「2020年11月23日」の記事一覧

スポーツニッポン

日本スケート連盟は23日、この日に終幕したフィギュアスケート全日本ジュニア選手権の結果を基に、12月23日から長野で開催されるフィギュアの全日本選手権の出場推薦選手を発表した。ジュニア男女12選手は以下の通り(数字は全日本ジュニアの順位)。

後で読む
東京スポーツ

 スペイン1部バルセロナは22日、24日に行われる欧州チャンピオンズリーグ(CL)1次リーグ、ディナモ・キエフ(ウクライナ)戦の遠征メンバーを発表。アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(33)が外れた…

後で読む
スポーツニッポン

イングランド・プレミアリーグ第9節で、トットナムが首位に浮上した。21日にホームで、韓国代表FW孫興民の今季9点目などで2―0とマンチェスター・シティーを下し、4連勝。第2節から8戦不敗で勝ち点を20に伸ばした。現地メディアによると、トットナムが9試合以上を消化した時点でリーグ首位に立つのは1985年1月以来、36シーズンぶり。1年前の11月20日に就任したモウリーニョ監督は「2位以下よりリー…

後で読む
東京スポーツ

いまだ所属先がない元日本代表MF香川真司(31)の新天地候補として浮上したスペインの意外なクラブとは――。  前所属先サラゴサの地元紙「エル・ペリオディコ・デ・アラゴン」は、今後の香川の動向について…

後で読む
サンケイスポーツ

 フィギュアスケートの全日本ジュニア選手権最終日は23日、青森県八戸市のフラット八戸で行われ、女子は16歳の松生理乃(愛知・中京大中京高)が合計198・38点、男子は18歳の本田ルーカス剛史(木下アカデミー)が209・48点でともに初優勝した。2人は日本スケート連盟の選考基準を満たし、世界ジュニア選手権(来年3月・ハルビン=中国)の代表に決まった。

後で読む
サンケイスポーツ

 プロ野球草創期の名投手、故沢村栄治氏を記念し、シーズンで最も活躍した先発投手を表彰する「沢村賞」の選考委員会が23日、東京都内で開かれ、中日の大野雄大投手(32)が初受賞を果たした。

後で読む
サンケイスポーツ

プロボクシングWBO世界フライ級王者の中谷潤人(22)=M・T=が23日、東京・新宿フェイスで行われた興行のユーチューブ生配信でゲスト解説を務めた。

後で読む
日刊スポーツ

「鬼滅旋風」に乗った!5年ぶり50度目出場のENEOS(横浜市)が、東邦ガス(名古屋市)を破り、史上初の都市対抗通算100勝を達成した。昨年12月に慶大監督か… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

一瞬の判断と判定が、東邦ガスの明暗を分けた。0-1の4回無死一塁、4番の若林俊充内野手(27=日体大)がENEOS・柏原の初球を捉えた。右中間への大飛球。打球… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

都市対抗野球大会第2日は23日、東京ドームで1回戦3試合が行われ、ENEOS(横浜市)NTT西日本(大阪市)ホンダ鈴鹿(鈴鹿市)が2回戦に勝ち進んだ。ENEOSは史上初の通算100勝に到達した。

後で読む
サンケイスポーツ

日本相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会(横審)は23日、東京都墨田区の両国国技館で定例会合を開き、3場所連続休場中の白鵬、鶴竜の両横綱に対し、引退勧告の次に重い「注意」を決議した。出席委員6人(2人欠席)の満場一致。横審の決議事項には厳しい順から引退勧告、注意、激励があり、注意が決議されるのは初めて。

後で読む
サンケイスポーツ

横綱審議委員会の矢野弘典委員長(産業雇用安定センター会長)は23日、大相撲11月場所で2度目の優勝を果たした大関貴景勝について「優勝は大変気迫にあふれたもので見事。本当に立派。希望を感じた。横綱不在の場所を盛り上げてくれたことを評価したい」とたたえた。

後で読む
日刊スポーツ

J2で8位の京都サンガF.C.は23日、6位ヴァンフォーレ甲府戦(25日、ホーム)を前に、オンラインで取材対応した。21日に首位徳島に2-0で勝利。J1昇格圏…

後で読む
デイリースポーツ

「ボクシング、WBOアジア・パシフィック・ライトフライ級王座決定戦12回戦」(23日、三田市総合文化センター・郷の音ホール) 同級1位の加納陸(23)=大成=が、同級2位で平井亮輝(29)=千里馬神戸=を2-1判定で下して、新王者になった。3回に平井の右をもらってダウンを喫した加納は、その後の打ち合いで手数を出してポイントを挽回。「ダウンを取られてから気持ちを切り替えて戦えた。冷静に立て直せたことはよかった」と収穫を挙げた。

後で読む
日刊スポーツ

横浜FCの下平隆宏監督(48)が23日、ホームで行われる25日清水エスパルス戦に向けてオンライン取材に応じた。14日の広島戦から中10日で迎える一戦。「かなり…

後で読む
日刊スポーツ

来季の日本フットボールリーグ(JFL)昇格をかけた全国地域チャンピオンズリーグは23日、千葉・市原で最終日の決勝ラウンド最終戦を行った。関西リーグを制したTI…

後で読む
日刊スポーツ

アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)で1次リーグF組の東京は今日23日、上海申花(中国)と対戦する。コロナ禍で大会が中断して以来、約8カ月ぶりの再開と…

後で読む
スポーツニッポン

女子のフリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の松生理乃(16=中京大中京高)が完成度の高い演技で全体トップの129・32点をマーク。合計198・38点のハイスコアで初優勝を果たした。

後で読む
スポーツニッポン

女子でノービスから推薦出場の中学1年生、柴山歩(12=木下アカデミー)は合計170・68点で4位だった。

後で読む
スポーツニッポン

女子は松生理乃(16=中京大中京高)が198・38点で初優勝を飾った。

後で読む
スポーツニッポン

女子の吉田陽菜(15=木下アカデミー)が合計189・41点で2位に入った。

後で読む
スポーツニッポン

定期戦としては通算97回目の伝統の一戦は早大が22―11で勝ち、開幕6連勝を飾った。早大は12月6日の明大戦(秩父宮)に勝つか引き分けると2季ぶり24度目の優勝が決まる。定期戦の通算成績は早大の70勝7分け20敗(全国大学選手権を含め78勝8分け21敗)となった。

後で読む
スポーツニッポン

女子のフリーが行われ、10月の全日本ノービス優勝者の島田麻央(12=木下アカデミー)がフリー3位の115・55点をマーク。ショートプログラム(SP)6位から合計173・44点で3位まで順位を上げた。「(表彰台に)正直乗れると思っていなかった。ビックリしたのとうれしいです」と喜びをかみしめた。

後で読む
東京スポーツ

 今季、すべての試合でプロキャディーとコンビを組んでいた古江彩佳(20)が「エリエールレディス」(19~22日、愛媛・エリエールGC松山)では初めてハウスキャディーを起用し、通算4勝目を挙げた。  古…

後で読む
東京スポーツ

 アジアチャンピオンズリーグ(ACL)に参戦しているJ1横浜MのFW前田大然(23)が23日、チームの再開初戦となる25日の1次リーグ上海上港(中国)戦に向けてオンラインで取材に対応した。  新型コロ…

後で読む
東京スポーツ

【楊枝秀基のワッショイ!スポーツ見聞録】野球好きのネット民の間では「有名な数字」がある。それは「33―4」。読み方は「さんじゅうさんたいよん」だ。  これは2005年、ロッテと阪神で行われた日本シリー…

後で読む
デイリースポーツ

日本相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会(横審)は23日、東京都墨田区の両国国技館で定例会合を開き、3場所連続休場中の白鵬、鶴竜の両横綱に対し、引退勧告の次に重い「注意」を決議した。出席委員6人(2人欠席)の満場一致。横審の決議事項には厳しい順から引退勧告、注意、激励があり、注意が決議されるのは初めて。 35歳の両横綱は今年の5場所で皆勤はともに1場所だけ。矢野弘典委員長(産業雇用安定センター会長)は2人がともに直近12場所で8度休場したことを重く見て「横綱の責任を十分に果たしてきたとはいえない。来場所には覚悟を決めて備えてもらいたい」と話した。

後で読む
デイリースポーツ

都市対抗野球大会第2日は23日、東京ドームで1回戦3試合が行われ、ENEOS(横浜市)NTT西日本(大阪市)ホンダ鈴鹿(鈴鹿市)が2回戦に勝ち進んだ。ENEOSは史上初の通算100勝に到達した。 ENEOSは本塁打を含む効率のいい攻めで東邦ガス(名古屋市)を6-0で破った。NTT西日本は浜崎の8回2安打無失点の好投と西川の4打点の活躍が光り、東芝(川崎市)に6-0で快勝。ホンダ鈴鹿は最多61度目出場の日本生命(大阪市)に5-4で競り勝った。

後で読む
デイリースポーツ

陸上の関東学連1万メートル記録挑戦会が23日、神奈川・相模原ギオンスタジアムで行われ、全日本大学駅伝で優勝し、来年の箱根駅伝(1月2、3日)で2冠を狙う駒大の鈴木芽吹(1年)が28分23秒87で全体3位となった。 快進撃を続ける順大・三浦龍司や中大・吉居大和と同学年の鈴木が“新世紀世代”に名を上げる快走を見せた。

後で読む
スポーツニッポン

 史上最多の都市対抗11度優勝を誇るENEOSが前人未到の大会通算100勝を達成した。6年ぶりに古巣を指揮した大久保秀昭監督(51)も、東邦ガスを投打で圧倒しての節目の1勝に感慨深げだった。

後で読む
スポーツニッポン

イタリア・セリエAの第8節で、日本代表でコンビを組むセンターバック2人の直接対決が実現した。22日、DF冨安健洋の所属するボローニャが、敵地でDF吉田麻也のサンプドリアに2―1と逆転勝ち。冨安、吉田はともセンターバックでフル出場し、今回は冨安に軍配が上がった。

後で読む
日刊スポーツ

ショートプログラム(SP)2位の吉田陽菜(15=木下アカデミー)がトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を決めてフリーでも127・44点で2位とし、合計189・…

後で読む
日刊スポーツ

来年1月2、3日の東京箱根間往復駅伝に出場する関東学生連合は慶応ボーイが主将で引っ張る。杉浦慧(3年)が23日、相模原市内で取材に応じ、「学生連合が箱根を面白…

後で読む
日刊スポーツ

西日本選手権優勝の松生理乃(16=愛知・中京大中京高)が完全優勝を果たした。ショートプログラム(SP)首位で最終滑走。昨年はフリーで失速したが、今年は違う。「…

後で読む
日刊スポーツ

昨年度の全国高校大会(花園)を制した桐蔭学園から入学した早大BK伊藤大祐(1年)が、早慶戦で公式戦デビューを飾った。SO吉村紘(2年)との交代で後半33分から…

後で読む
日刊スポーツ

特別な冬の最激戦区を勝ち抜いた! 報徳学園(兵庫2位)が15-7で天理(奈良2位)を下し、第100回を記念して設けられた近畿ブロック最後の1枠をつかんだ。SH…

後で読む
東京スポーツ

悲壮感を漂わせたところで何になる! ということか。巨人・坂本勇人内野手(31)が23日、敵地・ペイペイドームでの日本シリーズ第3戦に向け、球団を通じてコメント。ひと足遅れの?あの〝名ゼリフ〟で意気込…

後で読む
サンケイスポーツ

都市対抗野球大会第2日第3試合(23日 ENEOS6-0東邦ガス 東京ドーム)ENEOSは、一回1死で2番・川口凌内野手(24)が右越えに先制ソロを放ち、五回にも1点、八、九回にも2点ずつ加え、2投手の継投で無失点に抑えた。4年連続14度目の出場の東邦ガス相手の1回戦勝利で、都市対抗通算100勝に到達した。

後で読む
サンケイスポーツ

国際サッカー連盟(FIFA)の倫理委員会裁定部門は23日、FIFA副会長でもあるアフリカ・サッカー連盟(CAF)のアハマド会長に対し、職権乱用や資金の不正流用などの倫理規定違反があったとして5年間の活動停止と罰金20万スイスフラン(約2280万円)を科したと発表した。

後で読む
日刊スポーツ

今秋近畿王者の智弁学園(奈良)が23日、大阪・堺市内で大商大堺、東山(京都)と練習試合を行った。高校通算30発の来秋ドラフト候補、前川右京外野手(2年)は3番… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

