「2020年11月11日」の記事一覧

サンケイスポーツ

明治安田J1第7節最終日(11日、広島2-0名古屋、Eスタ)名古屋の金崎が後半3分に負傷交代した。右膝裏付近を気にするしぐさを見せて退いた。今季ここまで6得点のFWが離脱となれば大きな痛手。フィッカデンティ監督は「正確には分からないが、すごく悪い感覚がある」と説明した。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神1-0DeNA、24回戦、阪神12勝9敗3分、11日、甲子園)阪神はシーズン最終戦を勝利し、貯金7の2位で2020年シーズンを終了。以下、矢野燿大監督(51)の一問一答。

後で読む
日刊スポーツ

巨人の「2代目若大将」岡本和真内野手が、24歳以下では98年松井秀喜氏以来22年ぶりとなる本塁打王、打点王の2冠を当確とした。ここまで31本塁打、97打点。タ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

阪神藤浪晋太郎投手(26)は気迫むき出しの雄たけびで20年を締めくくった。両チーム無得点の5回無死一、三塁から3者連続三振。「いい形で能見さんまでつなぎたかっ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

阪神矢野燿大監督が能見篤史投手ら阪神のユニホームを脱ぐメンバーからのイズム継承を期待した。「能見は背中で引っ張っていってくれた。そういうもので投手陣に対して、… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神1-0DeNA」(11日、甲子園球場) 今季限りでの退団を表明している阪神・能見篤史投手が今季最終戦の九回に登板した。3人で締め、プロ2度目のセーブを記録した。試合後には戦力構想外選手には異例ともいえる“セレモニー”が甲子園で行われた。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、広島2-3中日、24回戦、広島13勝10敗1分、11日、マツダ)中日からは3投手のタイトルが確定。大野雄は防御率1・82で2年連続2度目の受賞となった。今季は11勝6敗で、10完投、6完封の好成績を残し「野手の皆さんが本当によく守ってくれたからだと思っている。来年も貪欲に防御率のタイトルを狙っていきたい」と喜んだ。

後で読む
サンケイスポーツ

広島は11日、西川が広島市内の病院で「右腓骨筋腱腱鞘形成術」を受けたと発表した。佐々岡監督は「2月には間に合うと思う」とし、松原チーフトレーナーは「パフォーマンスに心配なく、プレーに集中できる状況が来季に必要になる。そのための最善策と考えている」と説明した。

後で読む
サンケイスポーツ

明治安田J1第7節最終日(11日、広島2-0名古屋、Eスタ)広島は上位の名古屋に決定的な場面をつくらせずに快勝した。前半の早い時間帯に先制点を決めて優位に立った。城福監督は「いい入りをした。隙を見せず、集中した守備をしてくれた」と選手をたたえた。

後で読む
サンケイスポーツ

明治安田J1第26節第3日(11日、湘南1-0横浜M、BMWス)横浜Mは湘南を攻めあぐね、今季2度目の3連敗を喫した。無得点は8月15日の大分戦以来。ポステコグルー監督は「残念な結果。後半はダイナミックにプレーできたが、ゴールを決めないと始まらない」と渋い表情だった。

後で読む
デイリースポーツ

「国際親善試合、日本-パナマ」(13日、グラーツ) サッカー日本代表は11日、オーストリア・グラーツでの合宿3日目を迎え、親善試合・パナマ戦(日本時間13日深夜)に向けた練習を行った。

後で読む
デイリースポーツ

明治安田J2第33節(11日・鳴門ポカリスエットスタジアムほか=11試合)首位の徳島は栃木を2-0で下し、4連勝で勝ち点を68に伸ばした。2位福岡は琉球に3-1で勝ち、同65で追う。3位長崎は岡山に5-0で大勝し、同63とした。

後で読む
デイリースポーツ

11月18日からカタールで再開されるアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)東地区で、J1神戸と1次リーグで同組となっているジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)は11日、公式SNSなどでACLに出場できないと発表した。同国の国家安全保障会議(NSC)からカタール・ドーハへの渡航許可が下りないことが通告されたという。 ジョホール・ダルル・タクジムは「クラブにとってアジア最高の大会に加え、マレーシアカップにも参加できないことに非常に失望しているが、我々はマレーシア政府の決定を尊重し、Covid-19(新型コロナウイルス)が増加しているため安全策を徹底する必要があることを理解している」と声明を発表した。

後で読む
スポーツニッポン

湘南が今季初の連勝を飾った。後半17分にMF茨田陽生(29)左CKをニアに入ったFW指宿洋史(29)がつなぎ、逆サイドでMF斎藤未月(21)が頭で決めた。

後で読む
東京スポーツ

阪神は11日のシーズン最終戦・DeNA戦(甲子園)を1―0で勝利。今季通算成績を60勝53敗7分けとし、セ・リーグ2位でフィニッシュした。  試合終了後、マイクの前に立った矢野燿大監督は「今年は優勝…

後で読む
東京スポーツ

勢いが止まらない。J1G大阪は、11日に神戸(吹田)と対戦。1―0で勝利を収め、12戦不敗(10勝2分け)で2位をキープした。  この日の一戦でG大阪が敗れた場合、最短で14日に首位川崎のリーグ優勝…

後で読む
東京スポーツ

不安が残る一戦となった。J1神戸は11日、G大阪(吹田)と対戦。横浜FC戦(8日、ニッパツ)から中2日ということもあり、先発を9人入れ替えて臨んだが、0―1で敗れた。  11月下旬からアジアチャンピ…

後で読む
サンケイスポーツ

 米大リーグ、カブスのダルビッシュ有投手(34)が11日、ツイッターを更新。12日朝に発表されるナ・リーグのサイ・ヤング賞(最優秀投手賞)について「獲れるか獲れないかの雰囲気の中、結局3位って気がしてる。。」とつぶやいた。

後で読む
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、阪神1-0DeNA、24回戦、阪神12勝9敗3分、11日、甲子園)DeNAは0-0の八回、先頭の木浪の中飛を神里が痛恨の落球。続く近本に決勝の適時三塁打を許した。チーム最多10勝の先発、大貫が7回無失点の好投も援護できず。チームは広島が敗れたため4位が確定したが、目標としていた勝率5割到達の可能性が消滅した。以下、ラミレス監督の一問一答。

後で読む
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、中日3-2広島、24回戦、中日10勝13敗1分、11日、マツダ)中日・大野雄大投手(32)は登板せず、今季の防御率を1・82で終え、2年連続で最優秀防御率のタイトルを獲得した。

後で読む
サンケイスポーツ

 野球評論家の山崎武司氏(52)が新型コロナウイルスに感染したことが11日、分かった。

後で読む
スポーツニッポン

 中日の大野雄大投手(32)が11日、今季取得した国内FA権を行使せずに残留することを表明。「ドラゴンズで優勝したい。チームを勝利に導くこと、すなわち優勝に導くことが恩返し。そこを目指したい」とチームへの愛情が決め手になったことを明かした。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神1-0DeNA、24回戦、阪神12勝9敗3分、11日、甲子園)阪神が無失点リレー。八回に失策による無死二塁から近本の三塁打で均衡を破った。藤浪が5回で9三振を奪い、岩貞が7勝目。能見が2年ぶりのセーブを挙げた。DeNAは大貫の好投を生かせず、2年ぶりのシーズン負け越し決定。

後で読む
日刊スポーツ

広島菊池涼介内野手が二塁手としてはプロ野球史上初となるシーズン無失策、守備率10割を達成した。最終戦は出場機会がなかったが、今季も異次元のファインプレーを連発… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

阪神が今シーズンの全日程を終えた。以下、矢野燿大監督(51)の一問一答。-悔しいシーズンだったと。その中でも選手の頑張りを感じていたもちろんね。両方あるし。頑… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

今季限りで退団する阪神福留孝介外野手、上本博紀内野手が甲子園を訪れて球団関係者にあいさつした。2人と多くの時間をともに過ごしてきた矢野燿大監督は「タイガースで… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 「阪神1-0DeNA」(11日、甲子園球場) 阪神が今季最終戦を完封勝利で飾った。八回に近本光司外野手の適時三塁打で先制し、九回には今季限りでの退団する能見篤史投手が3人で締めて、プロ2度目のセーブを記録した。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神1-0DeNA」(11日、甲子園球場) 阪神・矢野燿大監督が今季最終戦の先発マウンドを託し、5回4安打無失点、9奪三振と好投した藤浪晋太郎投手について「しっかり手応えをつかめたシーズンだったと思う」と評価した。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神1-0DeNA、24回戦、阪神12勝9敗3分、11日、甲子園)DeNAは最後まで本塁が遠く、1試合を残して2年ぶりのシーズン負け越しと4位が確定。就任5年目の今季で退任するラミレス監督の通算成績も335勝337敗19分けとなり、勝率5割以下が決まった。

後で読む
サンケイスポーツ

気温10度。晩秋の甲子園で毎回の奪三振ショーを披露した。今季最終戦に先発した阪神・藤浪が、DeNA打線を零封。気迫あふれる投球で、虎党からの大拍手に応えた。

後で読む
サンケイスポーツ

中日は逃げ切って勝利し、60勝55敗5分けの3位で今季を終了した。与田剛監督(54)の主な一問一答は下記の通り。

後で読む
日刊スポーツ

湘南ベルマーレが横浜F・マリノスに1-0競り勝ち今季初の連勝を飾った。試合が動いたのは後半17分。湘南は左コーナーキックからMF茨田のクロスをFW指宿がニアで…

後で読む
日刊スポーツ

ヴィッセル神戸が中2日の強行軍で先発9人を入れ替え、3連敗となった。疲労を考慮されたMFイニエスタ、山口ら主力は後半途中から出場も1点が遠かった。三浦監督は「…

後で読む
日刊スポーツ

北海道コンサドーレ札幌FWジェイが来日6年目でJ1出場が通算100試合に達した。後半31分に途中交代で入ると、シュートこそ放てなかったがゴール前に何度も顔を出…

後で読む
日刊スポーツ

名古屋グランパスは新型コロナウイルスの影響で延期されていたサンフレッチェ広島戦に0-2で敗れた。前半からボールをキープするも、後半開始すぐにFW金崎が負傷交代…

後で読む
日刊スポーツ

アビスパ福岡が3発快勝で、J1自動昇格圏の2位を死守した。10月にモンテディオ山形から完全移籍で加入したFW山岸祐也(27)が、移籍後初ゴールを含む2得点で貢…

後で読む
東京スポーツ

 今季限りで阪神を退団し、現役続行の道を模索する能見篤史投手が、11日のシーズン最終戦・DeNA戦(甲子園)の9回に救援登板。1―0のセーブシチュエーションを1安打無失点に抑え、阪神最後のマウンドを今…

後で読む
デイリースポーツ

明治安田J2第33節(11日・鳴門ポカリスエットスタジアムほか=11試合)首位の徳島は栃木を2-0で下し、4連勝で勝ち点を68に伸ばした。2位福岡は琉球に3-1で勝ち、同65で追う。3位長崎は岡山に5-0で大勝し、同63とした。

後で読む
デイリースポーツ

バスケットボール男子のBリーグ1部(B1)は11日、名古屋市のドルフィンズアリーナなどで10試合が行われ、西地区首位の琉球は2位の名古屋Dに80-76で競り勝ち、11連勝で11勝2敗とした。名古屋Dは8勝5敗。 東地区首位の宇都宮は秋田を72-69で下して12勝1敗、千葉は川崎に94-97で敗れ、3敗目(10勝)を喫した。

