「2020年11月21日」の記事一覧

サンケイスポーツ

 SMBC日本シリーズ第1戦(巨人-ソフトバンク、21日、京セラ)政府のイベント開催制限で観客数は収容人数の50%が上限となっており、第1戦の観衆は1万6489人だった。

後で読む
日刊スポーツ

今季9勝を挙げた巨人戸郷翔征投手がリリーフで1回無失点に抑えた。7回から2番手で登板。1四球こそ与えたが、最速150キロの直球を軸に無安打無失点に抑えた。宮本… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

巨人菅野智之投手(31)が、日本最高峰の「エース対決」に敗れた。6回を投げ、6安打4失点。150キロ台後半の速球を軸に7回3安打無失点と好投した千賀に対し、コ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

▼巨人が日本シリーズで楽天との13年<7>戦、ソフトバンクとの19年<1>~<4>戦に次いで6連敗。巨人のシリーズ6連敗は西鉄との58年<4>~<7>戦、南海… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 「RIZIN.25」(21日、大阪城ホール) 今季限りで引退したプロ野球・阪神の藤川球児投手(40)が来場した。格闘技好きの藤川はリングサイドで数々の激闘を観戦。そして、メインイベントのRIZINフェザー級タイトルマッチ後にリングに上がり、朝倉未来(28)=トライフォース赤坂=を破って初代王者となった斎藤裕(33)=パラエストラ小岩=の腰にチャンピオンベルトを巻く役目を務めた。

後で読む
サンケイスポーツ

SMBC日本シリーズ第1戦(巨人-ソフトバンク、21日、京セラ)ソフトバンクの周東がシリーズ初盗塁で追加点を呼び込んだ。4-0の八回に先頭打者で四球を選んで出塁。警戒される中で二盗を決めると、中村晃の左前打で悠々と生還した。

後で読む
サンケイスポーツ

SMBC日本シリーズ第1戦(巨人1-5ソフトバンク、ソフトバンク1勝、21日、京セラ)巨人の坂本が六回に千賀から強烈な当たりの中前打を放った。昨季の交流戦と日本シリーズで7打数無安打と完璧に封じられた相手から安打をマークした。

後で読む
サンケイスポーツ

SMBC日本シリーズ第1戦(巨人1-5ソフトバンク、ソフトバンク1勝、21日、京セラ)巨人の大城が大事な初戦で先発マスクを任された。エース菅野を勝利に導くことはできなかったが「いつもと違う雰囲気の中でいい緊張感で試合ができた。負けはしたが切り替えたい」と前向きに話した。

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第1戦、巨人1-5ソフトバンク」(21日、京セラドーム大阪) ソフトバンクが巨人に快勝し、日本シリーズ新記録となる9連勝をマークした。ポストシーズンの連勝も13に伸ばした。

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第1戦、巨人1-5ソフトバンク」(21日、京セラドーム大阪) ソフトバンクが巨人に快勝し、日本シリーズ新記録となる9連勝をマークした。ポストシーズンの連勝も13に伸ばした。

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第1戦、巨人1-5ソフトバンク」(21日、京セラドーム大阪) ソフトバンクが巨人に快勝し、日本シリーズ新記録となる9連勝をマークした。投げては先発・千賀が7回3安打無失点の力投で自身日本シリーズ3勝目を挙げた。

後で読む
東京スポーツ

剛腕セットアッパー・モイネロが、21日の巨人との日本シリーズ第1戦の8回に登場。1イニング3三振を奪う圧巻投球を見せた。  先頭の大城は152キロの直球で3球三振。続く代打・若林こそ四球で歩かせたも…

後で読む
サンケイスポーツ

バスケットボール男子のBリーグ2部(B2)は21日、ゼビオアリーナ仙台などで7試合が行われ、東地区首位の群馬は茨城を96-75で下し、10連勝で12勝2敗とした。西地区首位の佐賀も越谷に89-79で勝ち、11勝3敗。

後で読む
サンケイスポーツ

アルペンスキーのワールドカップ(W杯)は21日、フィンランドのレビで女子回転第1戦が行われ、2018年平昌冬季五輪代表の安藤麻(日清医療食品)は1回目に56秒83で36位となり、2回目に進めなかった。

後で読む
サンケイスポーツ

SMBC日本シリーズ第1戦(巨人1-5ソフトバンク、ソフトバンク1勝、21日、京セラ)巨人・原辰徳監督(62)が第1戦を振り返った。一問一答は以下の通り。

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンク工藤公康監督(57)が、巨人に圧勝し、短期決戦の連勝記録を更新した。日本シリーズでは9連勝を達成。18年第3戦から広島に4連勝、昨年、今年と巨人に… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

中日の守護神ライデル・マルティネス投手(24)が21日、故障した左脇腹の回復状態を「80・85%」と独特の表現を使い、順調な回復をアピールした。キューバへの帰… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

パ・リーグ最優秀中継ぎに輝いたソフトバンク・モイネロ投手が貫禄だ。5点リードの8回、緩急で揺さぶって敵を惑わせた。2死一塁で坂本と対戦。追い込んでからチェンジ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 「日本シリーズ・第1戦、巨人1-5ソフトバンク」(21日、京セラドーム大阪) 巨人が力負け。是が非でも取りたかった初戦を落とした。

後で読む
サンケイスポーツ

SMBC日本シリーズ第1戦(巨人1-5ソフトバンク、ソフトバンク1勝、21日、京セラ)巨人・菅野、ソフトバンク・千賀のエース対決は、7回3安打無失点に抑えた千賀に軍配があがった。ソフトバンク・栗原は二回に2点本塁打、六回に2点適時二塁打を放ち、4打点と大活躍。ソフトバンクが日本シリーズ4連覇へ向けて、大事な初戦を制した。

後で読む
サンケイスポーツ

SMBC日本シリーズ第1戦(巨人1-5ソフトバンク、ソフトバンク1勝、21日、京セラ)巨人・菅野智之投手(31)は6回87球、6安打4失点で降板し、「次のチャンスがあると思うので、それに向けてしっかり調整します」と広報を通じてコメントした。

後で読む
サンケイスポーツ

SMBC日本シリーズ第1戦(巨人1-5ソフトバンク、ソフトバンク1勝、21日、京セラ)ソフトバンクの中村晃がダメ押しの適時打を放った。4-0の八回無死一塁で高橋に対し、一塁走者の周東が二盗を決めた後、変化球を巧みに左前へ運び「周東がチャンスをつくってくれたので、かえせて良かった」と笑った。

後で読む
サンケイスポーツ

SMBC日本シリーズ第1戦(巨人1-5ソフトバンク、ソフトバンク1勝、21日、京セラ)プロ野球の日本一を決めるSMBC日本シリーズ2020は21日、大阪市の京セラドーム大阪で開幕し、3年ぶりにパ・リーグを制したソフトバンクがセ・リーグ2連覇の巨人を5-1で下し、2018年の第3戦から9連勝を飾ってシリーズ記録を更新した。

後で読む
日刊スポーツ

新型コロナウイルス陽性判定のため療養していた北海道コンサドーレ札幌の左サイドアタッカー菅大輝が、5試合ぶりに復帰した。後半21分から途中出場。試合前練習では、…

後で読む
日刊スポーツ

J2で3位のV・ファーレン長崎がアウェーでジェフユナイテッド千葉に1-0で勝利した。敗れた首位徳島ヴォルティス、引き分けた2位アビスパ福岡との勝ち点差をそれぞ…

後で読む
日刊スポーツ

サッカーの日本フットボールリーグ(JFL)第29節が21日、三重・AGF鈴鹿などで行われ、ヴェルスパ大分が初優勝を飾った。アウェーで鈴鹿ポイントゲッターズと対…

後で読む
日刊スポーツ

FC東京はコロナ禍で異例のカタール集中開催で再開のアジア・チャンピオンズリーグに向け、気温約30度の暑さの中で本格的な練習を開始した。20日にカタール入り。練…

後で読む
デイリースポーツ

「RIZIN.25」(21日、大阪城ホール) 今季限りで現役を引退したプロ野球・阪神の藤川球児投手(40)が来場した。

後で読む
日刊スポーツ

セレッソ大阪の森島寛晃社長(48)が試合後、ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督(63=スペイン)の今季限りでの退団が決まったことについて、初めて記者の取材に対応…

後で読む
デイリースポーツ

「卓球・ITTFファイナル」(21日、鄭州) 女子シングルス準決勝で、世界ランク2位で東京五輪代表の伊藤美誠(20)=スターツ=は、同5位の王曼ユ(21)=中国=に0-4で敗れた。コロナ禍による8カ月の大会中断期間を挟んだものの、伊藤がストレート負けを喫するのは19年7月の韓国オープンでの王曼ユ戦以来で、1年4カ月ぶりとなった。

後で読む
デイリースポーツ

アスリートの性的な撮影被害や画像拡散の問題で、夏季、冬季五輪で実施される競技を統括する41団体のうち3割超の14団体が被害を認識していたことが21日、共同通信のアンケートで分かった。問題を把握した時期は7団体が10年以上前と回答。陸上や体操、テニスなど10団体は選手や関係者から実際に相談を受け、対策を求められていた。スポーツ界で長年続く問題の根深さが浮き彫りになった。 11月上旬から中旬に行ったアンケートでは、41の国内競技団体(NF)から回答を得た。今後の対策として、2団体が選手に聞き取り調査を実施する方針を示し、15団体が検討していることも判明した。

後で読む
東京スポーツ

 ソフトバンクのエース・千賀滉大投手(27)が7回3安打無失点の好投で4年連続日本シリーズ開幕投手の大役を見事に果たした。  初回、巨人の4番・岡本を154キロ内角球でバットをへし折り、2回は先頭の丸…

後で読む
デイリースポーツ

東京都の小池百合子知事が21日、墨田区の両国国技館で行われた大相撲11月場所14日目を視察した。都と日本相撲協会は連携し、7月場所から3場所連続で「NO!3密」、「手洗い マスクの徹底」など新型コロナウイルス感染防止を啓発する懸賞旗スタイルの告知旗を掲出している。 小池氏は2階席に座り、幕内後半戦前に告知旗が土俵上で掲出される様子を見守った。

後で読む
デイリースポーツ

フィギュアスケートの全日本ジュニア選手権は21日、青森県八戸市のフラット八戸で開幕し、3組が出場したアイスダンスのリズムダンス(RD)は2連覇を目指す吉田唄菜(岡山ク)西山真瑚(早大)組が58・74点で首位に立った。 今大会は新型コロナウイルスの感染防止策を講じて観客を入れており、22日に男女のショートプログラム(SP)などが行われる。

後で読む
デイリースポーツ

SMBC日本シリーズ2020は21日、京セラドーム大阪で第1戦が行われ、4連覇を狙うソフトバンク(パ・リーグ優勝)が8年ぶりの日本一を目指す巨人(セ・リーグ優勝)に5-1で快勝し、2018年の第3戦から9連勝としてシリーズ記録を更新した。巨人は13年の第7戦から6連敗となった。 ソフトバンクは二回に栗原のシリーズ初安打となる2ランで先制。六回には栗原の2点二塁打で加点した。千賀が7回無失点で白星を挙げた。巨人は菅野が先発し6回4失点だった。

後で読む
東京スポーツ

格闘技イベント「RIZIN.25」(21日、大阪城ホール)で、初代王者を決めるフェザー級タイトルマッチが行われ、激闘の末に修斗世界フェザー級王者の斎藤裕(33)が朝倉未来(28)を撃破し、初代王者に…

