「2020年11月9日」の記事一覧

サンケイスポーツ

 日本代表FW浅野拓磨が9日、オーストリア遠征中のオンラインメディア取材に対応した。

後で読む
サンケイスポーツ

 (パ・リーグ、ソフトバンク6-2西武、24回戦、ソフトバンク13勝10敗1分、9日、ペイペイD)ソフトバンクの周東が育成出身初の盗塁王に輝き「実質2年目で取れるとは思っていなかった。走るにあたってアドバイスをくれた本多内野守備走塁コーチや、いろいろな方々に感謝したい」と喜びをにじませた。

後で読む
日刊スポーツ

日本ハム近藤健介外野手が出塁率4割6分5厘で2年連続の最高出塁率に輝いた。この日は欠場したが「去年に比べたら打撃の調子は全然良かった。四球より打って塁に出よう… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

プロ10年目で初めて1軍登板なしに終わった日本ハム斎藤佑樹投手(32)が、痛めているとみられる右肘の治療法について球団と話し合いを終えたことが9日、明らかにな… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

日本ハムが連敗を4で止めた。3-4の4回に清水の適時打で追い付き、6回に西川の適時二塁打で勝ち越した。9回に大田の2ランで加点した。2番手の加藤が4勝目。ロッ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

パ・リーグは9日、レギュラーシーズンの全日程が終了して個人タイトルが確定し、千賀(ソフトバンク)が11勝、防御率2・16、149奪三振で初の最多勝と最優秀防御率、2年連続2度目の最多奪三振の3冠に輝いた。

後で読む
サンケイスポーツ

パ・リーグは9日、レギュラーシーズンの全日程が終了して個人タイトルが確定し、打撃部門では吉田正(オリックス)が打率3割5分で初の首位打者、浅村(楽天)が32本で初の本塁打王を獲得。中田(日本ハム)は108打点で4年ぶり3度目の打点王となった。

後で読む
サンケイスポーツ

パ・リーグはレギュラーシーズンが終了した9日、今季の総観客数が206万8952人だったと発表した。新型コロナウイルス感染拡大による観客数制限やシーズンが143試合から120試合に短縮されたため、過去最多だった昨季の1166万9891人から激減した。

後で読む
東京スポーツ

 来年夏の東京五輪金メダルを目指す女子バスケットボール日本代表候補が9日、リモート取材に応じた。  現在は東京・北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで強化合宿中。新型コロナウイルス禍をへて久々に…

後で読む
東京スポーツ

 引退を発表したロッテの細川亨捕手(40)が9日、今季最終戦となる日本ハム戦(ZOZOマリン)に、8回から代打で登場。9回の守りでは捕手として守備に就き、ファンを沸かせた。  8回二死走者なしの場面で…

後で読む
デイリースポーツ

サッカー日本代表は9日、オーストリア・グラーツで行われる国際親善試合・パナマ戦(13日)、メキシコ戦(17日)に向けて現地近郊での合宿をスタートさせた。 1年ぶりの代表活動となった“ジャガー”が腕ぶした。初日の練習前、オンライン取材に応じたFW浅野拓磨(パルチザン)は「代表は意識していて、活動があれば常に参加したい気持ちだった。全力で与えられた役割でプレーをする」と話した。

後で読む
デイリースポーツ

サッカー日本代表は9日、オーストリア・グラーツで行われる国際親善試合・パナマ戦(13日)、メキシコ戦(17日)に向けて現地近郊での合宿をスタートさせた。 GK川島が盟友に対して思いをはせた。代表合宿初日の練習前に、オンライン取材に応対。2カ月連続での代表合宿に「結果と共に、どういう質を追求するのかは、10月よりも、より表現しないといけない」と語った。

後で読む
デイリースポーツ

パ・リーグ公式戦が9日、全日程を終了し個人タイトルが確定した。楽天移籍1年目の涌井秀章投手は西武時代の2007、09年、ロッテ時代の15年そして楽天移籍1年目の今季と史上初の3球団で最多勝を獲得した。最多勝は5年ぶり4度目。 金銭トレードでロッテから楽天に移籍した今季、開幕ローテーション入りし8連勝するなど11勝を挙げた。

後で読む
デイリースポーツ

パ・リーグの公式戦全日程が終了し、個人タイトルが確定した。楽天・浅村栄斗内野手は32本塁打で初の本塁打王のタイトルを獲得した。 31本塁打で猛追する日本ハム・中田が9日のロッテ戦でノーアーチに終わり単独でのタイトルになった。西武時代の2013年、18年には打点王のタイトルを獲っているものの本塁王は初めて。打点も中田に次ぐリーグ2位の104打点だった。

後で読む
デイリースポーツ

「ロッテ4-7日本ハム」(9日、ZOZOマリンスタジアム) ロッテが、今季のレギュラーシーズンを終えた。10月に大失速しながらギリギリで巻き返し、4年ぶりのCS進出を決めた。井口資仁監督は今季を振り返り、打線については「いい形でみんなつないで、うちの持ち味というか。何とか出塁しながらというところ」と粘り強さを評価した。

後で読む
デイリースポーツ

2020年公式戦の全日程を終えた西武は9日、辻発彦監督の来季続投を発表した。 球団によるとソフトバンク戦終了後に居郷肇社長が監督続投を要請し、承諾を得た。今季は2年契約の2年目だった。

後で読む
スポーツニッポン

サッカー日本代表に追加招集されたMF奥川雅也(24=ザルツブルク)が、今遠征に不参加となる可能性が高まった。所属するザルツブルクは9日、新型コロナウイルス検査で選手6人が陽性と判定されたと発表。選手名は非公表。症状は出ておらず、隔離されたという。これを受け、奥川を含む全ての代表選手派遣を中止するとも発表した。

後で読む
スポーツニッポン

約1年ぶりに日本代表に招集されたFW浅野拓磨(25=パルチザン)が、26歳初戦で祝砲を決める。

後で読む
スポーツニッポン

レアル・ソシエダードはグラナダを2―0で下し、5連勝。勝ち点を20に伸ばして暫定首位をキープした。スペイン代表FWオヤルサバルがPKで5試合連続得点となるリーグトップの6点目を決めた。

後で読む
東京スポーツ

西武は9日、辻発彦監督(62)の来季続投を発表した。  今季最終戦となったソフトバンク戦(ペイペイ)後、辻監督に対し居郷肇球団社長から来季の監督要請が行われ、本人がこれを受諾したもの。  リーグ3連…

後で読む
東京スポーツ

日本ハムが9日、今季最終戦となるロッテ戦(ZOZOマリン)に7―4で勝利。本塁打王争いでトップ・浅村と1本差としていた主砲・中田翔内野手の活躍にも注目が集まっていたが、アーチは出なかった。 「4番・…

後で読む
東京スポーツ

日本代表GK川島永嗣(37=ストラスブール)が9日、オンラインで取材に対応した。  ベテランGKは10月のオランダ遠征に続き、13日のパナマ戦と17日(日本代表18日)のメキシコ戦を行うオーストリア…

後で読む
東京スポーツ

日本代表GK川島永嗣(37=ストラスブール)が9日、オンラインで取材に対応し、J1川崎在籍時のチームメートで今季限りの引退を表明している元日本代表MF中村憲剛(40)について言及した。  自身のイン…

後で読む
サンケイスポーツ

 西武は9日、辻発彦監督(62)が就任5年目の来季も続投すると発表した。ペイペイドームで行われた今季最終戦のソフトバンク戦後に居郷肇球団社長が要請し、辻監督が受諾した。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ロッテ4-7日本ハム、24回戦、ロッテ13勝11敗、9日、ゾゾマリン)日本ハムが連敗を4で止めた。3-4の四回に清水の適時打で追い付き、六回に西川の適時二塁打で勝ち越した。九回に大田の2ランで加点した。2番手の加藤が4勝目。ロッテは一回に4点を挙げたが逃げ切れず連勝が3で止まった。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク6-2西武、24回戦、ソフトバンク13勝10敗1分、9日、ペイペイD)ソフトバンクが快勝で今季最終戦を締めくくった。工藤公康監督(57)の主な一問一答は以下の通り。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカーの日本代表は9日、国際親善試合のパナマ戦(13日・グラーツ)に向けてオーストリアのグラーツ近郊で初練習する。

後で読む
サンケイスポーツ

楽天の涌井が9日、西武、ロッテ時代に続いて最多勝に輝き、史上初の3球団での獲得となった。ロッテから移籍1年目の今季は習得したシンカーが効果的に決まるなど、先発の軸として11勝を挙げ「一年間、ローテーションをある程度守ることができた」と手応えを口にした。

後で読む
日刊スポーツ

鷹の「セブンクラウンズ」だ。ソフトバンクが、個人タイトル「7冠」でレギュラーシーズンを終えた。   ◇   ◇   ◇ソフトバンク柳田悠岐外野手(最多安打のタ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

来季続投が基本線となっている日本ハムの栗山英樹監督は今季最終戦を勝利で締め、就任9年目のシーズンが終わった。2年連続で5位に終わり「この経験を必ず選手たちは次… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

9日、パ・リーグは今季のレギュラーシーズン全日程が終了。タイトル獲得者が確定した。   ◇   ◇   ◇楽天浅村栄斗内野手(本塁打王)「ホームランバッターが… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

卓球の女子ワールドカップ(W杯)第2日は9日、中国の威海で行われ、東京五輪シングルス代表で世界ランキング2位の伊藤美誠(スターツ)が決勝トーナメント1回戦で田志希(韓国)に4-1で勝ち、準々決勝では陳思羽(台湾)を4-1で破って4強入りした。10日の準決勝は世界3位の孫穎莎(中国)と対戦する。 世界9位の石川佳純(全農)は1回戦では徐孝元(韓国)に4-0とストレート勝ちしたが、準々決勝は孫穎莎に0-4で敗れた。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク6-2西武、24回戦、ソフトバンク13勝10敗1分、9日、ペイペイD)プロ6年目。今季最終戦に先発した西武・高橋光が2回を投げ、初めて規定投球回数(120)に到達した。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク6-2西武、24回戦、ソフトバンク13勝10敗1分、9日、ペイペイD)育成出身の選手がまた一人、夢を与えるためにタイトルに向かって突っ走った。今季初めて救援登板したソフトバンク・石川が好投。スコアボードにゼロを並べた。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・リアルジャパン」(9日、神田明神ホール) 団体の総監を務め、パーキンソン病の疑いなどで闘病中の初代タイガーマスクこと佐山サトルが約11カ月ぶりに試合会場に登場。初代タイガーマスク誕生40周年を迎える来年に、16年6月以来のリング復帰を目指すことを明言した。

後で読む
サンケイスポーツ

日本ハム・有原航平投手(28)と西川遥輝外野手(28)が9日、ポスティングシステムを利用した米大リーグ挑戦を改めて表明した。両選手は昨オフの契約更改交渉の席で、早ければ2021年のメジャー移籍を球団へ要望していた。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・リアルジャパン」(9日、神田明神ホール) 大会開始前に米国の世界最大手団体WWEと契約し、新型コロナウイルス感染拡大の影響で渡米を待っているSareee(24)が、団体総監を務める初代タイガーマスクと新間久会長からチャリティー精神とストロングスタイル魂を受け継ぐことを認められた証しとして、伝承のマスクを贈呈された。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・リアルジャパン」(9日、神田明神ホール) WWEと契約し、新型コロナウイルス感染拡大の影響で渡米を待っているSareeeと“女番長”世志琥(SEAdLiNNNG)がリアルジャパンに初出場し、タッグ戦で伝説の覆面ヒールコンビと言われるZAP・T、ZAP・I組に勝利した。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・リアルジャパン」(9日、神田明神ホール) 団体のエースであるスーパー・タイガーがZERO1を退団してフリーとなった佐藤耕平に勝利。12月17日に後楽園ホールで開催予定の次回大会で、“野獣”藤田和之に奪われたレジェンド・チャンピオンシップ奪回に挑むことを表明した。

