「2020年11月22日」の記事一覧

サンケイスポーツ

アルペンスキーのワールドカップ(W杯)は22日、フィンランドのレビで女子回転第2戦が行われ、2018年平昌冬季五輪代表の安藤麻(日清医療食品)は1回目に56秒52で40位となり、2回目に進めなかった。ペトラ・ブルホバ(スロバキア)が合計1分49秒05で21日に続いて今季2勝目、通算16勝目を挙げた。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカーのベルギー1部リーグで22日、ベールスホットの鈴木武蔵はホームのアンデルレヒト戦で2-0の後半35分までプレーした。チームは2-1で競り勝った。

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンク・デスパイネが巨人にとどめを刺した。5点リードの7回1死満塁で、巨人鍵屋から右翼席へ豪快アーチ。得意の逆方向弾は南海、ダイエー時代も含めて、シリー… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンクは1回に柳田の適時二塁打などで3点を先制。2回に甲斐のソロ、3回はグラシアルの2ランで追加点を挙げた。ソフトバンクは5回にデスパイネの右犠飛で1点… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンク石川柊太投手がシリーズ初先発で白星を挙げた。巨人打線を相手に6回途中2失点で、初戦に勝った千賀に続いて育成出身投手で連勝。「早い回に野手の方が点を… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 「日本シリーズ・第2戦、巨人-ソフトバンク」(22日、京セラドーム大阪) 巨人に信じられないミスが飛び出し、球場は騒然となった。

後で読む
サンケイスポーツ

SMBC日本シリーズ第2戦(巨人2-13ソフトバンク、ソフトバンク2勝、22日、京セラ)ソフトバンクは救援5投手が無失点でつなぎ、反撃を許さなかった。7-2の六回1死で石川が連打を浴びると継投策に入り、嘉弥真が丸を空振り三振に仕留めて高橋礼にスイッチ。高橋礼は四球を与えて2死満塁で、中島をフルカウントから速球で空振り三振に仕留め「結果的に0点で抑えることができて良かった」と汗をぬぐった。

後で読む
サンケイスポーツ

SMBC日本シリーズ2020は22日、京セラドーム大阪で第2戦が行われ、4連覇を狙うソフトバンク(パ・リーグ優勝)が8年ぶりの日本一を目指す巨人(セ・リーグ優勝)に13-2で大勝して2連勝を飾った。ソフトバンクは2018年の第3戦から続けているシリーズの連勝記録を10に伸ばし、巨人は13年の第7戦から7連敗となった。

後で読む
サンケイスポーツ

SMBC日本シリーズ第2戦(巨人2-13ソフトバンク、ソフトバンク2勝、22日、京セラ)ソフトバンクの栗原がシリーズ記録に並ぶ1試合4安打を放った。打点こそつかなかったがいずれも好機をつくり、その後の得点につなげた。第1戦で4打点を挙げて上がったお立ち台では「(次は)どうなるか分からない」と謙虚だった。しかし、再び打線を引っ張って勝利を呼び込み「毎打席集中して打席に入れた」と胸を張った。

後で読む
東京スポーツ

 巨人はソフトバンクとの日本シリーズ第2戦(22日、京セラドーム)に2―13で歴史的な惨敗を喫し、2連敗スタートとなった。  どんな時でも前を向き、報道陣へのリップサービスも旺盛な原辰徳監督(62)も…

後で読む
デイリースポーツ

「JFL、FC大阪2-1奈良クラブ」(22日、服部緑地陸上競技場) 大阪から3番目のJリーグ入りを目指すサッカーJFLのFC大阪はホームで奈良クラブに逆転勝利。最終節を残し、6勝2分け6敗で勝ち点20の8位となった。J3参入条件となる4位まで勝ち点2差の混戦のため他チームの結果次第となるが、最終戦・ヴェルスパ大分戦(29日・昭和電A)にJ3入りへの可能性を残した。今節を終え、首位・大分は2位・テゲバジャーロ宮崎と勝ち点4差に広げ、初優勝が決定。宮崎は4位以内が確定し、J3入会を確実にした。

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第2戦、巨人2-13ソフトバンク」(22日、京セラドーム大阪) ソフトバンクが打線は15安打13得点、投手陣は盤石の継投策で5安打2失点に抑える完勝。今シリーズ2連勝、日本シリーズ記録を更新する10連勝を飾った。

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第2戦、巨人2-13ソフトバンク」(22日、京セラドーム大阪) ソフトバンクが打線は15安打13得点、投手陣は盤石の継投策で5安打2失点に抑える完勝。今シリーズ2連勝、日本シリーズ記録を更新する10連勝を飾った。

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第2戦、巨人2-13ソフトバンク」(22日、京セラドーム大阪) ソフトバンクが打線は15安打13得点、投手陣は盤石の継投策で5安打2失点に抑える完勝。今シリーズ2連勝、日本シリーズ記録を更新する10連勝を飾った。

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第2戦、巨人2-13ソフトバンク」(22日、京セラドーム大阪) 巨人が球団ワーストの13失点で惨敗を喫し、0勝2敗。日本シリーズは13年第7戦から、屈辱の7連敗となった。

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第2戦、巨人2-13ソフトバンク」(22日、京セラドーム大阪) 巨人が日本シリーズ史上、球団ワーストの13失点を喫した。歴史的惨敗で2連敗。日本シリーズは13年第7戦から、屈辱の7連敗となった。

後で読む
スポーツニッポン

サッカー元女子日本代表で男子の神奈川県2部「はやぶさイレブン」に期限付き移籍しているFW永里優季(33)が22日、ラストマッチで移籍後初先発を果たした。リーグ最終節となるVERDRERO港北戦で、兄でFW源気(34)と2トップを組んでプレー。後半18分で途中交代し、待望の初ゴールは生まれなかったが「いろいろな人が注目してくださり、社会に対するメッセージにもなったのかなと思う。結果や数字だけでは…

後で読む
東京スポーツ

驚異的な安打量産態勢だ。ソフトバンク・栗原が22日の巨人との日本シリーズ第2戦(京セラドーム)で4安打を放ち気を吐いた。  前日の第1戦ではオール長打で3打数3安打1本塁打の大暴れだった。この日はシ…

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンクのデスパイネが22日、巨人との日本シリーズ第2戦(京セラドーム)で満塁弾を放つなどシリーズタイ記録の1試合6打点をマークした。  試合後は「記録とは知らなかった。今、聞いて素直にうれしい…

後で読む
サンケイスポーツ

SMBC日本シリーズ2020は22日、京セラドーム大阪で第2戦が行われ、4連覇を狙うソフトバンク(パ・リーグ優勝)が8年ぶりの日本一を目指す巨人(セ・リーグ優勝)に13-2で大勝して2連勝を飾った。ソフトバンクは2018年の第3戦から続けているシリーズの連勝記録を10に伸ばし、巨人は13年の第7戦から7連敗となった。

後で読む
サンケイスポーツ

大相撲11月場所で13勝2敗の成績により2度目の優勝を果たした大関貴景勝について、番付編成を担う日本相撲協会審判部の伊勢ケ浜部長(元横綱旭富士)は22日、初場所(来年1月10日初日・両国国技館)が初の綱とりに挑む場所であることを認めた。

後で読む
サンケイスポーツ

阪神の西純矢投手(19)と井上広大外野手(19)が22日、みやざきフェニックス・リーグの公式インスタグラムでライブ配信を行った。

後で読む
日刊スポーツ

巨人岡本和真内野手が、シリーズ初安打をマークした。5点を追う6回1死一塁。石川の高め146キロを中前に、はじき返した。第1戦は2四球を選んだが、2打数無安打。… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンクが第2戦も勝利し、敵地で連勝した。初回に柳田の適時二塁打などで3点を先制。さらに甲斐、グラシアルなどの本塁打で追加点を挙げると、7回にはデスパイネ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

19年ドラフト1位の阪神西純矢投手(19)と同2位の井上広大外野手(19)が22日、みやざきフェニックス・リーグのインスタグラム公式アカウントのトークイベント… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

大相撲11月場所千秋楽(22日、両国国技館)日本相撲協会は大相撲11月場所千秋楽の22日、15日間の懸賞総本数を1040本と発表した。1152本だった先場所から減少した。

後で読む
サンケイスポーツ

大相撲11月場所千秋楽(22日、両国国技館)元大関の高安は馬力を生かした取り口で玉鷲を圧倒し、三役復帰場所で8勝目を挙げた。三役以上での勝ち越しは大関時代の昨年名古屋場所以来。「最後はいい形で前に出て勝てた。今場所はいい内容も多かった」と充実感をにじませた。

後で読む
サンケイスポーツ

SMBC日本シリーズ2020第2戦(巨人2-13ソフトバンク、ソフトバンク2勝、22日、京セラD)巨人・原辰徳監督(62)が第2戦を振り返った。一問一答は以下の通り。

後で読む
日刊スポーツ

ブラウブリッツ秋田の無敗神話が「28」で止まった。前節18日のアウェー・ガンバ大阪U-23戦でJ3最速優勝とJ2最速昇格をダブルで決め、凱旋(がいせん)となっ…

後で読む
日刊スポーツ

ガンバ大阪の2年目、DF高尾瑠(24)が公約していたJ1初得点を大一番で記録した。J1通算45試合目、今季27試合目でのメモリアル弾となった。同点で迎えた後半…

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・ノア」(22日、横浜武道館) ナショナル選手権試合が行われ、王者の拳王が清宮海斗の挑戦を退けて2度目の防衛に成功した。

後で読む
日刊スポーツ

日本サッカー協会(JFA)は22日、女子日本代表「なでしこジャパン」の候補合宿に参加予定だったDF宮川麻都(日テレ)がけがのため不参加となり、代わってDF高橋…

後で読む
スポーツニッポン

ホッケーの日本リーグ女子プレーオフ最終日は22日、大井ホッケー競技場で行われ、決勝はコカ・コーラがソニーを2―1で破り、6年ぶり4度目の優勝。今月8日に行われた全日本社会人選手権に続き、2冠を達成した。

後で読む
スポーツニッポン

女子のショートプログラム(SP)が行われ、吉田陽菜(15=木下アカデミー)が62・05点で2位につけた。「ミッション」のリズムに乗って冒頭のフリップ―トーループの連続3回転など全てのジャンプを決め、スピン、ステップでも最高のレベル4でそろえた。「慎重になりすぎず、フリーにつながる演技ができた」と振り返った。

後で読む
スポーツニッポン

貴景勝の勝因は、本割で敗れた反省を決定戦で生かし切ったことだ。

後で読む
スポーツニッポン

女子のショートプログラム(SP)が行われ、住吉りをん(17=駒場学園高)は59・96点で3位スタートとなった。フリップ―トーループの連続3回転ジャンプのトーループにミスが出たが、スピン、ステップで最高のレベル4でそろえる上品な演技を見せた。「ジャンプで3―3入らなかったのは悔しい。思ったよりも点数がよかった。スピンやステップが評価されたのがうれしい」と語った。

後で読む
東京スポーツ

 巨人V9以来となる4年連続日本一を目指すソフトバンクが投打で原巨人を圧倒した。22日の日本シリーズ第2戦(京セラドーム)に13―2で大勝し2連勝。自らの日本シリーズ記録を更新する10連勝となった。 …

後で読む
デイリースポーツ

第91回都市対抗野球大会は22日、東京ドームで開幕して1回戦2試合が行われ、昨年初優勝のJFE東日本(千葉市)が三菱自動車倉敷オーシャンズ(倉敷市)に1-3で敗れた。トヨタ自動車(豊田市)もセガサミー(東京都)に0-2で屈した。前年優勝、準優勝チームがともに初戦敗退となったのは4年ぶり。 三菱自動車倉敷オーシャンズは一回に田村が2点適時打を放つなど序盤で3点をリード。広畑が7安打に抑え、完投した。セガサミーは二回に北阪が広島ドラフト1位指名の栗林から2ランを放ち、継投で得点を許さなかった。

