「2020年11月24日」の記事一覧

東京スポーツ

J1横浜Mのアンジェ・ポステコグルー監督(55)とMF扇原貴宏(29)が24日、カタールで行われているアジアチャンピオンズリーグ(ACL)の再開初戦となる25日の1次リーグ上海上港(中国)戦に向けて…

後で読む
サンケイスポーツ

 SMBC日本シリーズ第3戦(ソフトバンク4-0巨人、ソフトバンク3勝、24日、ペイペイD)巨人・中川皓太投手(26)が0-4となって迎えた七回2死一、二塁で登板し、1球で栗原を投ゴロに仕留めてピンチを切り抜けた。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカーのイングランド・プレミアリーグ、リバプールのクロップ監督は24日、オンラインで記者会見し、新型コロナウイルスに感染していたFWサラーが検査で陰性と判定され、25日の欧州チャンピオンズリーグ(CL)のアタランタ戦に出場できることを明らかにした。

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンクのジュリスベル・グラシアル内野手が巨人に引導を渡すタイムリーを放った。7回、3点リードに広げ、なおも2死一、三塁。大竹の外角低めスライダーをバット… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

9回2死まで3投手でのノーヒットノーランリレーで、ソフトバンクが巨人に「SMBC日本シリーズ」3連勝し、4年連続日本一に王手をかけた。先発マット・ムーア投手(… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

敵地2戦で猛打を振るったソフトバンク栗原陵矢捕手は無安打だった。巨人サンチェスをとらえきれず2回の1打席目は左飛に倒れた。4回も外角153キロ速球に空振り三振… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

SMBC日本シリーズ第3戦(ソフトバンク4-0巨人、ソフトバンク3勝、24日、ペイペイD)巨人は救援陣が踏ん張れずリードを広げられた。0-2の七回1死二塁から左打者が3人並ぶ場面で左投手の高梨が2番手で登板したが、いきなり周東に死球を与え、続く中村晃に適時打を許した。

後で読む
東京スポーツ

 女子プロレス「アクトレスガールズ」のAWGタッグ王座決定トーナメント1回戦(24日、東京・後楽園ホール)で、「スパイスアップ」の本間多恵(34)、尾崎妹加(29)組が、優勝候補の「ルミナス」高瀬みゆ…

後で読む
東京スポーツ

 24日の女子プロレス「アクトレスガールズ」東京・後楽園ホール大会で「AWGタッグ王座決定トーナメント」1回戦が行われ、「ダブルユウナ」のまなせゆうな、水森由菜(31)組が、「ギャラクシーパンチ」のS…

後で読む
東京スポーツ

 崖っぷちの将は必死に前を向いた――。巨人の連敗で迎えた日本シリーズ第3戦(ペイペイ)だったが、ソフトバンク先発左腕・ムーアの前にまさかの7回ノーヒット。右打者の内角をえぐるカットボールをほぼ〝封印〟…

後で読む
デイリースポーツ

「アジアCL・1次リーグ、FC東京0-1上海申花」(24日、アルラヤン) 新型コロナウイルスの影響で試合を行えずにいた同大会で、FC東京にとっては約9カ月ぶりの試合となったが、0-1で敗戦を喫した。

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第3戦、ソフトバンク4-0巨人」(24日、ペイペイドーム) ソフトバンクが第1戦、第2戦に続く完勝で、日本シリーズ11連勝とし、4連覇に王手をかけた。先発のムーアは7回まで無安打投球。それでも工藤監督は継投策を選択。八回はモイネロが無安打投球。九回に登板した森が2死から丸に中前打を浴びて“ノーヒットノーランリレー”は逃したが、最後はウィーラーを打ち取った。

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第3戦、ソフトバンク4-0巨人」(24日、ペイペイドーム) ソフトバンクが日本シリーズ11連勝とし、日本一に王手をかけた。先発のムーアが7回まで無安打に抑える快投。八回はモイネロが無安打投球。九回に登板した森が2死から丸に安打を許し、ノーヒットノーランリレーは逃したが、1安打無失点に抑える完勝だった。

