「2020年11月6日」の記事一覧

サンケイスポーツ

(セ・リーグ、中日4-5ヤクルト=延長十回規定により引き分け、24回戦、中日15勝7敗2分、6日、ナゴヤD)ホーム最終戦だった中日は終盤に追い付いて意地を見せたが、延長で力尽きた。抑えれば負けがなくなる十回は8番手谷元が1死一、三塁のピンチ。広岡にセーフティースクイズを決められ、勝ち越し点を許した。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、中日4-5ヤクルト=延長十回規定により引き分け、24回戦、中日15勝7敗2分、6日、ナゴヤD)中日は今季の本拠地最終戦に敗れた。与田剛監督(54)の主な一問一答は下記の通り。

後で読む
日刊スポーツ

中日は最大3点差を追いつき、同点で迎えた延長10回に谷元が1死一、三塁でスクイズを決められ惜敗した。同点の場面では祖父江を打者1人だけに投入。福に並ぶリーグト… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

FA権行使の行方が注目される中日大野雄大投手が本拠地最終戦後にドッキリ発言でスタンドをざわつかせた。表彰イベントで司会者から来季の抱負を問われると「どこのユニ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

楽天生命パーク引退試合で最後の雄姿を披露した。楽天渡辺直人内野手兼任打撃コーチ(40)は自らの希望で「1番DH」で西武戦にスタメン出場。バットでは4打数2安打… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、オリックス4-3日本ハム、24回戦、日本ハム12勝11敗1分、6日、京セラ)オリックスのドラフト2位ルーキー、紅林が同点の五回に適時打を放って決勝点をもぎ取った。追い付かれた直後の攻撃。2死二塁で河野の初球のカーブをうまく拾って左前にはじき返し「ここで打ったらヒーローだと思って打席に入った。何とか打ててよかった」と喜んだ。

後で読む
サンケイスポーツ

バスケットボール男子のBリーグ1部(B1)は広島サンプラザホールで1試合が行われ、東地区の富山が西地区の広島を89-80で退け、10勝2敗とした。広島は3勝9敗。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、中日4-5ヤクルト=延長十回規定により引き分け、24回戦、中日15勝7敗2分、6日、ナゴヤD)広岡が同点の延長十回に殊勲のスクイズを決め、ヤクルトにナゴヤドーム9戦ぶりの白星をもたらした。四回は大きな放物線を描く7号ソロを左翼席に放り込み「先頭打者だったので出塁することを考えて打席に入った。いい角度で上がってくれて良かった」と頬を緩めた。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、中日4-5ヤクルト、24回戦、中日15勝7敗2分け、6日、ナゴヤドーム)中日は今季の本拠地最終戦に敗れた。先発で現役最終登板を迎え、打者1人を空振り三振に抑えた吉見一起投手(36)は試合後、引退セレモニーに登場。ファンに最後のあいさつを行った。スピーチは以下の通り。

後で読む
東京スポーツ

 感動のフィナーレに東北のファンも涙した。楽天・渡辺直人内野手(40=打撃コーチ兼任)が6日の西武戦(楽天生命)で引退試合に臨み、攻守にわたって躍動。フル出場でチームを勝利に導き、有終の美を飾った。 …

後で読む
デイリースポーツ

サッカーのスペイン1部リーグのバルセロナは6日、日本のインターネット通販大手、楽天とのスポンサー契約を2022年6月30日まで延長すると発表した。17~18年シーズンから今季まで総額2億2千万ユーロ(約270億円)の4年契約を結んでおり、1年延長のオプションを行使した。来季もユニホームの胸に楽天のロゴが入る。(バルセロナ共同)

後で読む
デイリースポーツ

「中日4-5ヤクルト」(6日、ナゴヤドーム) ナゴヤドーム今季最終戦の試合後、中日・吉見一起投手(36)の引退セレモニーが行われた。中日の黄金期をともに支えた岩瀬仁紀氏(45)から花束を贈られ、続いて吉見の3人の子供が背番号の「19」のユニホームを着て花束を持ってくると、もう涙が止まらなかった。

後で読む
デイリースポーツ

「オリックス4-3日本ハム」(6日、京セラドーム大阪) オリックスは本拠地最終戦を勝利で、しかもドラフト1位・宮城の初勝利で飾った。

後で読む
東京スポーツ

オリックスは6日の日本ハム戦(京セラドーム大阪)に4―3で粘り勝ちした。  ドラフト1位ルーキー・宮城大弥(19)がプロ初勝利を飾ったが、試合後に反省の弁を並べた。今季3試合目の登板は5回7安打3失…

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、中日4-5ヤクルト=延長十回規定により引き分け、24回戦、中日15勝7敗2分、6日、ナゴヤD)ヤクルトは4-4の延長十回1死一、三塁から広岡がスクイズを決めて勝ち越し点を挙げた。救援のマクガフが4勝目で十回を締めた石山が19セーブ目。中日は八回、堂上の2点二塁打で同点とする粘りを見せたが、谷元が誤算だった。

後で読む
日刊スポーツ

直人さんのために- 楽天岸孝之投手(35)が、渡辺直人内野手兼任打撃コーチ(40)の引退試合に花を添えた。CS争いを繰り広げる西武を6安打2失点。9回は遊撃の… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

オリックスのドラフト2位紅林弘太郎内野手が同点の5回2死二塁で決勝打を放った。「宮城を勝たそうと野手のミーティングで話していた。あの場面で消極的にならずに、こ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

大相撲11月場所(8日初日、東京・両国国技館)を控えた6日、新大関正代(29=時津風)が電話取材に応じた。  この日は取組編成会議が開かれるなど、いよいよ本場所が近づき「あまり考えないようにしてるん…

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、楽天4-2西武、23回戦、西武12勝10敗1分、6日、楽天生命)痛恨の敗戦だ。勝てばクライマックスシリーズ(CS)進出に大きく近づけた大事な一戦を、西武が落とした。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、オリックス4-3日本ハム、24回戦、日本ハム12勝11敗1分、6日、京セラ)日本ハムの河野はドラフト1位新人同士の投げ合いで踏ん張りきれず、6回4失点で5敗目を喫した。一回に2点の援護をもらっていただけに「リードを守り切れなかったことがとても悔しい。1年を通して、今日のようなずるずるいく投球ばかりだった」と反省しきりだった。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、楽天4-2西武、23回戦、西武12勝10敗1分、6日、楽天生命)楽天の岸が2失点完投で今季無傷で7勝目を挙げた。緩急を織り交ぜて11三振を奪う快投。九回に引退試合で出場していた渡辺直が指名打者を解除して遊撃の守備に就いた。この回に1点を失ったがリードを守り切り「(渡辺)直人さんが守るまで投げようと思っていた。最高です」と率直に喜んだ。

後で読む
デイリースポーツ

「ボクシング・8回戦」(6日、後楽園ホール) 元WBC世界バンタム級王者・辰吉丈一郎(50)の次男で、日本スーパーバンタム級8位の辰吉寿以輝(24)がプロ14戦目に臨み、偶然のバッティングによる出血のため、今村和寛(28)=本田フィットネス=と2回2分59秒負傷引き分けとなった。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は6日、セ・パ両リーグで3試合を実施。

後で読む
デイリースポーツ

「ボクシング・WBO世界フライ級王座決定戦」(6日、後楽園ホール) 新型コロナウイルス拡大後、国内で初の世界戦となるWBO世界フライ級王座決定戦が開催され、同級3位の中谷潤人(22)=M・T=が同級1位のジーメル・マグラモ(26)=フィリピン=に8回2分10秒KO勝ちし、初挑戦で王座奪取に成功した。日本ジム所属の世界王者誕生は2018年12月にWBC世界バンタム級暫定王座を獲得した井上拓真(大橋)以来1年11カ月ぶりで、通算92人目。

後で読む
デイリースポーツ

世界ボクシング機構(WBO)フライ級王座決定戦12回戦は6日、東京・後楽園ホールで行われ、同級3位の中谷潤人(M・T)が同級1位のジーメル・マグラモ(フィリピン)に8回2分10秒、KO勝ちして新王者となった。 22歳で初の世界戦だった中谷は序盤から優勢に進め、8回に強烈な左から連打につなげて倒した。戦績は21戦全勝(16KO)。マグラモは26戦24勝(20KO)2敗。

後で読む
デイリースポーツ

「ボクシング・WBO世界フライ級王座決定戦」(6日、後楽園ホール) 新型コロナウイルス拡大後、国内で初の世界戦となるWBO世界フライ級王座決定戦が開催され、同級3位の中谷潤人(22)=M・T=が同級1位のジーメル・マグラモ(26)=フィリピン=に8回2分10秒KO勝ちし、初挑戦で王座奪取に成功した。

後で読む
日刊スポーツ

川崎フロンターレGKチョン・ソンリョンが、今季限りでの引退を発表したMF中村憲剛とのやりとりを明かした。ミーティングでの発表前に個別で報告を受け、「ソンリョン…

後で読む
東京スポーツ

配信されたWWE・NXT大会で、NXT女子王者の〝暗黒の逸女〟紫雷イオ(30)が王座戦の対戦相手として元NXT女子王者リア・リプリー(24)を指名した。  先週の「NXT:ハロウィン・ハボック」でキ…

後で読む
東京スポーツ

 国内女子ツアー「TOTOジャパンクラシック」初日(6日、茨城・太平洋C美野里C=パー72)、妊娠7か月での出場となった横峯さくら(34=エプソン)は76のラウンドで4オーバーの74位と出遅れた。  …

後で読む
スポーツニッポン

男子のショートプログラム(SP)が行われ、19年ジュニアグランプリファイナル王者の佐藤駿(16=フジ・コーポレーション)が81・84点で首位発進した。

後で読む
東京スポーツ

「TOTOジャパンクラシック」初日(6日、茨城・太平洋C美野里C=72)、先週初優勝のルーキー・西村優菜(20)は69のラウンドで、3アンダーの16位と好スタートを切った。  前半は3バーディー、3ボ…

後で読む
デイリースポーツ

体操の国際大会(8日・国立代々木競技場)に臨むロシア勢が6日、オンラインで記者会見し、昨年の世界選手権で男子個人総合など3冠に輝いたニキータ・ナゴルニーは「大会開催を喜んでいる。(来夏に)東京五輪が行われるべきであるということを証明する大会になる」と語った。新型コロナウイルス禍の中、五輪競技で日本に海外の選手を招いて開催する初の国際大会となる。 ロシア勢は5日に来日。主催する国際体操連盟(FIG)がPCR検査の毎日実施、ホテルと会場の行き来以外の外出禁止など徹底した感染対策を打ち出しており、ナゴルニーは「いい方向に変わっていくことを期待したい」と述べた。

後で読む
スポーツニッポン

男子のショートプログラム(SP)が行われ、20年四大陸選手権3位でシードの鍵山優真(17=星槎国際高横浜)は71・72点で2位発進。冒頭の4回転サルコーをこらえながら2回転トーループをつけ、出来栄え評価GOEで2・91点の加点を引き出した。だが、続く4回転トーループは2回転となり、後半の3回転半も着氷が乱れた。

後で読む
デイリースポーツ

フィギュアスケートの東日本選手権は6日、山梨県小瀬スポーツ公園アイスアリーナで開幕し、女子ショートプログラム(SP)は2018年世界選手権2位の樋口新葉が大きなミスなく演じ、70・71点で首位に立った。 昨年の全日本選手権3位の川畑和愛は58・35点で4位、16年世界ジュニア選手権女王の本田真凜は50・41点で8位と出遅れた。本田真の妹、本田望結は26位に終わり、上位24人による7日のフリーに進めなかった。

後で読む
デイリースポーツ

「フィギュアスケート・東日本選手権」(6日、小瀬スポーツ公園アイスアリーナ) 12月の全日本選手権(長野)進出を懸けて行われ、男子ショートプログラム(SP)は、19年ジュニアGPファイナル覇者の佐藤駿(16)=フジ・コーポレーション=が81・84点で首位発進した。2位は71・72点の鍵山優真(17)=星槎国際高横浜=だった。