後で読む
デイリースポーツ

明治安田J1(11日・パナソニックスタジアム吹田ほか=4試合)2位のG大阪は第32節の神戸戦にパトリックの得点で1-0で勝った。12試合連続で黒星がなく、勝ち点55とした。神戸は3連敗。第33節ではFC東京が札幌に1-0で勝ち、連敗を4で止めた。 第7節は広島が名古屋に2-0で快勝。第26節で湘南は横浜Mに1-0で競り勝った。

後で読む
デイリースポーツ

広島の菊池涼介内野手が11日、二塁手として両リーグで初めてシーズン守備率10割を達成した。今季最終戦の中日24回戦(マツダスタジアム)に出場せず、1987年の高木豊(大洋)、94年の白井一幸(日本ハム)の9割9分7厘を抜いた。 菊池涼は今年10月15日の巨人戦で、93年に和田豊(阪神)がマークした二塁手のシーズン連続守備機会無失策記録の432を更新。今月10日のヤクルト戦で「503」に伸ばした。プロ野球記録は94年に白井が記録した545。 

後で読む
デイリースポーツ

「阪神1-0DeNA」(11日、甲子園球場) DeNAのアレックス・ラミレス監督の勝利にこだわる采配は実らなかった。

後で読む
スポーツニッポン

スペイン1部ビリャレアルを率いるウナイ・エメリ監督(49)が、日本代表MF久保建英(19)を元スペイン代表の技巧派レフティーと比較して期待を寄せた。

後で読む
スポーツニッポン

阪神ダービーに敗れて神戸が今季初の3連敗を喫した。アウェーに乗り込んだG大阪戦は、前節横浜FC戦から中2日とあってスタメン9人を変更。メンバーを大幅に入れ替えながらも試合の入り方は良かったが、前半27分に先制され1点ビハインドで折り返した。

後で読む
スポーツニッポン

J2松本は終了間際の失点で6試合ぶりに黒星を喫した。前半22分にMFセルジーニョがチームのJ2ホーム通算200点目となるゴールで先制したが、直後に2失点。後半にセルジーニョがPKを沈め同点としたが、終了間際に勝ち越し弾を許した。柴田監督は「全体的にアグレッシブに行くところは行っていたけど何かが足りないから3失点した。負けに不思議な負けなし」と訴えた。

後で読む
日刊スポーツ

大分車いすマラソンが15日、大分県庁前発・大分市営陸上競技場着の42・195キロコースで行われる。国際パラ陸連(WPA)公認で、東京パラリンピック出場を目指す…

後で読む
日刊スポーツ

4キロ個人追い抜きは東京オリンピック(五輪)代表の橋本英也(26=岐阜)が、2位に約20秒差をつける圧勝だった。余勢を駆って、団体追い抜きでも岐阜チームを優勝…

後で読む
日刊スポーツ

スプリントは初参加の山口拳矢(24=岐阜)が、同種目を19連覇していた金子貴志を決勝で破り、初優勝を飾った。競技経験がない山口は「高校スプリントチャンプの山田…

後で読む
日刊スポーツ

新潟アルビレックスBBが連敗を3で止めた。リーグ2度優勝のアルバルク東京を84-76で破った。琉球から移籍し、この試合が新潟での初戦になったCジェイソン・ウォ…

後で読む
サンケイスポーツ

明治安田J1(11日、パナソニックスタジアム吹田ほか=4試合)2位のG大阪は第32節の神戸戦にパトリックの得点で1-0で勝った。12試合連続で黒星がなく、勝ち点55とした。神戸は3連敗。第33節ではFC東京が札幌に1-0で勝ち、連敗を4で止めた。

後で読む
サンケイスポーツ

明治安田J1第32節第2日(11日、G大阪1-0神戸、パナスタ)神戸は25日のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)再開をにらみ、若手主体の先発メンバーで臨んだ。1点を追う状況で、後半15分にイニエスタ、古橋、山口の主力3人を一気に投入するなどしたが、ゴールが遠く3連敗となった。

後で読む
東京スポーツ

4年連続日本一を目指すソフトバンクは11日、本拠地ペイペイドームで紅白戦を行い、14日から始まるロッテとのクライマックスシリーズ(CS)に向けて調整した。工藤公康監督(57)は「緊張感や独特の雰囲気…

後で読む
東京スポーツ

中日・大野雄大投手(32)が11日、今季7月に取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使せず「来年からも中日ドラゴンズにお世話になることになったので報告させていただきます」とチームに残留すること…

後で読む
東京スポーツ

日本代表MF鎌田大地(24=Eフランクフルト)が11日にオンラインで取材に応じ、所属するEフランクフルトの意外な〝弱点〟を明かした。  クラブはドイツ1部で現在11位と低迷しているが、鎌田は「下にい…

後で読む
東京スポーツ

Jリーグ史上初の〝200勝監督対決〟として注目を集めた11日のFC東京―札幌戦(味スタ)は、1―0で快勝したFC東京の長谷川健太監督(55)に軍配が上がった。  長谷川監督は10月4日の湘南戦で、現…

後で読む
東京スポーツ

日本代表MF橋本拳人(27=ロストフ)が日の丸への思いを語った。  昨年12月の東アジアE―1選手権(韓国)以来の代表入り。当時はJ1FC東京に所属していたことから、今回のオーストリア遠征(13日=…

後で読む
スポーツニッポン

 今季限りで阪神を退団する能見篤史投手(41)が1―0の9回にタテジマのユニホームでは最後のマウンドに上がった。

後で読む
サンケイスポーツ

バスケットボール男子のBリーグ1部(B1)は11日、名古屋市のドルフィンズアリーナなどで10試合が行われ、西地区首位の琉球は2位の名古屋に80-76で競り勝ち、11連勝で11勝2敗とした。名古屋は8勝5敗。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神1-0DeNA、24回戦、阪神12勝9敗3分、11日、甲子園)阪神が今季最終戦を勝利で終えた。120試合を60勝53敗7分けのリーグ2位でシーズンを終えた。試合後、球場でファンに対しての矢野燿大監督のあいさつを全文掲載する。

後で読む
日刊スポーツ

今季限りで退団する阪神能見篤史投手(41)が最終戦の9回に登板し、ラストピッチングを飾った。先発の藤浪晋太郎投手(26)ら4投手が無失点リレーでつなぎ、最後の… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

両軍先発が安定感ある立ち上がり。阪神藤浪、DeNA大貫ともに3回まで1安打無失点に抑え、中盤に入った。DeNAは5回に無死一、三塁としたが、阪神藤浪の前に三者… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

広島の西川龍馬内野手(25)が11日、広島市内の病院で「右腓骨(ひこつ)筋腱腱鞘形成術」を受けた。今後の予定については未定。西川の出場は7日阪神24回戦(マツ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神1-0DeNA」(11日、甲子園球場) 今季限りでの退団を表明している阪神・能見篤史投手が今季最終戦の九回に登板した。最速149キロのストレート主体の強気のピッチングで3人で締め、プロ2度目のセーブを記録した。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神1-0DeNA」(11日、甲子園球場) 今季限りでの退団を表明している阪神・能見篤史投手が今季最終戦の九回に登板した。最速149キロのストレート主体の強気のピッチングで3人で締め、プロ2度目のセーブを記録した。試合後には戦力構想外選手には異例ともいえる“セレモニー”が甲子園で行われた。

後で読む
デイリースポーツ

 「阪神1-0DeNA」(11日、甲子園球場) 阪神が今季最終戦を完封勝利で飾った。八回に近本光司外野手の適時三塁打で先制し、九回には今季限りでの退団する能見篤史投手が3人で締めて、プロ2度目のセーブを記録した。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカーの第100回天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、NHK共催)第5日は11日、香川県丸亀市のPikaraスタジアムで3回戦の残り1試合が行われ、高知ユナイテッド(高知)がFC徳島(徳島)を2-1で下し、初めて4回戦に駒を進めた。

後で読む
サンケイスポーツ

ラグビーのトップリーグは11日、来年1月16日開幕の来季は収容人数の50%を上限に観客を入れて開催すると発表した。今後の政府方針によって変更する可能性もある。観客にはマスクの着用を求める。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神1-0DeNA、24回戦、阪神12勝9敗3分け、11日、甲子園)阪神が今季最終戦を勝利で終えた。この日は、今季限りでの退団が決まっている能見の阪神で最後の一戦。虎一筋16年のベテランに、チーム一丸となって、花道をつくった。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、広島2-3中日、24回戦、広島13勝10敗1分、11日、マツダ)中日・祖父江大輔(33)、福敬登(28)両投手が30ホールドポイントで、ともに最優秀中継ぎ投手賞の初タイトルを獲得した。

後で読む
スポーツニッポン

大栄翔は腕が伸びて足がよく出ていた。喉輪で下から相手の体を押し上げ、一気に突き切った。正代は立ち合いの当たりはまずまずだったが、肝心の足がついていかなかった。いつもの土俵際の粘りも見られず、かなり足首の状態が気になっている様子だった。

後で読む
東京スポーツ

 左足骨折により長期欠場していたDDTの高梨将弘(37)が、来年1月29日の自主興行(新木場)で復帰することが11日に発表された。  高梨は3月24日BASARA新木場大会で阿部史典(25)とのユニオ…

後で読む
デイリースポーツ

サッカーの第100回天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、NHK共催)第5日は11日、香川県丸亀市のPikaraスタジアムで3回戦の残り1試合が行われ、高知ユナイテッド(高知)がFC徳島(徳島)を2-1で下し、初めて4回戦に駒を進めた。 4回戦は12月12、13日に行われる予定。

後で読む
デイリースポーツ

中日は五回に京田の適時二塁打で均衡を破り、九回は桂の2点打で加点した。柳が九回途中5安打2失点で6勝目を挙げた。藤嶋がプロ初セーブをマークした。広島は九里が9回3失点。九回に反撃したが及ばず、5位確定。

後で読む
デイリースポーツ

中日の大野雄大投手(32)が11日、7月に資格取得条件を満たした国内フリーエージェント(FA)権を行使せずに残留することを明らかにした。今季は11勝6敗で球団を8年ぶりのAクラスとなる3位に導き、9~10月に球団記録を更新する45イニング連続無失点もマークした。 去就が注目されていたエースは「来年からもお世話になることになった。まだ恩返しも全然できていないので、優勝に導くことが恩返し」と広島戦が行われたマツダスタジアムで語った。当初は他球団の話も聞くつもりだったが「残りたいという気持ちが増していった」と説明した。

後で読む
デイリースポーツ

阪神が無失点リレー。八回に失策による無死二塁から近本の三塁打で均衡を破った。藤浪が5回で9三振を奪い、岩貞が7勝目。能見が2年ぶりのセーブを挙げた。DeNAは大貫の好投を生かせず、2年ぶりのシーズン負け越し決定。

後で読む
デイリースポーツ

「関東地区大学選手権・準決勝、創価大6-3上武大」(11日、横浜スタジアム) 来秋ドラフト候補にも挙がる創価大・鈴木勇斗投手(3年・鹿屋中央)が連投を感じさせない投球で決勝進出に導いた。10日の国際武道大戦で完投しながら、この日も六回途中から救援。「いい力感で投げられた」と3回2/3を無失点に斬った。