後で読む
東京スポーツ

【加藤伸一 インハイアウトロー】3連勝を飾ったソフトバンクだが、先発したムーアの調子が良かったとは思えない。むしろ、いつつかまるかと心配していたが、7回まで無安打投球。はっきり言って驚いた。  ムーア…

後で読む
東京スポーツ

痛恨の一発だった。0―0の3回二死二塁、エンジェル・サンチェス投手(30)が中村晃に投じた5球目、141キロのフォークが高めに抜けた。打たれた瞬間、本塁打と分かる当たりに今季8勝をマークした右腕は唇…

後で読む
東京スポーツ

近鉄などで活躍した元プロ野球選手の加藤哲郎氏(56)が24日、ツイッターを更新。プロ野球日本シリーズで巨人が3連敗を喫したことを受け「正直、コメントしにくい。一方的過ぎて」とつぶやいた。  加藤氏は…

後で読む
東京スポーツ

巨人の元木大介ヘッドコーチ(48)は〝ノーノー未遂〟での3連敗を正面から受け止めた。  24日の日本シリーズ第3戦(ペイペイ)は9回二死から丸が森から中前打を放ち、屈辱のノーヒットノーランを阻止する…

後で読む
サンケイスポーツ

 MLBネットワークのジョン・モロシ記者が23日(日本時間24日)、米大リーグ、ナショナルズからフリーエージェント(FA)になっている昨季25本塁打のエリク・テムズ内野手(34)について、日本と韓国の球団が獲得に興味を示していると自身のツイッターで報じた。

後で読む
東京スポーツ

カタールで集中開催されているアジアチャンピオンズリーグ(ACL)に参戦中のJ1横浜MのDF畠中槙之輔(25)が24日、オンラインで取材に対応した。  チームは、25日の1次リーグ上海上港(中国)戦で…

後で読む
サンケイスポーツ

 木内 幸男氏(きうち・ゆきお=茨城・取手二高、常総学院高の甲子園大会優勝監督)24日午後7時5分、肺がんのため茨城県取手市の病院で死去、89歳。茨城県出身。

後で読む
サンケイスポーツ

SMBC日本シリーズ第3戦(ソフトバンク4-0巨人、ソフトバンク3勝、24日、ペイペイドーム) ソフトバンクはシリーズ記録を更新する11連勝。今シリーズを3戦3勝で日本シリーズ4連覇へ王手をかけた。工藤公康監督(57)の勝利インタビューは以下の通り--3連勝です 「とてもうれしいですし、きょう勝ててホッとしています。ありがとうございます」--地元福岡でファンの熱さを感じたのでは 「本当に感じていて、選手も感じていたようで、初回からエラーもありましたけど、そこをムーアが素晴らしいピッチングでゼロで抑えてくれたのが大きかったと思います」--七回までノーヒットのムーアを代えた 「大きな舞台でノーヒットに抑えるというのは心技体がしっかりと、このゲームに向けて調整してくれたという表れと思いますが、少し疲れがみえてきたし、きょうはどうしても勝ちたかった。ペイペイドームで負けるわけにはいかない思いもあったので、すみません、七回で代えさせていただきました」--中村晃が先制弾に追加適時打 「こんな大きな舞台で点が欲しいときにホームランを打ってくれたのは、さすが中村晃。選手会長、すばらしかったです」--完封リレーで終わったのも大きかった 「何より、うちの投手陣、リリーフも含めてしっかり投げてくれた。そこで甲斐が素晴らしいリードしてくれた。また打撃陣も2点で終わらず、追加点を取ってくれた。一つ一つ、気を抜かないで最後まで攻めていく。その気持ちが、今日の試合の中に存分に出ていたと思います」--ポストシーズン15連勝。ホークスの強さは 「選手たちの日頃の準備が素晴らしいと思う。今季は苦しい中で始まったシーズンですが、みんなが集中して日々を過ごしてくれたことが、ここにきて結果として出ているのではと思います」--日本一へ王手 「今季はとにかく、日々新たにという気持ちで一試合一試合戦ってきた。3連勝して皆さまに勝利を届けることができたのはうれしいと思いますし、あすも勝利をプレゼントできるように、みんなで喜べるように一戦一戦、戦っていきます」--あすへ向けて、ファンにメッセージを 「きょうは皆さまの熱い思いが選手に伝わり、こうして勝利することができました。ありがとうございます。明日からも一戦必勝の強い気持ちを持って戦っていきますので、応援よろしくお願いします」

