「2020年11月13日」の記事一覧

日刊スポーツ

阪神OBの大津淳氏が13日午後1時50分、肺炎のため明石市内の病院で死去した。88歳。明石高から関大に進み、日本生命を経て1955年(昭30)阪神電鉄に入社。… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

サッカー日本代表国際親善試合(13日、オーストリア・グラーツ)国際連盟(FIFA)ランキング27位の日本は、同77位のパナマと対戦。過去の対戦成績は日本の1勝。

後で読む
東京スポーツ

 国内女子ゴルフの「伊藤園レディス」初日(13日、千葉・グレートアイランドC=パー72)、アマチュアの政田夢乃(20)が69をマーク、3アンダーの12位と好スタートを切った。首位はキム・ハヌル(31=…

後で読む
東京スポーツ

 ラグビーのフランス1部リーグは13日、15日に予定されていた日本代表FB松島幸太朗(27)が所属するクレルモンとリヨンのリーグ戦を延期すると発表した。  リヨンのチーム関係者に新型コロナウイルスの感…

後で読む
スポーツニッポン

日本サッカー協会(JFA)は13日、U―19日本代表候補合宿(今月15日から4日間、千葉・JFA夢フィールド)のメンバーを発表した。来季ベルギー2部のロンメルに完全移籍することが決まったFW斉藤光毅(横浜FC)ら25人が参加。U―20W杯の出場権を懸けた、来年3月に延期されたU―19アジア選手権(ウズベキスタン)が控える。

後で読む
スポーツニッポン

男子サッカー日本代表は13日、オーストリアのグラーツで行われる親善試合パナマ戦に向けた先発メンバーを発表。期待の19歳MF久保建英(ビリャレアル)は10月13日のコートジボワール戦に続き2試合連続でスタメンに名を連ねた。このままピッチに立てば日本代表史上最年少(19歳162日)での国際Aマッチ出場10試合到達となる。

後で読む
スポーツニッポン

男子サッカー日本代表は13日、オーストリアのグラーツで行われる親善試合パナマ戦に向けた先発メンバーを発表。FW大迫勇也(ブレーメン)が不在の1トップには南野拓実(リバプール)、期待の19歳MF久保建英(ビリャレアル)は三好康児(アントワープ)と2列目に入るとみられる。

後で読む
東京スポーツ

サッカー日本代表は13日、国際親善試合パナマ戦(オーストリア・グラーツ)のスタメンを発表した。注目のMF久保建英(19=ビリャレアル)は、節目となる国際Aマッチ通算10試合目の出場。また、A代表史上…

後で読む
サンケイスポーツ

F1シリーズ第14戦トルコGPフリー走行2回目(13日、イスタンブール・パーク・サーキット=1周5・338キロ)レッドブル・ホンダはマックス・フェルスタッペン(23)=オランダ=がトップタイムをマークした。アレクサンダー・アルボン(24)=タイ=は5番手につけた。

後で読む
サンケイスポーツ

卓球の男子ワールドカップ(W杯)は13日、中国の威海で開幕して1次リーグが行われた。14日から行われる決勝トーナメントの組み合わせも決まり、1回戦で日本勢は東京五輪代表で世界ランキング4位のエース張本智和(木下グループ)が同28位のロベルト・ガルドス(オーストリア)、同13位の丹羽孝希(スヴェンソン)は同18位の張禹珍(韓国)と対戦する。

後で読む
サンケイスポーツ

短水路(25メートルプール)で争う競泳のチーム対抗戦、国際リーグ(ISL)に参戦している東京フロッグキングスの大橋悠依(25)=イトマン東進=らが13日、14日の準決勝に向けてオンラインで会見した。

後で読む
サンケイスポーツ

ラグビーのフランス1部リーグは13日、15日に予定されていた松島幸太朗が所属するクレルモンとリヨンのリーグ戦を延期すると発表した。リヨンに新型コロナウイルス感染者が複数出たため。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカー日本代表国際親善試合(13日、オーストリア・グラーツ)国際連盟(FIFA)ランキング27位の日本は、同77位のパナマと対戦する。過去の対戦成績は日本の1勝。

後で読む
デイリースポーツ

全日本プロレスは13日、都内で世界最強タッグ決定リーグ戦へ向けた会見を開き、出場8組の選手が意気込みを示した。 大日本プロレスから元BJW認定タッグ王者の関本大介とアブドーラ・小林組が参戦。4度目の出場の関本は「われわれは以前、大日本プロレスでタッグチャンピオンでした。その時を思い出し、最強タッグの冠を奪い取り、大日本プロレスに凱旋したいと思います」と優勝を宣言した。

後で読む
デイリースポーツ

全日本プロレスは13日、都内で世界最強タッグ決定リーグ戦(18日開幕)へ向けた会見を開き、出場8組の選手が意気込みを示した。 前年優勝者で世界タッグ王座(PWF世界とインターナショナルの統一王座)を保持する“暴走大巨人”諏訪魔、石川修司組は、初戦の相手であるアンファンテリブルの芦野祥太郎、羆嵐組とともに登場。石川は「ボクらは競馬で言えば二重丸がついている本命。結果もそうですけど、内容も圧倒して、やっぱり暴走大巨人しかいないというのを証明できるリーグ戦になる」と、同一タッグでは史上5組目となる連覇に自信を示した。

後で読む
デイリースポーツ

全日本プロレスは13日、都内で会見を開き、「全日本プロレスTV認定6人タッグ王座」を新設し、12月13日の後楽園ホール大会で、カーベル伊藤、ブラックめんそーれ、大森隆男組と崔領二、レブロン、大門寺崇組が初代王座決定戦を行うと発表した。 全日本では12年のGAORA TVチャンピオンシップ以来の王座新設で、全日本プロレスのスポンサーであるカーベルの伊藤一正社長が、2年前に諏訪魔に6人タッグ王座新設を求められたことに応えてチャンピオンベルトを寄贈したことで誕生。伊藤社長は「一番輝いているユニット、一番強いユニットを決めるベルト」と説明した。

後で読む
日刊スポーツ

全国高校サッカー選手権の大阪大会決勝が、14日に大阪・ヤンマースタジアム長居で予定され、履正社は、6大会ぶり3度目の全国出場を目指し、金光大阪と対戦する。13…

後で読む
日刊スポーツ

日本サッカー協会(JFA)は13日、パナマ代表(FIFランク77位)との国際親善試合に臨む日本代表のスタメンを発表した。19歳MF久保建英(19)が先発入りし…

後で読む
スポーツニッポン

千代の国は右肩のテーピングが目立つが、元気な相撲を取っている。炎鵬戦はもろ手突きで相手の体を一度起こしてから、前に出てくるところを左に回り込んではたき込んだ。

後で読む
スポーツニッポン

ラグビーのフランス1部リーグ主催者は13日、15日(日本時間16日)に開催予定だった第8節クレルモン―リヨン戦(クレルモン)の延期を発表した。リヨンによれば、チーム関係者2人以上が新型コロナウイルスの陽性反応が出たため、リーグが定めた規約に従い延期が決まった。

後で読む
東京スポーツ

 10日まで行われた卓球の女子W杯(中国・威海)で銅メダルを獲得した東京五輪代表で世界ランク2位の伊藤美誠(20=スターツ)が13日、世界ランク1位の難敵と合同練習をする様子が現地で報じられた。  大…

後で読む
デイリースポーツ

日本体操協会は13日、オンラインで常務理事会を開き、新型コロナウイルスの影響による東京五輪延期を受け、新体操個人の五輪代表選考基準を変更することを決めた。昨年の世界選手権で獲得した一つ目の五輪出場枠については皆川夏穂、大岩千未来(ともにイオン)、喜田純鈴(エンジェルRG・カガワ日中)の3人の選考会で最上位を代表に決める。 二つ目の出場枠が懸かるワールドカップ(W杯)シリーズへの派遣がコロナ禍で不透明になっていることなどが変更理由。選考会の開催時期は未定という。

後で読む
デイリースポーツ

「国際親善試合、日本-パナマ」(13日、グラーツ) 日本代表の欧州遠征・パナマ戦がオーストリア・グラーツのグラーツ・リーベナウ・スタジアムで行われる。試合に先立ち両チームのスタメンが発表された。日本はFW登録選手はスタメンに名前を連ねていない。

後で読む
デイリースポーツ

プロ野球の阪神、日本ハム、米大リーグでも活躍した新庄剛志氏(48)が13日、自身のインスタグラムで同日一部報道のあった総合格闘技のRIZINについて言及した。 新庄氏は24時間で投稿が消滅するインスタグラムのストーリーズ機能でこの件に触れた。自身の顔写真とともに「RIZIN参戦について!!今 トライアウトプロ野球復帰に向けて、自分と戦ってる!!

後で読む
日刊スポーツ

国際スキー連盟(FIS)は12日、12月4~6日にノルウェー・リレハンメルで予定されていたノルディックスキーのW杯の延期を発表した。ジャンプ女子の開幕戦ほか、…

後で読む
日刊スポーツ

カムバックしたベテランが女王を撃破した。女子500メートルで郷亜里砂(32=イヨテツク、別海町出身)が38秒28で優勝。国内大会の同種目では4季無敗の平昌五輪…

後で読む
サンケイスポーツ

阪神は13日、呂彦青が出身の台湾に帰るため、日本を離れたと発表した。3年間で1軍での登板はなく、このまま退団する見込み。

後で読む
サンケイスポーツ

バスケットボール男子のBリーグ2部(B2)は13日、東京・大田区大森スポーツセンターなどで2試合が行われ、茨城は東京Zに85-61で快勝して10勝3敗とした。福島は越谷に91-90で競り勝ち、ともに8勝4敗となった。

後で読む
日刊スポーツ

阪神の2軍内野守備走塁コーチに就任する田中秀太アマスカウト(43)と、同投手コーチに就任する久保田智之プロスカウト(39)が13日、兵庫・西宮市内の球団事務所… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

阪神呂彦青投手(23)が13日、台湾へ帰った。「この3年間タイガースにお世話になり、とても感謝しています。来年どこでプレーをするかはまだ分かりませんが、タイガ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

阪神小幡竜平内野手が宮崎の地で3拍子のレベルアップを目指す。この日からチームに合流。巨人戦に2番遊撃でフル出場した。2年目の今季はプロ初昇格から1軍で54試合… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

今季限りで現役を引退した阪神・藤川球児投手(40)を特集したNHK「かんさい熱視線」(関西・高知県ローカル)の「不惑の直球 藤川球児」が13日、放送された。2月の沖縄キャンプから引退試合となった10日の巨人戦(甲子園)まで300日に渡って藤川を追った番組にはゲストで元巨人の上原浩治(45)が出演。「あれは球児以外投げられない」と“火の玉”と称されたストレートのすごみを語った。 同じ98年のドラフト入団で、06年WBCや08年北京五輪では日本代表として日の丸を背負った。藤川の印象を問われた上原氏は「正直、最初の年は存在が分かっていなかった。やっぱり(松坂)大輔がいましたから」と同期で意識する相手は当初は松坂だったと正直に話した。それが「途中から球児が出てきて。『なんだあの真っすぐは!』みたいな感じでしたね」とその直球に驚きを覚えた様子を語った。

後で読む
サンケイスポーツ

イングランド代表を率いるガレス・サウスゲート監督は、DFジョー・ゴメスの負傷についてリバプール指揮官ユルゲン・クロップと話したことを明らかにしている。

後で読む
サンケイスポーツ

リバプールは、ジョー・ゴメスが長期的な離脱を余儀なくされたことを発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

日本体操協会は13日、オンラインで常務理事会を開き、新型コロナウイルスの影響による東京五輪延期を受け、新体操個人の五輪代表選考基準を変更することを決めた。昨年の世界選手権で獲得した一つ目の五輪出場枠については皆川夏穂、大岩千未来(ともにイオン)、喜田純鈴(エンジェルRG・カガワ日中)の3人の選考会で最上位を代表に決める。

後で読む
サンケイスポーツ

明治安田J3第27節第1日(13日、相模原ギオンスタジアム=1試合)4位の相模原はG大阪U-23(23歳以下)と0-0で引き分けた。勝ち点は46。

後で読む
東京スポーツ

 15日の女子プロレス「スターダム」宮城・仙台サンプラザホール大会で、岩谷麻優(27)のワールド王座に挑戦する〝ビッグダディの三女〟こと林下詩美(22)が父直伝「岩谷殺し」をマスターした。  決戦を2…