後で読む
デイリースポーツ

フィギュアスケートの全日本ジュニア選手権第2日は22日、青森県八戸市のフラット八戸で行われ、男子ショートプログラム(SP)は本田ルーカス剛史(木下アカデミー)が80・35点で首位に立った。三宅星南が75・28点で2位、木科雄登(ともに関大)が73・85点で3位。 女子SPは松生理乃(愛知・中京大中京高)が69・06点でトップ。吉田陽菜(木下アカデミー)が62・05点で2位、住吉りをん(東京・駒場学園高)が59・96点で3位となった。

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第2戦、巨人2-13ソフトバンク」(22日、京セラドーム大阪) 巨人がシリーズ26年ぶりとなる2桁失点、球団ワーストの13失点で惨敗を喫した。連夜の力負けで0勝2敗。日本シリーズは13年第7戦から、屈辱の7連敗となった。

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第2戦、巨人2-13ソフトバンク」(22日、京セラドーム大阪) ソフトバンクが投打に圧倒。打っては15安打13得点、守っては盤石継投策で5安打2失点に抑える完勝だった。今シリーズ2連勝、日本シリーズ記録を更新する10連勝を飾った。

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクが圧勝した。一回に柳田の適時二塁打などで3点を先制。二回は甲斐のソロ、三回はグラシアルの2ラン、七回にはデスパイネの満塁本塁打と一発攻勢で突き放した。石川は六回途中まで2失点。その後は5投手の継投で寄せ付けなかった。 巨人はシリーズでは球団ワーストの13失点。打線もウィーラーの2ランのみに抑え込まれた。

後で読む
デイリースポーツ

SMBC日本シリーズ2020は22日、京セラドーム大阪で第2戦が行われ、4連覇を狙うソフトバンク(パ・リーグ優勝)が8年ぶりの日本一を目指す巨人(セ・リーグ優勝)に13-2で大勝して2連勝を飾った。ソフトバンクは2018年の第3戦から続けているシリーズの連勝記録を10に伸ばし、巨人は13年の第7戦から7連敗となった。 ソフトバンクは一回に柳田の適時二塁打などで3点を先制。その後も二回に甲斐のソロ、三回にグラシアルの2ラン、七回にはデスパイネの満塁本塁打で大量リードを奪った。巨人は先発した今村が二回途中まで4失点だった。

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第2戦、巨人2-13ソフトバンク」(22日、京セラドーム大阪) 巨人が日本シリーズ史上、球団ワーストの13失点を喫した。歴史的惨敗で2連敗。日本シリーズは13年第7戦から、屈辱の7連敗となった。

後で読む
日刊スポーツ

東京五輪マラソン代表の鈴木亜由子(29)の快走で勢いづいた日本郵政グループが2年連続3度目の優勝を飾った。5区で起用された鈴木は2位でタスキを受け取り、55秒…

後で読む
日刊スポーツ

西日本選手権優勝の松生(まついけ)理乃(16=愛知・中京大中京高)が首位発進を決めた。全てのジャンプを軽やかに決めきり、69・06点。2位以下を約7点引き離し…

後で読む
日刊スポーツ

コカ・コーラが逆転でソニーを下して、6年ぶり4度目の優勝を果たした。11月初旬の全日本社会人ホッケー選手権決勝と同じ対戦を制し、2冠を達成した。第1クオーター…

後で読む
日刊スポーツ

ソニーが逆転負けを喫し、6連覇を逃した。第1クオーター(Q)開始2分、ペナルティーコーナーから瀬川真帆が押し込み先制したものの、流れをつかみきれない。第2Qか…

後で読む
日刊スポーツ

昨年3位の吉田陽菜(15=木下アカデミー)が62・05点で2位につけた。冒頭の3回転フリップ-3回転トーループは壁に近づきながら決めきり、、ダブルアクセル(2…

後で読む
東京スポーツ

痛恨の一撃だ。巨人はソフトバンクとの日本シリーズ第2戦(京セラドーム)で、7回から4番手で登板した鍵谷陽平投手(30)がデスパイネに満塁本塁打を浴びた。  ソフトバンクの底力ばかりが際立つ展開となっ…

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンクのアルフレド・デスパイネ外野手(34)が、22日の巨人との日本シリーズ第2戦(京セラドーム)で右翼席にグランドスラムを突き刺した。  7回、一死満塁から鍵谷の直球を捉えた。「打った瞬間に…

後で読む
サンケイスポーツ

大相撲11月場所千秋楽(22日、両国国技館)左膝の大けがから9場所ぶりの再入幕だった千代の国が10勝目を挙げ、一昨年夏場所以来の三賞となる敢闘賞を獲得。「うれしいのは間違いない。もっと強くなりたい。三役に上がりたい」と旺盛な向上心だった。

後で読む
サンケイスポーツ

日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)は22日、電話取材に応じ、新型コロナウイルスの影響を受けた1年を総括し「コロナ禍の中で力士は頑張ってきた。場所中に感染者が出なかったことは非常に大事」と安堵した。

後で読む
サンケイスポーツ

SMBC日本シリーズ2020第2戦(巨人2-13ソフトバンク、ソフトバンク2勝、22日、京セラ)パ王者が投打で巨人を圧倒。シリーズ10連勝を達成し、第1戦で樹立した新記録(9連勝)をさらに更新した。ポストシーズンの連勝記録は「14」となった。

後で読む
日刊スポーツ

巨人ゼラス・ウィーラー内野手(33)が2ランを放ち、2試合連続の打点を挙げた。7点を追いかける5回1死一塁、ソフトバンク石川の速球を右翼ポール際に運んだ。「つ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンク石川柊太投手(28)が日本シリーズ初先発で役割を果たした。序盤から140キロ台後半の速球を軸に組み立て、カーブやスライダー、フォークなどを散らした… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

SMBC日本シリーズ2020第2戦(巨人-ソフトバンク、22日、京セラD)ソフトバンクのアルフレド・デスパイネ外野手(34)が「6番・指名打者」で出場。日本シリーズタイ記録となる1試合6打点の大暴れだ。

後で読む
サンケイスポーツ

大相撲11月場所千秋楽(22日、両国国技館)志摩ノ海は幕尻で11勝と場所を盛り上げ、2度目の敢闘賞を受賞。充実の15日間に「集中できた。自分の相撲を取れば勝てるという自信になった」とうなずいた。

後で読む
サンケイスポーツ

アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)に出場するJ1の横浜Mは22日、開催地のドーハ到着時に実施した新型コロナウイルスのPCR検査でスタッフ1人が陰性の結果を得られなかったと発表した。その他の選手、関係者ら遠征メンバー計56人は陰性だった。

後で読む
東京スポーツ

 22日のノア・横浜大会で、〝プロレスリングマスター〟こと武藤敬司(57)が谷口周平(44)を下し、早々のGHCヘビー級王座挑戦に意欲を見せた。  谷口の意外な粘りに苦しむ一幕もあったが、ドラゴンスク…

後で読む
東京スポーツ

 22日のノア・横浜大会で、GHCタッグ王者の「杉浦軍」杉浦貴(50)、桜庭和志(51)組が「エムズアライアンス」の丸藤正道(41)、船木誠勝(51)組を下し2度目の防衛に成功した。  入場から超豪華…

後で読む
東京スポーツ

 22日のノア・横浜大会で、「スティンガー」の小川良成(54)、HAYATA(33)組が原田大輔(34)、小峠篤司(35)組を下し、GHCジュニアタッグ王座奪取に成功した。  試合は両者譲らず目まぐる…

後で読む
スポーツニッポン

女子のショートプログラム(SP)が行われ、質の高い演技を見せた松生理乃(16=中京大中京高)が69・06点で首位発進した。後半のフリップ―トーループの連続3回転など全てのジャンプを決め、表現力でも魅了した。吉田陽菜(15=木下アカデミー)が62・05点で2位につけ、住吉りをん(17=駒場学園高)が59・96点で3位に入った。

後で読む
スポーツニッポン

女子のショートプログラム(SP)が行われ、質の高い演技を見せた松生理乃(16=中京大中京高)が69・06点で首位発進した。ピンクの衣装で「カラーパープル」を舞い、3回転ルッツ、2回転半、フリップ―トーループの連続3回転の全てのジャンプを成功。伸びやかなスケーティングでも会場を魅了し、「いい演技ができて自信になった」とうなずいた。

後で読む
東京スポーツ

 痛恨の一撃だ。巨人はソフトバンクとの日本シリーズ第2戦(京セラドーム)で、7回から4番手で登板した鍵谷陽平投手(30)がデスパイネに満塁本塁打を浴びた。  ソフトバンクの底力ばかりが際立つ展開となっ…

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第2戦、巨人-ソフトバンク」(22日、京セラドーム大阪) 巨人が5点を追う六回1死から坂本、岡本の連続安打で反撃も後続が抑えられ、この回無得点に終わった。

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第2戦、巨人-ソフトバンク」(22日、京セラドーム大阪) ソフトバンクがデスパイネの満塁本塁打でリードを9点に広げた。

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第2戦、巨人-ソフトバンク」(22日、京セラドーム大阪) 巨人・鍵谷が七回から4番手で登板。無死一塁から柳田の打席を迎えたところでボークを犯し、二進を許した。

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第2戦、巨人-ソフトバンク」(22日、京セラドーム大阪) 巨人の投手陣が滅多打ちにされた。

後で読む
スポーツニッポン

スペイン1部リーグで低迷するバルセロナの主力2人が負傷離脱した。

後で読む
東京スポーツ

広島のケムナ誠投手(25)が休みなく鍛錬の秋を送っている。  22日、マツダスタジアムでの秋季練習ではブルペン入りし35球の熱投。「今は変化球は投げずに真っすぐだけ。コーナーの投げ分けと低めに強い球…

後で読む
サンケイスポーツ

SMBC日本シリーズ2020第2戦(巨人-ソフトバンク、ソフトバンク1勝、22日、京セラD)先発したソフトバンク・石川柊太投手(28)は5回1/3を投げ2失点で降板。勝利投手の権利を手に入れた。

後で読む
日刊スポーツ

社会人野球の第91回都市対抗大会が東京ドームで開幕。32チームによるトーナメント方式で争われる。決勝は12月3日。選手、審判員らは新型コロナウイルスのPCR検… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンクが先勝した日本シリーズは第2戦も昨日行われた第1戦と同じく京セラドーム大阪を舞台に対戦。ソフトバンクは1回に柳田の適時二塁打などで3点を先制。2回… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

陸上の関東学生対校選手権は22日、相模原ギオンスタジアムで長距離種目が行われ、男子5000メートルは2部の高瀬桂(専大)が1部の優勝タイムをしのぐ14分17秒84でトップだった。

後で読む
日刊スポーツ

東京ヴェルディが、FW端戸の2得点でレノファ山口に競り勝ち3連勝となった。端戸は前線からの守備でハードワークし、攻守で貢献。前半19分の先制点も、端戸の守備で…

後で読む
日刊スポーツ

東京ヴェルディが、FW端戸の2得点でレノファ山口に競り勝ち3連勝となった。山口は試合前日の21日、選手1人が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性になったことを…

後で読む
日刊スポーツ

左足首を骨折した北海道コンサドーレ札幌MF荒野拓馬(27)が22日、札幌・宮の沢での練習を欠席した。前日21日清水エスパルス戦で相手との接触で負傷。来季開幕ま…

後で読む
日刊スポーツ

川崎Fは2日連続の優勝持ち越しとなった。22日に2位G大阪が浦和に勝利。勝ち点を58に伸ばし、残り5試合で川崎Fとの勝ち点差を14に縮めた。引き分け以下で優勝…

後で読む
日刊スポーツ

アジア・チャンピオンズリーグ(カタール)に出場するFC東京は24日、再開初戦で上海申花(中国)と対戦する。この日の練習後にFW永井謙佑(31)がオンラインで取…

後で読む
東京スポーツ

 22日のノア・横浜大会で、GHCヘビー級王者の潮﨑豪(38)が中嶋勝彦(32)を下しV5に成功した。  元盟友による方舟の至宝を巡る戦いは文字通りの死闘となった。序盤、エプロンの攻防で中嶋を捕獲した…