日本ハム栗山英樹監督が就任10年目の来季へ向けて宮崎で始動した。スーツ姿でフェニックスリーグのオリックス戦を視察。小笠原ヘッド兼打撃コーチらとコミュニケーショ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

履正社(大阪)が今年最後の練習試合を行った。今秋は近畿地区大会大阪府予選3位決定戦で山田に1-2と逆転負けし、近畿大会本戦に進出できず、来春センバツ出場は絶望… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

フィギュアスケートの全日本ジュニア選手権最終日は23日、青森県八戸市のフラット八戸で行われ、女子は16歳の松生理乃(愛知・中京大中京高)が合計198・38点で初優勝した。ジュニアより年齢区分が下のノービスから出場した12歳の島田麻央(木下アカデミー)が173・44点で3位と健闘した。

後で読む
サンケイスポーツ

日本相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会(横審)は23日、東京都墨田区の両国国技館で定例会合を開き、3場所連続休場中の白鵬、鶴竜の両横綱に対し、引退勧告の次に重い「注意」を決議した。出席委員6人(2人欠席)の満場一致。横審の決議事項には厳しい順から引退勧告、注意、激励があり、注意が決議されるのは初めて。

後で読む
東京スポーツ

 今季、すべての試合でプロキャディーとコンビを組んでいた古江彩佳(20)が「エリエールレディス」(19~22日、愛媛・エリエールGC松山)では初めてハウスキャディーを起用し、通算4勝目を挙げた。  古…

後で読む
東京スポーツ

悲壮感を漂わせたところで何になる! ということか。巨人・坂本勇人内野手(31)が23日、敵地・ペイペイドームでの日本シリーズ第3戦に向け、球団を通じてコメント。ひと足遅れの?あの〝名ゼリフ〟で意気込…

後で読む
東京スポーツ

鷹は泰然自若で一気に行く――。ソフトバンクの2連勝で決戦の舞台を福岡に移す日本シリーズ。移動日となった23日、第3戦(ペイペイ)を前に本拠地で全体練習を行った鷹ナインは、一様にリラックスした様子で汗…

後で読む
サンケイスポーツ

 日本相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会(横審)は23日、東京・墨田区の両国国技館で会合を開き、22日に終了した11月場所をともに3場所連続休場した白鵬(35)、鶴竜(35)の両横綱に「注意」を決議した。この日は全8委員のうち、出席した6人全員が一致した。横審が「注意」を決議するのは初めてで、決議は平成30年九州場所後に稀勢の里へ「激励」を出して以来。44度の優勝を誇る白鵬にも覚悟を迫った。

後で読む
サンケイスポーツ

 11月場所で優勝した大関貴景勝(24)が千秋楽から一夜明けた23日、東京・台東区の千賀ノ浦部屋でオンライン会見に臨み、今場所前に婚約者と結婚していたことを自ら公表した。

後で読む
サンケイスポーツ

 日本ハム・清宮幸太郎内野手(21)が23日、宮崎市の『生目の杜運動公園第2野球場』で行われたフェニックスリーグのオリックス戦で四回1死から右越えソロ本塁打を放った。試合は1-1の引き分けに終わった。

後で読む
サンケイスポーツ

関東学生陸上競技連盟が主催する1万メートル記録会(タイムレース)は23日、相模原ギオンスタジアムで行われ、星岳(帝京大)が28分20秒63で日本人トップだった。同2位は鈴木芽吹(駒大)で28分23秒87だった。

後で読む
サンケイスポーツ

関東学生陸上競技連盟が主催する1万メートル記録会(タイムレース)は23日、相模原ギオンスタジアムで行われ、星岳(帝京大)が28分20秒63で日本人トップだった。同2位は鈴木芽吹(駒大)で28分23秒87だった。

後で読む
日刊スポーツ

三島南高野球部が23日、三島市内で野球教室を行った。2014年から行う普及活動の一環として実施。沼津リトル所属の小4~6年生10人を対象に、キャッチボールやノ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

都市対抗大会第2日は1回戦3試合。第1試合はホンダ鈴鹿(鈴鹿市)が日本生命(大阪市)を、第2試合はNTT西日本(大阪市)が東芝(川崎市)を下し、それぞれ2回戦… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

高卒2年目左腕の阪神川原陸投手(19)がフェニックスリーグのロッテ戦に先発し、5回3安打無失点と好投した。4回まで毎回得点圏に走者を背負いながら後続を断った。… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

米大リーグ、カブスのダルビッシュ有投手(34)が23日、札幌テレビ放送の情報番組「どさんこワイド」にリモート出演し、2005年から11年まで在籍した日本ハムについて語った。

後で読む
日刊スポーツ

柏レイソルのネルシーニョ監督(70)が23日、25日のアウェーでの鹿島アントラーズ戦に向けオンライン取材に応じた。ネルシーニョ監督は3日に新型コロナウイルスの…

後で読む
日刊スポーツ

ヴィッセル神戸が過去2度の優勝経験のある広州恒大(中国)と、25日にACL再開初戦を迎える。21日にカタール入り。その後、全員がPCR検査の陰性判定を受けて調…

後で読む
日刊スポーツ

なでしこジャパン(サッカー女子日本代表)が23日、福島・Jヴィレッジで候補合宿をスタートさせた。10月の活動では招集がかなわなかった、フランス・リヨンのDF熊…

後で読む
デイリースポーツ

日本相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会(横審)の定例会が23日、東京・両国国技館で行われ、秋場所、11月場所と2場所連続で全休した両横綱白鵬(35)=宮城野、鶴竜(35)=陸奥=に対し、「注意」が満場一致で決議された。 横審は成績不振の横綱に対して「激励」「注意」「引退勧告」の順に3段階の勧告をすることができる。

後で読む
スポーツニッポン

パラ卓球で東京パラリンピックに内定している岩渕幸洋(25=協和キリン、クラス9)が主催する卓球イベント「IWABUCHI OPEN」が23日、都内で行われた。16年リオ五輪男子団体銀メダルで、パラ卓球のアンバサダーを務める吉村真晴(27=愛知ダイハツ)らがゲストとして登場。パラ選手同士の真剣勝負に加え、ゲストとパラ選手のエキシビジョンマッチが実施された。

後で読む
デイリースポーツ

関東学生陸上競技連盟が主催する1万メートル記録会(タイムレース)は23日、相模原ギオンスタジアムで行われ、星岳(帝京大)が28分20秒63で日本人トップだった。同2位は鈴木芽吹(駒大)で28分23秒87だった。 来年1月の東京箱根間往復大学駅伝を見据え、青学大ら強豪校のランナーが多数参加した。

後で読む
東京スポーツ

 近鉄などで活躍した元プロ野球選手の加藤哲郎氏が23日、ツイッターを更新。「巨人が2連敗しただけでTwitter上が賑やかになっている。3連敗すると…… 30年も経つのにw」とつぶやいた。  加藤氏は…

後で読む
デイリースポーツ

日本相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会(横審)の定例会が23日、東京・両国国技館で行われ、秋場所、11月場所と2場所連続で全休した両横綱白鵬(35)=宮城野、鶴竜(35)=陸奥=に対し、「注意」が満場一致で決議された。 横審は成績不振の横綱に対して「激励」「注意」「引退勧告」の順に3段階の勧告をする内規がある。

後で読む
デイリースポーツ

新型コロナウイルスの影響で中断したサッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)が再開し、FC東京が24日の上海申花(中国)戦でJリーグ勢の先陣を切って登場する。横浜Mと神戸は25日が再開初戦だ。カタールで集中開催される大会は、感染防止のため外部との接触を禁じる「バブル」の状態が徹底され、各クラブからは当惑の声も漏れる。 選手たちはドーハの空港に到着した直後にPCR検査を受け、カーテンで間仕切りされた専用バスで宿舎に直行。検査結果が出るまでは各部屋に隔離され、運び込まれる弁当を口にして過ごした。

後で読む
デイリースポーツ

フィギュアスケートの全日本ジュニア選手権最終日は23日、青森県八戸市のフラット八戸で行われ、女子は16歳の松生理乃(愛知・中京大中京高)が合計198・38点、男子は18歳の本田ルーカス剛史(木下アカデミー)が209・48点でともに初優勝した。 女子の松生はほぼミスのない演技で、前日のショートプログラム(SP)に続いてフリーも1位となった。SP2位の吉田陽菜(木下アカデミー)はフリーでトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を成功させ、合計189・49点で2位。ノービスから出場した12歳の島田麻央(木下アカデミー)が173・44点で3位と健闘した。

後で読む
デイリースポーツ

サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」の候補選手の合宿が23日、福島県のJヴィレッジで始まり、高倉監督は「守備の安定はチームの攻撃を強化する上でも非常に大事な要素。新しい選手も多いので、(守備の)上乗せをしていきたい」とテーマを掲げた。 新型コロナウイルスの影響で中断していた代表活動は10月に再開し、今回が2度目。熊谷(リヨン)は東京五輪を目指す選手らに対する、入国後の待機期間が緩和される特例が適用され、3月以来の代表参加となった。高倉監督は「メンバーも少し変わっているのでリーダーシップを発揮してもらえれば」と主将に期待を寄せた。

後で読む
デイリースポーツ

2連敗スタートの巨人は23日、大阪から福岡入りし、ペイペイドームで全体練習を行った。 練習前には外野で円陣を組み、原監督がスピーチした。シートノック、投内連係や打撃練習などで調整。1、2戦ともに安打を放つなど、状態のいい坂本は「やられたらやり返す。倍返しだ」と巻き返しを誓った。

後で読む
デイリースポーツ

元楽天監督で野球評論家のデーブ大久保氏が23日、ツイッターを更新。日本シリーズ第1戦、第2戦で連敗した巨人にエールを送った。 「巨人軍はいつでも強く、いつまでも強いチームでなければなりません!」と書き出した。自身は85年に西武に入団。92年に巨人に移籍した。巨人の内外を知る存在として、

後で読む
デイリースポーツ

今年のプロ野球の日本一を決めるSMBC日本シリーズ2020は24日にペイペイドームへ舞台を移して第3戦が行われる。先発投手は2連勝しているソフトバンク(パ・リーグ優勝)がムーア、巨人(セ・リーグ優勝)はサンチェスと発表された。 23日は試合がなく、両チームは大阪から福岡へ移動してペイペイドームで全体練習を行った。ソフトバンクは軽めに調整し、一部の選手が打撃練習を行った。巻き返しを期す巨人は円陣を組んでから連係プレーやシートノックを行い、サンチェスはマウンドから投球練習した。

後で読む
スポーツニッポン

イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティーが、スペイン1部バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(33)の獲得を見送る方針を固めたと22日、英衛星放送スカイスポーツ(電子版)が報じた。

後で読む
日刊スポーツ

全日本大学選手権の北日本王座決定戦で、東北大(東北学生)は14-24で北海学園大(北海道学生)に敗れ、9年連続22度目の優勝を逃した。4点リードの第2クオータ…

後で読む
日刊スポーツ

10月の全日本ノービス選手権で優勝し、推薦で初出場した12歳の島田麻央(木下アカデミー)が3位になった。ノービス(12歳以下)では2000年の安藤美姫(3位)…

後で読む
日刊スポーツ

駒大のルーキー鈴木芽吹は28分23秒87だった。目指すタイムが最も速い9組で、星岳(帝京大4年)に続く2着。最後に競り負けたのは納得できない様子だったが、上々…

後で読む
日刊スポーツ

ノービス世代で中1の柴山歩(12=木下アカデミー)が、ショートプログラム(SP)に続いてフリーでも112・60、合計170・68点で4位と健闘した。「まずは自…

後で読む
日刊スポーツ

パラ卓球の男子立位クラス9で東京パラリンピック代表に内定している岩渕幸洋(25=協和キリン)が23日、自らが企画したイベント「IWABUCHI OPEN」を開…

後で読む
東京スポーツ

広島・坂倉将吾捕手(22)が23日、契約更改交渉に臨み倍増となる年俸1800万円でサインした。  4年目の今季は自己最多となる81試合に出場し打率2割8分7厘、3本塁打、26打点をマークしたが「でき…

後で読む
東京スポーツ

広島・床田寛樹投手(25)が23日、契約更改交渉を行い現状維持の年俸2700万円でサインした。昨季7勝を挙げ飛躍を期待されたが、今季は5勝8敗、防御率は4・93に終わり「思い通りにいかないというのが…