後で読む
日刊スポーツ

オーストリア1部リーグのザルツブルクは9日、公式サイトで6選手に新型コロナウイルスの陽性反応が出たと発表した。陽性の選手たちは隔離生活に入っている。これを受け…

後で読む
日刊スポーツ

日本代表GK川島永嗣が、かつてのチームメートで今季限りでの引退を表明した川崎FのMF中村について語った。オーストリア・グラーツからオンラインで会見。「まだ試合…

後で読む
日刊スポーツ

J2京都サンガF.C.が9日、選手34人を含む計55人にPCR検査を行い全員が陰性の判定が出たことを発表した。8日に陽性判定がでたGK加藤順大(のぶひろ、35…

後で読む
東京スポーツ

 初代タイガーマスク(62=佐山聡)が主宰するリアルジャパンプロレスの「ストロングスタイルプロレスVol.7」が9日、東京・神田明神ホールで行われ、米WWE入りが決まっているSareee(24)が初参…

後で読む
東京スポーツ

 初代タイガーマスク(62=佐山聡)が主宰するリアルジャパンプロレス「ストロングスタイルプロレスVol.7」(9日、東京・神田明神ホール)で、スーパー・タイガーがレジェンド王座を保持する〝野獣〟藤田和…

後で読む
東京スポーツ

 卓球の女子W杯準々決勝(9日、中国・威海)、世界ランキング2位で東京五輪代表の伊藤美誠(20=スターツ)は台湾の陳思羽(26)を4―1で下し、4強入りした。10日の準決勝で、準々決勝で石川佳純(27…

後で読む
東京スポーツ

 投打にわたる〝タイトル獲得ラッシュ〟で締めくくった。ソフトバンクが9日の今季最終戦・西武戦(ペイペイ)に6―2で快勝。投打ともに盤石ぶりを発揮して14日から始まる2位・ロッテとのCSへ向かう。  投…

後で読む
東京スポーツ

 パ・リーグは9日、公式戦の全日程が終了し主要個人タイトルが確定した。ソフトバンクの主砲・柳田悠岐外野手(32)が、146安打で「最多安打」のタイトルを獲得した。 「初めて取れたのでうれしい」と素直に…

後で読む
デイリースポーツ

NHK総合で8日に放送された「大相撲11月場所初日」の世帯平均視聴率が、13・3%だったことが9日、分かった。両横綱が休場している中でも、2桁の視聴率をキープした。 8日の取組には、秋場所で優勝した正代が新大関として登場。物言いがつく際どい勝負で平幕若隆景を制し、白星発進した。先場所で正代が翔猿を破り優勝を決めた千秋楽の視聴率は17・7%だった。

後で読む
デイリースポーツ

【北京共同】卓球の女子ワールドカップ(W杯)第2日は9日、中国の威海で行われ、東京五輪シングルス代表で世界ランキング2位の伊藤美誠(スターツ)が決勝トーナメント1回戦で田志希(韓国)に4-1で勝ち、準々決勝では陳思羽(台湾)を4-1で破って4強入りした。10日の準決勝は世界3位の孫穎莎(中国)と対戦する。 世界9位の石川佳純(全農)は1回戦では徐孝元(韓国)に4-0とストレート勝ちしたが、準々決勝は孫穎莎に0-4で敗れた。

後で読む
デイリースポーツ

バスケットボール男子のBリーグ1部(B1)は9日、長野・ことぶきアリーナ千曲で西地区の1試合が行われ、信州が三河を87-73で下し、3勝9敗とした。三河は8勝4敗。

後で読む
デイリースポーツ

短水路(25mプール)で争う競泳のチーム対抗戦、国際リーグは9日、ブダペストで1次リーグ第9戦第1日が行われ、東京フロッグキングスは200m個人メドレーの女子を大橋悠依(イトマン東進)が自身が持つ短水路日本記録まで0秒06に迫る2分5秒10で、男子を萩野公介(ブリヂストン)が1分52秒84で制した。 青木玲緒樹(ミズノ)は女子50m平泳ぎで29秒57の短水路日本新記録をマークして3位。50m背泳ぎの女子は酒井夏海(東洋大)が26秒24、男子は川本武史(トヨタ自動車)が23秒10でトップだった。東京フロッグキングスは第1日を終えて4チーム中2位。(共同)

後で読む
デイリースポーツ

日本代表に追加招集されたMF奥川雅也(24)が所属するオーストリア1部ザルツブルクブルクは9日、新型コロナウイルスの検査で選手6人から陽性反応が出たと発表した。公式サイトによると、ザルツブルクは「全ての代表招集を取り消した」としており、奥川の代表合流は困難な状況となった。 選手名は非公表だが、6人は無症状で自宅隔離されているという。クラブは9日に再びPCR検査を実施するとしている。

後で読む
デイリースポーツ

「ロッテ4-7日本ハム」(9日、ZOZOマリンスタジアム) 打点王のタイトルを確定させていた日本ハム・中田が、最終打席で中飛に倒れ、32本塁打の楽天・浅村に1差と迫っていた本塁打王のタイトルを逃した。

後で読む
デイリースポーツ

日本ハムが連敗を4で止めた。3-4の四回に清水の適時打で追い付き、六回に西川の適時二塁打で勝ち越した。九回に大田の2ランで加点した。2番手の加藤が4勝目。ロッテは一回に4点を挙げたが逃げ切れず連勝が3で止まった。

後で読む
デイリースポーツ

パ・リーグは9日、ソフトバンク-西武、ロッテ-日本ハムの2試合が行われてレギュラーシーズンの全日程を終えた。クライマックスシリーズ(CS)は14日にペイペイドームで開幕し、優勝したソフトバンクと2位ロッテが日本シリーズ進出を懸けて対戦する。 今年のCSは新型コロナウイルス感染拡大により開幕が遅れた影響で、パは例年の上位3チームによる2ステージ制から、上位2チームのみの対戦に縮小して開催。優勝チームが1勝のアドバンテージを持ち、4試合制で争う。

後で読む
デイリースポーツ

日本ハムの有原航平投手(28)と西川遥輝外野手(28)が、9日に今季の全日程が終了したことを受け、今オフのポスティングシステムを利用しての大リーグ挑戦の意向を球団に伝えることを明かした。両者ともに昨年の契約更改の際にも大リーグ挑戦の意思があることを表明している。 大リーグ挑戦の夢について、有原は「僕自身はそういう風な気持ちでやってきた。変わらないですね」とコメント。西川も「いろんな候補がありますけど、第一はそう考えています。ぶれずに1年間やってきた。その夢は持ち続けている」と明かした。

後で読む
デイリースポーツ

パ・リーグの全日程が終了。オリックスからは吉田正尚外野手が初の首位打者、山本由伸投手が初の最多三振奪取投手のタイトルを獲得。2人が喜びのコメントを寄せた。 吉田正尚外野手

後で読む
スポーツニッポン

日本代表に追加招集されたMF奥川雅也(24)の所属するオーストリア1部ザルツブルクは9日、新型コロナウイルス検査で選手6人が陽性と判定されたと発表した。選手名は非公表。症状は出ておらず、隔離されたという。

後で読む
スポーツニッポン

GK加藤順大(35)が新型コロナウイルスに感染したJ2京都は9日、トップチーム34選手と同スタッフ14人、フロント7人の計55人がクラブ独自でPCR検査を受け、全員が陰性だったことを発表した。11日の東京V戦(サンガS)への影響は最小限に留まり、チームは中2日の連戦へ向けて調整を行った。

後で読む
日刊スポーツ

日本ブラインドサッカー協会の公認応援マネジャー、元乃木坂46の川後陽菜(22)が、現在開催中の全国大会「アクサ×KPMG 2020カップ」を応援するプロジェク…

後で読む
日刊スポーツ

バスケットボール女子日本代表の強化合宿に参加中の渡嘉敷来夢(29=ENEOS)が9日、1年延期された東京オリンピック(五輪)について「日本の皆さんが団結し、ア…

後で読む
日刊スポーツ

8日に東京・代々木競技場で開催された体操の国際大会「Friendship and Solidarity Competition(友情と絆の大会)」に出場したロ…

後で読む
日刊スポーツ

「東京フロッグキングス」(北島康介GM)の青木玲緒樹(25=ミズノ)が、日本新の29秒57で3位に入った。強豪との競り合いの中で自身が持つ日本記録を0秒40も…

後で読む
日刊スポーツ

卓球女子ワールドカップ(W杯)(中国・威海市)の決勝トーナメントが9日に始まり、伊藤美誠(スターツ)が2勝して自身初の準決勝に進んだ。準々決勝では陳思羽(台湾…

後で読む
東京スポーツ

これぞ「育成の鷹」だ。ソフトバンクは9日、シーズン最終戦となる西武戦(ペイペイ)に6―2で快勝。パ・リーグ全日程が終了し、個人タイトルが決定したが、ホークスの育成出身選手の快挙が際立つシーズンとなっ…

後で読む
東京スポーツ

日本代表に追加招集されたMF奥川雅也(24)が所属するオーストリア1部ザルツブルクは9日、新型コロナウイルスの検査で選手6人が陽性判定だったと発表した。  6人の選手名は公表していないが、クラブが実…

後で読む
東京スポーツ

オフにポスティングシステムを利用しての大リーグ挑戦を表明している日本ハム・西川遥輝外野手(28)が取材に応じた。  移籍に関しての現況を聞かれた西川は「いろいろ考えている最中です。いろんな候補ありま…

後で読む
東京スポーツ

オフにポスティングシステムを利用しての大リーグ挑戦を表明している日本ハム・有原航平投手(28)が9日、取材に応じた。  今季開幕前には「挑戦する気持ちはぶれない」と話してた有原だったが「僕自身はそう…

後で読む
サンケイスポーツ

 中日・与田剛監督(54)は9日、全体練習を行ったナゴヤドームで、最優秀防御率のタイトルがかかる大野雄大投手(32)を、11日の広島戦(マツダ)でリリーフ待機させる考えを示した。

後で読む
サンケイスポーツ

 (パ・リーグ、ソフトバンク6-2西武、24回戦、ソフトバンク13勝10敗1分、9日、ペイペイD)ソフトバンクが逆転勝ち。0-1の三回に松田宣のソロと柳田の2ランで3点を奪い、四回は周東の2点適時内野安打で加点した。2番手の石川が3回無失点でリーグトップに並ぶ11勝目。西武は3連敗で、勝率5割で終えた。

後で読む
サンケイスポーツ

日本ハム・中田翔内野手(31)が5-4の九回1死一塁で5打席目を迎え、ロッテ5番手・小野と対戦して中飛に倒れた。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ロッテ4-7日本ハム、24回戦、ロッテ13勝11敗、9日、ゾゾマリン)日本ハム・中田翔内野手(31)が5-4の九回1死一塁で5打席目を迎え、ロッテ5番手・小野と対戦して中飛に倒れた。今季最終戦で本塁打は出なかった。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ロッテ4-7日本ハム、24回戦、ロッテ13勝11敗、9日、ゾゾマリン)日本ハムが連敗を4で止めた。3-4の四回に清水の適時打で追い付き、六回に西川の適時二塁打で勝ち越した。九回に大田の2ランで加点した。2番手の加藤が4勝目。ロッテは一回に4点を挙げたが逃げ切れず連勝が3で止まった。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は9日、パ・リーグで2試合を実施。