後で読む
東京スポーツ

 日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)は22日、年内最終戦となる「ツアー選手権リコー杯」(26日~、宮崎)の出場有資格者41人を発表した。  今季ツアー優勝を挙げている古江彩佳(20)、笹生優花(19…

後で読む
東京スポーツ

 大相撲11月場所千秋楽(22日、東京・両国国技館)、大関貴景勝(24=千賀ノ浦)が2018年九州場所以来、2度目の優勝を果たした。  本割では1差で追う小結照ノ富士(28=伊勢ヶ浜)が浴びせ倒して貴…

後で読む
スポーツニッポン

4大会連続五輪出場の福士加代子(38=ワコール)が最終6区を走り、駅伝ラストランをチーム最高タイの4位で終えた。6位でタスキを受けて3位まで浮上したが、ゴール直前に抜き返され「アンカーというおいしいところをもらっちゃったんですけど…本当ダメですね~」と苦笑い。ゴール後は仲間に笑顔と涙で迎えられ、「3番になれたら一番最高でしたけど、良い駅伝でした」と笑顔で振り返った。

後で読む
東京スポーツ

 国内女子ツアー「エリエールレディス」最終日(22日、愛媛・エリエールGC松山=パー71)、2打差の2位から出た笹生優花(19=ICTSI)は73のラウンドで、9アンダーの3位に終わった。  古江彩佳…

後で読む
デイリースポーツ

陸上の関東学生対校選手権は22日、相模原ギオンスタジアムで長距離種目が行われ、男子5000メートルは2部の高瀬桂(専大)が1部の優勝タイムをしのぐ14分17秒84でトップだった。 女子5000メートルは花田咲絵(順大)が16分28秒36、同1万メートルは今井彩月(大東大)が34分59秒12で優勝。男子1万メートルはチャールズ・ドゥング(日大)が29分10秒73で勝った。

後で読む
デイリースポーツ

「関東大学ラグビー、明大39-23帝京大」(22日、秩父宮ラグビー場) 帝京大は逆転負けを喫し、今季2敗目で対抗戦優勝の可能性が消滅した。フランカー松本健留主将(4年)は「80分間通して粘り強さや力強さ、その中で正確なプレーというところで、まだまだ自分たちは力不足だった」と差を痛感した。

後で読む
東京スポーツ

 もはや誰も止められないのか…。22日の日本シリーズ第2戦(京セラドーム)は一方的な展開となっている。  巨人は日本シリーズ初先発の今村信貴(26)が、初回からソフトバンク打線の餌食となり、2回持たず…

後で読む
デイリースポーツ

【北京共同】卓球の世界ランキング上位で争う国際卓球連盟(ITTF)ファイナル最終日は22日、中国の鄭州で決勝が行われ、男子は世界選手権3連覇中の馬竜(中国)が世界ランキング1位の樊振東(中国)を4-1で退けて優勝した。女子は世界1位の陳夢(中国)が同5位の王曼イク(中国)を4-1で下した。 世界的な新型コロナウイルス流行による国際大会の中止、延期の影響を受け、今大会は例年ワールドツアーの年間成績上位で争われるグランドファイナルの代わりに開催。グランドファイナルと合わせ、馬竜は4大会ぶり6度目の優勝で、陳夢は4連覇を達成した。

後で読む
デイリースポーツ

「大相撲11月場所・千秋楽」(22日、東京・両国国技館) 小結照ノ富士(伊勢ケ浜)が2場所ぶり、関脇以下では昭和以降、最多の3度目の優勝へ王手をかけた。

後で読む
デイリースポーツ

サッカー女子の元日本代表FWで、神奈川県2部リーグの男子チーム「はやぶさイレブン」に期限付き移籍中の永里優季が22日、神奈川県厚木市で行われたリーグ戦最終節で最後の公式戦に臨んだ。初の先発出場で約65分間プレーし「ある程度長く出たのが久しぶりだったので、いろいろなことを考えながらプレーした。貴重な経験をさせてもらった」と語った。 出場は4試合目。これまで試合終盤に投入されていたが、開始から兄の源気と2トップを組んだ。前半に相手ゴール前で左クロスを冷静に頭で折り返して好機をつくり、自陣から前線へ正確なロングパスも供給した。

後で読む
デイリースポーツ

ホッケーの日本リーグ女子プレーオフ最終日は22日、東京・大井ホッケー競技場で行われ、決勝はコカ・コーラがソニーを2-1で破り、6年ぶり4度目の優勝を果たした。ソニーは6連覇を逃した。 コカ・コーラは開始直後に失点したが、第3クオーターにペナルティーコーナー(PC)で藤林が決めて同点。第4クオーターにPCで浅井が決勝点を挙げた。

後で読む
デイリースポーツ

「明治安田生命J1 浦和1-2G大阪」(22日、埼玉スタジアム) 執念の逆転勝利でG大阪が今節での川崎優勝を阻止した。後半17分に先制を許したが、4分後にこぼれ球を拾ったFW宇佐美貴史(28)が右足で同点ゴール。同36分にはCKからDF高尾瑠(24)がプロ初ゴールとなる決勝弾を頭で決めた。関西学院大卒2年目のサイドバックは「すごくうれしい。大事なところで結果を出すことができて良かった」と初々しくほほ笑んだ。

後で読む
デイリースポーツ

日本ハムの大田泰示外野手が22日、千葉・鎌ケ谷で秋季練習に参加し、連日のフリー打撃などで汗を流した。 21日の日本シリーズ第一戦をテレビ観戦し、ソフトバンクの強さを改めて実感したという大田は来季に向け、「まずは自分たちの足元を見つめ直さないとと思っている。自分たちの長所、短所、足りないものを補っていかないといけない。そこでようやく立ち向かえる相手だと思う」と表情を引き締めた。

後で読む
デイリースポーツ

日本ハムの清水優心捕手が22日、千葉・鎌ケ谷の2軍施設で秋季練習に参加。今オフの自主トレではチームメートの近藤へ弟子入りし打撃と守備、両面でのレベルアップを図ることを明かした。 清水は今季69試合に出場し打率・193、3本塁打、16打点と消化不良の一年になった。守備でのミスも多く、「キャッチャーの技術も、打つのも上げていかないといけない」と危機感を高める。

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第2戦、巨人-ソフトバンク」(22日、京セラドーム大阪) 劣勢の巨人が7点を追う五回に反撃した。

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第2戦、巨人-ソフトバンク」(22日、京セラドーム大阪) ソフトバンク先発の石川が5回1/3を被安打4、7奪三振。先発の役目を果たして降板した。

後で読む
日刊スポーツ

バレーボール日本代表の石川祐希(24=ミラノ)がホームで行われたピアチェンツァ戦にスタメン出場した。ミラノは1-3と敗れ、2週間ぶりの公式戦を白星で飾れず、今…

後で読む
日刊スポーツ

新極真会主催の第52回全日本空手道選手権の最終日が22日、東京・ベルサール六本木で開催された。コロナ禍の影響で無観客試合となった今大会では、男子は入来建武(2…

後で読む
日刊スポーツ

富士通が3戦全勝でAブロック1位を決めた。1勝1敗のエレコム神戸と対戦し、前半で17-3とリード。後半も得点を追加し、守備はTDを許さずに34-3で快勝した。…

後で読む
日刊スポーツ

「うたしん」こと吉田唄菜(17=岡山ク)西山真瑚(18=早大)組が大会2連覇を達成した。2季連続の「ドン・キホーテ」。ツイズルでは2人とも最高評価のレベル4で…

後で読む
日刊スポーツ

女子1500メートルで同種目世界記録保持者の高木美帆(26=日体大職)が1分55秒60で優勝した。前日21日の1000メートルに続くリンク新Vにもタイムには満…

後で読む
サンケイスポーツ

ユベントス指揮官アンドレア・ピルロが、カリャリ戦勝利後に「チームのスタイルは継続させていくべき」と語った。

後で読む
サンケイスポーツ

明治安田J1第28節最終日(22日、浦和1-2G大阪、埼玉)浦和は約1カ月ぶりの本拠での試合で痛い逆転負けを喫した。先制しながら勝ち切れず、大槻監督は「チャンスはあった。どうにかして最低でも勝ち点1に結びつけたかったが、申し訳ない」と悔やんだ。

後で読む
東京スポーツ

昨年の日本シリーズMVP男が大暴れだ。ソフトバンク・グラシアルが22日の巨人との日本シリーズ第2戦(京セラドーム)で強烈な一撃を放った。  3回、巨人2番手・戸郷のスライダーを捉えると、左中間スタン…

後で読む
東京スポーツ

簡単には優勝させない。J1G大阪は22日の浦和戦(埼スタ)に2―1で勝利。引き分け以下に終わった場合、首位川崎のリーグ制覇が決まっていただけに、名門クラブのプライドを見せた形となった。  後半17分…

後で読む
東京スポーツ

J1浦和は22日のG大阪(埼スタ)戦に1―2で敗れ、勝ち点を積み上げることができなかった。  かねて目標としてきたアジアチャンピオンズリーグ(ACL)出場。リーグ戦上位3チームに与えられる切符を手に…

後で読む
サンケイスポーツ

全日本実業団対抗女子駅伝は22日、宮城県松島町文化観光交流館前から弘進ゴムアスリートパーク仙台までの6区間、42・195キロで行われ、日本郵政グループが2時間13分34秒の大会新記録で2年連続3度目の優勝を果たした。ワコールは4位で、マラソン代表の一山麻緒は3区で区間3位だった。

後で読む
サンケイスポーツ

全日本実業団対抗女子駅伝は22日、宮城県松島町文化観光交流館前から弘進ゴムアスリートパーク仙台までの6区間、42・195キロで行われ、日本郵政グループが2時間13分34秒の大会新記録で2年連続3度目の優勝を果たした。ワコールは4位で、マラソン代表の一山麻緒は3区で区間3位だった。

後で読む
サンケイスポーツ

一年納めの大相撲11月場所は22日、東京都墨田区の両国国技館で千秋楽を迎え、新型コロナウイルスの影響を受けた今年の本場所が終了する。

後で読む
サンケイスポーツ

大相撲11月場所千秋楽の22日、三賞選考委員会が開かれ、13勝2敗で大関貴景勝との優勝決定戦に敗れた小結照ノ富士が2度目の技能賞を獲得した。優勝すれば3度目の殊勲賞も獲得できたが、惜しくも逃した。殊勲賞は2018年秋場所以来の該当者なし。

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンク5位の履正社・田上奏大(そうた)投手(17)が22日、大阪市内のホテルで仮契約を結んだ。契約金3000万円、年俸550万円(金額は推定)。ソフトバ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンクが先勝した日本シリーズは第2戦も昨日行われた第1戦と同じく京セラドーム大阪を舞台に対戦。ソフトバンクは1回に柳田の適時二塁打などで3点を先制。巨人… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

西武育成1位の赤上優人投手(21=東北公益文科大)が22日、山形・酒田市内のホテルで入団交渉に臨み、支度金350万円、年俸400万円(金額は推定)で基本合意し… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「フェニックス・リーグ、阪神3-2楽天」(22日、生目第二) 阪神が高卒ルーキー2人の活躍で逆転勝ちした。先発西純が自己最長7回6安打2失点、8奪三振と好投すると、2-2の四回には4番井上が今リーグ3本目となる決勝ソロ。2年目の小幡も3安打するなど、若虎が宮崎でハッスルした。

