「2020年11月19日」の記事一覧

東京スポーツ

イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティが19日、ジョゼップ・グアルディオラ監督(49)と2年間の契約延長を発表した。  スペイン1部バルセロナ、ドイツ1部バイエルン・ミュンヘンで常勝軍…

後で読む
サンケイスポーツ

マンチェスターCは19日、ジョゼップ・グアルディオラ監督と2023年夏までとなる新たな2年契約を締結したことを発表した。

後で読む
東京スポーツ

 国内女子ツアー「エリエールレディス」初日(19日、愛媛・エリエールGC松山=パー71)、松田鈴英(22=ニトリ)が前半でトリプルボギーを叩きながらも69で回り、2アンダーの12位と好スタートを切った…

後で読む
東京スポーツ

 国内女子ツアー「エリエールレディス」初日(19日、愛媛・エリエールGC松山=パー71)、田中瑞希(22=ニトリ)が8番パー3で「試合では初めて」というホールインワンを達成した。 「ピンに向かって真っ…

後で読む
東京スポーツ

 国内女子ツアー「エリエールレディス」初日(19日、愛媛・エリエールGC松山=パー71)、先週優勝の古江彩佳(20)が65をマーク、笹生優花(19=ICTSI)、西村優菜(20)と並んで、6アンダーの…

後で読む
東京スポーツ

 イングランド・プレミアリーグの名門リバプールで崖っ縁のMF南野拓実(25)に新たな〝ライバル〟の登場か。  英紙「デーリー・ミラー」は、リバプールのユルゲン・クロップ監督(53)が離脱者の続出を受け…

後で読む
デイリースポーツ

サッカーイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティーは19日、ジョゼプ・グアルディオラ監督(49)が契約期間の2年間の延長に合意し、23年まで指揮をとることが決定したと発表した。 グアルディオラ監督はドイツ1部のバイエルン・ミュンヘンを退任後の16年にマンチェスターCの監督に就任。16-17シーズンは3位だったが、17-18シーズンに4季ぶりの優勝を果たした。18-19シーズンは国内3冠。昨季はリバプールの独走を許し、2位に終わっていた。

後で読む
スポーツニッポン

イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティーは19日、ペップ・グアルディオラ監督(49)との契約を2023年まで2年延長したと発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

 大王製紙エリエールレディス第1日(19日、愛媛・エリエールGC松山=6545ヤード、パー71)連覇を目指す渋野日向子(22)=サントリー=が今季2度目、ツアー通算13度目のボギーなしラウンドとなる3アンダー68で回り、首位に3打差の4位と好スタートを切った。2週連続優勝を狙う古江彩佳(20)=フリー、ともにルーキーの笹生優花(19)=ICTSI、西村優菜(20)=フリー=の3人が6アンダー65で首位。原英莉花(21)=日本通運=は右膝痛で棄権した。

後で読む
サンケイスポーツ

卓球のTリーグは19日、東京都内で男子1試合、女子2試合が行われ、男子は琉球が岡山に3-1で勝ち、2勝目(1敗)を挙げた。岡山は開幕2連敗。

後で読む
日刊スポーツ

日本野球機構(NPB)は21日から開幕するプロ野球の日本シリーズで、全試合でDH制を採用すると19日、発表した。セ・リーグ本拠地での試合を含めて、全試合での採… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

バスケットボール男子のBリーグ2部(B2)は19日、高松市香川総合体育館で西地区の1試合が行われ、香川が愛媛に81-79で競り勝ち、3勝目(11敗)を挙げた。愛媛は5勝9敗。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカー、イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティーは19日、最終年に入っていたグアルディオラ監督との契約を2023年夏まで2年延長すると発表した。16年に就任し、これまで2度のプレミアリーグ優勝などに導いた。

後で読む
デイリースポーツ

プロレスラーの長州力(68)が19日、自身のツイッターを更新。自身によるキラーフレーズ「飛ぶぞ」がギャル雑誌の今年の流行語大賞6位に選ばれたことを報告した。 長州は「eggと言う雑誌にて飛ぶぞ~の言葉が流行語大賞で6位とか?谷口からの連絡が!」(原文ママ)とつぶやいた。長州はマネジャーからの連絡でこの事実を知ったようだが、「それがどうしたの?」と特に思うところはない様子。

後で読む
日刊スポーツ

5試合を残してのリーグ最速Vに王手をかけた川崎Fの鬼木達監督(46)が19日、オンライン取材に応じ、21日のアウェー大分戦(昭和電ド)に勝って優勝を決めるとい…

後で読む
スポーツニッポン

首位に並ぶ貴景勝と志摩ノ海が1敗を守った。ここ何番か鋭い当たりからの出足が見られなかった大関だが、宝富士戦はよく前に出ていた。相手が左差しを狙ってくるのが分かっていたから、絶対に差させないように突いて出て、危なげがなかった。

後で読む
デイリースポーツ

大相撲11月場所12日目の19日、大関貴景勝が11勝目を挙げて今年の49勝目とし、初の年間最多勝を単独で確定させた。48勝の大関正代は休場中で再出場しないことが確実。他の力士も貴景勝には追い付けない。大関の年間最多勝は2018年の栃ノ心以来2年ぶり。 今年は新型コロナウイルスの影響で夏場所が中止となり5場所開催。貴景勝は春場所で負け越し、かど番の7月場所は8勝して勝ち越した後に休場した。先場所は12勝を挙げ、今場所も優勝争いの首位に立っている。

後で読む
東京スポーツ

ボクシングWBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者の井上尚弥(27=大橋)が19日、都内で行われた「SIXPAD HOME GYM」の記念イベントに参加。自らのヒップについて「50点」と辛口の自…

後で読む
日刊スポーツ

ノルディックスキー・ジャンプ男子ワールドカップ(W杯)が21日のポーランド・ビスワ大会で開幕する。新型コロナウイルスの影響で帰国時の制限や、2月の札幌大会の中…

後で読む
東京スポーツ

35年ぶりの日本シリーズ「全試合DH制」を承諾した〝真の理由〟とは――。巨人は19日、決戦の地・京セラドームでの全体練習を行った。前半部分は非公開とされ、打撃練習のみが報道陣に披露された。  その後…

後で読む
サンケイスポーツ

 大相撲11月場所12日目(19日・両国国技館)大関貴景勝は平幕宝富士を突き出し、幕尻の志摩ノ海は竜電に下手出し投げで勝って、ともに1敗でトップを維持した。2人は13日目に単独首位を懸けて対戦する。竜電は3敗目。

後で読む
日刊スポーツ

日本野球機構(NPB)は19日、21日に開幕するプロ野球の日本シリーズで、セ・リーグの本拠地球場を含めて、全試合でDH制を採用すると発表した。同日に臨時実行委… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

オリックス中嶋聡新監督が来季の“新戦力”発掘をもくろむ。21日から4試合、宮崎でのフェニックス・リーグを視察予定。19日の大阪・舞洲での秋季練習後「育成の子が… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

日本野球機構(NPB)は19日、21日に開幕するプロ野球の日本シリーズで、セ・リーグの本拠地球場を含めて、全試合でDH制を採用すると発表した。日本シリーズでの… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

阪神からドラフト3位指名を受けた佐藤蓮投手(22)=上武大=が19日、群馬県高崎市内のホテルで入団交渉に臨んだ。契約金6000万円、年俸1000万円で仮契約を結び「自分自身、甲子園に行ったことがなくて、初めてプレーできるチャンスがあるので、実感が湧いてきた。将来的には、自分はパワーで押していくのが魅力だと思うので、真っ向勝負できるようなピッチャーになりたい」と力強く語った。 佐藤蓮は静岡県三島市出身。飛龍高を経て上武大に進学。1年冬に右肘を手術し、今秋にリーグ戦デビューを果たした。最速155キロを誇る剛腕だ。

後で読む
サンケイスポーツ

国際サッカー連盟(FIFA)は19日、ステークホルダー(利害関係者)委員会が女子選手の出産をサポートする規定案をまとめたと発表した。妊娠によって不利益を被らないための環境整備で、12月の理事会に諮る。

後で読む
サンケイスポーツ

大相撲11月場所12日目の19日、大関貴景勝が11勝目を挙げて今年の49勝目とし、初の年間最多勝を単独で確定させた。48勝の大関正代は休場中で再出場しないことが確実。他の力士も貴景勝には追い付けない。大関の年間最多勝は2018年の栃ノ心以来2年ぶり。

後で読む
サンケイスポーツ

保科 昭彦氏(ほしな・てるひこ=元プロ野球巨人球団代表)15日午前0時38分、脳梗塞のため死去、88歳。葬儀・告別式は近親者で行った。喪主は長男龍朗(たつろう)氏。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカー日本代表の森保一監督らスタッフが19日、年内最後の国際親善試合を終え、オーストリアから成田空港着の航空機で帰国した。新型コロナウイルスの検査は全員陰性だった。2週間をめどに自主待機する。

後で読む
デイリースポーツ

日本野球機構(NPB)と12球団は19日、臨時の実行委員会を開き、21日に開幕する日本シリーズの全試合で指命打者(DH)制を採用することを全会一致で決めた。全試合でのDH制導入は1985年以来2例目。 決定に際し、プロ野球の斉藤惇コミッショナーが談話を発表した。談話は以下の通り。

後で読む
デイリースポーツ

日本野球機構(NPB)と12球団は19日、臨時実行委員会を開き、21日に開幕する日本シリーズでセ・リーグ球団のホームゲームでも指名打者(DH)制を採用し、今年は全試合で実施すると決めた。 今季は新型コロナウイルスの影響で過密日程となったことから、日本シリーズに出場するソフトバンクが投手の故障リスク低減を理由として18日に提案し、特例として決定された。NPBの井原敦事務局長は「いろいろなご意見もあったが今年に限るということで結論が出た。最終的にはコミッショナーの判断で結論に至った」と説明した。

後で読む
デイリースポーツ

8年ぶりの日本一を目指す巨人の原監督が19日、今季50盗塁をマークしたソフトバンクの周東を止めるため、捕手に3年目の岸田を起用するプランを示した。京セラドーム大阪で一部非公開の全体練習を行い「先発マスクをかぶることは十分考えられる。肩もいいしね」と期待した。 岸田は兵庫・報徳学園高から大阪ガスを経てドラフト2位で入団。守備力に定評があり、今季は自己最多の34試合に出場した。大舞台に向け「やるからには刺したい。そのワンプレーは結構大きい。流れを引き寄せていきたい」と意気込んだ。

後で読む
デイリースポーツ

ヤクルトの高津臣吾監督が19日、山田哲人内野手(28)と石山泰稚投手(32)の残留決断を喜んだ。 開口一番に「いいニュースだね、よかったよかった」と笑顔。待ち望んだ答えに、喜びの言葉は熱を帯びていった。

後で読む
東京スポーツ

広島に4年ぶりにヘッドコーチとして復帰した河田雄祐氏(52)が19日、マツダスタジアムで会見を行った。スーツ姿で登場し「赤いアンダーシャツを着て後輩たちと野球ができると決まった時に非常にうれしく感じ…

後で読む
東京スポーツ

35年ぶりの日本シリーズ「全試合DH制」を大歓迎した〝真の理由〟とは――。巨人は19日、決戦の地・京セラドームでの全体練習を行った。前半部分は非公開とされ、打撃練習のみが報道陣に披露された。  その…

後で読む
日刊スポーツ

阪神の平田勝男2軍監督が小幡竜平内野手の1イニング2失策に反省を促した。西武戦に1番遊撃で出場。8回無死一、二塁で愛斗の打球をはじき、さらに無死一、二塁から中… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

巨人の球団代表を92~96年に務めた保科昭彦(ほしな・てるひこ)氏が15日、脳梗塞で亡くなった。88歳だった。葬儀は近親者で執り行われた。読売新聞グループ本社… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

来春センバツ21世紀枠の山形県推薦校となった山形工が19日、同校で表彰・伝達式に臨んだ。3年生を含む計54人(女子マネジャー3人)の部員全員が出席。阿部稔校長… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

国内女子ツアー「エリエールレディス」初日(19日、愛媛・エリエールGC松山=パー71)、昨年優勝の渋野日向子(22=サントリー)は3バーディー、ノーボギーの68をマーク、3アンダーの4位と今季最高の…