後で読む
日刊スポーツ

9日、パ・リーグは今季のレギュラーシーズン全日程が終了、タイトル獲得者が確定した。投手部門ではソフトバンク千賀滉大投手が最多勝利、最優秀防御率、最多奪三振の3… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

9日、パ・リーグは今季のレギュラーシーズン全日程が終了。タイトル獲得者が確定した。獲得者は以下の通り。首位打者《red… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

今季で現役引退するロッテ細川亨捕手(40)が、現役最後の打席に立った。8回2死、井上の代打で登場。温かい拍手に送られた通算3907打席目は、バスター打法で日本… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は9日、パ・リーグで2試合を実施。

後で読む
サンケイスポーツ

日本相撲協会に設置された「大相撲の継承発展を考える有識者会議」の第8回会合が9日、東京・両国国技館で開かれ、弟子の育成、外国出身力士への教育、ガバナンス(統治)の3点を骨子として議論が交わされた。

後で読む
サンケイスポーツ

大相撲11月場所2日目(9日、両国国技館)埼玉栄高相撲部の同級生対決は北勝富士に軍配が上がった。先場所を盛り上げた翔猿を破って2連勝とし「手の内を知っている仲。自分が先に(幕内に)上がっていたので負けられなかった」と意地を見せた。

後で読む
サンケイスポーツ

夏季五輪国際競技連盟連合(ASOIF)は9日、オンライン形式で総会を開き、国際テニス連盟(ITF)前会長のリッチビッティ会長(78)=イタリア=を再選した。任期4年で来年1月から最終3期目に入る。

後で読む
東京スポーツ

 来年夏の東京五輪へ向けた〝試金石〟と言われた体操の国際交流大会「Friendship and Solidarity~友情と絆の大会~」(8日、東京・国立代々木競技場)の成功は五輪関係者から高い評価を…

後で読む
デイリースポーツ

サッカー日本代表が9日、オーストリア・グラーツで行われる親善試合(13日にパナマ戦、17日にメキシコ戦)に向けて現地で合宿を開始した。オンライン取材に応じた森保一(52)は初招集のMF奥川雅也(24)について「得点も取れているし、アシストもできている。ゴールに向かってプレーできることが特徴」と期待を寄せた。 MF堂安律(22)=ビーレフェルト=のクラブ事情による不参加が決まったことから追加招集された奥川。森保監督は「結果を出して認めてもらおうという貪欲さが伝わってきた」と招集理由を説明した。

後で読む
デイリースポーツ

「関東地区大学野球選手権・1回戦、共栄大1-0白鴎大」(9日、横浜スタジアム) 共栄大が延長十回タイブレークで初戦を突破した。来秋ドラフト候補で最速151キロ右腕の共栄大・小向直樹投手(3年・桶川)が8回無失点と好投。自己最速にあと1キロと迫る速球を軸に攻め、10三振を奪った。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク6-2西武」(9日、ペイペイドーム) 3年ぶりにパ・リーグ制覇したソフトバンクが最終戦で快勝し、73勝42敗5分け、勝率・635でシーズンを終えた。14日からは本拠地に2位・ロッテを迎え、日本シリーズ出場権をかけてクライマックスシリーズを戦う。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク6-2西武」(9日、ペイペイドーム) 勝てば投手2冠、負ければ無冠、もしくは勝敗つかず1冠か。

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクが逆転勝ち。0-1の三回に松田宣のソロと柳田の2ランで3点を奪い、四回は周東の2点適時内野安打で加点した。2番手の石川が3回無失点でリーグトップに並ぶ11勝目。西武は3連敗で、勝率5割で終えた。

後で読む
デイリースポーツ

「ロッテ-日本ハム」(9日、ZOZOマリンスタジアム) 今季限りで現役を引退することが発表されたロッテ・細川亨捕手が、レギュラーシーズン最終戦で出場選手登録されてベンチ入りした。八回2死走者なしの場面で代打で登場。名前がコールされるとスタンドから大きな拍手が起こった。

後で読む
スポーツニッポン

連覇を狙うリバプールは、王座奪還を目指すマンチェスター・シティーとの“頂上決戦”に1―1で引き分け。勝ち点17で前節首位から3位に後退した。日本代表FW南野拓実は今季公式戦で初めてベンチ外だった。

後で読む
スポーツニッポン

サッカー日本代表は9日からオーストリア・グラーツでの合宿をスタートさせた。グラーツには元日本代表監督のイビチャ・オシム氏(79)が在住。練習前にオンラインの取材に応じた森保一監督(52)は、同氏と対面するスケジュールを調整していることを明かした。

後で読む
スポーツニッポン

J2松本の来季のトップチーム昇格が内定している松本山雅U―18のMF稲福卓(18)とGK神田渉馬(同)が在籍する松商学園で9日、会見を行った。同クラブがユース選手を直接トップチームに昇格させるのは今回が初めて。神田社長は「育成組織はまだまだこれから。1号、2号が出たのはうれしいところ」と喜んだ。

後で読む
東京スポーツ

日本ハムの西川遥輝外野手(28)が9日、ロッテ戦(ZOZOマリン)に「1番・中堅」で先発出場し、同点で迎えた6回に右翼への勝ち越し適時二塁打を放った。  5回まで3打数無安打だった西川だが、6回二死…

後で読む
東京スポーツ

スペイン1部ビリャレアルの日本代表MF久保建英(19)が、3―1で勝利した8日のヘタフェ戦で試合終盤からピッチに立った。  久保は3―1とリードしていた後半41分から出場し、大きな見せ場をつくれず、…

後で読む
サンケイスポーツ

大相撲11月場所2日目(9日・両国国技館)白鵬、鶴竜の2横綱不在の場所で、大関朝乃山が小結照ノ富士の上手投げに屈し、早くも初黒星を喫した。照ノ富士は2連勝。新大関正代は霧馬山を危なげなく寄り切り、大関貴景勝は若隆景を突き出して、ともに2連勝とした。

後で読む
サンケイスポーツ

関東地区大学野球選手権・第1日準々決勝(9日 桐蔭横浜大2×-1中央学院大 横浜)西武のドラフト1位、桐蔭横浜大の4番・渡部健人内野手(4年)が、指名後初の公式戦の第1打席で左翼最上段へ本塁打を放った。

後で読む
サンケイスポーツ

レッドブル・ザルツブルクFW奥川雅也は、日本代表デビューが見送りになるようだ。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ロッテ-日本ハム、24回戦、9日、ゾゾマリン)日本ハム・中田翔内野手(31)が5-4の七回無死一塁で迎えた4打席目で、ロッテ3番手・フローレスと対戦して左飛に倒れた。

後で読む
日刊スポーツ

今季最終戦の先発を託された日本ハム上原健太投手(26)が、3回4失点でマウンドを降りた。立ち上がりから不安定だった。1回、先頭の藤原にいきなり四球を与えるなど… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

巨人は9日、開幕から毎月実施している新型コロナウイルス感染を調べる11月分のPCR検査で1、2、3軍の選手、監督、コーチ、スタッフ計231人全員が陰性と判定されたと発表した。検査は5日と7日に行われた。

後で読む
サンケイスポーツ

日本野球機構(NPB)は9日、パ・リーグ球団の本拠地で24~26日に行われるSMBC日本シリーズ第3~5戦を、いずれも午後6時半開始のナイターで開催すると発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ソフトバンク-西武、24回戦、9日、ペイペイD)ソフトバンク・周東佑京内野手(24)が「1番・二塁」で出場。三回1死から四球で出塁すると、次打者への2球目に二盗に成功した。これが今季50盗塁で、ついに大台に到達した。

後で読む
サンケイスポーツ

短水路(25メートルプール)で争う競泳のチーム対抗戦、国際リーグ(ISL)は9日、ブダペストで1次リーグ第9戦第1日が行われた。

後で読む
日刊スポーツ

ヴィッセル神戸の主将、MFアンドレス・イニエスタ(36)が9日、楽天主催のオンラインイベントに参加した。小学1年から6年生の児童とその保護者の計6組と、質疑応…

後で読む
日刊スポーツ

日本代表の森保一監督(52)が9日、オンラインで取材に対応した。チームのオーストリア遠征で、森保監督らは8日に現地入り。10月のオランダ遠征に続く活動で「今回…

後で読む
日刊スポーツ

川崎フロンターレが史上最速Vに向けて、MF守田英正が「圧倒した優勝をしたい」と息巻いた。2位ガンバ大阪が11日のヴィッセル神戸戦、14日のベガルタ仙台戦ともに…

後で読む
スポーツニッポン

朝乃山はまともにいきすぎた。相手の照ノ富士は上背があって懐が深い。もっと下から押し上げたり、先に圧力をかけて上手を取りにいったり、自分から動いて揺さぶりをかける必要があった。

後で読む
東京スポーツ

 西武は9日、ショーン・ノリン投手(30)が近く米国へ帰国すると発表した。  貴重な先発左腕として期待されたノリンは、来日1年目の今季、登板わずか5試合に留まり1勝2敗、防御率6・75に終わった。  …

後で読む
デイリースポーツ

大相撲11月場所2日目(9日・両国国技館)白鵬、鶴竜の2横綱不在の場所で、大関朝乃山が小結照ノ富士の上手投げに屈し、早くも初黒星を喫した。照ノ富士は2連勝。新大関正代は霧馬山を危なげなく寄り切り、大関貴景勝は若隆景を突き出して、ともに2連勝とした。 新関脇隆の勝は阿武咲を力強く寄り切って初日を出した。関脇御嶽海は大栄翔に突き落とされて初黒星。小結高安は輝を押し出し、1勝1敗とした。

後で読む
デイリースポーツ

バスケットボール女子日本代表が9日、オンラインで報道陣の取材に応じた。同代表は5日から東京・味の素ナショナルトレーニングセンターで合宿中。約9カ月ぶりの代表活動に、トム・ホーバス・ヘッドコーチ(HC・53)は「みんなすごく頑張っているし、選手のエネルギーもすごくいい」と充実感を口にした。 2020年東京五輪での金メダル獲得を掲げていたバスケットボール女子日本代表。五輪は1年延期となったが、指揮官は「うちの目標は変わってない」と言う。若手選手らを新たに招集し、さらなる戦力アップを目指している。

後で読む
デイリースポーツ

日本陸連は9日、新型コロナの影響で開催を見送っていた競技会を7月1日に再開して以降、10月4日までに全国の競技場で787大会が行われ、終了後2週間以内に感染が報告されたのは1人だけだったとする調査報告書をホームページで公表した。 調査は日本陸連、実業団や学生の統括団体など53団体を対象に行い、11月6日までに47団体から回答を得た。延べ人数で選手は57万1401人、役員や審判ら9万8035人が参加した。529大会は無観客で実施した。