後で読む
サンケイスポーツ

卓球の世界ランキング上位で争う国際卓球連盟(ITTF)ファイナル最終日は22日、中国の鄭州で決勝が行われ、男子は世界選手権3連覇中の馬竜(中国)が世界ランキング1位の樊振東(中国)を4-1で退けて優勝した。女子は世界1位の陳夢(中国)が同5位の王曼●(=日の下に立)(中国)を4-1で下した。

後で読む
サンケイスポーツ

SMBC日本シリーズ2020第2戦(巨人-ソフトバンク、ソフトバンク1勝、22日、京セラD)巨人・今村信貴投手(26)が日本シリーズ初先発したが、1回2/3を3安打4失点で降板。試合をつくることはできなかった。

後で読む
サンケイスポーツ

卓球の世界ランキング上位で争う国際卓球連盟(ITTF)ファイナル最終日は22日、中国の鄭州で決勝が行われ、女子は世界1位の陳夢(中国)が同5位の王曼●(=日の下に立)(中国)を4-1で下した。

後で読む
スポーツニッポン

大関・貴景勝が優勝決定戦で小結・照ノ富士を下し、2018年九州場所以来、2度目の賜杯を抱いた。

後で読む
東京スポーツ

 22日のノア・横浜大会で、GHCナショナル王者の拳王(35)が清宮海斗(24)を下しV2に成功した。  試合は両者の意地が激突する熱戦となった。エルボーの打ち合いでスタートすると、共に譲らず消耗戦の…

後で読む
東京スポーツ

 大相撲11月場所千秋楽(22日、東京・両国国技館)、元大関の小結照ノ富士(28=伊勢ヶ浜)が大関貴景勝(24=千賀ノ浦)に優勝決定戦で敗れ、2場所ぶり3度目の優勝はならなかった。本割では貴景勝を浴び…

後で読む
東京スポーツ

 国内女子ツアー「エリエールレディス」最終日(22日、愛媛・エリエールGC松山=パー71)、渋野日向子(22=サントリー)は66で回り、今季初のトップ10となる8アンダーの5位でフィニッシュした。  …

後で読む
デイリースポーツ

明治安田J1第28節最終日(22日・埼玉スタジアム=1試合)G大阪が浦和に2-1で逆転勝ちし、この日試合のなかった首位川崎の優勝は持ち越した。川崎は勝ち点72、2位G大阪は同58で残りはともに5試合。25日の直接対決で川崎が勝つか引き分けると、2年ぶり3度目のリーグ制覇が決まる。 浦和に引き分けるか負けると優勝の可能性が消えていたG大阪は後半に先制されたが、宇佐美のゴールなどで試合をひっくり返した。

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第2戦、巨人-ソフトバンク」(22日、京セラドーム大阪) 日本シリーズ初先発となった巨人・今村が、1回2/34安打4失点で無念のKOとなった。

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第2戦、巨人-ソフトバンク」(22日、京セラドーム大阪) ソフトバンクが追加点。二回1死、九番に入った甲斐が、フルカウントから巨人先発・今村の外角低めのフォークに反応。左中間席に突き刺すソロ本塁打を放った。

後で読む
デイリースポーツ

「都市対抗野球・1回戦、三菱自動車倉敷オーシャンズ3-1JFE東日本」(22日、東京ドーム) 16年ぶり8度目の出場となった三菱自動車倉敷オーシャンズが開幕ゲームを飾った。先発した大卒1年目の広畑敦也投手が9回1失点完投。前年覇者で強打のJFE東日本を相手に快投を披露し、快勝へと導いた。

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第2戦、巨人-ソフトバンク」(22日、京セラドーム大阪) ソフトバンク打線が止まらない。4-0で迎えた三回、巨人2番手・戸郷に対し、無死から柳田が左前打で出塁。四番・グラシアルが0ボール1ストライクからの2球目、ど真ん中に入る135キロのスライダーを見逃さずに強振。左中間席に運ぶ2ランを放った。

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第2戦、巨人-ソフトバンク」(22日、京セラドーム大阪) 試合前、巨人・丸佳浩外野手が前日のプレーについて、ソフトバンク側に謝罪した。

後で読む
東京スポーツ

巨人・今村信貴投手(26)が22日の日本シリーズ第2戦(京セラドーム)に先発し、2回途中4失点で降板した。  初回から3点を献上し、主導権を手放した。先頭打者の周東こそ3球三振に仕留めたが、次打者の…

後で読む
スポーツニッポン

 第2戦もソフトバンクが先制した。巨人先発の今村を、前日の第1戦は無安打に終わっていた柳田悠岐外野手が捉えた。1死一塁で甘く入った141キロを見逃さず、火を噴くようなライナーが中堅手・丸の頭上を越えていった。先制の適時二塁打で打線を勢い付けた。

後で読む
サンケイスポーツ

パラ陸上走り高跳び東京パラリンピック代表の鈴木徹(40)=SMBC日興証券=が22日、日本シリーズ第2戦(京セラD)の始球式に登場し、ノーバン投球を成功させ、会場から拍手が送られた。

後で読む
日刊スポーツ

中日のドラフト3位、近江・土田龍空(りゅうく)内野手(17)が22日、彦根市内のホテルで入団交渉に臨み、契約金4500万円、年俸600万円(金額は推定)で仮契… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンクが先勝した日本シリーズは第2戦も昨日行われた第1戦と同じく京セラドーム大阪を舞台に対戦。ソフトバンクは1回に柳田の適時二塁打などで3点を先制した。… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第2戦、巨人-ソフトバンク」(22日、京セラドーム) ソフトバンクが柳田の“魔打球”で先制した、初回、1死一塁。カウント2ボール1ストライクからの巨人先発・今村の4球目。真ん中に入る141キロのシュートをフルスイング。中堅にはじき返した打球は、右に左に揺れながら予想以上に伸びる。最後は右に曲がりながら、丸の頭上を悠々と超える先制二塁打となった。

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第2戦、巨人-ソフトバンク」(22日、京セラドーム大阪) 巨人は初回に痛いミスも重なり、今村がいきなり3失点した。

後で読む
東京スポーツ

大相撲11月場所千秋楽(22日、東京・両国国技館)、幕内志摩ノ海(31=木瀬)が幕内明生(25=立浪)に押し出され、11勝4敗で15日間を終えた。  今場所は東前頭17枚目の幕尻ながら、終盤戦まで優…

後で読む
サンケイスポーツ

「SMBC日本シリーズ2020」は22日、京セラドーム大阪で第2戦目を迎えた。

後で読む
サンケイスポーツ

新体操の全日本選手権最終日は22日、群馬県の高崎アリーナで行われ、女子団体総合は日女体大が2種目合計57・400点で2連覇し、種目別のボールとフープ・クラブも制した。

後で読む
サンケイスポーツ

ダンロップフェニックス最終日(22日、宮崎・フェニックスCC=7042ヤード、パー71)3打差5位から出た日本オープン覇者の稲森は、6バーディーを奪いスコアを伸ばした。しかし通算13アンダーの首位タイで迎えた最終18番にボギーをたたき、優勝争いから脱落した。

後で読む
サンケイスポーツ

新体操団体の日本代表「フェアリー(妖精)ジャパン」が22日、全日本選手権会場の高崎アリーナでエキシビションに参加し、来夏の東京五輪を想定した演目を披露した。新型コロナウイルス禍で五輪が1年延期となったが、主将の杉本早裕吏(トヨタ自動車)は「(日本初の)金メダルを獲得する目標はメンバーの誰一人変わっていない」と決意を語った。

後で読む
デイリースポーツ

「プロレス・ノア」(22日、横浜武道館) 武藤敬司が谷口周平に快勝し、来年早々GHCヘビー級王座挑戦をアピールした。

後で読む
日刊スポーツ

Jリーグは22日、日本フットボールリーグ(JFL)のテゲバジャーロ宮崎がJリーグに入会することが確定したと発表した。この日のJFLの結果をもって、残り1試合を…

後で読む
日刊スポーツ

川崎フロンターレの最速優勝は、25日以降に持ち越しとなった。22日に2位ガンバ大阪が浦和レッズに2-1で勝利。勝ち点を58に伸ばし、残り5試合で川崎Fの勝ち点…

後で読む
スポーツニッポン

アイスダンスのフリーダンスでは昨季の世界ジュニア選手権代表の吉田唄菜(岡山SC)、西山真瑚(早大)組が91・06点をマーク。149・80点で前日のリズムダンスに続いてトップで大会2連覇を果たした。2季連続の「ドンキホーテ」を披露。息の合った舞いで、ステップでは観客の拍手を誘った。吉田は「凄い楽しめた。満足のいく演技ができた」と振り返り、西山も「(有観客で)お客さんの力って偉大だなと改めて感じた…

後で読む
スポーツニッポン

大相撲11月場所は22日、東京・両国国技館で千秋楽の取組が行われ、1敗で単独トップの大関・貴景勝と2敗で追う小結・照ノ富士が結びの一番で直接対決。貴景勝は本割で敗れて優勝決定戦へもつれ込んだが、優勝決定戦では照ノ富士を下して2年ぶり2度目の優勝を果たした。

後で読む
スポーツニッポン

大相撲11月場所は22日、東京・両国国技館で千秋楽の取組が行われ、1敗で単独トップの大関・貴景勝と2敗で追う小結・照ノ富士が結びの一番で直接対決。貴景勝は本割で敗れて優勝決定戦へもつれ込んだが、優勝決定戦では照ノ富士を下して2年ぶり2度目の優勝を果たした。

後で読む
スポーツニッポン

リーグ4連覇中の天理大が関学大との全勝対決を43―17で制した。グループ1位通過で全体2位以内が確定し、全国大学選手権出場が決まった。29日に、別グループ1位の同大と優勝決定戦をする。

後で読む
東京スポーツ

 スポーツクライミング女子で東京五輪代表の野口啓代(31=TEAM au)が意外な強化策を語った。  もともと料理をしてこなかった野口だが、新型コロナウイルス禍の影響でおうち時間が増えたことから「最近…

後で読む
東京スポーツ

 大相撲11月場所千秋楽(22日、東京・両国国技館)、大関貴景勝(24=千賀ノ浦)が優勝決定戦で元大関の小結照ノ富士(28=伊勢ケ浜)を押し出しで下し、13勝2敗で2018年の九州場所以来2年ぶり2度…

後で読む
デイリースポーツ

新体操の全日本選手権最終日は22日、群馬県の高崎アリーナで行われ、女子団体総合は日女体大が2種目合計57・400点で2連覇し、種目別のボールとフープ・クラブも制した。 男子団体は国士舘大が18・225点で12年ぶりに日本一に輝いた。

後で読む
デイリースポーツ

「大相撲11月場所・千秋楽」(22日、両国国技館) 大関貴景勝(千賀ノ浦)が小結照ノ富士(伊勢ケ浜)との優勝決定戦を制し、11場所ぶり2度目、大関では17年初場所の稀勢の里以来、22場所振りの優勝を決めた。

後で読む
デイリースポーツ

新体操団体の日本代表「フェアリー(妖精)ジャパン」が22日、全日本選手権会場の高崎アリーナでエキシビションに参加し、来夏の東京五輪を想定した演目を披露した。新型コロナウイルス禍で五輪が1年延期となったが、主将の杉本早裕吏(トヨタ自動車)は「(日本初の)金メダルを獲得する目標はメンバーの誰一人変わっていない」と決意を語った。 ボールもフープ・クラブも団体総合で銀メダルに輝いた昨年9月の世界選手権よりもDスコア(演技価値点)を10点近く上げており、杉本は「呼吸する間もない」と難しさを表現した。体操協会の山崎浩子強化本部長は「有効にこの期間を使えた」と話した。

後で読む
デイリースポーツ

群馬県内で合宿を行うソフトボールの日本代表が22日、オンライン取材に応じた。今年日本リーグの1部で新人賞を獲得したばかりの左腕・後藤希友(みう・19)=トヨタ自動車=は、次世代エースとして「(今後)チームの中心人物になる」と覚悟をにじませた。 ソフトボールが五輪競技となったのは、日本が金メダルを獲得した08年の北京大会以来。当時活躍した上野由岐子(ビックカメラ高崎)は今も最前線で活躍している。次世代の成長に期待が掛かる中、後藤は「今後五輪があるか分からないけど、ピッチャーとして引っ張っていければ」と目標を語った。