後で読む
東京スポーツ

期待値は高そうだ。日本代表DF長友佑都(34=マルセイユ)が11日、オンライン取材に応じ、DF冨安健洋(22=ボローニャ)の魅力を語った。  冨安はイタリア1部という過酷な環境下でも、複数ポジション…

後で読む
東京スポーツ

日本代表MF鎌田大地(24=Eフランクフルト)が、森保ジャパンの司令塔争いで挑戦状を突きつけた。  前回10月のオランダ遠征では、2戦目のコートジボワール戦で先発して得点こそなかったが多くのチャンス…

後で読む
東京スポーツ

〝おっさんの意地〟を見せつける。日本代表DF長友佑都(34=マルセイユ)がオーストリア遠征(13日=パナマ戦、17日=メキシコ戦)を前に、並々ならぬ闘志を燃やしている。  先月のオランダ遠征は、体調不…

後で読む
東京スポーツ

日本代表MF橋本拳人(27=ロストフ)が異国の地で武者修行に励んでいる。  橋本は、今夏にJ1FC東京からロシア1部ロストフへ移籍。11日のオンライン取材では「初めての海外挑戦で最初の方はなかなか自…

後で読む
東京スポーツ

日本代表MF鎌田大地(24=Eフランクフルト)が11日にオンラインで取材に応じ、リオデジャネイロ五輪世代のホットライン結成に意欲を見せた。  代表でトップ下のレギュラーを狙う鎌田にとってFWとのコン…

後で読む
スポーツニッポン

 ヤクルトから11日に戦力外通告を受けた上田剛史外野手(32)が取材に応じ、心境を語った。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は11日、セ・リーグで2試合が行われた。

後で読む
サンケイスポーツ

今年7月にフリーエージェント(FA)権を取得した中日・大野雄大投手(32)が11日、遠征先のマツダスタジアムで取材に応じ、権利を行使せず、来季以降もチームに残留する意向を明かした。

後で読む
サンケイスポーツ

日本レスリング協会は11日、新型コロナウイルス感染対策により、全日本選手権(12月17~20日、駒沢体育館)の出場選手を男女各階級8人に絞り、無観客で開催すると発表した。

後で読む
日刊スポーツ

ヤクルトのスコット・マクガフ投手(31)が11日、米国に帰国した。2年目の今季は、勝利の方程式の一角として50試合に登板し4勝1敗23ホールドをマークした。来… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

「ハマの豆苗」ことDeNA大貫晋一投手が、今季最後の先発マウンドに上がった。7月10日以来、今季2度目の阪神戦。「今シーズンはじめに甲子園でふがいない投球をし… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-DeNA」(11日、甲子園球場) 阪神・藤浪晋太郎投手は5回無失点と好投したが、1294日ぶりの甲子園での勝ち星はならなかった。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-DeNA」(11日、甲子園球場) 阪神・大山悠輔内野手が、五回の第3打席で申告敬遠された。本塁打王を狙い「1番・三塁」で起用され、最終戦に望みをかけた状況だけに虎ファンの大ブーイングが甲子園を包んだ。

後で読む
東京スポーツ

ゴルフの国内女子ツアー「伊藤園レディス」(13日開幕、千葉・グレートアイランドC=パー72)初日の組み合わせが11日に発表された。  最終日の15日に22歳の誕生日を迎える渋野日向子(サントリー)は…

後で読む
サンケイスポーツ

大相撲11月場所4日目(11日、両国国技館) 遠藤は押し相撲の玉鷲に持ち味を出させず、星を伸ばした。三賞受賞経験も豊富な実力者だが、初日から4連勝は意外にも初めてだ。左を差し、腰を落として前進。相手が小手に振ってきたが動じず、突き、押しに切り替えて押し出した。

後で読む
日刊スポーツ

森保ジャパン最多11得点を決めているMF南野拓実(25=リバプール)が「常に結果を残さないと居場所はない」と活躍を誓った。10月の国際親善試合で10番を背負い…

後で読む
スポーツニッポン

男女の区別なく予選2レースが行われ、東京五輪男子代表の岡田奎樹(24=トヨタ自動車東日本)・外薗潤平(29=JR九州)組が全体トップで首位発進した。女子代表の吉田愛(40)・吉岡美帆(30=ともにベネッセ)組は全体4位だった。

後で読む
スポーツニッポン

正代が大栄翔に突き出され、大関初黒星を喫した。

後で読む
東京スポーツ

 阪神・藤浪晋太郎投手が、シーズン最終戦となる11日のDeNA戦に先発登板。5回を投げ4安打無失点も、打線の援護に恵まれず、2017年4月27日以来となる本拠地での白星は来季へ持ち越しとなった。  初…

後で読む
デイリースポーツ

大相撲11月場所4日目(11日・両国国技館)3日目に左足首を痛めた新大関正代は大栄翔に一方的に突き出されて初黒星を喫した。大関貴景勝は危なげなく阿武咲を押し出して4連勝。 関脇御嶽海は霧馬山の肩透かしに倒れて2敗目。関脇隆の勝は若隆景を寄り切って2勝目を挙げた。小結照ノ富士は隠岐の海を寄り切り、平幕の北勝富士や遠藤、琴恵光らとともに4戦全勝とした。

後で読む
デイリースポーツ

ヤクルトがチームの野手最年長の青木宣親外野手(38)と新たに複数年契約を結ぶことで合意したことが11日、分かった。2018年に米大リーグから復帰した際に結んだ3年契約が今季で最終年だった。小川淳司ゼネラルマネジャー(GM)は複数年を提示したことに「米国から帰ってきて以降の言動、行動全てに対しての評価」と説明した。 今季は107試合に出場して打率3割1分7厘、18本塁打、51打点をマーク。主将も務めプレーだけでなく精神面でもチームを支えた。衣笠剛球団社長は「青木主将の下に一丸となってという部分はある」と信頼を寄せた。

後で読む
デイリースポーツ

中日、楽天などで活躍した野球評論家の山崎武司氏(52)が新型コロナウイルスに感染したことが11日、公式サイトで所属事務所から発表された。 公式サイトでは「山崎武司 新型コロナウィルス感染について」として発表。「本日、弊社所属の山崎 武司が新型コロナウィルスのPCR検査におきまして陽性と判断されましたので御報告させて頂きます。なお、山崎の病状ですが、軽い肺炎の症状があり現在病院にて療養中でございます」と報告した。

後で読む
日刊スポーツ

セーリングも、ようやく本格始動だ。東京オリンピック(五輪)でメダル候補の470級の全日本選手権が、神奈川・江の島ヨットハーバー沖で11日開幕した。18年世界選…

後で読む
日刊スポーツ

セーリングも、ようやく本格始動だ。東京オリンピック(五輪)でメダル候補の470級の全日本選手権が、神奈川・江の島ヨットハーバー沖で11日開幕した。東京五輪男子…

後で読む
日刊スポーツ

東京オリンピック(五輪)7人制ラグビー男子日本代表候補でフィジー出身のセル・ジョセ(29=近鉄)が11日、第3次選考会(29日、埼玉・熊谷ラグビー場)に向け、…

後で読む
サンケイスポーツ

Jリーグは11日、新型コロナウイルス禍での顧客調査を発表し、9月以降に観戦意欲の改善がみられると分析した。リーグの取り組みが安心につながっていると捉え、観戦者数回復につながることが期待されている。

後で読む
東京スポーツ

日本代表MF南野拓実(25=リバプール)が11日にオンラインで取材に応じ、世界的強豪で出場機会が激減している現状について語った。 「前回合流したときより(クラブで)試合に出場している時間は短いけど、…

後で読む
東京スポーツ

日本代表MF南野拓実(25=リバプール)が11日にオンラインで取材に応じ、前回10月のオランダ遠征で初めて背負った〝日本代表の10番〟の印象を明かした。  これまで数々の名選手が背負ってた栄光の番号…

後で読む
東京スポーツ

日本代表MF南野拓実(25=リバプール)とMF鎌田大地(24=Eフランクフルト)が、旧知のMF奥川雅也(24=ザルツブルク)の招集断念を残念がった。  奥川は新型コロナウイルスの感染対策のためクラブ…

後で読む
東京スポーツ

J1横浜FCは11日、FW斉藤光毅(19)が今季終了後にベルギー2部ロンメルに完全移籍すると発表した。  横浜FCの下部組織出身の斉藤は2018年7月にJ2で初出場し、昨季はJ2で29試合6得点。チ…

後で読む
日刊スポーツ

2位阪神が4位DeNAと対戦。予告先発は阪神が藤浪、DeNAは大貫。チーム123456789計DeNA00… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

阪神ジェリー・サンズ外野手(33)が来日1年目のシーズンを終えた。この日は2打席で2度の空振り三振。5回守備から途中交代した。今季は110試合に出場。打率2割… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

「自分のせいで…負けてしまって。本当に悔しいです」。阪神ドラフト3位指名の上武大・佐藤蓮投手(4年=飛龍)は、涙で目を真っ赤にしながら、ゆっくりと言葉を選びな… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-DeNA」(11日、甲子園球場) 阪神の大山悠輔内野手が第1打席の登場曲を、能見の登場曲であるGReeeeNの「刹那」に変更し、今季限りで退団が決まっている先輩を惜別した。二回に打席を迎えた梅野隆太郎捕手も同曲に登場曲を変更し、バッテリーを組んできた先輩への思いを示した。

後で読む
デイリースポーツ

阪神から戦力外通告を受けた伊藤隼太外野手(31)が11日、自身のツイッターで現役続行を最優先に考える意思を示した。 4日に阪神から戦力外通告を受けた伊藤隼。この日、ツイッターを更新し、「戦力外を通達されてから1週間が経過しました。今後についてですが、野球を継続することを最優先として考えています!! 2年間、1軍で出場することすらできませんでしたが自分自身まだやれると思いますし、このままでは終われないと言う思いが強いです!」と、つづった。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-DeNA」(11日、甲子園球場) 阪神先発の藤浪晋太郎投手が4年ぶりにけん制で走者を刺した。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神-DeNA、24回戦、11日、甲子園)復活を期すエースが鮮やかなけん制でピンチを脱出した。

後で読む
サンケイスポーツ

日本代表FW南野拓実が11日、ウェブでの取材に応じて現状について語った。

後で読む
スポーツニッポン

高校同級生トリオが優勝を争う。初日トップの植竹希望(22=サーフビバレッジ)は連日の67をマークし、通算10アンダーで首位を守った。

後で読む
東京スポーツ

 大相撲11月場所4日目(11日、東京・両国国技館)、大関貴景勝(24=千賀ノ浦)が幕内阿武咲(24=阿武松)を押し出して初日から無傷の4連勝。自身2度目の優勝へ向けて順調に白星を積み重ねている。取組…

後で読む
東京スポーツ

 大相撲11月場所4日目(11日、東京・両国国技館)、新大関正代(29=時津風)が幕内大栄翔(27=追手風)に屈して初黒星を喫した。  立ち合いから相手に攻め込まれた正代はそのまま後退し、土俵際でも踏…

後で読む
東京スポーツ

 日本代表MF南野拓実(25=リバプール)が11日にオンラインで取材に応じ、世界的強豪で出場機会が激減している現状について語った。 「前回合流したときより(クラブで)試合に出場している時間は短いけど、…