後で読む
東京スポーツ

 オリックスが今季の京セラドーム最終戦を勝利で飾った。6日の日本ハム戦はドラ1ルーキー宮城が5回を7安打、3失点に抑え、同点で降板した直後にドラ2ルーキーの紅林が勝ち越し打を放つなど、高卒ルーキーの活…

後で読む
デイリースポーツ

「フィギュアスケート・東日本選手権」(6日、小瀬スポーツ公園アイスアリーナ) 12月の全日本選手権(長野)進出を懸けて行われ、男子ショートプログラム(SP)は、20年ユース五輪金メダリストの鍵山優真(17)=星槎国際高横浜=は71・72点で2位発進した。佐藤駿(16)=フジ・コーポレーション=が81・84点で首位につけた。

後で読む
デイリースポーツ

「フィギュアスケート・東日本選手権」(6日、小瀬スポーツ公園アイスアリーナ) 12月の全日本選手権(長野)出場の懸かる大会が開幕した。女子ショートプログラム(SP)が行われ、今季シニア初参戦で女優の本田望結(16)=プリンスホテル=は39・34点の26位で上位24人が進出するフリーに残れず、姉の真凜との姉妹での全日本出場はならなかった。真凜(19)=JAL=は8位。樋口新葉(19)=明大=が70・71点で首位発進で、7日のフリーに進んだ。

後で読む
東京スポーツ

シュートボクシングの〝絶対女王〟こと格闘家のRENA(29)が6日、ツイッターで〝新相棒〟を紹介した。  RENAは「MINI→ Mercedes-BenzG350に乗り換えました」とツイート。ベン…

後で読む
東京スポーツ

ボクシングの元WBC世界バンタム級王者、辰吉丈一郎(50)の次男で日本スーパーバンタム級8位の寿以輝(24=大阪帝拳)が6日、後楽園ホールでプロ14戦目となる同級8回戦に出場し、今村和寛(28=本田…

後で読む
東京スポーツ

WBO世界フライ級王座決定戦(6日、後楽園ホール)は同級3位の中谷潤人(22=M・T)が同1位のジーメル・マグラモ(26=フィリピン)に8ラウンド2分10秒でKO勝ち。新王者となった。  待たされた…

後で読む
デイリースポーツ

オリックスが競り勝った。3-3の五回2死二塁から紅林の左前打で勝ち越した。新人の宮城が5回3失点でプロ初勝利。六回以降は小刻みに継投し、九回を抑えた鈴木にプロ初セーブが付いた。日本ハムは河野が要所で粘れなかった。

後で読む
デイリースポーツ

「中日-ヤクルト」(6日、ナゴヤドーム) 最優秀中継ぎを争うヤクルトの清水昇投手が八回、ホールドシチュエーションで登板。それでも代打・堂上に中堅頭上を越す適時二塁打を浴び、2点のリードを追いつかれた。

後で読む
デイリースポーツ

ヤクルトは4-4の延長十回1死一、三塁から広岡がスクイズを決めて勝ち越し点を挙げた。救援のマクガフが4勝目で十回を締めた石山が19セーブ目。中日は八回、堂上の2点二塁打で同点とする粘りを見せたが、谷元が誤算だった。

後で読む
日刊スポーツ

ラグビーの関西大学Aリーグは、8校が2組に分かれて戦う変則リーグ戦が7日に開幕する。同大は8日の関大戦に向け、6日は京田辺市内で調整。練習後には恒例のジャージ…

後で読む
日刊スポーツ

鍵山優真(17=星槎国際高横浜)が71・72点で2位となった。冒頭の4回転サルコー-2回転トーループをこらえた後、続く4回転トーループが乱れて2回転に。最後の…

後で読む
日刊スポーツ

佐藤駿(16=フジ・コーポレーション)が81・84点で首位発進した。冒頭の4回転トーループ-3回転トーループをきれいに決めると、続くジャンプで大技に挑んだ。現…

後で読む
日刊スポーツ

日本車椅子ソフトボール協会と東大阪市は6日、パートナーシップ協定を締結したと発表した。競技普及、代表合宿の開催を目指し、また障害の有無、国籍などの枠を超えた共…

後で読む
日刊スポーツ

会場に姿を見せた彼女の顔は、晴れやかだった。涙はなかった。6日、大阪・八尾市内で開かれた柔道女子78キロ超級で16年リオ五輪銅メダルの山部佳苗選手(30)の引…

後で読む
東京スポーツ

日本ハムが6日、オリックス戦(京セラ)に3―4で惜敗。正三塁手候補・野村佑希の連日の活躍も、先発の河野が粘り切れず4連敗となった。  野村は1点リードの初回一死一、二塁から自己最多の3試合連続となる…

後で読む
東京スポーツ

西武は6日の楽天戦(楽天生命)に2ー4と敗れ連勝が4で止まった。  これで58勝56敗3分けとなり、CS出場権をかけた2位争いは再びロッテと同率で並んだ。互いに残り試合数は8日の直接対決(ZOZOマ…

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、楽天4-2西武、23回戦、西武12勝10敗1分、6日、楽天生命)西武は岸を打ち崩せず、完投勝利を許した。切れのある直球を捉えられず、五回までわずか1安打で9三振。1-4の九回は無死一、三塁の好機をつくったが、栗山の打球は遊撃手正面への併殺打となり、畳み掛けられなかった。

後で読む
サンケイスポーツ

J1神戸は6日、MF荒井貫太(17)らユース所属の16選手を、トップチームの試合に出場可能な2種登録とした。

後で読む
サンケイスポーツ

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦、中国杯は6日、重慶で開幕し、男子ショートプログラム(SP)で2016、17年の世界選手権3位の金博洋(中国)が4回転ルッツ、4回転-2回転の2連続トーループなどを決め、103・94点で首位発進した。閻涵(中国)が92・56点で2位。

後で読む
サンケイスポーツ

体操の国際大会(8日、国立代々木競技場)に臨むロシア勢が6日、オンラインで記者会見し、昨年の世界選手権で男子個人総合など3冠に輝いたニキータ・ナゴルニーは「大会開催を喜んでいる。東京五輪が行われるべきであるということを証明する大会になる」と語った。新型コロナウイルス禍の中、五輪競技で日本に海外の選手を招いて開催する初の国際大会となる。

後で読む
日刊スポーツ

日本ハムが初回、野村の適時打などで2点を先制した。オリックスは2回に頓宮の2号2ランなどで3点を奪い、逆転した。日本ハムが5回、野村の適時打で同点に。オリック… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

今季限りで現役から退く楽天の渡辺直が引退試合に「1番・指名打者」で先発して三回の第2打席で先制の足場となる二塁打を放った。「最後に自分がプレーをしている姿を目… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

アルビレックス新潟は6日、同日開催された臨時取締役会において代表取締役社長の異動(辞任・就任)が決議されたことを発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は6日、セ・パ両リーグで3試合を実施。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、楽天4-2西武、23回戦、西武12勝10敗1分け、6日、楽天生命パーク)楽天・渡辺直人内野手兼任打撃コーチ(40)が「1番・DH」で先発出場し、“引退試合”を4打数2安打1得点で終えた。

後で読む
スポーツニッポン

フィギュアスケート女子で10年バンクーバー五輪銀メダル、世界選手権3度制覇の浅田真央さんが主役を務めるアイスショー「浅田真央サンクスツアー」の京都公演が6日、京都アクアリーナで行われた。

後で読む
スポーツニッポン

フィギュアスケート女子で10年バンクーバー五輪銀メダル、世界選手権3度制覇の浅田真央さんが主役を務めるアイスショー「浅田真央サンクスツアー」の京都公演が6日、京都アクアリーナで行われた。

後で読む
スポーツニッポン

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦中国杯の第1日が6日、重慶で行われた。男子ショートプログラム(SP)では16、17年世界選手権3位の金博洋(ボーヤン・ジン、23=中国)が冒頭の4回転ルッツなどを決め、103・94点で首位発進した。

後で読む
スポーツニッポン

男子のショートプログラム(SP)が行われ、19年ジュニアグランプリファイナル王者の佐藤駿(16=フジ・コーポレーション)が81・84点で首位に立った。大技4回転ルッツに転倒しながらも4回転―3回転の連続トーループに着氷した。2位は20年四大陸選手権3位の鍵山優真(17=星槎国際高横浜)で71・72点、3位は東京選手権優勝の山隈太一朗(20=明大)で66・35点だった。

後で読む
デイリースポーツ

J1柏は6日、新たに選手1人が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性と判定されたと発表した。選手の感染は4人目となり、スタッフと合わせてクラブ内の感染者は計15人となった。 クラブによると当該選手は4、5日の検査で陰性だったが、4日夜から発熱。5日に病院で受診し、肺にわずかな炎症が見つかった。4日から自主隔離を行っている。

後で読む
デイリースポーツ

J1柏は6日、トップチーム選手1人が新型コロナウイルスのPCR検査で新たに陽性判定を受けたと発表した。これで選手4人、トップチームスタッフ11人が陽性判定となり感染者は計15人となった。 5日までにネルシーニョ監督(70)を含むスタッフ、選手の感染がすでに判明しており、同日までに陽性判定されていた14名に関しては、大きな容体の変化は現時点でないという。

後で読む
デイリースポーツ

楽天は三回に小深田の適時打と鈴木大の適時二塁打で2点を先制した。2点差に追い上げられた六回に岩見の適時二塁打で突き放した。岸が緩急を巧みに使って11三振を奪い、2失点完投で無傷の7勝目。西武は連勝が4で止まった。

後で読む
東京スポーツ

10月26日のドラフト会議で阪神が交渉権を獲得したアマナンバーワンスラッガー・佐藤輝明内野手(21=近大)が6日、関西地区大学選手権準決勝・大商大戦に「4番・三塁」として先発出場。3打数1安打2打点…

後で読む
東京スポーツ

J1横浜FCの元日本代表FW三浦知良(53)とJ1神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(36)の〝直接対決〟は来季へ持ち越しとなりそうだ。  1―1の引き分けだった今季開幕戦での直接対決(…

後で読む
スポーツニッポン

 今季限りでの現役引退を表明している楽天の渡辺直人内野手兼1軍打撃コーチ(40)が、引退試合となった6日の西武戦(楽天生命パーク)に「1番・DH」でスタメン出場。第2打席で二塁打を放った。

後で読む
サンケイスポーツ

J1柏は6日、新たに選手1人が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性と判定されたと発表した。選手の感染は4人目となり、スタッフと合わせてクラブ内の感染者は計15人となった。

後で読む
サンケイスポーツ

Jリーグは6日、審判員らを対象にした新型コロナウイルスのPCR検査で、10月28日から11月2日に検体を採取した119件が全て陰性だったと発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は6日、セ・パ両リーグで3試合を実施。

後で読む
日刊スポーツ

阪神は6日、福留孝介外野手(43)、能見篤史投手(41)、上本博紀内野手(34)の退団を正式発表した。福留は西宮市内の鳴尾浜球場で、2軍選手とともにタテジマ最… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

体操の国際競技会(8日、東京・国立代々木競技場)に臨むロシアの有力選手が6日、オンラインで記者会見した。昨年の世界選手権男子3冠のニキータ・ナゴルニーは「参加できるのは大きなチャンス。東京五輪が行われるべきと証明するイベントとなる」と意気込んだ。