後で読む
スポーツニッポン

東京五輪・パラリンピック組織委員会は13日、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長の来日スケジュールを発表した。16日午後に大会選手村(東京都中央区)を視察するが、フェンシングの元五輪代表で日本オリンピック委員会(JOC)アスリート委員の千田健太氏、五輪3大会連続出場中のトライアスロンの上田藍、パラバドミントンの里見紗李奈と面会することが決まった。

後で読む
東京スポーツ

 国内女子ゴルフの「伊藤園レディス」初日(13日~、千葉・グレートアイランドC=パー72)、渋野日向子(21=サントリー)は70のラウンドで2アンダーの20位発進となった。  この日のスコア「70」も…

後で読む
東京スポーツ

 国内女子ゴルフの「伊藤園レディス」初日(13日、千葉・グレートアイランドC=パー72)、ミレニアム世代の古江彩佳(20)が3バーディー、ノーボギーの69で回り、3アンダーの12位と順調なスタートを切…

後で読む
東京スポーツ

   国内女子ゴルフの「伊藤園レディス」初日(13日、千葉・グレートアイランドC=パー72)、今季日本ツアー出場4試合目のキム・ハヌル(31=韓国)がノーボギーの65をマークし、7アンダーで…

後で読む
スポーツニッポン

J1鹿島のザーゴ監督(51)が、1万人の声援を力に難敵討ちを誓った。チームは14日にホームで首位・川崎Fと対戦する。13日時点で同カードのチケットは約1万4000枚を発券。10月31日の名古屋戦で記録した8912人を上回る、今季初の1万人超の観客動員が見込まれるだけに、指揮官は「制限がある中で我々を後押ししてくれる。力と自信にして、いい結果をみんなで手に入れたい」と力を込めた。

後で読む
東京スポーツ

J1名古屋は13日、11日の広島戦で負傷した元日本代表FW金崎夢生(31)が、右膝前十字靱帯損傷および外側半月板損傷で治療期間6~8か月と発表した。  ここまで25試合6得点を挙げ、チームの攻撃をけ…

後で読む
日刊スポーツ

広島2年目の大盛穂外野手(24)が4安打4打点と暴れた。「6番右翼」でスタメン出場。初回2死満塁、カウント2-2からの5球目、河野の変化球を逆方向にはじき返し… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

阪神先発浜地は2回に7番増田陸に2点適時三塁打を浴びて先制を許した。4回には自身の一塁悪送球や右翼井上の失策、遊撃小幡や中堅島田の拙守も絡んで3失点。5回6安… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

DeNAは、12月6日に横浜スタジアムで開催する「横浜DeNAベイスターズ ファンフェスティバル 2020」にあわせ、球団公式YouTubeチャンネルで「Yo… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

今季限りで現役を引退した阪神・藤川球児投手(40)を特集したNHK「かんさい熱視線」(関西・高知県ローカル)の「不惑の直球 藤川球児」が13日、放送された。2月の沖縄キャンプから引退試合となった10日の巨人戦(甲子園)まで300日に渡って藤川を追った番組の中で、引退決断の理由として、右肘など5カ所以上の手術が必要など宣告されていたことを明かした。 番組は開幕前の腰の違和感に始まり、守護神を任されながら期待に答えられず苦しんだシーズン序盤。2軍調整を経て、8月31日に今季限りでの引退を表明し、翌9月1日に引退会見を行った。

後で読む
東京スポーツ

ゴルフの国内男子ツアー「三井住友VISA太平洋マスターズ」2日目(13日、静岡・太平洋C御殿場C=7262ヤード、パー70)、36位から出た木下稜介(29=ハートランド)が1イーグル、5バーディーの…

後で読む
東京スポーツ

大相撲11月場所で大関貴景勝(24=千賀ノ浦)が存在感を高めている。6日目(13日、東京・両国国技館)は幕内輝(26=高田川)を下し、6連勝を飾った。  立ち合いで真正面から当たると、冷静に相手の動…

後で読む
サンケイスポーツ

大相撲11月場所6日目(13日、両国国技館)上位陣でただ一人出場の大関貴景勝は平幕の輝を冷静にはたき込み、6戦全勝とした。元大関の小結照ノ富士は霧馬山を力強く寄り切り、同じく勝ちっ放し。

後で読む
サンケイスポーツ

大相撲11月場所6日目(13日、両国国技館)元大関の照ノ富士が連日の豪快な取り口で6連勝とした。「一日一日の積み重ね。毎日できることをやっているだけ」と好成績に興味は示さないが、口調からは自信がうかがえる。

後で読む
サンケイスポーツ

大相撲11月場所6日目(13日、両国国技館)馬力自慢同士の一番は、躍進中の隆の勝に軍配が上がった。北勝富士を約50秒の熱戦の末に退け「いっときも気が抜けなかったが、落ち着いて圧力をかけられた。この1勝はかなりでかい」と納得の口ぶりだった。

後で読む
サンケイスポーツ

Jリーグは13日、全チームの選手、スタッフ、審判員を対象とした新型コロナウイルスのPCR検査で、5~8日に検体採取した3264件のうち、3件で陽性反応を示したと発表した。3件は所属先が既に発表していて、J2京都の加藤順大、J1柏とJ1C大阪のスタッフ。

後で読む
日刊スポーツ

日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長(62)が13日、スポーツ庁を訪れ、新型コロナウイルス対策で政府が入国者全員に義務づけている2週間の自主待機について、…

後で読む
日刊スポーツ

浦和レッズ大槻毅監督が、FW興梠の偉業に期待した。14日の横浜戦に向け、オンラインで取材対応。興梠は12年の鹿島時代からの9年連続2桁得点にあと1点。J1通算…

後で読む
日刊スポーツ

北海道コンサドーレ札幌MF駒井善成(28)がホーム4連勝へゴールを誓った。13日、札幌・宮の沢で14日鳥栖戦に向け調整を行った。前回対戦(2○0)では決勝ゴー…

後で読む
日刊スポーツ

FC東京の大金直樹社長(53)が13日にオンラインで取材対応し、短期間で複数の大会をこなすことについて「その時点でのベストメンバーで戦う」と話すにとどめた。A…

後で読む
日刊スポーツ

鹿島アントラーズのザーゴ監督(51)が13日、オンライン取材に応じ、柏レイソルのネルシーニョ監督(70)を気遣った。柏はネルシーニョ監督を含め16人が新型コロ…

後で読む
東京スポーツ

 国内女子ゴルフの「伊藤園レディス」初日(13日、千葉・グレートアイランドC=パー72)、ミレニアム世代の古江彩佳(20)が3バーディー、ノーボギーの69で回り、3アンダーの12位と順調なスタートを切…

後で読む
デイリースポーツ

大相撲11月場所6日目(13日・両国国技館)上位陣でただ一人出場の大関貴景勝は平幕の輝を冷静にはたき込み、6戦全勝とした。元大関の小結照ノ富士は霧馬山を力強く寄り切り、同じく勝ちっ放し。 両関脇はともに4勝目を挙げた。御嶽海は隠岐の海を寄り切り、隆の勝は北勝富士をはたき込んだ。小結高安は2勝目。6連勝は貴景勝と照ノ富士に、再入幕の千代の国を加えた3人となった。

後で読む
デイリースポーツ

アーティスティックスイミング(AS)の日本選手権第2日は13日、山口市の山口きらら博記念公園水泳プールで行われ、デュエット・テクニカルルーティン(TR)で、東京五輪に出場する乾友紀子(井村ク)吉田萌(ザ・クラブピア88)組がオープン参加で92・9153点と上々の評価を得た。和田彩未、小林唄組(長野ク)が82・7170点で1位となった。 チーム・フリールーティン(FR)では、オープン参加した東京五輪代表の日本(乾、吉田、福村、安永、塚本、京極、木島、柳沢)が93・4333点を出した。井村クAが85・7000点で優勝した。

後で読む
スポーツニッポン

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ・NHK杯(27~29日、大阪)まで2週間となった13日、女子の横井ゆは菜(中京大)がツイッターの大会公式アカウントに登場した。

後で読む
デイリースポーツ

「アーティスティックスイミング・日本選手権」(13日、山口きらら博記念公園水泳プール) デュエット・テクニカルルーティーン(TR)に日本代表の乾友紀子(29)=井村ク、吉田萌(25)=ザ・クラブピア88=組がオープン参加した。92・9153点だった。

後で読む
デイリースポーツ

15日に来日する国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長(66)の滞在中における主なスケジュールが13日、明らかになった。 16日は午後から小池百合子都知事との面会が予定されている。その後、新型コロナウイルスの影響で来夏に延期された東京大会の準備状況を確認するIOCと国際パラリンピック委員会(IPC)、大会組織委による合同事務折衝の冒頭あいさつに参加。夕方からは、組織委の森喜朗会長とともに合同記者会見に臨む。

後で読む
デイリースポーツ

首相官邸は13日、菅義偉首相と国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が16日午前に会談すると発表した。新型コロナウイルスの影響で来夏に延期された東京五輪・パラリンピックの開催に向けて、緊密に協力していくことを確認する見通しだ。 バッハ氏は15日に来日し、18日まで日本に滞在する。中止を議論することはないと断言しており、会談では各国・地域へのワクチン供給など、大会を安全に開催するための方策が議題になるとみられる。五輪を狙ったサイバー攻撃への対処、大会を通じ政治的中立性を確保することの重要性を巡っても意見を交わす見通しだ。

後で読む
デイリースポーツ

J1名古屋は13日、元日本代表のFW金崎夢生(31)が右膝前十字靱帯と外側半月板の損傷で全治約6~8カ月と診断されたと発表した。11日の広島戦で負傷交代した。今季残り試合への出場は絶望的で、来季の序盤戦の出場も難しくなった。金崎は今シーズン、J1鳥栖から期限付き移籍で名古屋に復帰。攻撃陣の柱として25試合の出場で6点を挙げていた。 13日にオンラインで記者会見に応じた名古屋のフィッカデンティ監督は「今季は絶対無理なので慎重にどういった状況かを正確に把握した上で、治療の方向性を探っていく。多くの方に聞きながらベストな方向を探していく」と話した。

後で読む
日刊スポーツ

晴れ女ぶりを発揮!? フィギュアスケートと女優を両立する本田望結(16=プリンスホテル)が13日、グランフロント大阪うめきた広場(大阪市北区)の都市型仮設リン…

後で読む
日刊スポーツ

華麗な演技で観客を魅了する。昨年11月の全日本ジュニア新体操選手権で男子個人総合5位入賞を収めた谷津敬直(たかなお、白石中3年=ホワイトキューブ新体操教室)が…

後で読む
日刊スポーツ

オープン参加の日本代表乾友紀子(29=井村ASク)吉田萌組(25=ザ・クラブピア88)組が、ボーカロイド初音ミクとのコラボ演技を初披露した。昨季と同じくノ一が…

後で読む
日刊スポーツ

全日本柔道連盟(全柔連)は13日、今年3月に肺炎のため87歳で死去した講道館、全柔連名誉館長の嘉納行光さん「お別れの会」を28日に東京・講道館で開催すると発表…

後で読む
日刊スポーツ

B1新潟は14、15日、北海道とホームのリージョンプラザ上越で対戦する。前節(11日)は、A東京に勝って連敗を3で止めた。勢いに乗りたい今節、上越市出身のPG…

後で読む
サンケイスポーツ

J1名古屋は13日、元日本代表のFW金崎夢生(31)が右膝前十字靱帯と外側半月板の損傷で全治約6~8カ月と診断されたと発表した。11日の広島戦で負傷交代した。今季残り試合への出場は絶望的で、来季の序盤戦の出場も難しくなった。金崎は今シーズン、J1鳥栖から期限付き移籍で名古屋に復帰。攻撃陣の柱として25試合の出場で6点を挙げていた。

後で読む
東京スポーツ

J1FC東京の大金直樹社長(53)が13日にオンラインで取材に応じ、1月4日に延期されたルヴァンカップ決勝(国立)と今月下旬からカタールでの集中開催で再開されるアジアチャンピオンズリーグ(ACL)に…