後で読む
デイリースポーツ

「ロッテ-日本ハム」(9日、ZOZOマリンスタジアム) ロッテ・井上晴哉内野手が、リプレー検証の結果、判定が三塁打から本塁打になった。

後で読む
スポーツニッポン

元日本代表MF香川真司(31)が9日、自身のインスタグラムを更新。巨人の坂本勇人内野手(31)の通算2000本安打を祝福した。

後で読む
スポーツニッポン

連覇を狙うリバプールは、王座奪還を目指すマンチェスター・シティーとの“頂上決戦”に1―1で引き分け。勝ち点17で前節首位から3位に後退した。日本代表FW南野拓実は今季公式戦で初めてベンチ外だった。

後で読む
日刊スポーツ

パリが拠点で昨年優勝した「エナジー・スタンダード」の世界記録保持者サラ・ショーストロム(27=スウェーデン)が、貫禄の勝利を挙げた。予選リーグ第9戦のファース…

後で読む
日刊スポーツ

「東京フロッグキングス」(北島康介GM)の大橋悠依(25=イトマン東進)が「鉄の女」に勝利した。「チームアイアン(拠点ハンガリー)」の世界記録保持者カティンカ…

後で読む
日刊スポーツ

全国学生選手権個人戦で優勝したモンゴル出身のプレブスレン・デルゲルバヤル(日体大4年)が9日、東京・世田谷区の日体大を訪れ、松浪健四郎理事長に成績を報告した。…

後で読む
サンケイスポーツ

J2の京都は9日、前日に新型コロナウイルスの感染を調べるPCR検査で陽性と判定されたGK加藤順大の濃厚接触者として、トップチームのスタッフ2人が管轄の保健所から特定されたと発表した。

後で読む
東京スポーツ

日本ハムの中田翔内野手(31)が9日、ロッテ戦(ZOZOマリン)に「4番・DH」で先発出場し、初回に先制の中前適時打を放った。  中田は初回一死一、三塁のチャンスでこの日1打席目を迎え、相手先発・石…

後で読む
東京スポーツ

日本代表は9日、オーストリア・グラーツでパナマ戦(13日)とメキシコ戦(17日=日本時間18日)に向けた合宿をスタートさせた。  この日はオンラインで森保一監(52)が取材に対応。「10月の代表活動…

後で読む
東京スポーツ

日本ハムの清水優心捕手(24)が9日、ロッテ戦(ZOZOマリン)に「8番・捕手」で先発出場し、1―4で迎えた2回に3号2ランを放った。  2回無死一塁でこの日初打席を迎えた清水は、相手先発・石川の投…

後で読む
東京スポーツ

最終関門を突破できるか。巨人・畠世周投手(26)が日本シリーズでの限られた先発切符をかけ、10日の阪神戦(甲子園)に登板する。  公式戦最後のアピールチャンスだ。右肩の故障で出遅れて一軍復帰は7月末…

後で読む
東京スポーツ

日本ハムの清水優心捕手が9日、ロッテ戦(ZOZOマリン)に「8番・捕手」で先発出場し、1点ビハインドの4回に右翼への同点適時打を放った。  2回の1打席目では3号2ランを放ち勢いに乗る清水は、4回一…

後で読む
東京スポーツ

日本代表は9日、オーストリア・グラーツでパナマ戦(13日)とメキシコ戦(17日=日本時間18日)に向けた合宿をスタートさせた。  この日、森保一監督(52)がオンラインで取材に対応し、同地在住で元日…

後で読む
サンケイスポーツ

サッカーの日本代表は9日、国際親善試合のパナマ戦(13日・グラーツ)に向けてオーストリアのグラーツ近郊で初練習する。

後で読む
サンケイスポーツ

全日本空手道連盟は9日、来月13日の全日本選手権(日本武道館)の組み合わせを発表し、来夏の東京五輪代表に内定する形男子の喜友名(きゆな)諒(30)=劉衛流龍鳳会=は個人戦の予選ラウンド第1プールから登場する。コロナ禍後、初の実戦となる。

後で読む
日刊スポーツ

阪神19年ドラフト2位の井上広大外野手が、試行錯誤の2二塁打を放った。フェニックス・リーグDeNA戦(SOKKENスタジアム)に2試合連続4番左翼でフル出場。… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

ロッテは、14日に開幕する「2020 パーソル クライマックスシリーズ パ」の全試合のパブリックビューイングを本拠地ZOZOマリンスタジアムで開催する。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ロッテ-日本ハム、24回戦、9日、ゾゾマリン)日本ハム・中田翔内野手(31)が3-4で迎えた三回1死からの2打席目で、ロッテ2番手・中村稔と対戦して空振り三振に倒れた。

後で読む
スポーツニッポン

大会はスポーツを通じて青少年の健全な育成を目的に、76年全英オープン10位で国内通算20勝の鈴木規夫プロ(69)がホストとなり、当初予定された8月からコロナ禍で3カ月遅れて開催された。

後で読む
東京スポーツ

 リアルジャパンプロレス(RJ)を主宰する初代タイガーマスク(62=佐山聡)が9日、東京・千代田区の神田明神で会見を行い、米WWE入りが決まっているSareee(24)に「虎魂」の伝承式、並びにマスク…

後で読む
東京スポーツ

 大相撲11月場所2日目(9日、東京・両国国技館)、新大関正代(29=時津風)が幕内霧馬山(24=陸奥)を危なげなく寄り切って初日から2連勝とした。取組後は「今日は当たった後、足がよく出てくれた。(辛…

後で読む
東京スポーツ

 大相撲11月場所2日目(9日、東京・両国国技館)、大関貴景勝(24=千賀ノ浦)が初顔合わせの幕内若隆景(25=荒汐)を一方的に突き出して初日から2連勝した。取組後は「集中して一生懸命やりました。一日…

後で読む
東京スポーツ

 大相撲11月場所2日目(9日、東京・両国国技館)、大関朝乃山(26=高砂)が、元大関の小結照ノ富士(28=伊勢ヶ浜)の豪快な上手投げに屈して初黒星を喫した。過去0勝2敗と苦手にする相手を攻略できず、…

後で読む
デイリースポーツ

「スペインリーグ、バレンシア4-1レアル・マドリード」(8日、バレンシア) レアル・マドリードが3つのPKを献上するなど4失点で大敗。昨季手堅い守備でリーグ戦を制し、今季ここまでも7試合で5失点(1試合平均0.7失点)だった自慢の守備陣が崩壊した。

後で読む
デイリースポーツ

サッカー日本代表が9日、オーストリア・グラーツで行われる親善試合(13日にパナマ戦、17日にメキシコ戦)に向けて現地で合宿を開始した。現地からオンライン取材に応じた森保一(52)は、グラーツ在住のイビチャ・オシム元日本代表監督(79)との対面の意向を明かした。 森保監督は「できればオシムさんとお会いして、お話しができればなと思っている。代表の選手、スタッフの前に来ていただいて何か話しをしていただいたり、コミュニケーションを取る場があれば、うれしい」と希望。これまでは、S級ライセンスを取得するときにオシム氏のトレーニングを見学してディスカッションをした際に会ったことがあるだけで「プライベートな時間でお会いしたことはない」という。

後で読む
デイリースポーツ

「ロッテ-日本ハム」(9日、ZOZOマリンスタジアム) ロッテ・井上晴哉内野手が、リプレー検証の結果、判定が三塁打から本塁打になった。

後で読む
デイリースポーツ

「ソフトバンク-西武」(9日、ペイペイドーム) 自身初の盗塁王を確実にしているソフトバンクの周東佑京内野手が、今季50個目となる盗塁を決めた。パ・リーグで50盗塁は2016年の糸井(日本ハム)、金子(西武)以来4年ぶり、ソフトバンクでは11年の本多以来9年ぶりとなる。

後で読む
スポーツニッポン

イニエスタが「夫婦円満の秘けつ」を語った。楽天グループと元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(36)による独自のサッカーアカデミー『イニエスタメソドロジー』が共同で、9日に「楽天ママ割&Iniesta’s Methodology presents イニエスタ選手とのオンライングリーティング」というイベントを実施した。

後で読む
サンケイスポーツ

ユベントスのアンドレア・ピルロ監督は、クリスティアーノ・ロナウドが足首を負傷したことを明らかにした。

後で読む
サンケイスポーツ

マンチェスターCのFWガブリエウ・ジェズスはリバプールとのドローにも満足していないようだ。『BBC』が伝えた。

後で読む
サンケイスポーツ

J2大宮は9日、MF近藤が左ふくらはぎの肉離れで全治6週間との診断を受けたと発表した。1日の琉球戦で負傷した。

後で読む
サンケイスポーツ

DeNAは9日、ドラフト6位で入団1年目の蝦名が横浜市内の病院で右足関節のクリーニング手術を受けたと発表した。

後で読む
日刊スポーツ

レッズ秋山翔吾外野手(32)が、侍ジャパンの公式YouTubeに出演する。過去には稲葉篤紀監督や井端弘和コーチらが出演し、現役選手では初めてとなる。第1回は日… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

オリックスは9日、「Bs Fan-Festa Online2020 Supported by CRTM」の12月5日の開催決定を発表した。今年のファンフェスタ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

DeNA高卒4年目の「ハマの近未来主砲」細川成也外野手が大先輩の背中を追う。高校時代は2000安打を達成した巨人坂本と同じ明秀学園日立・金沢監督から指導を受け… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

2位ロッテが、5位日本ハムと対戦。先発はロッテが石川、日本ハムは上原。日本ハム中田翔内野手が、節目の舞台で打撃2冠を狙う。本塁打王を争っていた浅村が32本でフ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

大相撲11月場所2日目(9日、両国国技館)大関朝乃山が小結照ノ富士に上手投げで敗れ、2日目に土がついた。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ロッテ-日本ハム、24回戦、9日、ゾゾマリン)日本ハム・中田翔内野手(31)が一回1死一、三塁から中前適時打を放ち、1打点を挙げて今季108打点とした。

後で読む
デイリースポーツ

新日本プロレスは9日、来年1月4、5日に開催する東京ドーム大会の第1弾対戦カードとして、初日にIWGPヘビー級・同インターコンチネンタル2冠王者の内藤哲也が飯伏幸太が挑戦、2日目に同王座挑戦権利証保持者ジェイ・ホワイトが、内藤-飯伏戦の勝者に挑戦することを発表した。 また、4日にオカダ・カズチカ-ウィル・オスプレイ戦を行うことも発表した。

後で読む
デイリースポーツ

日本男子初の世界4階級制覇を達成した世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級王者の井岡一翔(31)=Ambition=が、同級1位で世界3階級制覇の実績がある田中恒成(25)=畑中=と12月31日に東京・大田区総合体育館で対戦すると9日、井岡の所属ジムなどが発表した。世界複数階級制覇経験者の日本人対決は初めて。 オンラインで記者会見した井岡は「格の違い、レベルの違いを見せたい。どういう展開になっても負ける気がしない」と豪語した。2度目の防衛戦が指名試合で8年半ぶりの日本人相手となり「相手に4階級制覇が懸かるが、初の達成者として阻止したい」と語った。

後で読む
スポーツニッポン

大相撲11月場所は9日、東京・両国国技館で2日目を迎え、秋場所で初優勝を果たして新大関となった正代は前頭筆頭・霧馬山を寄り切りで下し、2連勝を飾った。

後で読む
東京スポーツ

 大相撲11月場所2日目(9日、東京・両国国技館)、幕内豊昇龍(21=立浪)が幕内豊山(27=時津風)を内掛けで下して2連勝。体格差がありながらも相手を土俵に転がし「内掛けは狙っていなかった」としつつ…