後で読む
サンケイスポーツ

スティーブン・ジェラード監督率いるレンジャーズが、圧倒的な強さを見せている。

後で読む
サンケイスポーツ

今年のプロ野球の日本一を決めるSMBC日本シリーズ2020は24日にペイペイドームへ舞台を移して第3戦が行われる。先発投手は2連勝しているソフトバンク(パ・リーグ優勝)がムーア、巨人(セ・リーグ優勝)はサンチェスと発表された。

後で読む
サンケイスポーツ

ACミランに所属するイタリア代表DFアレッシオ・ロマニョーリが22日のナポリ戦終了後、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、39歳のFWズラタン・イブラヒモヴィッチに驚きを示した。

後で読む
サンケイスポーツ

今年のプロ野球の日本一を決めるSMBC日本シリーズ2020は24日にペイペイドームへ舞台を移して第3戦が行われる。先発投手は2連勝しているソフトバンク(パ・リーグ優勝)がムーア、巨人(セ・リーグ優勝)はサンチェスと発表された。

後で読む
日刊スポーツ

大阪から福岡に移動した巨人原辰徳監督は、練習開始前に円陣の中に立った。訓示を終えた午後4時14分、力強く手をたたき、球場中に響き渡る「さあ、行こう!」の声で練… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

来季3年目の西武渡辺勇太朗投手が、内海に弟子入りして1軍登板を勝ち取る。契約更改を行い、現状維持の650万円でサイン。ドラフト2位で入団後、2年間1軍登板ゼロ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

ラグビーの関東大学リーグは23日、東京・秩父宮ラグビー場などで対抗戦の3試合が行われ、昨季の大学王者、早大が慶大を22-11で下して開幕6連勝とした。慶大は4勝2敗。

後で読む
サンケイスポーツ

日本シリーズを0勝2敗としている巨人は23日、大阪から福岡へ移動し、24日の第3戦(ペイペイドーム)へ向け会場で全体練習を行った。

後で読む
サンケイスポーツ

オリックスからドラフト1位で指名された福岡大大濠高の山下舜平大投手(18)=189センチ、93キロ、右投げ右打ち=の入団が23日、決まった。福岡市内のホテルで入団交渉し、契約金8000万円、年俸700万円で合意。背番号12と発表された。150キロ超の快速球など大きなスケール感は魅力たっぷりで「165キロを目指す。そこにどれだけ近づけるか。上を目指したい」と勇ましかった。

後で読む
スポーツニッポン

大相撲の諮問機関、横綱審議委員会(横審)の定例会合が23日、東京都墨田区の両国国技館で行われ、白鵬、鶴竜の2横綱に異例の「注意」を決議した。会合後、リモート会見に臨んだ矢野弘典委員長(産業雇用安定センター会長)は「内規に従って両者に対して注意の措置を取る」と説明した。

後で読む
東京スポーツ

 女子プロレス「アイスリボン」の前ICE×∞王者・雪妃真矢が23日、タイトル戦線への復帰を誓った。  自身の6周年プロデュース興行(23日、横浜ラジアントホール)のセミファイナルでは山下りな(31)と…

後で読む
東京スポーツ

 大相撲の横綱審議委員会(横審)が23日、東京・両国国技館で定例会合を開いた。横審の矢野弘典委員長(79=産業雇用安定センター会長)は会合後にオンラインで会見を開き、横綱白鵬(35=宮城野)と、横綱鶴…

後で読む
東京スポーツ

 大相撲の横綱審議委員会(横審)が23日、東京・両国国技館で定例会合を開いた。  11月場所は2横綱2大関が休場する中、大関貴景勝(24=千賀ノ浦)が2年ぶり2度目の優勝。大関として初めて優勝を果たし…

後で読む
デイリースポーツ

J1柏が23日、新型コロナウイルスの陽性判定を受けていた16人が全員陰性となったことを報告した。 この日、22日にPCR検査を受けた2人を対象にした検査の結果を発表し、受検した2人とも陰性だったと発表した。この2人は19日に検査を受けていなかった。

後で読む
デイリースポーツ

サッカースペイン1部リーグ、ビリャレアルが日本代表MF久保建英(19)のレンタル移籍を、少なくとも1年延長したいとの意向を所属元のレアル・マドリードに伝えたと移籍マーケット情報を扱うウェブサイト、トドフィチャヘ・コムが23日までに伝えた。 同サイトなどによると、久保はレアル・マドリードで安定した出場機会が得られない状況が見込めることから、ビリャレアルでプレーを続けることに問題はないとしている。

後で読む
デイリースポーツ

サッカースペイン1部リーグ、ウエスカの元日本代表FW岡崎慎司(34)が、ケガから戦線復帰したのに合わせ、23日までにクラブメディアにコメント。リーグ未勝利のチーム状況にも「良い方向に向かっている」との見解を示した。 20日に行われたアウェーのオサスナ戦で途中出場し、左太もも裏を負傷した10月3日のエルチェ戦から1カ月半ぶりに戦線復帰した。岡崎は「僕らは前半良かったけど、後半は相手が上だった。1-1は正当な結果だと思う。僕も点が点を取れれば良かったんだけど」と残念な部分があるとした。

後で読む
デイリースポーツ

オリックスは23日、ドラフト1位で指名した山下舜平大(しゅんぺいた)投手=福岡大大濠=と福岡市内のホテルで契約交渉に臨み、契約金8000万円、年俸700万円で合意した。 背番号は12に決まった。

後で読む
スポーツニッポン

サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」は23日、福島・Jヴィレッジで7日間の候補合宿をスタートした。オンラインで取材対応した高倉麻子監督(52)は「引き続き守備の安定は、チームの攻撃を強化するためにも非常に大事な要素。いかにボールを奪うかをテーマにして、選手個々が持っている能力を代表に還元できるかを考えていきたい」と狙いを語った。

後で読む
東京スポーツ

プロ野球のシーズンで最も活躍した先発完投型の投手を表彰する「沢村賞」の選考委員会が23日、東京都内で行われ、中日・大野雄大投手(32)が初受賞した。  セ・リーグタイ記録の開幕13連勝を含む14勝2…

後で読む
東京スポーツ

悲壮感を漂わせたところで何になる! ということか。巨人・坂本勇人内野手(31)が23日、敵地・ペイペイドームでの日本シリーズ第3戦に向け、球団を通じてコメント。ひと足遅れの?あの〝名ゼリフ〟で意気込…

後で読む
サンケイスポーツ

 サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」の候補選手の合宿が23日、福島県のJヴィレッジで始まり、高倉監督は「守備の安定はチームの攻撃を強化する上でも非常に大事な要素。新しい選手も多いので、(守備の)上乗せをしていきたい」とテーマを掲げた。

後で読む
東京スポーツ

スペイン1部ビリャレアルが、日本代表MF久保建英(19)の期限付き移籍期間延長を希望しているようだ。  久保は保有権を持つスペイン1部レアル・マドリードから1年の期限付きでチームに在籍しているが、ス…

後で読む
サンケイスポーツ

 関東大学ラグビー対抗戦で、97度目の対戦となった早大-慶大は23日、東京・秩父宮ラグビー場で行われ、早大が22-11で勝利。慶大との定期戦で節目の70勝目(7分け20敗)をあげ、ただ1校6戦全勝とした。12月6日に5勝1敗の明大と対戦し、この勝者が対抗戦優勝となる。慶大は4勝2敗で優勝の可能性が消えた。

後で読む
スポーツニッポン

 「沢村賞」の選考委員会が23日に東京都内で開かれ、セ・リーグの最優秀防御率と最多奪三振に輝いた中日・大野雄大(32)が初選出された。コロナ禍による試合数減や過密日程といった特別なシーズンの中、選考基準7項目のうち、3項目をクリア。球団では04年の川上憲伸以来、16年ぶりの受賞となった。

後で読む
サンケイスポーツ

J1柏は23日、新型コロナウイルスに感染した選手、スタッフ全員の陰性がPCR検査で確認されたと発表した。感染した16人のうち14人は19日に実施した検査で陰性と判定され、残る2人も22日の検査で陰性だった。

後で読む
サンケイスポーツ

日本相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会(横審)は23日、東京都墨田区の両国国技館で定例会合を開き、3場所連続休場中の白鵬、鶴竜の両横綱に対し、満場一致で「注意」を決議した。

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンク工藤公康監督(57)が、連勝記録更新に突っ走る。日本シリーズ第3戦(24日)を翌日に控えた23日、ペイペイドームで全体練習を行った。2連勝で地元決… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

都市対抗大会第2日は1回戦3試合。第1試合はホンダ鈴鹿(鈴鹿市)が日本生命(大阪市)を、第2試合はNTT西日本(大阪市)が東芝(川崎市)を下し、それぞれ2回戦… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

大相撲の横綱審議委員会(横審)が23日、東京・両国国技館で定例会合を開いた。横審の矢野弘典委員長(79=産業雇用安定センター会長)は会合後にオンラインで会見を開き、横綱白鵬(35=宮城野)と、横綱鶴…

後で読む
サンケイスポーツ

21日までモスクワで行われたフィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦ロシア杯で、昨季のGPファイナル女王のアリョーナ・コストルナヤは2位、4回転ジャンプが武器のアレクサンドラ・トルソワは4位に終わった。「ロシア三人娘」のうち今季から2006年トリノ冬季五輪王者のエフゲニー・プルシェンコ・コーチに師事する2人にとって、主要大会の初戦は精彩を欠く内容だった。

後で読む
サンケイスポーツ

第91回都市対抗野球大会第2日(23日、東芝0-6NTT西日本、東京D)NTT西日本の4番西川が先制ソロなど4打点で打線をけん引した。日本製鉄広畑から補強選手として加わり「呼んでいただいている立場なので、力になれて良かった」と声を弾ませた。

後で読む
サンケイスポーツ

フィギュアスケートの全日本ジュニア選手権最終日は23日、青森県八戸市のフラット八戸で行われた。股関節痛で調整不足の本田は冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)で着氷が乱れて回転不足を取られるなど我慢の滑りだったが、SP首位の貯金で逃げ切り「普段は涙する方じゃないが、気持ちがこみ上げてきた。本当にうれしかった」と感極まった。

後で読む
デイリースポーツ

プロボクシングの元世界ミニマム級4団体制覇王者で、アマチュアで東京五輪を目指した高山勝成(37)=寝屋川石田=の4年ぶりのプロ復帰戦が試合当日の23日に中止になった。三田市総合文化センター・郷の音ホールでライトフライ級6回戦が行われる予定だったが、対戦相手で2度の世界挑戦経験があるWBC同級11位の小西伶弥(27)=サンライズ=が新型コロナウイルスに感染していることが明らかになったため。 試合中止によって、高山に対する36歳以下という日本ボクシングコミッション(JBC)の年齢制限は、2度目の延長となる。高山はプロとして16年8月の試合を最後にアマチュアに転向。今年3月にプロ再転向を表明し、36歳でJBCからライセンスの再交付を受けた。元世界王者などは最終試合から3年以内であれば、37歳を超えてもライセンスの再交付を受けることができるルールがある。

後で読む
デイリースポーツ

プロボクシングの元世界ミニマム級4団体制覇王者で、アマチュアで東京五輪を目指した高山勝成(37)=寝屋川石田=の4年ぶりのプロ復帰戦が試合当日の23日に中止になった。三田市総合文化センター・郷の音ホールでライトフライ級6回戦が行われる予定だったが、対戦相手で2度の世界挑戦経験があるWBC同級11位の小西伶弥(27)=サンライズ=が新型コロナウイルスに感染していることが明らかになったため。 日本ボクシングコミッション(JBC)の安河内事務局長は、今回の中止について「小西選手は1週間前にもPCR検査を受けて陰性だったものが、昨日(の検査で)陽性になった」と説明。「(これまでも)検査体制を含めて協議しているが、興行を維持できるかという根本的な問題になっている」と悪化する現状を深刻に受けとめた。

後で読む
サンケイスポーツ

フィギュアスケートの全日本ジュニア選手権最終日は23日、青森県八戸市のフラット八戸で行われた。15歳の三浦は首位と8・79点差で迎えたフリーで4回転のトーループ、サルコーを決めて巻き返したが、頂点には届かなかった。二つのジャンプで回転が抜ける痛恨のミスが響き「実力不足。てっぺんを狙っていたので悔しい」と顔をしかめた。