後で読む
サンケイスポーツ

大相撲11月場所12日目(19日、両国国技館) ○…琴ノ若(23歳の誕生日に白星)「素直にうれしい。番付を上げて、上位で取組ができるような1年にしたい」 ●…炎鵬(10敗目)「思い切りいくことはできた。一番一番取りたい」 ●…千代大龍(勝ち越しを決められず)「ここから負け越しはみっともない。1発目で相手に力を伝えることだけを考えている」  ○…天空海(実力者の遠藤に勝利。7本の懸賞を手にし)「思わず笑みがこぼれそうになった。あと1勝で勝ち越しだが、意識せず内容の良い相撲を取りたい」 ●…阿武咲(長身の輝に押し出され7敗目)「相手よりまわし一つ分、腰を落としたかった。調子は悪くないので、あと3番集中して取りたい」 ○…高安(突き、押しからはたいて7勝目)「よく見て突っ張った。土俵にも慣れてきたので、集中を切らさず自分の相撲を取るだけだ」 ○…隆の勝(新関脇は星を五分に戻す)「うまく取れた。(残り)全部勝つつもりで集中して頑張る」 ●…宝富士(貴景勝に完敗で4敗目)「瞬発力がないので一発で持っていかれる。切り替えて頑張る」12日目結果へ13日目取組へ

後で読む
サンケイスポーツ

日本シリーズ全試合で指名打者(DH)制が採用されることが決まり、巨人・原辰徳監督は「有利とか不利とかいうことは度外視してね。面白いシリーズになると思うよ。スリリングな気の抜けないね。打席に三振しに行くような選手は誰一人いない。スペシャリスト的な部分を出すというのも、世の中で求められている」とコメントした。同監督は以前からセ・リーグでも導入すべきだとの持論を明かしていた。

後で読む
サンケイスポーツ

大相撲11月場所12日目(19日、両国国技館)竜電は幕尻の志摩ノ海に敗れ、3敗目を喫して優勝争いから後退した。左下手を取ったが、警戒した相手に切られる。押し合いからなかなか力を出せない。反対に志摩ノ海に左下手を許すと、体を開いた出し投げに転がり、リモート取材には応じなかった。

後で読む
日刊スポーツ

3連敗中のJ2京都サンガが19日、首位徳島戦(21日、サンガS)を前にオンラインで会見を行った。現在勝ち点47の10位。J1昇格圏内の2位福岡が68とその差は…

後で読む
日刊スポーツ

日本サッカー協会(JFA)は19日、女子日本代表「なでしこジャパン」の候補合宿(23日~29日、福島・Jヴィレッジ)に臨むメンバーを発表した。GKスタンボー華…

後で読む
日刊スポーツ

北海道コンサドーレ札幌は19日、MF檀崎竜孔(20)がオーストラリアAリーグ(1部)ブリスベンに期限付き移籍することを発表した。期間はシーズンが終了する6月3…

後で読む
日刊スポーツ

5試合を残してのリーグ最速Vに王手をかけた川崎フロンターレの鬼木達監督(46)が19日、オンライン取材に応じた。21日のアウェー大分戦(昭和電ド)に勝利すれば…

後で読む
東京スポーツ

 超党派で構成されたプロレス、格闘技等を支援する組織「超党派 格闘技(プロレス・総合格闘技等)振興議員連盟」の設立総会が19日、都内で行われた。  会長には元プロレスラーで文科相も歴任した自民党の馳浩…

後で読む
デイリースポーツ

大相撲11月場所12日目(19日・両国国技館)大関貴景勝は平幕宝富士を突き出し、幕尻の志摩ノ海は竜電に下手出し投げで勝って、ともに1敗でトップを維持した。2人は13日目に単独首位を懸けて対戦する。竜電は3敗目。 元大関の小結照ノ富士は関脇御嶽海を寄り切って10勝2敗とした。御嶽海は6敗目。関脇隆の勝は玉鷲を寄り切って6勝目を挙げた。

後で読む
デイリースポーツ

来年の東京五輪へ向け、約9カ月ぶりに東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで合宿を開始したバスケットボール男子日本代表のラマス監督が19日、オンラインで取材に応じ「戦術の大半は変わらないが小さな変化を与えることで成長につながる」と語った。 合宿には19人が参加。規定で1枠の日本国籍取得選手はロシター(宇都宮)とエドワーズ(千葉)を招集した。昨年のワールドカップ代表のファジーカス(川崎)が不参加の理由について、監督は「どういう選手か知っているから。ロシターとエドワーズを知ることが大事」と説明した。

後で読む
デイリースポーツ

日本野球機構(NPB)が19日、臨時実行委員会を開き、今季の日本シリーズは全試合で指名打者制(DH制)を採用すると発表した。新型コロナウイルスの影響を強く受けたシーズンで、選手の疲労・肉体的負担が強いことを理由に、ソフトバンクが提案。巨人もこれを受け入れた上で、斉藤惇コミッショナーが導入する判断を示し、12球団が合意した。 過去の日本シリーズでは、全試合DH制が導入されたことが一度だけある。1985年の阪神と西武によるシリーズでDH制度そのものが初めて採用され、全試合で適用された。吉田義男監督率いる阪神が6試合とも弘田澄男をDHで起用し、4勝2敗で初の日本一を達成した。

後で読む
デイリースポーツ

巨人の原辰徳監督が19日、今季に限り日本シリーズ全試合で指名打者制(DH制)が導入されることについて、取材に応じた。 ソフトバンクからの提案を受けて決定したことについて、「ようはソフトバンクから『DH制でやらないか』ということですよ。まあ、やっぱり我々はそれを『分かった。それでいきましょう』という話の中で、コミッショナーが裁定したということじゃないでしょうかね」と語った。

後で読む
デイリースポーツ

楽天からドラフト6位指名を受けた内星龍投手(18)=履正社=が18日、大阪市内で入団交渉を行い、契約金2500万円、年俸500万円で合意した。(金額は推定) 契約合意とあって「すごく緊張して、実感もわいてきた」と内。プロでの目標に、あこがれのオリックス・山本とプロの舞台で対戦し「投げ合って勝てるようになりたい」と語った。

後で読む
東京スポーツ

鷹のスピードスター・周東佑京内野手(24)が19日、巨人との日本シリーズに向けて〝電光石火〟の先制攻撃を仕掛けることを掲げた。  初戦の1回表にトップバッターとして打席を迎える。初回の先制点は大きな…

後で読む
サンケイスポーツ

日本野球機構(NPB)と12球団は19日、臨時実行委員会を開き、21日に開幕する日本シリーズ全戦で指名打者(DH)制を採用すると決めた。

後で読む
サンケイスポーツ

巨人が育成ドラフト2位で指名した京都先端科学大の喜多隆介捕手(22)=180センチ、83キロ、右投げ右打ち=の入団が19日、決まった。支度金300万円、年俸400万円で合意した。

後で読む
日刊スポーツ

中日ドラフト4位、倉敷工・福島章太投手(18)が19日、岡山市内のホテルで入団交渉を行い、契約金3500万円、年俸550万円で仮契約した。福島は憧れの先輩の名… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンク育成8位指名を受けた東農大北海道の中村亮太投手(22)が19日、東京都内の東農大世田谷キャンパスで、支度金300万円、年俸440万円(金額は推定)… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

先輩と地元東北を盛り上げる。日本ハム育成1位の花巻東・松本遼大投手(18)が19日、花巻市内の同校で支度金300万円、年俸260万円(金額は推定)で仮契約を結… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 日本野球機構が19日、今年に限り日本シリーズは全試合で指名打者制(DH制)を採用すると発表した。この日に臨時日本プロフェッショナル野球組織実行委員会が行われ、決定された。過去には1985年の阪神-西武の日本シリーズで1例導入されており、35年ぶりの試みとなる。 提案したのはソフトバンクで、新型コロナウイルスの影響を強く受けたシーズンで、選手の疲労・肉体的負担が強いことを理由に、投手の肉体的負担、故障のリスクを軽減することが理由とされた。

後で読む
サンケイスポーツ

楽天がドラフト6位指名した大阪・履正社高の内星龍投手(18)=190センチ、88キロ、右投げ左打ち=の入団が19日、決まった。契約金2500万円、年俸500万円で合意した。オンライン取材に応じ「すごく緊張してきて、実感も湧いてきた」と話した。

後で読む
サンケイスポーツ

日本サッカー協会は19日、オンラインで理事会を開き、女子プロリーグ「WEリーグ」の開幕を来年9月に控えて女子プロ選手の契約、登録、移籍に関する規則を新設した。WEリーグ独自の登録期間を設けるが、妊娠や出産などのために登録を外れ、活動を再開する場合は期間外でも登録できる。

後で読む
東京スポーツ

 大相撲11月場所(東京・両国国技館)12日目、大関貴景勝(24=千賀ノ浦)は幕内宝富士(33=伊勢ヶ浜)を突き出しで下し、優勝争いのトップとなる1敗を守った。また、この白星で今年49勝目となり、休場…

後で読む
東京スポーツ

 大相撲11月場所12日目(19日、東京・両国国技館)、元大関の小結照ノ富士(28=伊勢ヶ浜)が関脇御嶽海(27=出羽海)を一気に寄り切って10勝目(2敗)。優勝争いのトップと1差をキープすると同時に…

後で読む
東京スポーツ

 スペイン1部アトレチコ・マドリードは19日、ウルグアイ代表MFルーカス・トレイラ(24)が新型コロナウイルス陽性となったことを発表した。W杯南米予選からスペインに戻った際のPCR検査で判明。本人は無…

後で読む
デイリースポーツ

日本野球機構(NPB)が19日、臨時実行委員会を開き、今年に限り日本シリーズは全試合で指名打者制(DH制)を採用すると発表した。 新型コロナウイルスの影響を強く受けたシーズンで、選手の疲労・肉体的負担が強いことを理由に、投手の肉体的負担、故障のリスクを軽減するためにソフトバンクが提案。巨人もこれを受け入れた上で、12球団で話し合われた。斉藤惇コミッショナーが全試合にDH制を導入する判断を示し、これに12球団が「全会一致」で合意したと説明された。

後で読む
デイリースポーツ

読売新聞グループ本社広報部は19日、元巨人球団代表の保科昭彦(ほしな・てるひこ)氏が、脳梗塞のため今月15日に死去したことを発表した。88歳だった。

後で読む
デイリースポーツ

日本野球機構(NPB)が19日、臨時実行委員会を開き、今季の日本シリーズは全試合で指名打者制(DH制)を採用すると発表した。新型コロナウイルスの影響を強く受けたシーズンで、選手の疲労・肉体的負担が強いことを理由に、ソフトバンクが提案。巨人もこれを受け入れた上で、斉藤惇コミッショナーが導入する判断を示し、12球団が合意した。 過去の日本シリーズでは、全試合DH制が導入されたことが一度だけある。1985年の阪神と西武によるシリーズでDH制度そのものが初めて採用され、全試合で適用された。

後で読む
スポーツニッポン

元日本代表FWでスポニチ本紙評論家の城彰二さんが11月20日からYouTubeチャンネル「JO チャンネル」を開局する。

後で読む
サンケイスポーツ

広島が育成ドラフト1位で指名した磐田東高の二俣翔一捕手(18)=180センチ、76キロ、右投げ右打ち=の入団が19日、決まった。支度金290万円、年俸250万円で合意した。

後で読む
サンケイスポーツ

J1清水は19日、早大のFW加藤拓己(21)が2022年に加入すると発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

大相撲11月場所12日目(19日、両国国技館)大関貴景勝は平幕宝富士を突き出し、幕尻の志摩ノ海は竜電に下手出し投げで勝って、ともに1敗でトップを維持した。2人は13日目に単独首位を懸けて対戦する。竜電は3敗目。

後で読む
サンケイスポーツ

SMBC日本シリーズ2020は21日に京セラドーム大阪で開幕し、セ・リーグ2連覇の巨人と3年ぶりにパ・リーグで優勝したソフトバンクが対戦する。リーグ優勝チーム同士が対決するのは4年ぶり。巨人は8年ぶり23度目、ソフトバンクは南海、ダイエー時代を含めて4年連続11度目の頂点を狙う。

後で読む
日刊スポーツ

「ハマのギャグ魔神」になる! DeNAドラフト1位の明大・入江大生投手(22)が19日、横浜市内のホテルで仮契約を結んだ。契約金1億円、年俸1600万円、背番… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンク甲斐拓也捕手がG打線封じに意気込んだ。「緊張はすると思うけど、日本シリーズも経験させてもらっているし、ワクワクもしています」。シリーズは2年連続で… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