後で読む
東京スポーツ

〝全集中〟でいくぞ――。  4年連続日本一を狙うソフトバンクは13日、本拠地ペイペイドームでクライマックスシリーズ(CS=14日開幕)ロッテ戦に向けて最終調整。練習前の訓示では、工藤公康監督(57)…

後で読む
東京スポーツ

4年ぶりの古巣復帰の見通しだ。ヤクルトの小川淳司GM(63)は13日、都内の球団事務所で取材に応じ、今季限りでの楽天を退団する伊藤智仁一軍投手チーフコーチ(50)の招へいに動くと認めた。  小川GM…

後で読む
東京スポーツ

中日の与田剛監督(54)が13日、名古屋市内の中日新聞社を訪れ、大島宇一郎オーナー(56)にシーズン終了の報告を行った。  監督就任2年目の今季は目標のリーグ優勝は逃したが、60勝55敗5分けで3位…

後で読む
サンケイスポーツ

大相撲11月場所6日目(13日、両国国技館) ●…志摩ノ海(初黒星)「特にない。一日一日、しっかりとやるだけ」 ●…豊昇龍(3連勝から3連敗)「先に手をついて踏み込んだが、当たりが甘かった。また気持ちを入れ替えてやっていく」 ○…栃ノ心(怪力を生かした上手投げ)「左上手は絶対に放さないようにと必死だった。上手を取れれば相撲を取れる」 ○…宝富士(翔猿の蹴返しにも慌てず5勝目)「足を飛ばしてくれたことで相手がバランスを崩し、勝手にこけた感じ」 ●…翔猿(蹴返しが不発で自滅)「足はたまたま出てしまった感じ。体は少しずつ動くようになってきたので、ここからどんどん攻めていきたい」 ○…阿武咲(5日目の不戦勝に続く2勝目)「内容が良かったので、明日につながる」 ○…高安(連敗を3で止めて2勝目)「引き締めて集中力を切らさず、自分の相撲を取り切っていきたい。7日目もいい内容で勝てるように頑張る」 ●…若隆景(白星は不戦勝のみで苦しい土俵)「そういうのは考えず、一日一番集中して、終わってから考える」6日目結果へ7日目取組へ

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンク千賀滉大投手(27)がCS第1戦に先発し一気に王手をかける。キャッチボールなどで最終調整を終えたエースは「チームが勝つことがメインになる。ポカしな… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

西武が「ノー・モア・三振」に動きだした。13日、埼玉・所沢のCAR3219フィールドで秋季練習を開始。3位で終えたシーズンを振り返った辻監督は「少ないチャンス… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

中日の与田剛監督(54)は13日、名古屋市内の中日新聞本社で大島宇一郎オーナー(56)にシーズン終了を報告し、3年契約最終年となる来季続投が正式決定した。8年… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

伊藤園レディース第1日(13日、千葉県グレートアイランドC=6741ヤード、パー72)通算6勝のキム・ハヌル(韓国)が7バーディー、ボギーなしの65で首位に立った。2打差の2位に大出瑞月らがつけた。

後で読む
サンケイスポーツ

中日・与田剛監督(54)が13日、愛知・名古屋市内の中日新聞社を訪れ、大島宇一郎オーナー(56)に2020年のシーズン終了を報告した。報告を受けた大島オーナーは午後に談話は発表した。内容は以下の通り。

後で読む
サンケイスポーツ

今季限りで退任するDeNAのアレックス・ラミレス監督が13日、今季最終戦となる14日の巨人戦(横浜)に向けて「ホームのファンにビクトリーを届けることが一番重要になる」と意気込んだ。

後で読む
サンケイスポーツ

広島のベネズエラ出身のホセ・ピレラ外野手(31)とドミニカ共和国出身のヘロニモ・フランスア投手(27)が13日、JR広島駅から帰国の途に就いた。

後で読む
東京スポーツ

 DDTのシングルリーグ戦「D王GRAND PRIX」(22日、後楽園で開幕)の全体記者会見が行われ、初出場の秋山準(51)がDDT制圧を予告した。  全14選手が出場する同リーグ戦はA、B各ブロック…

後で読む
スポーツニッポン

日本女子プロゴルフツアーの今季第12戦「伊藤園レディース」は13日、千葉県のグレートアイランドC(6741ヤード、パー72)で開幕した。国内今季4戦目となる渋野日向子(21=サントリー)は4バーディー、2ボギーの2アンダー70で回り、首位と5打差の20位スタートとなった。

後で読む
東京スポーツ

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は13日、大会開催準備の一環で15日に来日する国際オリンピック委員会(IOC)トーマス・バッハ会長(66)の日本滞在中のスケジュールを公表した。  バッハ会長の来日…

後で読む
東京スポーツ

 日本オリンピック委員会(JOC)は13日、安倍晋三前首相(66)のオリンピック・オーダー受章を発表した。  国際オリンピック委員会(IOC)による同章は、1906年にクーベルタン男爵が五輪の普及・発…

後で読む
東京スポーツ

 国内女子ゴルフの「伊藤園レディス」初日(13日~、千葉・グレートアイランドC=パー72)、渋野日向子(21=サントリー)は70のラウンドで2アンダーの20位発進となった。  この日のスコア「70」も…

後で読む
デイリースポーツ

西武は13日、野田昇吾投手、国場翼投手、水口大地選手、永江恭平選手、森越祐人選手に、来季の契約を結ばないことを通告したと発表した。野田は球団を通じ「これからはトライアウトを受けるつもりです」と現役続行の意向を示した。 また自身のツイッターも更新。「本日、戦力外通告を受けました。正直、悔しくてたまりません。ずっと西武ライオンズで野球がしたいと思っていましたが、その夢は叶わず」と記した。

後で読む
サンケイスポーツ

三井住友VISA太平洋マスターズ第2日(13日、静岡・太平洋C御殿場C=7262ヤード、パー70)首位に6打差の36位から出た木下稜介(29)=ハートランド=が1イーグル、5バーディー、ボギーなしの63をマーク。通算5アンダーで小斉平優和(22)=太平洋クラブ、チャン・キム(30)=米国=と並び、首位に立った。石川遼(29)=CASIO=は67と伸ばし、通算4オーバーの39位で予選を通過した。

後で読む
サンケイスポーツ

大相撲11月場所6日目(13日、両国国技館)上位陣でただ一人出場の大関貴景勝は平幕の輝を冷静にはたき込み、6戦全勝とした。元大関の小結照ノ富士は霧馬山を力強く寄り切り、同じく勝ちっ放し。

後で読む
日刊スポーツ

ロッテは14日からソフトバンクとのCSを迎える。井口資仁監督(45)は、ソフトバンク優勝直後に「選手層は厚いですし、そういう中でも最後に連勝したりしているとこ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンク工藤公康監督(57)は打倒ロッテへ、ナインに「全集中」を求めた。クライマックスシリーズ(CS)開幕前日13日、ペイペイドームで行われた練習前に「我… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

楽天ジョンソンが11日に帰国した。今季途中に広島から移籍。獲得時には来季指揮を執る石井GM兼監督も「来年までメンバーとして名を連ねられるか見極めたい」と期待を… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

大相撲11月場所6日目(13日、東京・両国国技館)、小結照ノ富士(28=伊勢ヶ浜)が幕内霧馬山(24=陸奥)を破って6連勝とした。  立ち合いから勢いよく前に出て相手のまわしを取ると、動きが一瞬止ま…

後で読む
サンケイスポーツ

インテルミラノは12日、FWアレクシス・サンチェスのフィジカルトラブルを巡って公式サイトを通じてチリに対する抗議の声明文を発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

伊藤園レディース第1日(13日、千葉県グレートアイランドC=6741ヤード、パー72)通算6勝のキム・ハヌル(韓国)が7バーディー、ボギーなしの65で首位に立った。渋野日向子は、原英莉花らとともに70で20位となった。

後で読む
サンケイスポーツ

日本ハムは13日、ロドリゲスがドミニカ共和国に帰国したと発表した。来日3年目の今季は開幕前に左膝軟骨除去手術を受けた影響で7試合の登板にとどまった。

後で読む
サンケイスポーツ

プロボクシングWBO世界女子スーパーフライ級王者の吉田実代(32)=三迫=が12月13日、2度目の防衛戦として、エディオンアリーナ大阪第二競技場で東洋太平洋、日本女子バンタム級王者の奥田朋子(37)=ミツキ=と対戦する。13日、主催のミツキジムが発表した。

後で読む
デイリースポーツ

ボクシングのミツキジムは13日、東洋太平洋・日本女子バンタム級王者の奥田朋子(37)=ミツキ=が12月13日にエディオンアリーナ大阪第2競技場でWBO女子世界スーパーフライ級王者の吉田実代(32)=三迫=に挑戦することを発表した。上限480人を入れての有観客試合を予定している。 世界初挑戦の奥田は所属ジムを通じ、以下のようにコメントした。「今回の世界戦にあたって、開催のために尽力していただいた全ての方々に感謝しております。こうして吉田選手に挑戦させていただけること、自分の人生に挑戦出来ること、大変有り難く感じております。自分がどこまで行けるか楽しみでワクワクしていると同時に、限界を感じなければならないかもしれないという狭間にいます。ただ、自分の人生に期待をしており、見たことがないステージに自分が行けることをイメージしています」。戦績は10戦6勝(1KO)2敗2分け。

後で読む
デイリースポーツ

ボクシング元世界5階級世界王者のノニト・ドネア(37)=フィリピン=がWBC世界バンタム級王者のノルディーヌ・ウバーリ(34)=フランス=に挑む12月12日に予定されていた同級王座戦が、ウバーリに渡航ビザが下りず中止になったと12日(日本時間13日)、米サイト「ボクシングシーン」などが報じた。ドネアは12月19日に前IBF世界バンタム級王者のエマヌエル・ロドリゲス(28)=プエルトリコ=と対戦すると伝えられている。 ウバーリとドネアの試合は米国コネチカット州アンカスビルのモヒガン・サン・アリーナで予定されていた。ウバーリの母国・フランスでは現在、新型コロナウイルスが深刻な状況にあり、渡航が認められず、試合はキャンセルになったとしている。そのためドネアは1週間後にスライドして、同会場でロドリゲスとの試合が計画された。

後で読む
日刊スポーツ

日本サッカー協会(JFA)は13日、U-19日本代表候補合宿(15日~18日、JFA夢フィールド)の招集メンバーを発表した。日本代表MF久保建英(19)と同じ…

後で読む
日刊スポーツ

ガンバ大阪の宮本恒靖監督(43)とMF井手口陽介(24)が、10月のJ1月間優秀監督賞とMVPにそれぞれ選出され、チームはダブル受賞となった。G大阪は10月の…

後で読む
日刊スポーツ

オーストリア遠征中のサッカー日本代表(FIFAランク27位)はパナマ(同77位)と対戦する。日本時間午後11時15分キックオフの予定。ニッカンスポーツ・コムで…

後で読む
日刊スポーツ

清水エスパルスは今季初の連勝を目指す。13日は静岡市内で最終調整。14日のホームC大阪戦(アイスタ、午後2時)に備えた。3日の前節神戸戦(3○1)で、8試合ぶ…

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド12日(日本時間13日)発】配信されたWWE・NXT大会でNXT女子王者で〝暗黒の逸女〟こと紫雷イオ(30)が、来週配信大会で最大のライバルで元王者のリア・リプリー(24)の挑戦…

後で読む
東京スポーツ

全日本プロレスは13日、都内の事務所で会見を行い、暮れの祭典「2020世界最強タッグ決定リーグ戦」(18日、東京・新宿フェイスで開幕)に出場する8チームが意気込みを語った。  8チームが総当たりのリ…

後で読む
スポーツニッポン

靜甲(3部1位)が平林金属(2部8位)に連勝し、2年ぶり2部復帰を決めた。1―1で突入した延長9回表。1死三塁で代打・鳫平(がんぺい)綾香外野手(25)が中越えに二塁打を放ち勝ち越すと、桜井円香二塁手(同)の適時三塁打と暴投で追加点を挙げた。

後で読む
東京スポーツ

 日本女子プロレス史上初の〝還暦現役レスラー〟となった極悪女王・ダンプ松本(60)が生涯現役を誓った。  ダンプは11日に60歳の誕生日を迎えた。13日になっても日本全国のファン、知人から山のようなプ…