後で読む
日刊スポーツ

J2ジュビロ磐田は6日、トップチームのスタッフ1人が新たに新型コロナウイルスのPCR検査で陽性判定を受けたと発表した。5日にはFW小川航基(23)とDF舩木翔…

後で読む
日刊スポーツ

J1清水エスパルスDF金井貢史(30)が、リセットした体制に自信を得た様子だ。6日は静岡市内で約1時間半の練習に参加。2日間のオフ明けだったが、ミニゲームなど…

後で読む
日刊スポーツ

栃木県女子サッカーリーグ1部の栃木SCレディースは6日、所属選手が人身事故で逮捕されたことを発表した。宇都宮中央署によると、逮捕されたのは同チーム所属の会社員…

後で読む
日刊スポーツ

柏レイソルは6日、選手1人が新たに新型コロナウイルスのPCR検査で陽性となったことを発表した。これでクラブでは選手4人、チームスタッフ11人の15人が陽性とな…

後で読む
日刊スポーツ

J2アルビレックス新潟は6日、是永大輔社長(43)の辞任と、中野幸夫常勤顧問兼後援会副会長(65)の社長就任を発表した。この日の臨時取締役会で辞任の申し出があ…

後で読む
東京スポーツ

 前橋競輪場で開催中の「第89回全日本自転車競技選手権大会トラック・レース」は6日、2日目を行った。  男子スプリントは深谷知広(30=JPCU)が貫禄を見せつける走りで優勝した。同種目2回目の優勝に…

後で読む
デイリースポーツ

大相撲11月場所の休場が決まった横綱白鵬の師匠、宮城野親方(元幕内竹葉山)は6日、前日に白鵬の出場可否について問われた際の「もし出られなかったら、来場所に進退を懸けて頑張るしかない」と言及したことを取り消した。 日本相撲協会を通じてコメントを出し「私は白鵬の進退にかかわる発言をいたしましたが、決して本意ではなく軽率だったと深く反省しております。訂正して取り消させていただきます」とした。

後で読む
東京スポーツ

 今季限りで現役を引退するオリックスの山崎勝己捕手(38)が6日、京セラドームで記者会見しした。 「すっきりした。もう準備をしなくていいんだ、という気持ち。お世話になっているオリックスに貢献できなかっ…

後で読む
デイリースポーツ

「大相撲11月場所」(8日初日、両国国技館) 横綱白鵬(35)=宮城野=が6日、11月場所の休場を届け出て、自身ワーストの3場所連続休場が決まった。同日、進退発言を巡り、師匠の宮城野親方(元前頭竹葉山)が異例の訂正文を出すドタバタがあった。

後で読む
デイリースポーツ

「大相撲11月場所」(8日初日、両国国技館) 日本相撲協会は6日、協会執行部の定例会を開き、新型コロナウイルス感染防止のため、年末年始もイベント参加を自粛する方針を協議した。各部屋が後援者らを招いて行う恒例の餅つきも部屋内部だけに限定。芝田山広報部長(元横綱大乃国)は「人を呼んだり、呼ばれて行くのは止めよう」と説明した。

後で読む
デイリースポーツ

自転車トラック種目の全日本選手権第2日は6日、前橋市のヤマダグリーンドーム前橋で行われ、1日で4種目を走るオムニアムの女子は今年の世界選手権覇者で東京五輪でも金メダルが期待される梶原悠未(筑波大院)が3連覇を果たした。梶原は4種目全てトップの圧勝。 男子スプリントは、3位決定戦でともにケイリン、スプリント五輪代表の新田祐大と脇本雄太が対戦し、新田が勝った。優勝は深谷知広(いずれも日本競輪選手会)。

後で読む
デイリースポーツ

「大相撲11月場所」(8日初日、両国国技館) 日本相撲協会が11月場所で実施する新企画を6日、発表した。7月、秋場所から観客上限も倍増5000人となり、サービスの充実を図る。

後で読む
デイリースポーツ

「楽天-西武」(6日、楽天生命パーク宮城) 引退試合に臨んだ渡辺直人内野手(40)が、第2打席で左翼線への二塁打を放った。

後で読む
デイリースポーツ

「オリックス-日本ハム」(6日、京セラドーム大阪) 2点を追うオリックスは二回1死からT-岡田が中前打で出塁すると、大下は右中間二塁打で1点をかえす。さらに続く頓宮はカウント2-2から河野の123キロを左翼スタンドに運ぶ逆転の2号2ラン。

後で読む
デイリースポーツ

「オリックス-日本ハム」(6日、京セラドーム大阪) 同点に追いつかれたオリックスは五回1死から佐野が三塁ゴロエラーで二塁まで進むと2死後、ドラフト2位・紅林弘太郎内野手の左前打で俊足を飛ばし生還した。

後で読む
スポーツニッポン

 「TOTOジャパンクラシック」は6日、太平洋クラブ美野里Cで開幕した。原英莉花(21=日本通運)がボギーなし4バーディーの4アンダー68で回り、首位と3打差の10位と好発進。「納得がいくショットがあまり打てない中で、ボギーを打たずプレーできたのは良かったです。パッティングは思ってところに打てていた。いい滑りだしができたかな」と小さくうなずいた。

後で読む
スポーツニッポン

Jリーグは6日、登録選手の追加などを発表し、神戸から一挙16人もの選手が新たに2種登録された。育成組織に所属する選手がJリーグの公式戦に出場できるのが2種登録制度で、全員が神戸U―18所属。15歳のDF村井清大、MF永沢海風ら高校1年生も5人が登録された。

後で読む
スポーツニッポン

J1柏は6日、トップチーム選手1人が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性判定を受けたと発表した。

後で読む
デイリースポーツ

 「女子ゴルフ・TOTOジャパンクラシック・第1日」(6日、太平洋C美野里C=パー72) 今季国内戦3試合目の出場となった渋野日向子(21)=サントリー=は5バーディー、2ボギー、1ダブルボギーの1アンダー71で38位につけた。

後で読む
日刊スポーツ

ソフトボールの日本リーグ女子決勝トーナメントの前日会見が6日、オンラインで行われた。リーグ2位のビックカメラ高崎の岩渕有美監督は、7日のリーグ覇者トヨタ自動車…

後で読む
日刊スポーツ

オムニアム世界女王の梶原悠未(23=筑波大大学院)が、大会3連覇を飾った。全種目で1位と圧倒的な強さで東京五輪での金メダルへ、期待がふくらむ走りを見せた。男子…

後で読む
日刊スポーツ

関西学生アメリカンフットボールで甲子園ボウル(12月13日)出場をかけたトーナメント戦は、8日に準決勝2試合が行われる。立命大は関大と対戦。6日は滋賀・草津市…

後で読む
日刊スポーツ

世界的スターの衝撃デビューだ。ラグビーのトップリーグ(TL)神戸製鋼に加入した元ニュージーランド(NZ)代表FBベン・スミス(34)が6日、プレシーズンマッチ…

後で読む
日刊スポーツ

日本陸連は6日、大学生アスリートを対象とした「ライフスキルトレーニング」を実施すると発表した。競技力だけでなく人間力を向上させることを目的としたプログラムを通…

後で読む
サンケイスポーツ

J1のFC東京は6日、昨年のU-17(17歳以下)ワールドカップ(W杯)日本代表のMF角昂志郎(18)ら、ユース所属の17選手をトップチームの試合に出場可能な2種登録としたと発表した。アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の遠征メンバーが不在となる見通しの12月のリーグ戦を見据えた措置。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカーのスペイン1部リーグのバルセロナは6日、日本のインターネット通販大手、楽天とのスポンサー契約を2022年6月30日まで延長すると発表した。17~18年シーズンから今季まで総額2億2000万ユーロ(約270億円)の4年契約を結んでおり、1年延長のオプションを行使した。来季もユニホームの胸に楽天のロゴが入る。

後で読む
東京スポーツ

広島を退団することが決まった小窪哲也内野手(35)が現役続行に強い意欲を燃やした。  6日、廿日市市内の大野練習場にあいさつに訪れた元選手会長は「年も年なので何年もできるわけではない。でも、可能性が…

後で読む
東京スポーツ

ジェームスが絶好調だ! 日本ハムの野村佑希内野手が6日、オリックス戦(京セラ)に「5番・三塁」で先発出場し、初回に3試合連続となる適時打を放った。  1点リードの初回一死一、二塁で初打席を迎えた野村…

後で読む
東京スポーツ

今季限りで現役を引退する中日・吉見一起投手(36)が6日のヤクルト戦(ナゴヤドーム)でラスト登板。ホーム最終戦の先発マウンドに上がり、プロ15年間の有終の美を飾った。  ヤクルトの1番・山崎を2球連…

後で読む
東京スポーツ

メモリアルゲームで主役が躍動した。楽天・渡辺直人内野手(30=打撃コーチ兼務)が6日の西武戦(楽天生命)で3回二死から左翼へ二塁打を放った。  この日は自らの引退試合として銘打たれ「1番・DH」で先…

後で読む
東京スポーツ

ジェームス様様の大活躍だ! 日本ハムの野村佑希内野手が6日、オリックス戦(京セラ)に「5番・三塁」で先発出場し、1点を追う5回に同点の左前適時打を放った。  1打席目では自己最多の3試合連続適時打を…

後で読む
東京スポーツ

スペイン1部バルセロナは6日、インターネット通販大手「楽天」とのパートナーシップを2022年まで延長したと発表した。  バルセロナは、2017―18年シーズンから4年契約で楽天とパートナーシップ関係…

後で読む
サンケイスポーツ

昨年夏場所以来の優勝を狙う大関朝乃山は6日、東京都墨田区の高砂部屋で基礎運動などを行って調整した。白鵬、鶴竜の2横綱の休場を受け、報道陣の電話取材に「場所を締めて盛り上げないといけない。その自覚を持って闘いたい」と意気込んだ。

後で読む
日刊スポーツ

オリックス頓宮裕真捕手(23)が、惜別の逆転弾を放った。1-2の2回1死二塁で、この日、京セラドーム大阪で引退会見を行った山崎勝が登場曲として使っていたフジフ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

今シーズンで現役引退する中日吉見一起投手(36)、楽天渡辺直人内野手兼打撃コーチ(40)、オリックス山崎勝己捕手(39)が6日、引退試合を迎え最後の雄姿を見せ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

日本陸連は6日、人材サービス会社の東京海上日動キャリアサービスと連携し、社会人として競技と仕事の両立を目指す大学生選手を支援する「ライフスキルトレーニングプログラム」を12月に開始すると発表した。自分の考えや行動を言葉にする能力などを磨くことで、競技力向上と同時に、社会や企業で生きる力を養うのが狙い。費用は日本陸連が負担する。

後で読む
サンケイスポーツ

西武がドラフト5位で指名した福岡大準硬式野球部の大曲錬投手(22)=179センチ、78キロ、右投げ右打ち=の入団が6日、決まった。福岡市内のホテルで入団交渉し、契約金3000万円、年俸900万円で合意した。

後で読む
サンケイスポーツ

TOTOジャパンクラシック第1日(6日、茨城県太平洋クラブ美野里=6554ヤード、パー72)ツアー5勝の藤田さいきが1イーグル、6バーディー、1ボギーの65で回り、ペ・ソンウ(韓国)と首位に並んだ。妊娠7カ月の横峯さくらは74位。

後で読む
スポーツニッポン

神戸製鋼に新加入したニュージーランド代表84キャップの万能バックス、ベン・スミス(34)がデビュー戦で初トライを挙げた。神戸市内で下部リーグのマツダと練習試合をし、30分3本マッチの2試合目にFBで登場。グラウンドを縦横無尽に駆け回った。

後で読む
スポーツニッポン

ジュニア女子ショートプログラム(SP)が行われ、千葉百音(15=仙台FSC)が59・55点で首位発進した。ほぼノーミスで「エバーグリーン」を演じた。2位は50・67点の住吉りをん(17=駒場学園高)、3位は50・00点の鈴木なつ(17=Mエイトクラブ)だった。

後で読む
スポーツニッポン

ラグビー・トップリーグの神戸製鋼に新加入したSO李承信(19)が6日、社会人デビューを果たした。下部リーグ・マツダ戦との練習試合(30分3本マッチ)が神戸市内があり、1試合目と3試合目に出場。2試合合計11本のGKを全て決めた。「真ん中ばかりだったので」と謙そんしたものの、難しい角度もポールの間を通した。