後で読む
デイリースポーツ

サッカー元日本代表のMF香川真司が来年1月の移籍マーケットが開くまでサラゴサ(スペイン)に止まる見通しとなっている。地元一般紙エル・ペリオディ・デ・アラゴンが伝えている。 報道によるとサラゴサと契約解消した香川は1ヶ月半以上が経過した現在も所属チームなしの状態だが、引き続き当地で生活を続けている。自宅に十分なトレーニング設備があるためほとんどのフィジカルトレーニングを行なっており、これまでに数回サラゴサのクラブ練習場を利用。実戦感覚を失わないため地元アラゴン州の実質4部リーグ(※)チームの練習に参加する意向を持っているという。

後で読む
デイリースポーツ

東京五輪で初採用される自転車BMXフリースタイル・パークで五輪女子代表の大池水杜が22日、京都向日町競輪場に国内トップ選手が集まったマイナビ・ジャパンカップに出場し、80・33点で貫禄勝ちした。 2回の試技でどちらもバックフリップ(後方宙返り)を決めるなど、安定感のある走りを披露した。昨年11月、同じ会場で行われた大会でバックフリップを失敗して転倒しただけに「悔しさをバネに練習した。大会が少ない中、本番で結果を出す点で成長できた」と言葉に実感を込めた。

後で読む
デイリースポーツ

J2愛媛は22日、所属するDF西岡大輝(32)が今季限りで現役を引退することを発表した。この日ホームで群馬に0-1で敗れた試合ではベンチを外れていた。 西岡大輝は福岡の東海第五(現東海大福岡)から福岡教育大を経て11年シーズンからJ1広島でプレー。J2栃木から14年シーズンに愛媛に加入し、コンスタントに出場を重ねて、J2通算169試合に出場し2得点を挙げていた。今年6月のJ2再開初戦、徳島との“四国ダービー”では3点差を逆転する劇的勝利に貢献。今季から愛媛に加入した弟のDF西岡大志(26)との“兄弟アベックゴール”も決めていた。

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第2戦、巨人-ソフトバンク」(22日、京セラドーム大阪) 第1戦を快勝したソフトバンクは石川、エース対決を落とした巨人は今村が先発する。

後で読む
デイリースポーツ

「フェニックス・リーグ、オリックス2-1ヤクルト」(22日、SOKKENスタジアム) オリックスの2番手で登板した中田惟斗投手が、自身のMAXを更新する150キロを記録するなど1回1安打2奪三振の好投を見せ、視察に訪れた中嶋聡新監督にアピールした。

後で読む
スポーツニッポン

J2山口が21日に選手1人から新型コロナウイルス感染症の陽性反応が出たため、約50人にPCR検査を行って陰性を確認、濃厚接触者の疑いがある1人も除いて慌ただしい中で試合を行ったが東京Vに1-2で敗れた。

後で読む
スポーツニッポン

J2東京VがFW端戸仁(30)の2得点で今季2度目の3連勝を飾った。

後で読む
スポーツニッポン

明治安田生命J1リーグ第28節最終日の1試合が22日に行われ、優勝の可能性を残しているG大阪はアウェーで浦和に2―1で逆転勝ち。勝ち点を58に積み上げ、今節での川崎Fのリーグ優勝決定を阻止した。川崎Fは25日に行われるホーム等々力でのG大阪との直接対決に勝つか引き分ければ、2年ぶり3度目、現行の34試合制となった2005年以降では10年の名古屋の残り3試合を上回る史上最速となるリーグタイトル獲…

後で読む
日刊スポーツ

昨年3位の本田ルーカス剛史(18=木下アカデミー)が首位発進した。最終グループで登場。ミスのない演技で唯一の80点台となる80・35点をマークした。上位5選手…

後で読む
日刊スポーツ

「うたしん」こと吉田唄菜(17=岡山ク)西山真瑚(18=早大)組が大会2連覇を達成した。2季連続の「ドン・キホーテ」。ツイズルでは2人とも最高評価のレベル4で…

後で読む
日刊スポーツ

昨年3位で、今年は優勝を目指す本田ルーカス剛史(18=木下アカデミー)が首位発進した。冒頭のトリプルアクセル(3回転半)を幅のあるジャンプで決めると、3回転フ…

後で読む
日刊スポーツ

国学院久我山(東京2位)が、前後半で9トライを奪い東京農大二(群馬2位)を55-5で破り決勝に進んだ。第100回全国高校ラグビーの関東地区最後の1枠を懸け、2…

後で読む
日刊スポーツ

東海大相模(神奈川2位)が9トライを奪い、61-10で専大松戸(千葉2位)を下して決勝進出を決めた。第100回全国高校ラグビーの関東地区最後の1枠を懸け、28…

後で読む
サンケイスポーツ

明治安田J3第29節最終日(22日、ソユースタジアムほか=8試合)優勝を決めていた秋田が富山に0-1で敗れ、今季29試合目で初黒星を喫した。相模原は鹿児島を1-0で下し、勝ち点50で2位に浮上。長野は沼津に敗れ、3位に後退した。

後で読む
サンケイスポーツ

明治安田J1第28節最終日(22日、浦和1-2G大阪、埼玉)G大阪が浦和に勝ったたため、川崎のリーグ制覇はまたお預けとなった。川崎は21日、勝てば優勝が決まる大分戦に0-1で敗れ、リーグ制覇は持ち越しとなっていた。

後で読む
東京スポーツ

J1G大阪は、22日に浦和(埼スタ)と対戦。後半17分に先制を許すも、同36分にDF高尾瑠(24)が勝ち越しゴールを決め、2―1で勝利を収めた。  この結果を受け、川崎の優勝は25日のG大阪戦(等々…

後で読む
サンケイスポーツ

巨人は22日、D5位で指名した秋広優人内野手(18)=二松学舎大付高=と東京ドームホテルで仮契約を行った。契約金3500万円、年俸540万円で合意した(金額は推定)。

後で読む
サンケイスポーツ

大相撲11月場所千秋楽(22日、両国国技館)大関貴景勝(24)は千秋楽結びの一番で優勝争いをする元大関の小結照ノ富士(28)に浴びせ倒しで敗れたが、優勝決定戦で照ノ富士を押し出しで下し、11場所ぶり2度目の優勝を決めた。

後で読む
サンケイスポーツ

ダンロップフェニックス最終日(22日、宮崎・フェニックスCC=7042ヤード、パー71)首位から出た石坂友宏(21)=日本ウエルネススポーツ大3年=は3バーディー、2ボギーの70で回り、通算13アンダーで並んだ金谷拓実(22)=東北福祉大4年=とプレーオフに突入。4ホール目で金谷がバーディー、石坂がパーとなり初優勝は逃したが、自己最高の2位と健闘した。

後で読む
日刊スポーツ

19年ドラフト1位の阪神西純矢投手(19)が自己最長の7回を投げて2失点と好投した。三振も自己最多タイの8つを記録。同2位の井上広大外野手(19)も同点の4回… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

楽天の津留崎大成投手が「脱筋肉」を示唆した。筋トレ好きの昨年ドラフト2位右腕は救援で今季チーム5位の33試合に登板。将来の勝ちパターン入りへ経験を積んだ。オフ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

SMBC日本シリーズ2020で対決する巨人、ソフトバンクの第2戦のスタメンが発表された。試合開始は午後6時10分。メンバーは以下の通り。【ソフトバンク】1(遊… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

NHK大相撲中継の公式ツイッターが22日、11月場所千秋楽(両国国技館)のテレビ解説を務めた北の富士勝昭氏(78)=元横綱=のオフショットを掲載した。「素敵な着物ですね?」との指摘に、「まだ支払い終わってないけどな NHKが払うんでしょ(笑)言っとくけど俺のは高いぞー!」とジョーク。「洋服だと稀勢の里に勝てないことがわかったから千秋楽は着物だ!」と意気込んだ。

後で読む
サンケイスポーツ

ダンロップ・フェニックス最終日(22日・宮崎県フェニックスCC=7042ヤード、パー71)前日3位の22歳、金谷拓実が69で回り通算13アンダー、271で前日首位の石坂友宏と並んだプレーオフを4ホール目で制し、ツアー2勝目を挙げた。東北福祉大4年の金谷は、10月のプロ転向後3戦目での初勝利となった。優勝賞金は2000万円。

後で読む
サンケイスポーツ

大相撲11月場所千秋楽の22日、十両は東2枚目の翠富士(静岡県出身、伊勢ケ浜部屋)が10勝5敗で並んだ旭秀鵬(モンゴル出身、友綱部屋)との優勝決定戦を制して初優勝した。来場所の新入幕が確実。

後で読む
サンケイスポーツ

中日は22日、2021年シーズンに使用する球団創設85周年の記念ロゴマークを発表した。

後で読む
スポーツニッポン

男子のショートプログラム(SP)が行われ、昨年3位の本田ルーカス剛史(18=木下アカデミー)が80・35点で首位発進した。「苦悩する地球人からのSOS」を演じ、冒頭の大技トリプルアクセルなど3つのジャンプを全て決めた。「ルッツではもっとジャンプが跳べた。その中でも、いい点がもらえたのはうれしい」と振り返った。

後で読む
スポーツニッポン

日本郵政グループが大会新記録の2時間13分34秒で2年連続3回目の優勝を飾った。1区(7・6キロ)の広中璃梨佳がスタート直後から飛び出し、2位に31秒差をつける区間トップの快走。3区(10・9キロ)で新谷仁美が区間新記録の33分20秒をマークした積水化学に抜かれて2位に後退したが、55秒差でタスキを受けた5区(10キロ)の東京五輪マラソン代表・鈴木亜由子が32分18秒の区間賞で逆転し、逆に29…

後で読む
スポーツニッポン

男子のショートプログラム(SP)が行われ、第1滑走だった三宅星南(18=関大)は75・28点で2位だった。有観客となった今大会の第1滑走だったが、冒頭のトリプルアクセルを決めて波に乗り「ロミオとジュリエット」を舞った。「(全日本ジュニアでは)1番滑走を初めて引いて、光栄でワクワクして臨めてよかった。ジャンプの詰まりはあったが、それ以外の要素を落ち着いて滑れた」と話した。

後で読む
スポーツニッポン

男子のショートプログラム(SP)が行われ、木科雄登(19=関大)は73・85点で3位スタートとなった。後半の連続ジャンプに軽微のミスが出たが、冒頭のトリプルアクセルをしっかり決めた。「ジャンプが全て完璧ではなかったが、予定していた構成でジャンプを決めることができた。ある程度の点数も残せた」と振り返った。

後で読む
東京スポーツ

 ゴルフの国内男子ツアー「ダンロップフェニックス」最終日(22日、宮崎・フェニックスCC=パー71)、金谷拓実(22=東北福祉大)が石坂友宏(21=日本ウェルネススポーツ大)とのプレーオフを制してツア…

後で読む
東京スポーツ

 国内女子ツアー「エリエールレディス」最終日(22日、愛媛・エリエールGC松山=パー71)、単独首位からスタートした古江彩佳(20)が69をマーク、15アンダーで2週連続となる今季3勝目を挙げた。20…

後で読む
東京スポーツ

 スポーツクライミング女子の野中生萌(23=XFLAG)が東京五輪への思いを口にした。  現在、国内外で新型コロナウイルスの感染者が急増中。東京五輪の開催に暗雲が垂れ込めているが、15日に来日した国際…

後で読む
デイリースポーツ

Jリーグは22日、日本フットボールリーグ(JFL)に所属するテゲバジャーロ宮崎の来季J3入りが確定したと発表した。17日の理事会で条件付きの承認を得ていたが、リーグ戦4位以内などの順位要件を満たし、全ての項目をクリアした。