後で読む
東京スポーツ

格闘技イベント「RIZIN.25」(21日、大阪城ホール)で、初代王者を決めるフェザー級タイトルマッチが行われ、〝大本命〟の朝倉未来(28)が修斗世界フェザー級王者の斎藤裕(33)に敗れる波乱が起き…

後で読む
東京スポーツ

格闘技イベント「RIZIN.25」(21日、大阪城ホール)で、修斗世界フライ級王者の扇久保博正(33)が瀧澤謙太(26)から復活の白星を挙げた。  鋭い打撃を再三ヒットさせ、素早い動きでバックを奪う…

後で読む
東京スポーツ

格闘技イベント「RIZIN.25」(21日、大阪城ホール)で、DEEPウエルター級王者の住村竜市朗(34)がレッツ豪太(31)に判定勝ちした。 〝バカサバイバー〟青木真也(37)と元K―1ファイター…

後で読む
東京スポーツ

格闘技イベント「RIZIN.25」(21日、大阪城ホール)で、元K―1ファイターの皇治(31)がリングに登場し、大みそかの「RIZIN.26」(さいたまスーパーアリーナ)参戦を表明した。  第7試合…

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第1戦、巨人1-5ソフトバンク」(21日、京セラドーム大阪) ソフトバンクが巨人に快勝し、日本シリーズ新記録となる9連勝をマークした。投げては先発・千賀が7回3安打無失点の力投で自身日本シリーズ3勝目を挙げた。打っては栗原が3安打4打点を挙げる活躍をみせた。

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第1戦、巨人1-5ソフトバンク」(21日、京セラドーム大阪) 巨人が力負け。是が非でも取りたかった初戦を落とした。日本シリーズは13年の第7戦から6連敗となり、球団史上59年ぶりの屈辱となった。

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクが快勝した。二回に栗原の右越え2ランで先制すると、六回は2死無走者から好機をつくって栗原の2点二塁打で加点。八回は中村晃の左前適時打で突き放した。千賀が7回3安打無失点と快投。モイネロ、森とつないで逃げ切った。 巨人は先発の菅野が6回4失点と踏ん張れず、打線も九回に1点を返すのが精いっぱいだった。

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第1戦、巨人1-5ソフトバンク」(21日、京セラドーム大阪) 巨人の菅野智之投手が6回を6安打4失点で敗戦。13年楽天戦勝利投手以来の日本シリーズ通算2勝目はお預けとなった。

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第1戦、巨人1-5ソフトバンク」(21日、京セラドーム大阪) 巨人がエース対決で敗れ、初戦を落とした。菅野は6回4失点と粘れず、打線は千賀を攻めきれなかった。

後で読む
日刊スポーツ

報徳学園は土壇場の集中力が生きた。前半を7-21で折り返し、後半は2トライ2ゴールで同点。ロスタイムに得た正面約23メートルのPGをFB植田和磨(3年)が決め…

後で読む
日刊スポーツ

伏見工時代に花園制覇を4度経験した京都工学院(京都2位)が、第100回記念大会の出場を逃した。00年度、主将として同校3度目の全国制覇に貢献した大島淳史監督(…

後で読む
日刊スポーツ

今年で89回目を迎えるジュニアの日本一決定戦が開幕した。開会式の後、アイスダンスからスタート。「うたしん」こと吉田唄菜(17=岡山ク)西山真瑚(18=早大)組…

後で読む
日刊スポーツ

来年の東京パラリンピックで複数のメダル獲得を目指すボッチャ日本代表が、女子柔道五輪2大会連続金メダリストの谷本歩実さん(39)からメンタル強化術を学ぶことにな…

後で読む
日刊スポーツ

Xリーグが21日に富士通スタジアム川崎であり、オービックが2戦全勝でBブロック1位を決めた。前半リードからパナソニックに逆転されたが、第4QにTDパスで再逆転…

後で読む
東京スポーツ

盗塁王は止められないのか…。巨人は21日の日本シリーズ第1戦(京セラドーム)で、ソフトバンクの周東佑京内野手(24)に二盗を許した。  0―4の8回に3番手で登板した高橋が先頭打者の周東に10球粘ら…

後で読む
サンケイスポーツ

フィギュアスケートの全日本ジュニア選手権は21日、青森県八戸市のフラット八戸で開幕し、3組が出場したアイスダンスのリズムダンス(RD)は2連覇を目指す吉田唄菜(岡山ク)西山真瑚(早大)組が58・74点で首位に立った。

後で読む
サンケイスポーツ

SMBC日本シリーズ第1戦(巨人-ソフトバンク、21日、京セラ)ソフトバンクの4番、グラシアルが菅野から2安打し、攻略の突破口を開いた。二回、六回と速球を右前に運ぶと、いずれも続く栗原が快音を響かせ、ホームを踏んだ。対菅野は昨年の日本シリーズ第4戦でも3ランを放って最高殊勲選手(MVP)に輝いており、今年も好相性を発揮した。

後で読む
サンケイスポーツ

明治安田J1第28節第1日(21日、名古屋3-1湘南、豊田)湘南は後半に突き放され、前身の平塚時代に5連勝した1998年以来、22年ぶりの4連勝を逃した。クラブ初の7戦負けなしもならず、浮嶋監督は「多くのサポーターが来てくれてパワーをもらったが、応えて結果が出せなかった」と肩を落とした。

後で読む
サンケイスポーツ

SMBC日本シリーズ第1戦(巨人1-5ソフトバンク、ソフトバンク1勝、21日、京セラ)巨人・菅野、ソフトバンク・千賀のエース対決は、7回3安打無失点に抑えた千賀に軍配があがった。ソフトバンク・栗原は二回に2点本塁打、六回に2点適時二塁打を放ち、4打点と大活躍。ソフトバンクが日本シリーズ4連覇へ向けて、大事な初戦を制した。

後で読む
日刊スポーツ

巨人戸郷翔征投手(20)がリリーフ登板し1回無失点に抑えた。4点を追う7回から菅野の後を受け2番手で登板。牧原を135キロフォークで空振り三振、松田宣を149… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンク周東佑京内野手(24)が足攻めで1点をもぎ取った。4点リード8回、四球で出塁すると中村晃への6球目にスタートし、二塁を陥れた。巨人大城は送球すらで… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

20年の日本シリーズが開幕。今年も昨年と同カードでセ・リーグ連覇した巨人と4年連続で出場するソフトバンクが激突だ。先発は巨人菅野、ソフトバンク千賀。巨人の本拠… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「フェニックス・リーグ、阪神6-3巨人」(21日、清武総合運動公園第二野球場) 阪神が宿敵・巨人にリベンジを果たした。

後で読む
サンケイスポーツ

大相撲11月場所14日目(21日、両国国技館)2敗同士の対決は、元大関の小結照ノ富士(28)が幕内最下位(幕尻)の志摩ノ海(31)を寄り切って12勝目を挙げた。大関貴景勝(24)は関脇御嶽海(27)を突き出して13勝1敗とし、単独首位を守った。優勝争いは千秋楽結びの一番で対戦する貴景勝と照ノ富士の2人に絞られた。貴景勝が勝てば11場所ぶり2度目の優勝、2場所ぶり3度目の優勝を狙う照ノ富士が勝てば優勝決定戦へもつれ込む。

後で読む
スポーツニッポン

1敗の貴景勝と2敗の照ノ富士がそれぞれ勝って、千秋楽の一番に、優勝を懸けて対戦することになった。

後で読む
スポーツニッポン

賜杯を懸けた貴景勝と照ノ富士の千秋楽の大一番はどうなるか。八角理事長(元横綱・北勝海)理事長が展望を語った。

後で読む
スポーツニッポン

アイスダンスのリズムダンスが行われ、昨季の世界ジュニア選手権代表の吉田唄菜(岡山SC)、西山真瑚(早大)組が58・74点で首位に立った。今季初戦の西日本選手権は無観客だったが、この日は有観客での演技。目標の60点台には届かなかったが、息の合った演技で「コーラスライン」の世界観を表現し、拍手に笑顔で応えた。

後で読む
東京スポーツ

 22日に行われるクイーンズ駅伝こと全日本実業団対抗女子駅伝(宮城・松島町文化観光交流館前~弘進ゴムアスリートパーク仙台間、6区間42・195キロ)を前に、区間オーダーが発表された。  本命の呼び声高…

後で読む
東京スポーツ

 まさかの降板――巨人・菅野智之投手(31)が21日、ソフトバンクとの日本シリーズ第1戦に先発。敵軍先発・千賀とのエース対決に闘志全開で臨んだが、要所で制球に欠いて6回4失点でマウンドを降りた。  6…

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第1戦、巨人-ソフトバンク」(21日、京セラドーム大阪) ソフトバンク・栗原が貴重なタイムリーを放った。

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第1戦、巨人-ソフトバンク」(21日、京セラドーム大阪) 巨人・原辰徳監督が、今シリーズ初のリクエストを成功させた。

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第1戦、巨人-ソフトバンク」(21日、京セラドーム大阪) ソフトバンク・周東が日本シリーズ初盗塁を決めた。

後で読む
スポーツニッポン

マンチェスター・シティー(イングランド)を率いるペップ・グアルディオラ監督(49)が、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(33)について“生涯バルセロナ”を希望した。

後で読む
東京スポーツ

スペイン1部ビリャレアルの日本代表MF久保建英(19)が運命の一戦を迎えようとしている。  ビリャレアルは21日(日本時間22日)にレアル・マドリードと対戦。Rマドリードからの期限付き移籍でビリャレ…

後で読む
サンケイスポーツ

ラグビーの南半球4カ国対抗は21日、オーストラリアのニューカッスルで行われ、アルゼンチンはオーストラリアと15-15で引き分けた。アルゼンチンは前週ニュージーランドを破っており、ここまでの通算成績は1勝1分け。オーストラリアは1勝1分け1敗。

後で読む
サンケイスポーツ

関東大学ラグビー・リーグ戦(東海大55-38流通経大、21日、秩父宮)流通経大は後半途中から12分間で4トライ3ゴールを重ね、26点差を一気に追い付く猛反撃を見せた。だが、直後に失点し、その後はチャンスを生かせなかった。フランカーの坂本主将は「後半、ボールを獲得できればトライまで持っていける自信はあった。やりたいことができたが、ミスから相手に勢いを取り戻されてしまった」と悔しさをにじませた。

後で読む
サンケイスポーツ

卓球の世界ランキング上位で争う国際卓球連盟(ITTF)ファイナル第3日は21日、中国の鄭州で準決勝が行われ、日本勢でただ一人勝ち残っていた東京五輪女子代表で世界ランキング2位の伊藤美誠(スターツ)は同5位の王曼●(=日の下に立)(中国)に0-4で敗れた。

後で読む
日刊スポーツ

関西独立リーグの兵庫ブルーサンダーズは21日、チーム内で新型コロナウイルス感染者が出たと発表した。管轄の保健所と協議し、同日に兵庫・三田市内で行う予定だったシ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 「日本シリーズ・第1戦、巨人-ソフトバンク」(21日、京セラドーム大阪) 巨人の菅野智之投手が6回を6安打4失点で降板。13年楽天戦勝利投手以来の日本シリーズ通算2勝目はお預けとなった。

後で読む
デイリースポーツ

 「RIZIN.25」(21日、大阪城ホール) RIZINフェザー級初代王者を決めるタイトルマッチ5分3回(肘あり)が行われ、RIZIN7連勝中の朝倉未来(28)=トライフォース赤坂=は斎藤裕(33)=パラエストラ小岩=に0-3の判定で敗れ、初代王座を逃した。

後で読む
東京スポーツ

国内女子ツアー「エリエールレディス」3日目(21日、愛媛・エリエールGC松山=パー71)、渋野日向子(22=サントリー)は2度の池ポチャがありながらも、69とスコアを伸ばし、前日の20位から3アンダ…