広島は19日に来季のコーチングスタッフを発表し、4年ぶりの復帰となる河田雄祐ヘッドコーチ(52)がマツダスタジアムで就任会見を行った。会見では再建論を熱く展開… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 日本野球機構(NPB)が19日、臨時実行委員会を開き、今季の日本シリーズは全試合で指名打者制(DH制)を採用すると発表した。 新型コロナウイルスの影響を強く受けたシーズンで、選手の疲労・負担が強いことを理由に、ソフトバンクが提案。巨人もこれを受け入れた上で、12球団で話し合った上で決まったと説明された。

後で読む
東京スポーツ

大相撲11月場所(東京・両国国技館)12日目、秋場所で大旋風を起こした幕内翔猿(28=追手風)は幕内若隆景(25=荒汐)に寄り倒しで敗れて8敗目を喫し、負け越しが決まった。立ち合いから突き押しの応酬…

後で読む
サンケイスポーツ

阪神は19日、藤田が大阪市内の病院で「左手有鉤骨の骨部分切除術」を受けたと発表した。藤田は球団を通じ「けがをしたことを前向きに考え、一日一日を大切にリハビリに取り組んでいきます」などとコメントした。

後で読む
サンケイスポーツ

大相撲11月場所12日目(19日、両国国技館)大関貴景勝は平幕の宝富士を突き出しで下し、11勝目(1敗)。元大関の小結照ノ富士は関脇御嶽海と対戦し、寄り切りで10勝目(2敗)を挙げた。

後で読む
デイリースポーツ

ボクシングのWBA・IBF世界バンタム級統一王者の井上尚弥(27)=大橋=が19日、都内で開かれたEMS(筋電子刺激)を中心としたトレーニングブランドSIXPADの新サービスであるオンラインジム「SIXPAD HOME GYM」のイベントに出演し、サッカー・ポルトガル代表FWクリスティアノ・ロナウド(ユベントス)から合同トレーニングを提案されたことが明かされた。 10月31日(日本時間11月1日)に米ラスベガスでジェーソン・モロニー(豪州)を7回KOで破る衝撃的な本格海外デビューを果たして以来、国内では2月26日以来となる公の場に姿を現した尚弥は、モデルで女優の菜々緒、陸上男子100メートル前日本記録保持者の桐生祥秀(日本生命)らと並んで登壇。菜々緒からは「これ以上強い選手はいないんじゃないかと思わせるぐらいすばらしい試合でした」、桐生からは「テレビで見させてもらいました。ボクも練習でボクシングをやっているんですけど、テンション上がりすぎて、こんなに心拍数上がるのかと思いました」と、モロニー戦を称賛された。

後で読む
デイリースポーツ

世界ボクシング協会(WBA)、国際ボクシング連盟(IBF)バンタム級統一王者の井上尚弥(大橋)が19日、東京都内で開かれたイベントに参加した。米国での防衛成功から2日に帰国し、2週間の待機生活を終えたばかり。「調整は大変だったが最高の結果を出せて満足している。バンタム級最強を目指し(世界主要)4団体統一を目指す」と意欲を語った。 オンラインを利用したトレーニングを体験し「試合が終わったばかり。完全オフの時期なのできつい」と苦笑した。

後で読む
日刊スポーツ

J2ジュビロ磐田の鈴木政一監督(65)が一戦必勝で臨む構えを示した。21日のアウェー、ヴァンフォーレ甲府戦(中銀スタ、午後2時)に備え、19日は磐田市内で調整…

後で読む
日刊スポーツ

J2モンテディオ山形は19日、MF広岡睦樹(19)が交通事故(物損事故)を起こしたと発表した。同日午前7時40分ごろ、天童市内で運転中に信号がない交差点で右折…

後で読む
日刊スポーツ

J1で12位の大分トリニータは19日、片野坂知宏監督(49)と来季の契約を更新したことを発表した。クラブ公式サイトを通じ、監督就任6年目のシーズンへ「この度、…

後で読む
東京スポーツ

 ノアマットで猛威を振るう杉浦軍が、22日の横浜武道館大会をジャックする。杉浦軍に所属する〝野獣〟藤田和之(50)が19日、東京・江東区の東京スポーツ新聞社を訪れ、なぜか所属選手に代わり同大会をPRし…

後で読む
スポーツニッポン

大相撲11月場所は19日、東京・両国国技館で12日目の取組が行われ、幕尻の東前頭17枚目・志摩ノ海は東前頭10枚目・竜電を下手出し投げで下し1敗をキープ。トップを追いかける竜電は痛い3敗目となった。大関・貴景勝は東前頭6枚目・宝富士を突き出しで下し1敗を守った。13日目は貴景勝と志摩ノ海の1敗同士の直接対決が実現する。

後で読む
東京スポーツ

 大相撲11月場所12日目(19日、東京・両国国技館)、幕尻の志摩ノ海(31=木瀬)が幕内竜電(30=高田川)を下手出し投げで破り、幕内で自己最多となる11勝目。1敗で優勝争いのトップを守った。取組後…

後で読む
東京スポーツ

 大相撲11月場所(東京・両国国技館)12日目、幕内徳勝龍(34=木瀬)が千代大龍(32=九重)を押し出しで破って7勝目。相手の立ち合いをしっかり組みとめて胸を合わせると、そのまま危なげなく攻め続けて…

後で読む
東京スポーツ

 陸上・短距離の桐生祥秀(24=日本生命)が19日、ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者の井上尚弥(27=大橋)、女優でモデルの菜々緒(32)とともに都内で行われた「SIXPAD」…

後で読む
デイリースポーツ

「大相撲11月場所・12日目」(19日、両国国技館) 幕内で最も番付が低い“幕尻”ながら優勝争いトップに並んでいる志摩ノ海(木瀬)が竜電(高田川)を、下手出し投げで破って、1敗を守った。

後で読む
デイリースポーツ

スポーツ庁が東京五輪・パラリンピックの延期に伴う追加経費のうち、パラリンピック経費の一部負担を検討していることが19日、分かった。東京大会の新型コロナウイルス検査態勢の整備も支援する。ともに政府の2020年度第3次補正予算案で要求を想定する事項に盛り込んだ。 自民党のスポーツ立国調査会などの合同会議で示した。国は既にパラリンピック経費の4分の1を負担しており、延期による追加分の負担も同様とする。負担額は大会組織委員会、東京都による今後の議論を踏まえて決める。ホストタウンや事前キャンプ地で自治体が実施する検査事業もサポートする。

後で読む
デイリースポーツ

「大相撲11月場所・12日目」(19日、両国国技館) 三役に復帰し、大関再昇進を目指している小結照ノ富士(伊勢ケ浜)が関脇御嶽海(出羽海)と対戦し、寄り切った。三役での2桁10勝目を挙げ、大関復帰の起点をつくった。

後で読む
デイリースポーツ

「大相撲11月場所・12日目」(19日、両国国技館) 結びの一番で貴景勝(千賀ノ浦)が宝富士(伊勢ケ浜)を突き出し、1敗を守った。また、単独での年間最多勝となることも決めた。

後で読む
デイリースポーツ

日本サッカー協会は19日、女子日本代表「なでしこジャパン」候補による国内合宿のメンバーに、主将のDF熊谷(リヨン)ら27人を選んだと発表した。来年の東京五輪に向けた強化合宿で、23~29日に福島県のJヴィレッジで行われる。 2018年U-20(20歳以下)女子ワールドカップ(W杯)優勝メンバーで21歳のGKスタンボー(INAC神戸)、なでしこリーグ優勝に貢献したMF水谷(浦和)、なでしこリーグ得点ランキング2位のFW浜田(マイナビ仙台)が初招集。11年女子W杯優勝メンバーのFW高瀬(INAC神戸)も入った。負傷中のエースFW岩渕(INAC神戸)は外れた。

後で読む
東京スポーツ

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者の井上尚弥(27=大橋)が19日、陸上100メートルの桐生祥秀(24=日本生命)、女優でモデルの菜々緒(32)とともに都内で行われた「SIXP…

後で読む
東京スポーツ

ボクシングWBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者の井上尚弥(27=大橋)が19日、都内で行われた「SIXPAD HOME GYM」の記念イベントに参加。自らのヒップについて「50点」と辛口の自…

後で読む
デイリースポーツ

阪神や日本ハム、MLBで活躍し、日本球界への復帰を目指している新庄剛志氏(48)が19日までに、自身のインスタグラムのストーリー機能で、トライアウト用にデザインしたユニホームが完成したと報告した。しかし、思うようにはいかない事情が生じたことも告白した。 新庄氏は自身のアカウント(shinjo.freedom)のストーリー機能を用い「トライアウト用にデザインしたユニホームが今日届いたが、引退した時のユニホームを着てくれと言われたから明日日本ハムのユニホームを作りに行ってくる」と報告した。

後で読む
デイリースポーツ

SMBC日本シリーズ2020は21日に京セラドーム大阪で開幕し、セ・リーグ2連覇の巨人と3年ぶりにパ・リーグで優勝したソフトバンクが対戦する。リーグ優勝チーム同士の対決は4年ぶり。巨人は8年ぶり23度目、ソフトバンクは南海、ダイエー時代を含めて4年連続11度目の頂点を狙う。 両チームの対戦は2年連続12度目。昨年はソフトバンクが4勝0敗と圧倒したが過去の対戦では巨人が9度制している。

後で読む
デイリースポーツ

 ダンロップ・フェニックス第1日(19日・宮崎県フェニックスCC=7042ヤード、パー71)重永亜斗夢が6バーディー、ボギーなしの65で回りトップに立った。1打差の2位に岩田寛が続いた。 さらに1打差の3位に日本オープン選手権を制した稲森佑貴、時松隆光ら9人が並んだ。米国でのマスターズ・トーナメントから帰国した前回覇者の今平周吾はイーブンパーの44位、石川遼は74と崩れ、71位と出遅れた。(賞金総額1億円、優勝2千万円、出場84選手=アマ4、曇り時々晴れ、気温26・6度、南の風3・8メートル、無観客)

後で読む
デイリースポーツ

 大王製紙エリエール・レディース第1日(19日・愛媛県エリエールGC松山=6545ヤード、パー71)前週の伊藤園レディースで優勝した20歳の古江彩佳と西村優菜、19歳の笹生優花の若手3人が6アンダーの65をマークして首位に並んだ。 3打差の4位には、大会連覇を狙う渋野日向子、勝みなみ、申ジエ(韓国)ら8人が続いた。小祝さくらは1アンダーの17位、昨季賞金女王で昨年大会2位の鈴木愛はイーブンパーの22位発進となった。(賞金総額1億円、優勝1800万円。出場96選手=アマ3、晴れ、気温26・9度、南の風6・2メートル、無観客)

後で読む
日刊スポーツ

スポーツ庁の室伏広治長官(46)が19日、都内でパラリンピアンを題材にした教材について、日本パラリンピック委員会の河合純一委員長(45)と意見を交換した。国際…

後で読む
日刊スポーツ

フィギュアスケートのアイスダンス男子で2月の4大陸選手権代表のティム・コレト(29)が日本国籍を取得した。19日に自身のツイッターを更新し、「皆様、重要なお知…

後で読む
日刊スポーツ

フィギュアスケートのアイスダンス男子で2月の4大陸選手権代表のティム・コレト(29)が日本国籍を取得した。19日に自身のツイッターを更新し、「皆様、重要なお知…

後で読む
日刊スポーツ

陸上男子100メートルの桐生祥秀(24=日本生命)が世界一を身近に感じ取った。19日、都内で行われたオンラインジム「SIXPAD HOME GYE」の記者発表…

後で読む
サンケイスポーツ

J2東京Vは19日、J2群馬に期限付き移籍中のFW林陵平(34)が今季限りで引退すると発表した。柏や山形などでもプレーし、J1通算36試合出場で3得点、J2通算256試合で62得点をマークした。

後で読む
サンケイスポーツ

ダンロップフェニックス第1日(19日、宮崎・フェニックスCC=7042ヤード、パー71)前週の「三井住友VISA太平洋マスターズ」で3位だったアマチュアの中島啓太(20)=日体大2年=が4バーディー、1ボギーの3アンダー68をマークし、首位に3打差の12位発進となった。

後で読む
サンケイスポーツ

大相撲11月場所12日目(19日、両国国技館)16場所ぶりに十両へ返り咲いた宇良が旭大星に快勝し、関取として3年半ぶりの勝ち越しを決めた。「うれしいしか(言葉が)出てこない」と静かに喜んだ。