後で読む
デイリースポーツ

J1横浜FCは11日、FW斉藤光毅(19)が来シーズンよりベルギー2部のロンメルへ完全移籍することを発表した。ロンメルの公式サイトによると来年1月から2025年6月までの4年半契約を結んだ。 U-19日本代表でもある斉藤は、横浜FCの下部組織出身で2018年7月に16歳でJ2初出場。昨季はJ2で29試合に出場し、6得点とチームの13年ぶりのJ1昇格に貢献。U-20ワールドカップ(W杯)にも飛び級で出場した。今季は自身初のJ1挑戦となったが、持ち味のキレあるドリブルを武器に、ここまで25試合出場で3得点を挙げている。

後で読む
スポーツニッポン

J1はきょう11日に広島―名古屋、湘南―横浜、G大阪―神戸、FC東京―札幌の4試合が行われる。

後で読む
スポーツニッポン

フランス1部パリ・サンジェルマンのスポーツ・ディレクターを務めるレオナルド氏(51)が、イタリア・セリエAのユベントスを退団する可能性が浮上したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(35)への興味を認めた。

後で読む
東京スポーツ

中日・大野雄大投手(32)が、今季7月に取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使せず、来季以降もチームに残留する意思を固めたことが11日、分かった。  巨人、阪神など複数の球団が水面下で調査に…

後で読む
東京スポーツ

日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長(62)が11日にオンラインで取材に応じ、来夏の東京五輪開催に改めて強い意欲を見せた。  日本代表はオーストリア合宿を実施しており、国際親善試合パナマ戦(13…

後で読む
サンケイスポーツ

卓球Tリーグ男子の東京は11日、13歳の松島輝空が加入すると発表した。松島は小学生時代に年代別の全日本選手権で6年連続優勝しており、Tリーグ参戦は今季が初めて。

後で読む
サンケイスポーツ

日本ボクシングコミッション(JBC)は11日、東京都内のジムに所属する20代のプロの女子選手と、兵庫県内のジムの20代男子練習生が、新型コロナウイルスのPCR検査で陽性反応を示したと発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

【オーガスタ(米ジョージア州)10日(日本時間11日)】男子ゴルフのメジャー「マスターズ」は12日(日本時間同日夜)、当地のオーガスタナショナルGC(7475ヤード、パー72)で開幕する。昨年大会覇者のタイガー・ウッズ(44)=米国=がこの日会見に臨み、連覇へ強い意欲を燃やした。予選ラウンドの組み合わせも発表され、松山英樹(28)=LEXUS=は午前7時11分(同午後9時11分)にスタートする。

後で読む
サンケイスポーツ

J1横浜FCは11日、FW斉藤光毅(19)が今季終了後にベルギー2部リーグのロンメルに完全移籍することが決まったと発表した。

後で読む
日刊スポーツ

中日は、みやざきフェニックス・リーグの追加メンバーを発表した。12日に根尾昂内野手、溝脇隼人内野手、桂依央利捕手、滝野要外野手、武田健吾外野手の5選手が合流予… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

阪神から戦力外通告を受けた伊藤隼太外野手(31)が11日、自身のツイッターで現役続行の意志を示した。3日ぶりに投稿。「戦力外を通達されてから1週間が経過しまし… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

2位阪神が4位DeNAと対戦。予告先発は阪神が藤浪、DeNAは大貫。チーム123456789計DeNA00… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-DeNA」(11日、甲子園球場) 今シーズン最終戦。勝利を飾り、今季60勝で締めたい阪神は、先発マウンドに藤浪が上がる。17年4月27日・DeNA戦以来、1294日ぶりとなる甲子園での白星へ「勝ちに近づけるような投球ができれば」と意気込んでいた。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-DeNA」(11日、甲子園球場) 阪神の大山悠輔内野手が第1打席の登場曲を、能見の登場曲であるGReeeeNの「刹那」に変更し、今季限りで退団が決まっている先輩を惜別した。

後で読む
デイリースポーツ

「関東地区大学選手権・準決勝、創価大6-3上武大」(11日、横浜スタジアム) 阪神からドラフト3位指名を受けた上武大・佐藤蓮投手(4年・飛龍)は敗戦の責任を一身に背負った。四回に先発が逆転2ランを浴び、なおも1死二塁のピンチから登板。「どうしても腕だけで投げてしまって」と制球が定まらない。1回1/3を2度の押し出しを含む7四死球で2失点。「自分のせいで負けてしまって本当に悔しい」と涙した。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は11日、セ・リーグで2試合が行われた。

後で読む
サンケイスポーツ

DeNAのタイラー・オースティン内野手(29)が11日、羽田空港発の航空機で米国へと戻った。

後で読む
サンケイスポーツ

大相撲11月場所4日目(11日、両国国技館)新大関正代(29)が平幕大栄翔(27)に突き出され、初黒星を喫した。NHKでラジオ解説を務めた舞の海秀平氏(52)=元小結=は、「踏み込んでいるように見えるが、左足に力が出ないから押し込まれる。土俵下に着地するときに左足をかなりかばっている。痛みがひどいと相撲に集中できない」と指摘した。

後で読む
デイリースポーツ

総合格闘技RIZINの大阪城ホール大会(21日)で行われるRIZIN初代フェザー級タイトルマッチで朝倉未来(28)=トライフォース赤坂=と対戦する修斗世界フェザー級王者の斎藤裕(33)=パラエストラ小岩=が11日、都内の所属ジムで公開練習を行った。 寝技のマススパーリングを披露した斎藤は「体重もまったく問題なく、コンディションもいつも通りの試合前みたいになっているので、いつも通りに試合に臨めると思う」と調整に好感触。未来の印象に関しては「試合は冷静だなという印象はある。無理しないというか、しっかり相手を見ていると思うので、ここを攻めたら行けるというところを、試合の前からでも試合の中でも見つけて、そこを集中して攻める。効率のいい試合をする」と話した。

後で読む
日刊スポーツ

リーグ最下位のJ1ベガルタ仙台は11日、仙台市内で14日のアウェーG大阪戦に向けて非公開練習を行った。8月8日の神戸戦を最後に白星がなく、現在はチームワースト…

後で読む
日刊スポーツ

日本サッカー協会の田嶋幸三会長が11日にオンラインで取材対応し、新型コロナウイルス対策で帰国後に求められる原則14日間の待機措置の緩和をスポーツ庁に求める意向…

後で読む
日刊スポーツ

横浜FCは11日、U-19(19歳以下)日本代表FW斎藤光毅(19)が、来季からベルギー2部リーグのロンメルに完全移籍することを発表した。東京出身の斉藤は横浜…

後で読む
日刊スポーツ

両軍とも思い切った先発メンバーをぶつけてきた。中7日の試合となるガンバ大阪は、最近11戦不敗(9勝2分け)と絶好調。ユースから昇格2年目のMF奥野耕平(20)…

後で読む
東京スポーツ

女子プロレス「スターダム」のワンダー王者・ジュリア(26)が珍しく不安にさいなまれている。  小波(24)とのV3戦(15日、仙台サンプラザホール)を控え、まるで別人のようだった。いつもの豪快さは消…

後で読む
スポーツニッポン

大相撲11月場所は11日、東京・両国国技館で4日目を迎え、秋場所で初優勝を果たして新大関となった正代は大栄翔に突き出しで敗れ、初黒星。土俵際で踏ん張ることができず、取組後には左足を気にするそぶりも見せた。

後で読む
東京スポーツ

 大相撲11月場所4日目(11日、東京・両国国技館)、幕内琴恵光(28=佐渡ヶ嶽)が幕内徳勝龍(34=木瀬)を突き落として4連勝。取組後は「攻める意識で土俵に上がっているので、それが良かったかなと」と…

後で読む
東京スポーツ

 大相撲11月場所4日目(11日、東京・両国国技館)、元大関の小結照ノ富士(28=伊勢ケ浜)が幕内隠岐の海(35=八角)を寄り切って初日からの連勝を4に伸ばした。取組後は「慌てず落ち着いていこうと思っ…

後で読む
デイリースポーツ

大阪国際女子マラソンの組織委員会は11日、第40回大会を来年1月31日に開催すると発表した。スタートは午後0時10分。大会はコースとなる公道の使用時間を短くするため、今回に限って参加資格を厳しくしてランナーの数を絞り込むなど、新型コロナウイルス感染防止に配慮して行う。 マラソンの参加資格となる記録は、前回の「3時間10分以内」から「2時間50分以内」に変更される。また、沿道での密集を防止するため、応援の自粛、テレビ中継での観戦を呼び掛けていく。

後で読む
デイリースポーツ

セーリングの全日本470級選手権は11日、神奈川県の江の島ヨットハーバー沖で開幕し、予選の序盤2レースを終えた時点で東京五輪男子代表の岡田奎樹(トヨタ自動車東日本)外薗潤平(JR九州)組が首位となった。五輪女子代表の吉田愛、吉岡美帆組(ベネッセ)は4位につけた。 レースは男女の区別なく争われ、吉田、吉岡組には2連覇が懸かっている。今大会には80艇以上が参加し、新型コロナウイルス感染防止のため開会式や審問会議はオンラインで開かれた。大会は15日まで行われる。

後で読む
デイリースポーツ

J1横浜FCは11日、FW斉藤光毅(19)が来シーズンよりベルギー2部のロンメルへ完全移籍することを発表した。 U-19日本代表でもある斉藤は、横浜FCの下部組織出身で2018年7月に16歳でJ2初出場。昨季はJ2で29試合に出場し、6得点とチームの13年ぶりのJ1昇格に貢献。U-20ワールドカップ(W杯)にも飛び級で出場した。今季は自身初のJ1挑戦となったが、持ち味のキレあるドリブルを武器に、ここまで25試合出場で3得点を挙げている。

後で読む
デイリースポーツ

「大相撲11月場所・4日目」(11日、両国国技館) 新大関正代(時津風)は前頭二枚目の大栄翔(追手風)に一方的に突き出しで敗れ、4日目で初黒星を喫した。

後で読む
デイリースポーツ

サッカースペイン1部リーグ、ビジャレアルのウナイ・エメリ監督が日本代表、MF久保建英の中にスペイン代表のゲームメーカーと同様の才能を確認-。代表で2010年W杯優勝、2度の欧州制覇メンバーで、昨季まで所属のマンチェスター・シティ(英)で司令塔として4度のプレミアリーグ優勝などを果たしたMFダビド・シルバ(レアル・ソシエダ)と比較した。 スペインのラジオ局カデナ・セールの番組で話した。エメリ監督は「久保のポテンシャルを予言するのは難しいが、私がバレンシアの監督になった時にダビド・シルバに見たのと同じ特徴がある。それは相手のライン間でプレーし、スピーディーにボールを扱うといったもの。成長を続ける必要がある」と、伸びしろはまだまだあるとした。

後で読む
デイリースポーツ

「大相撲11月場所・4日目」(11日、両国国技館) 新大関正代(時津風)が前頭二枚目の大栄翔(追手風)に一方的に突き出しで敗れ、4日目で早くも土がついた。

後で読む
デイリースポーツ

J1横浜FCは11日、FW斉藤光毅(19)が今季終了後にベルギー2部リーグのロンメルに完全移籍することが決まったと発表した。 横浜FCの下部組織出身の斉藤はドリブル突破や俊敏性が武器のアタッカー。2018年7月にJ2で初出場し、昨季はJ2で29試合6得点。チームが13年ぶりのJ1で戦う今季は25試合で3得点をマークしている。昨年のU-20ワールドカップ(W杯)には17歳で出場した。