後で読む
日刊スポーツ

全国地域サッカーチャンピオンズリーグ(CL)決勝ラウンド最終日が23日、千葉県市原市のゼットエーオリプリスタジアムで行われ、FC TIAMO枚方(大阪)とFC…

後で読む
日刊スポーツ

川崎フロンターレの鬼木達監督(46)が23日、オンライン取材に応じた。勝てば優勝だった21日の大分トリニータ戦は0-1で敗戦。翌22日は2位ガンバ大阪が浦和レ…

後で読む
東京スポーツ

 23日の女子プロレス「アイスリボン」横浜ラジアントホール大会で〝絶対不屈彼女〟こと安納サオリ(29)が、鈴季すず(18)の持つICE×∞王座挑戦を表明した。  メインの6人タッグ戦で世羅りさ(29)…

後で読む
デイリースポーツ

大相撲11月場所で優勝した大関貴景勝が所属する千賀ノ浦部屋が早ければ来年1月の初場所前に「常盤山部屋」へ名称変更の見込みであることが23日、日本相撲協会関係者の話で分かった。師匠の千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)が、来年4月に再雇用制度の任期が終わる常盤山親方(元関脇舛田山)と名跡交換するため。今後手続きを始める予定だという。 相撲協会に承認されれば、貴景勝は初の綱とりに挑む初場所を常盤山部屋の力士として迎える。

後で読む
デイリースポーツ

「フィギュアスケート・全日本ジュニア選手権」(23日、フラット八戸) 男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の本田ルーカス剛史(18)=木下アカデミー=が129・13点をマークし、合計209・48点で初優勝した。SP5位の三浦佳生(かお・15)=KOSE横浜プリンスFSC=は合計207・71点で2位。3位は三宅星南(18)=関大=の203・53点だった。

後で読む
デイリースポーツ

ラグビーの関東大学リーグは23日、東京・秩父宮ラグビー場などで対抗戦の3試合が行われ、昨季の大学王者、早大が慶大を22-11で下して開幕6連勝とした。優勝争いは早大と5勝1敗の明大に絞られ、12月6日の直接対決で早大が勝つか引き分ければ2季ぶりの優勝が決まる。慶大は4勝2敗。 早大は前半に12-6とリードし、後半は1トライを返されて15-11と迫られたが、26分のFB河瀬のトライで突き放した。定期戦、対抗戦での両校の通算対戦成績は早大の70勝20敗7分けとなった。

後で読む
デイリースポーツ

陸上の関東学連1万メートル記録挑戦会が23日、神奈川・相模原ギオンスタジアムで行われ、来年の箱根駅伝(1月2、3日)で2連覇を狙う青学大・吉田圭太(4年)は組7着、全体8位の28分32秒34だった。 1日の全日本大学駅伝ではアンカーを務めるもトップから4位に転落。「自信を取り戻すレースができたらと」と臨んだこの日のレースを振り返り「余裕があってのゴールだった。ラスト1周、力を残すくらいで走れた」と納得の表情を見せた。それでも、「自己ベストを出したかった。安心しきることなく、ここから頑張らないといけない気持ちになった」とさらに気を引き締める。

後で読む
デイリースポーツ

J1川崎の鬼木監督が23日、オンラインで取材に応じ、勝つか引き分ければ2年ぶり3度目のリーグ制覇が決まる25日のG大阪との直接対決へ「自分たちの思いをぶつけるゲームにしたい」と意気込んだ。4試合を残して優勝となれば、2010年に3試合を残して優勝が確定した名古屋を上回る最速記録となる。 川崎は勝てば優勝だった21日の大分戦に敗れ、22日に2位のG大阪が浦和に勝ったため優勝が持ち越しとなった。再び自力で決められる状況となり、鬼木監督は「もう一回チャレンジしたい思いがあった」と歓迎した。

後で読む
デイリースポーツ

中日の大野雄大投手が23日、両リーグで最も優れた先発完投型の本格派投手を表彰する「沢村賞」に初めて選ばれた。堀内恒夫選考委員長と、選考委員の平松政次氏、村田兆治氏、山田久志氏、北別府学氏(療養のため欠席、文書で意見を堀内委員長に託す)の5人が明かした選考理由の要旨をまとめた。もう1人の有力候補、巨人の菅野智之投手と比較し“ダブル受賞”も含めて、選考に悩む声も聞かれた。 堀内選考委員長「一番悩んだのは菅野投手の13連勝」、「完投、完封、そういうものをいろいろ加味して、私は沢村賞にふさわしい投手は今年は大野君ではないかなというふうに思った」

後で読む
デイリースポーツ

24日の日本シリーズ第3戦の予告先発投手となっている、巨人エンジェル・サンチェス投手(30)が23日、ペイペイドームで最終調整を行った。 マウンドで投球練習を行った右腕は捕手・大城を座らせて、11球を投じて本番に向けた“予行演習”。その後、短距離ダッシュなどを重ねてベンチ裏に引き揚げた。

後で読む
日刊スポーツ

昨季の大学王者、早大の勢いが止まらない。4勝1敗と好調だった慶大を相手に完勝。22-11で早慶戦を制した。伝統の一戦に勝ち、今季の連勝を「6」に伸ばした。前半…

後で読む
日刊スポーツ

昨年度の全国中学校大会を制した中学3年生、三浦佳生(15=KOSE新横浜プリンスFSC)が2位と躍進した。ショートプログラム(SP)5位からフリーは1位の13…

後で読む
日刊スポーツ

昨年3位の本田ルーカス剛史(18=木下アカデミー)が涙の初優勝を飾った。前日のショートプログラム(SP)1位で迎えた最終滑走。「首位(発進)だったからか緊張し…

後で読む
日刊スポーツ

第100回全国高校大会(12月27日開幕予定、花園)を記念して設けられた近畿代表1枠をめぐる戦いで、2大会ぶり64度目となる花園を目指した天理(奈良2位)が涙…

後で読む
サンケイスポーツ

サッカーの欧州各リーグ(16~22日)でイングランドはトットナムがマンチェスター・シティーを2-0で破り、4連勝で首位に浮上。リバプールもレスターに快勝して勝ち点20で並び、得失点差の2位に付けた。

後で読む
サンケイスポーツ

 プロ野球草創期の名投手、故沢村栄治氏を記念し、シーズンで最も活躍した先発投手を表彰する「沢村賞」の選考委員会が23日、東京都内で開かれ、中日の大野雄大投手(32)が初受賞を果たした。

後で読む
サンケイスポーツ

フィギュアスケートの全日本ジュニア選手権最終日は23日、青森県八戸市のフラット八戸で行われ、男子でショートプログラム(SP)首位の本田ルーカス剛史(木下アカデミー)はフリーで3位の129・13点にとどまったが、合計209・48点で初優勝した。

後で読む
サンケイスポーツ

大相撲11月場所で2年ぶり2度目の優勝を果たした大関貴景勝(24)=本名佐藤貴信、兵庫県出身、千賀ノ浦部屋=が千秋楽から一夜明けた23日、東京都台東区の千賀ノ浦部屋からオンラインで記者会見し、感慨深げに2度目の制覇の喜びを語った。主な一問一答は以下の通り。

後で読む
サンケイスポーツ

日本シリーズを0勝2敗としている巨人は23日、24日の第3戦(ペイペイ)へ向け、大阪から福岡へ移動した。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球草創期の名投手、故沢村栄治氏を記念し、シーズンで最も活躍した先発投手を表彰する「沢村賞」の選考委員会が23日、東京都内で開かれ、中日の大野雄大投手(32)が初受賞を果たした。

後で読む
日刊スポーツ

カブスのダルビッシュ有投手(34)が23日、札幌テレビ放送の番組「どさんこワイド」にリモート出演し、今季や古巣日本ハムについて語った。12年1月に札幌ドームで… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

「沢村賞」の村田兆治選考委員は「私は菅野投手に指名しました」と、開幕から13連勝のプロ野球新記録を樹立した巨人菅野智之投手(31)を推したが、大野雄の完投数も… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

巨人は23日、大阪から福岡に移動し、第3戦の舞台となるペイペイドームで前日練習を開始した。午後4時14分、円陣の中に立った原辰徳監督の「さあ、いこう!」の言葉… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

日本シリーズ第3戦に先発予定の巨人エンジェル・サンチェス投手(30)が23日、ペイペイドームのマウンドで投球練習し、マウンドの感触を確かめた。大城を相手に、細… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球草創期に活躍した巨人の大投手、沢村栄治をたたえて先発完投型の投手を表彰する「沢村栄治賞」の選考委員会が23日、東京・港区のグランドプリンスホテル高輪で開かれ、中日・大野雄大投手(32)が初めて選ばれた。金杯と副賞300万円が贈られる。中日の投手の受賞は2004年の川上憲伸以来、16年ぶり。

後で読む
サンケイスポーツ

中日・大野雄大投手(32)が23日、プロ野球の草創期に活躍した巨人の大投手、沢村栄治をたたえ、先発完投型の本格派投手を表彰する沢村賞を受賞した。同日午後に記者会見を行い、喜びを語った。

後で読む
スポーツニッポン

報徳学園(兵庫)が天理(奈良)に競り勝ち、5大会連続46回目の出場を決めた。序盤から体をぶつけ合う激しい展開。互いにミスが少なく、緊迫した攻防が続いた。

後で読む
東京スポーツ

 来年1月に開幕する米男子ツアー「ソニーオープン」(2021年1月14日開幕、ハワイ)の日本ゴルフツアー機構(JGTO)招待枠(3選手)が確定した。  国内男子ツアー「三井住友VISA太平洋マスターズ…

後で読む
デイリースポーツ

来季が球団創設85周年となる中日は、記念のマークを23日までに発表した。ユニホームなどに使用する。マークは「力強さ」や「斬新さ」を表現し、躍動する昇竜が「85」をかたどっている。

後で読む
デイリースポーツ

プロ野球のセ、パ両リーグから、先発完投型の本格派投手から最も優れた投手を表彰する「沢村賞」の選考委員会が23日、行われ、中日の大野雄大投手の受賞が決まった。巨人の菅野智之投手を推す意見もあったが、最終的には、より多くのリーグ内最高記録(防御率1・82、完投数10、完封数6、投球回148回2/3、奪三振148)をマークしたことなどが評価された。 堀内恒夫選考委員長は、議論で集中したのは「菅野君と大野君。この2人に関しての意見でございました」と明かした。今季は試合数が120試合と、従来よりも少ないこと、新型コロナウイルスの影響で開幕が遅れ、過密日程となり調整そのものが難しかったことなどを加味した上で「選考委員が出した結論はベスト1の投手を選ぼうということでございます。そのベスト1は中日の大野雄大選手でございます」と発表した。

後で読む
デイリースポーツ

中日の大野雄大投手が23日、両リーグで最も優れた先発完投型の本格派投手を表彰する「沢村賞」に選ばれた。堀内恒夫委員長、平松政次委員、村田兆治委員、山田久志委員、北別府学委員(療養のため欠席、文書で意見を堀内委員長に託す)の5人の委員の選考理由の要旨をまとめた。もう1人の有力候補、巨人の菅野智之投手と比較し“ダブル受賞”も含めて、選考に悩む声も聞かれた。 堀内委員長「一番悩んだのは菅野投手の13連勝」、「完投、完封、そういうものをいろいろ加味して、私は沢村賞にふさわしい投手は今年は大野君ではないかなというふうに思った」

後で読む
デイリースポーツ

2020年シーズンの沢村賞の選考委員会が23日、行われ、中日の大野雄大投手の受賞が決まった。同賞は「その年のセ・パ両リーグの先発・完投型の本格派投手のうち、最も優れた投手を表彰する」(沢村賞規定第一条より)ことを目的にしているが、コロナ禍で開幕が遅れ、過密日程、さらに試合数が昨年の143から120に減少したことを考えると、選考基準の各数字を達成するのが極めて難しいシーズンだった。また、選考基準の最高についても、堀内恒夫選考委員長は言及した。 選考基準となるのは投手成績7部門。「防御率2・50以下」、「25試合登板以上」、「15勝以上」、「10完投以上」、「勝率6割以上」、「200投球回以上」、「150奪三振以上」。このうち、防御率と勝率は割合で算出されるため影響は少ないが、残りの実数で見る部門は難易度が極めて高くなった。