後で読む
サンケイスポーツ

大王製紙エリエールレディス第1日(19日、愛媛・エリエールGC松山=6545ヤード、パー71)前週の伊藤園レディースで優勝した20歳の古江彩佳と西村優菜、19歳の笹生優花の若手3人が6アンダーの65をマークして首位に並んだ。

後で読む
日刊スポーツ

楽天久保2軍投手コーチが「失敗」を勧めた。19日、楽天生命パークでの秋季練習第1クール最終日に参加。今季限りで現役を引退し、石井GM兼任監督をはじめとした新体… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

阪神は19日、藤田健斗選手(19)が同日に大阪市内の病院で「左手有鉤(ゆうこう)骨の骨部分切除術」を終えたことを発表した。藤田は広報を通じて「ケガをしたことを… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
スポーツニッポン

フィギュアスケート・アイスダンスで小松原美里(28)と組んで全日本選手権2連覇中のティム・コレト(29)が19日、日本国籍を取得した。自身のツイッターを更新し、「今日帰化を許可されました。日本国籍を取得できたことをとても光栄に思っています。最初から今まで、辛い時も、幸せな時も自分たちを応援して頂き、ありがとうございます。感謝の気持ちでいっぱいです」などと報告した。米国出身で小松原と結婚している…

後で読む
東京スポーツ

 ゴルフの国内男子ツアー「ダンロップフェニックス」が19日に宮崎・フェニックスCC(パー71)で開幕し、初日は重永亜斗夢(32=ホームテック)が6バーディー、ボギーなしの65で回り、首位に立った。  …

後で読む
東京スポーツ

 大相撲11月場所12日目(19日、東京・両国国技館)、十両宇良(28=木瀬)が十両旭大星(31=友綱)を押し出して8勝目(4敗)。右ヒザの故障を乗り越えて関取復帰を果たした土俵で勝ち越しを決めた。関…

後で読む
東京スポーツ

 国内女子ツアー「エリエールレディス」初日(19日、愛媛・エリエールGC松山=パー71)、昨年優勝の渋野日向子(22=サントリー)は3バーディー、ノーボギーの68をマーク、3アンダーの4位と今季最高の…

後で読む
デイリースポーツ

J1柏のネルシーニョ監督が19日、新型コロナウイルス感染から復帰後初めてオンラインで取材に応じた。70歳の指揮官は体重が3キロ減ったといい、やややつれた顔つきだったが「順調に回復し、現場にも復帰して元気です」と笑顔を見せた。 3日にPCR検査で陽性と判定され、千葉県内の病院に入院。サッカーの映像などを見て過ごしたというが「正直思い出すのも嫌なくらい非常にタフな日々が続いた」と吐露した。

後で読む
デイリースポーツ

広島は19日、今季までヤクルトで外野守備走塁コーチを務めた河田雄祐氏(52)のヘッドコーチ就任を発表。マツダスタジアムで記者会見し「野球を楽しんで、相手に勝つという気持ちを出せるように僕が仕事をしていければいい。パ・リーグと互角に戦えるチームをつくれればと思っている」と抱負を語った。 広島では2016、17年に外野守備走塁コーチとしてリーグ連覇に貢献したが、家庭の事情で退団した。4年ぶりの復帰となり「プロに入った球団がカープ。赤いアンダーシャツを着て、後輩たちと野球ができると決まった時は非常にうれしく感じた」と話した。

後で読む
東京スポーツ

米CBSスポーツ(電子版)は18日(日本時間19日)に「この冬にFAになっていたかもしれない大リーガーランキング」を掲載した。  堂々の1位は2月にレッドソックスからドジャースへ電撃移籍し、7月に1…

後で読む
スポーツニッポン

 プロボクシングWBA&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(27=大橋)が19日、都内で行われた「SIXPAD HOME GYM」記念イベントに陸上男子短距離の桐生祥秀(24=日本生命)、タレントの菜々緒(32)とともにゲスト出演した。

後で読む
サンケイスポーツ

J1柏のネルシーニョ監督が19日、新型コロナウイルス感染から復帰後初めてオンラインで取材に応じた。70歳の指揮官は体重が3キロ減ったといい、やややつれた顔つきだったが「順調に回復し、現場にも復帰して元気です」と笑顔を見せた。

後で読む
日刊スポーツ

DeNAは12月7~12日、横浜スタジアムおよび横浜公園内で、ライティングイルミネーションイベント「BALLPARK FANTASIA Vega Lumini… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ヤクルトは19日、山田哲人内野手(28)と契約について合意したと発表した。これまで複数回の交渉を重ねていた。山田哲は「球団の方と話し合いを重ねてきました。正直… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

日本野球機構(NPB)は21日から開幕する巨人とソフトバンクとの「SMBC日本シリーズ2020」の出場資格を持つ各チームの40選手を19日、発表した。巨人は左… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 プロ野球のヤクルトが19日、山田哲人内野手(28)と契約について合意したと発表した。 山田哲は「球団の方と話し合いを重ねてきました。正直に今までで一番悩みましたが、FA権を行使せずに残留することにしました。更に活躍できるように努力したいと思います」とコメントした。

後で読む
サンケイスポーツ

元スペイン代表MFマルケル・スサエタは7月にAリーグのメルボルン・シティを退団。それ以降フリーとなっていたが、AリーグのマッカーサーFCで再スタートすることとなった。

後で読む
サンケイスポーツ

国際パラリンピック委員会(IPC)の公認教材「アイム ポッシブル」の内容を短縮し、新たに作成した15分版のプログラムの発表会が19日、東京都内で行われ、日本パラリンピック委員会(JPC)の河合純一委員長が「ハードのレガシー(遺産)はもうできている。教育を通じ、ハート(心)のレガシーを残していきたい」とアピールした。

後で読む
サンケイスポーツ

広島は19日、今季までヤクルトで外野守備走塁コーチを務めた河田雄祐氏(52)のヘッドコーチ就任を発表。マツダスタジアムで記者会見し「野球を楽しんで、相手に勝つという気持ちを出せるように僕が仕事をしていければいい。パ・リーグと互角に戦えるチームをつくれればと思っている」と抱負を語った。

後で読む
サンケイスポーツ

競泳のコナミオープンの実行委員会は19日、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、来年2月20、21日に東京辰巳国際水泳場で開催予定だった同オープンを中止すると発表した。次回は2022年2月の開催を目指す。

後で読む
日刊スポーツ

23日から行われる女子サッカーなでしこジャパン候補のトレーニングキャンプメンバーに、セレッソ大阪堺レディースのMF林穂之香(22)、MF脇阪麗奈(21)、DF…

後で読む
日刊スポーツ

新型コロナウイルスの感染から現場復帰した柏レイソルのネルシーニョ監督(70)が19日、21日のサガン鳥栖戦に向けオンライン取材に応じた。ネルシーニョ監督は3日…

後で読む
日刊スポーツ

ベガルタ仙台は19日、仙台市内で明日21日のホーム鹿島アントラーズ戦に向けて、非公開練習を行った。DF金正也(32)はチームワースト2位の17戦未勝利をストッ…

後で読む
日刊スポーツ

清水エスパルスは19日、早大FW加藤拓己(3年)の加入を発表した。大学卒業後の2022年シーズンからの加入となるが、クラブは能力を高く評価。獲得を決めた。山梨…

後で読む
スポーツニッポン

16場所ぶりに十両に復帰した東13枚目の宇良(28=木瀬部屋)が東8枚目の旭大星(31=友綱部屋)を押し出して8勝目を挙げた。関取としての勝ち越しは西前頭10枚目で11勝4敗の好成績を収めた17年夏場所以来で20場所ぶり。取組直後のリモート取材で「うれしいですね。“うれしい”しか出てこない」と喜んだ。

後で読む
東京スポーツ

 米CBSスポーツ(電子版)は18日(日本時間19日)に「この冬にFAになっていたかもしれない大リーガーランキング」を掲載した。  堂々の1位は2月にレッドソックスからドジャースへ電撃移籍し、7月に1…

後で読む
東京スポーツ

 またしても朗報だ。ヤクルトは19日、石山泰稚投手(32)との契約に合意したと発表した。石山は今季、国内フリーエージェント(FA)権を取得したが、行使せず残留する。契約は4年で、出来高を含めると7億円…

後で読む
東京スポーツ

 巨人は19日、直江大輔投手(20)と山下航汰外野手(20)の2選手に自由契約とすることを通知した。  両者はいずれも高卒2年目で右腕の直江は8月23日の広島戦(マツダ)でプロデビュー。3試合に登板し…

後で読む
デイリースポーツ

大阪から3番目のJリーグ入りを目指すサッカーJFLのFC大阪は18日、来季トップチームの戦力として活躍できる人材発掘を目的としたセレクションを12月5日に服部緑地陸上競技場で開催することを発表した。 対象は2021年4月1日時点において満15歳以上の健康な男子で、合格した場合、FC大阪と契約し、21年2月にFC大阪へ選手登録できる者。18歳未満の場合はユースチームの登録となる可能性もある。応募締め切りは12月2日必着。応募方法など詳細はFC大阪の公式サイトまで。

後で読む
デイリースポーツ

「卓球・ITTFファイナル」(19日、鄭州) 男子シングルス1回戦で、世界ランク4位の張本智和が同18位の張禹珍(韓国)と対戦し3-4(11-6、11-2、7-11、11-7、10-12、2-11、5-11)で逆転負けした。

後で読む
デイリースポーツ

【北京共同】卓球の世界ランキング上位で争う国際卓球連盟(ITTF)ファイナルは19日、中国の鄭州で開幕して1回戦が行われ、東京五輪男子代表で世界4位の張本智和が同18位の張禹珍(韓国)に3-4で逆転負けする波乱があった。 女子の東京五輪代表で世界9位の石川佳純も同23位の徐孝元(韓国)に1-4で敗れ、初戦で姿を消した。加藤美優は世界1位の陳夢(中国)と、佐藤瞳は王曼イク(中国)とそれぞれ対戦する。

後で読む
デイリースポーツ

「大相撲11月場所・12日目」(19日、両国国技館) 13日目の取組が発表され、11日目を終えて10勝1敗でトップに並ぶ大関貴景勝(千賀ノ浦)と幕尻の志摩ノ海(木瀬)の直接対決が結びで組まれた。

後で読む
デイリースポーツ

J1大分は19日、片野坂知宏監督(49)との契約更新を行い、来季も指揮をとることが決定したことを発表した。片野坂政権はクラブ史上最長の6シーズン目を迎える。 現役時代、左サイドバックとして活躍した片野坂監督は03年に大分で現役引退。大分、広島、G大阪でのコーチを経て、16年に当時J3の大分の監督に就任。就任1年目にJ3優勝を決めてJ2昇格。18年にJ2準優勝でJ1復帰を果たした。19年は監督として初挑戦のJ1を9位で終え、優秀監督賞を受賞した。今季はここまで9勝6分け11敗の勝ち点33で暫定12位となっている。

後で読む
デイリースポーツ

「大相撲11月場所・12日目」(19日、両国国技館) 2度の右膝手術を乗り越え、18年初場所以来16場所ぶり十両復帰した人気業師の宇良(28)=木瀬=が旭大星(友綱)を押し出して、勝ち越しを決めた。

後で読む
デイリースポーツ

新型コロナウイルスに感染したJ1柏のネルシーニョ監督(70)が19日、回復して活動再開後初めてオンライン取材に応じた。「症状が出てから数日は高熱が出たが、現場にも復帰していて見ての通り元気です。心配おかけしてすみません」と画面越しに回復した姿を見せた。 3日に陽性判定を受けて千葉県内の病院に入院。その後に症状の悪化はなかった。「思い出すのも嫌なくらいタフな日々が続いた。10日間過ごして、医療従事者の方は本当によくしてくださった。感謝してもしきれない」と振り返った。

後で読む
デイリースポーツ

巨人は19日、直江大輔投手(20)と山下航汰外野手(20)に自由契約を通知したと発表した。球団は育成契約を打診したもようだ。 直江は今年8月23日・広島戦(マツダスタジアム)で1軍デビュー。10月に腰の手術を受け、現在はリハビリに励んでいる。山下は開幕直前に右手有鈎(ゆうこう)骨を骨折。飛躍を期待されたが、1軍出場はなかった。