後で読む
デイリースポーツ

巨人からドラフト5位指名を受けた秋広優人内野手(18)=二松学舎大付=が22日、都内のホテルで入団交渉に臨み、契約金3500万円、年俸540万円で仮契約した。背番号は未定。(金額は推定) 球団を通じて原監督から「左の大砲になってほしい」と激励された身長200センチのビッグマン。「一段とやっていかなければいけないなと思いました」と気を引き締めた。

後で読む
デイリースポーツ

「フェニックス・リーグ、オリックス2-1ヤクルト」(22日、SOKKENスタジアム) オリックスの先発・竹安はシーズン中よりも右腕を下げたフォームを試した。

後で読む
スポーツニッポン

 日本シリーズ第2戦が22日に行われる。21日の第1戦はソフトバンクが5―1と完勝した。

後で読む
スポーツニッポン

ドルトムントのU―19チームに所属するU―20ドイツ代表FWユスファ・ムココ(16)が、ドイツ1部リーグ(ブンデスリーガ)の最年少出場記録を樹立した。

後で読む
サンケイスポーツ

Jリーグは22日、日本フットボールリーグ(JFL)に所属するテゲバジャーロ宮崎の来季J3入りが確定したと発表した。17日の理事会で条件付きの承認を得ていたが、リーグ戦4位以内などの順位要件を満たし、全ての項目をクリアした。

後で読む
スポーツニッポン

 社会人野球最高峰の舞台、第91回都市対抗野球が22日、東京ドームで開幕した。連覇を目指すJFE東日本(千葉市)は開幕戦で三菱自動車倉敷オーシャンズ(倉敷市)に1―3で敗戦。昨年王者が1回戦で姿を消した。

後で読む
サンケイスポーツ

ダンロップフェニックス最終日(22日、宮崎・フェニックスCC=7042ヤード、パー71)2日目から首位をキープしていた21歳の石坂は、4ホール目までもつれた金谷とのプレーオフで惜しくも敗れ、プロ初勝利を逃した。国内ツアー3戦目で2位と躍進したが「1ホール目で決着したかった。悔しい」と唇をかんだ。

後で読む
サンケイスポーツ

西武の増田達至投手が22日、カーミニークフィールドでの秋季練習後に取材に応じ、今季取得した国内フリーエージェント(FA)権について「タイミングが来れば話したい」と行使に含みを持たせた。

後で読む
サンケイスポーツ

大王製紙エリエールレディス最終日(22日、愛媛・エリエールGC松山=6545ヤード、パー71)14位から出た渋野が6バーディー、1ボギーで66をマークし、今季最高の5位に食い込んだ。「ショットに不安を抱える中でパッティングに助けられた」と話したように、前半からボギーなしで4バーディーを奪い、後半は一つボギーをたたいたが、バーディーを二つ加えた。

後で読む
日刊スポーツ

エンゼルスが、17年に30本塁打を放ったスコット・シェブラー外野手(30=ブレーブスFA)と契約合意。昇格で年俸90万ドル(約9450万円)。今季は1試合の出… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

“両方の東京ドーム”を知っているからこその言葉だ。14年に巨人を退団後、今季まで三菱パワーで現役を続けた加治前竜一さん(35)は話した。「日本シリーズをどかし… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

巨人ドラフト5位の二松学舎大付・秋広優人内野手(18)が22日、都内のホテルで入団交渉を行い、契約金3500万円、年俸540万円で仮契約を結んだ。「ちょっとず… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

スポーツクライミング女子で東京五輪代表の野口啓代(TEAM au)と有力候補の野中生萌(XFLAG)が22日、東京都内で開かれたクライミング教室に参加し、実演を交えながらリモートによる参加者に技術を伝えた。

後で読む
スポーツニッポン

首位から出た“ミレニアム世代”の古江彩佳(20=フリー)が4バーディー、2ボギーの69で回り、通算15アンダーで先週の伊藤園レディースに続く2週連続優勝を果たした。2位に3打差をつける快勝で、今季3勝目となるツアー通算4勝目。アマチュア時代も含めて20歳179日での通算4勝目達成は宮里藍(19歳1日)、畑岡奈紗(19歳295日)続く史上3番目の若さとなった。

後で読む
スポーツニッポン

男子ゴルフのダンロップ・フェニックスは22日、宮崎県のフェニックスCC(7042ヤード、パー71)で最終ラウンドを行い、1打差の3位から出た金谷拓実(22=東北福祉大4年)が3バーディー、1ボギーの69で回り、通算13アンダーで並んだ石坂友宏(21=日本ウェルネススポーツ大3年)とのプレーオフを4ホール目で制し、プロ3戦目でのツアー初優勝を果たした。金谷はアマ時代の昨年11月に三井住友VISA…

後で読む
スポーツニッポン

4勝1敗同士の対戦は明大が39―23で帝京大に逆転勝ちし、対抗戦2連覇の可能性を残した。敗れた帝京大は2敗目となり、優勝の可能性が消滅した。

後で読む
スポーツニッポン

帝京大は後半無得点で明大に逆転負けを喫し、今季2敗目(4勝)。対抗戦優勝の可能性がなくなった。

後で読む
スポーツニッポン

男子のショートプログラム(SP)が行われ、昨年3位の本田ルーカス剛史(18=木下アカデミー)が80・35点で首位発進した。第1滑走の三宅星南(18=関大)が75・28点で2位につけ、木科雄登(19=関大)が73・85点で3位に入った。

後で読む
東京スポーツ

 DDTのシングルリーグ戦「D王GRAND PRIX」が22日、東京・後楽園ホール大会で開幕し、BブロックではKO―D無差別級王者・遠藤哲哉(29)が初出場の秋山準(51)を撃破するロケットスタートを…

後で読む
デイリースポーツ

スピードスケートの全日本選抜競技会八戸大会最終日は22日、青森県のYSアリーナ八戸で行われ、女子1500メートルは世界記録保持者の高木美帆(日体大職)が1分55秒60で優勝した。押切美沙紀(富士急)が1分57秒11で2位、高木菜那(日本電産サンキョー)が3位だった。 男子1万メートルは土屋良輔(メモリード)が13分16秒10の国内最高記録で勝った。同1500メートルは山田将矢が1分46秒65で1位、土屋陸(ともに日本電産サンキョー)が2位となった。

後で読む
デイリースポーツ

「大相撲11月場所・千秋楽」(22日、両国国技館) 2度の右膝手術を乗り越え、18年初場所以来16場所ぶり十両復帰した人気業師の宇良(28)=木瀬=が勢(伊勢ノ海)に逆転の小手投げを食らい、9勝6敗で場所を終えた。

後で読む
デイリースポーツ

「大相撲11月場所・千秋楽」(22日、東京・両国国技館) 十両優勝争いは1差で追い逆転の可能性を残す、宇良(木瀬)、常幸龍(木瀬)千代の海(九重)が次々と敗退。10勝で単独トップだった翠富士(勢ケ浜)が9勝の旭秀鵬(友綱)に敗れ、10勝5敗同士で両者の決定戦にもつれ込んだ。

後で読む
デイリースポーツ

全日本実業団対抗女子駅伝は22日、宮城県松島町文化観光交流館前から弘進ゴムアスリートパーク仙台までの6区間、42・195キロで行われ、日本郵政グループが2時間13分34秒の大会新記録で2年連続3度目の優勝を果たした。1区の広中璃梨佳が31秒のリード奪い、2位で迎えた5区で東京五輪マラソン代表の鈴木亜由子が区間1位の快走を見せ逆転した。 3区で新谷仁美が区間記録を塗り替えた積水化学が1分16秒差の2位、豊田自動織機が3位。ワコールは4位で、マラソン代表の一山麻緒は3区で区間3位だった。

後で読む
デイリースポーツ

「関東大学ラグビー、明大39-23帝京大」(22日、秩父宮ラグビー場) 明大が39-23で帝京大に逆転勝ちし、4勝1敗同士の対決を制した。対抗戦2連覇の可能性を最終戦に残した。

後で読む
デイリースポーツ

「明治安田生命J3・第29節、福島2-1今治」(22日、夢スタジアム) J3今治が“ツキ”にも見放され、痛すぎる敗戦を喫した。

後で読む
スポーツニッポン

第91回都市対抗野球大会 試合速報を掲載しています。スポーツニッポン新聞社の公式サイトです

後で読む
デイリースポーツ

 「大王製紙エリエールレディース、最終日」(22日、愛媛・エリエールGC松山) 渋野日向子(22)=サントリー=が猛チャージで最終日を大いに盛り上げた。

後で読む
デイリースポーツ

 「大王製紙エリエールレディース、最終日」(22日、愛媛・エリエールGC松山) 古江彩佳(20)=フリー=が4バーディー、2ボギーの69でまわり、通算15アンダーで2週連続、通算4勝目となる優勝を果たした。20歳179日での達成は畑岡奈紗、宮里藍に次ぐ年少記録だ。

後で読む
デイリースポーツ

 大王製紙エリエール・レディース最終日(22日・愛媛県エリエールGC松山=6545ヤード、パー71)単独首位で出た20歳の古江彩佳が4バーディー、2ボギーの69で回り、通算15アンダー、269で伊藤園レディースに続く2週連続優勝を果たした。今季3勝目でアマチュアだった昨年の1勝を含め通算4勝目。 3打差の2位はイ・ミニョン(韓国)で、さらに3打差の3位は19歳の笹生優花と菊地絵理香。前日14位の渋野日向子がこの日のベストスコアの66をマークし、通算8アンダーで今季最高の5位に入った。

後で読む
デイリースポーツ

 男子ゴルフのダンロップ・フェニックスは22日、宮崎県フェニックスCC(パー71)で最終ラウンドが行われ、今秋プロ転向した22歳の金谷拓実が、通算13アンダーの271で並んだ石坂友宏とのプレーオフを4ホール目で制してツアー2勝目、転向後の初勝利を挙げた。

後で読む
日刊スポーツ

対抗戦2連覇を狙う明大が帝京大に勝利した。ともに「4勝1敗対決」は明大に軍配が上がった。明大は前半1分に先制されると、その後も帝京大の猛攻を受けた。一時は0-…

後で読む
日刊スポーツ

日本郵政グループが2時間13分34秒の大会新で2年連続3度目の日本一に輝いた。1区で19歳の広中璃梨佳が後続に31秒差を付ける区間賞でトップに立った。3区で積…

後で読む
日刊スポーツ

天理大が、苦しみながらも関学大に競り勝ち、リーグを首位で通過し、大学選手権への出場を決めた。前半は14-17と、関学大にリードを許して終了。追いかける展開の後…

後で読む
日刊スポーツ

“両方の東京ドーム”を知っているからこその言葉だ。14年に巨人を退団後、今季まで三菱パワーで現役を続けた加治前竜一さん(35)は話した。「日本シリーズをどかし…

後で読む
サンケイスポーツ

サッカーの海外各リーグは21日、各地で行われ、ドイツ1部でシュツットガルトの遠藤航はホッフェンハイム戦にフル出場し、試合は3-3で引き分けた。日本代表のオーストリア遠征で好プレーが光った遠藤は持ち前の守備だけでなく、攻撃面でも存在感を見せた。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカーの海外各リーグは21日、各地で行われ、ドイツ1部でビーレフェルトの堂安律はレーバークーゼン戦にフル出場し、チームは1-2で競り負けた。

後で読む
サンケイスポーツ

関東大学ラグビー対抗戦(明大39-23帝京大、22日、東京・秩父宮)2連覇を狙う明大と2季ぶりの優勝を目指す帝京大の4勝1敗同士の対決は、明大が39-23と逆転勝ち。5勝1敗として優勝戦線に踏みとどまった。