後で読む
デイリースポーツ

ヤクルトは11日、斎藤隆投手コーチ、河田雄祐外野守備走塁コーチが契約満了に伴い、退団することを発表した。 斎藤コーチはともに大リーグで活躍した高津監督との縁で、投手陣再建を託された。今季から指導していたが、チーム防御率4・61と低迷。退任に至る経緯について、斎藤コーチは「来年もというお話をシーズン終わる頃にいただいていたんですけど、責任を感じているところとさまざまな考えを熟考に熟考を重ねて、今年で退団させてくださいといことを球団の方に申し伝えたところ、了承していただきました」と明かした。

後で読む
デイリースポーツ

ヤクルトのドラフト1位ルーキー奥川が11日、秋季教育リーグ「みやざきフェニックス・リーグ」に出場するために宮崎県内に滞在中の2軍に合流した。 前日10日にチームの今季最終戦となる広島戦で先発して初登板したが、三回途中まで5失点とプロの洗礼を浴びた。球団広報を通じて「すごく悔しいがいい経験をした。プロ野球のレベルの高さ、自分の足りない部分を感じることができた。1軍で勝つための練習と試合をしていきたい」とコメントした。

後で読む
デイリースポーツ

巨人は11日、宮国椋丞投手に来季の契約を結ばないことを通達したと発表した。 宮国は高卒2年目で6勝2敗、防御率1・86。一躍エース候補として期待され、13年には開幕投手を託されるほどの存在となった。デイリースポーツ評論家・関本四十四氏は当時について、「ルーキーイヤーの春季キャンプを見た時、18歳とは思えないほどの素晴らしい腕の振り、バランスで投げていた。思わず高校の監督にどうやって指導したのかを聞いたが、『手をつけていないんです。持って生まれたものなんです』と言われ、これはすごい投手になるかもしれないと思った」と振り返った。

後で読む
デイリースポーツ

4年連続日本一を狙うパ・リーグ覇者のソフトバンクは11日、ペイペイドームで紅白戦を行い、14日からのロッテとのクライマックスシリーズ(CS)へ調整した。練習前に選手を集め、準備の大切さを説いた工藤監督は「僕の中では準備が一番大事。この期間で微調整に役立ててくれれば」と短期決戦を見据えた。 投手陣はモイネロ、高橋礼、岩崎ら勝ちパターンの中継ぎが無失点で順調さを見せた。監督は「久々に真後ろから見て、こうやって打ち取ってるんだとイメージできた」と納得の口ぶりだった。

後で読む
スポーツニッポン

横浜FCは11日、U―19日本代表MF斉藤光毅(19)が今冬、ベルギー2部ロンメルに完全移籍すると正式発表した。

後で読む
デイリースポーツ

 男子ゴルフの三井住友VISA太平洋マスターズの出場選手が11日、静岡県の太平洋クラブ御殿場で開幕前日の最終調整を行い、前回大会でアマチュアとして史上4人目のツアー優勝を果たし、今年は東北福祉大4年の学生プロとして臨む金谷拓実は「思い出のある大会なので、優勝を目指して自分らしいプレーをする」と連覇へ意欲を語った。 10月の日本オープン選手権で5位と健闘したアマの河本力(日体大)も出場。予選ラウンドは石川遼と同組で「ありがたい。勉強して盗めるものは盗みたい」と話した。

後で読む
日刊スポーツ

短水路(25メートルプール)で競う競泳国際リーグ(ブダペスト)で「東京フロッグキングス」(北島康介GM)は、準決勝第1組(14、15日)に入った。10日までに…

後で読む
東京スポーツ

米大リーグ・カブスのダルビッシュ有投手(34)が11日、ツイッターで発表直前のサイ・ヤング賞について素直な思いをつづった。  メジャーで両リーグの最優秀投手賞にあたるサイ・ヤング賞は日本時間12日午…

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は11日、セ・リーグで2試合が行われる。

後で読む
サンケイスポーツ

ヤクルトは11日、来日2年目のシーズンを終えたスコット・マクガフ投手(31)が米国に帰国したことを発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

広島のクリス・ジョンソン投手(36)とテイラー・スコット投手(28)が11日、米国へ帰国した。

後で読む
日刊スポーツ

千葉県高野連は11日、来春センバツ高校野球(3月19日開幕)の21世紀枠の県推薦校に東京学館が決定したと発表した。推薦理由は「近隣地区の選手たちが集まり、練習… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

2位阪神が4位DeNAと対戦。予告先発は阪神が藤浪、DeNAは大貫。試合開始は午後6時の予定。ニッカンスポーツ・コムではライブ速報をします。▲bb… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

両チームのスタメンが発表された。先発は阪神が藤浪晋太郎投手(26)、DeNAが大貫晋一投手(26)。阪神は今季最終戦。藤浪は開幕から先発スタートもチーム事情で… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

ヤクルト・藤井亮太内野手(32)が11日、東京・北青山の球団事務所で来季の契約を結ばないことを通告された。

後で読む
サンケイスポーツ

関東大学サッカー連盟は11日、駒大サッカー部関係者から新型コロナウイルスの陽性者が確認されたと発表した。同サッカー部は一定期間の活動休止となり、関東大学1部リーグの15日の専大戦、21日の法大戦は延期となった。

後で読む
サンケイスポーツ

【出場選手登録】 ▽DeNA 山崎康晃投手、ピープルズ投手、嶺井博希捕手、山下幸輝内野手 ▽広島 小窪哲也内野手 ▽中日 三ツ間卓也投手 【同抹消】 ▽阪神 藤川球児投手 ▽広島 島内颯太郎投手 ▽中日 ゴンサレス投手、石垣雅海内野手、シエラ外野手

後で読む
サンケイスポーツ

ヤクルト・田代将太郎外野手(30)が11日、東京・北青山の球団事務所で来季の契約を結ばないことを通告された。

後で読む
東京スポーツ

 西武・渡辺久信ゼネラルマネージャー(GM=55)が11日に発表された来季の組閣について、その意図と経緯を説明した。  従来の西武らしく外部招聘はなし。一、二軍の入れ替えはバッテリー部門の秋元コーチと…

後で読む
デイリースポーツ

日本サッカー協会の田嶋幸三会長が11日、オンラインで取材に応じ、新型コロナウイルス対策で帰国後に求められる原則14日間の待機措置緩和を求め、スポーツ庁に陳情する意向を明らかにした。これまでも文書で対応を求めていたが「私自身が伺ってお願いするつもりでいる」と話した。 現在は欧州で活動する日本代表に国内組を招集できない状況で、カタールで行われるアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)でFC東京が勝ち上がった場合、延期になって代替日を模索しているYBCルヴァン・カップ決勝への影響が懸念されている。

後で読む
デイリースポーツ

中日の大野雄大投手(32)が今季資格取得条件を満たした国内フリーエージェント(FA)権を行使せず、残留する意思を固めたことが11日、分かった。契約年数などの諸条件は今後の交渉で正式に決まる予定。10年目の今季は10日現在で20試合に登板して11勝(6敗)を挙げ、球団8年ぶりのAクラスとなる3位に貢献した。 9~10月には球団記録を更新する45イニング連続無失点もマークした。防御率1・82、148奪三振はともにリーグトップの好成績。10完投、6完封もリーグ最多で、シーズン後の去就が注目されていた。

後で読む
デイリースポーツ

巨人は11日、宮国椋丞投手(28)とディプラン投手(26)に来季の契約を結ばないと通告し、高木京介投手(31)は自由契約にすると発表した。球団関係者によると高木は育成選手として再契約する方針。 宮国は2011年に沖縄・糸満高からドラフト2位で入団。今季は主に中継ぎで21試合に登板して0勝0敗、防御率5・33だった。

後で読む
デイリースポーツ

ヤクルトは11日、上田剛史外野手、藤井亮太内野手、田代将太郎外野手に来季の契約を結ばないことを通達したと発表した。 ヤクルト一筋14年の上田は主に代走や守備固めでチームを支え、通算797試合に出場。今季は53試合で打率・125ながら、5盗塁をマークしていた。

後で読む
東京スポーツ

巨人が11日、宮国椋丞投手(28)とナティーノ・ディプラン投手(26)と来季の契約を結ばないことを通告。また高木京介投手(31)を自由契約にすると発表した。  宮国は2010年のドラフト2位で沖縄・…

後で読む
サンケイスポーツ

巨人は2日、宮国椋丞投手(28)とナティーノ・ディプラン投手(26)に来季の契約を結ばないことを通達したと発表した。高木京介投手(31)には自由契約にすることを通達。育成契約を結ぶ方針とみられる。

後で読む
サンケイスポーツ

DeNAの山崎康晃投手が11日、10月8日以来約1カ月ぶりに1軍へ復帰した。昨季まで2年連続セーブ王に輝いた山崎は6年目の今季、39試合に登板し0勝3敗6セーブ、防御率5・84。開幕直後から失点が続き、7月29日からは中継ぎに配置転換となっていた。

後で読む
サンケイスポーツ

阪神から戦力外通告を受けた伊藤隼太外野手(31)が11日、自身のツイッターを更新。現役続行の意思を表明した。

後で読む
日刊スポーツ

今季のサイ・ヤング賞が11日(日本時間12日午前8時~9時)発表される。最終候補3人のファイナリストには、ナ・リーグからカブスのダルビッシュ有投手(34)、ア… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

18年に球場のフェンスに激突し脳振とうを起こした元ジャイアンツのマック・ウィリアムソン外野手(30)が、激突の原因は球場の形状にあるとしてジ軍オーナー陣を提訴… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ヤクルトは11日、都内の球団事務所で上田剛史外野手(32)藤井亮太内野手(32)田代将太郎外野手(30)に来季の契約を結ばないことを伝えた。上田は関西から06… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

股関節の違和感でリハビリを続けてきた巨人高木京介投手が、来季は育成選手から再出発する見通しになった。巨人は11日、高木に自由契約とすることを通知したと発表し、… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

桐蔭横浜大が共栄大に勝利し、13年以来の決勝進出を果たした。「おかわり3世」こと、西武ドラフト1位指名の桐蔭横浜大・渡部健人内野手(4年=日本ウェルネス)が、… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 巨人は11日、宮国椋丞投手、ディプラン投手に来季の契約を結ばないことを通達。高木京介投手は自由契約にすることを通達したとそれぞれ発表した。 宮国は10年ドラフト2位で入団し、高卒2年目には6勝。エース候補として期待され、13年には開幕投手も務めた。だが、成績は伸び悩み、10年間で通算21勝。今季は主に中継ぎで21登板、防御率5・33と結果を残せなかった。

後で読む
サンケイスポーツ

男子ゴルフのメジャー、マスターズ・トーナメントは12日、米ジョージア州のオーガスタ・ナショナルGCで開幕する。28歳で出場9度目の松山英樹はウェブ・シンプソン(米国)らと同組で午前7時11分(日本時間午後9時11分)に10番から第1ラウンドに臨む。

後で読む
サンケイスポーツ

西武は11日、V奪還に向けた来季のコーチングスタッフを発表した。2軍投手コーチに大石達也氏(32)、2軍打撃コーチに高山久氏(38)、2軍内野守備・走塁コーチに鬼崎裕司氏(37)が就任した。1軍スタッフはほぼ変更はなく、2軍から野田浩輔バッテリーコーチが配置転換で加わった。その他のコーチは以下の通り。