後で読む
スポーツニッポン

大相撲11月場所は13日、東京・両国国技館で6日目が行われ、大関・貴景勝が輝をはたき込みで下し、無傷の6連勝。2横綱2大関が不在のなか存在感を示した。

後で読む
東京スポーツ

 大相撲11月場所6日目(13日、東京・両国国技館)、日本相撲協会の芝田山広報部長(58=元横綱大乃国)が電話取材に応じ、新型コロナウイルスの感染者が増加していることを受けて「協会の対策は万全」との見…

後で読む
東京スポーツ

 大相撲11月場所6日目(13日、東京・両国国技館)、幕内千代の国(28=九重)が幕内炎鵬(26=宮城野)を叩き込みで破り、6連勝とした。取組後は「土俵際でも余裕があった? そうだと思います。焦らず(…

後で読む
東京スポーツ

 アジアサッカー連盟(AFC)は13日、ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)が、アジアチャンピオンズリーグ(ACL)から撤退したと発表した。  ジョホール・ダルル・タクジムは、18日からカタール…

後で読む
デイリースポーツ

全国を巡回中の2020年東京五輪の聖火が13日、三重県に到着し、桑名市の市民会館で一般展示が始まった。同県川越町出身で08年北京五輪バドミントン女子ダブルス5位の小椋久美子さん(37)が会場を訪れ「選手にとって希望の光となる聖火をぜひ見に来てほしい」とPRした。 小椋さんは聖火を前に「五輪開会式で聖火がともされた瞬間の『夢の舞台に立っている』という感情が湧き出てきた」と話した。来年4月に聖火ランナーとして県内を走ることについては「いつかここで走りたいと夢に描いていた。自分が生まれ育った土地をかみしめながら走りたい」と意気込んだ。

後で読む
デイリースポーツ

バスケットボール男子のBリーグ1部、名古屋Dは13日、アカデミーに所属する選手1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。10日にこの選手の保護者の感染が判明した。選手たちにもPCR検査をした結果、感染した保護者と同居している選手の陽性が分かった。 アカデミーはトップチームと同じ名古屋市内の練習場を使っていた。活動後は消毒作業が行われており名古屋Dの選手、スタッフとの接触はなかった。アカデミーは10日から活動を休止している。

後で読む
デイリースポーツ

アジア・サッカー連盟(AFC)は13日、ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)がアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)から撤退したと発表した。 ジョホール・ダルル・タクジムは18日からカタール・ドーハで再開されるACL東地区に出場予定だったが、11日にクラブ公式SNSなどで、新型コロナウイルス感染拡大の影響でマレーシアの国家安全保障会議(NSC)からカタールへの渡航許可が下りなかったため、ACLに出場できないと発表していた。

後で読む
デイリースポーツ

平昌五輪ノルディックスキー・ジャンプ女子の銅メダリスト高梨沙羅選手(24)が10月1日付で、青森県弘前市にある弘前大大学院医学研究科に入学していたことが分かった。大学が13日、明らかにした。 大学によると、高梨選手は社会医学講座に在籍。テレビ電話などを通じて受講する。スポーツ医学を学んで競技力向上を図り、将来的には医学博士号の取得も視野に入れているという。

後で読む
デイリースポーツ

アスリートの性的な撮影被害や画像拡散の問題で、日本オリンピック委員会(JOC)や日本スポーツ協会など7団体が13日、被害撲滅に取り組む共同声明を発表し、スポーツ庁の室伏広治長官に協力を要請した。情報提供窓口を設け、声明をデザイン化したポスターを作製してスポーツ界一丸で対策に乗り出す。 声明では、盗撮や写真・動画の悪用、悪質なSNS(会員制交流サイト)投稿を「卑劣な行為」と厳しく非難し、犯罪として処罰される可能性があると警告。誰もが安心してスポーツに取り組める環境を守るため、理解と協力を呼び掛けた。

後で読む
デイリースポーツ

サッカースペイン1部リーグ、ウエスカの元日本代表FW岡崎慎司が、故障で戦線離脱中の現状からいきなりリーグ次節・オサスナ戦(現地時間20日、日本時間21日未明)で先発出場するとの見方がある。スペインのアス紙が伝えている。  情報によると、左足大腿二頭筋の負傷からすでに40日以上が経過しており、当初の見通しより倍の時間が経過している状態。それでもミチェル監督は最下位に沈むチーム浮上の命運を握る存在として岡崎を見ており、今季初勝利のために日本人FWを先発出場させる目算を立てているという。 

後で読む
デイリースポーツ

「大相撲11月場所・6日目」(13日、両国国技館) 大関貴景勝(千賀ノ浦)が結びの一番で輝(高田川)をはたき込みで下し、初日から6連勝とした。

後で読む
デイリースポーツ

アジア・サッカー連盟(AFC)は13日、ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)が今月下旬から再開するアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)を棄権すると発表した。 1次リーグG組の同クラブは、新型コロナウイルスの影響で開催地のドーハへの渡航許可を政府から得られなかった。G組は神戸と広州恒大(中国)水原(韓国)の3チームで争われ、棄権したクラブが既に消化した試合の勝ち点や得失点なども算入しない。(共同)

後で読む
東京スポーツ

格闘技イベント「RIZIN」が13日に会見を行い、「RIZIN.26」(12月31日、さいたまスーパーアリーナ)で、バンタム級王者・朝倉海(27)と挑戦者・堀口恭司(30)のタイトルマッチを正式発表…

後で読む
東京スポーツ

格闘技イベント「RIZIN」の榊原信行CEO(56)が13日、プロ野球・阪神、日本ハム、米大リーグなどで活躍した新庄剛志氏(48)の大みそかマット参戦の進捗を明かした。  榊原CEOはこの日、「RI…

後で読む
デイリースポーツ

中日の与田剛監督が13日、名古屋市内の中日新聞社を訪れ、大島宇一郎オーナーに8年ぶりのAクラスとなる3位に入ったシーズンの報告を行った。会談後は「優勝を逃してしまったので、来年はしっかり頑張りますと報告した。Aクラスに入ったことは評価してもらった」と好感触を口にした。来季は3年契約の3年目を迎える。 今季は先発の大野雄や救援の祖父江、福ら投手陣が奮起した一方、得点と本塁打がリーグ最少で打撃陣の課題は解消されなかった。監督は今後の補強について「できる限りで、投手も野手もいい選手が取れれば」とオーナーにお願いしたという。

後で読む
デイリースポーツ

 三井住友VISA太平洋マスターズ第2日(13日・静岡県太平洋クラブ御殿場=7262ヤード、パー70)63と伸ばした29歳の木下稜介、65で回ったチャン・キム(米国)、66だった22歳の小斉平優和が通算5アンダーの135で首位に並んだ。1打差で大槻智春と香妻陣一朗が4位。 前年覇者の金谷拓実は70で回り宮本勝昌、片山晋呉とともに通算1アンダーで10位につけた。日本オープン選手権優勝の稲森佑貴は4オーバーで石川遼らとともに39位。通算6オーバーまでの63人が決勝に進んだ。(出場84選手=アマ5、晴れ、気温17・6度、南南西の風2・8メートル、無観客)

後で読む
スポーツニッポン

FC東京の大金直樹社長(53)が13日、延期されていたルヴァン杯決勝の日程が来年1月4日に決定したことを受け、オンラインで取材に応じた。選手のモチベーションやコンディション、契約問題、来季のチーム作りなどの観点からクラブは年内開催を要望。しかし、リーグ2位以内に入った際には天皇杯の準決勝から参加する点などもあり、開催は年明けとなった。

後で読む
デイリースポーツ

 伊藤園レディース第1日(13日・千葉県グレートアイランドC=6741ヤード、パー72)通算6勝のキム・ハヌル(韓国)が7バーディー、ボギーなしの65で首位に立った。2打差の2位にベテランの宮里美香、未勝利の大西葵と大出瑞月がつけた。 2014年大会優勝の前田陽子が68で、吉本ひかる、菅沼菜々、木村彩子らと5位に並んだ。大会2連覇が懸かる鈴木愛は渋野日向子、原英莉花らとともに70で20位となった。(賞金総額1億円、優勝1800万円、出場96選手=アマ6、晴れ、気温17・6度、北西の風1・4メートル、無観客)

後で読む
日刊スポーツ

18年平昌五輪(ピョンチャンオリンピック)8位の郷亜里砂(32=イヨテツク)が38秒28で、同五輪金メダルの小平奈緒(34=相沢病院)を破り優勝した。国内で約…

後で読む
日刊スポーツ

国士舘大は13日、空手部で9人の新型コロナウイルス陽性が確認されたと発表した。9日に部員の学生1人の感染が判明し、部員、指導者全員にPCR検査を実施した。同大…

後で読む
サンケイスポーツ

Jリーグは13日、10月の月間表彰でJ1のMVPにG大阪のMF井手口を選出した。フル出場した7試合は6勝1分けで、効果的なボール奪取や攻め上がりでクラブの好調を支えた。ベストゴールはC大阪のFW豊川が横浜M戦の後半に決めた約20メートルのループシュート、最優秀監督はG大阪の宮本監督となった。

後で読む
東京スポーツ

西武は13日、野田昇吾投手(27)、國場翼投手(26)、水口大地内野手(31)、永江恭平内野手(27)、森越祐人内野手(32)に戦力外通告したことを発表した。  2015年のドラフト3位で西濃運輸か…

後で読む
東京スポーツ

西武から戦力外通告を受けた5選手が13日、それぞれコメントを発表した。  野田昇吾投手=「一番印象に残っているのは(自身)3年目のシーズンの交流戦の阪神戦で糸井さんに満塁ホームランを打たれ、多和田の…

後で読む
東京スポーツ

日本シリーズへの〝総仕上げ〟のマウンドとなる。  巨人・菅野智之投手(31)が、レギュラーシーズン最終戦となる14日のDeNA戦(横浜)に先発する。  10月31日のヤクルト戦登板後、出場選手登録を…

後で読む
東京スポーツ

サッカーの欧州選手権出場をかけ、12日(日本時間13日)に行われたプレーオフ決勝で、北マケドニアがジョージアに1―0で勝ち、同国史上初めて主要国際トーナメントへの出場を決めた。  試合は前半こそスコ…

後で読む
東京スポーツ

今オフの電撃移籍が浮上しているイタリア1部ユベントスのポルトガル代表FWクリスチアーノ・ロナウド(35)は、チームとの2022年までの契約を全うする考えのようだ。  ロナウドを巡っては、ユベントスが…

後で読む
東京スポーツ

日本サッカー協会は13日、U―19日本代表候補合宿(15~18日、千葉・JFA夢フィールド)に参加するメンバー25人を発表した。  今季終了後にベルギー2部ロンメルへ移籍するFW斉藤光毅(19=横浜…

後で読む
サンケイスポーツ

女優でフィギュアスケート選手の本田望結(16)が13日、グランフロント大阪うめきた広場(大阪市北区)に開設される「ウメダ☆アイスリンク つるんつるん」リンク開きセレモニーに出席した。

後で読む
サンケイスポーツ

スキージャンプ女子で2018年平昌冬季五輪銅メダルの高梨沙羅(24)=クラレ=が今年10月に弘前大大学院に入学していたことが13日、分かった。医学研究科に所属しスポーツ医学などを学び、金メダルを誓う22年北京冬季五輪へレベルアップを図る。

後で読む
サンケイスポーツ

アーティスティックスイミング(AS)日本選手権第2日が13日、山口きらら博記念公園水泳プールで行われた。デュエット・テクニカルルーティン(TR)にオープン参加した東京五輪日本代表の乾友紀子(29)、吉田萌(25)組は、バーチャル歌手、初音ミクの歌声に乗り『忍者SAKURA』をテーマに演技を披露した。

後で読む
日刊スポーツ

井口ロッテが、初めてクライマックス・シリーズ(CS)を戦う。シーズンは過密な連投を避けたリリーフ陣の起用が光った。コロナ感染の直撃を受けながらも、なんとかCS… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

青森県高野連は13日、来春のセンバツ高校野球(3月19日開幕、甲子園)21世紀枠同県推薦校に、八戸西を選出した。今秋は188センチのエース右腕・福島蓮(2年)… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