後で読む
デイリースポーツ

プロ野球草創期の名投手、故沢村栄治氏を記念し、シーズンで最も活躍した先発投手を表彰する「沢村賞」の選考委員会が23日、東京都内で開かれ、中日の大野雄大投手(32)が初受賞を果たした。 大野雄は20試合に登板し11勝6敗、防御率1・82、148奪三振で最優秀防御率と最多奪三振のタイトルを獲得。投球回の148回2/3と10完投、6完封はセ、パ両リーグを通じてトップで、45イニング連続無失点の球団新記録もマークした。

後で読む
スポーツニッポン

優勝まであと一歩と迫っている川崎Fは25日、ホームの等々力で2位のG大阪と対戦する。引き分け以上で2年ぶり3度目のリーグ制覇が決まる一戦。クラブもその大一番を特別イベントで盛り上げる。ゲームを題材としたプロモーションイベント「KAWASAKI GAME SHOW」で、目玉となるのが「ポケットモンスター」との様々なコラボ企画だ。

後で読む
東京スポーツ

スペイン1部ウエスカの日本代表FW岡崎慎司(34)が、負傷からの復帰戦となった20日のオサスナ戦(結果は1―1のドロー)後、クラブ公式サイトで心境を語った。  10月3日のエルチェ戦で負傷してから約…

後で読む
サンケイスポーツ

第91回都市対抗野球大会第2日(23日、ホンダ鈴鹿5-4日本生命、東京D)ホンダ鈴鹿は3-3の七回1死二塁で、王子から補強された前田が右中間を破る勝ち越しの適時三塁打を放った。勝利を手繰り寄せる一打に「結果を残せて良かった」と胸をなで下ろした。

後で読む
サンケイスポーツ

 巨人は23日、D1位で指名した平内龍太投手(22)=亜大=と東京都・立川市のホテルで仮契約を行った。契約金1億円プラス出来高払い、年俸1600万円の最高評価で合意した。

後で読む
サンケイスポーツ

(みやざきフェニックス・リーグ、ロッテ1-1阪神、23日、SOKKEN)阪神は1-1でロッテに引き分けた。先発した川原陸投手(19)は5回3安打無失点に抑えた。平田勝男2軍監督(61)の主な一問一答は以下の通り。

後で読む
スポーツニッポン

 投打のかみ合ったNTT西日本が快勝発進した。先発の浜崎は初回2死二、三塁のピンチをしのぎ、リズムをつかむと抜群の制球力を武器に8回2安打無失点。打線も30歳のベテラン右腕の好投に応えた。4回無死、日本製鉄広畑からの補強選手で「4番・三塁」でのスタメン起用となった西川が左中間に先制ソロ。5回2死満塁でも西川は右中間に走者一掃三塁打を放ち、勝利に貢献した。

後で読む
サンケイスポーツ

ソフトバンクのマット・ムーア投手(31)が23日、キャッチボールなどで調整。24日の「SMBC日本シリーズ2020」の第3戦での先発登板に向けて調整した。

後で読む
日刊スポーツ

第50回記念明治神宮野球大会の優勝旗返還式が23日、神宮球場で行われた。新型コロナウイルス感染拡大で第51回大会が中止になった影響で実施。前年優勝した慶大・瀬… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

高卒2年目の阪神川原陸投手(19)が同リーグ初先発で5回3安打無失点と好投。初回から気迫のこもったピッチングで4三振を奪った。川原と同い年の小幡は、プロ初の一… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「フェニックス・リーグ、ロッテ1-1阪神」(23日、SOKKENスタジアム) 試合を終え、阪神の平田2軍監督が取材に応じた。先発し、5回3安打無失点と好投した川原陸投手について序盤から全力投球で挑んだ姿勢を含めて評価。その上で、上積みを期待してユニークな激励をしていると明かした。以下、一問一答の要旨。

後で読む
サンケイスポーツ

米プロフットボールNFL第11週第2日は各地で行われ、スティーラーズがジャガーズに27-3で快勝し、開幕10連勝を飾った。QBロスリスバーガーが2TDパスを通し、フィッツパトリックとエドムンズのセーフティー陣がそれぞれ2インターセプトを記録した。

後で読む
サンケイスポーツ

マンチェスターU対ウェストブロミッジで起きたビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の判定を巡って物議が巻き起こっている。

後で読む
サンケイスポーツ

ソフトバンクは23日、ペイペイドームで全体練習を行った。工藤公康監督(57)が取材に対応。「一戦必勝。ならないです。ひとつ変われば雰囲気も変わって、得点が取れればチームは盛り上がる」と強調した。

後で読む
日刊スポーツ

新型コロナウイルスの影響で延期となっていたアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)東地区1次リーグが18日、カタールで再開された。日本勢は24日から登場。FC東…

後で読む
スポーツニッポン

男子のフリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の本田ルーカス剛史(18=木下アカデミー)は3位の129・13点をマーク。合計209・48点で逃げ切り、初優勝を果たした。

後で読む
スポーツニッポン

22日の男子SPで2位だった三宅星南(18=関大)はフリーは4位の128・25点で、合計203・53点の3位だった。

後で読む
スポーツニッポン

男子は本田ルーカス剛史(18=木下アカデミー)が209・48点で初優勝を飾った。この日のフリーは129・13点の3位にとどまったが、首位だった22日のSPのリードを生かして逃げ切り。キス&クライでは感極まり、「とにかくうれしい。普段は涙する方じゃないけど、気持ちがこみ上げてきて…」と歓喜に浸った。

後で読む
スポーツニッポン

男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)5位から逆転優勝を狙った三浦佳生(15=KOSE新横浜プリンスFSC)はフリートップの136・15点をマーク。合計207・71点で準優勝となったが、「フリーで2つもパンクしてしまったことが悔しい。完全に自分の実力不足です」と自己評価は厳しめだった。

後で読む
スポーツニッポン

定期戦としては通算97回目の伝統の一戦は早大が22―11で勝ち、開幕6連勝を飾った。早大は12月6日の明大戦(秩父宮)に勝つか引き分けると2季ぶり24度目の優勝が決まる。定期戦の通算成績は早大の70勝7分け20敗(全国大学選手権を含め78勝8分け21敗)となった。

後で読む
東京スポーツ

 スペイン1部ビリャレアルの日本代表MF久保建英(19)が、保有元であるレアル・マドリードから受けている現状の〝評価〟とは――。  久保は21日に自身の保有元でもあるRマドリード戦で後半44分から途中…

後で読む
デイリースポーツ

【ニューヨーク共同】米プロフットボールNFL第11週第2日は各地で行われ、スティーラーズがジャガーズに27-3で快勝し、開幕10連勝を飾った。QBロスリスバーガーが2TDパスを通し、フィッツパトリックとエドムンズのセーフティー陣がそれぞれ2インターセプトを記録した。 昨季王者チーフスはレイダーズを35-31で下して9勝1敗。

後で読む
デイリースポーツ

「フィギュアスケート・全日本ジュニア選手権」(23日、フラット八戸) 男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の本田ルーカス剛史(18)=木下アカデミー=が129・13点をマークし、合計209・48点で初優勝した。SP5位の三浦佳生(かお・15)=KOSE横浜プリンスFSC=は合計207・71点で2位。3位は三宅星南(18)=関大=の203・53点だった。

後で読む
デイリースポーツ

【ロンドン共同】サッカーの欧州各リーグ(16~22日)でイングランドはトットナムがマンチェスター・シティーを2-0で破り、4連勝で首位に浮上。リバプールもレスターに快勝して勝ち点20で並び、得失点差の2位に付けた。 スペインはレアル・ソシエダードがカディスを1-0で下して首位を守った。アトレチコ・マドリードがバルセロナに1-0で勝って2位に浮上し、3敗目を喫したバルセロナは12位に後退。

後で読む
日刊スポーツ

第100回全国高校大会(12月27日開幕予定、花園)を記念して設けられた近畿代表1枠をめぐる戦いで、勝利した報徳学園(兵庫2位)が5大会連続46度目の花園出場…

後で読む
日刊スポーツ

ショートプログラム(SP)首位の本田ルーカス剛史(18=木下アカデミー)が初優勝した。昨年3位。フリーは129・18点の全体3位だったが、SPのリードで逃げ切…

後で読む
サンケイスポーツ

リバプールが、クラブレコードとなるホーム戦無敗記録を達成した。

後で読む
サンケイスポーツ

マンチェスターCは、バルセロナFWリオネル・メッシ獲得から手を引く可能性があるようだ。イギリス『スカイスポーツ』が伝えた。

後で読む
東京スポーツ

巨人のドラフト1位・平内龍太投手(22=亜細亜大)が23日、都内のホテルで入団交渉を行い、契約金1億円プラス出来高、年俸1600万円で仮契約した。  最速156キロ、落差のあるスプリットを武器とする…

後で読む
日刊スポーツ

DeNAで4年間プレーし今季限りで退団したスペンサー・パットン投手(32)について、レンジャーズが調査を行っているとMLBネットワークのジョン・モロシ記者が2… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

カブスのダルビッシュ有投手(34)が、ロッテ沢村拓一投手(32)のメジャーでの可能性について、自身のツイッターで言及した。海外FA権を行使してメジャー挑戦を目… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

思わぬ落とし穴が待っていた。オリックスにドラフト6位で指名された日本生命の最速151キロ右腕・阿部翔太投手(28=成美大)が好救援で同点を呼び込んだ。しかし直… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

「日産」を冠した社会人野球チームが新たに誕生する。茨城県内で新車・中古車の販売や福祉事業などを手がける茨城日産グループは23日、水戸市内で会見を開き、硬式野球… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

ペリカン女子選手権最終日(23日、ペリカンGC=6353ヤード、パー70)畑岡は優勝争いに絡めなかったが、意地を見せた。スコアを二つ落として迎えた後半の6番をバーディーとし、続くパー5の7番は2打目でグリーンに乗せてイーグル。最終日に初めてアンダーパーで回った。

後で読む
サンケイスポーツ

男子テニスのツアー最終戦、日東電工ATPファイナルは22日、ロンドンで決勝が行われ、シングルスで世界ランキング4位のダニル・メドベージェフ(ロシア)が同3位のドミニク・ティエム(オーストリア)に4-6、7-6、6-4で逆転勝ちして初優勝した。

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州ベルエアー22日(日本時間23日)発】米女子ゴルフ「ペリカン女子選手権」(ペリカンGC=パー70)最終日、40位から出た畑岡奈紗(21=アビームコンサルティング)は1イーグル、2バーディー…

後で読む
デイリースポーツ

巨人からドラフト1位指名を受けた平内龍太投手(22)=亜大=が23日、都内のホテルで入団交渉に臨み、契約金1億円プラス出来高、年俸1600万円(金額は推定)で仮契約した。「プロ野球選手という実感がわいてくる。いい評価に感謝したい」と満面の笑みを浮かべた。 平内は最速156キロの直球が武器でツーシームやスプリットなど決め球も豊富な即戦力右腕。原監督が「(菅野)智之2世」と評するなど将来を嘱望されている。平内は「1年目から1軍で投げられるようなピッチャー。新人王を狙っていきたい」と目標を掲げた。

後で読む
東京スポーツ

巨人のドラフト1位・平内龍太投手(22=亜細亜大)が23日、都内のホテルで入団交渉を行い、契約金1億円プラス出来高、年俸1600万円で仮契約した。  最速156キロ、落差のあるスプリットを武器とする…

後で読む
サンケイスポーツ

 大相撲11月場所で大関として初めて賜杯を抱いた貴景勝(24)は千秋楽から一夜明けた23日、東京・台東区の千賀ノ浦部屋でオンラインによる会見に臨み、同場所前に婚約者だった元大関北天佑(故人)の次女、千葉有希奈(ゆきな、28)さんと結婚したことを自ら明らかにした。「純粋に一緒に頑張っていこうと思った」と説明し、内助の功に支えられてつかんだ優勝となった。2人は8月末に婚約を発表していた。

後で読む
東京スポーツ

イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティが、スペイン1部バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(33)獲得撤退を指摘されている。  来年6月でバルセロナとの契約が切れるメッシを…

後で読む
サンケイスポーツ

DeNAにドラフト2位指名された牧秀悟内野手(22)=中大=の入団交渉が23日、東京・多摩市内のホテルにて行われ、契約金7700万円、年俸1300万円で合意。背番号は「2」に決まった。

後で読む
日刊スポーツ

MLB公式サイトが、今季のベストプレートップ100を紹介。ナンバーワンには、ムーキー・ベッツ外野手(ドジャース)のレーザービームが選出された。7月31日に行わ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ロッテは24日から、今季のファンの応援に感謝を込めたポスターを千葉市内各所に張り出すと発表した。ポスターには「THANK YOU FOR YOUR VOICE… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