後で読む
サンケイスポーツ

新体操の全日本選手権第2日は21日、群馬県の高崎アリーナで個人総合の後半2種目が行われ、男子は安藤梨友(青森大)が4種目合計74・350点で初優勝。種目別も全て1位となり、5種目制覇となった。

後で読む
サンケイスポーツ

来季背番号が「61」から「31」に変更になる広島・坂倉将吾捕手(22)が21日、マツダスタジアムでの秋季練習に参加し、今季限りで引退した石原慶幸氏(41)=野球解説者=から継承する新背番号への思いを語った。

後で読む
日刊スポーツ

セレッソ大阪が3位以内を目指しながら痛い2連敗となった。1点を追う後半途中に広島に退場者が出て、完全に攻め続けた。それでも1点が遠い。後半開始から出場したMF…

後で読む
日刊スポーツ

サンフレッチェ広島FWレアンドロ・ペレイラの前半の先制点が決勝ゴールとなり、6戦不敗とした。だが同選手が後半17分に2度目の警告で退場となり、残り約30分間も…

後で読む
日刊スポーツ

経営危機のサガン鳥栖が、クラブを鼓舞する6勝目を挙げた。後半8分、前線のパスカットからのクロスをFW林大地(23)が決めて、チーム最多8得点目で先制。「前のプ…

後で読む
日刊スポーツ

北海道コンサドーレ札幌は今季最多5得点で逆転勝利した。清水エスパルスを5-1で下し、3試合ぶりの勝ち点3。0-1の前半13分から途中出場したFWアンデルソン・…

後で読む
日刊スポーツ

最下位のベガルタ仙台は6位の鹿島アントラーズに1-3で屈し、今季未勝利で「鬼門」のホームを突破できなかった。前半はシュート11本を浴びながらGKスウォビィクを…

後で読む
東京スポーツ

 卓球のITTFファイナルは21日、中国・鄭州で女子シングルス準決勝が行われ、東京五輪代表で世界ランキング2位の伊藤美誠(20=スターツ)が、同5位の王曼昱(中国)に0―4で敗れた。  第1ゲームから…

後で読む
デイリースポーツ

大相撲11月場所14日目(21日・両国国技館)大関貴景勝は関脇御嶽海を突き出して13勝1敗とし、単独首位を守った。2敗同士の対決は、小結照ノ富士が幕尻の志摩ノ海を寄り切り、12勝目。 賜杯の行方は千秋楽の結びで顔を合わせる貴景勝と照ノ富士の2人に絞られた。貴景勝が勝てば11場所ぶり2度目の制覇が決まり、2場所ぶり3度目の優勝を狙う照ノ富士が勝利すると、優勝決定戦にもつれ込む。

後で読む
デイリースポーツ

【上海共同】中国で柔道の指導拠点になっている江蘇省南京市の「中日友好南京柔道館」が、日中両国の交流促進や競技の普及に貢献したとして日本の外務大臣表彰を受け、21日に同館で表彰状授与式が行われた。 上海の日本総領事館などによると、柔道館は2010年3月、ロサンゼルス五輪の柔道金メダリスト山下泰裕氏と中国の訓練学校関係者の交流がきっかけでオープン。今年10年目を迎えた。日本で指導方法を学んだコーチや日本から招いた講師の下で、約200人の子どもたちが練習に励んでいる。

後で読む
デイリースポーツ

群馬県内で合宿を行うソフトボールの日本代表が21日、オンライン取材に応じた。投手の浜村ゆかり(25)は、17日の代表合宿で、ビックカメラ高崎の大先輩・上野由岐子(38)から野球のボールを使った練習法を伝授されたことを明かした。 浜村は小学生以来となる野球のボールを投げて、投球の際の体重移動や体の動かし方などを確認。普段扱うソフトボールの球よりもはるかに小さいとあって「どうしてもひっかけたりしてしまう」と苦戦したが、「(投球は)力じゃないことを改めて教えてもらいました」と、動きの重要性を感じたという。

後で読む
デイリースポーツ

アメリカンフットボール日本社会人Xリーグの上位リーグ「X1Super(スーパー)」は21日、川崎市の富士通スタジアム川崎で1試合が行われ、オービックがパナソニックに35-34で競り勝ち、2戦2勝でBブロック1位を決めた。12月15日に東京ドームで行われる日本社会人選手権「ジャパンエックスボウル(JXB)」に4年ぶりに出場し、Aブロック1位チームと対戦する。 オービックは6点を追う第4クオーターにQBロックレイが36ヤードのTDパスを通した。試合終了間際にゴール手前まで攻め込まれたが、相手がファンブルしたボールをリカバーして逃げ切った。

後で読む
デイリースポーツ

新体操の全日本選手権第2日は21日、群馬県の高崎アリーナで個人総合の後半2種目が行われ、女子は昨年の世界選手権代表で前半2種目首位の喜田純鈴がクラブ、リボンでともにトップとなり、4種目合計84・450点で3連覇した。前日のフープ、ボールを合わせて種目別も全て制し、2015年大会の河崎羽珠愛以来の5冠を達成した。 17年大会覇者の立沢孝菜が合計79・900点で2位に入り、種目別のクラブで喜田と1位を分け合った。

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第1戦、巨人-ソフトバンク」(21日、京セラドーム大阪) 巨人・ウィーラーが左翼守備で菅野を救った。

後で読む
デイリースポーツ

プロ野球のSMBC日本シリーズ2020が21日、開幕した。新型コロナウイルスの影響で日本シリーズが例年より1カ月遅くなったことで、巨人が本拠地の東京ドームを使用できず大阪市の京セラドーム大阪でホームゲームを開催するなど、最後まで異例の事態が続いている。 流行の「第3波」の到来とも言える状況で迎えた大舞台。政府のイベント開催制限により観客数は収容人数の50%までに制限され、頂上決戦でもスタンドは埋まらなかった。

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第1戦、巨人-ソフトバンク」(21日、京セラドーム大阪) 巨人が絶好機を逃した。

後で読む
スポーツニッポン

湘南が22年ぶりの4連勝とチーム初の7試合負けなしを逃した。前半12分に先制されたが17分に左CKからDF坂圭祐(25)がヘディングで同点ゴール。しかし後半開始直後に2失点して敗れた。

後で読む
日刊スポーツ

同大が、22人で全国選手権出場を決めた。この日、選手は京田辺市から全員同じバスに乗り会場に向かうはずだった。しかし、フランカー梁本旺義(2年)は、自家用車で会…

後で読む
日刊スポーツ

京産大が、同大に完敗した。前半9分に、フランカー三木皓正(1年)のトライで先制。直後に同点に追いつかれるも、15分にはWTB吉松玲於(4年)が勝ち越し点を決め…

後で読む
日刊スポーツ

全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝)の前日会見が21日、オンラインで行われ、東京オリンピック(五輪)女子マラソン代表の一山麻緒(23=ワコール)は「今年…

後で読む
日刊スポーツ

卓球の世界ランキング上位で争う国際卓球連盟(ITTF)ファイナルが21日、中国・鄭州で行われ東京五輪女子シングルス代表で同ランキング2位の伊藤美誠(20=スタ…

後で読む
サンケイスポーツ

サッカーの日本フットボールリーグ(JFL)で21日、ヴェルスパ大分が初優勝を決めた。三重県鈴鹿市で鈴鹿ポイントゲッターズと2-2で引き分けて勝ち点29とし、1試合を残して2位に4差をつけた。

後で読む
サンケイスポーツ

明治安田J1第28節第1日(21日、C大阪0-1広島、ヤンマー)広島は敵地で価値ある1勝を挙げた。前半に先制点を決めたレアンドロペレイラが、後半17分に2度目の警告を受けて退場。1人少ない状況の中、粘り強い守備でゴールを割らせなかった。

後で読む
東京スポーツ

巨人のゼラス・ウィーラー内野手(33)が攻守で奮闘中だ。  21日のソフトバンクとの日本シリーズ初戦(京セラドーム)に「8番・左翼」でスタメン出場したウィーラーは、3回に相手先発・千賀からチーム初安…

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンク・工藤公康監督(57)が死球判定を巡り、今シリーズ初のリクエストを要求して成功させた。  3回一死二塁、エース・千賀が巨人・吉川尚に投じた5球目の151キロ内角真っすぐがグリップエンド付…

後で読む
サンケイスポーツ

SMBC日本シリーズ第1戦(巨人-ソフトバンク、21日、京セラ)日本シリーズ初先発のソフトバンク栗原が、「めちゃくちゃ緊張していた」という二回の第1打席で先制2ランを放った。「ファーストストライクから思い切って打ちにいこうと思っていた」との言葉通り、2ボールからの3球目をフルスイング。菅野が投じたスライダーを捉え、高々と上がった打球を見届けると、右拳を握った。

後で読む
サンケイスポーツ

明治安田J1第28節第1日(21日、柏1-2鳥栖、三協F柏)鳥栖は2試合ぶりの勝利で7戦負けなしとなった。前線からのハイプレス、GK朴一圭を含むコンパクトな陣形が奏功し、攻守とも主導権を握った。金明輝監督は「勝ちに値する試合をした」と誇った。

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンクは2回、栗原の2ランで先制。先発千賀は3回まで1安打無失点。巨人菅野は3回まで2安打2失点。 – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

日本ハム河野竜生投手(22)が、和田流ストレートで来季リベンジを図る。21日、登板機会がないため、参加していたフェニックス・リーグを一足先に打ち上げ、千葉・鎌… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 「日本シリーズ・第1戦、巨人-ソフトバンク」(21日、京セラドーム大阪) 三回、1死二塁。巨人・吉川尚の死球判定に、ソフトバンク・工藤監督がリクエストを要求した。

後で読む
サンケイスポーツ

オリックスが育成ドラフト3、5位でそれぞれ指名した仙台大の宇田川優希投手(22)=184センチ、94キロ、右投げ右打ち、佐野如一外野手(22)=174センチ、80キロ、右投げ左打ち=の入団が21日、決まった。ともに支度金300万円、年俸240万円で合意した。

後で読む
スポーツニッポン

「丸山茂樹ジュニアファンデーション高校生特別ゴルフ大会」が21日、千葉県市原市の千葉セントラルゴルフクラブで開催された。今年はコロナ禍で多くのジュニアイベントが延期、中止となったことから、来春卒業する高校3年生を中心に、思い出づくりの場を提供するために特別大会として行われた。

後で読む
スポーツニッポン

同大が京産大との偶数組全勝対決を制した。7トライを挙げて圧勝。組1位で全体2位以上が確定したことで、全国大学選手権の出場が決まった。

後で読む
スポーツニッポン

脳性まひや重度の四肢機能障がいの選手が対象のボッチャ日本代表・村上光輝監督(46)が21日、オンラインで取材に応じた。

後で読む
スポーツニッポン

東海大が流通経大との全勝対決を制し、3季連続10度目のリーグ制覇に王手を掛けた。東海大は最終戦となる12月5日の日大戦(秩父宮)で引き分け以上か、負けてもボーナスポイントを獲得すれば優勝が決まる。

後で読む
東京スポーツ

 国内女子ツアー「エリエールレディス」3日目(21日、愛媛・エリエールGC松山=パー71)、上田桃子(34)が、賞金500万円がかかる16番パー3でホールインワンを達成した。  ジュニア時代を含め「1…

後で読む
東京スポーツ

 大相撲11月場所14日目(東京・両国国技館)、大関貴景勝(24=千賀ノ浦)が関脇御嶽海(27=出羽海)を破って1敗を守り、2年ぶり2度目の優勝へ王手をかけた。  立ち合いから低い姿勢で当たると、力強…