後で読む
サンケイスポーツ

3連勝と好スタートの貴景勝が3連敗の阿武の挑戦を受ける。押し相撲同士の激しい内容が期待される。大関は立ち合いで激しく当たり、突き、押しで引かずに攻め切りたい。過去の対戦成績は4勝2敗でリード。

後で読む
スポーツニッポン

国際サーフィン連盟は10日までに、東京五輪最終選考を兼ねたワールドゲームズ(WG=世界選手権に相当、エルサルバドル)の日程を来年5月29日~6月6日に変更した。当初今年5月に開催予定だったが、新型コロナウイルスの影響で、今年7月に21年5月8日~16日に開催を発表。今回3度目の日程変更が行われた。

後で読む
東京スポーツ

 西武は11日、来季の組閣人事を発表した。  外部招へいはなく一、二軍の入れ替えはバッテリー部門の秋元宏作コーチ(51)と野田浩輔コーチ(42)のみ。二軍に大石達也投手コーチ(32)、高山久打撃コーチ…

後で読む
デイリースポーツ

日本ラグビー協会は11日、7人制男女日本代表と15人制女子日本代表が参加する「リポビタンD presents JAPAN RUGBY CHALLENGE 2020」を29日に熊谷ラグビー場で行うと発表した。 新型コロナウイルス感染拡大の影響で大会中止が相次ぐ中、日本代表候補選手たちの果敢にチャレンジする姿をファンに届ける場となる。また、女子日本代表候補は2021年W杯ニュージーランド大会、7人制男女代表は東京五輪への第3次メンバー選考のための試合にもなる。セレクションの一環として臨むチャレンジマッチでもあることから、真剣勝負の舞台となる。それぞれの代表内で2チームに分けて対戦する。7人制の男女はともに2試合(7分ハーフ)、女子代表は1試合(40分ハーフ)を予定。メンバーは28日に発表される。

後で読む
デイリースポーツ

「大相撲11月場所・4日目」(11日、両国国技館) 2度の右膝手術を乗り越え、18年初場所以来16場所ぶり十両復帰した人気業師の宇良(28)=木瀬=が富士東(玉ノ井)を押し出して2勝目(2敗)を挙げた。

後で読む
デイリースポーツ

西武は11日、来季のコーチングスタッフを発表した。 大石達也氏、高山久氏、鬼崎裕司氏の2軍コーチ就任。リーグ3連覇を逃した1軍スタッフにほぼ変更はなく、野田浩輔バッテリーコーチが配置転換で加わった。

後で読む
デイリースポーツ

巨人は11日、宮国椋丞投手、ディプラン投手に来季の契約を結ばないことを通達。高木京介投手は自由契約にすることを通達したとそれぞれ発表した。 宮国は10年ドラフト2位で入団し、高卒2年目には6勝。エース候補として期待され、13年には開幕投手も務めた。だが、成績は伸び悩み、10年間で通算21勝。今季は主に中継ぎで21登板、防御率5・33と結果を残せなかった。

後で読む
デイリースポーツ

ヤクルトは11日、上田剛史外野手、藤井亮太内野手、田代将太郎外野手に来季の契約を結ばないことを通達したと発表した。 ヤクルト一筋14年の上田は主に代走や守備固めでチームを支え、通算797試合に出場。今季は53試合で打率・125ながら、5盗塁をマークしていた。

後で読む
デイリースポーツ

ヤクルトは11日、斎藤隆投手コーチ、河田雄祐外野守備走塁コーチが契約満了に伴い、退団することを発表した。 斎藤コーチは投手陣再建を託され、今季から指導していたが、チーム防御率4・61と低迷。河田コーチは18年から加入し、走塁への高い意識を植えつけたが、チームの順位には結びつかなかった。

後で読む
日刊スポーツ

日本ラグビー協会は11日、29日に埼玉・熊谷ラグビー場で7人制男女代表と15人制女子代表が参加する「リポビタンD presents JAPAN RUGBY C…

後で読む
日刊スポーツ

アーティスティックスイミング(AS)の「第96回日本選手権」と「チャレンジカップ」の公式練習が11日、山口きらら博記念公園水泳プールで行われた。日本選手権は当…

後で読む
東京スポーツ

日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長(62)が11日にオンラインで取材に応じ、フランス1部マルセイユのアンドレ・ビラスボアス監督(43)の日本代表監督就任に関する発言について説明した。  ビラス…

後で読む
東京スポーツ

今季限りでの退団が決まっているベテランへ、ナインが感謝の意思表示―。  今季最終戦となった11日のDeNA戦前、ナインが今季限りで退団する阪神・能見篤史投手(41)の背番号14が入ったお揃いのTシャ…

後で読む
東京スポーツ

イングランドサッカー協会(FA)のグレッグ・クラーク会長(63)の電撃辞任に、交流のある日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長(62)が言及した。  クラーク氏は10日に政府の特別委員会にオンライ…

後で読む
サンケイスポーツ

男子ゴルフのメジャー、マスターズ・トーナメントは12日、米ジョージア州のオーガスタ・ナショナルGCで開幕する。28歳で出場9度目の松山英樹はウェブ・シンプソン(米国)らと同組で午前7時11分(日本時間午後9時11分)に10番から第1ラウンドに臨む。

後で読む
日刊スポーツ

楽天がユニークグッズを発売する。「選手ロッカー型ペンスタンド」を発売すると発表した。2月に楽天生命パークの選手ロッカーをリニューアル。メジャーをモチーフにこれ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 巨人は11日、宮国椋丞投手、ディプラン投手に来季の契約を結ばないことを通達。高木京介投手は自由契約にすることを通達したとそれぞれ発表した。 宮国は10年ドラフト2位で入団し、高卒2年目には6勝。エース候補として期待され、13年には開幕投手も務めた。だが、成績は伸び悩み、10年間で通算21勝。今季は主に中継ぎで21登板、防御率5・33と結果を残せなかった。

後で読む
デイリースポーツ

「阪神-DeNA」(11日、甲子園球場) 今季限りで退団を表明している能見篤史投手(41)に向けて、全体練習開始前にサプライズが用意された。

後で読む
サンケイスポーツ

米大リーグ、カブスのダルビッシュが最終候補3人に入っているナ・リーグのサイ・ヤング賞(最優秀投手賞)が、11日東部時間午後6時47分(日本時間12日午前8時47分)に発表される。選出されれば日本選手初の快挙となる。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカーの日本代表は13日午後3時15分(日本時間同11時15分)からオーストリアのグラーツで、パナマ代表との国際親善試合に臨む。国際サッカー連盟(FIFA)ランキングは日本が27位で、パナマは77位。過去の対戦成績は日本の1勝。

後で読む
サンケイスポーツ

ソフトバンクが11日、小川一夫2軍監督(66)、新井宏昌2軍打撃コーチ(68)、久保康生2軍投手コーチ(62)の今季限りでの退団を発表した。

後で読む
東京スポーツ

 ゴルフの国内女子ツアー「伊藤園レディス」(13日開幕、千葉・グレートアイランドC=パー)初日の組み合わせが11日に発表された。  最終日の15日に22歳の誕生日を迎える渋野日向子(サントリー)は西…

後で読む
デイリースポーツ

日本ハムは11日、王柏融外野手が台湾へ帰国したと発表した。 台湾では打率4割をマークし、3年契約の鳴り物入りで加入。だが、昨季は88試合の出場で打率・255。2年目の今季は52試合の出場で打率・207、2本塁打、9打点と振るわなかった。

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクは11日、小川一夫2軍監督、新井宏昌2軍打撃コーチ、久保康生2軍投手コーチの退団を発表した。 指導者として、若手育成に尽力。7日に行われたファーム選手権では楽天に敗れ、2年連続の日本一は逃していた。

後で読む
デイリースポーツ

西武は11日、大石達也氏、高山久氏、鬼崎裕司氏の2軍コーチ就任を発表した。 2軍投手コーチに就任する大石氏は10年ドラフト1位で入団し、通算132試合に登板。5勝6敗8セーブ、防御率3・64で19年に戦力外通告を受けた。引退後はコーチ修行のためにメッツ傘下へ渡米し、指導者転身に向けて経験を積んでいた。

後で読む
サンケイスポーツ

ロッテは11日、マリーンズオンラインストアでクライマックスシリーズ(CS)が開幕する14日午前10時からビックリマンシール(ロッテオリオンズver.)が当たるプレゼントキャンペーンを開始すると発表した。オンラインストアでの1会計ごとにシールを1枚ランダムでプレゼントする。

後で読む
サンケイスポーツ

今季限りで阪神を退団する能見篤史投手(41)のセレモニーが11日、甲子園でのDeNA戦の練習前に行われた。

後で読む
サンケイスポーツ

NPBエンタープライズは11日、侍ジャパン女子代表監督に前日本代表コーチの中島梨紗氏(33)が就任したと発表した。新型コロナウイルスの影響で今年9月から2021年3月に延期された第9回女子W杯(メキシコ)で7連覇を目指す。

後で読む
日刊スポーツ

兵庫県西宮市の甲子園球場内にある歴史館では11日、開催中の「藤川球児投手 引退特別展示」で、前日10日の引退試合で使用された記念品の展示が始まった。阪神藤川が… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ロッテはクライマックス・シリーズ(CS)が開幕する14日午前10時から、ビックリマンシール(ロッテオリオンズver.)が当たるプレゼントキャンペーンを開始する… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

今季限りで退団する阪神能見篤史投手(41)が11日、DeNA戦(甲子園)の試合前にチームメートからサプライズを受けた。能見の登場曲「GReeeeN」の「刹那」… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

世界ボクシング評議会(WBC)は10日、新階級のブリッジャー級(90・7~101・6キロ)を設立したと発表した。クルーザー級と最重量のヘビー級の間に設置。今後は重量級の選手に新階級への参戦の意思を確認する。WBCによると、ブリッジャーは野生の犬から妹を救った6歳の少年の名前から命名した。

後で読む
サンケイスポーツ

マンチェスターUは、ルーク・ショーが負傷により1カ月間離脱することを発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

不戦敗で0-3黒星、勝ち点1はく奪の処分に不満を示していたナポリだったが、控訴が棄却されることになった。

後で読む
デイリースポーツ

総合格闘技RIZINの大阪城ホール大会(21日)で行われるRIZIN初代フェザー級タイトルマッチで斎藤裕(33)=パラエストラ小岩=と対戦する朝倉未来(28)=トライフォース赤坂=が11日、都内の所属ジムで公開練習を行った。 この日は同大会で朴光哲(KRAZY BEE)と対戦する白川陸斗(志道場)とのマススパーリングで汗を流した未来。約2カ月、8~9ラウンドのスパーリングを行う日々で減量は残り約5キロとなり、「バッチリですね」と好調をアピールした。

後で読む
スポーツニッポン

日本ラグビー協会は11日、今月29日に熊谷ラグビー場で7人制男女日本代表、15人制女子日本代表が参加し、「リポビタンD presents JAPAN RUGBY CHALLENGE 2020」を開催すると発表した。

後で読む
東京スポーツ

 ゴルフの国内女子ツアー「伊藤園レディス」(13日開幕、千葉・グレートアイランドC=パー)初日の組み合わせが11日に発表された。  最終日の15日に22歳の誕生日を迎える渋野日向子(サントリー)は西…