後で読む
デイリースポーツ

日本ラグビー協会は9日、来年1月16日開幕のトップリーグ(TL)で同日の東芝-NTTコミュニケーションズを東京・国立競技場で開催すると発表した。東京・秩父宮ラグビー場から変更し、午後1時40分にキックオフする。TLの国立開催は2006~07年シーズン以来。決勝を5月23日に秩父宮で行う日程も決まった。 既に日程が発表された第1ステージは3月6日まで。TL16チームと下部のトップチャレンジリーグ上位4チームの計20チームによる第2ステージは3月26日~4月25日に実施する。4組に分かれて総当たりで争い、各組上位2チームが5月8日からのプレーオフに進む。

後で読む
デイリースポーツ

「大相撲11月場所・2日目」(9日、両国国技館) 関脇御嶽海(出羽海)に土がついた。

後で読む
デイリースポーツ

全日本空手道連盟(全空連)は9日までに、来月13日の全日本選手権(日本武道館)の組手は、気合の発声を認める方式で実施することを決めた。新型コロナウイルス感染防止のため、頭部を覆う防具「メンホー」の口元を小型シールドで覆って着用することを義務付ける。 全空連は6月、コロナ対策として気合の発声を事実上禁じるガイドラインを策定。しかし、シールドを付けたメンホーを着用すれば飛沫量が大幅に削減できるなどとして、9月に気合を認めるよう改定した。10月の学生の大会から運用を始めていた。

後で読む
デイリースポーツ

「大相撲11月場所・2日目」(9日、両国国技館) 両横綱が不在の場所で、3大関のうち、貴景勝(千賀ノ浦)と正代(時津風)は連勝としたが、朝乃山(高砂)は小結照ノ富士(伊勢ケ浜)に敗れた。

後で読む
デイリースポーツ

「大相撲11月場所・2日目」(9日、両国国技館) 元大関で、けがのため一時は序二段まで番付を落としながら小結まで戻ってきた照ノ富士(伊勢ケ浜)が大関朝乃山(高砂)を上手投げで破って、2連勝とした。

後で読む
東京スポーツ

格闘技イベント「RIZIN.25」(21日、大阪城ホール)で白川陸斗(29)と対戦する朴光哲(43)が9日、都内で公開練習を行った。  1分半のミット打ちを2ラウンド行い、鋭いパンチで順調な仕上がり…

後で読む
東京スポーツ

ボクシングのWBO世界スーパーフライ級王者・井岡一翔(31=Ambition)が、大みそかに大田区総合体育館で前WBO世界フライ級王者の田中恒成(25=畑中)を相手に2度目の防衛戦を行うことが9日、…

後で読む
デイリースポーツ

ヤクルトのドラフト1位ルーキー奥川恭伸投手が10日に神宮球場で行われる広島戦で先発してプロ初登板する。「今はすごくわくわくしている。早くマウンドに立ちたいという思いでいっぱい。体調はすごくいい」と引き締まった表情で話した。 昨夏の甲子園大会で石川・星稜高を準優勝に導いた本格派右腕。2軍で7試合に登板して19回2/3を投げて4失点、防御率1・83だった。「落ち着いてファームで一年やってきた成果を出したい。抑えて勝つのが一番いい形だと思うが、まずは自分の投球をして、けがなく終われたら」と目標を口にした。

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクは9日、「ファンフェスティバル2020」を12月5日にペイペイドームで開催すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大予防策のため、例年のように選手とのふれあいイベントは実施できないが、オンラインを活用した企画を実施する。また来場者も満員時の50%入場制限で全席指定席で開催。シーズン同様に感染拡大予防策を徹底する。入場券発売は11月11日。 昨年大好評の選手対抗「ホームランダービー」などのグラウンドイベントに加えオンラインで選手とトークを楽しむことができたり、ドームの選手の様子をLIVE視聴できたりと、まるでドームにいるかのような感覚で、いつも以上に選手を身近に感じていただけるイベントとする。

後で読む
スポーツニッポン

4度目の正直を狙う。3位・名古屋は11日に敵地・広島戦。マッシモ・フィッカデンティ監督(53)は「広島は上位にいるべきサッカーをしている。我々は内容、強度で上回る必要がある」と警戒心を示し、MF稲垣祥(28)は「楽しみな気持ちが強いです。久々に広島のスタジアムでワクワクしています」と昨季まで在籍した古巣戦を心待ちにした。

後で読む
東京スポーツ

スペイン紙「スポルト」は、かつて同国1部バルセロナに所属した元カメルーン代表FWサミュエル・エトー氏(39)が母国で交通事故に巻き込まれたと報じた。地元記者マルティン・カミュ氏が8日、フェイスブック…

後で読む
サンケイスポーツ

ヤクルトのドラフト1位ルーキー奥川恭伸投手が10日に神宮球場で行われる広島戦で先発してプロ初登板する。「今はすごくわくわくしている。早くマウンドに立ちたいという思いでいっぱい。体調はすごくいい」と引き締まった表情で話した。

後で読む
サンケイスポーツ

セ・パ両リーグは9日、10日の予告先発投手を発表した。

後で読む
スポーツニッポン

 ヤクルトのドラフト1位右腕・奥川が、今季最終戦となる明日10日の広島戦(神宮)でプロ初登板初先発する。「徐々に緊張感も増してきています。自分も早くあそこ(1軍のマウンド)に立って、投げたいなという思いになりました」と気持ちは高まっている。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は9日、パ・リーグで2試合を実施。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、ロッテ-日本ハム、24回戦、9日、ゾゾマリン)公式戦残り1試合で本塁打を放つと、自身初の2冠王となる日本ハム・中田翔内野手(31)が、定位置の「4番」でスタメン出場する。守備には就かずDH。

後で読む
日刊スポーツ

憧れの名投手のように…。武蔵大の山内大輔投手(3年=東海大菅生)が好リリーフで勝利に導いた。1点を追う6回、4番手としてマウンドに上がると自己最速となる145… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

2位ロッテが、5位日本ハムと対戦。予告先発はロッテが石川、日本ハムは上原。日本ハム中田翔内野手が、節目の舞台で打撃2冠を狙う。本塁打王を争っていた浅村が32本… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

岩手県高野連は9日、盛岡市内で理事会を開き、来春のセンバツ高校野球(3月19日開幕、甲子園)21世紀枠の同県推薦校に、花巻農を初選出した。花巻農は「花農(ハナ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

巨人がDAZNで今季のインサイド映像を公開している。「GIANTS 2020 INSIDE」のタイトルで、全5回の配信を予定している。

後で読む
サンケイスポーツ

米大リーグ、レッズでメジャー1年目を終えた秋山翔吾外野手(32)が侍ジャパン公式You Tubeに出演する。11月9日の午後6時に第1回目が配信される。過去には、稲葉篤紀監督(48)らの出演はあるが、現役選手の登場は初めてとなる。

後で読む
サンケイスポーツ

「春の高校バレー」として開催される第73回全日本高校バレーボール選手権大会(サンケイスポーツなど主催)の地区大会は9日、埼玉で決勝などが行われ、男子は昌平が正智深谷をフルセットで下し、初の全国切符を獲得した。

後で読む
デイリースポーツ

ロッテは9日、大谷智久投手(35)に対して千葉市内で来季契約を更新しない旨を通知したと発表した。 大谷は報徳学園時代に02年の春のセンバツで優勝を経験。早大でプレーし、トヨタ自動車から2009年・ドラフト2位でロッテに入団。主に中継ぎとして活躍した右腕。15年には自己最多の56試合に登板。14年には49試合に登板し、防御率1・94の成績も残した。

後で読む
デイリースポーツ

ロッテは9日、今季限りで引退を発表した細川亨捕手を出場選手登録。日本ハムは4選手を登録した。 ▽パ・リーグ

後で読む
デイリースポーツ

巨人は9日、原辰徳監督をはじめ1、2、3軍の監督、コーチ、選手、スタッフ計231人に対して5日と7日に実施したPCR検査の結果が全員が陰性だったと発表した。 球団は「今後も引き続き、多数が出入りする繁華街や飲食店には立ち寄らない、3密を避けるなどの感染防止策を徹底していく所存です」とコメントし、感染症対策に万全を期す。

後で読む
スポーツニッポン

サッカーJ2福岡のDF上島拓巳(23)が9日、練習後のオンライン取材を行った。

後で読む
サンケイスポーツ

【出場選手登録抹消】 ▽巨人 横川凱投手、堀岡隼人投手

後で読む
サンケイスポーツ

ロッテは9日、大谷智久投手(35)に来季の契約を結ばないことを通告したと発表した。現役続行を希望している。兵庫・報徳学園高から早大、トヨタ自動車を経て、2010年にドラフト2位で入団。主に中継ぎで340試合に登板し、20勝34敗、防御率3・67だった。

後で読む
サンケイスポーツ

【出場選手登録】 ▽ソフトバンク ムーア投手 ▽ロッテ 細川亨捕手(引退選手特例) ▽日本ハム 金子弌大投手、上原健太投手、高浜祐仁内野手、谷口雄也外野手

後で読む
サンケイスポーツ

男子ゴルフの日本シリーズJTカップの主催者は9日、東京よみうりCCで12月3~6日に行う大会の要項を発表し、出場資格を今月後半のダンロップ・フェニックスまでのツアー5戦の3位までと、獲得賞金額上位者などとした。出場枠は30。無観客で実施する。

後で読む
日刊スポーツ

サイン盗み問題で1月に解任されたアストロズ前GMのジェフ・ルノー氏(53)が、正当な理由なく解任されたとして球団を訴えた。ワールドシリーズのタイトル剥奪の処罰… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

全日本女子野球連盟は9日、阪神球団に対するお礼のサプライズメッセージ動画を公開した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で高校野球の全国大会が中止となったことを受… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ヤクルトのドラフト1位ルーキー奥川恭伸投手(19)が、10日の今季最終戦となる広島戦(神宮)で初先発する。9日、予告先発が発表された。右肘の軽い炎症などで2度… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ロッテは9日、大谷智久投手(35)に来季契約を更新しない旨を通知したと発表した。現役続行を希望している。09年ドラフト2位で即戦力右腕として入団し、今季で11… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「フェニックス・リーグ、阪神-DeNA」(9日、SOKKENスタジアム) 阪神の小野寺暖外野手が先頭打者本塁打を放った。

後で読む
デイリースポーツ

阪神が9日、甲子園で全体練習を行った。練習後には、選手会長の梅野隆太郎捕手(29)や主将の糸原健斗内野手(27)、ジェリー・サンズ外野手(33)ら選手が今季限りで退団する福留孝介外野手(43)のユニホームやTシャツを着用して記念撮影。お世話になった感謝と他球団での現役続行を目指す先輩にエールを送った。 6日に退団が発表された福留。その際、梅野は「こんなに歳が離れていて僕が若い時からコミュニケーションを取ってくれる先輩はなかなかいなかった。気持ちの面ですごく助けられることが多かったし、野球でいろんな引き出しをくれた先輩でした」と感謝の言葉を口にしていた。

後で読む
サンケイスポーツ

卓球の女子ワールドカップ(W杯)第2日は9日、中国の威海で行われ、決勝トーナメント1回戦で東京五輪シングルス代表の石川佳純(全農)は徐孝元(韓国)を4-0で下して8強入りした。