後で読む
東京スポーツ

 女子プロレス「アイスリボン」の藤本つかさ(37)が6日、全日本プロレスの〝暴走大巨人〟こと諏訪魔(43)、石川修司(45)組を大人の対応であしらった。  先日のハロウィーンで披露したアニメ「鬼滅の刃…

後で読む
スポーツニッポン

ラグビートップリーグ(TL)のNTTコムに新加入した元スコットランド代表主将のSHグレイグ・レイドロー(35)が6日、千葉県浦安市のグラウンドで行われたチーム練習に参加した。レイドローは先月中旬ごろに来日し、2週間の待機期間を経て今週初めからチームに合流。この日も約3時間半のフルメニューを全てこなし、「チームメートが温かく迎えてくれたので、いいスタートを切ることができた。チームも凄くいい印象。…

後で読む
東京スポーツ

 大相撲11月場所(8日初日、東京・両国国技館)を控えた6日、大関朝乃山(26=高砂)が電話取材に応じた。  この日は取組編成会議が開かれ、初日は幕内霧馬山(24=陸奥)、2日目は小結照ノ富士(28=…

後で読む
東京スポーツ

「TOTOジャパンクラシック」初日(6日、茨城・太平洋C美野里C=72)、原英莉花(21=日本通運)はノーボギーの68をマークし、4アンダーの10位と好スタートを切った。  快調な滑り出しに見えたが「…

後で読む
東京スポーツ

 女子サッカーチームの栃木SCレディースは6日、トップチーム選手が人身事故で逮捕されたと発表した。  当該選手は、5日午後0時30分ころ、練習終了後に車で帰宅する際、栃木県宇都宮市桜一丁目付近の片側3…

後で読む
東京スポーツ

 広島を退団することが決まった小窪哲也内野手(35)が現役続行に強い意欲を燃やした。  6日、廿日市市内の大野練習場にあいさつに訪れた元選手会長は「歳も歳なので何年もできるわけではない。でも、可能性が…

後で読む
デイリースポーツ

「中日-ヤクルト」(6日、ナゴヤドーム) 中日の吉見一起投手(36)が、笑顔のラスト登板を終えた。

後で読む
スポーツニッポン

 丁寧にプレートの土を払い、まっさらなマウンドに上がった。中日・吉見が現役ラスト登板。

後で読む
東京スポーツ

さらば猛虎――。今季限りで阪神を退団する福留孝介外野手(43)が6日、鳴尾浜球場での二軍練習に参加。練習開始前には選手を前に約5分にわたり「プロ野球選手として成功するために…」といったテーマで若虎に…

後で読む
東京スポーツ

イタリア1部ボローニャの日本代表DF冨安健洋が、5日に22歳の誕生日を迎えた。  5日に発表された日本代表のオーストリア遠征(13日=パナマ戦、日本時間18日=メキシコ戦)のメンバーにも順当に選出さ…

後で読む
サンケイスポーツ

フィギュアスケートの東日本選手権は6日、山梨県小瀬スポーツ公園アイスアリーナで開幕し、女子ショートプログラム(SP)は16年世界ジュニア選手権女王の本田真凜(JAL)は50・41点で8位と出遅れた。本田真の妹、本田望結(プリンスホテル)は26位に終わり、上位24人による7日のフリーに進めなかった。

後で読む
サンケイスポーツ

短水路(25メートルプール)で争うチーム対抗戦。東京フロッグキングスは、女子200メートル個人メドレーの大橋悠依(25)=イトマン東進=が、2分5秒04の短水路日本新記録で2位に入った。男子は200メートル個人メドレーの萩野公介(26)=ブリヂストン=が1分52秒69で2位だった。北島康介ゼネラルマネジャー(38)が率いる東京フロッグキングスは、第1日を終え4チーム中3位だった。

後で読む
サンケイスポーツ

TOTOジャパンクラシック第1日(6日、茨城県太平洋クラブ美野里=6554ヤード、パー72)ツアー5勝の藤田さいきが1イーグル、6バーディー、1ボギーの65で回り、ペ・ソンウ(韓国)と首位に並んだ。渋野日向子は71で38位となった。

後で読む
サンケイスポーツ

大相撲の東横綱白鵬(35)=本名白鵬翔、モンゴル出身、宮城野部屋=が6日、古傷の右膝が完治しないため11月場所(8日初日、両国国技館)を休場することになった。日本相撲協会に「右膝関節鏡手術、術後血症で約2週間の加療を要する見込み」との5日付の診断書を提出した。休場は自己ワーストの3場所連続で17度目。横綱鶴竜も休むため、2場所連続で複数の横綱が初日から不在となる。協会広報部によると史上初。

後で読む
日刊スポーツ

中日吉見一起投手(36)がプロ最後のマウンドに上がった。マウンドに上がる前には、帽子を取って周囲の景色を確認。投球を始める前にはプレートを4度、手で払ってから… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

西武ドラフト6位で指名された東農大北海道オホーツクのタイシンガー・ブランドン大河内野手(22)が6日、北海道・網走市内の同大で指名あいさつを受けた。ファミリー… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

パ・リーグ4位が確定した楽天が、CS出場権をかけた負けられない戦いが続く2位西武と対戦する。予告先発は楽天が岸、西武は浜屋。–一球速報-… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「中日-ヤクルト」(6日、ナゴヤドーム) 中日・吉見一起投手が引退試合で先発し、先頭打者の山崎を空振り三振に仕留め、15年間の現役に別れを告げた。

後で読む
デイリースポーツ

阪神は6日、宮崎県で8日から開催される「みやざきフェニックス・リーグ」の参加メンバーを発表した。 メンバーは以下の通り。

後で読む
東京スポーツ

「TOTOジャパンクラシック」初日(6日、茨城・太平洋C美野里C=パー72)、渋野日向子(21=サントリー)は5バーディー、2ボギー、1ダブルボギーの71で回り、1アンダーの38位とまずまずの滑り出し…

後で読む
サンケイスポーツ

3日にオートレース最高峰のSG「日本選手権オートレース」を制した元SMAPの森且行(46)=川口・25期=が6日、川口オートレース場に姿を見せた。7日に開幕する「オートレース発祥70周年記念レース」への参戦を控え、相次ぐテレビ番組のインタビューを受ける合間にレースへの取材にも対応。SG初制覇の喜びに浸りつつ、王者として臨むシリーズに向け、気を引き締めている心境を明かした。

後で読む
サンケイスポーツ

西武は6日、8日から29日の間に開催される「第17回みやざきフェニックス・リーグ」に参加する選手を発表した。参加選手は以下の通り。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は6日、セ・パ両リーグで3試合を実施。

後で読む
サンケイスポーツ

DeNAのホセ・ロペス内野手(36)が6日、羽田空港発の航空機で自宅のある米国へと戻った。

後で読む
日刊スポーツ

浦和レッズは6日、流経大に所属するMF宮本優太(20)の22年シーズン加入内定を発表した。また同選手は3日付で、今季の特別指定選手としても認定された。170セ…

後で読む
デイリースポーツ

IBF(国際ボクシング連盟、本部=ニュージャージー)が5日までに最新の世界ランキングを発表。10月31日(日本時間11月1日)に米国ラスベガスで開催されたWBA・IBF世界バンタム級タイトルマッチで統一王者の井上尚弥(27)=大橋=に7回KO負けしたジェーソン・モロニー(29)=オーストラリア=は4位から11位にランクダウンした。 WBA2位、IBF4位のランキングで2冠の井上に挑んだモロニーは、6回に左フックで最初のダウンを奪われ、7回終了間際に右ストレートのカウンターでKOされた。この試合の結果が反映された最新ランキングではWBAが2位から8位に、IBFは2桁順位となる11位まで急落した。

後で読む
日刊スポーツ

Jリーグは6日、新型コロナウイルスに関する公式検査の結果を公表した。審判員などを対象とした検査(検体採取日=10月28日~11月2日)は、検査総数119件です…

後で読む
日刊スポーツ

栃木県女子リーグ1部の栃木SCレディースは6日、所属選手が人身事故で逮捕されたことを発表した。逮捕されたのは青木春菜容疑者(25)で、逮捕容疑は5日午後0時半…

後で読む
スポーツニッポン

ツアー5勝の藤田さいき(35=チェリーゴルフ)が1イーグル、6バーディー、1ボギーの7アンダー、65で回り、ペ・ソンウ(韓国)と首位に並んだ。大里桃子と申ジエ(韓国)が1打差の3位。勝みなみ、若林舞衣子、臼井麗香らが67で5位につけた。

後で読む
東京スポーツ

 米WWE入りが決まっているSareee(24)が、7日に参戦する「東京女子プロレス」の東京ドームシティホール(TDC)大会に向けて意気込みを語った。  タッグ戦で伊藤麻希(25)と組み、山下実優(2…

後で読む
東京スポーツ

 来春のデビュー戦に向けて早くも臨戦態勢だ。〝炎の戦士〟こと大谷晋二郎(48)率いる「ゼロワン」の応援大使「ゼロワンガールズ」の、れなちゃす、ナツミ(26)、サナ(23)が敵情視察に訪れる。  3日の…

後で読む
東京スポーツ

 体操の国際競技会(8日、国立代々木競技場)に参加する中国選手団が、新型コロナウイルス感染防止のため防護服、ゴーグルなどの完全装備で5日、成田空港に来日し、中国でも物議を醸している。 「新浪体育」など…

後で読む
デイリースポーツ

高校野球の秋季九州大会(第147回九州大会)最終日は6日、長崎県営野球場で決勝が行われ、大崎(長崎)が5-1で福岡大大濠に勝ち、出場3度目で初優勝した。 1-1の四回、2死二塁から山口の適時打で勝ち越すと、五回に2点を追加。七回にも松本の適時打で1点を加えて突き放した。投げては今大会初登板の1年生左腕、勝本が1失点で完投した。

後で読む
デイリースポーツ

大相撲の新大関正代が6日、11月場所(8日初日・両国国技館)の2日目までの対戦相手が決まったことを受けて報道陣の電話取材に応じ「だいぶ緊張感は出てきた。場所に向けてあまり考えないようにしているが」と心境を語った。 初日は先場所11勝を挙げた若隆景、2日目は自己最高位の東前頭筆頭で臨む霧馬山と顔を合わせる。相手については「見ていない。なるべく、初日を迎えるまでは考えないようにしている」と話したが、仕上がりは順調なようだ。「いつも通りの相撲が取れるんじゃないか」と自信を示した。

後で読む
東京スポーツ

 日本シリーズは〝I&W〟でかき回す! 巨人・原辰徳監督(62)が、改めて理想的な「1、2番像」について言及した。  広島との最終カードを終えたチームは6日、空路と陸路で移動。原監督は広島空港から帰京…

後で読む
デイリースポーツ

「自転車・トラックレース全日本選手権」(6日、ヤマダグリーンドーム前橋) 4種目の合計点で争う中距離のオムニアム女子が行われ、東京五輪同種目代表で世界選手権覇者の梶原悠未(23)=筑波大院=が総合2位と46点の大差をつけて優勝した。

後で読む
デイリースポーツ

柔道女子78キロ超級で16年リオデジャネイロ五輪銅メダリストの山部佳苗(30)=ミキハウス=が6日、大阪・八尾市で引退会見を行った。昨年11月に手術を受けた腰の状態もあり、最後の試合となった先月31日の講道館杯では「戦っている最中に闘争心がなくなったと感じた。柔道選手として終わりだな」と引退を決意。「自分の中でやり切った。柔道人生に悔いはなく幸せ」と晴れやかに語った。 山部はキレ味鋭い払い腰を武器に、全日本選手権を3度制すなど女子重量級の第一人者として活躍してきた。