後で読む
東京スポーツ

 卓球のITTFファイナルは21日、中国・鄭州で女子シングルス準決勝が行われ、東京五輪代表で世界ランキング2位の伊藤美誠(20=スターツ)が、同5位の王曼昱(中国)に0―4で敗れた。  第1ゲームから…

後で読む
東京スポーツ

 日本シリーズ第1戦(21日、京セラドーム)は、ソフトバンク・栗原陵矢捕手(24)の一発で幕を開けた。  2回無死一塁、巨人のエース・菅野が投じた135㌔のスライダーを強振。右翼席への2ランで、シリー…

後で読む
デイリースポーツ

サッカースペイン1部リーグ、レアル・マドリードのMFイスコ・アラルコンが移籍を直訴、年明けの冬の移籍市場で他チームへ移る意向を持っているという。スペインのマルカ紙、アス紙が伝えている。  報道によると、出場機会の減少から主力としてプレーできるチャンスを求めているという。2013年に前所属のマラガから加入後7年で初めてのことだが、イスコ自身はマドリードでのサイクルは終わったとの認識を持っているとされる。 

後で読む
デイリースポーツ

「明治安田生命J1、C大阪0-1広島」(21日、ヤンマースタジアム長居) C大阪は10人となった広島の守備を崩せず、2連敗で4戦未勝利(1分け3敗)となり、暫定6位に後退した。

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第1戦、巨人-ソフトバンク」(21日、京セラドーム大阪) 巨人・岡本和真内野手が、いきなりバットをへし折られた。

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第1戦、巨人-ソフトバンク」(21日、京セラドーム大阪) ソフトバンク・栗原が巨人の先発・菅野から先制の2ランを放った。

後で読む
デイリースポーツ

オリックスは21日、育成ドラフト3位で指名した宇田川優希投手と育成5位で指名した佐野如一外野手(ともに仙台大)と仙台市内で契約交渉に臨み、ともに支度金300万円、年俸240万円で合意した。 背番号は宇田川が013、佐野が015に決まった。

後で読む
デイリースポーツ

「フェニックス・リーグ、オリックス12-11ロッテ」(21日、生目第2球場) オリックスの先発・榊原は三回まで毎回安打を許しながらも1失点とテンポ良く投げていたが、四回に突如、制球を乱し2失点。続投した六回は自らの野選なども絡んだ満塁から押し出し四球を出したところで降板となった。

後で読む
スポーツニッポン

柏は新型コロナウイルスのクラスター(集団感染)発生後、初の公式戦で勝利を飾れなかった。ホームで鳥栖に1―2で敗戦。2点を追う後半42分にFWオルンガ(26)が今季24点目となるゴールで1点を返すのがやっと。2週間の活動停止明けから中3日での試合とあり、コンディション不足は否めなかった。

後で読む
東京スポーツ

優勝阻止に成功だ。J1大分は21日の川崎戦(昭和電ド)に1―0で勝利。大きな1勝を手にした。  序盤から果敢な攻撃を展開した大分は、前半34分にPKを獲得。「PKは今週も練習していた」とキッカーのM…

後で読む
サンケイスポーツ

広島の九里が21日、マツダスタジアムで秋季練習に励んだ。7年目で初めて規定投球回に到達して防御率は自己ベストの2・96。「疲れを取るイメージは持っていない。土台づくりをして、12、1月にしっかりとした体づくりをできるように」と、初の2桁勝利も期待される来季へさらなる成長を誓った。

後で読む
サンケイスポーツ

大相撲11月場所14日目(21日・両国国技館)大関貴景勝は関脇御嶽海を突き出して13勝1敗とし、単独首位を守った。2敗同士の対決は、小結照ノ富士が幕尻の志摩ノ海を寄り切り、12勝目。賜杯の行方は11場所ぶり2度目の制覇を目指す貴景勝と、2場所ぶり3度目の優勝を狙う照ノ富士の2人に絞られた。

後で読む
東京スポーツ

J1川崎は21日の大分戦(昭和電ド)に0―1で敗戦。リーグ制覇は22日に以降に持ち越しとなり、川崎イレブンは悔しさをにじませた。  前半34分にレッドカードで退場した主将・DF谷口彰悟(29)からキ…

後で読む
サンケイスポーツ

卓球の世界ランキング上位で争う国際卓球連盟(ITTF)ファイナル第3日は21日、中国の鄭州で準決勝が行われ、日本勢でただ一人勝ち残っていた東京五輪女子代表で世界ランキング2位の伊藤美誠(スターツ)は同5位の王曼●(=日の下に立)(中国)に0-4で敗れた。

後で読む
サンケイスポーツ

36位から出た石川遼(29)=CASIO=は1イーグル、3バーディー、1ボギーの67で回り、通算5アンダーの17位に順位を上げた。

後で読む
日刊スポーツ

阪神先発の馬場は5回2失点。2番手の浜地は右手中指の皮がむけるアクシデントがあったが、2回2/3無失点と好リリーフだった。野手ではこの日宮崎に合流した坂本が2… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

巨人から育成ドラフト8位で指名された札幌大谷・阿部剣友投手(18)が21日、札幌市内のホテルで入団交渉を行い、支度金300万円、年俸360万円(いずれも推定)… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

20年の日本シリーズが開幕。今年も昨年と同カードでセ・リーグ連覇した巨人と4年連続で出場するソフトバンクが激突だ。先発は巨人菅野、ソフトバンク千賀。巨人の本拠… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第1戦、巨人-ソフトバンク」(21日、京セラドーム大阪) 巨人・岡本和真内野手が、いきなりバットをへし折られた。

後で読む
東京スポーツ

ゴルフの国内男子ツアー「ダンロップフェニックス」3日目(21日、宮崎・フェニックスCC=パー71)、今季からツアーに本格参戦した石坂友宏(21)が首位から出て7バーディー、2ボギー、1ダブルボギーの…

後で読む
東京スポーツ

大相撲11月場所14日目(21日、東京・両国国技館)、新入幕天空海(30=立浪)が幕内琴恵光(29=佐渡ヶ嶽)をはたき込みで勝ち越しを決めた。取組後は「本当はもっと早く勝ち越したかった。2桁(白星)…

後で読む
サンケイスポーツ

巨人が育成ドラフト8位で指名した北海道・札幌大谷高の阿部剣友投手(18)=200センチ、100キロ、左投げ左打ち=の入団が21日、決まった。支度金300万円、年俸360万円で合意した。背番号は「051」に決まった。

後で読む
サンケイスポーツ

SMBC日本シリーズ第1戦(巨人-ソフトバンク、21日、京セラ)ソフトバンク・石川柊太投手(28)がキャッチボールなどで調整。22日の第2戦での先発登板に向けて「(投球内容が)よかろうが悪いかろうが、腹をくくって投げるだけ。どんな舞台だろうが、自分のボールを投げる。結局はそこに尽きる」と闘志を燃やした。

後で読む
サンケイスポーツ

「SMBC日本シリーズ2020」は、21日に京セラドーム大阪で開幕した。

後で読む
日刊スポーツ

新型コロナウイルスの集団感染からの復帰試合となった柏レイソルは、サガン鳥栖に1-2で敗れた。ネルシーニョ監督ら16人が陽性となり活動休止。18日から練習を再開…

後で読む
日刊スポーツ

北海道コンサドーレ札幌MF荒野拓馬(27)が左足首骨折の大ケガを負った。長期離脱は避けられない見込みだ。0-1の前半10分、相手との接触で負傷した。痛みが激し…

後で読む
日刊スポーツ

川崎フロンターレは大分トリニータに0-1で敗れ、優勝を決められなかった。分散開催の中、22日にG大阪が浦和に引き分けるか負けると、J1史上初めて試合のない日に…

後で読む
デイリースポーツ

「RIZIN.25」(21日、大阪城ホール) 元ONEライト級王者の朴光哲(43)=フリー=は白川陸斗(29)=志道場=に3回4分19秒TKO負けを喫し、現役引退を宣言した。

後で読む
日刊スポーツ

勝てば優勝が決まる川崎フロンターレだったが、敵地で大分トリニータに敗れて、V決定は22日以降に持ち越しとなった。前半は相手に押し込まれる展開が続き、同34分に…

後で読む
デイリースポーツ

「RIZIN.25」(21日、大阪城ホール) 16年リオデジャネイロ五輪のレスリング男子グレコローマンスタイル59キロ級銀メダリストの太田忍(28)が総合格闘技に転向し、大みそかのさいたまスーパーアリーナ大会で所英男(43)=リバーサルジム武蔵小杉 所プラス=とデビュー戦を行うことが発表した。

後で読む
日刊スポーツ

攻撃陣が機能した鹿島アントラーズが、ベガルタ仙台に完勝した。前半を無得点で折り返した鹿島は、後半2分に、右サイドのMFアラーノのクロスを、FWエヴェラウドが頭…

後で読む
スポーツニッポン

第100回全国高校ラグビー大会の近畿最後の切符を懸けて争われる近畿ブロック代表決定戦準決勝が21日、天理市内で行われ、伏見工の流れをくむ京都工学院(京都2位)は花園出場の道を断たれた。前半は21―7とリードしながら、後半は無得点。ロスタイムに勝ち越しのPGを許し、21―24で報徳学園(兵庫2位)に敗れた。

後で読む
東京スポーツ

 女子プロレス「シードリング」は、27日の東京・新木場1stRING大会でビヨンドザシータッグ選手権を開催すると21日に発表した。王者の「ベストフレンズ」中島安里紗(31)、藤本つかさ(37)組に、〝…

後で読む
スポーツニッポン

大相撲11月場所は21日、東京・両国国技館で14日目の取組が行われ、1敗で単独トップに立っていた大関・貴景勝は結びの一番で関脇・御嶽海と対戦。通算8勝8敗の相手を突き出しで下し、優勝に王手をかけた。

後で読む
東京スポーツ

 国内女子ツアー「エリエールレディス」3日目(21日、愛媛・エリエールGC松山=パー71)、3位から出た古江彩佳(20)が7バーディー、ノーボギーの64をマーク、13アンダーの単独首位に浮上した。  …

後で読む
東京スポーツ

 大相撲11月場所14日目(21日、東京・両国国技館)、幕内志摩ノ海(31=木瀬)が小結照ノ富士(28=伊勢ヶ浜)に寄り切られて3敗目(11勝)を喫した。取組後は「まわしを取られたら勝てないけど、立ち…

後で読む
東京スポーツ

 大相撲11月場所14日目(21日、東京・両国国技館)、元大関で返り三役の小結照ノ富士(28=伊勢ケ浜)が幕尻の志摩ノ海(31=木瀬)を寄り切って12勝目(2敗)。優勝争いで単独トップに立つ大関貴景勝…

後で読む
東京スポーツ

 悔しい結果に終わった。J1川崎は21日の大分戦(昭和電ド)に0―1で敗戦。勝てば無条件でリーグ優勝が決める大一番だったものの、らしさを発揮することはできなかった。 「プレッシャーはそんなに大きくない…

後で読む
デイリースポーツ

社会人野球の第91回都市対抗大会は22日に東京ドームで開幕し、32チームによるトーナメント方式で争われる。開幕戦では昨年初優勝のJFE東日本(千葉市)と三菱自動車倉敷オーシャンズ(倉敷市)が対戦。第2試合では広島ドラフト1位指名の栗林良吏投手を擁する前回準優勝のトヨタ自動車(豊田市)がセガサミー(東京都)と顔を合わせる。 大会は12日間で、決勝は12月3日。選手、審判員らは新型コロナウイルスのPCR検査を受けて臨む。1試合の入場者は1万人以内に制限され、大会名物の応援団による応援は実施しない。例年は夏開催だが、ことしは開催時期を変更した。