後で読む
デイリースポーツ

DeNAにドラフト1位指名された明大の入江大生投手=187センチ、87キロ=が19日、横浜市内のホテルで入団交渉し、契約金1億円、年俸1600万円の最高条件で合意した。背番号は日米通算381セーブをマークした佐々木主浩氏が着けていた「22」に決まった。 1年目から開幕ローテーションに入ることを目標に掲げ「強い自覚や責任を感じた。偉大な先輩方が着けた番号に恥じぬように、結果を出したい」と意気込んだ。交渉には17日に就任したばかりの三浦大輔新監督がサプライズで参加し「大先輩が着けた重みを感じ、22イコール入江となるような活躍をしてほしい」と期待を込めた。

後で読む
デイリースポーツ

ヤクルトは19日、石山泰稚投手(32)が今季取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使せず残留すると発表した。出来高を含めて4年総額7億円で合意した。石山は球団を通じて「シーズン途中から話し合いを進めてきたが、FA権を行使せず残留することに決めた。これからもスワローズのために努力し、頑張っていきたい」とコメントした。 秋田・金足農高から東北福祉大、ヤマハを経て2013年にドラフト1位で入団。今季は抑えを務めて44試合で3勝2敗20セーブ、防御率2・01をマークした。高津監督は「開幕から見事にこなしてくれて非常に満足」と評価した。(金額は推定)

後で読む
デイリースポーツ

NPBが19日、今季の日本シリーズに出場資格者名簿を発表した。ソフトバンクからは、今季の開幕投手を務めた東浜巨投手が外れた。このリストから外れると、日本シリーズに出場する可能性はなくなる。 一般に40人枠と呼ばれ、毎試合、この中から26人がベンチに入ることができる。東浜は15日のロッテとのCS第2戦で先発したが、4回3失点で降板していた。コンディション不良も伝えられ、日本シリーズの出場が微妙な状況になっていた。

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクは19日、ペイペイドームでの練習を終え、巨人との日本シリーズ第1、2戦が行われる大阪へと移動した。打撃に守備にと汗を流した周東は、初めて主力として迎える大舞台へ向け「警戒されるのは覚悟の上。クライマックスシリーズは警戒されて何もできなかったので、何とかしたい」と意気込んだ。 今季は終盤戦で1番に定着。プロ野球記録を更新する13試合連続盗塁など、50盗塁をマークして育成出身初の盗塁王に輝いた。「日本シリーズのプレーボールの1番バッターはその年に一人だけ。特権だと思う。そのくらいの気持ちで楽しく行きたい」と笑う。

後で読む
スポーツニッポン

新型コロナウイルスに感染したJ1柏のネルシーニョ監督(70)が19日、回復後初めてオンラインで取材対応した。報道陣の前で約3週間ぶりに、元気な表情を見せた指揮官は「元気です。おかげさまで順調に回復し、数日間は高熱も出たが、今は現場にも復帰して元気です。ご心配をお掛けいたしました」と話した。

後で読む
デイリースポーツ

 「女子ゴルフ・大王製紙エリエールレディース・第1日」(19日、エリエールGC松山=パー71) 大会連覇を狙う渋野日向子(22)=サントリー=が3バーディー、ノーボギーの68でラウンド。今季国内5戦目で、自己最高の4位タイという好スタートを切った。首位とは3打差。

後で読む
スポーツニッポン

日本サッカー協会は19日、なでしこジャパンの候補合宿(11月23日から7日間、福島・Jヴィレッジ)に臨むメンバー27人を発表した。フランス1部リヨンのDF熊谷紗希(30)が、3月のシービリーブス杯(米国)以来の代表合流。期間中にふたば未来学園高、いわきFCU―18の男子チームと練習試合を予定する。招集メンバーは以下の通り。

後で読む
デイリースポーツ

 「女子ゴルフ・大王製紙エリエールレディース・第1日」(19日、エリエールGC松山=パー71) 初日、6アンダー、65で3人が首位に立った。2週連続優勝を狙う古江彩佳、2勝目を目指す西村優菜、そして3勝目を狙う笹生優花と、いずれも20歳以下という超フレッシュな3人だ。

後で読む
日刊スポーツ

都内で強化合宿を行っているバスケットボール5人制男子日本代表のフリオ・ラマス監督が19日、オンラインで会見に応じ、「(コロナ禍で)試合や練習が組めず、もどかし…

後で読む
日刊スポーツ

全日本空手道連盟が、菅義偉首相に名誉九段の段位を授与することが19日に分かった。20日に授与式が行われる予定。名誉九段が贈られるのは、英国エリザベス女王の夫の…

後で読む
東京スポーツ

元日本代表MF香川真司(31)が、スペイン2部サラゴサと契約を解除してから1か月以上が経過した。新天地についての情報は数多く出ていたものの、いまだに進展がない。元日本代表10番の狙いはいったいどこに…

後で読む
東京スポーツ

日本サッカー協会が19日、なでしこジャパンの強化合宿(23~29日、福島・Jヴィレッジ)に参加するメンバー27人を発表。〝美しすぎるGK〟として注目を浴びているハーフのGKスタンボー華(21=INA…

後で読む
サンケイスポーツ

ソフトバンクは19日、ペイペイドームでの練習を終え、巨人との日本シリーズ第1、2戦が行われる大阪へと移動した。打撃に守備にと汗を流した周東は、初めて主力として迎える大舞台へ向け「警戒されるのは覚悟の上。クライマックスシリーズは警戒されて何もできなかったので、何とかしたい」と意気込んだ。

後で読む
サンケイスポーツ

女子ゴルフのステップアップツアー、カストロール・レディースは19日、千葉県の富士市原GC(6452ヤード、パー72)で最終ラウンドが行われ、23歳の小野祐夢が首位から73で逃げ切って通算3アンダー、213で優勝した。西山ゆかりが1打差の2位、さらに1打差の3位に木下彩が入った。

後で読む
日刊スポーツ

メッツのロビンソン・カノ内野手(38)が18日、禁止薬物のスタノゾロールに陽性反応を示し、来季全試合の出場停止処分を受けた。18年にも禁止薬物の利尿剤陽性で8… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

DeNAネフタリ・ソト内野手(31)が19日、羽田空港発の航空機で、プエルトリコに帰国した。来季の去就は未定となっている。球団を通じて「今年は新型コロナウイル… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ロッテ益田直也投手(31)が19日、海外FA権行使を検討している沢村拓一投手(32)唐川侑己投手(31)について「個人としてもチームとしても残ってほしい」と思… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

阪神からドラフト8位で指名された石井大智投手(23)=四国ILp高知=が19h、都内にある「トリドールホールディングス本社」を訪問。同社の粟田貴也代表取締役社長、同じく巨人に育成7位で指名された戸田懐生投手(20)=四国ILp徳島=の3人による特別対談イベントが開催された。 同社は、丸亀製麺など国内外で1700店舗以上の外食産業を展開する。2017年から四国アイランドリーグplusとパートナーシップ契約を締結。粟田社長は「われわれと領域は違いますが、お客さんが喜んで、感動してまた来ていただくいうことは一緒。彼らは野球を通して、われわれは食を通して。人に喜んでいただく気持ちは一緒ですから」と、夢を追う野球人を支援してきた。

後で読む
サンケイスポーツ

日本サッカー協会は19日、第100回天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、NHK共催)の4回戦(12月13日)以降の組み合わせを発表し、前回8強でアマチュアシードのホンダFCは、日本フットボールリーグ(JFL)首位のヴェルスパ大分との対戦が決まった。

後で読む
サンケイスポーツ

卓球の世界ランキング上位で争う国際卓球連盟(ITTF)ファイナルは19日、中国の鄭州で開幕して1回戦が行われ、東京五輪男子代表で世界4位の張本智和(木下グループ)が同18位の張禹珍(韓国)に3-4で逆転負けする波乱があった。

後で読む
サンケイスポーツ

ヤクルトは19日、石山泰稚投手(32)と来季の契約について合意したと発表した。今年10月に取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使せず、残留することが決まった。

後で読む
スポーツニッポン

自身初の大会連覇を目指す渋野日向子(22=サントリー)が今季国内ツアーでは自己ベストスコアの68を出し、上々のスタートを切った。

後で読む
デイリースポーツ

日本サッカー協会は19日、第100回天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、NHK共催)の4回戦(12月13日)以降の組み合わせを発表した。前回8強でアマチュアシードのホンダFCは、日本フットボールリーグ(JFL)首位のヴェルスパ大分との対戦が決まった。 大学勢で唯一勝ち残った筑波大(茨城)は高知ユナイテッドと顔を合わせる。J3を制した秋田とJ2優勝チームは準々決勝から、J1の1、2位は準決勝から出場し、決勝は来年1月1日に東京・国立競技場で行われる。

後で読む
デイリースポーツ

J1札幌は19日、MF檀崎竜孔(20)がオーストラリアAリーグのブリスベンに来年6月末までの期限付きで移籍すると発表した。檀崎は青森山田高から札幌に昨季加入し、今季はJ1で1試合に出場。クラブを通じ「一回りも二回りも大きくなって帰ってきます」とコメントした。

後で読む
デイリースポーツ

DeNAからドラフト1位指名された入江大生投手(22)=明大=が19日、横浜市内のホテルで入団交渉を行い、契約金1億円、年俸1600万円で仮契約。背番号は「22」に決まった。三浦大輔新監督(46)のサプライズ訪問に固まる場面もあったが、プロ野球選手としての自覚と責任をにじませた。 ホテルの一室には進藤編成部長、八馬スカウトに加え、リーゼントヘアの三浦監督が待機していた。事前に知らされていなかった入江は入室した瞬間、体が硬直。顔を引きつらせて座席へと着いた。

後で読む
デイリースポーツ

「フェニックス・リーグ、ソフトバンク-ヤクルト」(19日、SOKKENスタジアム) ヤクルトの奥川恭伸投手(19)が、フェニックス・リーグで初先発。高津監督も視察に訪れた試合で、5回6安打2失点、5奪三振と結果を残した。

後で読む
スポーツニッポン

新型コロナウイルスに感染したJ1柏のネルシーニョ監督(70)が19日、回復後初めてオンラインで取材対応した。報道陣の前で約3週間ぶりに、元気な表情を見せた指揮官は「元気です。おかげさまで順調に回復し、数日間は高熱も出たが、今は現場にも復帰して元気です。ご心配をお掛けいたしました」と話した。

後で読む
東京スポーツ

J1札幌は19日、MF檀崎竜孔(20)がオーストラリア1部ブリスベンに期限付き移籍すると発表した。期間は2021年6月30日まで。  青森山田(青森)の主力として出場した2018年度の全国高校サッカ…

後で読む
東京スポーツ

ヤクルトは19日、山田哲人内野手(28)との契約に合意したと発表した。山田哲は今季、国内フリーエージェント(FA)権を取得していたが、行使せずに残留する。契約は7年で、出来高を含めると総額40億円の…

後で読む
東京スポーツ

J1札幌は19日、MF壇崎竜孔(20)がオーストラリア1部ブリスベンに期限付き移籍すると発表した。期間は2021年6月30日まで。  青森山田(青森)の主力として出場した2018年度の全国高校サッカ…

後で読む
スポーツニッポン

 ヤクルトは19日、山田哲人内野手と契約に合意したと発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

阪神にドラフト3位で指名された上武大・佐藤蓮投手(22)が19日、群馬・高崎市内のホテルで交渉し、契約金6000万円、年俸1000万円で入団に合意した。

後で読む
サンケイスポーツ

(フェニックス・リーグ、ソフトバンク-ヤクルト 19日、SOKKEN)今季、ドラフト1位で入団したヤクルト・奥川恭伸投手(19)が19日、フェニックス・リーグで初登板。ソフトバンク戦(SOKKEN)に先発し、プロ入り最多となる65球を投げ、5回6安打2失点の好投を見せた。直球の最速は152キロをマークし、常時140キロ台後半と150キロ台だった。

後で読む
サンケイスポーツ

広島は19日、河田雄祐氏(52)=前ヤクルト外野守備走塁コーチ=の来季のヘッドコーチに就任を発表した。背番号は「79」でリーグ連覇した2017年以来4年ぶりの古巣復帰。広島市のマツダスタジアムでの会見の主な一問一答は以下の通り。

後で読む
日刊スポーツ

ヤクルトのドラフト1位奥川恭伸投手(19)が、先発した。古賀とのバッテリー。初回、先頭の西田に直球を左翼線への二塁打とされた。2番高田に右越えの先制2ランを許… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ロッテは19日、育成ドラフト3位指名の山本大斗外野手(18=開星)と島根県内のホテルで契約を結んだ。支度金300万円、年俸230万円(金額は推定)。山本は身長… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