今季限りで退任するDeNAラミレス監督が、ラスト采配で感謝の思いを伝える。13日、快晴の横浜スタジアムで最後の全体練習。今季最終戦となる本拠地での巨人戦に向け… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

J1・FC東京の大金直樹社長(53)が13日、オンラインで会見。「2週間のオフィシャルレスト、プラス4~5週間はないと厳しい」とルヴァン杯決勝が来年1月4日に延期となったことを受けて、リーグに来季の開幕時期について要望する意向を示した。

後で読む
サンケイスポーツ

バスケットボール男子のBリーグ1部、名古屋Dは13日、アカデミーに所属する選手1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。10日にこの選手の保護者の感染が判明した。選手たちにもPCR検査をした結果、感染した保護者と同居している選手の陽性が分かった。

後で読む
サンケイスポーツ

三井住友VISA太平洋マスターズ第2日(13日・静岡県太平洋クラブ御殿場=7262ヤード、パー70)63と伸ばした29歳の木下稜介、65で回ったチャン・キム(米国)、66だった22歳の小斉平優和が通算5アンダーの135で首位に並んだ。1打差で大槻智春と香妻陣一朗が4位。

後で読む
スポーツニッポン

日本オリンピック委員会(JOC)を含むスポーツ関連6団体は13日、スポーツ庁に「アスリートへの動画・写真による性的ハラスメント防止」についての要望書を提出した。

後で読む
東京スポーツ

 日本オリンピック委員会(JOC)らスポーツ関連6団体は13日、アスリートへの写真・動画による性的ハラスメント防止への要望書をスポーツ庁へ提出した。  女子アスリートが性的な目的で盗撮される被害は古く…

後で読む
デイリースポーツ

YBCルヴァン・カップ決勝が来年1月4日と異例の年明けに延期されたことを受け、柏と対戦するFC東京の大金直樹社長が13日、オンラインで取材に応じ「年内に開催してほしいという要望は出していたが、ベストを尽くすということに尽きる」と話した。 今月下旬からはドーハでのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)を控えており、帰国後の待機措置期間に練習できるか不透明。契約が1月1日までとなっている選手もおり「その時点のベストメンバーで戦う」と主力がそろわない可能性も示唆した。また、来季開幕日について決勝から6、7週程度の準備期間をリーグ側に求める意向を示した。

後で読む
スポーツニッポン

浦和の大槻毅監督(47)が13日、オンライン取材に応じ、現在、売り出し中のMF汰木(ゆるき)康也(25)について言及した。

後で読む
サンケイスポーツ

中日・与田剛監督(54)が13日、愛知・名古屋市内の中日新聞社を訪れ、大島宇一郎オーナー(56)に2020年のシーズン終了を報告した。

後で読む
サンケイスポーツ

ロッテは14日から開幕する「2020 パーソル クライマックスシリーズ パ」の開催期間中、マリーンズストアミュージアム店、スタジアム店、海浜幕張駅前店にて「パーソル CS パ 突ッパ!後押し!!キャンペーン」を実施する。

後で読む
サンケイスポーツ

米プロフットボールNFL第10週第1日は12日、テネシー州ナッシュビルで1試合が行われ、コルツが敵地でタイタンズを34-17で下し、6勝3敗となった。タイタンズも6勝3敗。

後で読む
サンケイスポーツ

日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)は13日、来年の地方場所の開催を見据え、各場所の担当者が換気の状況など会場の調査に今後向かうことを明らかにした。新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、今年は7月の名古屋市、11月の福岡市での本場所が東京・両国国技館に移された。

後で読む
日刊スポーツ

ナ・リーグのサイ・ヤング賞2位だったカブスのダルビッシュ有投手(34)に唯一1票も投じなかったJ・P・ホーンストラ記者が12日、ロサンゼルス・デーリーニューズ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ロッテは安田尚憲内野手(21)の“1本締め”でCSに勢いがついた。13日は、前日に続いてペイペイドームで練習。フリー打撃の最後では、2日連続で鳥越ヘッドコーチ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ロッテはクライマックス・シリーズ(CS=14日開幕)の開催期間中、マリーンズストアミュージアム店、スタジアム店、海浜幕張駅前店で「パーソル CS パ 突ッパ!… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

阪神戦中継でおなじみのサンテレビは13日、今季限りで引退した阪神・藤川球児投手の引退特別番組「Go straight 藤川球児物語」を12月31日午後8時から放送することを発表した。 22年の現役生活に幕を下ろした藤川。多くのファンに愛され、幾度も甲子園を歓喜に導いてきた活躍を、同局の秘蔵映像とともに振り返る。

後で読む
サンケイスポーツ

ソフトバンクとのクライマックスシリーズ(CS)開幕を前にした13日、前日練習を終えたロッテ・井口資仁監督(45)は「雰囲気はいい。パ・リーグをもう一度盛り上げるチャンス」と話した。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ3年目でクライマックスシリーズ(CS)初出場となるロッテ・安田尚憲内野手(21)は「短期決戦なので高ぶっていった方がいい。熱く熱くプレーしていきたい」と言葉も自然と熱を帯びた。

後で読む
サンケイスポーツ

ソフトバンクとのクライマックスシリーズ(CS)第1戦に先発するロッテ・美馬学投手(34)は13日、ペイペイドームでの練習後、「やってやろうという気持ち。CSは楽天時代にここで2回打たれてるので、しっかり勝てるように」と力を込めた。

後で読む
日刊スポーツ

14日のホーム仙台戦でクラブ記録に並ぶ13戦不敗がかかる現在2位のガンバ大阪の宮本恒靖監督(43)が試合前日の13日、オンラインで取材に応じた。11日の神戸戦…

後で読む
日刊スポーツ

14日のホーム仙台戦でクラブ記録に並ぶ13戦不敗がかかる、現在2位のガンバ大阪のGK東口順昭(34)とFW渡辺千真(34)が試合前日の13日、オンラインで取材…

後で読む
日刊スポーツ

横浜FCは13日、来季からベルギー2部リーグのロンメルに完全移籍するFW斎藤光毅(19)が、U-19(19歳以下)日本代表候補トレーニングキャンプのメンバーに…

後で読む
スポーツニッポン

ノルディックスキー・ジャンプ女子の高梨沙羅(24=クラレ)が12日、自身のインスタグラムを更新。新たに届いたスニーカーとサングラスを着用した“ストリートコーデ姿”を公開した。

後で読む
東京スポーツ

 女子アスリートが性的な画像や卑猥な言葉で傷つけられる被害を受け、日本オリンピック委員会(JOC)ら7団体は13日、ハラスメント防止を呼び掛ける共同声明を発出。JOCをはじめ日本スポーツ協会、日本障が…

後で読む
デイリースポーツ

日本オリンピック委員会(JOC)、日本スポーツ協会、日本障がい者スポーツ協会、大学スポーツ協会、全国高等学校体育連盟、日本中学校体育連盟、日本スポーツ振興センターの7団体は13日、アスリートへの写真・動画による性的ハラスメント防止に向けて、共同で声明を発表した。 選手が競技会場などで性的な意図で写真を撮影されたり、会員制交流サイト(SNS)にみだらな文章や画像を拡散されたりする被害が拡大していることを受け、「アスリートの盗撮、写真・動画の悪用、悪質なSNS投稿は卑劣な行為です。」と訴えたデザインを作成。大会における盗撮防止、アスリートへの研修の必要性を啓発、SNS投稿やWEB掲載の実態把握に努め、関係機関と共有していくことなどを掲げた。また、実態把握に向けた情報提供窓口も設置し、「盗撮は迷惑防止条例で犯罪として処罰される可能性があります」「SNS等で本人の名誉を傷つける書き込みは犯罪(名誉毀損罪)として処罰される可能性があります」「匿名による投稿であっても、法的手続により、投稿者が特定され、損害賠償請求の対象になる可能性があります」と、記した。

後で読む
東京スポーツ

 今オフの電撃移籍が浮上しているイタリア1部ユベントスのポルトガル代表FWクリスチアーノ・ロナウド(35)は、チームとの2022年までの契約を全うする考えのようだ。  ロナウドを巡っては、ユベントスが…

後で読む
デイリースポーツ

「大相撲11月場所・6日目」(13日、両国国技館) 2度の右膝手術を乗り越え、18年初場所以来16場所ぶり十両復帰した人気業師の宇良(28)=木瀬=が白鷹山(高田川)に押し倒され、3勝3敗の五分となった。

後で読む
デイリースポーツ

「大相撲11月場所・6日目」(13日、両国国技館) 05年夏場所から維持した幕内から約15年ぶりに降下した元大関で十両の琴奨菊(36)=佐渡ケ嶽=が千代ノ皇(九重)に寄り切られ、4連敗で5敗目(1勝)を喫した。

後で読む
デイリースポーツ

アスリートの性的な撮影被害や画像拡散の問題で、日本オリンピック委員会(JOC)や日本スポーツ協会など7団体が13日、被害防止に取り組む共同声明を発表し、スポーツ庁の室伏広治長官に協力を要請した。情報提供窓口を設け、声明をデザイン化したポスターを作製してスポーツ界一丸で対策に乗り出す。 JOCなどは今回の問題を「アスリートへの写真・動画による性的ハラスメント」と位置付け、情報交換の場を設けることや関係省庁の連携を求める要望書を提出した。声明では盗撮や写真・動画の悪用、悪質なSNS投稿を「卑劣な行為」と厳しく非難、犯罪として処罰される可能性があると警告した。

後で読む
デイリースポーツ

アーティスティックスイミング(AS)の日本選手権第2日は13日、山口市の山口きらら博記念公園水泳プールで行われ、チーム・フリールーティン(FR)にオープン参加した東京五輪代表の日本(乾、吉田、福村、安永、塚本、京極、木島、柳沢)は93・4333点と上々の評価を得た。井村クAが85・7000点で優勝した。 デュエット・テクニカルルーティン(TR)では、東京五輪に出場する乾友紀子(井村ク)吉田萌(ザ・クラブピア88)組が演技する。

後で読む
デイリースポーツ

日本サッカー協会(JFA)は13日、株式会社ポケモンと「JFA Youth&Development Programme(JYD)」サポーター契約を締結し、ポケモンの「エースバーン」がJFAキッズアンバサダーに就任することを発表した。エースバーンが保育園や幼稚園などを訪問し、子どもたちにサッカーの楽しさを伝えていくという。 JYDは、サッカーの普及や次世代選手の育成を促進することを目的に実施される施策や、それを構成する各大会、事業の総称。田嶋幸三会長(62)は「特にアニメや漫画の影響は大きい。私自身も漫画の主人公に憧れてサッカーを始めた」と、ポケモンと手を組むことによって得られる影響を語った。

後で読む
デイリースポーツ

ロッテは14日から開幕する「2020 パーソル クライマックスシリーズ パ」の開催期間中、マリーンズストアミュージアム店、スタジアム店、海浜幕張駅前店にて「パーソル CS パ 突ッパ!後押し!!キャンペーン」を実施すると13日、発表した。 キャンペーンの特典として5000円(税込み)以上買ったファンを対象に、レギュラーシーズン中に来場者プレゼントとして配布した「マリンフェスタユニホーム」もしくは「CHIBAオリジナルユニホーム」のいずれか好きな方をプレゼントする。特典のユニホームは先着でレジにて選択可能。

後で読む
デイリースポーツ

パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)は14日に開幕する。レギュラーシーズン優勝のソフトバンクが2位ロッテをペイペイドームに迎える。優勝チームが1勝のアドバンテージを持ち、4試合制で日本シリーズ進出を争う。 13日に第1戦の先発投手が発表され、ソフトバンクは千賀、ロッテは美馬が務める。