後で読む
サンケイスポーツ

日本野球機構(NPB)と日本プロ野球選手会の事務折衝が9日、オンラインで行われ、新型コロナウイルス感染拡大への対策として、出場選手登録の入れ替えを柔軟に行えるようにする「感染拡大防止特例2020」やベンチ入り人数、外国人選手枠などを拡大した措置を来季も継続する方針をNPB側が示した。

後で読む
サンケイスポーツ

日本ラグビー協会は9日、来年1月16日開幕のトップリーグ(TL)の第2ステージ(S)とプレーオフの日程を発表した。第2Sを3月26日~4月25日(全5節)、プレーオフを5月8日~23日(全3節)に開催。プレーオフは、第2Sの各組上位2チームが進出し、計8チームによるトーナメント形式での開催となった。決勝は5月23日で、東京・秩父宮ラグビー場で行われる。

後で読む
日刊スポーツ

名古屋グランパスのGKランゲラック(32)が9日、次節広島戦(11日、Eスタ)を前にオンライン会見にのぞんだ。直近の3試合は2勝1分けで無失点。リーグ3位につ…

後で読む
スポーツニッポン

力士24人が新型コロナウイルスに集団感染した玉ノ井部屋の西幕下2枚目の白石(24)が矢後(26=尾車部屋)にはたき込まれて黒星発進となった。「攻めていなして、攻めていなす」と計画して臨んだが、突っ張り合いになって「ムキになった」。押し込みながらの惜敗を残念がった。

後で読む
スポーツニッポン

幕内から転落し、2005年春場所以来15年ぶりとなる十両の土俵に臨んでいる大関経験者で関取最年長の琴奨菊(36=佐渡ケ嶽部屋)が会心の相撲で初白星を挙げた。同じ36歳で西十両2枚目の松鳳山(二所ノ関部屋)との一番は、立ち合いで左を浅く差し、右で抱えながら前進。相手に回り込む隙を与えず、最後は押し出した。「ああいう相撲を心掛けてやっていたので、これから1個1個かみ合うと思うので、同じことを毎日や…

後で読む
東京スポーツ

 日本ラグビー協会は9日、来年1月16日のトップリーグ(TL)開幕戦の東芝―NTTコミュニケーションズ戦(午後1時40分キックオフ)を東京・国立競技場で行うと発表した。  当初は秩父宮ラグビー場で正午…

後で読む
東京スポーツ

 大相撲11月場所2日目(9日、東京・両国国技館)、元大関の十両琴奨菊(36=佐渡ヶ嶽)が十両松鳳山(36=二所ノ関)を一方的に押し出して今場所初白星を挙げた。9月の秋場所は左ふくらはぎを負傷した影響…

後で読む
東京スポーツ

〝ハレンチビデオ〟流出で代表追放――。ロシアメディア「RT」によると、サッカーのロシア代表は8日、FWアルチョム・ジュバ(32=ゼニト)をメンバーから除外したという。  2018年ロシアW杯に出場した…

後で読む
デイリースポーツ

日本ラグビー協会は9日、来年1月16日に開幕するトップリーグ(TL)開幕戦でファーストステージ第1節の東芝-NTTコミュニケーションズ戦の会場を、予定されていた秩父宮ラグビー場から国立競技場に変更すると発表した。キックオフ時間は、12時から13時40分に変更となった。 TLの試合が国立競技場で開催されるのは2006年-07シーズン以来14大会ぶり。新国立競技場となってからは、初めてのTL公式戦となる。ラグビーでは、今年1月11日の全国大学選手権決勝が新国立競技場で行われた。

後で読む
デイリースポーツ

男子テニスのソフィア・オープンは8日、ブルガリアのソフィアで行われ、シングルス1回戦で杉田祐一(三菱電機)はラドゥ・アルボット(モルドバ)に4-6、1-6で敗れた。(共同)

後で読む
デイリースポーツ

「卓球・女子W杯」(9日、威海) 1回戦が行われ、東京五輪代表の伊藤美誠(20)=スターツ=は田志希(韓国)に4-1で勝利した。同代表の石川佳純(27)=全農=も徐孝元(韓国)に4-0で完勝。3月のカタール・オープン以来、新型コロナウイルス感染拡大による国際大会中断からの再開初戦で、日本勢はともに快勝発進で8強入りを果たした。

後で読む
デイリースポーツ

「大相撲11月場所・2日目」(9日、両国国技館) 2度の右膝手術を乗り越え、18年初場所以来16場所ぶり十両復帰した人気業師の宇良(28)=木瀬=が千代の海(九重)に押し倒され、1勝1敗の五分となった。

後で読む
デイリースポーツ

【ロンドン共同】サッカーの欧州各リーグ(2~8日)でイングランドは昨季覇者で前節首位に立ったリバプールがマンチェスター・シティーと1-1で引き分け、トップを譲った。ウルバーハンプトンを下したレスターが勝ち点18で1位に上がり、1差でトットナム、リバプールが続く。 スペインはレアル・ソシエダードがグラナダに勝って勝ち点20で首位を堅持。2差でビリャレアル、さらに1差でアトレチコ・マドリードが追う。レアル・マドリードはバレンシアに1-4で大敗し、4位に後退した。

後で読む
デイリースポーツ

ヤクルトの奥川恭伸投手が10日の広島戦でプロ初登板・初先発する。NPBが9日、予告先発投手として発表した。 星稜高のエースとして昨夏の甲子園で活躍。昨年のドラフト1位でヤクルトに入団した。2軍戦で経験を積みながら、1軍登板のチャンスを待っていた。

後で読む
デイリースポーツ

ロッテは9日、細川亨捕手(40)が今季限りで現役を引退すると発表した。 細川は青森大から2001年にドラフト自由枠で西武に入団。西武では正捕手として活躍。その後はソフトバンク、楽天に在籍し19年からロッテに移籍した。今季は1軍出場がなかった。

後で読む
デイリースポーツ

DeNA・細川成也外野手(22)が9日、2軍施設での練習後にオンライン取材に応じ、4番起用される残り2試合でアピールすると意気込んだ。まずは11日・阪神戦(甲子園)で先発すると見られる藤浪を打ち、来季レギュラー取りへ存在感をみせる。 今季2軍では64試合に出場。13本塁打、53打点、出塁率・448と打撃3部門でリーグトップの成績を残した。残り2試合は1軍で4番起用される。「自分自身は来年に向けて結果を出さないといけない。しっかり結果を残せるように頑張りたい」と力を込めた。

後で読む
デイリースポーツ

ロッテは9日、大谷智久投手(35)に対して千葉市内で来季契約を更新しない旨を通知したと発表した。 大谷は報徳学園時代に02年の春のセンバツで優勝を経験。早大でプレーし、トヨタ自動車から2009年・ドラフト2位でロッテに入団。主に中継ぎとして活躍した右腕。15年には自己最多の56試合に登板。14年には49試合に登板し、防御率1・94の成績も残した。

後で読む
デイリースポーツ

ロッテは9日、細川亨捕手(40)が今季限りで現役を引退すると発表した。4日に戦力外通告を受けていた。西武、ソフトバンク、楽天を含めてパ・リーグ4球団で19年間プレー。ロッテを通じて「入団した頃は、こんなに長くプロの世界でやれると思っていなかった」とコメントした。 2002年に青森大から自由獲得枠で西武に入団し、11年に国内フリーエージェント(FA)権を行使してソフトバンクに移籍。17、18年は楽天でプレーし、19年からロッテに所属した。

後で読む
デイリースポーツ

 日本ゴルフツアー機構は9日、「日本シリーズJTカップ」を12月3日から6日まで、東京よみうりCCで無観客で開催すると発表した。 今年の出場資格については前年度の同大会の優勝者、今年開催された、また今後開催される5大会(SMBCシンガポールオープン、フジサンケイクラシック、日本オープン、三井住友VISA太平洋、ダンロップフェニックス)の上位3位タイまでの選手、今年のツアー獲得賞金上位者で30人に達するまで(海外メジャー含む)の選手が出場できる。

後で読む
日刊スポーツ

女子は新潟産大付が新潟商との代表決定戦を74-36で制し、2年連続選手権出場を決めた。新潟産大付のPG大西こはる(2年)がゲームを組み立て、得点も量産した。新…

後で読む
日刊スポーツ

男子は開志国際が3年連続の全国選手権(ウインター杯、12月23日開幕=東京)の出場を決めた。帝京長岡との決勝は84-53で圧倒。前日7日の準決勝は大学受験のた…

後で読む
日刊スポーツ

レバンガ北海道は千葉ジェッツに73-92で敗れ5連敗を喫した。126点のB1最多得点を許す大敗を喫した前日7日の反省から、この日はディフェンスを徹底して臨んだ…

後で読む
日刊スポーツ

ヴォレアス北海道がつくばユナイテッドを3-0のストレートで下し、開幕4連勝を決めた。10月24日のヴィアティン三重との開幕戦(3○1)以来3試合ぶりに出場した…

後で読む
日刊スポーツ

日本ラグビー協会は9日、来年1月16日の「ジャパンラグビー トップリーグ 2021」第1ステージ開幕戦、東芝ブレイブルーパス対NTTコミュニケーションズシャイ…

後で読む
東京スポーツ

イングランド・プレミアリーグのリバプールに所属する日本代表MF南野拓実(25)がいよいよ崖っぷちに追い込まれた。  リバプールは8日のマンチェスター・シティ戦で1―1と引き分けたが、南野は今季初のベ…

後で読む
サンケイスポーツ

男子テニスのソフィア・オープンは8日、ブルガリアのソフィアで行われ、シングルス1回戦で杉田祐一(三菱電機)はラドゥ・アルボット(モルドバ)に4-6、1-6で敗れた。

後で読む
スポーツニッポン

 ロッテから戦力外通告を受けた細川亨捕手(40)が9日、今季限りで現役を引退することを発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

米大リーグ、アストロズの前ゼネラルマネジャー(GM)のルノー氏が球団を契約違反で訴えたと8日、ロサンゼルス・タイムズ紙(電子版)が報じた。

後で読む
サンケイスポーツ

マンチェスターUのハリー・マグワイアは、クラブへの批判がジェラシーから来るものであると主張した。

後で読む
日刊スポーツ

米スポーツメディア「ザ・スコア」は8日、所属記者13人による各個人賞の投票を独自に実施し、カブスのダルビッシュ有投手(34)がナ・リーグのサイ・ヤング賞に選ば… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

11月9日のプロ野球の出場選手登録と抹消は以下の通り。【セ・リーグ】<登録>なし<抹消>巨人 横川凱投手巨人 堀岡隼人投手【パ・リーグ】※再登録は11月19日… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

今秋ドラフトで指名された県勢2選手が9日、指名あいさつを受けた。DeNA5位のヤマハ・池谷蒼大投手(21)は、浜松市内の同社で球団関係者4人を迎え、プロに臨む… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

阪神の球団公式インスタグラムが9日、今季限りで退団する福留孝介外野手(43)に感謝する選手たち姿を伝えている。主将の糸原、選手会長の梅野に加え、近本、藤浪らが… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 ヤクルトの奥川恭伸投手が10日の広島戦でプロ初登板・初先発する。NPBが9日、予告先発投手として発表した。 星稜高のエースとして昨夏の甲子園で活躍。昨年のドラフト1位でヤクルトに入団した。2軍戦で経験を積みながら、1軍登板のチャンスを待っていた。

後で読む
サンケイスポーツ

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、マンチェスターC戦で4人のアタッカーを同時起用した理由を説明した。