楽天石井一久GM兼任監督(47)が23日、引退会見を行った青山浩二投手(37)をねぎらった。「いつかは引退という時が来る。楽天一筋でキャリアを終えたことはすご… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

都市対抗大会第2日は1回戦3試合。第1試合はホンダ鈴鹿(鈴鹿市)が日本生命(大阪市)を下し2回戦に駒を進めた。https… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

楽天の青山浩二投手(37)が23日、楽天生命パーク宮城でオンラインの引退記者会見を行った。北海道・函館工高から八戸大を経て2006年に大学・社会人ドラフト3巡目で楽天に入団し、チーム一筋で15年間の現役生活を終え「愛着も湧いているし、思い出も多い。この地(東北)で終われたのはうれしく思う」と感慨深そうに話した。

後で読む
サンケイスポーツ

ロッテは24日から、今季のファンの声援に感謝を込めて作成したポスターを千葉市内の商業施設や公共交通機関での貼り出しを始める。

後で読む
デイリースポーツ

プロボクシングの元世界ミニマム級4団体制覇王者で、アマチュアで東京五輪を目指した高山勝成(37)=寝屋川石田=の4年ぶりのプロ復帰戦が試合当日の23日に中止になった。三田市総合文化センター・郷の音ホールでライトフライ級6回戦が行われる予定だったが、対戦相手で2度の世界挑戦経験があるWBC同級11位の小西伶弥(27)=サンライズ=が新型コロナウイルスに感染していることが明らかになったため。高山は陰性だった。なお、興行は行われる。 日本ボクシングコミッション(JBC)によると、小西は1週間前のPCR検査で陰性だったが、22日の前日計量後の検査で陽性となった。同日から隔離されており、現在は保健所の指示を待っているという。

後で読む
デイリースポーツ

日本ボクシングコミッション(JBC)は23日、ミニマム級で世界主要4団体の王座を獲得した高山勝成(寝屋川石田)が、同日に兵庫県の三田市総合文化センターで行う予定だったプロ復帰戦のライトフライ級6回戦が中止となったと発表した。対戦相手の小西伶弥(SUN-RISE)が新型コロナウイルスの感染を調べるPCR検査で陽性と判定されたため。 37歳の高山は東京五輪挑戦のためアマチュアに転向。代表入りを逃し、再びプロとなった。復帰戦は当初は別の相手と5月10日に予定されていたが、コロナ禍で中止、今回が仕切り直しの試合となるはずだった。

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド22日(日本時間23日)発】WWEのロウとスマックダウン(SD)の全面対抗戦となるPPV大会「サバイバー・シリーズ」が配信され、ブランド対抗女子5対5イリミネーションマッチは、女…

後で読む
東京スポーツ

フロリダ州オーランド22日(日本時間23日)発】WWEのロウとスマックダウン(SD)の全面対抗戦となるPPV大会「サバイバー・シリーズ」が配信され、ロウのWWE王者ドリュー・マッキンタイア(35)と、…

後で読む
スポーツニッポン

NFLは22日に各地で第11週2日目の12試合を行い、カウボーイズは敵地ミネアポリス(ミネソタ州)でバイキングスに31―28(前半16―7)で競り勝って3勝7敗。連敗を4で阻止してロードでは今季5戦目で初勝利を挙げた。ワシントン・フットボールチーム(FC)もベンガルズを20―9(前半7―9)で退けて3勝7敗としたが、この2チームとともにNFC東地区に所属しているイーグルスはブラウンズに17―2…

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド22日(日本時間23日)発】WWEのロウとスマックダウンの全面対抗戦となるPPV大会「サバイバー・シリーズ」が配信され、4月の「レッスルマニア36」を最後に引退を表明していた〝怪…

後で読む
デイリースポーツ

日本シリーズの第4戦で、ラグビー元日本代表の福岡堅樹(パナソニック)がファーストピッチを担当することが23日、発表された。 福岡県出身の福岡は昨年、日本で開催されたラグビーW杯で、日本代表のトライゲッターとして活躍。大会延期となったため東京五輪の7人制代表入りを断念した後は、医学の道を目指している。福岡はソフトバンクを通じ、「SMBC日本シリーズ2020のファーストピッチ、気持ちを込めた一球を投げさせていただきます」とコメントした。

後で読む
東京スポーツ

格闘家・朝倉未来(28)敗北の波紋が広がっている。  朝倉は21日に行われた格闘技イベント「RIZIN.25」(大阪城ホール)で修斗世界フェザー級王者の斎藤裕(33)に判定で敗れた。戦前には朝倉の勝…

後で読む
東京スポーツ

ボクシングの元ミニマム級世界4団体王者・高山勝成(37=寝屋川石田)が、23日に兵庫・三田市の郷の里ホールで開催予定していたプロ復帰戦が中止となった。  対戦相手の小西怜弥(27=SUN―RISE)…

後で読む
デイリースポーツ

ロッテは23日、2020年シーズンのファンの応援に感謝を込めたポスターを作成し、明日24日より貼り出しを開始すると発表した。ポスターには「THANK YOU FOR YOUR VOICE、CHEERS、AND STRONG SUPPORT」というメッセージがプリントされている。 ポスターの主な掲出先は以下の通り。ZOZOマリンスタジアムの各所、マリーンズストア各店、千葉市内商業施設、公共施設など各所、千葉市内の公共交通機関内、球団各営業先など。

後で読む
デイリースポーツ

日本シリーズ第1、2戦はパ・リーグ覇者のソフトバンクが、セ・リーグ覇者の巨人を圧倒して連勝した。24日からペイペイドームに場所を移す。昨年のようにソフトバンクが一気に勝ち進むのか、それとも巨人の逆襲があるのか。デイリースポーツウェブ評論家の北別府学氏にこれまでの戦いと今後の戦いについて語ってもらった。   ◇  ◇

後で読む
デイリースポーツ

楽天の青山浩二投手(37)が23日、楽天生命パーク宮城でオンラインの引退記者会見を行った。北海道・函館工高から八戸大を経て2006年に大学・社会人ドラフト3巡目で楽天に入団し、チーム一筋で15年間の現役生活を終え「愛着も湧いているし、思い出も多い。この地(東北)で終われたのはうれしく思う」と感慨深そうに話した。 今季はプロで最少の11試合の登板にとどまった。「チームの力になれなかったのが一番。シーズン最後の方にけがをしてしまった。そろそろなのかなと感じた」と決断理由を語った。

後で読む
スポーツニッポン

 日本ボクシングコミッション(JBC)は23日、兵庫・三田市総合文化センターで行われる予定だったプロボクシング元世界4団体ミニマム級王者・高山勝成(37=寝屋川石田)とWBC世界ライトフライ級11位・小西伶弥(27=SUN-RISE)のライトフライ級6回戦が、前日に受けた新型コロナウイルス感染症のPCR検査で小西が陽性と判定されたため、中止になったと発表した。興行は開催する。

後で読む
スポーツニッポン

全国地域サッカーチャンピオンズリーグ(CL)最終日が23日に行われ、ティアモ枚方(関西1部)がJFL昇格を決定させた。栃木シティFC(関東1部)と0―0に終わり、2位以内が確定。将来的なJリーグ入りへ向けて、また一歩前進した。

後で読む
東京スポーツ

イングランド・プレミアリーグのリバプールに所属する日本代表MF南野拓実(25)が、地元紙から〝屈辱の一言〟を浴びせられた。  南野は22日のレスター戦で後半44分から途中出場し、公式戦4試合ぶりにピ…

後で読む
サンケイスポーツ

今季ラ・リーガの優勝候補本命と目され始めたAマドリードだが、ディエゴ・シメオネ監督からタイトル獲得に向けた言葉を引き出すのは、やはり不可能であるようだ。

後で読む
サンケイスポーツ

ナポリのジェンナーロ・ガットゥーゾ監督は、ACミランのFWズラタン・イブラヒモヴィッチについて現在が最高であると話した。イタリア『スカイ』が報じている。

後で読む
サンケイスポーツ

AマドリードFWルイス・スアレスが、古巣バルセロナの親友FWリオネル・メッシの現状を憂慮している。

後で読む
日刊スポーツ

ロビンソン・カノ内野手が来季全試合出場停止となったことで、資金に余裕の出たメッツが、マイケル・コンフォート外野手(27)との契約延長に臨むのではないかとの噂が… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

サプライズ番長再び! DeNA三浦大輔新監督(46)が23日、東京都内のホテルで行われたドラフト2位の中大・牧秀悟内野手(22=松本一)の仮契約にサプライズで… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

都市対抗大会第2日は1回戦3試合。第1試合はホンダ鈴鹿(鈴鹿市)が日本生命(大阪市)を下し2回戦に駒を進めた。https… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
スポーツニッポン

 的確な補強がHonda鈴鹿の3年ぶり初戦突破の要因となった。7回に3―3の同点に追いつかれ、なおも2死二塁のピンチで西濃運輸からの補強選手・堀田が3番手として登板。日本生命・ヴィットルを外角低め143キロ直球で見逃し三振に封じ、直後の勝ち越しを呼び込んだ。

後で読む
スポーツニッポン

 【森繁和 シリーズ大分析1】巨人はソフトバンクに日本シリーズでは球団ワーストとなる13失点で2連敗。13年から続くシリーズでの連敗は7に伸びた。元中日監督で、本紙評論家の森繁和氏(66)は、セ・リーグとパ・リーグの野球の質の違いが、そのまま結果に表れていると指摘。普段からパワーピッチャーと対戦し、力勝負を繰り広げているパの野球が、セの王者に力の差をまざまざと見せつけている。

後で読む
東京スポーツ

日本代表MF南野拓実(25)が所属するイングランド・プレミアリーグのリバプールが22日、ホームのレスター戦に3―0で快勝し、ホームの無敗記録を更新した。  この一戦は、オランダ代表DFファージル・フ…

後で読む
東京スポーツ

ブラジル1部ボタフォゴの元日本代表MF本田圭佑(34)は22日、ブラジル全国選手権のホーム・フォルタレザ戦で後半18分までプレーし、無得点だった。チームは0―1で敗れた。  これでボタフォゴは3連敗…

後で読む
日刊スポーツ

ヤンキースからフリーエージェント(FA)となった左腕J・A・ハップ投手(38)に対し、山口俊投手の所属するブルージェイズ、大谷翔平投手所属のエンゼルスなど3球… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

今季限りでの現役引退を表明した楽天青山浩二投手(37)が23日、楽天生命パークでオンラインでの引退会見を行った。以下、一問一答-引退の経緯は今シーズンは本当に… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神・秋季練習」(23日、甲子園球場) 阪神が守備の特訓を行った。シートノックに加えて筒井外野守備走塁兼分析担当コーチが発案した「30アウトノック」を実施した。

後で読む
デイリースポーツ

「フェニックス・リーグ、ロッテ-阪神」(23日、SOKKENスタジアム) フェニックス・リーグ第4クール3戦目。阪神の先発マウンドには川原が上がる。また、打線では前日の試合で3安打を放った小幡を「3番・一塁」で起用。井上は「4番・左翼」で出場している。

後で読む
サンケイスポーツ

衝撃的な失神KO劇だった。2010年9月、プロボクシングWBA世界スーパーフェザー級王者の内山高志が、同級5位のロイ・ムクリス(インドネシア)に5回2分27秒TKO勝ち。2度目の防衛に成功した。

後で読む
サンケイスポーツ

千葉県・外房地区、飯岡沖の一つテンヤ・マダイ釣りで、連日のようにトップ20匹、30匹の大爆釣が記録されている。サイズは「秋の小ダイ」と言われるように1キロ未満が大半だが、それだけにビギナーにも十分楽しめる。テンヤは、小さいほど食いはいいが、タチ(底)取りは難しくなる。いくら食いが良くてもタチを取れなければ話にならない。むやみに軽いテンヤを使わず、確実にタチが取れる重さのテンヤを使いたい。

後で読む
サンケイスポーツ

メジャーのスカウトが熱視線を送る広島・鈴木誠也外野手(25)が来季も赤ヘルの一員としてプレーする可能性が高まっている。

後で読む
日刊スポーツ

アスルクラロ沼津が2試合ぶりの白星を挙げた。ホームでAC長野パルセイロに1-0で完封勝ち。MF染矢一樹(34)がPKで決勝ゴールを決め、試合開始前まで2位の強…

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド22日(日本時間23日)発】WWEのロウとスマックダウン(SD)の全面対抗戦となるPPV大会「サバイバー・シリーズ」が配信され、ブランド対抗5対5イリミネーションマッチは、チーム…