後で読む
デイリースポーツ

「大相撲11月場所・14日目」(21日、両国国技館) 1敗の大関貴景勝(千賀ノ浦)が関脇御嶽海(出羽海)を難なく下して、優勝争い単独トップの座を守った。

後で読む
デイリースポーツ

【北京共同】卓球の世界ランキング上位で争う国際卓球連盟(ITTF)ファイナル第3日は21日、中国の鄭州で準決勝が行われ、日本勢でただ一人勝ち残っていた東京五輪女子代表で世界ランキング2位の伊藤美誠(スターツ)は同5位の王曼イク(中国)に0-4で敗れた。 伊藤は第1ゲームを3-11で落とすと、第2ゲームも4-11で失って苦しい立ち上がりとなった。第3ゲームこそ9-11と競ったが、相手の堅い守りを崩せずストレート負けを喫した。

後で読む
デイリースポーツ

全日本実業団対抗女子駅伝(宮城県松島町文化観光交流館前-弘進ゴムアスリートパーク仙台=6区間、42・195キロ)の出場選手が大会前日の21日に発表され、東京五輪マラソン代表勢は3区(10・9キロ)で前田穂南(天満屋)と一山麻緒(ワコール)が対決し、2連覇を狙う日本郵政グループの鈴木亜由子は5区(10キロ)を走ることが決まった。 オンラインでの記者会見で前田は「1秒でも早くたすきを渡したい」と意気込み、一山は「積極的に初めからがんがん走りたい」と決意を述べた。鈴木は「力を結集してチームとして最高の結果を得たい」と抱負を語った。

後で読む
デイリースポーツ

プロ野球の日本一を決めるSMBC日本シリーズ2020は21日、大阪市の京セラドーム大阪でセ・リーグ2連覇の巨人と3年ぶりにパ・リーグを制したソフトバンクが対戦して開幕した。 新型コロナウイルス感染拡大で約3カ月遅れて6月19日に無観客で開幕した異例のシーズンは、ようやく頂点を決める戦いにたどり着いた。

後で読む
デイリースポーツ

明治安田J2第35節第1日(21日・サンガスタジアムbyKYOCERAほか=10試合)首位の徳島は京都に0-2で敗れた。連勝は5で止まって勝ち点71。2位福岡は山形と1-1で引き分けて同69、3位の長崎は千葉を下して同66とした。

後で読む
東京スポーツ

格闘技イベント「RIZIN.25」(21日、大阪城ホール)で、引退を撤回し現役を続行した朴光哲(43)が白川陸斗(29)に逆転負けし、再度引退を表明した。  試合は1Rから激しい打撃戦になった。両者…

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第1戦、巨人-ソフトバンク」(21日、京セラドーム大阪) 4年連続日本一を目指すソフトバンクに巨人が挑む。両軍の先発は巨人・菅野、ソフトバンク・千賀のエース対決。

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第1戦、巨人-ソフトバンク」(21日、京セラドーム大阪) 巨人は6番・DHで亀井、7番・一塁で中島、8番・左翼にウィーラーと経験豊富な選手を並べた。

後で読む
スポーツニッポン

 日本シリーズが21日に開幕する。今年は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、過密日程となったため、投手の負担軽減も考えて、全試合DH制を採用。さらに20日の監督会議では予告先発も決まった。さらに、新型コロナウイルスの影響で打ち切りについても規定されるなど、71度目の日本シリーズは特別な決戦となる。

後で読む
スポーツニッポン

J2リーグ3位の長崎が上位3チームで唯一勝利。山形と引き分けた2位・福岡との勝ち点差を3に縮めた。

後で読む
デイリースポーツ

 ダンロップ・フェニックス第3日(21日・宮崎県フェニックスCC=7042ヤード、パー71)前日4位の大槻智春が66、前日単独トップの石坂友宏が68で回り、通算12アンダーの201で首位に並んだ。1打差の3位に金谷拓実がつけた。 通算10アンダーの4位に木下稜介、5位に日本オープン選手権覇者の稲森佑貴、ガン・チャルングン(タイ)が続いた。石川遼は四つスコアを伸ばし、17位に浮上。大会連覇を狙う今平周吾は30位に後退した。(出場68選手=アマ4、晴れ、気温18・6度、東北東の風2・9メートル、無観客)

後で読む
日刊スポーツ

東京農大二(群馬2位)が計10トライをあげる猛攻で、佐野日大(栃木2位)に64-5で勝利を収めた。決勝をかけ、あすの準決勝で国学院久我山(東京2位)と戦う。東…

後で読む
日刊スポーツ

全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝)の前日会見が21日、オンラインで行われ、ハーフマラソン日本記録保持者の新谷仁美(32=積水化学)は、「8年ぶりにこの…

後で読む
日刊スポーツ

国学院久我山(東京2位)が計9トライを奪い、東海大甲府(山梨2位)に59-0と完勝した。決勝をかけ、あすの準決勝で東京農大二(群馬2位)と対戦する。開始早々か…

後で読む
日刊スポーツ

専大松戸(千葉2位)が日立一(茨城2位)を29-0で破り、準決勝進出を決めた。決勝進出をかけ、あす東海大相模(神奈川2位)と対戦する。吹き荒れる強風をものとも…

後で読む
サンケイスポーツ

明治安田J2第35節第1日(21日・サンガスタジアムbyKYOCERAほか=10試合)首位の徳島は京都に0-2で敗れた。連勝は5で止まって勝ち点71。2位福岡は山形と1-1で引き分けて同69、3位の長崎は千葉を下して同66とした。

後で読む
サンケイスポーツ

明治安田J1第28節第1日(21日、札幌5-1清水、札幌ド)札幌が今季最多5得点で大勝した。0-1の前半13分に負傷の荒野と交代したアンデルソンロペスが流れを変える2ゴール。殊勲のFWは「(荒野)拓馬のために戦おうという気持ちで勝てた。拓馬にささげたい」と仲間を思いやった。

後で読む
東京スポーツ

さあ、8年ぶりの日本一へ――。巨人は21日の日本シリーズ開幕戦(京セラドーム)で、亀井善行外野手を「6番・DH」でスタメン起用する。  9月下旬に左足内転筋を痛めて戦列を離れ、リハビリを経て宮崎での…

後で読む
サンケイスポーツ

広島がドラフト5位で指名した独立リーグ、四国アイランドリーグplus徳島の行木俊投手(19)=184センチ、76キロ、右投げ右打ち=の入団が21日、決まった。契約金2000万円、年俸550万円で合意した。

後で読む
サンケイスポーツ

(みやざきフェニックス・リーグ、巨人-阪神、21日、清武第2)阪神は小幡竜平内野手(20)の2点二塁打などで、巨人に6-3で勝利。平田勝男2軍監督(61)は「この前もジャイアンツに負けたから、今日は絶対(勝とうと)。巨人のユニホームを見たら燃えなきゃ」と2軍でも打倒・巨人の意識を徹底させた。

後で読む
サンケイスポーツ

ダンロップ・フェニックス第3日(21日、宮崎県フェニックスCC=7042ヤード、パー71)前日4位の大槻智春が66、前日単独トップの石坂友宏が68で回り、通算12アンダーの201で首位に並んだ。

後で読む
日刊スポーツ

静岡商高は慶大に実力差を見せつけられたが、7番大井朝日外野手(2年)が一矢を報いた。4点を追う4回表2死満塁で、左前へ2点適時打。チーム唯一の得点を生んだ。「… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

20年の日本シリーズが開幕する。今年も昨年と同カードでセ・リーグ連覇した巨人と4年連続で出場するソフトバンクが激突。巨人の本拠地東京ドームで都市対抗野球大会が… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 「RIZIN.25」(21日、大阪城ホール) テコンドー全日本選手権男子80キロ級9連覇中の江畑秀範(28)=フリー=がプロ格闘技デビュー戦で判定負けした。

後で読む
デイリースポーツ

 フィギュアスケート女子の18年平昌五輪銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワ(21)=ロシア=が21日、新型コロナウイルスに感染したと、ロシアメディア「Mash」が報じた。他の複数メディアも引用する形で報じている。 「Mash」によると、メドベージェワは当初2度検査を受け陰性。ただ、その後、コロナウイルスの症状を感じ、検査を受けた結果、陽性反応が出たという。現在は隔離されている。

後で読む
サンケイスポーツ

ダンロップ・フェニックス第3日(21日、宮崎県フェニックスCC=7042ヤード、パー71)前日4位の大槻智春が66、前日単独トップの石坂友宏が68で回り、通算12アンダーの201で首位に並んだ。1打差の3位に金谷拓実がつけた。

後で読む
サンケイスポーツ

明治安田J1第28節第1日(21日、札幌5-1清水、札幌ド)清水は前半5分に幸先よく先制しながら、5失点で大敗した。昨季2-5、0-8で敗れていた相手に再び大量失点し、竹内は「粘り強くできなかった。前半いい入りができていたので、悔しさはすごく残る」と唇をかんだ。

後で読む
サンケイスポーツ

明治安田J3第29節第1日(21日、岐阜長良川競技場=1試合)岐阜は2-1で藤枝に競り勝ち、2連勝で勝ち点49として暫定3位に浮上した。藤枝は5試合ぶりの黒星で勝ち点40のまま。

後で読む
サンケイスポーツ

明治安田J1第28節第1日(21日、大分1-0川崎、昭和電工ドーム)大分は11月3日以来、中17日の試合で首位・川崎に1-0で勝利。本拠地での川崎の優勝を阻止した。

後で読む
スポーツニッポン

男子ゴルフのダンロップ・フェニックスは21日、宮崎県のフェニックスCC(7042ヤード、パー71)で第3ラウンドを行い、首位から出たプロ1年目の石坂友宏(21=日本ウェルネススポーツ大)が7バーディー、1ダブルボギー、2ボギーの68で回り通算12アンダーで66だった大槻智春(30=真清創設)と並び首位を守った。1打差の3位に金谷拓実(22=東北福祉大4年)がつけ、通算10アンダーで木下稜介(2…

後で読む
スポーツニッポン

バスケットボール男子日本代表は合宿3日目の21日、都内で練習を行った。フリオ・ラマス監督(56=アルゼンチン)は開催国枠で出場が内定している来夏の東京五輪を見据え、今合宿から新システムの導入に着手。今回の招集を見送ったウィザーズの八村塁(22)、昨季までグリズリーズでプレーした渡辺雄太(26)、豪メルボルン・ユナイテッドの馬場雄大(25)の“海外組”をチームの軸にすることを念頭に置き、ファスト…

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレス「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア(BOSJ)」20日の東京・後楽園ホール大会で、高橋ヒロム(30)がBUSHI(37)とのロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン同門対決を制して2勝目…

後で読む
デイリースポーツ

明治安田J1第28節第3日(21日・昭和電工ドーム大分ほか=6試合)首位を独走する川崎は勝てば優勝が決まる大分戦に0-1で敗れ、リーグ制覇を持ち越した。22日にG大阪が浦和に引き分けるか負けると、2年ぶり3度目の優勝が決定する。 川崎は前半に谷口が一発退場となる反則でPKを与え、1点を失った。後半は10人で押し込んだが、点を奪えなかった。

後で読む
デイリースポーツ

「明治安田生命J1、大分1-0川崎」(21日、昭和電工ドーム大分) 川崎が敗れ、2年ぶり3度目の優勝は22日以降に持ち越しとなった。

後で読む
スポーツニッポン

明治安田生命J1は21日、第28節の6試合が各地で行われ、首位の川崎Fはアウェーで12位の大分に0―1で敗れた。2年ぶり3度目のリーグ制覇はあす22日以降に持ち越し。同日に2位・G大阪がアウェー浦和戦に引き分けか敗れれば優勝が決まる。