後で読む
日刊スポーツ

オープン参加の日本代表(乾、吉田、福村、安永、塚本、京極、木島、柳沢)が、日本の祭りをテーマにして昨季から継続する「今日はお祭り!」を披露して、93・4333…

後で読む
日刊スポーツ

女性アスリートらが競技会場で性的な目的で撮影されるなどの被害が相次ぐことを受け、日本オリンピック協会(JOC)など計7スポーツ団体は13日、「アスリートの盗撮…

後で読む
日刊スポーツ

18年平昌五輪金メダルのザギトワらを育てたエテリ・トゥトベリゼ・コーチ(46)の門下生が、またしても世界に衝撃を与えた。ショートプログラム(SP)首位発進した…

後で読む
日刊スポーツ

高木美帆(26=日体大職)が4分5秒96で優勝した。今季公式戦初出場の種目は「レースの内容としてはちょっと及第点に届かないかな」と振り返った。スタートから飛ば…

後で読む
日刊スポーツ

女性アスリートらが競技会場で性的な目的で撮影されるなどの被害が相次ぐことを受け、日本オリンピック協会(JOC)の山下泰裕会長(63)ら各スポーツ団体の代表者は…

後で読む
サンケイスポーツ

J2磐田は13日、FWルキアンが頸椎椎間板ヘルニアと診断されたと発表した。10日に手術を受けた。練習合流までの期間は未定。DF山本義は1日の福岡戦で右足の靱帯を損傷し、全治約3週間と診断された。

後で読む
サンケイスポーツ

ユベントスに所属するアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラが、『ヴァニティ・フェア』イタリア版のインタビューに応じて自身について語った。

後で読む
日刊スポーツ

新潟県高野連は13日、来春の第93回選抜高校野球大会の21世紀枠の県候補校に東京学館新潟を選出したと発表した。同校は今秋の県大会で準決勝に進出。昨夏の県大会で… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

14日のプロ野球予告先発は以下の通り。<セ・リーグ>DeNA平良拳太郎-巨人菅野智之(横浜=14時)<パ・リーグ>ソフトバンク千賀滉大-ロッテ美馬学(ペイペイ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 米大リーグ、カブスのダルビッシュ有投手が13日、ツイッターに投稿。年間最優秀投手で投手最高の栄誉とされるサイ・ヤング賞で2位だったことに、「そういえばサイヤング受賞で出来高をもらえる契約だったんですが、2~5位でも出来高があるのを忘れていました笑」と明かした。 「昨日代理人に言われてびっくりしました 一部寄付させていただきます」と伝えた。

後で読む
サンケイスポーツ

女子を中心に選手が競技会場で性的な意図で写真を撮影されたり、会員制交流サイト(SNS)にみだらな文章と画像を拡散されたりする被害が拡大している問題で、日本オリンピック委員会(JOC)は13日、スポーツ関連7団体と連名で防止を訴える声明文を発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

女子ゴルフの「伊藤園レディス」は13日、千葉・グレートアイランドC(6741ヤード、パー72)で開幕。大会最終日の15日に22歳の誕生日を迎える渋野日向子(サントリー)は4バーディー、2ボギーの2アンダー、70でホールアウトした。

後で読む
サンケイスポーツ

早大は13日、国際的な活躍が期待される選手を対象としたスポーツ科学部の2021年度トップアスリート入試で、ノルディックスキー複合女子のユース五輪銀メダリスト宮崎彩音(長野・飯山高)、アーチェリー女子の世界ユース選手権準優勝園田稚(東京・足立新田高)ら5人が合格したと発表した。

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド12日(日本時間13日)発】配信されたWWE・NXT大会で、〝暗黒の逸女〟ことNXT女子王者の紫雷イオ(30)への次期挑戦者候補が続出した。イオは来週大会で元王者で最大のライバル…

後で読む
スポーツニッポン

日本オリンピック委員会(JOC)は13日、アスリートの盗撮や性的目的のSNS投稿などに基づいた「アスリートへの動画・写真による性的ハラスメント」について、JOCや日本スポーツ協会を含むスポーツ関連7団体で声明を発表した。

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド12日(日本時間13日)発】配信されたWWE・NXT大会で、24歳のルーキーがNXT北米王座を奪取する大ハプニングが起きた。  これまでNXT男子全王座を獲得している王者ジョニー…

後で読む
東京スポーツ

 日本女子プロレス史上初の〝還暦現役レスラー〟となった極悪女王・ダンプ松本(60)が生涯現役を誓った。  ダンプは11日に60歳の誕生日を迎えた。13日になっても日本全国のファン、知人から山のようなプ…

後で読む
デイリースポーツ

サッカーの2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会南米予選は12日、各地で2試合が行われ、アルゼンチンはホームでパラグアイと1-1で引き分け、勝ち点7とした。パラグアイは同5。エクアドルは敵地でボリビアに3-2で競り勝ち、勝ち点を6に伸ばした。(共同)

後で読む
デイリースポーツ

パ・リーグ3連覇を逃した西武は13日、埼玉県所沢市のメットライフドームに隣接するカーミニークフィールドで秋季練習を開始した。秋季教育リーグ「みやざきフェニックス・リーグ」に参加している若手と、一部のベテランを除く選手が打撃練習などで約2時間、汗を流した。辻発彦監督は「今年の反省を生かし、意味のある練習をしてほしい」と話した。 昨季までの2連覇は強力打線が原動力となったが、今季はチーム打率がリーグ5位の2割3分8厘と苦しんだ。辻監督は「いけいけでは点は取れない。一球でも多く投げさせる、四球を選ぶことも大事」と強打に頼らない攻撃の重要性を説いた。

後で読む
東京スポーツ

日本サッカー協会が13日、株式会社ポケモンと「JFAユース&ディベロップメントプログラムサポーター」の契約を結び、ストライカーポケモン「エースバーン」のキッズアンバサダー就任を発表した。  エースバ…

後で読む
東京スポーツ

サッカーの欧州選手権出場をかけ、12日(日本時間13日)に行われたプレーオフ決勝で、北マケドニアがジョージアに1―0で勝ち、同国史上初めて主要国際トーナメントへの出場を決めた。  試合は前半こそスコ…

後で読む
サンケイスポーツ

阪神は13日、新たに2軍内野守備走塁コーチに就任する田中秀太アマスカウト(43)と、2軍投手コーチに就任する久保田智之プロスカウト(39)の会見を行った。2人は2021年1月1日から新役職をつとめる。

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンク工藤公康監督(57)が、クライマックスシリーズ(CS)開幕前日13日の練習前に、ナインに「全集中」を訴えた。練習開始直前、グラウンドにできた選手、… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

阪神の2軍投手コーチに就任する久保田智之氏(39)が13日、兵庫・西宮市内の球団事務所で会見を行った。14年の現役引退後は打撃投手、17年から今年までプロスカ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

阪神は13日、兵庫県西宮市の球団事務所で来季の新コーチ就任会見を開き、久保田智之ファーム投手コーチ(39)と田中秀太ファーム内野守備走塁コーチ(43)の就任を正式に発表した。久保田コーチは背番号「90」、田中コーチは背番号「70」に決定した。 久保田コーチは現役時代、05年にウィリアムス、藤川とともに勝利の方程式「JFK」の一角、クローザーを担い、リーグ優勝に導いた実績がある。07年には、プロ野球記録となるシーズン90試合登板と鉄腕ぶりを発揮していた投手だ。現役引退後は打撃投手やプロスカウトとして尽力してきた。

後で読む
サンケイスポーツ

ソフトバンク・工藤公康監督(57)が13日、14日からペイペイドームで始まるロッテとの「2020 パーソル クライマックスシリーズ パ」を前に共同記者会見に臨んだ。初戦の予告先発投手を問われると、力強くフルネームを口にした。

後で読む
サンケイスポーツ

ソフトバンクは13日、ペイペイドームで全体練習。14日から同ドームで始まるロッテとの「2020 パーソル クライマックスシリーズ パ」を前に、周東佑京内野手(24)が取材に対応。短期決戦に向けて、力を込めた。

後で読む
サンケイスポーツ

日本プロゴルフ協会(PGA)は13日、シニアツアーの新規大会「コスモヘルスカップ」(11月13、14日、埼玉・越生GC)に出場予定だった崎山武志(57)=アビバHD=が、11日に行われたPCR検査で新型コロナウイルスの陽性反応を示したと発表した。国内ツアーで出場選手の陽性が確認されたのは初めて。

後で読む
日刊スポーツ

鹿島アントラーズのザーゴ監督(51)が13日、オンライン取材に応じ、柏レイソルのネルシーニョ監督(70)を気遣った。柏はネルシーニョ監督を含め16人が新型コロ…

後で読む
日刊スポーツ

J1は11月14、15日に第27節が行われる。各カードのoptaファクトは以下の通り。※ファクト内の数字はJ1での成績北海道コンサドーレ札幌 …

後で読む
日刊スポーツ

最近2試合勝利がない5位セレッソ大阪は14日、17位の清水エスパルス戦(アイスタ)に臨む。スペイン人のミゲル・アンヘル・ロティーナ監督(63)は13日、大阪市…

後で読む
デイリースポーツ

総合格闘技のRIZINは13日、都内で会見を開き、12月31日のさいたまスーパーアリーナ大会でのメインイベントでRIZINバンタム級タイトルマッチを行い、王者の朝倉海(27)=トライフォース赤坂=に元同王者の堀口恭司(30)=アメリカントップチーム=が挑戦すると発表した。 両者は19年8月にノンタイトル戦で当時の同王者だった堀口を朝倉がKOで破って以来の再戦。堀口は同年11月に右ヒザの前十字じん帯断裂と半月板損傷の重傷を負って同王座を返上し、欠場を続けていた。

後で読む
日刊スポーツ

日本サッカー協会(JFA)は13日、ほのおタイプのストライカーポケモン「エースバーン」が、JFAキッズアンバサダーに就任すると発表した。JFAは株式会社ポケモ…

後で読む
日刊スポーツ

なでしこリーグのマイナビ仙台は12日、FW有町紗央里(32)、MF小野瞳(32)が今季限りで現役引退すると発表した。

後で読む
スポーツニッポン

NFLは12日、テネシー州ナッシュビルで第10週の1試合を行い、前週までAFC南地区2位だったコルツが同1位のタイタンズを34―17(前半13―17)で下して両者はともに6勝3敗。直接対決で勝ったコルツがタイタンズと入れ替わって地区首位に躍り出た。

後で読む
スポーツニッポン

リーチが“あしながおじさん”になる――。

後で読む
東京スポーツ

【ジョージア州オーガスタ12日(日本時間13日)発】史上初の秋開催となった「マスターズ」(オーガスタナショナルGC=パー72)初日は、悪天候で2時間45分の中断があった影響から日没サスペンデッドとなり…

後で読む
東京スポーツ

 ミズノは13日、第97回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝=来年1月2、3日)オフィシャルグッズの予約販売を公式オンラインショップで開始した。商品は12月下旬から順次発送。同社直営店では、12月下…

後で読む
東京スポーツ

 スピードスケートの全日本選抜競技会が13日、北海道・帯広で開幕し、女子500メートルで平昌五輪金メダルの小平奈緒(34=相沢病院)が38秒30で2位に沈んだ。  国内大会の同種目での敗戦は、2015…

後で読む
東京スポーツ

 J1川崎や札幌、J2東京Vでも活躍した元ブラジル代表FWフッキ(34)が、現在所属する中国スーパーリーグ・上海上港を今季限りで退団することが濃厚となった。ブラジル紙「グロボ」が報じた。  フッキは同…

後で読む
東京スポーツ

格闘技イベント「RIZIN.25」(21日、大阪城ホール)で“最強兄弟の兄”こと朝倉未来(28)がRIZINフェザー級タイトルマッチに出場する。初代王者へ自信を示した上で、新設王座の価値向上を目的に…

後で読む
デイリースポーツ

東京都高野連は13日、21年夏に行われる第103回全国高校野球選手権東・西東京大会の使用球場について、準決勝と決勝を東京ドームで開催することを発表した。従来メイン球場の神宮球場が同年へと延期されている東京五輪・パラリンピックに使用される予定となっているため。7月31日に準決勝2試合、8月1、2日に決勝を1試合ずつ行う。 高校野球の公式戦が同球場で開催されるのは初めてとなる。今夏も第102回全国高校野球選手権を同球場で開催予定だったが、コロナ禍によって白紙となっていた。同連盟・武井克時専務理事は「球児たちには、心も新たに、夏の甲子園に向け、最後まであきらめないプレーをしてくれることを願っています」とコメント。なお、大会日程など詳細については、来春以降の運営委員会で正式決定される。