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド22日(日本時間23日)発】WWEのロウとスマックダウン(SD)の全面対抗戦となるPPV大会「サバイバー・シリーズ」が配信され、タッグ王者対決は、SDタッグ王者のストリート・プロ…

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド22日(日本時間23日)発】WWEのロウとスマックダウン(SD)の全面対抗戦となるPPV大会「サバイバー・シリーズ」が配信され、最大注目の〝女帝〟ことロウ女子王者アスカ(39=華…

後で読む
東京スポーツ

 大相撲11月場所で大関初となる2度目の優勝を飾った貴景勝(24=千賀ノ浦)が23日、東京・台東区の部屋でリモートによる会見を行った。賜杯を手にしてから一夜が明け「初優勝とはまた違った優勝だったので、…

後で読む
東京スポーツ

 大相撲11月場所で大関初となる2度目の優勝を飾った大関貴景勝(24=千賀ノ浦)が23日、東京・台東区の部屋でリモートによる会見を行い、婚約者の有希奈さん(28)と結婚していたことを明かした。  賜杯…

後で読む
東京スポーツ

【英国・ロンドン22日(日本時間23日)発】男子テニスの年間成績上位8人による今季ツアー最終戦、日東電工ATPファイナル決勝が行われ、世界ランキング4位のダニル・メドベージェフ(24=ロシア)が同3位…

後で読む
東京スポーツ

 イタリア1部ACミランの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(39)が、22日のナポリ戦で2ゴールを挙げ、3―1の勝利の立役者となった。チームは首位をキープした。  この2ゴールで節目の…

後で読む
デイリースポーツ

大相撲11月場所(22日千秋楽、東京・両国国技館)で2年ぶり2度目の優勝を果たした大関貴景勝(24)=千賀ノ浦=が優勝一夜明けた23日、都内の部屋からオンラインで会見した。 「私事ですけど、場所前に入籍しました」と、元大関北天佑の次女で婚約者の千葉有希奈さん(28)と11月場所前に結婚したことを明かした。

後で読む
デイリースポーツ

大相撲11月場所(22日千秋楽、東京・両国国技館)で2年ぶり2度目の優勝を果たした大関貴景勝(24)=千賀ノ浦=が23日、都内の部屋からオンラインで会見した。 18年九州場所の初優勝から2年。「また違った優勝なので疲労感もあったかな。初優勝は本当に現実かどうか分からなかった。今回は直接対決だし、つかみ取ったという感じ」と一夜明けて振り返った。

後で読む
デイリースポーツ

大相撲11月場所で11場所ぶり2度目の優勝をした大関貴景勝(24)が千秋楽から一夜明けた23日、東京都台東区の千賀ノ浦部屋からオンライン会見し、綱とりに挑む来場所へ向け、「やれることをやり切って、勝負していきたい」と引き締まった表情で語った。 今場所は2横綱2大関が休場。皆勤したただ一人の看板力士として13勝2敗で重責を果たした。小結だった2年前の九州場所の初制覇と比べ「また違った優勝だった。いい成績を残せたのは今後の糧になる」とかみしめた。

後で読む
デイリースポーツ

今季限りでの引退を表明した楽天・青山浩二投手(37)が23日、楽天生命パーク宮城でオンラインによる引退会見を行った。 今季は11試合登板にとどまり2勝0敗、防御率4・35。10月1日に2軍降格後は、左太もも裏の肉離れで離脱。「何とか最後までチームの力になろうと思ったが、シーズン最後の方にケガもあって、そろそろかなと思った」と引退を決断するに至った心境を語った。

後で読む
デイリースポーツ

 米男子ゴルフのRSMクラシックは22日、ジョージア州セントシモンズ島のシーサイド・コース(パー70)で最終ラウンドが行われ、68で回ったロバート・ストレブが通算19アンダー、263で並んだケビン・キズナー(ともに米国)とのプレーオフを制して2014年以来のツアー通算2勝目を挙げた。賞金118万8千ドル(約1億2355万円)を獲得した。(共同)

後で読む
日刊スポーツ

仙台89ERSは76-58でFイーグルス名古屋を下し、開幕節(山形戦)以来、今季2度目のホーム連勝を決めた。ここまでリーグ最少失点の堅守が機能。スタートから1…

後で読む
日刊スポーツ

「カリコンドルズ」が、ISL2シーズン目のチャンピオンに輝いた。世界選手権13冠の「新怪物」ケイレブ・ドレセル(24=米国)が、スプリント種目で圧倒的な力を発…

後で読む
日刊スポーツ

男女シングルスは開志国際がアベック優勝を決め、個人タイトルを独占した。女子は児玉彩乃(2年)が初優勝。決勝は昨年覇者で主将の佐藤杏香(2年)との同僚対決となっ…

後で読む
日刊スポーツ

男女シングルスは開志国際がアベック優勝を決め、個人タイトルを独占した。男子は関友喜(1年)が佐山寛大(新潟産大付2年)に3-1で勝った。関は「昨日(21日)の…

後で読む
日刊スポーツ

短水路(25メートルプール)で競う競泳国際リーグ(ブダペスト)は22日、2シーズン目の全日程を終了した。決勝では「新怪物」ドレセル(米国)が中心の「カリコンド…

後で読む
サンケイスポーツ

 関東大学対抗戦(明大39-23帝京大、22日、東京・秩父宮)4勝1敗同士の対戦は、昨季対抗戦優勝の明大が帝京大に39-23で逆転勝ちした。前半こそミスが多く19-23で折り返したが、後半に入って重戦車FWを軸に挽回。主将のNO・8箸本龍雅(はしもと・りゅうが、4年)の今季初トライなどで最後は突き放した。5勝1敗とした明大は、優勝戦線に踏みとどまった。帝京大は2季ぶりの優勝の可能性がなくなった。

後で読む
サンケイスポーツ

 大相撲11月場所千秋楽(22日、両国国技館)貴景勝は本割では照ノ富士と少し距離を取る場面もあり、相手を見ながら相撲を取って負けた。その反省を生かして、優勝決定戦はとにかく前に出ようという気持ちだったのだろう。気落ちすることなく、腹をくくった内容に見えた。

後で読む
サンケイスポーツ

 SMBC日本シリーズ第2戦(巨人2-13ソフトバンク、ソフトバンク2勝、22日、京セラ)巨人は、日本シリーズ第2戦でソフトバンクに2-13で大敗。球団ワーストの13失点で、楽天と対戦した2013年の第7戦から続く連敗は7に伸びた。先発の今村信貴投手(26)が二回途中4失点でKOされると、救援陣も鷹打線の勢いを止められず、得点も一発の2点のみ。原辰徳監督(62)は試合後の会見を39秒で打ち切った。

後で読む
サンケイスポーツ

男子ゴルフの22日付最新世界ランキングが発表され、松山英樹は17位で変わらなかった。今平周吾は77位。1位ダスティン・ジョンソン(米国)、2位ジョン・ラーム(スペイン)、3位ジャスティン・トーマス(米国)は動かなかった。

後で読む
サンケイスポーツ

 SMBC日本シリーズ第2戦(巨人2-13ソフトバンク、ソフトバンク2勝、22日、京セラ)本紙専属評論家の江本孟紀氏(73)が1973年の日本シリーズ、南海-巨人を述懐。「当時の巨人には切羽詰まった強さがあった」と表現し、「ソフトバンクもどこか似ている」と独特な視点で評した。返す刀で「それに比べて、今の巨人は」-。厳しい言葉で奮起を促した。

後で読む
サンケイスポーツ

プロボクシングのミニマム級で世界主要4団体の王座に就き、東京五輪挑戦のためアマチュアに転向後、プロに再転向した高山勝成(37)=寝屋川石田=の4年3カ月ぶりのプロ復帰戦(兵庫・三田市総合文化センター)が試合当日の23日、中止となった。

後で読む
サンケイスポーツ

ラグビーの国際大会「オータムネーションズ・カップ」は22日、英国のエディンバラでB組の1試合が行われ、フランスがスコットランドを22-15で下した。中止となったフィジー戦が大会規定により不戦勝扱いのフランスは2連勝で勝ち点9。スコットランドは1勝1敗で同6。

後で読む
日刊スポーツ

レイズがハンター・レンフロー外野手(28)らを戦力外としたことが分かった。これにより、メジャー出場の前提となる40人のロースター枠に若手有望株を登録する余地が… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

今季限りでの現役引退を表明した楽天青山浩二投手(37)が23日、楽天生命パークでオンラインでの引退会見を行った。球団創設2年目の06年から楽天一筋15年。「今… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

サッカーのブラジル全国選手権で22日、ボタフォゴの本田圭佑は1-2で敗れたホームのフォルタレザ戦で0-1の後半18分までプレーし、交代で退いた。ボタフォゴは3連敗で、20チーム中19位と降格圏から抜け出せないでいる。

後で読む
スポーツニッポン

NBAファイナルで10年ぶり17回目の優勝を飾ったレイカーズが、ラプターズで2019年のファイナル制覇に貢献したスペイン出身のセンター、マーク・ガソル(35)と2年契約で合意に達した。スポーツ専門局のESPNが報じているもので、同選手の獲得資金を捻出するため、レイカーズは今季の年俸が420万ドル(約4億4000万円)だったセンター、ジャベール・マギー(32)を、ジョーダン・ベル(25)とアルフ…

後で読む
東京スポーツ

 女子プロレス「センダイガールズ(仙女)の〝美仙女〟こと岩田美香(26)が、22日の仙台PIT大会で約1年5か月ぶりに復帰。今後は団体のトップ獲りを目指すことを宣言した。  2019年7月から首の負傷…

後で読む
東京スポーツ

【ベルギー】1部ゲンクの日本代表MF伊東純也(27)は、ホームのムスクロン戦で後半39分までプレー。0―1の前半ロスタイムに今季3点目となる同点ゴールを決め、チーム4点目をアシストして4―1の勝利に貢…

後で読む
デイリースポーツ

サッカーのロシア・プレミアリーグで22日、ロストフの橋本拳人は敵地のルビン戦に先発したが、相手との接触プレーで右脚を痛めて前半25分に交代した。チームは2-0で勝った。(共同)

後で読む
デイリースポーツ

サッカーのブラジル全国選手権で22日、ボタフォゴの本田圭佑は1-2で敗れたホームのフォルタレザ戦で0-1の後半18分までプレーし、交代で退いた。ボタフォゴは3連敗で、20チーム中19位と降格圏から抜け出せないでいる。(リオデジャネイロ共同)

後で読む
スポーツニッポン

 大相撲11月場所で2度目の優勝を果たした大関・貴景勝が23日、オンラインで一夜明け会見に臨み、8月30日に婚約を発表した元大関・北天佑の次女の千葉有希奈さん(28)と本場所前に結婚していたことを明かした。詳しい日時は明かさなかったが、「私事ですが、11月場所の場所前に入籍しまして、頑張っていきたいなと思っていたところで、(優勝できて)良かったと思います」と明かした。この時期に入籍の理由について…

後で読む
東京スポーツ

カブスのダルビッシュ有投手(34)が自宅の庭にピッチャーズ・マウンドを設置した。22日(日本時間23日)、自身のツイッターに画像を添え、『中学の時、よく「お前の家ってやっぱりマウンドあるん?笑」って…

後で読む
サンケイスポーツ

男子テニスのツアー最終戦、日東電工ATPファイナルは22日、ロンドンで決勝が行われ、シングルスで世界ランキング4位のダニル・メドベージェフ(ロシア)が同3位のドミニク・ティエム(オーストリア)に4-6、7-6、6-4で逆転勝ちして初優勝した。

後で読む
サンケイスポーツ

米男子ゴルフのRSMクラシックは22日、ジョージア州セントシモンズ島のシーサイド・コース(パー70)で最終ラウンドが行われ、68で回ったロバート・ストレブが通算19アンダー、263で並んだケビン・キズナー(ともに米国)とのプレーオフを制して2014年以来のツアー通算2勝目を挙げた。賞金118万8000ドル(約1億2355万円)を獲得した。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカーのロシア・プレミアリーグで22日、ロストフの橋本拳人は敵地のルビン戦に先発したが、相手との接触プレーで右脚を痛めて前半25分に交代した。チームは2-0で勝った。