後で読む
東京スポーツ

【KJ松井のCatch&Shoot(41)】オフシーズンのNBAは、ヘッドコーチ(HC)にも「移籍」の動きが出ている。その中で注目を集めたのが、7シーズンにわたってロサンゼルス・クリッパーズの指揮を執…

後で読む
東京スポーツ

 日本ラグビー協会は11日、来夏の東京五輪に臨む7人制の男女日本代表と15人制女子日本代表の試合を29日に埼玉・熊谷ラグビー場で行うと発表した。  7人制男女代表は五輪の第3次選考、女子代表は2021…

後で読む
東京スポーツ

 スペイン2部サラゴサを退団した元日本代表MF香川真司(31)に、まさかの名門バルセロナ行きも浮上か。  バルセロナでは今季大ブレークしたスペイン代表FWアンス・ファティ(18)が左ひざ半月板損傷の重…

後で読む
デイリースポーツ

「大相撲11月場所・4日目」(11日、両国国技館) 大好きな阪神タイガースをしこ名にする東序二段38枚目の朝阪神(20)=高砂=が若勢道(朝日山)に渡し込みで屈し、1勝1敗の五分となった。

後で読む
デイリースポーツ

国際サーフィン連盟は10日、東京五輪最終予選で来年5月8日から開催予定だったワールドゲームズ(WG=世界選手権に相当、エルサルバドル)を5月29日から6月6日に再延期すると発表した。WGは今年5月に開催予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、3度目の延期となった。 国際サーフィン連盟のアギーレ会長は、英語で「世界的大流行に対処し、世界中のスポーツの段階的な復帰に備えています。アスリートやスタッフの安全を最優先し、安全な競技環境を整えていきます」とコメントを発表した。

後で読む
東京スポーツ

格闘技イベント「RIZIN.25」(21日、大阪城ホール)で第10代修斗世界フェザー級王者の斎藤裕(33)とRIZIN初代フェザー級世界王座決定戦で対戦する〝最強兄弟の兄〟こと朝倉未来(28)が11…

後で読む
日刊スポーツ

バスケットボール男子のBリーグは11日、1部(B1)と2部(B2)全チームの選手やスタッフ、審判員らを対象に9日に行った新型コロナウイルスのPCR検査で、全員…

後で読む
日刊スポーツ

大分車いすマラソンが15日、大分県庁前発・大分市営陸上競技場着の42・195キロコースで行われる。国際パラ陸連(WPA)公認で、東京パラリンピック出場を目指す…

後で読む
東京スポーツ

【赤坂英一 赤ペン!!】楽天が4位に終わり、三木肇監督(43)の去就が微妙になっている。ここは契約通りもう1年、チャンスを与えるべきだろう。 「どんなに打てる打者でも7割は失敗する。その7割の凡打やア…

後で読む
サンケイスポーツ

 新型コロナウイルス禍で史上初めて秋に開催されるゴルフのマスターズ・トーナメントが12日(日本時間同日夜)に始まる。歴代優勝者が集う大会前恒例の「チャンピオンズ・ディナー」で、前回覇者ウッズが選んだメニューにすしが入った。「オーガスタ・ロール」と名づけられ、エビの天ぷらやアボカドが入った米国スタイル。わさびとしょうゆが添えられる。メインはステーキやメキシコ風のチキンとした。

後で読む
サンケイスポーツ

甲子園歴史館は11日、前日10日に行われた阪神・藤川球児投手(40)の引退試合で使用された記念品の展示を開始した。

後で読む
日刊スポーツ

レイズからフリーエージェントとなった先発右腕チャーリー・モートン投手(36)に、少なくとも8-10球団が関心を示しているという。情報筋の話として、MLB公式サ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

日本ハムは11日、今シーズン108打点をマークし自身3度目の打点王を獲得した中田翔内野手(31)と、4割6分5厘で2年連続の最高出塁率に輝いた近藤健介外野手(… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

甲子園歴史館は11日、阪神・藤川球児投手(40)が引退試合の10日・巨人戦(甲子園)で使用したグッズの展示を開始したことを発表した。 今回展示されたのは、試合で使用したグラブ、セレモニーのスピーチでマイク台に設置したプレート、最後のアウトを取った際のボール。詳細は甲子園歴史館公式ホームページで。

後で読む
サンケイスポーツ

ロッテが11日、14日にペイペイドームで開幕するソフトバンクとのクライマックスシリーズ(CS)に向けて、ZOZOマリンで練習を再開した。約2時間の全体練習後は安田尚憲内野手(21)らが居残り特打。井口資仁監督(45)は「きょうぐらいしか打ち込めないしね。短期決戦(4試合制)なんで、どんどん点を取っていくしかない」と話した。その上で、「下(2位)から上(1位)をたたけるチャンスをもう一度もらったので、シーズン終盤のような変なプレッシャーはない。逆にプレッシャーがかかるのは相手」と不敵に笑った。

後で読む
サンケイスポーツ

バスケットボール男子のBリーグは11日、1部(B1)と2部(B2)全チームの選手やスタッフ、審判員らを対象に9日に行った新型コロナウイルスのPCR検査で、全員が陰性だったと発表した。感染拡大対策としてリーグが2週間に1度行う統一検査の第5回で、925件を検査した。

後で読む
サンケイスポーツ

米プロフットボールNFLは10日、11月1~7日に実施した新型コロナウイルスの検査で、選手15人、スタッフ41人が陽性反応を示したと発表した。

後で読む
スポーツニッポン

NFLは10日にリモート形式でオーナー会議を行い、現在第9週まで消化している今季の日程を最終第17週(来年1月3日)を待たずして打ち切る“緊急対応策”への検討を開始。スポーツ専門局のESPNが報じているもので、レギュラーシーズン(1チーム16試合)を短縮する代わりに、今季12チームから14チームに増やしたばかりのプレーオフ枠をさらに16チームにまで拡大する案も浮上している。

後で読む
東京スポーツ

 ゴルフの祭典「マスターズ」の歴代優勝者が集う大会前恒例の「チャンピオンズ・ディナー」で、前回覇者タイガー・ウッズ(44=米国)はメニューにすしを入れた。  その名も「オーガスタ・ロール」で、エビの天…

後で読む
東京スポーツ

 世界レスリング連合(UWW)は10日、新型コロナウイルスの影響で世界選手権(12月12日開幕、セルビア・ベオグラード)の開催を断念すると発表した。参加国や選手の数が条件を満たさなかったため。個人戦の…

後で読む
東京スポーツ

イタリアメディア「トゥットメルカート・ウェブ」は、同国1部ユベントスのFWクリスチアーノ・ロナウド(35)とフランス1部パリ・サンジェルマンのFWネイマール(28)がトレードとなる可能性を報じた。 …

後で読む
東京スポーツ

川崎フロンターレひと筋18年の元日本代表MF中村憲剛(40)が、今季限りで現役を引退する。かねて決めていたという40歳でのタイミングだったが、偶然にも自身が大ファンである人気アイドルグループと同じタ…

後で読む
サンケイスポーツ

 6度目の“チャレンジ”も、1軍でのプロ初勝利を手にすることはできなかった。DeNAの高卒3年目、阪口皓亮投手(21)だ。それでも、その姿は来季以降の大きな飛躍を期待させるには十分な内容だった。

後で読む
サンケイスポーツ

 元巨人監督の堀内恒夫氏(72)が11日、自身のブログを更新。今季限りで現役を引退する阪神の藤川球児投手(40)をねぎらった。「藤川くんは球の力もスピードもあるし なんたって度胸がいいよね。抑えとしての資質が備わっている。だからこそ彼の野球が日米で活きたんだろう」と評価。その一方で「後5セーブ…惜しかったなぁ…」と名球会入りできる日米通算250セーブに届かなかったことを残念がった。

後で読む
日刊スポーツ

米大リーグの最優秀監督賞が10日発表され、ア・リーグは筒香が所属するレイズのキャッシュ監督、ナ・リーグはマーリンズのマッティングリー監督がともに初めて受賞した… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

レッドソックスの指揮官に復帰したアレックス・コーラ監督が10日、お披露目会見に臨み、スキャンダルへの関与について謝罪。こんな日が来るとは思わなかったと語り、二… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

メッツの新オーナーとなったスティーブ・コーエン氏(64)が10日、最短で3年、少なくとも5年以内に世界王者になるとの目標を掲げ、魅力あるチーム作りへの意欲を語… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

【ノーサイドの精神】11月に入り、国内のラグビー界も盛り上がりを見せている。10月4日に開幕した関東大学ラグビーは、すでに終盤に入った。関西大学リーグも今月7日に開幕し、全国高校大会に向けた各地の出場校も出そろってきた。海外ラグビーも含めれば、観戦にも“渋滞”も生じる。まさにうれしい悲鳴だ。

後で読む
サンケイスポーツ

徳島・古牟岐の「第八光政丸」(島政勝船長)で3日、ウニ・マムシのエサで狙う恒例のイシガキダイ&イシダイ釣りが始まった。

後で読む
サンケイスポーツ

大阪湾に新しいタチウオの群れが入ってきた!! 狙いはズバリ120センチオーバーの“ドラゴン”級。ハリに掛かった瞬間、ドンと突き刺さって動かないあの独特な手ごたえはこの釣りならではの醍醐味だ。ベタ凪の晴天に恵まれた10月28日、大阪・泉佐野食品コンビナートの海新丸(宮下稚域船長)に乗船し、淡路沖へ向かった。

後で読む
サンケイスポーツ

カンカンカン。独特なアタリが魅力的な“餌泥棒”の異名を持つカワハギが、横浜市・野島夕照橋『新修丸』でようやくシーズンインだ。同宿はお湯が入ったポットや電子レンジなど便利アイテムがあり、冷えが大敵な女子に強い味方。冬支度して向かった川目梢記者に、「オフは釣り三昧」の松本ひでおアナウンサーが立ちはだかります。多く上がっている良型をお縄にかけようと、2人が因縁の対決です。

後で読む
スポーツニッポン

NFLと選手会は10日、前週以降に実施した新型コロナウイルスの検査で選手15人、チーム関係者41人が陽性反応を示していたことを明らかにした。

後で読む
スポーツニッポン

注目の頭脳スポーツ、麻雀プロリーグ戦「大和証券Mリーグ2020」は10日までに44試合が行われ、昨季レギュラーシーズン最下位のEX風林火山が合計獲得ポイント(P)を359・6Pとして首位に立った。昨季7位のドリブンズが75・9P差の283・7Pで2位と、昨季不振だった両チームが序盤戦で大きなプラスを出している。

後で読む
東京スポーツ

 ミスタープロレスこと天龍源一郎(70)がホスト役を務める「龍魂激論」に全日本プロレス、ノアで活躍した“鉄人”小橋建太(53)を迎えたスペシャル対談。30年前の「天龍金属バット襲撃事件」の真相が明かさ…