後で読む
デイリースポーツ

Jリーグは6日、J2新潟に罰金300万円と、けん責の処分を科した。ファビオら外国人選手2人が酒気帯び運転などの疑いで書類送検された上、リーグへの報告義務にも違反があった。新潟は同日、是永大輔社長(43)の引責辞任と、中野幸夫常勤顧問兼後援会副会長(65)の社長就任を発表した。 2選手(既に契約解除)は9月17日に取り締まりを受けたが、新潟からリーグへの報告は外部から通報があった後の10月14日。その間、当該選手は試合出場を続け、Jリーグの信用を損なったと判断された。新潟が外国人選手の飲酒運転を防ぐ適切な措置を講じていなかった点も問題視した。

後で読む
デイリースポーツ

「カーリング・日本トップチーム強化試合」(6日、稚内市みどりスポーツパーク) 日本のトップチームを集めた特別エキシビション大会が開幕した。女子は開幕戦で中部電力が18年平昌五輪銅メダルのロコソラーレを11-1で下し、白星発進を決めた。

後で読む
デイリースポーツ

女子サッカーの栃木SCレディースは6日、所属選手が自動車による人身事故および救護義務違反(ひき逃げ)で逮捕されたと発表した。 逮捕選手は5日午後0時30分頃、練習終了後に車で帰宅する際に、栃木県宇都宮市桜一丁目付近の片側3車線の直線で、工事中のう回路を歩行中の女性をはねた。警察の事情聴取を受け、6日に宇都宮中央署にて逮捕されたという。

後で読む
デイリースポーツ

オリックスは6日、第17回みやざきフェニックスリーグの参加メンバーを発表した。 【監督】小林2軍監督代行

後で読む
デイリースポーツ

DeNAのホセ・ロペス内野手(36)が6日、羽田空港発の航空機でアメリカへ帰国した。 来日8年目の今季は81試合で打率・246、12本塁打、42打点の成績。不振で2軍落ちも経験したが、1軍復帰後に節目の日米通算2000安打を達成した。

後で読む
デイリースポーツ

「関西地区大学野球選手権・準決勝、近大6-3大商大」(6日、南港中央球場) 大商大が、阪神ドラフト1位の佐藤輝明内野手(21)擁する近大に敗れ、決勝進出を逃した。だが、来秋ドラフト候補の福元悠真外野手(3年・智弁学園)が、佐藤に引けを取らない豪快な同点2ランを放ち、存在感を示した。

後で読む
デイリースポーツ

「楽天-西武」(6日、楽天生命パーク宮城) 今季限りで引退を表明している楽天・渡辺直人内野手(39)の引退試合となるこの試合、渡辺直が「1番・DH」でのスタメン出場が発表された。

後で読む
デイリースポーツ

オリックスの山崎勝己捕手(38)が6日、京セラドーム大阪で記者会見し、現役引退を表明した。堅守でプロ20年を生き抜き「準備をもうしなくていいんだという気持ちで、すっきりした」と語った。 兵庫・報徳学園高から2001年にドラフト4位でダイエー(現ソフトバンク)入りし、フリーエージェント(FA)で移籍したオリックスでは14年からプレーした。現役生活の思い出を聞かれると「幼なじみの中島(巨人)とオリックスでプレーできたこと」と話し、涙を浮かべた。

後で読む
デイリースポーツ

 TOTOジャパンクラシック第1日(6日・茨城県太平洋クラブ美野里=6554ヤード、パー72)ツアー5勝の藤田さいきが1イーグル、6バーディー、1ボギーの65で回り、ペ・ソンウ(韓国)と首位に並んだ。大里桃子と申ジエ(韓国)が1打差の3位。勝みなみ、若林舞衣子、臼井麗香らが67で5位につけた。 前年覇者の鈴木愛や原英莉花は68で10位、畑岡奈紗は69で16位、渋野日向子は71で38位となった。妊娠7カ月の横峯さくらは74位。新型コロナウイルスの影響で、例年と異なり米ツアーを兼ねない。(賞金総額1億6千万円、優勝2400万円)

後で読む
デイリースポーツ

 「女子ゴルフ・TOTOジャパンクラシック・第1日」(6日、太平洋C美野里C=パー72) 今季国内戦3試合目の出場となった渋野日向子(21)=サントリー=は5バーディー、2ボギー、1ダブルボギーの1アンダー71で38位につけた。

後で読む
デイリースポーツ

 「女子ゴルフ・TOTOジャパンクラシック・第1日」(6日、太平洋C美野里C=パー72) 原英莉花(21)=日本通運=は5、6番の2連続を含む4バーディー、ボギーなしの68をマークし、首位に3打差10位と好スタートを決めた。9番はグリーン右エッジから10ヤードをチップインバーディー、17番は5メートルのバーディーパットを沈めてスコアを伸ばし「納得いくショットが打てない中、ボギーを打たずプレーできた。まあ、いい滑り出しができたかなと思う」と自己評価。渋野、畑岡と同組だったが、会話より自分のプレーに集中した様子で「引き締まったプレーでした」と振り返った。

後で読む
日刊スポーツ

柔道女子78キロ超級で16年リオデジャネイロ五輪銅メダルの山部佳苗(30)が6日、大阪・八尾市内のミキハウス本社で引退会見を行った。笑顔も見せながら、現役生活…

後で読む
日刊スポーツ

世界的スターの衝撃デビューだ。ラグビーのトップリーグ(TL)神戸製鋼に加入した元ニュージーランド(NZ)代表FBベン・スミス(34)が6日、プレシーズンマッチ…

後で読む
日刊スポーツ

バレーボール日本代表の石川祐希(24=ミラノ)が、7日(日本時間8日)に行われる古巣パドバとの一戦を前に意気込みを語った。所属チームのユーチュブーチャンネルで…

後で読む
日刊スポーツ

短水路(25メートルプール)で競う競泳国際リーグ(ISL)が5日、ブダペストで行われた。予選リーグ第8戦第1日に登場した「東京フロッグキングス」(北島康介GM…

後で読む
サンケイスポーツ

ACミランのパオロ・マルディーニTD(テクニカルディレクター)が5日、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じて39歳のFWズラタン・イブラヒモヴィッチの去就などについて語った。

後で読む
東京スポーツ

J1横浜FCの元日本代表FW三浦知良(53)とJ1神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(36)の〝直接対決〟は来季へ持ち越しとなりそうだ。  1―1の引き分けだった今季開幕戦での直接対決(…

後で読む
サンケイスポーツ

セ・パ両リーグは6日、7日の予告先発投手を発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

野球の関西地区大学選手権第1日は6日、大阪市南港中央球場で2試合が行われ、近大(関西学生)と奈良学園大(近畿学生)が勝った。

後で読む
サンケイスポーツ

野球の関西地区大学選手権第1日は6日、大阪市南港中央球場で2試合が行われ、近大(関西学生)と奈良学園大(近畿学生)が勝った。

後で読む
日刊スポーツ

パ・リーグ4位が確定した楽天が、CS出場権をかけた負けられない戦いが続く2位西武と対戦する。予告先発は楽天が岸、西武は浜屋。試合開始は午後6時の予定。ニッカン… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

日本ハムのドラフト2位、中大・五十幡(いそばた)亮汰外野手(21)が6日、都内にある同大多摩キャンパスで指名あいさつを受けた。50メートルは手動計測で5秒6、… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

7日のプロ野球予告先発は以下の通り。<セ・リーグ>巨人今村信貴-ヤクルト小川泰弘(東京ドーム=18時)広島中村祐太-阪神秋山拓巳(マツダスタジアム=14時)<… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

大相撲の新大関正代が6日、11月場所(8日初日、両国国技館)の2日目までの対戦相手が決まったことを受けて報道陣の電話取材に応じ「だいぶ緊張感は出てきた。場所に向けてあまり考えないようにしているが」と心境を語った。

後で読む
サンケイスポーツ

宇都宮中央署は6日、歩行中の女性(55)を軽乗用車ではねて立ち去ったとして、道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、女子サッカーチーム「栃木SCレディース」所属の会社員青木春菜容疑者(25)=宇都宮市=を逮捕した。「ぶつかったのは人ではないと思った」と容疑を一部否認している。

後で読む
スポーツニッポン

4種目のポイント合計で争う女子オムニアムは東京五輪代表で世界王者の梶原悠未(23=筑波大大学院)が全種目で1位を獲得する完全優勝を達成した。梶原は「王者らしい走りを意識して確実に優勝を達成できた」と笑顔で応えた。

後で読む
東京スポーツ

 J2新潟は6日、是永大輔社長(43)が辞任し、取締役常勤顧問の中野幸夫氏(65)が社長に就任すると発表した。この日、行われた臨時取締役会で決議された。  是永氏は、6日付けでの社長辞任を申し出て受理…

後で読む
デイリースポーツ

Jリーグは6日、登録選手の追加・変更・抹消を発表し、11月中旬からカタールで集中開催されるアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)に出場するFC東京、神戸、横浜Mは下部組織から計36人を2種登録した。 1次リーグF組のFC東京は2019年8月31日に16歳17日でJ3デビューを果たしているMF安田虎士朗(17)ら17人を登録。2004年生まれで16歳の選手も3人含まれている。

後で読む
デイリースポーツ

引退を表明している中日・吉見一起投手、楽天・渡辺直人内野手、オリックス・山崎勝己捕手が1軍登録された。3選手とも引退選手・特別登録が適用され、この日のみ、1軍登録枠31人を超えての登録が可能となる。該当選手は翌日に自動的に登録抹消となる。 DeNAはロペス内野手、オースティン内野手ら6選手を抹消した。

後で読む
デイリースポーツ

阪神は6日、福留孝介外野手(43)、能見篤史投手(41)、上本博紀内野手(34)が今季限りで退団すると発表した。来季のチームの戦力構想から外れた3選手は自由契約となり、他球団での現役続行を目指す。 福留は兵庫県西宮市の鳴尾浜球場で行われた今季最後の2軍練習に参加し、積極的に若手に声を掛けた。8年間在籍した阪神に別れを告げることに「寂しいというのはあるけれど、必ずこういう時が来る」と話した。1軍は3試合を残しているが、福留は今後、出場する見込みはないとした。

後で読む
スポーツニッポン

 来季の構想外となっている阪神・福留孝介外野手(43)が6日、鳴尾浜球場での練習を打ち上げた。今後の1軍戦出場予定もなく、阪神のユニホームに袖を通すのはこれが最後となった。

後で読む
スポーツニッポン

Jリーグは6日、J2新潟に所属していた外国籍選手2人が道交法違反で書類送検された件を受け、クラブに罰金300万円とけん責処分を科すことを決定、発表した。

後で読む
スポーツニッポン

女子サッカーの栃木SCレディースは6日、所属選手が人身事故および救護義務違反で逮捕されたことを発表。公式サイトで謝罪した。

後で読む
東京スポーツ

Jリーグは6日、村井満チェアマン(61)がJ2新潟の違反行為について裁定委員会に諮問し、懲罰を決定したと発表した。新潟には罰金300万円とけん責処分が下された。  新潟は、当時所属(10月19日に契…

後で読む
サンケイスポーツ

 日本ハムからドラフト2位指名された五十幡亮汰外野手(21)=中大=が6日、東京・八王子市の多摩キャンパスで球団の大渕スカウトらから指名あいさつを受けた。

後で読む
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、中日-ヤクルト、24回戦、6日、ナゴヤドーム)今季限りでの引退を表明している中日・吉見一起投手(36)が先発としてラスト登板を迎える。試合前はダッシュやキャッチボールなどで体を動かした。

後で読む
サンケイスポーツ

TOTOジャパンクラシック第1日(6日、茨城県太平洋クラブ美野里=6554ヤード、パー72)ツアー5勝の藤田さいきが1イーグル、6バーディー、1ボギーの65で回り、ペ・ソンウ(韓国)と首位に並んだ。大里桃子と申ジエ(韓国)が1打差の3位。勝みなみ、若林舞衣子、臼井麗香らが67で5位につけた。