後で読む
サンケイスポーツ

マンチェスターUのハリー・マグワイアは、エバートン戦でジョーダン・ピックフォードと接触があった場面について口を開いた。

後で読む
サンケイスポーツ

ボローニャに所属する日本代表DF冨安健洋のナポリ戦でのパフォーマンスについて、イタリアメディアなどが8日に評価を下した。

後で読む
サンケイスポーツ

『スカイスポーツ』で解説者を務めるロイ・キーン氏は、今季マンチェスターCのプレミアリーグ優勝は難しいと考えているようだ。

後で読む
スポーツニッポン

日本ラグビー協会は9日、来年1月16日に開幕するトップリーグ(TL)の開幕試合の一つ、東芝―NTTコミュニケーションズ戦の会場を、当初の東京・秩父宮ラグビー場から国立競技場に変更すると発表した。キックオフ時間も12時から13時40分に変更となる。

後で読む
東京スポーツ

 3月の卓球の女子W杯(中国・威海)は9日、決勝トーナメント1回戦が行われ、世界ランキング2位で東京五輪代表の伊藤美誠(20=スターツ)は田志希(28=韓国)を4―1で下し、準々決勝に進出した。  新…

後で読む
東京スポーツ

「デサントレディース東海クラシック」(9月)でプロ転向後、初のツアー優勝を果たした古江彩佳(20)が9日、ブルガリ銀座タワーで行われた優勝副賞の贈呈セレモニーに出席した。  贈られたのはブルガリの女性…

後で読む
東京スポーツ

 来年夏の東京五輪開催の〝試金石〟と言われた国際体操連盟(FIG)主催の国際交流大会「Friendship and Salidarity~友情と絆の大会~」(8日、東京・国立代々木競技場)が無事に成功…

後で読む
デイリースポーツ

J2磐田が9日、新型コロナウイルスの陽性判定を7日に受けたDF石田崚真の濃厚接触者が1人特定されたと発表した。すでに、Jリーグの独自基準で濃厚接触疑いがあるとして7日の時点で隔離措置をとっており、今後2週間は隔離して経過を観察するとしている。 このほかに、濃厚接触疑いがあるとしていた選手7人のうち、3人は濃厚接触者ではないが、クラブ独自の判断で要注意と判断。当面の間、隔離を継続するとした。

後で読む
デイリースポーツ

オリックスのアデルリン・ロドリゲス内野手が9日、羽田発の航空便で米国へ帰国した。 ロドリゲスは来日1年目の今季59試合に出場し、打率・218、6本塁打、25打点。

後で読む
デイリースポーツ

オリックスが育成ドラフト3位で指名した宇田川優希投手、同5位で指名した佐野如一外野手が9日、仙台大で牧田勝吾編成部副部長、佐藤真一スカウトから指名あいさつを受けた。 2人は12球団に対して、支配下での指名のみ受けると伝えていたため、一時は入団拒否も考えたという。

後で読む
スポーツニッポン

 プロボクシングWBO世界スーパーフライ級王者・井岡一翔(31=Ambition)が9日、オンラインで会見し、12月31日に東京・大田区総合体育館で同級1位の田中恒成(25=畑中)と対戦すると発表した。井岡が大みそかに試合を行うのは3年連続9度目となる。戦績は井岡が25勝(14KO)2敗、田中は15勝(9KO)無敗。

後で読む
スポーツニッポン

J2京都は9日、トップチームのスタッフ2人が新型コロナウイルスに感染したGK加藤順大(35)の濃厚接触者として認定されたことを発表した。Jリーグ独自の基準では濃厚接触者の疑いではないとされたが、管轄の保健所が認定。スタッフ2人は自宅待機となり、また同日、クラブの自主判断でトップチームの選手とスタッフ全員がPCR検査を受けることを決定した。

後で読む
サンケイスポーツ

オリックスは9日、ロドリゲスが羽田空港から米国へ帰国の途に就いたと発表した。来日1年目の今季は59試合に出場し、打率2割1分8厘、6本塁打、25打点。球団を通じ「思い通りにいかない部分もありましたが、非常に良い経験になりました。来年もし戻って来られたらどのように準備すべきかといった、来季に向けての良いアイデアも得ることができました」とコメントした。

後で読む
日刊スポーツ

米CBSスポーツが、全米野球記者協会(BBWAA)による最優秀投手賞(サイ・ヤング賞)受賞者の発表を前に、同スポーツ局の記者5名による投票を独自に実施。ツイン… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

アストロズは、今オフにフリーエージェント(FA)となったジョージ・スプリンガー外野手(31)との再契約がかなわなかった場合を考え、ジャッキー・ブラッドリーJr… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ロッテのドラフト3位、国学院大・小川龍成内野手(22)が9日、横浜市内の同校施設で永野プロ・アマスカウト部長らから指名あいさつを受けた。前橋育英(群馬)時代か… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

19年育成ドラフト1位の阪神小野寺暖外野手(22)が先頭打者本塁打を放った。「1番一塁」でスタメン。1回第1打席でDeNA宮城の2球目を右翼スタンドへ運んだ。… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

阪神が9日、甲子園で全体練習を行った。練習後には、選手会長の梅野隆太郎捕手(29)や主将の糸原健斗内野手(27)、ジェリー・サンズ外野手(33)ら選手が今季限りで退団する福留孝介外野手(43)のユニホームやTシャツを着用して記念撮影。お世話になった感謝と他球団での現役続行を目指す先輩にエールを送った。 6日に退団が発表された福留。その際、梅野は「こんなに歳が離れていて僕が若い時からコミュニケーションを取ってくれる先輩はなかなかいなかった。気持ちの面ですごく助けられることが多かったし、野球でいろんな引き出しをくれた先輩でした」と感謝の言葉を口にしていた。

後で読む
サンケイスポーツ

オリックスから育成ドラフト3位で指名された宇田川優希投手と、同じく育成ドラフト5位で指名された佐野如一外野手=ともに仙台大=が9日、仙台大で指名あいさつを受けた。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球セ・リーグは9日、セ・パ交流戦を含む来季の公式戦日程を発表した。3月26日に巨人-DeNA(東京D)、ヤクルト-阪神(神宮)、広島-中日(マツダ)で開幕して各143試合を行い、今季中止となったクライマックスシリーズも行う予定。

後で読む
日刊スポーツ

J2京都サンガは9日、選手1人が新型コロナウイルスで陽性と判定されたことに関連して、保健所から濃厚接触者として、スタッフ2人が特定されたと公表した。クラブでは…

後で読む
日刊スポーツ

清水ユースが沼津U-18を5-1で下し、2連覇を飾った。1-1で迎えた前半36分、FW小塩拳生(げんき、3年)のゴールで勝ち越しに成功。後半にも3点を加えて快…

後で読む
日刊スポーツ

藤枝MYFCは0-0でFC今治と引き分けた。主導権を握りながらも、最後まで得点を奪えずに最近9戦勝ちなし(5分け4敗)。J2自動昇格圏の2位長野パルセイロと勝…

後で読む
スポーツニッポン

NFLは8日に各地で第9週の12試合を行い、スティーラーズは敵地ダラス(テキサス州)でカウボーイズを24―19(前半9―13)で退けてチーム史上初の開幕8連勝。QBベン・ロスリスバーガー(38)が前半で左膝を痛めながらも後半にパスで3つのTDを挙げ、残り2分14秒にタイトエンドのエリック・エブロン(27)に8ヤードのTDパスを通してこれが決勝点になった。

後で読む
スポーツニッポン

世界ランキング2位の伊藤美誠(20=スターツ)が8カ月ぶり実戦を勝利で飾った。1回戦で、同16位のサウスポー田希志(28=韓国)に4―1(6―11、11―7、11―7、13―11、11―7)で勝ち、同日の準々決勝へ駒を進めた。

後で読む
スポーツニッポン

世界ランキング9位の石川佳純(27=全農)が、1回戦で同23位の徐孝元(33=韓国)に勝ち、同日の準々決勝へ進出した。

後で読む
東京スポーツ

 日本ゴルフツアー機構(JGTO)は9日、国内男子ツアー「日本シリーズJTカップ」を12月3日から6日まで、東京よみうりCCで無観客で開催すると発表した。  例年の出場資格は「前年度優勝者」「同年の日…

後で読む
東京スポーツ

 3月の卓球の女子W杯(中国・威海)は9日、決勝トーナメント1回戦が行われ、世界ランキング2位で東京五輪代表の伊藤美誠(20=スターツ)は田志希(28=韓国)を4―1で下し、準々決勝に進出した。  新…

後で読む
東京スポーツ

 J2京都は9日、新型コロナウイルスの陽性判定を8日に受けたGK加藤順大(35)の濃厚接触者として、管轄保健所よりトップチームのスタッフ2人が特定されたと発表した。  京都によると、2人はJリーグ独自…

後で読む
デイリースポーツ

【北京共同】卓球の女子ワールドカップ(W杯)第2日は9日、中国の威海で行われ、決勝トーナメント1回戦で東京五輪シングルス代表の伊藤美誠(スターツ)が田志希(韓国)を4-1で下して準々決勝進出を決めた。石川佳純(全農)は徐孝元(韓国)との顔合わせ。 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、トップ選手が出場する国際大会は約8カ月ぶりの開催。

後で読む
デイリースポーツ

「卓球・女子W杯」(9日、中国・威海) 1回戦が行われ、東京五輪代表の伊藤美誠(20)=スターツ=は田志希(韓国)に4-1で勝利した。3月のカタール・オープン以来、新型コロナウイルス感染拡大による国際大会中断からの再開初戦で快勝発進を果たした。準々決勝は陳思羽(台湾)と対戦する。

後で読む
デイリースポーツ

プロボクシングのAmbitionジムは9日、オンライン会見を開き、所属選手でWBO世界スーパーフライ級王者の井岡一翔(31)が同級1位の田中恒成(25)=畑中=との2度目の防衛戦を12月31日に東京・大田区総合体育館で行うと発表した。 会見に出席した井岡は日本男子唯一の世界4階級制覇王者で、日本人相手の世界戦は12年6月の八重樫東(大橋)戦以来2度目。世界最速タイ記録の12戦目で世界3階級を制覇し、この試合で4階級制覇に挑む指名挑戦者の田中を迎え撃つ。

後で読む
デイリースポーツ

セ・リーグが9日、来季の公式戦日程を発表した。開幕は3月26日で、東京五輪期間を含む7月19日から8月12日に中断期間が設けられた。 開幕カードは巨人-DeNA、ヤクルト-阪神、広島-中日。今回発表された通りに試合が開催されると、10月17日のDeNA-ヤクルトで全日程が終了する。

後で読む
デイリースポーツ

 日本ゴルフツアー機構は9日、「日本シリーズJTカップ」を12月3日から6日まで、東京よみうりCCで無観客で開催すると発表した。 今年の出場資格については前年度の同大会の優勝者、今年開催された、また今後開催される5大会(SMBCシンガポールオープン、フジサンケイクラシック、日本オープン、三井住友VISA太平洋、ダンロップフェニックス)の上位3位タイまでの選手、今年のツアー獲得賞金上位者で30人に達するまで(海外メジャー含む)の選手が出場できる。