後で読む
サンケイスポーツ

自動車の世界ラリー選手権(WRC)最終戦として日本で開催されるラリー・ジャパンの実行委員会は21日、名古屋市内などで宣伝イベントを開き、来年11月11~14日の大会概要を発表した。愛知、岐阜の両県を舞台とし、愛知県長久手市の愛・地球博記念公園がメイン会場となる。

後で読む
スポーツニッポン

 ソフトバンクは18年の広島第3戦から日本シリーズ最多タイ記録の8連勝中。きょうの試合で9連勝の新記録達成となるか注目だ。先発は日本シリーズで4年連続の開幕投手となる千賀。勝てば17、19年に次ぐ開幕戦3勝目で堀内恒夫(巨)、渡辺久信(西)に並ぶシリーズ最多タイ記録になる。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカー女子のプレナスなでしこリーグ1部最終節は21日、浦和駒場スタジアムなどで5試合が行われ、既に優勝を決めていた浦和はノジマステラ神奈川相模原と1-1で引き分け、勝ち点44で終えた。最終節でも1得点の菅沢(浦和)が17ゴールで2015年以来3度目の得点王に輝いた。

後で読む
サンケイスポーツ

ラグビーの第57回全国大学選手権は21日に開幕し、福岡県営春日公園球技場で行われた1回戦で九州代表の福岡工大が北海道・東北代表の八戸学院大を43-21で下した。29日の2回戦で東海・北陸・中国・四国代表の朝日大と対戦する。

後で読む
サンケイスポーツ

全日本実業団対抗女子駅伝(22日、宮城県松島町文化観光交流館前-弘進ゴムアスリートパーク仙台=6区間、42・195キロ)の区間オーダーが21日、発表され、最長10・9キロのエース区間3区で、ワコールの一山麻緒(23)と天満屋の前田穂南(24)の東京五輪女子マラソン代表が対決することになった。

後で読む
サンケイスポーツ

関東大学ラグビー・リーグ戦は21日、東京・秩父宮ラグビー場で2試合を行い、3連覇を狙う東海大と昨年3位の流通経大との5戦全勝同士の激突は、55-38で東海大が勝利。ただ1チーム勝ちっぱなしの6戦全勝とした。12月5日の日大との最終戦(秩父宮)に勝てば3年連続10度目の優勝が決まる。5勝1敗の流通経大と日大にも優勝の可能性が残る。

後で読む
日刊スポーツ

勝てば優勝が決まる川崎フロンターレだったが、大分トリニータに敗れ、21日に優勝を決めることはできなかった。立ち上がりから大分に攻め込まれる場面が多く、何度も決…

後で読む
日刊スポーツ

優勝に王手をかけていた川崎フロンターレがアウェーで大分トリニータに敗れ、優勝は決まらなかった。勝てば優勝が決まっていたが前半にPKで先制され、このPKに直結す…

後で読む
日刊スポーツ

北海道コンサドーレ札幌が今季最多5得点を挙げて逆転し、3試合ぶり白星を手にした。清水エスパルスは3連勝はならなかった。前半5分、清水DFファン・ソッコが先制点…

後で読む
日刊スポーツ

名古屋グランパスは21日、MFガブリエル・シャビエル(27=ブラジル)に第1子となる長男が誕生したと発表した。20日に生まれて母子ともに健康。同選手は「息子が…

後で読む
日刊スポーツ

優勝に王手をかけていた川崎フロンターレがアウェーで大分トリニータに敗れ、優勝は決まらなかった。勝てば優勝が決まっていたが前半にPKで先制され、このPKに直結す…

後で読む
スポーツニッポン

首位と1打差の2位から出た“ミレニアム世代”の古江彩佳(20=フリー)が7バーディー、ボギーなしの64をマークし、通算13アンダーで単独首位に立った。前週の伊藤園レディースで今季2勝目となる通算3勝目を挙げており、2週連続優勝に王手をかけた。

後で読む
スポーツニッポン

16場所ぶりに十両に復帰した東13枚目の“業師”宇良(28=木瀬部屋)が珍手「後ろもたれ」で9勝目を挙げた。場内アナウンスで決まり手が告げられると、どよめきと拍手が改めて起こった。十両で直近は今年春場所2日目に英乃海が若隆景に対し、この決まり手で勝っている。

後で読む
スポーツニッポン

NBAは20日からFA交渉がスタート。八村塁(22)が所属するウィザーズは、昨季15・4得点をマークし、42・4%という3点シュートの成功率を記録したラトビア出身のフォワード、ダビス・バターンズ(28)と5年、8000万ドル(約83億2000万円)で契約を延長し、昨季バックスに在籍していたセンター、ロビン・ロペス(32)との契約に合意した。

後で読む
スポーツニッポン

全日本実業団対抗女子駅伝(22日号砲、宮城県松島町文化観光交流館前―弘進ゴムアスリートパーク仙台の6区間、42・195キロ)の前日会見が21日、オンラインで行われ、エース区間3区(10・9キロ)にエントリーしたハーフマラソン日本記録保持者の新谷仁美(32=積水化学)が打倒東京五輪代表を宣言した。同区間には五輪マラソン代表の前田穂南(24=天満屋)と一山麻緒(23=ワコール)が出場。8年ぶりの出…

後で読む
スポーツニッポン

第100回全国高校ラグビー大会の近畿地区最後の1枠を懸けた近畿ブロック代表決定戦準決勝が21日行われ、京都工学院は21―24で報徳学園に敗れ、花園出場はかなわなかった。

後で読む
スポーツニッポン

東京・武蔵野市および武蔵野市教育委員会は、水球の魅力や見どころを集めたプレー映像や、同市にゆかりの深いポセイドンジャパン(水球日本代表)の選手たちが映像を元に分かりやすく解説した動画「Sports for All 水球 2020」の配信を15日から開始した。

後で読む
東京スポーツ

 女子プロレス界史上最大のカリスマ・長与千種(55)の怒りが爆発だ。  長与は21日に都内で会見を行い、コロナ禍で延期されていた伝説の団体「ガイア・ジャパン」の一夜限定復活興行「GAEAISM」を、来…

後で読む
東京スポーツ

 大相撲11月場所14日目(21日、東京・両国国技館)、十両宇良(28=木瀬)が十両東龍(33=玉ノ井)を下して9勝5敗とした。  立ち合いから相手の懐に入り、腰を落として居反りを狙ったが、この日も失…

後で読む
東京スポーツ

 楽天は21日、青山浩二投手(37)が、今季限りで現役を引退すると発表した。  2005年の大学生・社会人ドラフトで楽天から3巡目指名を受け、八戸大学から入団。ルーキーイヤーの06年から一軍で中継ぎと…

後で読む
デイリースポーツ

「フィギュアスケート・ロシア杯」(21日、モスクワ) 女子ショートプログラム(SP)が行われ、昨年のGPファイナル女王のアリョーナ・コストルナヤ(17)=ロシア=が78・84点で首位発進を決めた。元世界女王のエリザベータ・トゥクタミシェワ(23)=ロシア=が74・70点で2位、昨季のGPファイナル3位のアレクサンドラ・トルソワ(16)=ロシア=が70・81点で3位につけた。昨季のGPファイナル2位のアンナ・シェルバコワ(16)=ロシア=は肺炎のため欠場した。

後で読む
デイリースポーツ

全日本実業団対抗女子駅伝(22日、宮城県松島町文化観光交流館前~弘進ゴムアスリートパーク仙台、6区間=42・195キロ)に出場する有力選手が21日、オンラインで会見した。 東京五輪マラソン代表の前田穂南(24)=天満屋、一山麻緒(23)=ワコール、鈴木亜由子(29)=日本郵政グループ、5000メートル、1万メートルですでに東京五輪参加標準記録をクリアしている新谷仁美(32)=積水化学、東京五輪マラソン補欠の松田瑞生(25)=ダイハツ=が出席。区間エントリーも決まり、前田、一山、新谷がエース区間の3区(10・9キロ)、鈴木は5区(10キロ)、松田は1区(7・6キロ)に起用された。

後で読む
デイリースポーツ

「明治安田生命J1、大分1-0川崎」(21日、昭和電工ドーム大分) 川崎が敗れ、2年ぶり3度目の優勝は22日以降に持ち越しとなった。

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第1戦、巨人-ソフトバンク」(21日、京セラドーム大阪) 4年連続の日本一を目指すソフトバンクに、巨人が挑む。昨年も同じ顔合わせで、ソフトバンクが4連勝と圧倒した。

後で読む
デイリースポーツ

楽天は21日、青山浩二投手(37)が現役を引退すると発表した。15年目の今季は11試合の登板にとどまり、2勝0敗で防御率4・35だった。23日に引退記者会見を行う予定。 青山は北海道・函館工高から八戸大を経て2006年の大学・社会人ドラフト3巡目で楽天に入団。救援としてチームを支えた。通算成績は625試合に登板し、42勝58敗45セーブで防御率3・67。196ホールドポイントは歴代6位。

後で読む
スポーツニッポン

明治安田生命J1は21日、第28節の6試合が各地で行われ、首位の川崎Fはアウェーで12位の大分に0―1で敗れた。2年ぶり3度目のリーグ制覇は、あす22日以降に持ち越し。同日に2位・G大阪がアウェー浦和戦に引き分けか敗れれば優勝が決まる。

後で読む
スポーツニッポン

J1優勝に王手をかけている川崎Fが大分に0―1で敗れたため、優勝は22日以降に持ち越しとなった。2位のG大阪がアウェー浦和戦に引き分けか敗れれば、川崎Fの2年ぶり3度目の優勝が決まる。G大阪が勝つと、25日川崎F―G大阪の直接対決(等々力)に持ち越される。

後で読む
デイリースポーツ

 大王製紙エリエール・レディース第3日(21日・愛媛県エリエールGC松山=6545ヤード、パー71)3位から出た前週優勝の20歳、古江彩佳がボギーなしの7バーディーで64をマークし、通算13アンダー、200で単独首位に立った。2打差の2位は前日首位だった19歳の笹生優花。 トップと5打差の3位は菊地絵理香で、さらに1打差の4位に西村優菜、渡辺彩香ら4人が続いた。昨年覇者の渋野日向子は通算3アンダーの14位。(出場55選手=アマ2、晴れ、気温17・8度、東北東の風2・8メートル、無観客)

後で読む
日刊スポーツ

バスケットボール男子日本代表合宿に参加している篠山竜青(32=川崎ブレイブサンダース)が21日、都内からオンラインで取材に応じ、「充実感がある。刺激的でいい合…

後で読む
日刊スポーツ

第100回を記念して設けられた近畿代表1枠をめぐる戦いで、天理(奈良2位)が大阪桐蔭(大阪2位)を下して決勝進出を決めた。天理は前半17分、SH梅谷洋明(3年…

後で読む
日刊スポーツ

同大が、宿敵京産大に勝利し、B組1位通過、全国大学選手権への出場を決めた。前半、京産大に先制点を許したが、直後にSO田村魁世(3年)のトライで同点に追いつくも…

後で読む
日刊スポーツ

「想定していた最悪を上回る最悪」「ここまで酷いと思わなかった」「もうダメです」「今日はどうしようもない」。レースを終えた川内優輝(33=あいおいニッセイ同和損…

後で読む
日刊スポーツ

18年平昌五輪銀メダルの小平奈緒(34=相沢病院)は、1分15秒75で2位だった。優勝した高木美帆(26=日体大職)とは0秒86差だったが「タイミングや感覚は…

後で読む
サンケイスポーツ

Rマドリードのセルビア代表FWルカ・ヨヴィッチが新型コロナウイルスの検査で陽性となった。

後で読む
サンケイスポーツ

スペイン代表MFイスコが、来年1月の移籍市場でRマドリードから離れる決断をしたと、スペイン『アス』が伝えた。

後で読む
東京スポーツ

決めることはできなかった。J1川崎は21日に大分(昭和電ド)と対戦。0―1で敗れ、リーグ優勝は22日以降に持ち越しとなった。  序盤から苦しい戦いを強いられる中、前半34分にアクシデントが起きた。ペ…