後で読む
サンケイスポーツ

 SMBC日本シリーズ第3戦(巨人0-4ソフトバンク、ソフトバンク3勝、24日、ペイペイドーム)巨人・原辰徳監督(62)が第3戦を振り返った。一問一答は以下の通り。

後で読む
サンケイスポーツ

女子ゴルフの23日付世界ランキングが発表され、22日に閉幕した「大王製紙エリエール・レディース」で2週連続優勝を果たした古江彩佳(20)=フリー=が30位から日本勢3番手の16位に浮上し、来夏に延期された東京五輪の代表争いに名乗りを上げた。

後で読む
サンケイスポーツ

 SMBC日本シリーズ第3戦(巨人0-4ソフトバンク、ソフトバンク3勝、24日、ペイペイドーム)巨人・中島宏之内野手(38)が日本シリーズ3戦連続で死球を受け、1991年の達川光男(広島)に並んでシリーズ最多の3死球となった。

後で読む
サンケイスポーツ

都市対抗野球大会第3日は24日、東京ドームで1回戦3試合が行われ、ホンダ(狭山市)西部ガス(福岡市)鷺宮製作所(東京都)が2回戦に勝ち上がった。西部ガスは0-1の七回に集中打で3点を挙げ、日本製紙石巻(石巻市)に3-1で勝利。

後で読む
サンケイスポーツ

SMBC日本シリーズ第3戦(ソフトバンク4-0巨人、ソフトバンク3勝、24日、ペイペイD)ソフトバンクは史上初となる2年連続の4連勝を狙う。和田は昨年、日本シリーズ第4戦で先発して5回1安打無失点で勝利し、交流戦でも巨人から白星を挙げている。打線の援護が期待でき、モイネロら救援陣も安定しており心強い。

後で読む
サンケイスポーツ

木内 幸男氏(きうち・ゆきお=茨城・取手二高、常総学院高の甲子園大会優勝監督)24日午後7時5分、肺がんのため茨城県取手市の病院で死去、89歳。茨城県出身。

後で読む
日刊スポーツ

高校野球の取手二、常総学院(ともに茨城)の監督として、春1度、夏2度の甲子園優勝を果たした木内幸男氏が24日午後7時5分、肺がんのため茨城・取手市内の病院で死… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 「日本シリーズ・第3戦、ソフトバンク4-0巨人」(24日、ペイペイドーム) 巨人が3連敗。九回2死、丸の安打で屈辱のノーヒットノーランを回避するのが精いっぱいの抵抗だった。

後で読む
日刊スポーツ

高校野球の監督として取手二、常総学院(ともに茨城)で計3度の甲子園大会優勝を果たした木内幸男氏が24日、死去した。89歳だった。   ◇   ◇   ◇日本ハ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 「日本シリーズ・第3戦、ソフトバンク4-0巨人」(24日、ペイペイドーム) 巨人が悪夢の3連敗。九回2死、丸の安打で球団史上初となる日本シリーズでのノーヒットノーランの屈辱は回避したが、がけぷっちに追い込まれた。