後で読む
サンケイスポーツ

22日の阪神11Rで行われた第37回マイルチャンピオンシップ(3歳以上オープン、GI、芝1600メートル、定量、17頭立て、1着賞金=1億3000万円)は、クリストフ・ルメール騎手騎乗の1番人気グランアレグリア(牝4歳、美浦・藤沢和雄厩舎)が勝利。GIホース8頭と豪華メンバーが集結した秋のマイル王決定戦を制し、GI4勝目。2008年のブルーメンブラット以来12年ぶり6頭目となる牝馬Vを決めた。タイムは1分32秒0(良)。

後で読む
日刊スポーツ

19年ドラフト1位の阪神西純矢投手(19)が、自己最長の7回を投げ2失点、8奪三振と好投した。3回までは5安打2四球2失点とやや苦しい投球だったが、以降は一変… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

阪神ドラフト4位の立命大・栄枝(さかえだ)裕貴捕手(22)が22日、京都市内のホテルで入団交渉に臨み、契約金5000万円、年俸800万円で仮契約を結んだ。交渉… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

阪神からドラフト4位指名された栄枝裕貴捕手(22)=立命大=が22日、のホテルで入団交渉に臨み、契約5000万、年俸800万円で仮契約を結んだ。(金額は推定) 仮契約を終え、引き締まった表情でオンライン会見に臨んだ栄枝。「グッと阪神タイガースの一員になれたような気がします」と率直な気持ちを口にした。

後で読む
デイリースポーツ

「フェニックス・リーグ、阪神-楽天」(22日、生目第2) 阪神・西純矢投手(19)が自己最長となる7回を投げ、6安打2失点、8奪三振と力投を披露した。

後で読む
サンケイスポーツ

スピードスケートの全日本選抜競技会八戸大会最終日は22日、青森県のYSアリーナ八戸で行われ、女子1500メートルは世界記録保持者の高木美帆(日体大職)が1分55秒60で優勝した。押切美沙紀(富士急)が1分57秒11で2位、高木菜那(日本電産サンキョー)が3位だった。

後で読む
サンケイスポーツ

貴景勝が大関昇進後の初優勝をつかめるか。照ノ富士とは過去2度の顔合わせで、どちらも低い姿勢で攻め続け、押し勝っている。いなしや引き技に頼らず、出足を利かせて一気に前に出たい。

後で読む
サンケイスポーツ

みやざきフェニックス・リーグ(阪神-楽天、22日、生目第二)阪神・西純矢投手(19)が先発し、プロ自己最長の7回を投げて6安打2失点の好投をみせた。

後で読む
スポーツニッポン

首位から出た“ミレニアム世代”の古江彩佳(20=フリー)が4バーディー、2ボギーの69で回り、通算15アンダーで先週の伊藤園レディースに続く2週連続優勝を果たした。2位に3打差をつける快勝で、今季3勝目となるツアー通算4勝目。アマチュア時代も含めて20歳179日での通算4勝目達成は、宮里藍(19歳1日)、畑岡奈紗(19歳295日)続く史上3番目の若さとなった。

後で読む
スポーツニッポン

4勝1敗同士の対戦は明大が39―23で帝京大に逆転勝ちし、対抗戦2連覇の可能性を残した。敗れた帝京大は2敗目となり、優勝の可能性が消滅した。

後で読む
東京スポーツ

 DDTのシングルリーグ戦「D王GRAND PRIX」が22日、東京・後楽園ホール大会で開幕。BブロックではDDTユニバーサル王者の上野勇希(25)が、KO―Dタッグ王者・樋口和貞(32)との王者対決…

後で読む
スポーツニッポン

16場所ぶりに十両に復帰した東13枚目の宇良(28=木瀬部屋)は西8枚目の勢(34=伊勢ノ海部屋)の小手投げに屈し、9勝6敗で11月場所を終えた。仕切り線から40~50センチ下がって構えたぶん立ち合いは踏み込まれたものの、もぐりこんで左を差すと一気に逆襲。ただ、土俵際で相手の右小手投げを食らい前のめりに倒れた。

後で読む
東京スポーツ

 DDTのシングルリーグ戦「D王GRAND PRIX」が22日、東京・後楽園ホール大会で開幕し、Aブロックで〝カリスマ〟佐々木大輔(35)がエース・竹下幸之介(25)を下して白星発進を飾った。  試合…

後で読む
東京スポーツ

 クイーンズ駅伝こと全日本実業団対抗女子駅伝(宮城・松島町文化観光交流館前~弘進ゴムアスリートパーク仙台間、6区間42・195キロ)が22日に行われ、日本郵政グループが2時間13分34秒(速報値)で2…

後で読む
デイリースポーツ

元楽天監督で野球評論家・デーブ大久保氏が22日、ツイッターを更新。ソフトバンクが巨人に先勝した日本シリーズ第1戦を振り返り「昨日の戦いにセとパの実力の違いを感じた仲間の皆さんも多かったと思う…」とつづった。 4年連続で日本一を狙うソフトバンクが強さを発揮したが、大久保氏は精神面の大事さを強調。「作戦も大切だけど1番大切なのは『当たってでも塁に出る』という気持ちを野手全員が持つ!投手は『打てるもんなら打ってみろ』という気迫!これが勝負の原点!それで負けたら仕方ない!」と指摘した。

後で読む
サンケイスポーツ

ペリカン女子選手権第3日(22日、ペリカンGC=6353ヤード、パー70)インスタートの畑岡は二つ伸ばして迎えた17番でつまずいた。245ヤードと短いパー4で1オンを狙ったが、奥のバンカーにつかまるなどしてボギー。さらに18番、1番、3番、4番と立て直せないままボギーを重ねた。「もったいないボギーがたくさんあって残念だった」  今大会は「思ったような距離が打てていなかったりするので、距離感を合わせていくのが本当に難しい」と悩みが晴れない。1打目を好位置に付けた最終9番(パー3)もバーディーパットがカップに嫌われ、もどかしいラウンドとなった。

後で読む
スポーツニッポン

 現役時代はプロ野球史上唯一となる3度の3冠王に輝き、監督としても中日を4度リーグ優勝に導いた落合博満氏(66)が、日本シリーズ第1戦を鋭く分析した。ソフトバンクが快勝した一戦で、巨人・菅野の投球に着目。昨年のシリーズ4連敗という呪縛が、第1戦のマウンドで力みにつながったと指摘した。

後で読む
サンケイスポーツ

大王製紙エリエールレディス最終日(22日、愛媛・エリエールGC松山=6545ヤード、パー71)単独首位から出た古江彩佳(20)=フリー=が4バーディー、2ボギーの69で回り、通算15アンダーで逃げ切り、2週連続優勝を果たした。

後で読む
サンケイスポーツ

阪神からドラフト4位で指名された栄枝裕貴捕手(22)=立命大=が22日、京都市内のホテルで仮契約を結び、契約金5000万円、年俸800万円で合意した。

後で読む
サンケイスポーツ

楽天は22日、楽天生命パークで秋季練習を行った。来季2年目の“筋肉命”、津留崎大成投手(23)が、今オフは筋肉トレーニングを控えることを明かした。

後で読む
日刊スポーツ

社会人野球の第91回都市対抗大会が東京ドームで開幕。32チームによるトーナメント方式で争われる。決勝は12月3日。選手、審判員らは新型コロナウイルスのPCR検… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

阪神井上広大外野手(19)がフェニックス・リーグで3号ソロを放った。2-2の4回裏無死走者なし。カウント2-2から楽天・王彦程の外角球をバックスクリーンへ運ん… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「フェニックス・リーグ、楽天-阪神」(22日、生目第2) 「4番・右翼」で出場している阪神・井上広大外野手(19)が第2打席に勝ち越しの本塁打をバックスクリーンにたたき込んだ。

後で読む
サンケイスポーツ

みやざきフェニックス・リーグ(阪神-楽天、22日、生目第二)阪神・井上広大外野手(19)が「4番・右翼」で出場すると、勝ち越しとなる一発を放った。

後で読む
デイリースポーツ

「ボクシング・ライトフライ級6回戦」(23日、三田市総合文化センター・郷の音ホール) プロの元世界ミニマム級4団体制覇王者で、アマチュアで東京五輪を目指した高山勝成(37)=寝屋川石田=が22日、4年ぶりのプロ復帰戦の前日計量に臨み、リミットを300グラム下回る48・6キロで一発パスした。対戦相手で2度の世界挑戦経験があるWBC同級11位の小西伶弥(27)=サンライズ=も48・9キロでパスした。両選手は同日にPCR検査を受け、両者とも陰性であれば、23日の試合開催となる。

後で読む
スポーツニッポン

エース区間の3区(10・9キロ)はハーフマラソン日本記録を持つ積水化学の新谷仁美(32)が区間記録を1分10秒更新する33分20秒でトップでたすきリレー。同区間を走った五輪マラソン代表のワコール・一山麻緒(23)、天満屋・前田穂南(24)を圧倒し、初優勝に前進した。

後で読む
スポーツニッポン

日本女子プロゴルフツアーの大王製紙エリエール・レディース(賞金総額1億円、優勝賞金1800万円)は当地で午前7時50分から最終の第4ラウンドを行っている。

後で読む
デイリースポーツ

「全日本実業団対抗女子駅伝」(22日、宮城県松島町文化観光交流館前~弘進ゴムアスリートパーク仙台、6区間=42・195キロ) 1区(7・6キロ)は、広中璃梨佳(19)=日本郵政グループ=が23分21秒で2年連続区間賞を獲得した。

後で読む
東京スポーツ

 クイーンズ駅伝こと全日本実業団対抗女子駅伝(宮城・松島町文化観光交流館前~弘進ゴムアスリートパーク仙台間、6区間42・195キロ)が22日、午後0時15分にスタート。  1区では、連覇を目指す日本郵…

後で読む
デイリースポーツ

「スピードスケート・全日本選抜八戸大会」(22日、YSアリーナ八戸) 女子1500メートルは、世界記録保持者の高木美帆(26)=日体大職=がリンク記録を更新する1分55秒60で優勝した。

後で読む
デイリースポーツ

「全日本実業団対抗女子駅伝」(22日、宮城県松島町文化観光交流館前~弘進ゴムアスリートパーク仙台、6区間=42・195キロ) エース区間の最長3区(10・9キロ)で、5000メートルと1万メートルですでに東京五輪参加標準記録をクリアしている新谷仁美(32)=積水化学=が、従来の記録を1分10秒上回る33分20秒の区間新記録をマークし、1位でタスキをつないだ。

後で読む
デイリースポーツ

「全日本実業団対抗女子駅伝」(22日、宮城県松島町文化観光交流館前~弘進ゴムアスリートパーク仙台、6区間=42・195キロ) 3区(10・9キロ)でアクシデントが発生した。

後で読む
デイリースポーツ

「大相撲11月場所・千秋楽」(22日、両国国技館) 三賞選考委員会が行われ、幕尻で終盤まで優勝争いを演じた志摩ノ海(木瀬)が2度目の敢闘賞に決まった。

後で読む
スポーツニッポン

J1第28節最終日はきょう22日に浦和―G大阪の1試合が行われる。

後で読む
デイリースポーツ

 「大王製紙エリエールレディース、最終日」(22日、愛媛・エリエールGC松山) 地元松山出身の河本結(22)=リコー=が4バーディー、3ボギーの70でラウンド。通算1アンダーの29位(ホールアウト時)で大会を終えた。

後で読む
日刊スポーツ

3区(10・9)は新谷劇場だった。積水化学の新谷仁美(32)が33分20秒の区間新。従来の記録を1分10秒も塗り替えた。貫禄の走りでチームをトップに押し上げた…

後で読む
日刊スポーツ

東京オリンピック(五輪)女子マラソン代表の前田穂南(24=天満屋)はエース区間の3区を今年も任され、5人抜き。18位でタスキを受け取り、13位まで順位を上げた…

後で読む
日刊スポーツ

近大が今季初勝利を飾った。10-6でリードした後半5分、ゴールラインまで約30メートル付近で、スクラムを押し込み、相手のコラプシングを誘発。PGを決め追加点を…

後で読む
日刊スポーツ

3区(10・9)で信じられない、まさかのアクシデントが発生した。第3中継所。走ってきた三井住友海上の片貝洋美の足元にはシューズがなかった。黒い靴下のままだった…

後で読む
東京スポーツ

【復刻! ノムさんのボヤ記㉓】今年2月11日に亡くなった、野村克也さんに感謝と敬意を込め、楽天監督最終年となった、2009年シーズンのボヤキを一挙公開! 年はとっても〝色欲〟は衰えないノムさん。自身愛…

