグ(CL)1次リーグ第3節(4日=日本時間5日)、G組のバルセロナ(スペイン)に所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(33)がホームのディナモ・…

後で読む
サンケイスポーツ

自動車F1の下部レース、F2に参戦している角田裕毅(カーリン)が4日、イタリアのイモラでF1アルファタウリのマシンによるテスト走行に臨ん。2018年型の車体で約350キロを走破し「初めてのF1マシンのドライブは少し疲れたけど、とても楽しかった」とコメントした。

後で読む
日刊スポーツ

MLBネットワークのジョエル・シャーマン氏が、新オーナーの豊富な資金力を得たメッツがオフに積極補強に出ると予想。獲得候補にダルビッシュ有投手(カブス)を挙げて… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
並び替え可能( Cookieで保存)。
よく使用する競技を下に(片手で届く場所に)並び替えて使用してください。
追加したい競技があればコメントください。