中日高橋周平内野手(26)が、セ、パ両リーグが制定する10、11月度の「月間スカパー!サヨナラ賞」を受賞した。10月15日の阪神戦(ナゴヤドーム)でプロ入り初… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

阪神からドラフト3位指名を受けた佐藤蓮投手(22)=上武大=が19日、群馬県高崎市内のホテルで入団交渉に臨んだ。契約金6000万円、年俸1000万円で仮契約を結び「自分自身、甲子園に行ったことがなくて、初めてプレーできるチャンスがあるので、実感が湧いてきた。将来的には、自分はパワーで押していくのが魅力だと思うので、真っ向勝負できるようなピッチャーになりたい」と力強く語った。 佐藤蓮は静岡県三島市出身。飛龍高を経て上武大に進学。1年冬に右肘を手術し、今秋にリーグ戦デビューを果たした。最速155キロを誇る剛腕だ。

後で読む
サンケイスポーツ

今季国内フリーエージェント(FA)権を取得したヤクルト・石山泰稚投手(32)が権利を行使せず、残留することが19日、分かった。

後で読む
サンケイスポーツ

DeNAのネフタリ・ソト内野手(31)が19日、羽田空港発の航空機で日本を離れた。球団を通じて「今年は新型コロナウイルスの影響で思い通りにいかないシーズンだった。リーグ優勝を果たすことできなかったが、チームは最後まで戦い抜き、良い成績を残せた選手もいたので良かったと思う」とコメントした。

後で読む
日刊スポーツ

J1大分トリニータは19日、片野坂知宏監督(49)と来季の契約を更新したと発表した。来季が6年目。J1昇格2年目の今季はここまで9勝6分け11敗の12位。(共…

後で読む
日刊スポーツ

元日本代表の城彰二氏(45)が、20日にYouTubeチャンネルを開設すると、19日に発表した。ゲストを迎えての対談やプロチームへの突撃取材、また視聴者のリク…

後で読む
日刊スポーツ

北海道コンサドーレ札幌は19日、MF檀崎竜孔(20)がオーストラリアAリーグ(国内1部)のブリスベンに期限付き移籍すると発表した。期間は来年6月30日まで。檀…

後で読む
スポーツニッポン

自身初の大会連覇を目指す渋野日向子(22=サントリー)が今季国内ツアーでは自己ベストスコアの68を出してホールアウトした。10番から出て15番でバーディー先行。17番パー5もきっちりスコアを伸ばし、後半のアウトも1バーディー奪った。ホールアウトした時点で暫定首位と3打差の5位につけた。

後で読む
東京スポーツ

 卓球の新設大会「ITTFファイナル」が19日、中国・鄭州で開幕。東京五輪女子日本代表で世界ランキング9位の石川佳純(27=全農)は、1回戦で同23位の徐孝元(33=韓国)に1―4で敗れ、初戦敗退とな…

後で読む
東京スポーツ

 新型コロナウイルスの影響で従来の6月から5か月遅れとなった米プロバスケットボールNBAのドラフト会議が18日(日本時間19日)にオンラインで開催され、ミネソタ・ティンバーウルブズが全体1位でジョージ…

後で読む
デイリースポーツ

西武の平良海馬投手が見せた“瞬間ファインプレー”が19日、「メットライフ生命presentsライオンズ10-11月ベストプレー賞」にノミネートされた。 注目されたのは、11月1日のソフトバンク戦でのワンシーン。八回、松田宣との対戦で鋭いピッチャーライナーが平良に襲いかかった。ここでとっさに差し出したグラブにボールが飛び込み、アウト。打った方も、捕った方も驚くプレーだった。

後で読む
スポーツニッポン

J2アルビレックス新潟は18日、玉乃淳GM兼強化部長(36)が強化部長を退任し、強化部スカウト担当の寺川能人氏(46)が強化部長に、スクールコーチ兼アカデミー部門スカウトの本間勲氏(39)が強化部スカウト担当に就任すると発表した。玉乃氏は12月31日でGMも退任する。聖籠町のクラブハウスで会見した寺川強化部長はアルベルト監督(53)に続投を要請し、好感触を得ていることを明かした。

後で読む
日刊スポーツ

2022年2月に行われる北京冬季オリンピック(五輪)の最新の競技日程が19日、発表され、フィギュアスケート男子は午前開始となった。ショートプログラム(SP)が…

後で読む
日刊スポーツ

開幕して1回戦が行われ、女子の東京五輪代表で世界ランキング9位の石川佳純(全農)が同23位の徐孝元(韓国)に1-4で敗れ、初戦敗退となった。男子のエースで世界…

後で読む
サンケイスポーツ

J1札幌は19日、MF檀崎竜孔(20)がオーストラリアAリーグのブリスベンに来年6月末までの期限付きで移籍すると発表した。檀崎は青森山田高から札幌に昨季加入し、今季はJ1で1試合に出場。クラブを通じ「一回りも二回りも大きくなって帰ってきます」とコメントした。

後で読む
サンケイスポーツ

J1のFC東京は19日、GK林が14日の練習で右膝の前十字靱帯と外側半月板を損傷したと発表した。全治までの期間は手術後に発表される。

後で読む
東京スポーツ

広島に4年ぶりにヘッドコーチとして復帰した河田雄祐氏(52)が19日、マツダスタジアムで会見を行った。スーツ姿で登場した河田氏は「赤いアンダーシャツ着て後輩たちと野球ができると決まった時に、非常にう…

後で読む
東京スポーツ

セ・パ両リーグが制定し、最も印象深いサヨナラ打を放った打者を表彰する10、11月度の「スカパー! サヨナラ賞」が19日に発表され、セ・リーグからは中日・高橋周平内野手(26)が選出された。  高橋は…

後で読む
サンケイスポーツ

 大王製紙エリエールレディス第1日(19日、愛媛県エリエールGC松山=6545ヤード、パー71)大会連覇が懸かる渋野日向子(22)=サントリー=は3バーディー、ノーボギー。3アンダーの68でフィニッシュした。

後で読む
サンケイスポーツ

ロッテから育成ドラフト3位で指名された開星高(島根)・山本大斗外野手(18)の入団が19日、決まった。支度金300万円、年俸230万円で合意した(金額は推定)。島根県松江市内のホテルで会見した山本は「この日を迎えて、『自分もプロの世界で勝負できるんだ』ということを実感したので、1日でも早く支配下登録していただけるように頑張っていきたい」と話した上で、高校通算25本塁打の長打力を磨き「将来はホームラン王を獲りたいという思いがあります。そして、小さい子供たちの憧れになるような選手になりたいです。好きなお菓子はコアラのマーチです!」と目を輝かせた。

後で読む
サンケイスポーツ

ヤクルトは19日、山田哲人内野手(28)と来季の契約について合意したと発表した。今年9月に取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使せず、残留することが決まった。

後で読む
サンケイスポーツ

バスケットボール男子日本代表のフリオ・ラマス監督が19日、オンラインで報道陣の取材に応じた。この日、約9カ月ぶりに合宿練習が始まり、「やっと一緒に練習できる。もう一度つながりを築き、成長していきたい」と感想を話した。

後で読む
日刊スポーツ

ロッテ井上晴哉内野手(31)が19日、セ・パ両リーグが制定する「スカパー! サヨナラ賞」の10、11月度受賞選手に選ばれた。井上自身は初受賞となる。「僕自身、… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ヤクルトのドラフト1位奥川恭伸投手(19)が、先発した。古賀とのバッテリー。初回、先頭の西田に直球を左翼線への二塁打とされた。2番高田に右越えの先制2ランを許… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ヤクルトは19日、山田哲人内野手(28)と契約について合意したことを発表した。山田哲 球団の方と話し合いを重ねてきました。正直に今までで一番悩みましたが、FA… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 プロ野球のヤクルトが19日、山田哲人内野手と契約合意したと発表した。 山田哲は「球団の方と話し合いを重ねてきました。正直に今までで一番悩みましたが、FA権を行使せずに残留することにしました。更に活躍できるように努力したいと思います」とコメントした。

後で読む
サンケイスポーツ

新型コロナウイルス感染が確認されたリバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーは、まだしばらく戦列復帰できないようだ。

後で読む
サンケイスポーツ

オリックスが19日、大阪市此花区のオセアンバファローズスタジアム舞洲で、韓国人高校生右腕の李俊明(イ・ジュンミョン)投手の入団テストを行った。

後で読む
サンケイスポーツ

首位を独走する川崎フロンターレと前年度王者の横浜F・マリノス。水曜日の夜、両者が相対する神奈川ダービーは、戦前から白熱した試合が予想された。

後で読む
スポーツニッポン

政府による特例措置により、自主隔離期間中の試合出場を認められた男子ゴルフの今平周吾(28=フリー)が19日、宮崎県のフェニックスCCで開幕したダンロップ・フェニックス(7042ヤード、パー71)に出場した。

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレス「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア(BOSJ)」初制覇を狙うBUSHI(37)が“足立区のドン・ファン”になった。  公式戦2戦目の18日後楽園大会で上村優也(26)に勝利した男には…

後で読む
デイリースポーツ

FC東京が19日、GK林彰洋(33)が14日のトレーニング中に右膝を負傷したことを発表した。チームドクターは「右膝前十字靱帯損傷、外側半月板損傷」と診断した。 全治期間について、クラブは「手術後にあらためてお知らせいたします」としており、手術を受ける方針を示している。

後で読む
デイリースポーツ

西武ライオンズ球場時代から多くのファンを迎え入れてきたメットライフドームの“名物”が役目を終える。玄関口となってきた一、三塁側の入場ゲートのうち、三塁側が16日と17日で解体され、残る一塁側も19日、20日で姿を消すことになる。 両ゲートは79年の西武ライオンズ球場開場以来、ドーム球場化を経て、約42年間、玄関口として球場を見守ってきた。メットライフドームを含む「メットライフドームエリア改修計画」が進められており、来年3月に、およそ3年間の改修工事を終えてグランドオープンをする。これに伴って入場ゲートが、西武球場駅前の改札よりに新設されるゲートに集約される。

後で読む
デイリースポーツ

オリックスは19日、大阪市此花区の球団施設で韓国・城南高校の右腕・李俊明投手の入団テストを実施。 福良GM、中嶋監督、高山ヘッド兼投手コーチらが見守る中、ブルペンで38球を投げ、直球のほか、カーブ、ツーシームなどの変化球も披露した。

後で読む
東京スポーツ

スペインプロリーグ機構(LFP)のハビエル・テバス会長が、イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティーを痛烈批判した。  スペイン紙「スポルト」は、同国1部バルセロナのFWリオネル・メッシ…

後で読む
東京スポーツ

昨季のイングランド・プレミアリーグ王者リバプールが早くも正念場を迎えている。  今季はここまで8試合を終えて5勝2分け1敗の勝ち点17で、首位のレスターとは勝ち点1差の3位。しかし、ここまでの16失…

後で読む
サンケイスポーツ

 独自のドラフト戦略で近年の成功例が話題となるDeNA。その中心を担ってきたのが、スカウト部長やGM補佐などを歴任した吉田孝司顧問兼球団代表補佐(74)だ。

後で読む
サンケイスポーツ

 ゴルフの国内ツアーは例年ならば最終盤を迎え、賞金王&賞金女王争いやシード争いがヒートアップしている時期である。しかし、コロナ禍で来季と統合された異例のシーズンは、まだ序盤戦といったところだろう。

後で読む
サンケイスポーツ

J1大分は19日、片野坂知宏監督(49)と来季の契約を更新したと発表した。来季が6年目。J1昇格2年目の今季はここまで9勝6分け11敗の12位。

後で読む
サンケイスポーツ

卓球の国際卓球連盟(ITTF)ファイナルは19日、中国の鄭州で開幕して1回戦が行われ、女子の東京五輪代表で世界ランキング9位の石川佳純(全農)が同23位の徐孝元(韓国)に1-4で敗れ、初戦敗退となった。

後で読む
スポーツニッポン

 ヤクルトの山田哲人内野手(28)が、今季中に取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使せず、残留することが18日、分かった。19日に発表される。日本球界最長タイの7年35億円プラス出来高の超大型契約を提示され、この日、合意した。FA宣言すれば複数球団による争奪戦は必至だったが、「ヤクルト愛」を貫いた。

後で読む
サンケイスポーツ

DeNAにドラフト1位指名された入江大生投手(22)=明大=の入団交渉が19日、横浜市内のホテルで行われた。

後で読む
日刊スポーツ

広島が19日、来季のコーチングスタッフを発表した。今季までヤクルトで外野守備走塁コーチを務めた河田雄祐氏(52)が4年ぶりにヘッドコーチとして広島に復帰した。… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