後で読む
日刊スポーツ

高校野球の監督として取手二、常総学院(ともに茨城)で計3度の甲子園大会優勝を果たした木内幸男氏が24日、死去した。89歳だった。がんが全身に転移しており、自宅… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球の日本一を決めるSMBC日本シリーズ2020は24日、福岡市のペイペイドームに1万7297人の観衆を集めて第3戦が行われ、パ・リーグを3年ぶりに制したソフトバンクが、セ・リーグ2連覇の巨人に4-0で勝ち、3連勝で4年連続11度目の日本一にあと1勝とした。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球の日本一を決めるSMBC日本シリーズ2020は24日、福岡市のペイペイドームに1万7297人の観衆を集めて第3戦が行われ、パ・リーグを3年ぶりに制したソフトバンクが、セ・リーグ2連覇の巨人に4-0で勝ち、3連勝で4年連続11度目の日本一にあと1勝とした。

後で読む
サンケイスポーツ

SMBC日本シリーズ第3戦(ソフトバンク4-0巨人、ソフトバンク3勝、24日、ペイペイドーム) ソフトバンク・中村晃内野手(31)が先制2ラン、貴重な追加点となる適時打の2安打3打点と活躍した。ヒーローインタビューは以下の通り--本拠地・福岡の雰囲気、熱気は 「本当にプレーしやすい環境を作っていただいていると思う。本当にありがとうございます」--先制2ラン 「追い込まれていたので、何とか低めのボール球を振らないように我慢しながら、最後の最後に甘いボールがきたのかなと」--手応え 「いい手応えでした。ハイ」--七回の適時打 「みんなでつないで作ったチャンスだったので、何とか追加点になればいいと思っていきました」--チームの雰囲気は 「本当に最高の雰囲気で、できていると思いますし、あした勝てるように頑張っていきたい」--4年連続日本一へ王手 「最後の力を振り絞って全員で勝ちにいきたいと思います」試合結果へ日本S日程へ歴代優勝チームへ

後で読む
サンケイスポーツ

巨人は1安打零封負けで、シリーズ3連敗。元木大介ヘッドコーチ(48)は「(ソフトバンクの)投手がいいね、やっぱり。サンチェスも頑張っていたけど、援護できなかったね。お手上げ」と肩を落とした。

後で読む
日刊スポーツ

東京はACL再開後の初戦で、上海申花(中国)に0-1で今大会初黒星を喫した。後半27分にPKを決められ、最後まで1点が遠かった。東 京…

後で読む
日刊スポーツ

2月からの中断から再開されているACLで東京が上海申花(中国)と対戦し、0-1で敗戦。大会初黒星となった。PKに泣き、再開後1発目の試合で白星発進とはならなか…

後で読む
日刊スポーツ

FC東京はACL再開後の初戦で、上海申花(中国)に0-1で今大会初黒星を喫した。後半27分にPKを決められ、最後まで1点が遠かった。カタールでの集中開催で変則…

後で読む
デイリースポーツ

日本ボクシングコミッション(JBC)は24日、大阪府内のジム関係者2人が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性判定を受けたと発表した。JBCによると、オーナーの60代男性とマネジャーの50代女性で、ともに無症状で自宅待機している。オーナーは18日までジムで指導しており、ジムは保健所の指示により休館している。 関西では、兵庫県内のジムでは21日までに選手、トレーナーなど11人の感染者が出ている。JBCではプライバシー、人権への配慮から原則的にジム名などは公表していない。

後で読む
日刊スポーツ

北海道コンサドーレ札幌MFチャナティップ(27)がチームを離れた。25日にタイへ帰国し、右太もも裏肉離れのリハビリを行う。来季も札幌に残留。来年1月、チーム始…

後で読む
東京スポーツ

 新型コロナウイルス禍の影響で2月から中断していたアジアチャンピオンズリーグ(ACL)が24日に再開。FC東京はカタールで上海申花(中国)と対戦し、0―1で敗れた。  前半から主導権を握りながら攻撃を…