後で読む
日刊スポーツ

1920年(大正9)に始まった箱根駅伝。日刊スポーツが紙面で初めて報じたのは第23回大会。大会ごとの成績を写真とともに振り返ります。また名場面、名選手の写真…

後で読む
日刊スポーツ

男子は佐藤駿(16=フジ・コーポレーション)、女子は樋口新葉(19=明大/ノエビア)が優勝した。記事一覧–千葉百音2位「感覚…

後で読む
日刊スポーツ

卓球女子W杯(中国・威海市)の決勝トーナメント1回戦が9日に始まり、日本人の先陣を切って伊藤美誠(19=スターツ)が登場した。新型コロナウイルスの影響で3月の…

後で読む
サンケイスポーツ

日本ゴルフツアー機構(JGTO)は9日、男子ゴルフの国内メジャー大会「日本シリーズJT杯」(12月3-6日、東京・東京よみうりCC)を無観客で開催すると発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

DeNA・細川成也外野手(22)が9日、神奈川・横須賀市のファーム施設「DOCK」で全体練習に参加した。

後で読む
日刊スポーツ

7日にA・J・ヒンチ氏の新監督就任を発表したタイガースが、これに続いて新コーチ3人の招へいを発表。元阪神のスコット・クールボー氏が打撃コーチに採用された。クー… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

共栄大(東京新2位)のプロ注目右腕・小向直樹投手(3年=桶川)の好投が、勝利を引き寄せた。先発して8回3安打無失点10奪三振。この日の最速150キロの直球を中… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

先輩たちに続け! 1、2年生によるフレッシュトーナメント初戦で、早大が快勝発進した。前日の早慶戦に劇的勝利。10季ぶりの優勝をスタンドで見届けた下級生たちが、… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

入団拒否の可能性もあった育成ドラフト指名の仙台大コンビが、プロ入りに向けて動き始めた。オリックスから育成ドラフトで3位指名を受けた宇田川優希投手(21=八潮南… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「フェニックス・リーグ、阪神-DeNA」(9日、SOKKENスタジアム) 阪神はDeNAとの一戦で先発は斎藤。来季の先発ローテ入りに向けてアピールしたい。

後で読む
デイリースポーツ

「フェニックス・リーグ、阪神-DeNA」(9日、SOKKENスタジアム) 阪神の小野寺暖外野手が先頭打者本塁打を放った。

後で読む
サンケイスポーツ

プロボクシングWBO世界スーパーフライ級王者の井岡一翔(31)=Ambition=が9日、オンライン会見を開き、12月31日に2度目の防衛戦を行うと発表した。指名挑戦者で同級1位の田中恒成(25)=畑中=と対戦する。

後で読む
サンケイスポーツ

卓球の女子ワールドカップ(W杯)第2日は9日、中国の威海で行われ、決勝トーナメント1回戦で東京五輪シングルス代表の伊藤美誠(スターツ)が田志希(韓国)を4-1で下して準々決勝進出を決めた。石川佳純(全農)は徐孝元(韓国)との顔合わせ。

後で読む
デイリースポーツ

日本プロ野球選手会と日本野球機構(NPB)の事務折衝が9日、オンラインで開かれ、新型コロナウイルスの影響で今季適用されたルールについて、NPB側から来季も引き続き適用していく方針であることを報告された。 選手会によると、今季拡大された1軍登録31人(通常は29人)、ベンチ入り26人(通常は25人)、1軍外国人登録枠5人(通常は5人)について継続する方向だという。また、新型コロナウイルス感染やその疑いがある選手を登録抹消した際の運用について定めた「特例2020」についても、来季継続の方針を示されたという。

後で読む
サンケイスポーツ

 土俵際の粘りに加え、取組後のコメントでもファンを魅了した。昨年の大相撲名古屋場所で現役を引退した、元関脇安美錦の安治川親方だ。今年3月、NHKの人気番組「鶴瓶の家族に乾杯」に出演した際も落語家、笑福亭鶴瓶に引けを取らない軽妙なトークで、ぶっつけ本番旅を楽しんだ。

後で読む
東京スポーツ

J2磐田は9日、新型コロナウイルスへの感染が7日に判明したDF石田峻真(24)と濃厚接触した可能性がある8人のうち、1人が管轄保健所により、濃厚接触者として特定されたと発表した。  磐田よると、クラ…

後で読む
サンケイスポーツ

 東京六大学野球秋季リーグ最終週第2日(8日、早大3-2慶大、神宮)2回戦が行われ、早大が慶大を3-2で下し、7勝3分けの8・5ポイントとして10季ぶり46度目の優勝を果たした。優勝回数は法大に並びリーグ最多。早大は、楽天からドラフト1位で指名された早川隆久投手(22)が締め“胴上げ投手”となった。早川は最優秀防御率(0・39)、ベストナインにも輝き、プロ入り前に「有終の美」を飾った。

後で読む
サンケイスポーツ

ラグビーのフランス1部リーグ第8節最終日は8日、各地で行われ、クレルモンの松島幸太朗はアウェーでのラロシェル戦にWTBでフル出場した。チームは10-19で敗れた。

後で読む
日刊スポーツ

オリックスは9日、アデルリン・ロドリゲス内野手(28)が、米国ニューヨークに帰国したと発表した。来日1年目のロドリゲスは今季59試合に出場して、打率2割1分8… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

私立藤嶺(とうれい)藤沢高(神奈川県藤沢市)の硬式野球部の男性監督(47)が練習中、1年生の部員に素手でノックを受けさせ、左手に3週間のけがを負わせていたこと… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

京都工芸繊維大の145キロ右腕・河野(こうの)翔太投手(4年=四条畷=しじょうなわて)が、四国IL愛媛へ進み、来年以降のNPB入りを目指す。9日、愛媛が球団の… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

来年夏に延期となった東京五輪の試金石とされる国際体操連盟(FIG)主催の国際交流大会「Friendship and Solidarity(友情と絆の大会)」(8日、東京・国立代々木競技場)が有観客で…

後で読む
サンケイスポーツ

東京湾のタチウオが、相変わらず好調だ。今シーズンは、数ばかりでなくサイズが大きく、毎日のように120~130センチ級が当たり前のように釣れている。さらに140センチを超える超弩級も姿を見せており、「数より型!」を狙う釣り人も増えている。西日本のタチウオ・テンヤを使う人も増えており、大型狙いに拍車をかけている。関東のテンビン仕掛けに比べ、タチウオ・テンヤは明らかに大型狙いに向いているようだ。

後で読む
サンケイスポーツ

DeNAのアレックス・ラミレス監督が、今季残り2試合に細川成也外野手(22)を4番で起用することを明かした。

後で読む
サンケイスポーツ

日本野球機構(NPB)と日本プロ野球選手会の事務折衝が9日、オンラインで行われ、今オフの契約更改交渉に関する選手会の要望に対し、12球団側はあらためて、今季の試合数減少に伴う一律の減俸は行わないと回答した。

後で読む
サンケイスポーツ

大相撲の幕内力士によるトーナメント戦「第?回日本大相撲トーナメント」(フジテレビジョン主催、日本相撲協会、サンケイスポーツほか後援)を2021年2月7日、東京都墨田区の両国国技館で開催します。

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレスは9日、来年1月4、5日東京ドーム大会の第1弾対戦カードを発表した。  プロレス界の年間最大興行は今年同様に来年も2日間開催となる。初日の4日大会ではIWGPヘビー級&インターコンチネ…

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレスのIWGPヘビー級&インターコンチネンタル2冠王者・内藤哲也(38)が、来年1月4、5日東京ドーム大会を2冠王座の「総決算」の舞台に指定した。1・5ドームで権利証を持つジェイ・ホワイト…

後で読む
東京スポーツ

 男子テニスの世界ランキング(9日付)が発表され、錦織圭(30=日清食品)は40位で変動はなかった。西岡良仁(25=ミキハウス)は56位、杉田祐一(32=三菱電機)は100位だった。  マスターズ・パ…

後で読む
東京スポーツ

 ラグビーのフランス1部クレルモンに所属する日本代表バックス、松島幸太朗(27)は8日(日本時間9日)アウェーのラロシェル戦に4試合連続でフル出場し、チームは10―19で敗れた。  松島は3―19とリ…

後で読む
東京スポーツ

 男子テニスのマスターズ・パリ大会のシングルス決勝が8日(日本時間9日)行われ、ダニル・メドベージェフ(24=ロシア)がアレクサンダー・ズベレフ(23=ドイツ)を5―7、6―4、6―1の逆転で下し、今…

後で読む
デイリースポーツ

男子テニスのマスターズ・パリ大会は8日、パリで行われ、シングルス決勝でダニル・メドベージェフ(ロシア)がアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)を5-7、6-4、6-1で破り、今季初勝利、通算8勝目を挙げた。(共同)

後で読む
スポーツニッポン

サッカー元日本代表DF内田篤人氏(32)が8日放送の日本テレビ「おしゃれイズム」(日曜後10・00)に出演。引退を報告した際のエピソードを語った。

後で読む
日刊スポーツ

立命大が、5季ぶりの甲子園ボウル出場に王手をかけた。昨季リーグ戦で白星を献上した関大に24-14で逆転勝ち。新型コロナウイルスの影響でトーナメントの一発勝負に…

後で読む
サンケイスポーツ

【ニューヨーク8日(日本時間9日)】ドジャースの球団関係者ら5人が新型コロナウイルスの陽性反応を示した件で、7日付(同8日)のNBCニュース(電子版)が新たに4人が感染したと伝えた。

後で読む
サンケイスポーツ

第72回全日本馬場馬術大会2020PartI最終日(8日、東京・日本中央競馬会馬事公苑)人馬の演技技術や芸術性を競う「馬場馬術」の今年のチャンピオンを決める大会。リニューアルされた馬事公苑を舞台に規定演技の得点率を争った初日(6日)をクリアした12人馬が、この日の「自由演技グランプリ馬場馬術課目」に出場した。

後で読む
日刊スポーツ

タイガースがインフルエンザの予防接種会場として、デトロイトの本拠地コメリカパークを9日と10日に提供することが分かった。同じくミシガン州に本拠を置く大手スーパ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

秋のやわらかな日差しを受けながら、ソフトバンクは福岡・筑後市にあるファーム施設での全体練習で汗を流した。3年ぶりにリーグVを奪還。9日に行われる西武とのチーム… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

巨人坂本勇人内野手(31)は、2000安打達成の裏でも細かな気配りで周囲を感動させた。記者会見後、クラッカーを鳴らしながら、チームメート全員がサプライズで登場… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 オリックスが新外国人として韓国KTのメル・ロハスJr.外野手(30)獲得に向けた調査を進めていることが8日、明らかになった。 ロハスは右投げ両打ちの外野手。メジャー経験はなく、マイナーでも8年で通算46本塁打と目立った成績はないが、2017年途中にKTへ移籍してから急成長。4年目の今季は打率・349、47本塁打、135打点で本塁打と打点の2冠王に輝いたパワーヒッターだ。打つだけでなく、昨季はゴールデングラブ賞を獲得するなど、高い守備力を誇る。

後で読む
東京スポーツ

 大相撲11月場所(東京・両国国技館)が、新型コロナウイルスの影響で制限している観客の上限を緩和して開催されている。  9月の秋場所までは上限が約2500人だったが、今場所は国技館の定員の半分にあたる…

後で読む
東京スポーツ

【テキサス州ヒューストン8日(日本時間9日)発】ゴルフの米男子ツアー「ヒューストン・オープン」(メモリアルパークGC=パー70)最終日、首位と5打差の8位から出た松山英樹(28=LEXUS)は7バーデ…

後で読む
並び替え可能( Cookieで保存)。
よく使用する競技を下に(片手で届く場所に)並び替えて使用してください。
追加したい競技があればコメントください。