後で読む
日刊スポーツ

<SMBC日本シリーズ2020:巨人2-13ソフトバンク>◇第2戦◇22日◇京セラドーム大阪3年ぶりに、あっさりと博多で歓喜を迎えるのだろうか。ソフトバンクが… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 広島の田中広輔内野手(31)が22日、今季取得した国内FA権について、結論を急がない姿勢を強調した。 マツダスタジアムに姿を見せ、ランニングやキャッチボールなどで軽めの調整を行った選手会長は「(条件面は)進んだり、後退したり。しっかりと納得した形にしたい」と話し、「慌てることでもない。時間はあるので」と自身のスタンスを示した。

後で読む
日刊スポーツ

都市対抗大会第2日は1回戦3試合。https://www.nikkansports.com/baseball/amate… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

【ニューヨーク22日(日本時間23日)】大リーグ、ヤンキースの地元メディアNJ.comは21日(同22日)、FA(フリーエージェント)になった田中将大投手(32)との再契約などを含めたヤンキースの補強プランを展開した。

後で読む
日刊スポーツ

ガンバ大阪が2-1で敵地浦和レッズ戦に逆転勝ちし、引き分け以下で決定していた川崎フロンターレの今節での優勝を阻止した。1点を追う後半21、36分にFW宇佐美、…

後で読む
日刊スポーツ

川崎フロンターレは2日連続の優勝持ち越しとなった。22日に2位ガンバ大阪が浦和に勝利。勝ち点を58に伸ばし、残り5試合で川崎Fとの勝ち点差を14に縮めた。引き…

後で読む
東京スポーツ

【ミスター・デンジャー松永光弘 この試合はヤバかった】ミスター・デンジャーがW☆INGからFMWに――プロレス界を驚かせた移籍により、松永光弘氏が挑んだのが東京国際見本市会場ドーム館(晴海)で行われた…

後で読む
東京スポーツ

【猪木に挑んだモンスター】アントニオ猪木の異種格闘技戦の対戦相手として、ひときわ異彩を放っているのが同じプロレスラーの“大巨人”アンドレ・ザ・ジャイアントだ。  1976年2月6日、猪木はミュンヘン五…

後で読む
東京スポーツ

【プロレスPLAY BACK(104)】人気タレントで元女子プロレスラーの“鬼嫁”こと北斗晶が約18年ぶりに女子プロ界に復活を果たし、各団体に一致団結を呼びかけた新組織「アッセンブル」を立ち上げた。1…

後で読む
東京スポーツ

 Jリーグは、アジアチャンピオンズリーグ(ACL)に出場する選手たちが出演する「JリーグTV『カタールから選手生出演』スペシャル」をJリーグ公式ユーチューブチャンネルで22日の22時30分から配信をス…

後で読む
東京スポーツ

【楊枝秀基のワッショイ!スポーツ見聞録】“投げる冒険家”久保康友投手(40)は新型コロナ禍の2020年をどう過ごしたのか。メキシカンリーグでプレーした昨年は「遠征先で空いた時間を利用し、世界遺産や遺跡…

後で読む
デイリースポーツ

NBAジャズがチーム最多得点のガード、ドノバン・ミッチェル(24)とルーキーマックス契約の5年総額1億9500万ドル(約202億4000万円)で合意した、と22日(日本時間23日)、米スポーツ専門局ESPN電子版が同選手の代理人の話として伝えた。 ミッチェルは17年ドラフトでナゲッツから1巡目13位で指名された直後にトレードでジャズへ移籍。3年目の昨季は自己ベスト&チーム最多の1試合平均24点。4・3アシスト、FA成功率44・9%、3P成功率36・6%も自己最多だった。プレーオフは1回戦でナゲッツに敗れたが、史上3人目となる2度の50点越えを達成するなど、7試合で平均36・3点を挙げてあらためて得点能力の高さを証明した。

後で読む
デイリースポーツ

【ベルリン共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は22日、ポーランドのビスワで個人第1戦(ヒルサイズ=HS134メートル)が無観客で行われ、佐藤幸椰(雪印メグミルク)が126メートル、123メートルを飛んで合計244・0点で日本勢最高の7位に入った。 小林潤志郎は15位、佐藤慧一(ともに雪印メグミルク)は17位。小林陵侑(土屋ホーム)は27位と振るわなかった。2回目に進めなかった伊東大貴(雪印メグミルク)は41位だった。マルクス・アイゼンビヒラー(ドイツ)が137・5メートル、134メートルの合計267・6点で2季ぶりに優勝した。

後で読む
デイリースポーツ

【ロンドン共同】男子テニスのツアー最終戦、日東電工ATPファイナルは22日、ロンドンで決勝が行われ、シングルスで世界ランキング4位のダニル・メドベージェフ(ロシア)が同3位のドミニク・ティエム(オーストリア)に4-6、7-6、6-4で逆転勝ちして初優勝した。 ダブルスはウェズリー・コールホフ(オランダ)ニコラ・メクティッチ(クロアチア)組がユルゲン・メルツァー(オーストリア)エドゥアル・ロジェルバセラン(フランス)組と対戦し、6-2、3-6からのタイブレークを10-5で制した。

後で読む
デイリースポーツ

【ゲンク(ベルギー)共同】サッカーのベルギー1部リーグで22日、ゲンクの伊東純也はホームで行われたムスクロン戦で0-1の前半ロスタイムに同点ゴールを決めた。今季3点目。伊東はチームの4点目もアシストするなど活躍して後半39分に退いた。チームは4-1で逆転勝ちした。

後で読む
デイリースポーツ

 「女子ゴルフ・大王製紙エリエール・レディース・最終日」(22日、エリエールGC松山=パー71) 2位に2打差の首位でスタートした古江彩佳(20)=フリー=が4バーディー、2ボギーの69で回り、通算15アンダーとして逃げ切った。2週連続の今季3勝目、通算4勝目と強さが際立つ。また渋野日向子(22)=サントリー=は6バーディー、1ボギーでこの日のベストスコア66をマーク。通算8アンダーで今季最高の5位と復調を印象づけた今大会を、デイリースポーツ評論家・岡本綾子氏(69)が振り返る。

後で読む
デイリースポーツ

 米女子ゴルフのペリカン女子選手権は22日、フロリダ州ベレアのペリカンGC(パー70)で最終ラウンドが行われ、40位で出た畑岡奈紗は1イーグル、2バーディー、3ボギーの69をマークし、通算3オーバー、283で34位だった。 首位で出た金世ヨン(韓国)が70で回り、通算14アンダーで10月の全米女子プロ選手権に続くツアー12勝目を挙げた。賞金22万5千ドル(約2340万円)を獲得。(共同)

後で読む
日刊スポーツ

2018年平昌冬季五輪女王のアリーナ・ザギトワがエキシビションにゲストとして登場。深い青の衣装で約1年ぶりに競技会場の観客の前で華麗な演技を見せ、歓声を浴びた…

後で読む
日刊スポーツ

新体操の全日本選手権最終日は22日、群馬県の高崎アリーナで行われ、女子団体総合は日女体大が2連覇し、種目別のボールとフープ・クラブも制した。男子団体は国士舘大…

後で読む
日刊スポーツ

東京オリンピック(五輪)マラソン代表の鈴木亜由子(29)の快走で勢いづいた日本郵政グループが2年連続3度目の優勝を飾った。五輪4大会出場の福士加代子(38=ワ…

後で読む
日刊スポーツ

個人第1戦が無観客で行われ、佐藤幸椰(雪印メグミルク)が126メートル、123メートルを飛んで合計244・0点で日本勢最高の7位に入った。小林潤志郎は15位、…

後で読む
日刊スポーツ

第100回を迎える全国高校ラグビー大会(12月27日開幕予定、大阪・花園ラグビー場)へ出場する1枠を懸けた近畿ブロック代表決定戦の決勝が、23日に行われる(無…

後で読む
東京スポーツ

【東スポ60周年記念企画 フラッシュバック(32)】1997年11月16日、フランスW杯アジア第3代表決定戦は岡田武史監督率いる日本代表がイラン代表に3―2で競り勝ち、初のW杯切符を獲得した。開催地と…

後で読む
東京スポーツ

【Restart パラヒーローズ その壁を乗り越えろ(19)】“ブラインドサッカー界のキャプテン翼”をご存じだろうか。開催国枠で初のパラリンピック出場を決めている日本代表は、虎視眈々と大物食いを狙う。…

後で読む
サンケイスポーツ

サッカーのベルギー1部リーグで22日、ゲンクの伊東純也はホームで行われたムスクロン戦で0-1の前半ロスタイムに同点ゴールを決めた。今季3点目。伊東はチームの4点目もアシストするなど活躍して後半39分に退いた。チームは4-1で逆転勝ちした。

後で読む
サンケイスポーツ

米女子ゴルフのペリカン女子選手権は22日、フロリダ州ベレアのペリカンGC(パー70)で最終ラウンドが行われ、40位で出た畑岡奈紗は1イーグル、2バーディー、3ボギーの69をマークし、通算3オーバー、283で34位だった。

後で読む
デイリースポーツ

「フェニックス・リーグ、阪神3-2楽天」(22日、生目の杜第2野球場) 気温20度超えの宮崎で阪神・西純がついに殻を破った。3-2の七回、先頭村林をフォークで空振り三振。続く武藤に左前打を浴びたが、後続を断ってプロ入り後自己最長となる7回を投げ切った。

後で読む
デイリースポーツ

阪神からドラフト4位指名された栄枝裕貴捕手(22)=立命大=が22日、京都市内のホテルで入団交渉に臨み、契約金5000万円、年俸800万円で合意した。 目標に掲げたのは球団初となる捕手でのフルイニング出場。そのための信頼関係構築へ、コロナ禍が終息した暁には、趣味の麻雀で投手陣と積極的なコミュニケーションを図る考えだ。

後で読む
サンケイスポーツ

国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は22日、オンライン方式で開かれた20カ国・地域首脳会議(G20サミット)に出席し、新型コロナウイルスの影響で来年に延期となった東京五輪・パラリンピックが「人類の連帯や再起、団結という力強いメッセージを発信することになる」とし、開催意義を訴えた。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカーのフランス1部リーグで22日、ストラスブールのGK川島永嗣は敵地のモンペリエ戦にフル出場した。試合は3-4で敗れた。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカーのイタリア1部リーグで22日、冨安健洋のボローニャは敵地で吉田麻也が所属するサンプドリアに2-1で逆転勝ちした。冨安、吉田ともにセンターバックでフル出場した。

後で読む
サンケイスポーツ

ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は22日、ポーランドのビスワで個人第1戦(ヒルサイズ=HS134メートル)が無観客で行われ、佐藤幸椰(雪印メグミルク)が126メートル、123メートルを飛んで合計244・0点で日本勢最高の7位に入った。

後で読む
スポーツニッポン

NBAセルティクスのフォワードで昨季23・4得点、7・0リバウンドをマークしていたフォワードのジェイソン・テータム(22)が5年、1億9500万ドル(約202億8000万円)で契約の延長に合意。スポーツ専門局のESPNが報じているもので、平均年俸3900万ドル(約40億6000万円)はドラフト全体3番目に指名されたルーキーイヤー(2017年)の6・9倍となった。

後で読む
デイリースポーツ

サッカーのフランス1部リーグで22日、ストラスブールのGK川島永嗣は敵地のモンペリエ戦にフル出場した。試合は3-4で敗れた。(共同)

後で読む
デイリースポーツ

サッカーのイタリア1部リーグで22日、冨安健洋のボローニャは敵地で吉田麻也が所属するサンプドリアに2-1で逆転勝ちした。冨安、吉田ともにセンターバックでフル出場した。(共同)

後で読む
デイリースポーツ

【ロンドン共同】サッカーのイングランド・プレミアリーグで22日、リバプールの南野拓実はホームのレスター戦で3-0の後半44分に投入され、リーグ戦で3試合ぶりの出場を果たした。チームはそのまま快勝した。

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンク石川がシリーズ初先発で白星を挙げた。6回途中2失点。初戦に勝った千賀に続いて育成出身投手で連勝。「早い回に野手の方が点を取ってくれた。自分らしさと… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンク・デスパイネが巨人にとどめを刺した。5点リードの7回1死満塁で巨人鍵谷から強烈な弾道で右中間席へ豪快アーチ。着弾までの数秒間でマウンドの鍵谷だけで… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
並び替え可能( Cookieで保存)。
よく使用する競技を下に(片手で届く場所に)並び替えて使用してください。
追加したい競技があればコメントください。