後で読む
デイリースポーツ

都市対抗野球大会第3日は24日、東京ドームで1回戦3試合が行われ、ホンダ(狭山市)西部ガス(福岡市)鷺宮製作所(東京都)が2回戦に勝ち上がった。 ホンダは三回に佐藤の3ランなど打者一巡の猛攻で11点を奪い、一昨年優勝の大阪ガス(大阪市)を12-5で破った。西部ガスは0-1の七回に集中打で3点を挙げ、日本製紙石巻(石巻市)に3-1で勝利。鷺宮製作所は序盤から小刻みに得点し、ジェイプロジェクト(名古屋市)を8-1で下した。

後で読む
デイリースポーツ

SMBC日本シリーズ2020は24日、ペイペイドームに舞台を移して第3戦が行われ、4連覇を狙うソフトバンク(パ・リーグ優勝)が8年ぶりの頂点を目指す巨人(セ・リーグ優勝)に4-0で3連勝を飾り、4年連続11度目の日本一にあと1勝とした。 ソフトバンクはムーアが7回無安打無失点の快投。モイネロ、森も無得点に抑えた。打線は三回に中村晃の2ランで先制。七回には中村晃とグラシアルの適時打で2点を加えた。巨人はサンチェスが七回途中まで3失点と踏ん張ったが打線の援護がなかった。

後で読む
デイリースポーツ

卓球女子の東京五輪代表で世界ランキング2位の伊藤美誠(20)=スターツ=が24日、中国での2戦を終えて約1カ月ぶりに帰国し、代表取材に応じた。約8カ月ぶりの実戦で自身初の銅メダルを獲得した女子W杯(8日~10日)、日本人で唯一4強に入ったITTFファイナル(19日~20日)を振り返りながら、打倒中国へ危機感を募らせた。 中国での2戦を終えた伊藤が、約1カ月ぶりに日本に戻ってきた。新型コロナウイルス感染対策として、厳しい行動制限もあったが「行って良かった。どんなことにも対応できる選手になりたいと思っていた。それができたというか、強くなったなと思いました」と手応えをにじませた。

後で読む
デイリースポーツ

サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は24日、カタールのアルラヤンで東地区1次リーグのF組第3戦が行われ、再開初戦を迎えたFC東京は上海申花(中国)に0-1で敗れた。攻め込みながらもゴールを奪えず、後半に与えたPKで失点した。勝ち点は4のまま。 ACLは新型コロナウイルス感染拡大の影響で長期中断し、カタールでの集中開催となった。25日にはG組の神戸が広州恒大、H組の横浜Mが上海上港の中国勢と対戦する。

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第3戦、ソフトバンク4-0巨人」(24日、ペイペイドーム) 巨人が悪夢の3連敗。崖っぷちに追い込まれた。

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第3戦、ソフトバンク4-0巨人」(24日、ペイペイドーム) 巨人が3連敗。九回2死、丸の安打で屈辱のノーヒットノーランを回避するのが精いっぱいの抵抗だった。

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第3戦、ソフトバンク4-0巨人」(24日、ペイペイドーム) ソフトバンクが第1戦、第2戦に続く完勝で、日本シリーズ11連勝とし、4連覇に王手をかけた。

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第4戦、ソフトバンク-巨人」(25日、ペイペイドーム) 予告先発が発表され、3連勝で王手をかけたソフトバンクは和田毅投手が登板する。

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第3戦、ソフトバンク4-0巨人」(24日、ペイペイドーム) 日本シリーズ初のノーヒットノーランは何とか回避したが、悪夢の3連敗で崖っぷち。元木ヘッドコーチは諦めない姿勢を求めた。

後で読む
スポーツニッポン

日本代表を率いる森保一監督(52)が24日にオンライン取材に応じ、年内最後の親善試合を行ったオーストリア遠征の成果と課題を振り返った。パナマ戦は1―0で勝利したが、メキシコ戦は0―2で敗戦。「痛い思いはしましたけど、チーム全体の改めて乗り越えていかなければいけないレベルを知る機会にもなった」と総括した。