スタメンが発表された。阪神井上広大外野手(19)は、17日楽天戦、18日ヤクルト戦で2戦連続本塁打。3戦連発なるか。及川雅貴投手(19)は、5回4失点だった1… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「フェニックス・リーグ、西武-阪神」(19日、南郷スタジアム) フェニックス・リーグ10試合目の阪神。先発マウンドには、同リーグ2度目の登板となる及川が上がる。前回10日のロッテ戦では5回6安打4失点。「2アウトを取ってから、フォアボールを出したり、ボールが先攻して甘く入った真っすぐをヒットにされた」と制球に課題を残していた。反省を生かし、課題克服に取り組む。

後で読む
サンケイスポーツ

(フェニックス・リーグ、ソフトバンク-ヤクルト 19日、SOKKEN)今季、ドラフト1位で入団したヤクルト・奥川恭伸投手(19)が19日、フェニックス・リーグに初登板する。ソフトバンク戦(SOKKEN)に先発し、プロ入り最多となる70球前後を予定している。

後で読む
サンケイスポーツ

2022年2月に行われる北京冬季五輪の最新の競技日程が19日、発表され、フィギュアスケート男子は午前開始となった。ショートプログラム(SP)が8日の9時15分(日本時間10時15分)、フリーは10日の9時半に始まる。いずれも午後1時半ごろの終了が見込まれている。女子は15日のSP、17日のフリーとも午後6時に始まる。

後で読む
日刊スポーツ

ホームの藤枝MYFCが劇的勝利でアスルクラロ沼津との「静岡ダービー」を制した。0-0で迎えた後半45分、ゴール前の混戦からFW森島康仁(33)が左足で押し込み…

後で読む
日刊スポーツ

ホームの藤枝MYFCが劇的勝利でアスルクラロ沼津との「静岡ダービー」を制した。アウェーの沼津は粘り強い守備を見せるも、耐えきれず。今季初の3連勝とはならなかっ…

後で読む
スポーツニッポン

女子ゴルフの大王製紙エリエール・レディースは当地で午前8時から第1ラウンドを行っている。

後で読む
東京スポーツ

 新型コロナウイルスに感染したウルグアイ代表FWルイス・スアレス(33=アトレチコ・マドリード)が、母国で受けた2回目の検査も陽性と診断された。  17日のカタールW杯南米予選ブラジル戦の前に行われた…

後で読む
デイリースポーツ

米プロバスケットボール、NBAのドラフト会議が18日(日本時間19日)、開かれ、ティンバーウルブズが1巡目全体1位でGアンソニー・エドワーズ(19、ジョージア大)を指名した。 エドワーズはジョージア大に1シーズン所属し、32試合、1試合平均33分の出場で同19・1点、5・2リバウンド、2・6アシストを記録。ティンバーウルブズでは大黒柱のタウンズや司令塔のラッセルとのコンビネーションが期待されている。

後で読む
デイリースポーツ

【ロサンゼルス共同】米プロバスケットボール、NBAのドラフト会議が18日、新型コロナウイルスの影響からオンラインで行われ、ティンバーウルブズが全体1位でジョージア大1年のアンソニー・エドワーズを指名した。 昨年八村塁を全体9位で指名したウィザーズは、同じ1巡目全体9位でイスラエル出身の19歳、デニ・アブディヤを選んだ。NBAのドラフト会議は2巡目までの計60人しか指名されない狭き門で、今年は通常の6月開催から延期された。

後で読む
デイリースポーツ

「大相撲11月場所・12日目」(19日、両国国技館) 大好きな阪神タイガースをしこ名にする東序二段38枚目の朝阪神(20)=高砂=が悔しい自滅で連勝が止まり、3勝3敗となった。

後で読む
デイリースポーツ

2022年2月に行われる北京冬季五輪の最新の競技日程が19日、発表され、フィギュアスケート男子は午前開始となった。ショートプログラム(SP)が8日の9時15分(日本時間10時15分)、フリーは10日の9時半に始まる。いずれも午後1時半ごろの終了が見込まれている。女子は15日のSP、17日のフリーとも午後6時に始まる。 フィギュアスケートは前回の18年平昌五輪では全種目、米国の夜に当たる午前に始まった。北京五輪では団体も午前にスタートする。

後で読む
デイリースポーツ

【北京共同】卓球の国際卓球連盟(ITTF)ファイナルは19日、中国の鄭州で開幕して1回戦が行われ、女子の東京五輪代表で世界ランキング9位の石川佳純(全農)が同23位の徐孝元(韓国)に1-4で敗れ、初戦敗退となった。 男子のエースで世界4位の張本智和(木下グループ)は同18位の張禹珍(韓国)と顔を合わせる。

後で読む
スポーツニッポン

 NBAドラフトで昨年に続いて全体9番目の指名権を持っていたウィザーズはイスラエル・リーグのマッカビ・テルアビブに所属していた206センチ、100キロのフォワード、デニ・アブディヤ(19)を指名。日本の八村塁(22)を指名した昨年同様、“国際マーケット”からの選手補強となった。

後で読む
日刊スポーツ

バスケットボールのB2青森ワッツは18日、池田祐一(23=国士舘大)と今季の選手契約に合意したと発表した。

後で読む
日刊スポーツ

米プロバスケットボールのNBAドラフトが18日に行われ、ジョージア大の19歳アンソニー・エドワーズが全体1位でティンバーウルブズに指名された。シューティングガ…

後で読む
日刊スポーツ

米バスケットボールNBAのドラフトが18日(日本時間19日)、リモート形式で行われ、全体1位指名権を持つティンバーウルブズがアンソニー・エドワーズ(19=ジョ…

後で読む
東京スポーツ

【日本シリーズ予想=得津高宏氏・ソフトバンク4勝2敗】ただでさえ戦力で見劣るのに本拠地も使えない巨人は勝てないだろう。打線がソフトバンクの投手陣を打つイメージもまったく湧かない。今年は交流戦がなかった…

後で読む
東京スポーツ

【日本シリーズ予想=遠藤一彦氏・ソフトバンク4勝2敗】これはもう、ソフトバンクで仕方がない。巨人の2勝は菅野で1つ勝ち、戸郷またはサンチェスのどちらかでもう1勝。菅野でもホークス相手に2勝するのは難し…

後で読む
東京スポーツ

【日本シリーズ予想=前田幸長氏・ソフトバンク4勝敗】好勝負になると期待したい。だが、ソフトバンクが圧倒的に有利な展開となることは否めないだろう。CSでロッテ相手に2試合いずれも先制されながら慌てること…

後で読む
東京スポーツ

【日本シリーズ予想=宇野勝氏・巨人4勝3敗】昨年、屈辱の4連敗を喫した原監督はもちろん、選手も「2年連続でナメられてたまるか」の精神でぶつかるはず。  巨人のエース・菅野が初戦だけでなく、計3戦で登板…

後で読む
東京スポーツ

今季、国内フリーエージェント(FA)権を取得したヤクルトの山田哲人内野手(28)が、権利を行使せず、残留することが19日までにわかった。契約年数は球界最長に並ぶ7年で、年俸は出来高を含めると40億円…

後で読む
サンケイスポーツ

米プロバスケットボール、NBAのドラフト会議が18日、新型コロナウイルスの影響からオンラインで行われ、ティンバーウルブズが全体1位でジョージア大1年のアンソニー・エドワーズを指名した。

後で読む
サンケイスポーツ

米大リーグ機構は18日、オーナー会議でパドレスの代表責任者としてロン・ファウラー氏に代わり、ピーター・サイドラー氏を承認したと発表した。

後で読む
日刊スポーツ

日本ハムでは今オフ、メジャー移籍を希望する有原投手と西川選手の去就が注目を集めています。ポスティングシステムは、球団の容認がなければ移籍を目指すこともできませ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

日刊スポーツ評論家の田村藤夫氏(61)が、ニッカンスポーツ・コム内で「みやざきフェニックス・リーグ」をリポートしている。関東第一から1977年(昭52)ドラフ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

大王製紙エリエールレディス第1日(19日、愛媛県エリエールGC松山=6545ヤード、パー71)大会連覇が懸かる渋野日向子(22)=サントリー=が10番からラウンドを開始。前半を終えノーボギー、2バーディーの2アンダーで折り返した。

後で読む
東京スポーツ

 全日本プロレス「世界最強タッグ決定リーグ戦」は波乱の幕開けとなった。18日新宿大会では復活を目指す宮原健斗(31)組が大日本プロレスのアブドーラ小林(44)組に敗れた。暮れの祭典は外敵天国になってし…

後で読む
スポーツニッポン

新型コロナウイルスの影響で5カ月遅れとなっていたNBAドラフトが18日にリモート形式で行われ、昨季19勝45敗に終わっていたティンバーウルブスは全体トップでジョージア大のシューティング・ガード(SG)、アンソニー・エドワーズ(19=193センチ、102キロ)を指名。同選手は昨季32試合に出場して19・1得点、5・2リバウンドをマークしていた。

後で読む
東京スポーツ

 全日本プロレス「世界最強タッグ決定リーグ戦」は波乱の幕開けとなった。18日新宿大会では2連覇を狙う世界タッグ王者の“暴走大巨人”こと諏訪魔(43)、石川修司(45)組がアンファンテリブルの芦野祥太郎…

後で読む
東京スポーツ

 母不在でも安心!? 国内女子ゴルフの「エリエールレディス」(19日~、愛媛・エリエールGC=パー71)に出場の小祝さくら(22=ニトリ)が、初の海外メジャーとなる「全米女子オープン」(12月10日~…

後で読む
東京スポーツ

 やはり逆効果だったか。国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長(66)が4日間の日本滞在を終え、18日に帰国した。  今回は来夏の東京五輪開催への準備状況確認が目的。菅義偉首相(71)…

後で読む
東京スポーツ

【武田修宏の直言!!】世界との差は歴然…。サッカー日本代表が17日(日本時間18日)の国際親善試合メキシコ戦(オーストリア)で0―2と完敗を喫し、波紋が広がっている。10月の活動再開後は3戦無敗(2勝…

後で読む
デイリースポーツ

今季国内FA権を取得し、その去就が注目されていたヤクルトの山田哲人内野手(28)が残留を決断したことが19日、わかった。球団関係者の話を総合すると、日本人選手最長タイとなる7年総額40億プラスで出来高で合意したとみられ、大型契約となった。 球団への愛を貫いた。10年間在籍したチームへの恩と感謝。シーズン中から話し合いを重ね、18日に今オフの主役の一人が決断を下した。宣言残留も認められていた中で、大争奪戦の道を選ぶことなく、取得した権利を行使することなく残留という結論を選んだ。

後で読む
スポーツニッポン

J1大分は19日、片野坂知宏監督(49)と来季の契約を更新したと発表した。6シーズン目になる。

後で読む
東京スポーツ

スペイン紙「アス」は18日、同国1部バルセロナのFWリオネル・メッシ(33)が「僕が常にクラブのすべての問題であることに少しうんざりしている」と注目発言したと報じた。メッシはアルゼンチン代表として臨…

後で読む
東京スポーツ

J1FC東京は19日、元日本代表GK林彰洋(33)が14日の練習中に負傷し、チームドクターの診察を受けた結果、右膝前十字靱帯損傷、外側半月板損傷と診断されたことを発表した。手術を予定しており、全治ま…

後で読む
東京スポーツ

阪神のドラフト1位・佐藤輝明内野手(21=近大)が18日、西宮市の母校・仁川学院高を凱旋訪問しプロ入りの「報告会」に参加。「自分の才能を信じ、やるべきことをやれば、結果は必ず証明できる」と在校生20…

後で読む
東京スポーツ

【藤井康雄「勇者の魂」(22)】プロに入って球が速いと思ったのは、西武・郭泰源、渡辺久信、日本ハム・西崎幸広、近鉄・阿波野秀幸(中日投手コーチ)あたりですね。でもスピードには対応できたし、左も嫌ではな…

後で読む
東京スポーツ

【取材のウラ側 現場ノート】ついに「ハマの番長」から“ハマのボス”へと成り上がった。DeNAの新監督に、今季まで二軍監督を務めた三浦大輔氏(46)が就任した。  背番号は自らが背負ってきたエースナンバ…