後で読む
サンケイスポーツ

【出場選手登録】 ▽楽天 渡辺直人内野手(引退選手特例) ▽オリックス 宮城大弥投手、山崎勝己捕手(引退選手特例)

後で読む
サンケイスポーツ

【出場選手登録】 ▽中日 吉見一起投手(引退選手特例) ▽ヤクルト 原樹理投手、高橋奎二投手 【同抹消】 ▽巨人 ディプラン投手 ▽DeNA パットン投手、笠井崇正投手、ロペス内野手、伊藤裕季也内野手、森敬斗内野手、オースティン内野手 ▽阪神 西勇輝投手、谷川昌希投手 ▽広島 田中法彦投手、羽月隆太郎内野手、大盛穂外野手 ▽ヤクルト 大下佑馬投手、金久保優斗投手

後で読む
サンケイスポーツ

今季限りでの現役引退を発表した山崎勝己捕手(38)が6日、京セラドーム大阪で引退会見を行った。

後で読む
日刊スポーツ

楽天ナインが渡辺直人一色に染まった。6日、今季限りで現役を引退する渡辺直人選手兼打撃コーチの引退試合となる西武戦(楽天生命パーク)を前に、楽天の首脳陣、選手、… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

11月6日のプロ野球の出場選手登録と抹消は以下の通り。【セ・リーグ】<登録>中日 吉見一起投手ヤクルト 原樹理投手ヤクルト 高橋奎二投手<抹消>巨人 ディプラ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

阪神は8日から始まるみやざきフェニックスリーグに参加する22選手を6日、発表した。参加メンバーは以下の通り。▼投手 西純矢、小野泰己、浜地真澄、及川雅貴、守屋… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「関西地区大学野球選手権、大商大-近大」(6日、南港中央) 阪神からドラフト1位指名された佐藤輝明内野手(21)=近大=が「4番・三塁」で出場した。3打席目までは安打が無かったが、4打席目に快音を響かせた。

後で読む
デイリースポーツ

阪神は6日、福留孝介外野手(43)、能見篤史投手(41)、上本博紀内野手(34)を今季限りでの退団を発表した。3人とも他球団での現役続行を希望しており、今後は移籍先を模索する。 福留は1998年ドラフト1位で中日入団。米大リーグ挑戦を経て、2013年から阪神へ移籍した。球界現役最年長の43歳となった今季は、開幕から調子が上向かず、43試合で打率・154、1本塁打、12打点だった。

後で読む
デイリースポーツ

今季限りで退団する福留孝介外野手(43)が6日、西宮市内の鳴尾浜球場で、阪神での最後の練習を行った。練習前には西純、井上ら若手選手の前で、ラストメッセージを送った。 「限界を作ってほしくないというかね。自分で勝手に限界を決めないでほしい。やっぱり1軍で活躍してほしい、1軍で活躍している姿を見たいですし、そういうふうになるために何をするかってことを自分でよく考えてやっていってほしいなと思います」

後で読む
デイリースポーツ

今季限りで退団する福留孝介外野手(43)が6日、西宮市内の鳴尾浜球場で、阪神での最後の練習を行った。球界最年長となる43歳までプロの世界で生き抜き、日米通算2407安打のレジェンド。練習後には報道陣の取材に応じた。以下は阪神・福留の最後の一問一答、前編。  ◇  ◇

後で読む
デイリースポーツ

今季限りで退団する福留孝介外野手(43)が6日、西宮市内の鳴尾浜球場で、阪神での最後の練習を行った。球界最年長となる43歳までプロの世界で生き抜き、日米通算2407安打のレジェンド。練習後には報道陣の取材に応じた。以下は阪神・福留の最後の一問一答、後編。  ◇  ◇

後で読む
デイリースポーツ

阪神は6日、宮崎県で8日から開催される「みやざきフェニックス・リーグ」の参加メンバーを発表した。 メンバーは以下の通り。

後で読む
サンケイスポーツ

楽天からドラフト4位で指名された亜大の内間拓馬投手が6日、東京都武蔵野市内の同大で指名あいさつを受けた。オンラインで取材に応じ「開幕から1軍に食い込めるような成績をオープン戦から残す。年間を通してチームの戦力として戦えるような活躍をしたい」と意気込んだ。

後で読む
サンケイスポーツ

女子ゴルフの「TOTOジャパンクラシック」は6日、茨城・太平洋C美野里C(6554ヤード、パー72)で開幕。前週の大会で予選落ちした渋野日向子(21)=サントリー=は、5バーディー、2ボギー、1ダブルボギーの1アンダー、71で回り、首位と6打差の38位で初日を終えた。前半を1オーバーで折り返すと、後半11番、12番と連続でバーディーを奪い、その後はパーを重ねた。

後で読む
サンケイスポーツ

オートレースの日本選手権でSG初優勝を飾った元SMAPの森且行(46)が6日、日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜後1・55)にVTR出演。優勝後初めてとなるテレビ出演で、仲間たちへの感謝の思いを明かした。

後で読む
日刊スポーツ

J2アルビレックス新潟は6日、臨時取締役会を開き、是永大輔・代表取締役の辞任を受理したと発表した。6日付で辞任の申し出があった。17日付で取締役に異動し、12…

後で読む
日刊スポーツ

Jリーグは6日、FWファビオの酒気帯び運転および当該案件で摘発された事実をJリーグに報告しなかったことに対して、アルビレックス新潟に罰金300万円とけん責の懲…

後で読む
スポーツニッポン

柔道女子78キロ超級で16年リオデジャネイロ五輪銅メダリストの山部佳苗(30)が6日、大阪府八尾市にある所属先のミキハウスで引退会見を行った。「ここまで柔道をやりきることができて、幸せだった。すっきりしている。納得いく柔道ができたし、後輩も頑張ってくれている」とすがすがしい表情で現役生活を振り返った。

後で読む
スポーツニッポン

「TOTOジャパンクラシック」は6日、太平洋クラブ美野里Cで開幕した。今季日本ツアー3戦目となった注目の渋野日向子(21=サントリー)は5バーディー、2ボギー、1ダブルボギーの1アンダー「71」でホールアウト。日本ツアーでは今季初のアンダーパーをマークし、「久しぶりのアンダーが出て結果としては嬉しいですけど、内容を見るとまだまだ足りない。短いパットを3回も外してしまったので、そういうところを無…

後で読む
東京スポーツ

 WWE・NXTで快進撃を続けるKUSHIDA(37)が頂点に向かって一直線だ。  配信されたNXT大会では先週行われた「NXT:ハロウィン・ハボック」のホーンテッドハウス・オブ・テラー戦の後遺症を抱…

後で読む
スポーツニッポン

先週の三菱電気レディースで今季初優勝を逃した勝みなみ(22=明治安田生命)がなんとも派手なスタートを切った。

後で読む
東京スポーツ

 配信されたWWE・NXT大会で、NXT女子王者の〝暗黒の逸女〟紫雷イオ(30)が王座戦の対戦相手として元NXT女子王者リア・リプリー(24)を指名した。  先週の「NXT:ハロウィン・ハボック」でキ…

後で読む
スポーツニッポン

黄金世代の大里桃子(22=伊藤園)が66と伸ばして首位に1打差の3位と好発進した。

後で読む
東京スポーツ

 大相撲11月場所(8日初日、東京・両国国技館)を控えた6日、新大関正代(29=時津風)が電話取材に応じた。  この日は取組編成会議が開かれるなど、いよいよ本場所が近づき「あまり考えないようにしてるん…

後で読む
デイリースポーツ

「大相撲11月場所」(8日初日、東京・両国国技館) 取組編成会議が6日、行われ、新大関正代(29)=時津風=が初日に若隆景(荒汐)、2日目に霧馬山(陸奥)が組まれた。本人は初優勝した先場所同様、対戦当日の朝まで相手を聞かない“作戦”。ネットニュースもSNSも見ず、付け人にも情報シャットアウトを指示し、2日後の初日に臨む。

後で読む
東京スポーツ

 J2磐田は6日、新型コロナウイルスのPCR検査で新たにトップチームのスタッフ1人に陽性判定が出たと発表した。  磐田は、元日本代表FW小川航基(23)とDF船木翔(22)の陽性判定を受けて5日に選手…

後で読む
デイリースポーツ

J2新潟は6日、是永大輔代表取締役社長が辞任したと発表した。臨時取締役会で決議された。 後任として中野幸夫取締役常勤顧問兼講演会副会長が務める。

後で読む
デイリースポーツ

「大相撲11月場所」(8日初日、東京・両国国技館) 日本相撲協会は6日、取組編成会議を行い、初日と2日目の取組を決めた。

後で読む
デイリースポーツ

「フィギュアスケート・東日本選手権」(6日、小瀬スポーツ公園アイスアリーナ) 12月の全日本選手権(長野)進出を懸けて開幕した。女子ショートプログラム(SP)は、昨年の全日本選手権3位の川畑和愛(18)=早大=が58・35点で4位発進した。

後で読む
デイリースポーツ

Jリーグは6日、村井満チェアマンがJ2新潟の違反行為について裁定委員会に諮問し、罰金300万円とけん責処分を決定したと発表した。 新潟では9月17日にファビオが新潟市内で酒気帯び運転を行い、クラブは同選手が検挙されたことを知りながら10月14日までJリーグに報告しなかった。

後で読む
デイリースポーツ

【ロサンゼルス共同】米プロフットボールNFL第9週第1日は5日、カリフォルニア州サンタクララで行われ、パッカーズがフォーティナイナーズ(49ers)に34-17で快勝し、6勝2敗とした。QBロジャーズが4TDパスを通した。49ersは4勝5敗。

後で読む
デイリースポーツ

J2磐田は6日、新型コロナウイルスのPCR検査で新たにトップチームのスタッフ1人に陽性判定が出たと発表した。発熱の症状があるという。5日にFW小川航とDF船木の感染を発表しており、クラブ内の感染者は計3人となった。 磐田は選手とスタッフ計57人を対象として検査を実施した。濃厚接触が疑われる者を除いて練習は再開する。

後で読む
デイリースポーツ

柔道女子78キロ超級で16年リオデジャネイロ五輪銅メダリストの山部佳苗(30)=ミキハウス=が6日、大阪府八尾市で引退会見を行った。「自分の中でやり切った思いがあった。納得いく柔道ができたのと、(所属の)後輩たちがしっかり頑張ってくれる道筋ができたと感じて引退を決めた」と報告し、「自分の柔道人生は悔いなく終わり幸せだった」と晴れやかに語った。 引退を決意したのは先月31日に出場した講道館杯。5位に終わったが、「戦っている最中から自分には闘争心がなくなったと感じた。柔道選手として終わりだなと」。昨年11月には腰のヘルニアで手術を受け、今年8月頃に稽古を再開したが、「リハビリを続けてきたけど思うようにいかなくて。(所属の)後輩が頑張っている姿を見て、自分が先頭を切って背中を見せなくても大丈夫と感じて(引退を)決意した」と明かした。

後で読む
デイリースポーツ

引退を表明している中日・吉見一起投手、楽天・渡辺直人内野手、オリックス・山崎勝己捕手が1軍登録された。3選手とも引退選手・特別登録が適用され、この日のみ、1軍登録枠31人を超えての登録が可能となる。該当選手は翌日に自動的に登録抹消となる。 DeNAはロペス内野手、オースティン内野手ら6選手を抹消した。

後で読む
スポーツニッポン

J2新潟は6日、臨時取締役会を開き、是永大輔社長(43)の辞任と、元Jリーグ専務理事で2018年12月まで新潟で社長を務めていた取締役常勤顧問・中野幸夫氏(65)の社長復帰を決めた。中野氏は同日、記者会見を行う。