後で読む
日刊スポーツ

小池百合子都知事は24日、都内の日本外国特派員協会で会見を行い、東京オリンピック(五輪)に備えて、選手村や都内の大会会場にイスラム教徒のための礼拝堂スペースを…

後で読む
日刊スポーツ

日本バスケットボール協会は24日、新型コロナウイルス感染症の陽性反応者が出た男子代表強化合宿を、22日で打ち切っていたことを発表した。21日に陽性反応を示して…

後で読む
日刊スポーツ

中国での国際大会を終え帰国した東京五輪卓球女子シングルス代表の伊藤美誠(20=スターツ)が24日、オンラインで合同インタビューに応じた。W杯3位、国際卓球連盟…

後で読む
サンケイスポーツ

サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)1次リーグG組で、神戸は25日にドーハで広州恒大(中国)との再開初戦を迎える。24日に試合会場で記者会見した三浦監督は「非常に力のあるチーム。難しい戦いになると思うが、分析した中で最善を尽くす」と意気込みを示した。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は24日、カタールのアルラヤンで東地区1次リーグのF組第3戦が行われ、再開初戦を迎えたFC東京は上海申花(中国)に0-1で敗れた。攻め込みながらもゴールを奪えず、後半に与えたPKで失点した。勝ち点は4のまま。

後で読む
東京スポーツ

鷹が頂点へ王手だ! 日本シリーズ第3戦が24日、ペイペイドームに舞台を移して行われ、ソフトバンクが4―0で巨人を下し、開幕3連勝。4年連続日本一まであと1勝とした。  先発のマット・ムーア投手(31…

後で読む
サンケイスポーツ

茨城の取手二高、常総学院高の監督として春1度、夏2度の甲子園大会優勝を果たし、セオリーにとらわれない采配が「木内マジック」と呼ばれた木内幸男(きうち・ゆきお)さんが24日、肺がんのため89歳で死去。木内さんと甲子園で死闘を繰り広げた元PL学園高監督の中村順司氏(74)は「びっくりしました。89歳と聞いて、そんなお年になるのかなと思いました」と話した。

後で読む
サンケイスポーツ

日本バスケットボール協会は24日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで行われていた男子日本代表合宿中に新型コロナウイルス感染が判明したのはエドワーズ・ギャビン(千葉)だったと発表した。当初は名前を明らかにしていなかったが、千葉が他チームへの影響を考慮して公表を申し入れた。

後で読む
スポーツニッポン

 高校野球の監督として茨城の取手二、常総学院で春1度、夏2度の甲子園大会優勝を果たした木内幸男(きうち・ゆきお)さんが24日午後7時5分、肺がんのため茨城県取手市の病院で死去した。89歳だった。茨城県出身。

後で読む
日刊スポーツ

巨人丸佳浩外野手(31)がチーム初安打を放ちノーヒットノーランを回避した。9回2死からソフトバンク3番手森唯斗投手(28)の変化球を中前に運んだ。先発ムーアの… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

SMBC日本シリーズ2020の第3戦は敵地で2連勝したソフトバンクが本拠地ペイペイドームに巨人を迎えて対戦。ソフトバンクが勝って王手をかけるか、それとも巨人が… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

茨城の取手二高、常総学院高の監督として春1度、夏2度の甲子園大会優勝を果たし、セオリーにとらわれない采配が「木内マジック」と呼ばれた木内幸男(きうち・ゆきお)さんが24日、肺がんのため89歳で死去。智弁和歌山高の高嶋仁名誉監督(74)は「目指す監督だった。残念で仕方がない」と哀悼の意を表した。

後で読む
サンケイスポーツ

ペイペイドームへ舞台を移して行われている24日のSMBC日本シリーズ2020第3戦は、ソフトバンク先発のムーアが7回まで巨人打線を無安打に抑えて降板。八回はモイネロがマウンドに上がり無安打に封じた。

後で読む
スポーツニッポン

日本バスケットボール協会は24日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで実施していた日本代表の強化合宿を、新型コロナウイルス感染症の感染者が出たために22日で打ち切ったことを発表した。