後で読む
日刊スポーツ

全国連覇を狙う仙台育英の男女チーム(ともに宮城1位)が13年ぶり8度目のアベック優勝を飾った。県予選から出走メンバー7人全員を入れ替えた男子は2時間4分53秒…

後で読む
日刊スポーツ

学法石川(男子)は1区から4区まで1年生を起用し、4位でフィニッシュした。2区で2位と好走した薄根大河(1年)は「後半にスピードが落ちて前と距離を詰められなか…

後で読む
日刊スポーツ

青森山田(男子)は県予選メンバー5人を投入も、14秒差で優勝を逃した。全7区間で「1人2秒」が勝敗を分けた。リードを守れずアンカーの熊谷修也(1年)は「1位で…

後で読む
日刊スポーツ

青森山田(女子)は総合3位で大会連覇を逃した。コロナ禍で来日が遅れていたケニア人留学生・ムソニ・ワボイ(1年)が2週間の待機期間を経て2日に合流。5区(5キロ…

後で読む
日刊スポーツ

学法石川(女子)は3区後藤さくら主将(3年)が9分58秒で区間賞を獲得。だが、個人設定タイムに18秒届かず、チーム設定タイムもクリアできなかった。県予選は貧血…

後で読む
東京スポーツ

サッカーの国際親善試合が12日(日本時間13日)に行われ、イングランドがホームでアイルランドに3―0で快勝した。  前半18分に主将のDFハリー・マグワイア(27=マンチェスター・ユナイテッド)が先…

後で読む
東京スポーツ

カタールW杯南米予選第3節、アルゼンチンはホームでパラグアイと1―1で引き分けた。  2連勝で迎えた今節、FWリオネル・メッシ(33=バルセロナ)は先発出場。だが、前半21分、DFがドリブル突破を図…

後で読む
サンケイスポーツ

リバプールのアリソンは、将来のプランについて明かした。

後で読む
サンケイスポーツ

国際親善試合は何のために行われるのだろうか。

後で読む
日刊スポーツ

今季のMVPでともに初受賞を果たしたブレーブスのフレディ・フリーマン内野手とホワイトソックスのホセ・アブレイユ内野手が、受賞へのコメントでいずれも喜びを爆発さ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

西武が13日、埼玉・所沢のCAR3219フィールドで秋季練習をスタートした。リーグ3連覇を逃し、3位で終えたシーズン。辻発彦監督は、課題に爆発しきれなかった打… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

阪神は13日、今年の「ファン感謝デー2020」をオンラインで開催すると発表した。イベントの様子は球団公式動画配信サービス「虎テレ」でライブ配信される。今年阪神… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

阪神は13日、「ファン感謝デー2020」を、12月5日に史上初のオンラインで開催することを発表した。 今年は甲子園にファンを招待せず、イベントの様子は球団公式動画配信サービス「虎テレ」でライブ配信される。

後で読む
デイリースポーツ

阪神は13日、兵庫県西宮市の球団事務所で来季の新コーチ就任会見を開き、久保田智之ファーム投手コーチ(39)と田中秀太ファーム内野守備走塁コーチ(43)の就任を正式に発表した。久保田コーチは背番号「90」、田中コーチは背番号「70」に決定した。 田中コーチは現役時代、スタメン出場から、代走や守備固めなど途中出場も多く経験。近年はアマスカウトとして正捕手の梅野や成長株の小幡などを獲得している。スカウティングで養った目を今度はグラウンド上で還元していくことになる。

後で読む
サンケイスポーツ

ニュージーランドとオーストラリアのラグビー協会は13日、世界最高峰リーグ、スーパーラグビー(SR)の計10チームによる大会を、それぞれの国内大会終了後の来年5~6月に開催すると発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

女子500メートルで2018年平昌冬季五輪代表の郷亜里砂(イヨテツク)が38秒28を記録し、平昌五輪金メダルの小平奈緒(相沢病院)を0秒02差で破った。

後で読む
スポーツニッポン

日本女子プロゴルフツアーの今季第12戦「伊藤園レディース」は13日、千葉県のグレートアイランドC(6741ヤード、パー72)で開幕。国内今季4戦目となる渋野日向子(21=サントリー)は前半9ホールを3バーディー、ボギーなしの3アンダー「33」で回り、首位と3打差の5位タイで折り返した。

後で読む
東京スポーツ

【ジョージア州オーガスタ12日(日本時間13日)発】史上初の秋開催となった「マスターズ」初日(オーガスタナショナルGC=パー72)、連覇を狙うタイガー・ウッズ(44=米国)は4バーディー、ノーボギーの…

後で読む
東京スポーツ

【ジョージア州オーガスタ12日(日本時間13日)発】史上初の秋開催となった「マスターズ」(オーガスタナショナルGC=パー72)、初日は悪天候で2時間45分の中断があった影響から日没サスペンデッドとなり…

後で読む
デイリースポーツ

プロ野球、パ・リーグCS「2020パーソル クライマックスシリーズ パ」の開催前日共同記者会見が13日、ペイペイドーム内で行われ、ソフトバンク・工藤公康監督、ロッテ・井口資仁監督らが出席。両チームの14日・CS第1戦の先発投手が発表された。 工藤監督は14日の先発に千賀滉大投手を指名。「うちのエースでもありますし。(今季)素晴らしいピッチングをしてくれた。できれば最後までいってくれれば」と“完投指令”を出した。

後で読む
東京スポーツ

西武は13日、野田昇吾投手(27)、國場翼投手(26)、水口大地内野手(31)、永江恭平内野手(27)、森越祐人内野手(32)に戦力外通告したことを発表した。  2015年のドラフト3位で西濃運輸か…

後で読む
東京スポーツ

13日、西武から戦力外通告を受けた5選手がそれぞれコメントを発表した。  野田昇吾投手=「一番印象に残っているのは(自身)3年目のシーズンの交流戦の阪神戦で糸井さんに満塁ホームランを打たれ、多和田の…

後で読む
サンケイスポーツ

 関東地区大学選手権は12日に決勝で、桐蔭横浜大が創価大を4-3で下し、2013年以来2度目の優勝を果たした。西武からドラフト1位で指名された桐蔭横浜大・渡部健人内野手(4年)は学生最後の大会を有終の美で飾り、最高の笑顔を見せた。

後で読む
サンケイスポーツ

DeNAは13日、12月6日に横浜スタジアムで開催する『横浜DeNAベイスターズ ファンフェスティバル2020』にあわせて、球団公式YouTubeにて、「YouTube Live無料オンラインイベント」を開催すると発表した。

後で読む
日刊スポーツ

ホワイトソックスのトニー・ラルーサ新監督が10月29日の就任前日に飲酒運転で告発されていたことについて、球団側は12日「事の重大さを理解している」との声明を発… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

西武森越祐人内野手(32)が13日、自身3度目の戦力外通告を受けた。森越は10年ドラフト4位で中日入りし、4シーズンプレー。14年オフに戦力外となり、合同トラ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

西武が13日、戦力外通告を行い、野田昇吾投手(27)、国場翼投手(26)、永江恭平内野手(27)、森越祐人内野手(32)、水口大地内野手(31)と来季契約を更… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

西武が13日、戦力外通告を行い、野田昇吾投手(27)、国場翼投手(26)、永江恭平内野手(27)、森越祐人内野手(32)、水口大地内野手(31)と来季契約を更… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「フェニックス・リーグ、巨人-阪神」(13日、サンマリンスタジアム) 阪神は巨人との一戦で先発は浜地。今季1軍での登板は1試合だけだった。来季に向けてアピールしたい。

後で読む
サンケイスポーツ

今季限りの現役引退を表明したプロ野球ヤクルト・五十嵐亮太投手(41)が、16日に福岡PayPayドームで行われるパ・リーグのクライマックスシリーズ第3戦、ソフトバンク対ロッテを放送するBS朝日の生中継で解説者デビューすることが13日、分かった。

後で読む
サンケイスポーツ

米大統領選はバイデン氏側に不法行為があったとトランプ氏側が提訴、混迷は続きそうだ。そんな様子を見て、あの時も米国世論が沸騰していたな-と思いだした。

後で読む
サンケイスポーツ

各地の釣り場で新ベラの放流が最盛期を迎えた。一度もハリ掛かりしたことがないだけに引きの強さは抜群で、新ベラ釣りの最大の魅力でもある。今回はその攻略について、茨城県筑西市にある管理釣り場『筑波湖』で検証してみた。

後で読む
サンケイスポーツ

女子ゴルフの「伊藤園レディス」は13日、千葉・グレートアイランドC(6741ヤード、パー72)で開幕。大会最終日の15日に22歳の誕生日を迎える渋野日向子(サントリー)は前半3バーディー、ノーボギーの3アンダー、33で回り、後半へ折り返した。

後で読む
日刊スポーツ

名古屋グランパスが、今季を象徴するようなラスト6試合に挑む。次節15日のFC東京戦(豊田ス)を含め残り6試合のうち、ホームは5試合もある。新型コロナウイルスの…

後で読む
日刊スポーツ

北海道コンサドーレ札幌は今季7度目の完封負け(0●1)を喫したFC東京戦から一夜明けた12日、札幌・宮の沢で軽めの調整を行った。東京戦で前半33分に負傷交代し…

後で読む
スポーツニッポン

第7回は左足下がり、左足上がりのライからの打ち方を元賞金王の藤田寛之プロが紹介します。丘陵コースではラフはもちろん、フェアウェーでも平らなライから打てるとは限りません。左足下がりや左足上がりのライから打つときの球筋を把握し、ナイスショットをするコツを頭の中に入れておくだけで、結果は大きく変わります。ミス日本ミススポーツの田中絵梨果さんが早速トライしました。進行役をティーチングプロのジミー常住氏…

後で読む
スポーツニッポン

NBAで唯一、カナダに本拠を置いているトロント・ラプターズが、12月22日に開幕する2020~21年シーズンをフロリダ州タンパを“準ホーム”にする可能性が出てきた。

後で読む
東京スポーツ

 目的は就職活動だった。“悪魔仮面”ケンドー・カシンが東京女子プロレスの甲田哲也代表(50)のもとに押しかけ、一方的に“非常勤コーチ”就任を宣言した。  カシンは7日に東京ドームシティホールで行われた…

後で読む
東京スポーツ

 新型コロナウイルスの新たな感染者が12日、過去最多の1660人となり、第3波が日本を襲っている。連日、過去最多を更新している北海道を筆頭に全国で感染が再び急拡大。そんな中、東京五輪の新型コロナウイル…

後で読む
東京スポーツ

【ジョージア州オーガスタ12日(日本時間13日)発】史上初の秋開催となった「マスターズ」(オーガスタナショナルGC=パー72)が開幕。大会は悪天候で約3時間の中断があったため、進行が遅れ、日没サスペン…

後で読む
デイリースポーツ

橋本聖子五輪相が13日、閣議後の定例会見に臨み、15日に来日する国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長に大きな期待を寄せた。新型コロナウイルスの影響で延期された東京五輪の開幕まで、あと約8カ月。「このタイミングで来ていただけるのはありがたい」と歓迎した。 バッハ会長は11日に開かれたIOC理事会後の会見で、訪日中に大会中止についての議論をするかとの質問に対して「ノーだ」と断言。橋本大臣は「先日も中止ということは考えていないという趣旨の発言もあったので、訪日していただいて、日本がコロナ対策にしっかり取り組んでいる姿を直接見ていただいて、自信を持ってバッハ会長に、来年の開催に向けての確信を持っていただければという風に思っている」と語った。

後で読む
デイリースポーツ

スピードスケートの全日本選抜競技会帯広大会が13日、北海道の明治北海道十勝オーバルで開幕し、女子500mの小平奈緒(相沢病院)が38秒30で郷亜里砂(イヨテツク)から0秒02遅れの2位となった。小平が国内大会の同種目で敗れるのは2015年の全日本スプリント選手権以来5シーズンぶり。国際大会では昨季、世界選手権のスプリント部門で高木美帆(日体大職)に次ぐ2位のレースがあった。