後で読む
サンケイスポーツ

競馬のバーレーン・インターナショナル・トロフィー(2000メートル芝)は20日、サヒール競馬場で14頭が出走して行われ、ホリー・ドイル騎乗の日本馬ディアドラ(6歳牝馬、橋田満厩舎)は8着だった。橋田調教師はレース後、同馬を引退させ繁殖馬とすることを表明。「次のステージである繁殖に進めることを、オーナーと相談して決めた」とコメントした。

後で読む
サンケイスポーツ

「SMBC日本シリーズ2020」は、21日に京セラドーム大阪で開幕する。

後で読む
日刊スポーツ

ロッテは21日、ZOZOマリンで秋季練習を行い、井口資仁監督(45)が報道陣に対応した。沢村、唐川ら複数の主力選手が、保有するFA権の行使を検討している状況に… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

楽天は21日、青山浩二投手(37)が今季限りで引退すると発表した。23日午前10時30分からオンラインで引退会見を行う予定。青山は八戸大から05年大学・社会人… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

明治安田J1第28節第1日(21日、大分-川崎、昭和電ド)川崎は大分に勝てば2年ぶり3度目のリーグ制覇となる。前半34分、DF谷口がエリア内で大分のMF野村を倒してレッドカードで退場。献上したPKを決められて先制を許し、0-1で後半に突入した。

後で読む
スポーツニッポン

1打差の2位から出た“ミレニアム世代”の古江彩佳(20=フリー)が7バーディー、ボギーなしの64をマークし、通算13アンダーで単独首位に立った。前週の伊藤園レディースで今季2勝目となる通算3勝目を挙げており、2週連続優勝に王手をかけた。

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド20日(日本時間21日)発】WWEのスマックダウン(SD)大会が配信され、レイ・ミステリオ一家との抗争を続けていた〝救世主〟セス・ロリンズ(34)と、一家に寝返ったマーフィー(3…

後で読む
スポーツニッポン

第100回全国高校ラグビー大会の近畿地区最後の1枠をかけた近畿ブロック代表決定戦の準決勝が21日、天理市内で行われ、2年前に全国制覇を果たした大阪桐蔭が敗れ、花園への道が断たれた。

後で読む
東京スポーツ

 新日本プロレス「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア(BOSJ)」20日の東京・後楽園ホール大会で、高橋ヒロム(30)がBUSHI(37)とのロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン同門対決を制して2勝目…

後で読む
デイリースポーツ

「明治安田生命J1、大分-川崎」(21日、昭和電工ドーム大分) 勝てば優勝の川崎がまさかの事態に見舞われた。前半33分、DF谷口彰悟がレッドカードで一発退場となった。

後で読む
デイリースポーツ

西武に日本ハムから金銭トレードで移籍する吉川光夫投手が21日、千葉県鎌ケ谷市の日本ハムの2軍施設で練習後に取材に応じ「求められていくので自分としては前向きに捉えている。期待に応えられるように頑張りたい」と抱負を述べた。 今季は5試合の登板にとどまったが、2012年には14勝5敗でパ・リーグ最優秀選手(MVP)に輝いた実績を持つ。西武の印象は「打線が(すごいと)言われがちだが、守備もすごくうまい。その中で投げられるのはプラス」と話した。

後で読む
デイリースポーツ

日本ハムから西武へ移籍が決まった吉川光夫投手(32)が21日、千葉・鎌ケ谷の2軍施設でランニングやキャッチボールなどで汗を流した。練習後、取材に応じた左腕は「チャンスをもらえる。期待されている分、頑張りたい」と新天地での再起を誓った。 12年には14勝5敗、リーグトップの防御率1・71でリーグ優勝に貢献しMVPにも輝いた。日本ハムに復帰して2年目の今季は5試合の登板にとどまったが、「そこが1番大事なポイント」という持ち味の直球には自信を取り戻しつつある。

後で読む
デイリースポーツ

楽天は20日、青山浩二投手(37)が現役引退することを発表した。 球団創設2年目の06年から、主に中継ぎとしてチームを支え続けてきた右腕。通算625試合に登板して42勝58敗45セーブ、防御率3・67の成績を残した。

後で読む
スポーツニッポン

首位の川崎Fは、勝てば無条件で優勝が決まる大一番で、主将のDF谷口彰悟(29)が退場処分となった。

後で読む
サンケイスポーツ

ドルトムント所属、ノルウェー代表FWアーリング・ハーランドが新たな勲章を手にした。

後で読む
サンケイスポーツ

「春の高校バレー」として開催される第73回全日本バレーボール高等学校選手権大会(サンケイスポーツなど主催)の地区大会は21日、福島など5県で決勝が行われた。福島の男子は福島商が郡山北工を3-0((25-12、25-15、25-20)で下し、2年ぶり2度目の本大会出場を決めた。

後で読む
サンケイスポーツ

明治安田J1第28節第1日(21日、大分-川崎、昭和電ド)川崎は大分に勝てば2年ぶり3度目のリーグ制覇となる。前半34分、DF谷口がエリア内で大分のMF野村を倒してレッドカードで退場。献上したPKを決められ、先制を許した。

後で読む
日刊スポーツ

楽天青山浩二投手(37)が今季限りでの現役引退の意思を固めたことが21日、関係者の話で分かった。球団からは来季の構想外を伝えられていた。◆青山浩二(あおやま・… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

巨人菅野とソフトバンク千賀。初めてのマッチアップを意外に感じた。同時に、菅野-千賀の継投で挑んだビッグゲームを思い出してもいた。2017年、日本時間3月22日… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 阪神のロベルト・スアレス投手(29)が最多セーブのタイトルを獲得した。開幕はセットアッパーで迎え、7月中旬からクローザーに定着。51試合に登板、3勝1敗、25セーブ8ホールド、防御率2・24の成績を残した。 シーズン終了後、矢野監督は「球児が抑えをできない状況になった時にスアレスが出てきてくれたというのはチームとして本当に助かりました」と守護神の働きを絶賛した。

後で読む
東京スポーツ

米男子ゴルフ「RSMクラシック」(ジョージア州アイランドGC)は20日(日本時間21日)に第2ラウンドが行われ、122位から出た小平智は2バーディー、4ボギー、1ダブルボギーの74と崩れ、通算7オー…

後で読む
サンケイスポーツ

阪神、日本ハム、米大リーグで活躍した新庄剛志氏(48)が21日、インスタグラムを更新。在住していたバリ島に残してきた愛犬が亡くなったことを報告した。

後で読む
日刊スポーツ

勝てば史上最速となる5試合を残しての2年ぶり3度目Vが決まる川崎フロンターレの先発が発表された。前節約1カ月ぶりに復帰し、途中出場で得点を決めたFW小林がスタ…

後で読む
日刊スポーツ

ガンバ大阪は22日、浦和レッズ戦(埼玉)に臨む。前節ベガルタ仙台戦で0-4と大敗し、12戦不敗でストップ。依然2位は死守しているが、浦和に負ければ勝ち点3差の…

後で読む
日刊スポーツ

リーグ最速Vに王手をかけた川崎フロンターレがアウェーで大分トリニータ戦に挑む。勝利すれば他会場の結果にかかわらず、史上最速となる5試合を残しての2年ぶり3度目…

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド20日(日本時間21日)発】WWEのスマックダウン(SD)大会が配信され、ロウとスマックダウン(SD)の全面対抗戦となるPPV大会「サバイバー・シリーズ」(22日=日本時間23日…

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド20日(日本時間21日)発】WWEのスマックダウン(SD)大会が配信され、2日後に迫ったロウとスマックダウン(SD)の全面対抗戦となるPPV大会「サバイバー・シリーズ」(22日=…

後で読む
デイリースポーツ

米プロバスケットボールNBAで八村塁が所属するウィザーズがフリーエージェントとなったベルタンスと5年総額8千万ドル(約83億2千万円)で再契約に合意したと20日、スポーツ専門局ESPN(電子版)が報じた。 2019~20年シーズンは54試合に出場し、3点シュートを武器に1試合平均15・4得点を記録。7月末のレギュラーシーズン再開後は新型コロナウイルス感染予防のため欠場した。(共同)

後で読む
東京スポーツ

WBO世界フライ級王者の中谷潤人(22=M・T)が世界最強を証明すべく、他団体の同級王者に“宣戦布告”だ。  6日の王座決定戦(後楽園ホール)にKO勝ちして新王者となった中谷は、20日にジムの所在地…

後で読む
デイリースポーツ

巨人前監督の高橋由伸氏が20日、日本テレビ系「NEWS ZERO」に出演。21日に開幕する日本シリーズについて、巨人が4勝3敗でソフトバンクを下すと予想した。 その理由として、エース菅野が万全であることを挙げ「初戦投げ、その次に(中)4日でいってほしいと思う。投げた2戦は当然2勝、その後6戦7戦にもつれたらリリーフで投げて、2勝1セーブくらいのフル回転をしてほしい」と要望。昨季はコンディションに不安があったが「今年は万全で臨む。期待したい」とうなずいた。

後で読む
デイリースポーツ

 「女子ゴルフ・大王製紙エリエールレディース、第3日」(21日、愛媛・エリエールGC松山) 大会連覇を狙う渋野日向子(22)=サントリー=は3バーディー、1ボギーの69でラウンド。通算3アンダーとした。

後で読む
日刊スポーツ

プロスポーツチームの新人チアリーダーたちを紹介します。今回はバスケットボールBリーグ・川崎ブレイブサンダースのチア「IRIS(アイリス)」のNANAです。==…

後で読む
日刊スポーツ

立命大が走力で関大を突き放した。試合開始直後にWTB藤井健太郎(3年)のトライで先制すると、前半17分にはCTB木田晴斗(3年)が追加点。ロスタイムには再び木…

後で読む
サンケイスポーツ

明治安田J1第28節第1日(21日、大分-川崎、昭和電ド)川崎は大分に勝てば2年ぶり3度目のリーグ制覇となる。

後で読む
東京スポーツ

米スポーツサイトのブリーチャーリポートは20日(日本時間21日)に「FA選手の獲得に最もアグレッシブになるのはどの球団か」というタイトルの特集記事を掲載した。 「最高位」としたのは新オーナーを迎えた…

後で読む
東京スポーツ

ヤンキースのブライアン・キャッシュマンGM(53)が19日(日本時間20日)に、本拠地ヤンキー・スタジアムのフィールドで、段ボールと寝袋で一夜を明かした。  これは、北米で家出やホームレスの子供たち…

後で読む
東京スポーツ

【スペイン・パンプローナ20日(日本時間21日)発】スペイン1部リーグ第10節、左太もものケガで戦列を離れていたウエスカのFW岡崎慎司(34)が敵地のオサスナ戦の後半30分から出場し、約1か月半ぶりの…

後で読む
東京スポーツ

フランス1部リーグ第11節、首位パリ・サンジェルマンは敵地でモナコに2―3と逆転負けを喫した。首位こそ守ったものの、2位に浮上したモナコに勝ち点4差まで詰められた。  良くも悪くも主役はフランス代表…