後で読む
サンケイスポーツ

ボクシングのミニマム級で世界主要4団体の王座を獲得した実績を持つ高山勝成(寝屋川石田)が22日、プロ復帰戦となる23日のライトフライ級6回戦に向けた前日計量に臨み、リミットより300グラム軽い48・6キロでパスした。

後で読む
サンケイスポーツ

21日のラ・リーガ第10節Aマドリード戦で(0-1)で負傷交代を強いられたDFジェラール・ピケについて、バルセロナは初期診断の結果が右足首のねん挫だったと発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

ヘルタ戦で4ゴールを決めたノルウェー代表FWアーリング・ハーランドが新たな記録を樹立し、改めて怪物ぶりを示す結果となった。

後で読む
サンケイスポーツ

大王製紙エリエールレディス最終日(22日、愛媛・エリエールGC松山=6545ヤード、パー71)首位に10打差の14位から出た渋野日向子(22)=サントリー=は6バーディー、1ボギーの66で回り、スコアを5つ伸ばして通算8アンダーで最終日のラウンドを終えた。

後で読む
日刊スポーツ

社会人野球の第91回都市対抗大会が東京ドームで開幕。32チームによるトーナメント方式で争われる。決勝は12月3日。選手、審判員らは新型コロナウイルスのPCR検… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
スポーツニッポン

日本バスケットボール協会は22日、都内で実施中の男子日本代表の強化合宿に参加していた千葉所属の選手1人に新型コロナウイルス感染症の陽性判定が出たことを公表した。

後で読む
東京スポーツ

 アジア最強ストライカーの勢いが止まらない。21日(日本時間22日)に行われたイングランド・プレミアリーグ第9節、トットナムはホームでマンチェスター・シティーに2―0で勝ち、勝ち点20で暫定首位に立っ…

後で読む
デイリースポーツ

ロッテは22日、マリーンズオンラインストアにて「千葉ロッテマリーンズスペシャルおせち2021」を予約販売中だと発表した。 詳細は以下の通り。商品名:千葉ロッテマリーンズ スペシャルおせち2021(3~4人前/冷蔵)。予約条件:一都三県(東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県)に限る(冷蔵で届けるため。離島は除く)。届け日:12月31日(※日時の指定はできない)。価格:2万5000円(税込み、※送料込)。

後で読む
東京スポーツ

【復刻! ノムさんのボヤ記㉓】今年2月11日に亡くなった、野村克也さんに感謝と敬意を込め、楽天監督最終年となった、2009年シーズンのボヤキを一挙公開! 歳はとっても〝色欲〟は衰えないノムさん。自身愛…

後で読む
サンケイスポーツ

 1軍打撃コーチに就任した阪神・北川博敏コーチ(48)が21日、甲子園で秋季練習後にオンライン取材に応じ、抱負を語った。今季は2軍で指導した井上広大外野手(19)に対し、(1)タイミング(2)選球眼(3)振り込みの必要性を熱弁。来年2月の1軍キャンプ参加を推薦するために、レベルアップを求めた。

後で読む
サンケイスポーツ

 晴れた宮崎の空にふわりと舞い上がった白球は左翼線で弾んだ。巨人-ソフトバンクの日本シリーズが開幕した日、南国の地で若虎がGを倒した。殊勲は決勝の2点二塁打を放った小幡。飛躍の3年目へ、貪欲だ。

後で読む
日刊スポーツ

メッツからの面談打診が報じられるなど、去就が注目されていたインディアンスGMのマイク・チャーノフ氏について、MLB公式ウェブサイトは21日、残留が決定的な模様… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

東京6大学野球の立大は22日、新幹部を発表した。▽主将 太田英毅外野手(3年=智弁学園)▽主務 竹間心(3年=立教新座)▽副将 栗尾勇摩投手(3年=山梨学院)… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

両チームのスタメンが発表された。阪神先発は19年ドラフト1位の西純矢投手(19)で、楽天は王彦程投手(19)。阪神西純は同リーグ3度目の登板。前回15日の日本… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

阪神OB・桧山進次郎氏(51)が22日、兵庫・西宮の甲子園歴史館で一日館長を務めた。 開業10周年の特別記念イベント。今年3月14日に予定されていたが、新型コロナウイルスの感染拡大のため延期されていた。今回は入念な感染症対策を実施した上で開催。午前9時半から任命式を行い、記念名刺のプレゼントやスタジアムツアーへの参加、トークショーなどを行った。

後で読む
デイリースポーツ

「フェニックス・リーグ、楽天-阪神」(22日、生目第2) フェニックス・リーグ12試合目の阪神。先発マウンドには、西純が上がる。前回15日の日本ハム戦では6回1/3を投げ、7安打5失点。自己最長の7回を投げきれなかった。今回こそ、ストライク先攻の投球で7イニングを投げ切りたい。

後で読む
サンケイスポーツ

オリックス・山崎勝己捕手(38)が、今季限りで現役生活に別れを告げた。プロ20年目での決断。プロ入りした際には、まさかここまで現役を続けられるとは思っていなかっただろう。

後で読む
サンケイスポーツ

★49センチと48センチのアマダイ 11月14日、小田原早川『坂口丸』 釣り人=根本聖紀さん(南アルプス市) ★31・5センチのカワハギ 11月15日、腰越『池田丸』 釣り人=林潤一さん(江東区) ★ハゼ161尾 11月14日、行徳『伊藤遊船』 釣り人=原島政弘さん(松戸市)

後で読む
日刊スポーツ

アルビレックス新潟はアウェーでツエーゲン金沢に2-1で競り勝った。同点に追いつかれた直後の後半25分、主将のDF堀米悠斗(26)がペナルティーエリア左から決勝…

後で読む
スポーツニッポン

1位通過を逃し、京産大のフランカー田中主将は涙を流した。「モール、スクラムで反則を取って敵陣に入りたかったが、そこに持っていけなかった」。

後で読む
スポーツニッポン

日本女子プロゴルフツアーの大王製紙エリエール・レディース(賞金総額1億円、優勝賞金1800万円)は当地で午前7時50分から最終の第4ラウンドを行っている。

後で読む
東京スポーツ

https://www.tokyo-sports.co.jp/prores/2433120/

後で読む
デイリースポーツ

日本バスケットボール協会は22日、東京・味の素ナショナルトレーニングセンターで18日から行われていた男子日本代表合宿に参加中のB1千葉所属選手1人が、新型コロナウイルスの検査で陽性判定を受けたと発表した。 B1千葉からは3選手が代表合宿に参加中。千葉からは21日に、所属選手2人とスタッフ1人の陽性判定が発表されていた。

後で読む
デイリースポーツ

「フィギュアスケート GPシリーズ ロシア杯」(22日、モスクワ) 女子フリーが行われ、SP2位の元世界女王のエリザベータ・トゥクタミシェワ(23)=ロシア=がフリー1位の148・69点をマークし、合計223・39点で逆転優勝を果たした。SP首位だった昨年のGPファイナル女王のアリョーナ・コストルナヤ(17)=ロシア=は220・78点で2位。SP3位だった昨季のGPファイナル3位のアレクサンドラ・トルソワ(16)=ロシア=は4度の転倒が響き、4位に終わった。

後で読む
デイリースポーツ

「フィギュアスケート GPシリーズ ロシア杯」(22日、モスクワ) 女子フリーが行われ、SP2位の元世界女王のエリザベータ・トゥクタミシェワ(23)=ロシア=がフリー1位の148・69点をマークし、合計223・39点で逆転優勝を果たした。SP首位だった昨年のGPファイナル女王のアリョーナ・コストルナヤ(17)=ロシア=は220・78点で2位。SP3位だった昨季のGPファイナル3位のアレクサンドラ・トルソワ(16)=ロシア=は4度の転倒が響き、4位に終わった。

後で読む
デイリースポーツ

「フィギュアスケート GPシリーズ ロシア杯」(22日、モスクワ) 女子フリーが行われ、SP2位の元世界女王のエリザベータ・トゥクタミシェワ(23)=ロシア=がフリー1位の148・69点をマークし、合計223・39点で逆転優勝を果たした。SP首位だった昨年のGPファイナル女王のアリョーナ・コストルナヤ(17)=ロシア=は220・78点で2位。SP3位だった昨季のGPファイナル3位のアレクサンドラ・トルソワ(16)=ロシア=は4度の転倒が響き、4位に終わった。

後で読む
デイリースポーツ

日本バスケットボール協会は22日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで実施中の日本代表合宿に参加している、Bリーグ千葉の代表選手1人が新型コロナウイルスの検査で陽性判定を受けたと発表した。26日まで予定されていた合宿は休止した。 日本協会は16日に合宿参加選手らを対象にPCR検査を実施し、全員が陰性だった。練習開始後の20日に千葉から合宿不参加選手の陽性判明の報告を受け、21日には合宿参加中の選手が陽性と判定されたとの連絡を受けた。他に体調不良を訴えている合宿参加者はおらず、保健所による濃厚接触者の特定結果を受けて今後の対応を決める。

後で読む
日刊スポーツ

絶対女王・郡山女大付が3-0で磐城第一を下し、5年連続22度目の春高切符をつかんだ。本田凜(2年)とダブルエースを組み、20得点を挙げた柳沼栞奈(3年)は「あ…

後で読む
日刊スポーツ

新潟産大付がV3を決めた。開志国際に3-1で勝った。松浦脩準、風間征也、片山桂の1年生トリオが勝利に貢献。全員がゲームカウント3-2の粘り勝ちだった。上位3校…

後で読む
日刊スポーツ

城西大4年の菊地駿弥が28分8秒25の好記録を出した。速い流れに乗り、最後まで押しきった。「27分台が出る可能性も0ではないと思っていた。うれしいが、上には上…

後で読む
日刊スポーツ

日本バスケットボール協会は22日、男子代表合宿に参加中だったB1千葉ジェッツの選手1人が、新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けたと発表した。選手名は公表し…

後で読む
東京スポーツ

米スポーツサイトのブリーチャーリポートは21日(日本時間22日)、大リーグの「抑制された移籍市場によって困ることになりそうな10人のFA選手」というタイトルの特集記事を掲載し、ヤンキースからFAとな…

後で読む
東京スポーツ

イタリア1部リーグ第8節、ユベントスFWクリスチアーノ・ロナウド(35)がホームのカリャリ戦で2得点を挙げ、2―0の勝利の立役者となった。これで今季リーグ通算8得点目となり、トップのFWズラタン・イ…

後で読む
東京スポーツ

【オランダ】日本代表DF板倉滉(23)のフローニンゲンはホームのフィテッセ戦にフル出場。試合は1―1で引き分けた。ズウォレの同MF中山雄太(23)はホームのユトレヒト戦にフル出場。試合は1―1のドロー…

後で読む
東京スポーツ

【スペイン・ビリャレアル21日(日本時間22日)発】スペイン1部リーグ第10節、日本代表MF久保建英(19)が所属するビリャレアルはホームでレアル・マドリードと1―1で引き分けた。久保は後半44分から…

後で読む
東京スポーツ

ドイツ1部リーグ第8節、チーム事情で日本代表のオーストリア遠征に参加しなかったビーレフェルトMF堂安律(22)はホームのレーバークーゼン戦にフル出場したが、1―2で敗れた。  チームは前半27分に先…

後で読む
並び替え可能( Cookieで保存)。
よく使用する競技を下に(片手で届く場所に)並び替えて使用してください。
追加したい競技があればコメントください。