後で読む
日刊スポーツ

札幌スキー連盟は12日、来年に開催予定だったノルディックスキー・ジャンプ男女のワールドカップ(W杯)札幌大会の中止を発表した。女子が1月9日、男子が2月6日か…

後で読む
日刊スポーツ

留萌が同好会発足2年目で初勝利を挙げた。93年度の全国選抜北北海道予選を制した古豪も、徐々に部員が減り一時、男子部は活動休止していた。昨秋、佐藤輝彦監督(55…

後で読む
日刊スポーツ

帯広大谷が札幌国際情報を下し初戦を突破した。姉妹で出場の豊蔵彩歌(3年)真那(1年)は、そろって攻守で奮闘した。彩歌が小6、真那が小4のときから一緒にバレーを…

後で読む
日刊スポーツ

高校バスケットボール男子でセネガル人留学生がデビューする。駒大苫小牧のティオウネ・ババカル(1年)が、13日開幕の全国高校選手権(ウインターカップ)道予選で公…

後で読む
日刊スポーツ

今春創部でメンバー13人全員1年生の札幌大谷が、斜里を2-0のストレートで下し道大会初陣を飾った。180センチの大型セッター小原和也主将は「全体的に硬かったが…

後で読む
サンケイスポーツ

 国際連盟(FIFA)ランキング27位の日本は、13日にオーストリア・グラーツで同77位のパナマとの国際親善試合(日本時間午後11時15分開始)に臨む。出場すれば節目の代表通算10試合目となるMF久保建英(19)=ビリャレアル=が、史上2位となる19歳162日での代表初ゴールを狙う。17日(日本時間18日)にはメキシコと対戦する。

後で読む
サンケイスポーツ

 石井GMは今季終了直後に続き、この日の会見でも「自分自身に反省がある」と口にした。今季の成績に、相当な責任を感じているのだろう。

後で読む
サンケイスポーツ

 巨人・原辰徳監督(62)が12日、“球界発展3カ条”を提言した。川崎市のジャイアンツ球場で行われた1軍の全体練習を見守りながら、報道陣に(1)DH制の導入(2)初期費用の低価格化(3)女子野球振興-の3つを直言した。

後で読む
スポーツニッポン

 女子500メートルで18年平昌冬季五輪金メダリストの小平奈緒(34=相沢病院)が2位に敗れる波乱があった。100メートルを10秒51でトップ通過しながらもカーブでバランスを崩し、優勝した同走の平昌五輪代表・郷亜里砂(32=イヨテック)に0秒02差の38秒30にとどまった。小平が国内大会の500メートルで敗れるのは15年の全日本スプリント以来、5シーズンぶり。

後で読む
サンケイスポーツ

米大リーグ、レッズの秋山翔吾外野手とサッカーの米プロリーグMLS、シンシナティの久保裕也が12日、ともに本拠地とするシンシナティの日米協会のオンラインイベントでファンと交流した。

後で読む
サンケイスポーツ

西武は13日、野田昇吾投手(27)、國場翼投手(27)、水口大地内野手(31)、永江恭平内野手(27)、森越祐人内野手(32)ら5人と来季の契約を結ばないことを発表した。

後で読む
日刊スポーツ

鎌ケ谷市出身で野球観戦に足繁く通う元AKB48&NMB48で女優の藤江れいな、日本ハムの大ファン本郷杏奈、AKB48宮崎美穂が、週替わりでコラムに登場します。… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

西武が13日、戦力外通告を行い、野田昇吾投手(27)、国場翼投手(26)、永江恭平内野手(27)、森越祐人内野手(32)、水口大地内野手(31)と来季契約を更… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 矢野阪神2年目は、2位でシーズンを終えた。15年連続でリーグ優勝を逃し、指揮官が公言してきた日本一達成を逃した。2年連続優勝を果たした巨人との差はどこにあるのか。今季の問題点や課題を整理し、来季への希望も含め、3回にわたって連載で検証する。  ◇  ◇

後で読む
デイリースポーツ

「フェニックス・リーグ、巨人-阪神」(13日、ひなたサンマリンスタジアム宮崎) 阪神は巨人との一戦。この日から若手選手が合流した。

後で読む
サンケイスポーツ

米大リーグの今季の最優秀選手(MVP)が12日に発表され、ア・リーグは打点王に輝いたホワイトソックスの内野手アブレイユ、ナ・リーグはブレーブスの内野手フリーマンがともに初受賞を果たした。

後で読む
サンケイスポーツ

スピードスケートの全日本選抜競技会帯広大会が13日、北海道の明治北海道十勝オーバルで開幕し、女子500メートルの小平奈緒(相沢病院)が38秒30で郷亜里砂(イヨテツク)から0秒02遅れの2位となった。小平が国内大会の同種目で敗れるのは2015年の全日本スプリント選手権以来5シーズンぶり。国際大会では昨季、世界選手権のスプリント部門で高木美帆(日体大職)に次ぐ2位のレースがあった。

後で読む
スポーツニッポン

ハーバード(マサチューセッツ州)、エール(コネティカット州)、プリンストン(ニュージャージー州)、コロンビア(ニューヨーク州)など米東部の学業の名門大学が集まっていることで知られているアイビーリーグ(計8校)は12日、男女のバスケットボールやレスリング、室内陸上、水泳、フェンシングといった冬季に予定されていたスポーツの試合、大会をすべて中止にすることを決定した。

後で読む
東京スポーツ

 ヤンキースからFAとなった田中将大投手(32)の去就が注目される中、ブルージェイズのファンが集うコミュニティーサイトの「ブルーバード・バンター」は12日(日本時間13日)、「もし年俸1500万ドル(…

後で読む
デイリースポーツ

西武は13日、野田昇吾投手、国場翼投手、水口大地選手、永江恭平選手、森越祐人選手に、来季の契約を結ばないことを通告したと発表した。 野田は18年に58試合に登板し、防御率3・51。だが、今季はわずか3登板に終わっていた。

後で読む
東京スポーツ

シンシナティ・レッズの秋山翔吾外野手(32)が12日(日本時間13日)、米プロサッカーMLSのFCシンシナティに所属する久保裕也(26)と「グレーター・シンシナティへの日本からの先駆者を祝して」と題…

後で読む
東京スポーツ

【藤井康雄「勇者の魂」(19)】1996年にリーグ連覇したオリックスは日本シリーズでも巨人を4勝1敗で下し、神戸で日本一を達成できた。その瞬間は全国民の中で俺が一番幸せなんじゃないか、と思うくらいでし…

後で読む
サンケイスポーツ

米プロバスケットボールNBAウィザーズのシェパード・ゼネラルマネジャー(GM)が12日、スポーツ専門局ESPNのインタビューに応じ、最初のシーズンを終えた八村塁について「将来、非常に安定したプレーができる選手になるということを証明した」と満足感を示した。

後で読む
サンケイスポーツ

男子ゴルフのメジャー、マスターズ・トーナメントは12日、米ジョージア州のオーガスタ・ナショナルGC(パー72)で第1ラウンドが行われ、日本ツアー2年連続賞金王の今平周吾は13ホールを終えて1オーバー。

後で読む
日刊スポーツ

エンゼルスは12日(日本時間13日)、新任のゼネラル・マネジャー(GM)にペリー・ミナシアン氏(40)が就任したことを発表した。同氏は17年にブルージェイズで… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

MLBのレッズ秋山翔吾外野手(32)と、MLSのFCシンシナティ久保裕也選手(26)が12日(日本時間13日)、グレーター・シンシナティ日米協会主催の「グレー… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

レッズ秋山翔吾外野手(32)が12日(日本時間13日)、オハイオ州シンシナティの日米協会が主催したバーチャルイベントに参加し、ファンとの交流を深めた。「グレー… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

<みやざきフェニックス・リーグ:DeNA8-6オリックス>◇12日◇SOKKENスタジアム日刊スポーツ評論家の田村藤夫氏(61)が、12日のオリ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

<みやざきフェニックス・リーグ:DeNA8-6オリックス>◇12日◇SOKKENスタジアム日本ハムを皮切りに、42年間プロ野球界で生きてきた日刊… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

2020年、ソフトバンクのシーズン120試合が終了した。3年ぶりのリーグ優勝が決まったのが10月27日。しかし、ナインは悲願を達成したのにもかかわらず、強さの… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

米プロフットボールNFLは12日、リーグ王者を決めるスーパーボウルのハーフタイムショーに人気R&Bシンガーのザ・ウィークエンドが出演すると発表した。スーパーボウルは来年2月7日にフロリダ州タンパで行われる。

後で読む
サンケイスポーツ

男子ゴルフのメジャー、マスターズ・トーナメントは12日、米ジョージア州のオーガスタ・ナショナルGC(パー72)で第1ラウンドが行われ、7年連続9度目出場の松山英樹は5バーディー、1ボギーの68で回り、首位と3打差の暫定5位で発進した。悪天候で2時間45分中断した影響で半数弱の44選手が日没までに競技を終えられなかった。

後で読む
サンケイスポーツ

米大リーグの今季の最優秀選手(MVP)が12日に発表され、ア・リーグは打点王に輝いたホワイトソックスの内野手アブレイユ、ナ・リーグはブレーブスの内野手フリーマンがともに初受賞を果たした。

後で読む
サンケイスポーツ

11月15日に阪神競馬場で行われる「第45回エリザベス女王杯」(GI、阪神11R、3歳以上オープン、牝馬、定量、芝2200メートル、1着賞金1億500万円)の枠順が13日に確定した。例年、京都競馬場で実施されてきたが、同競馬場は今月から大規模な整備工事を行い、2023年3月まで開催休止となるため41年ぶりに阪神競馬場で実施される。

後で読む
デイリースポーツ

日本ボクシングコミッション(JBC)は12日、元日本ヘビー級王者の藤本京太郎(34)=角海老宝石=が同日付で引退届を提出したと発表した。新型コロナウイルスの影響で外国選手との試合が困難なことや、JBCのルールでは他の格闘技と並行して行えないことが理由。 今後はK-1などの総合格闘技に再挑戦する。将来、ボクシングへ復帰する可能性もあるという。

後で読む
スポーツニッポン

日本プロゴルフ協会は13日、シニアツアーのコスモヘルスカップ(11月13、14日、埼玉・越生GC)に出場予定だった崎山武志(57)が、出場選手対象のPCR検査を受けた結果、前夜に陽性反応が判明したと発表した。

後で読む
デイリースポーツ

【ジュネーブ共同】世界反ドーピング機関(WADA)が12日に開いた理事会で、9月の検査数が1万8580件にとどまり、昨年比で約3割減少したことが報告された。新型コロナウイルスの感染拡大で大会中止が相次いだほか、選手の自宅などを訪問する抜き打ち検査にも影響しており、東京五輪・パラリンピックに向けた検査態勢の課題が浮き彫りとなった。 WADAのデータによると、世界保健機関(WHO)がパンデミック(世界的大流行)を表明した翌月の4月が最も減少し、5千件を大きく下回った。5月以降は回復傾向だが、前年並みのアジアや欧州に対して米大陸、オセアニアは約半減となった。

後で読む
東京スポーツ

大みそかに行われるWBO世界スーパーフライ級タイトルマッチで、王者の井岡一翔(31=Ambition)に挑戦する、同級1位で前WBO世界フライ級王者の田中恒成(25=畑中)に対して、所属ジムが破格の…

後で読む
デイリースポーツ

 【オーガスタ(米ジョージア州)共同】男子ゴルフのメジャー、マスターズ・トーナメントは12日、米ジョージア州のオーガスタ・ナショナルGC(パー72)で第1ラウンドが行われ、7年連続9度目出場の松山英樹は5バーディー、1ボギーの68で回り、首位と3打差の暫定5位で発進した。悪天候による中断の影響で約半数が日没までに競技を終えられなかった。 ポール・ケーシー(英国)が65をマークして暫定首位。ウェブ・シンプソンとザンダー・シャウフェレ、ジャスティン・トーマス(以上米国)が5アンダーとした。前回優勝のタイガー・ウッズは68で回った。

後で読む
日刊スポーツ

国際スキー連盟(FIS)は12日、新型コロナウイルス感染拡大のため12月4~6日にリレハンメルで予定されていたノルディックスキーのワールドカップ(W杯)を、シ…

後で読む
日刊スポーツ

ブラジルのサンパウロ市長は12日、自動車のF1シリーズ主催者とブラジル・グランプリ(GP)の開催契約を2025年まで延長することで合意したと明らかにした。契約…

後で読む
並び替え可能( Cookieで保存)。
よく使用する競技を下に(片手で届く場所に)並び替えて使用してください。
追加したい競技があればコメントください。