後で読む
サンケイスポーツ

米プロバスケットボールNBAで八村塁が所属するウィザーズがフリーエージェントとなったベルタンスと5年総額8000万ドル(約83億2000万円)で再契約に合意したと20日、スポーツ専門局ESPN(電子版)が報じた。

後で読む
サンケイスポーツ

関東大学ラグビー・リーグ戦は21日、東京・秩父宮ラグビー場で2試合を行い、昨年2位の日大が同4位の大東大を88-5と圧倒。5勝1敗として、3チームが進出する全国大学選手権へ、2大会連続9度目の出場を確定させた。大東大は1勝1分け4敗。

後で読む
サンケイスポーツ

バスケットボール男子日本代表の選手が21日、東京都内での合宿練習後にオンラインでの取材に応じた。昨年夏のW杯で主将を務めた篠山竜青(32)=川崎=は「代表として試合ができないのはもどかしいが、いい雰囲気で力を蓄えられている」と前向きに話した。

後で読む
日刊スポーツ

ロッテは21日、12月5日にファン感謝特別番組「マリンフェスタTV」を放送すると発表した。例年はファン感謝デーのイベントを行っているが、今年は新型コロナウイル… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ロッテ井口資仁監督(45)は21日、佐々木朗希投手(19)のフェニックス・リーグ登板を見送ることを明らかにした。最速163キロ右腕の実戦デビューは来季へ持ち越… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ロッテは21日、ZOZOマリンで秋季練習を開始した。安田尚憲内野手(21)ら13選手が参加した。CS敗退後は宮崎でのフェニックス・リーグに参加していた安田は、… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

10月のドラフト会議で阪神から指名を受けた9選手の連載をお届けする。第4回はドラフト4位・栄枝裕貴(22)=立命大。プロへの扉を開くまでの道のりを振り返る。  ◇  ◇

後で読む
デイリースポーツ

阪神からドラフト7位指名を受けた高寺望夢内野手(18)=上田西=が21日、長野市内のホテルで入団交渉に臨み、契約金2000万円、年俸480万円で仮契約した。 チームの今ドラフト指名、唯一の高校生。平塚スカウトは「早いに越したことはない」と早期での1軍デビューに期待する。高寺本人も「できるだけ早い段階で(1軍に)行けるように」と意気込んだ。

後で読む
サンケイスポーツ

明治安田J1第28節第1日(21日、大分-川崎、昭和電ド)川崎は大分に勝てば2年ぶり3度目のリーグ制覇となる。

後で読む
サンケイスポーツ

「春の高校バレー」として開催される第73回全日本バレーボール高等学校選手権大会(サンケイスポーツなど主催)の地区大会は21日、福島など5県で決勝が行われた。福島の女子は郡山女大付が磐城第一を3-0(25-21、25-18、25-21)で下し、5年連続22度目の本大会出場を決めた。

後で読む
サンケイスポーツ

スピードスケート・全日本選抜競技会八戸大会第2日(21日、YSアリーナ八戸)女子1000メートルは2018年平昌冬季五輪銅メダルの高木美帆(日体大職)がリンク記録を塗り替える1分14秒89で制した。

後で読む
サンケイスポーツ

阪神がドラフト7位指名した上田西高・高寺望夢内野手(18)が21日、長野市内のホテルで入団交渉に臨み、契約金2000万円、年俸480万円で仮契約した。

後で読む
スポーツニッポン

男子マラソンの川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)が1万メートルに出場し、30分17秒61に終わった。

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド20日(日本時間21日)発】WWEのスマックダウン(SD)大会が配信され、2日後に迫ったロウとスマックダウン(SD)の全面対抗戦となるPPV大会「サバイバー・シリーズ」(22日=…

後で読む
スポーツニッポン

日本女子プロゴルフツアーの大王製紙エリエール・レディース(賞金総額1億円、優勝賞金1800万円)は当地で午前7時50分から第3ラウンドを行っている。

後で読む
東京スポーツ

【英国・ロンドン20日(日本時間21日)発】男子ツアーの年間成績上位8人で争われる「ATPファイナルズ」の1次リーグ最終戦2試合が行われ、世界ランキング1位で第1シードのノバク・ジョコビッチ(33=セ…

後で読む
東京スポーツ

【ロシア・モスクワ20日(日本時間21日)発】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦「ロシア杯」女子ショートプログラム(SP)が行われ、アリョーナ・コストルナヤ(17)が78・84点で首…

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州ベルエアー20日(日本時間21日)発】米女子ゴルフ「ペリカン女子選手権」(ペリカンGC=パー70)2日目、35位から出た畑岡奈紗(21=アビームコンサルティング)は1バーディー、2ボギーの…

後で読む
東京スポーツ

 J1川崎は、21日の大分戦(昭和電ド)に勝てばJ1史上最速Vが決まる。午後2時3分のキックオフを前に、先発メンバーが発表された。  今季限りでの引退を表明しているMF中村憲剛(40)が、今季6試合目…

後で読む
デイリースポーツ

ロッテは21日、12月5日(13時~14時30分)にファン感謝特別番組「マリンフェスタTV」を有料CS放送「日テレNEWS24」とインターネット動画配信サービス「パーソル パ・リーグTV」、球団公式YouTubeチャンネルで放送すると発表した。 例年はファンに1年間の応援への感謝を伝える機会としてファン感謝デーのイベントを開催。だが今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため自宅から楽しめるよう特別番組をテレビとオンラインで放送する。

後で読む
デイリースポーツ

DeNAは21日、新外国人選手としてケビン・シャッケルフォード投手(31)=196センチ、95キロ、右投げ右打ち=と育成契約で合意したと発表した。 米大リーグでは2017、18年にレッズで通算31試合に登板して0勝1敗、防御率5・35。最近2年間は所属チームがなかった。

後で読む
サンケイスポーツ

 絶対的守護神の残留にも暗雲だ。去就が注目される阪神のロベルト・スアレス投手(29)が20日までに、自身のインスタグラムにアップしていたソフトバンクと阪神時代の写真の投稿を、すべて削除した。真意は不明だが、メジャー復帰へ向けた身辺整理とも取れる“不穏”な動きだ。

後で読む
サンケイスポーツ

ロッテの最速163キロ右腕、佐々木朗希投手(19)の実戦デビューが来季へ持ち越しとなった。井口資仁監督(45)が21日、「今年(の実戦登板)はないです」と明言したもの。当初、体調次第で秋季教育リーグ「フェニックス・リーグ」(宮崎、11月8-29日)での登板も予定されていたが、コンディションが上がってこないことから回避が決まった。指揮官は同投手の現状について「フォーム作りと遠投。昨日(20日)で60メートルぐらいで投げたと聞いている」と説明。来春キャンプに向けて「休んでいる場合じゃない。トレーナー含めて、来季に向けたコンディショニングとプログラムで、しっかりやってもらえれば」と話した。

後で読む
サンケイスポーツ

大王製紙エリエールレディス第3日(21日、愛媛・エリエールGC松山=6545ヤード、パー71)首位に6打差の20位タイから出た渋野日向子(22)=サントリー=は3バーディー、1ボギーの69で回り、スコアを2つ伸ばして通算3アンダーでホールアウトした。

後で読む
日刊スポーツ

阪神の高山俊外野手(27)と北條史也内野手(26)が甲子園で行われている秋季練習に合流した。2人は8日から宮崎市内を中心に行われていた若手中心のみやざきフェニ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

阪神ドラフト7位の上田西・高寺望夢内野手(18)が20日、長野市内のホテルで入団交渉に臨み、仮契約を結んだ。契約金2000万円、年俸480万円。仮契約後は「よ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 ロッテ・井口資仁監督が21日、佐々木朗希投手を宮崎県で開催されている「みやざきフェニックス・リーグ」で登板させない方針を明かした。右腕の実戦デビューは、2年目の来年に持ち越しとなった。 佐々木朗のフェニックスリーグ登板について指揮官は「今年に関してはないですね」と説明。現在は2軍の浦和で調整をしており、前日20日には60メートルの距離でキャッチボールを行ったという。今後は「体力作りも含めてしっかりとやって」とし、来春キャンプに向けて「プログラムを作っている」との方針も明かした。

後で読む
デイリースポーツ

「フェニックス・リーグ、阪神-巨人」(21日、清武第二) フェニックス・リーグ第4クール初戦。阪神の先発マウンドには馬場が上がる。前回14日のヤクルト戦では3回を投げ2安打1失点。今回の登板前には「カウント負けしないことと、ストレートをインコースに投げること。苦手としていた配球を取り組んでいます」とテーマを掲げていた。

後で読む
東京スポーツ

【英国・ロンドン20日(日本時間21日)発】男子ツアーの年間成績上位8人で争われる「ATPファイナル」の1次リーグ最終戦2試合が行われ、世界ランキング1位で第1シードのノバク・ジョコビッチ(33=セル…

後で読む
サンケイスポーツ

2012年以来、8年ぶりのAクラス入りとなる3位で20年の戦いを終えた中日。掲げて2年目となった「昇竜復活」に一定の手応えを感じられるシーズンだった。しかし、今季を振り返る京田陽太内野手(26)の言葉に、満足感はなかった。

後で読む
サンケイスポーツ

満場一致だった。米大リーグを取材する全米野球記者協会(BBWAA)ニューヨーク(NY)支部は6日(日本時間7日)、オンラインで定例ミーティングを開催。『ニューヨーク・ポスト』紙で1997年からヤンキース担当を務めてきたジョージ・キング記者(64)に、「ウィリアム・J・スローカム&ジャック・ラング賞」の授与を決めた。

後で読む
サンケイスポーツ

★ひとつテンヤで7・2キロのマダイ 11月15日、大原『長福丸』 釣り人=渕田貴寛さん(練馬区) ★落とし込み&泳がせで10・4キロ、8・4キロ、6・3キロのブリ 11月6日、茅ケ崎『まごうの丸』 釣り人=新本伸彦さん(川崎市)

後で読む
サンケイスポーツ

ロッテは21日、12月5日のファン感謝特別番組「マリンフェスタTV」(午後1時~2時30分)を有料CS放送「日テレNEWS24」とインターネット動画配信サービス「パーソル パ・リーグTV」、球団公式YouTubeチャンネルで放送すると発表した。

後で読む
日刊スポーツ

日本では収容可能人数の半数近いチケットが販売されています。また、拍手を中心とした新しい応援スタイルによって盛り上がろうという動きと、徐々に緩和されつつある様子…

後で読む
日刊スポーツ

なでしこリーグ1部、5位の新潟レディース(L)は今日21日、2位のINAC神戸戦(ノエビアスタジアム)で今季リーグ最終戦を迎える。10月11日のノジマステラ神…

後で読む
日刊スポーツ

リーグ最速Vに王手をかけた川崎フロンターレがアウェーで大分トリニータ戦に挑む。勝利すれば他会場の結果にかかわらず、史上最速となる5試合を残しての2年ぶり3度目…

後で読む
東京スポーツ

 引退覚悟で来い。“プロレスリングマスター”武藤敬司(57)が、22日のノア・横浜武道館大会で一騎打ちする谷口周平(44)をぶった切った。  対決が決まったのは10月11日の大阪大会でのこと。8人タッ…

後で読む
東京スポーツ

 米男子ゴルフ「RSMクラシック」(ジョージア州アイランドGC)は20日(日本時間21日)に第2ラウンドが行われ、122位から出た小平智は2バーディー、4ボギー、1ダブルボギーの74と崩れ、通算7オー…

後で読む
並び替え可能( Cookieで保存)。
よく使用する競技を下に(片手で届く場所に)並び替えて使用してください。
追加したい競技があればコメントください。