後で読む
サンケイスポーツ

大王製紙エリエールレディス第1日(19日、愛媛県エリエールGC松山=6545ヤード、パー71)大会連覇が懸かる渋野日向子(22)=サントリー=が10番からラウンドを開始。年内は今大会を含めて残り2試合。12月の「全米女子オープン」に向け、賞金ランキング100位からの逆襲が始まる。

後で読む
日刊スポーツ

メッツのロビンソン・カノ二塁手が禁止薬物の検査で陽性反応を示し、2400万ドル(約26億4000万円)の来季年俸なしで162試合の出場停止処分を科された。これ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

メジャー通算630本塁打を放った殿堂入りのスラッガー、ケン・グリフィーJr氏が、古巣であるマリナーズのオーナーグループに加わったことが発表された。マリナーズは… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

NFLのアリゾナ・カージナルスで今季は同リーグ史上初めてとなるパス4000ヤード、ラン1000ヤードを達成するペースの大活躍を見せているQBカイラー・マレーが… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

<みやざきフェニックス・リーグ:ヤクルト1-7阪神>◇18日◇アイビースタジアム日刊スポーツ評論家・田村藤夫氏(61)のフェニックス・リーグ取材最終日は、阪神… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

阪神の秋季練習初日だった15日、ヘッドに昇格した井上コーチが円陣で5分以上も選手に話しかけていた。その内容について、井上コーチは「みんなで1つのチームになって… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

米大リーグ機構は18日、メッツのロビンソン・カノ内野手(38)が禁止薬物で筋肉増強作用のあるスタノゾロールに陽性反応を示したとし、来季の出場停止処分を科したと発表した。

後で読む
デイリースポーツ

ヤクルトの山田哲人内野手(28)が、今季取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使せず残留することが19日、分かった。新たに7年総額約40億円プラス出来高払いの大型契約を結ぶ見込み。 2011年に大阪・履正社高からドラフト1位で入団し、15年にトリプルスリー(打率3割、30本塁打、30盗塁)を達成。本塁打王と盗塁王を獲得してチームをリーグ優勝に導き、セ・リーグ最優秀選手に輝いた。トリプルスリーは16、18年にも史上初めて複数回達成。今季は上半身の不調もあって94試合で打率2割5分4厘、12本塁打、52打点、8盗塁と苦しんだ。

後で読む
日刊スポーツ

NBAは17日、12月22日に開幕する今季の概要を発表し、NBA決勝は最終戦までもつれた場合、東京オリンピック(五輪)の開会式が行われる直前の来年7月22日閉…

後で読む
日刊スポーツ

日本テニス協会は18日、女子の国別対抗戦ビリー・ジーン・キング杯(旧フェド杯)の日本-ウクライナを、来年2月5、6日に兵庫県三木市のブルボンビーンズドームで無…

後で読む
日刊スポーツ

卓球で日本のトップ選手が出場する今年最後の国際大会となる、国際卓球連盟(ITTF)ファイナルは19日に中国の鄭州で開幕する。18日は1回戦の組み合わせ抽選が行…

後で読む
日刊スポーツ

全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝)は22日、宮城県松島町文化観光交流館前~仙台市陸上競技場の6区間(42・195キロ)で行われる。昨年優勝の日本郵政グ…

後で読む
サンケイスポーツ

21日に開幕する日本シリーズの勝敗を本紙専属評論家の江本孟紀(73)と小早川毅彦(59)の両氏が予想。昨秋と同カードとなった頂上決戦に小早川氏はシーズン終盤のチーム状態からソフトバンク優位とした。

後で読む
サンケイスポーツ

アーセナルDFセアド・コラシナツが新型コロナウイルスに感染したようだ。

後で読む
サンケイスポーツ

 21日に開幕する日本シリーズの勝敗を本紙専属評論家の江本孟紀(73)と小早川毅彦(59)の両氏が予想。昨秋と同カードとなった頂上決戦に江本氏は原監督の“采配力”で巨人がリベンジとした。

後で読む
サンケイスポーツ

米大リーグ機構は18日、メッツのロビンソン・カノ内野手(38)が禁止薬物で筋肉増強作用のあるスタノゾロールに陽性反応を示したとし、来季の出場停止処分を科したと発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

■11月19日 このソーシャルディスタンスのご時世でも“ハマの番長”からは調髪料の芳香が漂ったという。17日、横浜市内のホテルで開かれたDeNAの三浦大輔新監督(46)の就任会見。トレードマークのリーゼントで決め「喜びとともに責任を重く受け止め、前を向いてやっていきたい」と決意表明した。

後で読む
日刊スポーツ

MLB公式サイトは18日、各チームから1人ずつ来季のサイ・ヤング賞やリーグMVPなどの各賞を獲得する最有力候補をピックアップ。カブスからダルビッシュ有投手がサ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

目指せ、淡路島タッグ結成! 阪神ドラフト5位の東洋大・村上頌樹投手(22)が18日、さいたま市内のホテルで入団交渉に臨み、契約金4000万円、年俸720万円で… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 米大リーグ機構(MLB)は18日(日本時間19日)、メッツのロビンソン・カノ内野手(38)を薬物規定違反により162試合の出場停止の処分を科したと発表した。パフォーマンス向上薬スタノゾロールの陽性反応があり、来季年俸2400万ドル(約25億円)は支払われない。同内野手はマリナーズ時代の18年にも禁止薬物使用で80試合の出場停止処分を受けている。 同内野手は05年にヤンキースでメジャーデビューし、13年オフにFAでマリナーズと10年2億4000万ドル(約250億円)で合意。18年オフにメッツへトレードされた。今季は49試合に出場し、打率・316、10本塁打、30打点。4年ぶりに長打率が5割を超えるなど好成績を残していた。

後で読む
デイリースポーツ

阪神からドラフト5位指名を受けた村上頌樹投手(22)=東洋大=が18日、埼玉県さいたま市内のホテルで入団交渉を行い、契約金4000万円、年俸720万円で合意。智弁学園時代にはセンバツ優勝投手となり、母校の先輩に当たる巨人の4番・岡本から三振を奪う目標を掲げた。また兵庫県南あわじ市出身の右腕は、同じ淡路島出身の近本とお立ち台で競演する夢も描いた。 スタートラインに立った村上は、1年目のシーズンを明確に描いた。淡路島に生まれ育ち、黄色のDNAが流れる虎党。「伝統の一戦」のフレーズに敏感に反応した。宿敵の4番は智弁学園時代の2学年先輩、岡本。対戦を心待ちにした。

後で読む
デイリースポーツ

阪神からドラフト1位指名を受けた佐藤輝明内野手(21)=近大=が18日、兵庫県西宮市の母校・仁川学院を凱旋(がいせん)訪問。在校生約200名を前にプロ入りの報告会を行い、阪神前監督で本紙評論家・金本知憲氏(52)から甲子園で放つ本塁打の極意を学びたい考えを示した。聖地の浜風をモノともしない打球に幼い頃から憧れており、虎のレジェンドから吸収する機会を探る。 約1年ぶりに原点の地を訪問し「第2の家じゃないですけど、すごい落ち着いた空間ですかね」と佐藤は笑う。仁川学院の後輩たちに向けて、真剣な表情でプロ入りへの決意を語った。司会者から印象に残る阪神の選手を問われると「金本選手」と挙げ、佐藤の口調はおのずと熱を帯びていく。

後で読む
デイリースポーツ

「国際親善試合、日本0-2メキシコ」(17日、グラーツ) 日本は年内最後の代表戦で、メキシコ0-2で敗れた。前半に複数のチャンスを作り出すも無得点に終わり、後半に入ってからはシステムを変更してきた相手への対応に苦慮して失速。90分間を通じて決定力や試合運びの面で後れを取った。

後で読む
日刊スポーツ

矢野阪神は今シーズンを2位で終え、15年連続で優勝を逃した。来季、巨人を倒し、16年ぶりのリーグ制覇を実現するための課題はどこにあるのか。日刊スポーツ評論家陣… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

NPB定時社員総会で19年度(19年10月~20年9月)の事業報告を承認。事業活動収入が57億8000万円で支出が48億9000万円、黒字は8億9000万円。… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

日本高野連は定例の審議委員会を開き、1年生部員に素手でノックを受けさせ、左手に3週間のけがを負わせたとされる藤嶺藤沢(神奈川)の監督の処分案を、日本学生野球協… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

菅ちゃんは元気です! 先月、新型コロナウイルス陽性判定を受けた北海道コンサドーレ札幌FW菅大輝(22)が18日、札幌・宮の沢での全体練習後に取材に応じ、回復を…

後で読む
日刊スポーツ

日本は前半の勢いを生かせず、後半から失速した。その理由をサッカー分析会社「データスタジアム」のデータを基に分析検証した。象徴的だったのがトップ下で先発した鎌田…

後で読む
日刊スポーツ

<国際親善試合:日本0-2メキシコ>◇17日(日本時間18日)◇オーストリア・グラーツ日刊スポーツのサッカー担当記者が独自の視点で掘り下げる「Nikkan e…

後で読む
日刊スポーツ

ロストフの悲劇の教訓は生かされなかった。オーストリア遠征中の日本代表(FIFAランク27位)はメキシコ(同11位)に完敗し、20年の最終戦を黒星で終えた。前半…

後で読む
スポーツニッポン

前週に実施された新型コロナウイルスの検査で選手17人、スタッフ35人の感染が新たに判明したNFLが感染防止対策を強化。スポーツ専門局のESPNが報じているもので、ロジャー・グッデル・コミッショナー(61)が全32チームに対してこれまでの規則(プロトコル)をさらに厳格化した“新ルール”を文書で配布したことが明らかになった。

後で読む
デイリースポーツ

【ロンドン共同】サッカーの欧州ネーションズリーグは18日、各地で行われ、ベルギーとイタリアが来年10月の準決勝進出を決めてベスト4が出そろった。リーグAの2組で首位のベルギーは、ルカクの2得点などでデンマークを4-2で下した。もう1試合はイングランドがアイスランドに4-0で快勝した。 1組ではイタリアがボスニア・ヘルツェゴビナを2-0で下し、勝ち点12で首位を守った。前回準優勝のオランダはポーランドに2-1で逆転勝ちしたが、同11。

後で読む
デイリースポーツ

 男子ゴルフのダンロップ・フェニックスは19日に開幕する。18日は会場の宮崎市、フェニックスCCで石川遼(29)=CASIO=が最終調整した。08年の2位以降はあまり得意としていない大会だが「めちゃくちゃ楽しみ」と状態の良さをうかがわせた。 前週の三井住友VISA太平洋マスターズは初日78位と出遅れたが、日に日に順位を上げて最終的に14位。ドローボールを打ちつつ、左へのミスを徹底的になくす取り組みが実を結びつつある。

後で読む
東京スポーツ

米大リーグ機構(MLB)は18日(日本時間19日)にメッツのロビンソン・カノ内野手(38)が検査の結果、禁止薬物に指定されている筋肉増強作用のあるスタノゾールの陽性反応を示したため、162試合の出場…

後で読む
東京スポーツ

米CSBスポーツ(電子版)は18日(日本時間19日)に「MLBのトップ10FAがどこに着地するか」と題し、同サイト記者5人がFAの注目選手が来季どのチームでプレーするか予想した。ヤンキースからFAに…

後で読む
サンケイスポーツ

 女子ゴルフの「大王製紙エリエールレディス」はきょう19日、愛媛・エリエールGC松山(6545ヤード、パー71)で開幕する。大会連覇が懸かる渋野日向子(22)=サントリー=は18日、インの9ホールで最終調整。12月10日開幕のメジャー「全米女子オープン」(米テキサス州)に出場が決まった小祝さくら(22)=ニトリ、2週連続優勝を目指す古江彩佳(20)=フリー=らも入念に調整を行った。

後で読む
サンケイスポーツ

【1961年10月29日=まさかの判定】巨人との日本シリーズ第4戦(後楽園)。ボールと判定され、激高したジョー・スタンカ(背番号6)は、その後、安打を許し、ベースカバーに入った際に円城寺満球審に体当たり。「円城寺 あれがボールか 秋の空」。詠み人しらずの一句が生まれた。

後で読む
サンケイスポーツ

試合巧者のメキシコにまんまとやられた。世界との差は全然、埋まっていない。前半はトップ下の鎌田が自由に動き、相手の間でボールを受けて好機を作った。FW鈴木が2度の決定機のどちらかを決めていれば、展開は違っていたと思う。

後で読む
並び替え可能( Cookieで保存)。
よく使用する競技を下に(片手で届く場所に)並び替えて使用してください。
追加したい競技があればコメントください。