後で読む
スポーツニッポン

浦和は6日、22年シーズンの新戦力として流通経済大のMF宮本優太(20)の加入が内定したと発表した。日本協会からは今月3日付けで今季の特別指定選手としても認定された。宮本は流通経大柏から流経大に進学、クラブによれば、アップダウンを繰り返すことのできる強じんな体力、守備の強さが魅力。メンタルも強くSB、ボランチをこなすことができるという。

後で読む
日刊スポーツ

フィギュアスケートと女優を両立する本田望結(16=プリンスホテル)は39・34点だった。26位で翌7日のフリーに進めなかった。今季シニア転向。その1年目から全…

後で読む
日刊スポーツ

本田真凜(19=JAL)は50・41点の8位で翌7日のフリーに進んだ。鳥をイメージした全身を覆う黒に薄紫が輝く衣装で登場すると、冒頭の3回転ループ-2回転トー…

後で読む
日刊スポーツ

樋口新葉(19=明大)が首位発進した。上位10傑と主な選手の順位、得点は以下の通り。▼1位 樋口新葉(明大)70.71点▼2位 吉岡詩果(植草学園大付高)60…

後で読む
日刊スポーツ

昨年の全日本選手権で準優勝した樋口新葉(19=明大)が、飛び抜けた演技で首位発進した。70・71点。出場した全32選手の中で唯一の70点台で、2位にも10点以…

後で読む
日刊スポーツ

昨年の全日本選手権で、ジュニアながら銅メダルと活躍した川畑和愛(18=早大)は58・35点の3位で翌7日のフリーを迎えることになった。冒頭の3回転ルッツ-3回…

後で読む
東京スポーツ

国際プロサッカー選手会(FIFPRO)は5日、18日から行うアジアチャンピオンズリーグ(ACL)東地区のカタール集中開催に懸念を表明した。  ACL東地区は、新型コロナウイルスの影響で中断されていた…

後で読む
サンケイスポーツ

J2磐田は6日、新型コロナウイルスのPCR検査で新たにトップチームのスタッフ1人に陽性判定が出たと発表した。発熱の症状があるという。5日にFW小川航とDF船木の感染を発表しており、クラブ内の感染者は計3人となった。

後で読む
サンケイスポーツ

米プロフットボールNFL第9週第1日は5日、カリフォルニア州サンタクララで行われ、パッカーズがフォーティナイナーズ(49ers)に34-17で快勝し、6勝2敗とした。QBロジャーズが4TDパスを通した。49ersは4勝5敗。

後で読む
デイリースポーツ

 「フィギュアスケート、東日本選手権」(6日、小瀬スポーツ公園) 12月の全日本選手権(長野)出場の懸かる大会が開幕した。女子ショートプログラム(SP)で、今季シニア初参戦で女優の本田望結(16)=プリンスホテル=は39・34点で、フリーに進出できる上位24位に残れず、全日本進出はならなかった。

後で読む
サンケイスポーツ

柔道女子で2016年リオデジャネイロ五輪78キロ超級銅メダリストで引退を表明した山部佳苗(30)=ミキハウス=が6日、大阪・八尾市のミキハウス本社で会見した。

後で読む
サンケイスポーツ

女子ショートプログラムは2018年世界選手権銀メダルの樋口新葉(明大)が70・71点で首位に立った。昨年の全日本選手権3位の川畑和愛(早大)は58・35点で4位。本田望結(プリンスホテル)は39・34点の26位で、上位24人による7日のフリー進出を逃した。  樋口は「最初から最後まで余裕をもって滑れた」とうなずいた。フリーでトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)に挑戦する。「不安要素が、今はほとんどない状態。自信を持って跳べばできる」と意気込んだ。

後で読む
スポーツニッポン

女子ショートプログラム(SP)が行われ、16年世界ジュニア選手権優勝の本田真凜(19=JAL)は50・41点で8位だった。派手なパンツルックスタイルで「アイム・アン・アルバトロス」を披露。3回転フリップこそ着氷が乱れたが、冒頭の3回転ループ―2回転トーループ、後半の2回転半に着氷した。脱臼した右肩も回復しており、10月の東京選手権後は練習を積めたという。「前回のブロックよりはよくなった演技。肩…

後で読む
スポーツニッポン

女子ショートプログラム(SP)が行われ、今季限りでの引退を決めている実力者の永井優香(21=早大)は47・87点で11位だった。華やかな衣装で「エリザベート」を表現。3回転トーループ、3回転ルッツ、2回転半に着氷したが、コンビネーションはつけられず「だいぶ動きが硬くなってしまった。思うように滑れなかった。調子がいいときは重心が下に降りていて滑らかに滑れるが、重心が上になってしまった」と振り返っ…

後で読む
スポーツニッポン

昨年4月に長男・龍太郎くんを出産し、今年6月からツアーに復帰した若林舞衣子(32=ヨネックス)が、5アンダーの67で回り、ホールアウト時点で首位に2打差の5位と好スタートを切った。

後で読む
スポーツニッポン

女子ショートプログラム(SP)が行われ、18年世界選手権準優勝でシードの樋口新葉(明大)が70・71点で首位発進した。関東選手権女王の吉岡詩果(植草学園大付高)が60・23点で2位となり、松原星(明大)が59・99点で3位につけた。昨季の全日本選手権3位でシードの川畑和愛(早大)は58・35点で4位だった。

後で読む
スポーツニッポン

女子ショートプログラム(SP)が行われ、昨季の全日本選手権3位でシードの川畑和愛(18=早大)は58・35点をマーク。今季、試合で「黄昏のワルツ」を初披露。冒頭のルッツ―トーループの連続3回転では後半のジャンプで失敗したが、3回転ループ、2回転半には着氷した。「回転不足で転んでしまった。片足で立つところまでは気持ちで持っていけた。全体的な感覚はよかった」と落ち着いて振り返った。

後で読む
スポーツニッポン

女子ショートプログラム(SP)が行われ、18年世界選手権準優勝でシードの樋口新葉(明大)が70・71点で首位発進した。昨季から引き継いだ「バード・セット・フリー」で力強い演技を披露。全てのジャンプを決め「練習より余裕を持って滑れた」とうなずいた。ステップでレベルの取りこぼしもあったが、「NHK杯まで仕上げられる部分がある」と前向きに捉えた。

後で読む
スポーツニッポン

ジャンボ尾崎の門下生、西郷真央(19=大東建託)が好発進した。4バーディー、ボギー無しの68で回り首位と3打差の10位につけた。

後で読む
デイリースポーツ

J2磐田は6日、新たにトップチームのスタッフ1人がPCR検査の結果、新型コロナウイルスに感染したことを発表した。 磐田では5日にFW小川航基、DF舩木翔の両選手の感染が発覚。これを受けて同日に選手31人、トップチームスタッフ、関係者26人を対象に得PGR検査を行った結果、スタッフ1人に陽性反応が出た。5日の段階で発熱もなく、体調に異常はなかったが、6日に再検査を受けた結果、再度陽性判定となり、午前中には38度1分の発熱があったという。

後で読む
デイリースポーツ

「関西地区大学野球選手権大会・1回戦、奈良学園大5-1佛教大」(6日、南港中央球場) 序盤に得点を重ねた奈良学園大が佛教大を下し、準決勝進出を決めた。奈良学園大は、先発した田中嵐士投手(4年・福井工大福井)が、5回を4安打無失点と好投。3月に右肩を痛めたが、4年生にとって最後となる大会で意地の投球を見せた。

後で読む
サンケイスポーツ

 プロ野球はセ、パ両リーグとも優勝が決まり、シーズンも最終盤となっている。

後で読む
スポーツニッポン

 J2アルビレックス新潟は6日、臨時取締役会を開き、是永大輔社長の辞任と、取締役常勤顧問・中野幸夫氏の社長就任を決めた。中野氏は同日、記者会見を行う。

後で読む
サンケイスポーツ

米プロバスケットボールNBAの選手会が5日、2020~21年シーズンの開幕を12月22日とすることを承認したとスポーツ専門局ESPNなど複数の米メディアが報じた。レギュラーシーズンを72試合とし、東京五輪までに全日程を終える見通し。ウィザーズの八村塁ら各国の代表選手が五輪でプレーする可能性が広がるとみられる。

後で読む
サンケイスポーツ

ナポリ指揮官ジェンナーロ・ガットゥーゾはHNKリエカ戦のハーフタイムで、チームの不甲斐なさに激怒した模様だ。

後で読む
サンケイスポーツ

ロッテは6日、渡辺啓太投手(27)、三家和真外野手(27)、育成の鎌田光津希投手(25)の3選手に来季の契約を結ばないことを通告したと発表した。渡辺は現役続行を希望し、三家と鎌田の今後は未定。

後で読む
日刊スポーツ

父親を含む3人を殺害した罪に問われていた元レイズのマイナーリーガー、ブランドン・マーティン(27)被告に5日、有罪判決が下った。マーティンは2015年、カリフ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ロッテは渡辺啓太投手、三家和真外野手、育成の鎌田光津希投手に対して6日、さいたま市内で来季契約を更新しないと通知した。渡辺は現役続行を希望。三家、鎌田は今後に… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

来春センバツ選考の重要な資料となる秋季大会の結果一覧。6日までに東京を除く9地区が終了した。北海道優勝=北海準優勝=旭… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

九州大会は大崎(長崎)が初優勝。これで東京を除き来春センバツ選考の重要な資料となる秋季地区大会が終了した。各地区の結果は以下の通り。【北海道】優勝=北海準優勝… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

日本ボブスレー・リュージュ・スケルトン連盟は6日、新型コロナウイルスの影響を考慮し、年内は海外の大会へ選手を派遣しない方針を明らかにした。年明け以降については状況を見極めて判断する。

後で読む
サンケイスポーツ

米プロフットボールNFLのレイダーズが新型コロナウイルス対策規定の度重なる違反で罰金とドラフト6巡目の指名権を剥奪される処分を受けた。AP通信が5日、報じた。コロナ規定の違反による指名権剥奪は初めて。検査で陽性反応を示した選手の扱いに問題があった。

後で読む
スポーツニッポン

NFLは5日、カリフォルニア州サンタクララで第9週の1試合を行い、NFC北地区1位のパッカーズが34―17(前半21―3)で地元の49ersを下して6勝2敗。QBアーロン・ロジャース(36)が前半での3つを含む4つTDと305ヤードをパスでマークして勝利に貢献した。WRのダバンテ・アダムス(27)は15回のレシーブで173ヤードと1TDを稼ぎ、マルケス・バルデススキャントリング(26)は2回の…

後で読む
スポーツニッポン

女子ショートプログラム(SP)が行われ、16年世界ジュニア選手権優勝の本田真凜(19=JAL)は50・41点だった。派手なパンツルックスタイルで「アイム・アン・アルバトロス」を披露。3回転フリップこそ着氷が乱れたが、冒頭の3回転ループ―2回転トーループ、後半の2回転半に着氷した。脱臼した右肩も回復しており、10月の東京選手権後は練習を積めたという。「前回のブロックよりはよくなった演技。肩も治っ…

後で読む
スポーツニッポン

NBAの選手会は5日、各チームの選手会長による投票を行い「12月22日で72試合制(通常より10試合減)」という今季の開幕案を暫定的に承認した。

後で読む
スポーツニッポン

「TOTOジャパンクラシック」は6日、太平洋クラブ美野里Cで開幕した。今季日本ツアー3戦目となった注目の渋野日向子(21=サントリー)は5バーディー、2ボギー、1ダブルボギーの1アンダー「71」でホールアウトした。

後で読む
スポーツニッポン

「TOTOジャパンクラシック」は6日、太平洋クラブ美野里Cで開幕した。今季日本ツアー3戦目となった注目の渋野日向子(21=サントリー)は5バーディー、2ボギー、1ダブルボギーの1アンダー「71」でホールアウトした。