後で読む
日刊スポーツ

年末年始にかけて、サッカーやラグビーなどの高校スポーツ全国大会が各地で開催される。日刊スポーツ東北版では、競技別に東北の代表校を全チーム紹介します。第1弾は「…

後で読む
日刊スポーツ

年末年始にかけて、サッカーやラグビーなどの高校スポーツ全国大会が各地で開催される。日刊スポーツ東北版では、競技別に東北の代表校を全チーム紹介します。第1弾は「…

後で読む
日刊スポーツ

11月も中盤に差し掛かり、いよいよ年末が近づいてきた。去年は出産を控えていたので日本で過ごしたが、年末はこれまで大体オーストラリアで過ごしていた。元々、親戚や…

後で読む
日刊スポーツ

バスケットボールの全国高校選手権(ウインターカップ)道予選は13日、帯広・よつ葉アリーナ十勝で開幕する。男子は昨年準優勝の白樺学園がルーキーパワーで地元開催で…

後で読む
日刊スポーツ

米プロフットボールNFLは10日、11月1~7日に実施した新型コロナウイルスの検査で、選手15人、スタッフ41人が陽性反応を示したと発表した。(共同)

後で読む
サンケイスポーツ

パリサンジェルマン(PSG)のスポーティングディレクターを務めるレオナルド氏は、将来的なクリスティアーノ・ロナウド獲得を否定しなかった。

後で読む
東京スポーツ

米メディアのCBSスポーツは10日(日本時間11日)、「FA選手をチームとマッチング」と題した企画を電子版にアップし、ヤンキースからFAになった田中将大投手(32)はホワイトソックスにフィットすると…

後で読む
サンケイスポーツ

 米大リーグの最優秀監督賞が10日発表され、ア・リーグは筒香が所属するレイズのキャッシュ監督、ナ・リーグはマーリンズのマッティングリー監督がともに初めて受賞した。

後で読む
サンケイスポーツ

 ■11月11日 人気大関で漫画の「ワイはアサシオや」の主人公にもなった高砂親方(元大関朝潮)は開催中の大相撲11月場所が師匠として最後の場所だ。12月9日が日本相撲協会の定年となる65歳の誕生日。風貌通りのおおらかなキャラクターで、問題児だった朝青龍に手を焼いた以外は「いい師匠人生だった」と振り返っている。

後で読む
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、阪神0-4巨人、24回戦、巨人16勝8敗、10日、甲子園)今季限りでの引退する阪神・藤川球児投手(40)が試合後、引退会見を行った。セレモニーでメッセージを送ってくれた清原和博氏への思いを明かした。

後で読む
サンケイスポーツ

新型コロナウイルス禍で史上初めて秋に開催されるゴルフのマスターズ・トーナメントが12日(日本時間同日夜)に始まる。歴代優勝者が集う大会前恒例の「チャンピオンズ・ディナー」で、前回覇者ウッズが選んだメニューにすしが入った。「オーガスタ・ロール」と名づけられ、エビの天ぷらやアボカドが入った米国スタイル。わさびとしょうゆが添えられる。メインはステーキやメキシコ風のチキンとした。

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンク小川一夫2軍監督(66)、新井宏昌2軍打撃コーチ(68)が今季限りで退団することが11日、分かった。小川2軍監督、新井2軍打撃コーチともに宮崎で行… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

18時開始予定。予告先発は阪神が藤浪、DeNAが大貫。 – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

https://www.tokyo-sports.co.jp/prores/2393283/

後で読む
東京スポーツ

【プロレスPLAY BACK(103)】久々に痛快なキャラクターが新日本プロレスに登場した。自らを「余」と称し「偉大なる王」を名乗るグレート―O―カーンである。7日の大阪大会ではオカダ・カズチカに絞め…

後で読む
東京スポーツ

 12日に米ジョージア州オーガスタで開幕する男子ゴルフの祭典「マスターズ」の予選ラウンド組み合わせが10日発表され、初日に松山英樹(28=LEXUS)はウェブ・シンプソン(35=米国)、マーク・リーシ…

後で読む
東京スポーツ

【ジョージア州オーガスタ10日(日本時間11日)発】男子ゴルフのメジャー大会「マスターズ」(12日開幕、オーガスタナショナルGC)を前に、昨年劇的な優勝を飾ったタイガー・ウッズ(44=米国)が会見を行…

後で読む
東京スポーツ

【ジョージア州オーガスタ10日(日本時間11日)発】男子ゴルフのメジャー大会「マスターズ」(12日開幕、オーガスタナショナルGC)を前に、前週の米ツアーで2位に入った松山英樹(28=LEXUS)がメジ…

後で読む
東京スポーツ

 米メジャーリーグ、レッドソックスは10日(日本時間11日)、監督として1年ぶりに復帰したアレックス・コーラ氏の就任オンライン記者会見を行った。  ケネディ社長兼CEO、ブルーム編成本部長に挟まれる形…

後で読む
東京スポーツ

【藤井康雄「勇者の魂」(17)】1995年の日本シリーズの相手は野村克也監督率いるヤクルト。僕は戦う前から野村“ID野球”のイメージが頭に膨らみ、めちゃめちゃプレッシャーになっていました。「俺の何を丸…

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、阪神0-4巨人、24回戦、巨人16勝8敗、10日、甲子園)今季限りでの引退する阪神・藤川球児投手(40)が試合後、引退会見を行った。1時間に渡った会見は家族への思いなどで締めくくった。

後で読む
サンケイスポーツ

 (セ・リーグ、阪神0-4巨人、24回戦、巨人16勝8敗、10日、甲子園)今季限りでの引退する阪神・藤川球児投手(40)が試合後、引退会見を行った。オール直球の12球を振り返った。

後で読む
サンケイスポーツ

ゴルフのツアー外競技「医療従事者応援・ISPS HANDA ゴールデン・ミックス・トーナメント!!」は10日、群馬・草津CC(パー72)で最終ラウンドを行い、男・女・シニア混合の個人戦で幡地隆寛(27)=ディライトワークス=が優勝した。

後で読む
サンケイスポーツ

 大相撲11月場所3日目(10日、両国国技館)貴景勝は何をしてくるかわからない霧馬山に、立ち合いで思い切り当たれていなかった。変わり気味に動かれて上手を取られる危ない体勢だったが、そこをよく残した。絶体絶命の状況から、最後の突き落としは執念だろう。

後で読む
日刊スポーツ

パイレーツのベン・チェリントンGMは10日、同球団がコーチングおよび選手育成部門の責任者に、ジョン・ベーカー氏(39)を招へいしたことを発表した。ベーカー氏は… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

MLB公式サイトが9日、今オフにメジャー移籍の可能性のある日本選手として巨人菅野らを特集した。菅野は移籍市場の最大の目玉になるとし「田中(ヤンキースFA)や前… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

<みやざきフェニックス・リーグ:ロッテ5-4阪神>◇10日◇アイビースタジアム日刊スポーツ評論家・田村藤夫氏(61)は10日、ロッテ-阪神戦をチェックした。阪… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

阪神藤川球児投手(40)の足跡を振り返る「球児伝」の最終回は、株式会社ザナックス・ベースボール事業部の丸井悠平氏(36)。入社3年目から用具担当として接するう… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

米プロバスケットボールNBAセルティックス一筋で1950~60年代に8度の制覇に貢献したトミー・ハインソン氏が死去したことが10日、分かった。86歳だった。

後で読む
サンケイスポーツ

イングランド・サッカー協会(FA)は10日、差別的発言をしたクラーク会長の辞任を発表した。英議会の委員会で、非白人を差別的な意味のある「カラード(有色)」と表現した。

後で読む
サンケイスポーツ

国際サーフィン協会は10日、東京五輪の予選を兼ねたワールドゲームズ(WG)を来年5月29日~6月6日にエルサルバドルで行うと発表した。7月末の発表から、3週間実施がずれ込んだ。

後で読む
サンケイスポーツ

世界レスリング連合(UWW)は10日、12月12~20日にセルビアのベオグラードで予定していた世界選手権の開催を新型コロナウイルスの影響で断念すると発表した。参加国や選手の数が条件を満たさなかったため。個人戦のワールドカップ(W杯)として代替開催し、日程は数日中に決める。

後で読む
日刊スポーツ

ガンバ大阪史上初めてといっていい不祥事に、担当記者も考えさせられた。10月31日の試合前、ピッチに立った小野社長は「とんでもない行為だと自覚しております」と、…

後で読む
スポーツニッポン

12日に開幕する米男子ゴルフのメジャー大会「マスターズ」の組み合わせが10日(日本時間11日)に発表され、9度目の出場となる松山英樹(28=LEXUS)はウェブ・シンプソン(米国)、マーク・リーシュマン(オーストラリア)と同組に入った。コロナウイルス感染拡大の影響で史上初めて11月に開催。日照時間の減少を考慮し、予選ラウンドは、アウト、インのツーウェイからスタートする。松山組は第1ラウンドは1…

後で読む
デイリースポーツ

「競泳・国際リーグ」(10日、ブダペスト) 短水路(25メートルプール)で争う競泳の高額賞金大会、国際リーグ(ISL)は10日、ブダペストで1次リーグ第6戦最終日が行われ、北島康介GM率いる東京フロッグキングスは予選リーグ全試合を終え、上位8チームによる準決勝進出を決めた。男子400メートル個人メドレーは萩野公介(ブリヂストン)が4分1秒77で優勝。同種目女子は大橋悠依(イトマン東進)が4分25秒84で1位、清水咲子(ミキハウス)が4分27秒61で2位となった。

後で読む
デイリースポーツ

 【オーガスタ(米ジョージア州)共同】男子ゴルフのメジャー、マスターズ・トーナメントの予選ラウンド組み合わせが10日発表され、12日の第1日に松山英樹はウェブ・シンプソン(米国)、マーク・リーシュマン(オーストラリア)と同組で午前7時11分(日本時間午後9時11分)、今平周吾は午前11時5分(同13日午前1時5分)にともに10番から開始する。 松山は10日、ジョージア州のオーガスタ・ナショナルGCで練習ラウンド。9度目の舞台を前に「しっかりと、本当にいいプレーをして、優勝できるようにしたいなと思っている」と静かに意気込んだ。

後で読む
日刊スポーツ

世界レスリング連合(UWW)は10日、12月12~20日にセルビアのベオグラードで予定していた世界選手権の開催を新型コロナウイルスの影響で断念すると発表した。…

後で読む
日刊スポーツ

国際サーフィン協会は10日、東京オリンピック(五輪)の予選を兼ねたワールドゲームズ(WG)を来年5月29日~6月6日にエルサルバドルで行うと発表した。7月末の…

後で読む
日刊スポーツ

短水路(25メートルプール)で競う競泳国際リーグ(ブダペスト)で「東京フロッグキングス」(北島康介GM)が10日、予選リーグ第9戦で4チーム中2位に入った。女…

後で読む
日刊スポーツ

新型コロナウイルス感染拡大の影響で来夏に延期された東京オリンピック(五輪)の販売済みチケットについて、大会組織委員会は10日、希望者への払い戻しの受け付けを開…

後で読む
日刊スポーツ

短水路(25メートルプール)で競う競泳国際リーグ(ブダペスト)で「東京フロッグキングス」(北島康介GM)は、準決勝第1組(14、15日)に入った。10日までに…

後で読む
東京スポーツ

全米野球記者協会(BBWAA)の記者投票による大リーグ20年シーズンの最優秀監督賞が10日(日本時間11日)、MLBネットワーク内で発表になった。  ナショナルリーグはスター選手不在のマーリンズをプ…

後で読む
並び替え可能( Cookieで保存)。
よく使用する競技を下に(片手で届く場所に)並び替えて使用してください。
追加したい競技があればコメントください。