後で読む
スポーツニッポン

女子ショートプログラム(SP)が行われ、今季限りでの引退を決めている実力者の永井優香(21=早大)は47・87点だった。華やかな衣装で「エリザベート」を表現。3回転トーループ、3回転ルッツ、2回転半に着氷したが、コンビネーションはつけられず「だいぶ動きが硬くなってしまった。思うように滑れなかった。調子がいいときは重心が下に降りていて滑らかに滑れるが、重心が上になってしまった」と振り返った。

後で読む
デイリースポーツ

日本相撲協会は6日、大相撲11月場所(8日初日・両国国技館)の取組編成会議を開き、2日目までの取組を決めた。新大関正代は初日に先場所11勝の若隆景、2日目は霧馬山と対戦する。 他の大関陣は朝乃山が初日に霧馬山、2日目は小結照ノ富士と顔を合わせ、貴景勝は初日が元大関の小結高安、2日目が若隆景。新関脇隆の勝は大栄翔、3場所連続関脇の御嶽海は阿武咲とそれぞれ初日に当たる。

後で読む
デイリースポーツ

「フィギュアスケート、東日本選手権」(6日、小瀬スポーツ公園) 12月の全日本選手権(長野)出場の懸かる大会が開幕した。女子ショートプログラム(SP)が行われ、16年世界ジュニア女王の本田真凜(19)=JAL=は50・41点で、あと2グループを残し、暫定5位につけた。

後で読む
デイリースポーツ

「フィギュアスケート・東日本選手権」(6日、小瀬スポーツ公園アイスアリーナ) 12月の全日本選手権(長野)進出を懸けて開幕した。女子ショートプログラム(SP)が行われ、本田真凜(19)=JAL=は50・41点だった。

後で読む
デイリースポーツ

新型コロナウイルスに選手、スタッフ計14人が観戦したサッカーJ1柏に、6日、熱いエールが行われた。 柏市スポーツ課がツイッターを新規投稿。「11月6日、柏市地域づくり推進部が黄色一色に染まっています!」のツイートとともに、柏市地域づくり推進部で職員が柏の黄色いユニホームに身を包み、柏の旗を各所に配置した中で作業をする写真を添付。

後で読む
東京スポーツ

ボクシングのWBO世界フライ級王座決定戦(6日、後楽園ホール)に出場する同級3位の中谷潤人(22=M・T)と、同1位のジーメル・マグラモ(26=フィリピン)の試合が徹底した新型コロナウイルス対策の下…

後で読む
デイリースポーツ

ヤクルトは6日、「みやざきフェニックス・リーグ2020」(8日~29日)の参加メンバーを発表した。 ドラフト1位の奥川恭伸投手、川端慎吾内野手らが出場する。奥川は10日の広島との今季最終戦(神宮)での1軍初先発する予定となっている。

後で読む
デイリースポーツ

ロッテは6日、3年目の渡辺啓太投手(27)、6年目の三家和真外野手(27)、2年目の育成・鎌田光津希投手(25)に対して、さいたま市内にて来季契約を更新しない旨を通知したと発表した。 渡辺は現役続行を希望。三家、鎌田は現時点では未定だという。

後で読む
デイリースポーツ

DeNAからドラフト6位指名を受けた高田琢登投手(18)=静岡商=が6日、同校で吉田顧問兼球団代表補佐、進藤編成部長、河原スカウティングディレクター、中川スカウトから指名あいさつを受けた。 最速148キロの左腕は「ドラフトの時はまだ実感がなかったですが、こうしてスカウトの方とお話をして、改めてプロの世界に入るんだと実感しました」と初々しい笑顔をみせた。

後で読む
スポーツニッポン

J2アルビレックス新潟は6日、臨時取締役会を開き、是永大輔社長の辞任と、取締役常勤顧問・中野幸夫氏の社長就任を決めた。同日、記者会見を行う。

後で読む
日刊スポーツ

本田真凜(19=JAL)は50・41点だった。鳥をイメージした全身を覆う黒と薄紫の衣装で登場すると、冒頭の3回転ループ-2回転トーループ(タノジャンプ)に成功…

後で読む
日刊スポーツ

フィギュアスケートと女優を両立し、今季シニア1年目を迎えた本田望結(16=プリンスホテル)は39・34点だった。冒頭、3回転サルコーでバランスを崩して連続ジャ…

後で読む
日刊スポーツ

早大卒業に合わせて今季限りで現役引退する永井優香(21)が、フリーでの巻き返しを誓った。SPは冒頭の3回転トーループや、3回転ルッツで手をつく着氷となり47・…

後で読む
日刊スポーツ

本田真凜(19=JAL)は50・41点だった。鳥をイメージした全身を覆う黒に薄紫が輝く衣装で登場すると、冒頭の3回転ループ-2回転トーループ(タノジャンプ)に…

後で読む
日刊スポーツ

関西学生アメリカンフットボールの神戸大が6日、昨季学生王者の関学大打倒を誓った。甲子園ボウル出場を決定する8日のトーナメント準決勝を前に、リモート取材に応じた…

後で読む
東京スポーツ

メキシコサッカー連盟は、17日の日本戦(オーストリア・グラーツ)などを行う同国代表メンバーを発表した。14日には韓国代表とも対戦する。  メンバーは、メキシコ国内組のほか、イングランド・プレミアリー…

後で読む
サンケイスポーツ

阪神・秋山拓巳投手(29)が6日、甲子園で行われた全体練習に参加。自身今季最後の登板となる7日の広島戦に向けて気合を語った。

後で読む
サンケイスポーツ

スペイン1部・ビリャレアルの日本代表MF久保建英(19)は5日のヨーロッパリーグ(EL)I組第3節、マカビ・テルアビブ(イスラエル)戦に先発フル出場。1アシストを記録したほか、チーム3点目の起点になるなど活躍。チームも4-0で勝利し、3連勝でI組首位を守った。

後で読む
日刊スポーツ

米野球専門誌の「ベースボール・ダイジェスト」が5日、メディアの識者による投票で、今季ナ・リーグの新人王にパドレスのジェーク・クロネンワース内野手、ア・リーグ新… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

DeNAドラフト6位の静岡商・高田琢登投手(3年)が6日、静岡市内の同校で、吉田孝司顧問兼球団代表補佐(74)らから指名あいさつを受けた。「左腕王国」に飛び込… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

阪神秋山拓巳投手(29)が6日、甲子園で調整し、今季最終登板となる7日広島戦(マツダスタジアム)に先発し5連勝フィニッシュを狙う。今季は17年に12勝を挙げて… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

両チームともにエースを控えに回し、福岡大大濠は森本光紀投手、大崎は勝本晴彦投手の1年生が先発した。福岡大大濠が1回2死から3番・山下恭吾内野手(1年)の左越え… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 「大相撲11月場所」(8日初日、東京・両国国技館) 横綱白鵬(35)=宮城野=が6日、11月場所の休場を届け出て、自身ワースト3場所連続休場となった。日本相撲協会に「右膝関節鏡手術 術後血症で今後約2週間の加療を要する見込み」と診断書を提出した。

後で読む
スポーツニッポン

NFLがレイダース(本拠はネバダ州ラスベガス)に対して“厳罰”を科していたことが明らかになった。ヤフー・スポーツやスポーツ専門局のESPNなどが報じているもので、チームに対しては50万ドル(約5200万円)、ジョン・グルーデン監督(57)には15万ドル(約1560万円)の罰金を科し、さらに来年のドラフト6巡目の指名権をはく奪した。

後で読む
スポーツニッポン

日本相撲協会は6日、大相撲11月場所(8日初日、東京・両国国技館)の取組編成会議を開き、新大関・正代(28=時津風部屋)は初日に西前頭筆頭の若隆景(25=荒汐部屋)との初顔合わせとなった。2日目は東前頭筆頭の霧馬山(24=陸奥部屋)と対戦する。霧馬山とは今年の7月場所で1度だけ対戦しており、正代が寄り切りで勝っている。

後で読む
スポーツニッポン

日本女子プロゴルフツアーの「TOTOジャパンクラシック」は6日、茨城県の太平洋クラブ美野里Cで開幕した。最注目組の18年大会覇者で世界ランク6位の畑岡奈紗(21=アビームコンサルティング)、渋野日向子(21=サントリー)、原英莉花(21=日本通運)が1番からスタート。「黄金世代」3人のスコアを速報する。

後で読む
東京スポーツ

【テキサス州ヒューストン5日(日本時間6日)発】ゴルフの米男子ツアー「ヒューストン・オープン」初日(メモリアルパークGC=パー70)は日没サスペンデッドで一部選手がホールアウトできなかったが、松山英樹…

後で読む
東京スポーツ

 大相撲11月場所(8日初日、東京・両国国技館)の取組編成会議が6日、国技館で開かれた。初日の取組は、白鵬(35=宮城野)と鶴竜(35=陸奥)の両横綱が2場所連続で休場し、新大関正代(29=時津風)は…

後で読む
東京スポーツ

 日本相撲協会の伊勢ヶ浜審判部長(60=元横綱旭富士)が6日、電話取材に応じた。  この日の大相撲11月場所(13日初日、東京・両国国技館)取組編成会議後、白鵬(35=宮城野)と鶴竜(35=陸奥)の両…

後で読む
東京スポーツ

 欧州リーグ(EL)1次リーグ第3節(5日=日本時間6日)が各地で行われ、I組のビリャレアル(スペイン)に所属する日本代表MF久保建英(19)はホームのマカビ・テルアビブ(イスラエル)戦にスタメン出場…

後で読む
デイリースポーツ

「関西地区大学野球選手権、大商大-近大」(6日、南港中央) 阪神からドラフト指名された佐藤輝明内野手(21)=近大=が「4番・三塁」で出場する。指名後初実戦となった1日のオープン戦・大産大戦では異例の“決勝弾2発”を放つ活躍ぶり。今回もそのバットに期待がかかる。

後で読む
サンケイスポーツ

 阪神のジャスティン・ボーア内野手(32)が今季限りで退団する見通しであることが5日、明らかになった。メジャー通算92本塁打の実績を誇って来日したが、今季は17本塁打にとどまり、10月22日に抹消されていた。近日中に帰国する可能性が高い。

後で読む
サンケイスポーツ

 日本ハム・野村佑希内野手(20)が10月29日のオリックス戦(札幌ドーム)で、7月7日の右手小指骨折から復帰した。花咲徳栄高(埼玉)2年時の2017年に夏の甲子園優勝。高校通算58本塁打をマークした右の強打者は、試練を乗り越えて骨折を完治させた。

後で読む
東京スポーツ

ドイツ2部ハノーバーのケナン・コカク監督(39)が、新型コロナウイルス感染拡大の中でMF原口元気(29)とDF室屋成(26)の日本代表派遣に難色を示した。  ドイツ紙「デ・ラインファルツ」によると、…

後で読む
サンケイスポーツ

マンチェスターUがマウリシオ・ポチェッティーノ氏の招聘に向けて動いているようだ。イギリス『マンチェスター・イブニングニュース』が伝えた。

後で読む
サンケイスポーツ

日本相撲協会は6日、大相撲11月場所(8日初日、両国国技館)の取組編成会議を開き、新大関正代は初日に先場所11勝の平幕若隆景と対戦することが決まった。先場所全休した白鵬、鶴竜の両横綱は初日から休場し、今場所も大関が最高位。

後で読む
サンケイスポーツ

マンチェスターUのブルーノ・フェルナンデスは、イスタンブール・バシャクシェヒル戦の敗北を振り返った。

後で読む
サンケイスポーツ

ヤクルトは6日、「みやざきフェニックス・リーグ」(8日-29日)に参加するメンバーを発表した。奥川恭伸投手(19)、川端慎吾内野手(33)ら32選手が来季、巻き返しに向け実戦経験を積む。

後で読む
並び替え可能( Cookieで保存)。
よく使用する競技を下に(片手で届く場所に)並び替えて使用してください。
追加したい競技があればコメントください。