後で読む
東京スポーツ

 卓球女子の東京五輪代表で世界ランキング2位の伊藤美誠(20=スターツ)が24日、8か月ぶりの国際大会が行われた中国から帰国し、オンラインで報道陣の取材に応じた。  W杯3位、ITTFファイナル4強と…

後で読む
デイリースポーツ

新型コロナウイルスの影響で中断していたアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)が再開し、1次リーグG組のJ1神戸は25日午後1時(日本時間午後7時)からカタール・ドーハのハリファ国際スタジアムで広州恒大(中国)と対戦する。24日は試合会場で三浦淳寛監督(46)とMF郷家友太(21)が前日会見に臨み、悲願のACL初制覇へ意気込みを語った。 アジア王者へ再び歩み出す。昨季中国王者との再開初戦を前に、三浦監督は「最善を尽くしていいゲームをしたい」と抱負を語った。

後で読む
デイリースポーツ

「アジアCL・1次リーグ、FC東京0-1上海申花」(24日、アルラヤン) 新型コロナウイルスの影響で試合を行えずにいた同大会で、FC東京にとっては約9カ月ぶりの試合となったが、手痛い黒星を喫した。

後で読む
デイリースポーツ

高校野球で茨城の取手二、常総学院の監督として甲子園大会で3度優勝を成し遂げた木内幸男(きうち・ゆきお)氏が24日、肺がんのため死去した。89歳だった。 木内氏は指揮官として甲子園に春7回、夏15回出場して通算40勝。「木内マジック」と呼ばれた大胆な選手起用や采配で注目を集めた。

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第3戦、ソフトバンク-巨人」(24日、ペイペイドーム) ソフトバンクが待望の追加点を挙げた。2点リードの七回、1死一、二塁。巨人2番手・高梨から中村晃が右前に適時打を放った。

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第3戦、ソフトバンク-巨人」(24日、ペイペイドーム) ソフトバンク先発のムーアが七回まで無安打に抑える快投を披露しながら降板した。日本シリーズでノーヒットノーランを達成した投手はこれまで不在。史上初の快挙達成まであと2イニングとしながらの交代だった。

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第3戦、ソフトバンク-巨人」(24日、ペイペイドーム) 巨人・中島宏之内野手が3試合連続死球。球場が騒然となった。

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第3戦、ソフトバンク-巨人」(24日、ペイペイドーム) 巨人が七回に痛恨の2失点。0-4とリードを広げられた。

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンク・中村晃外野手(31)が24日、巨人との日本シリーズ第3戦(ペイペイ)で先制2ランをかっ飛ばした。  巨人・サンチェスのフォークを右翼スタンドへ。「追い込まれていましたが甘く来た球をしっ…

後で読む
東京スポーツ

絶体絶命のピンチで、若武者・吉川尚輝内野手(25)にビッグプレーが飛び出した。  24日の日本シリーズ第3戦(ペイペイ)、0―2のビハインドで迎えた6回、二死満塁のピンチでソフトバンクの代打・長谷川…

後で読む
東京スポーツ

スペイン1部バルセロナのフランス代表FWアントワヌ・グリーズマン(29)が、不仲を噂されているチームメートのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(33)との関係について口を開いた。  スペイン紙「マ…

後で読む
東京スポーツ

日本代表の森保一監督(52)が24日にオンラインで取材に応じ、0―2で完敗した17日のメキシコ戦での采配について説明した。  日本は前半に優位に試合を進めたが、メキシコが後半に選手交代から流れを引き…

後で読む
スポーツニッポン

 ついに勝利をつかんだ。西部ガスが5度目の東京ドームで会心の逆転勝利。足を絡めた野球で1回戦を突破した。

後で読む
サンケイスポーツ

日本野球連盟(JABA)は24日、開催中の都市対抗大会(東京ドーム)に出場する選手、スタッフらチーム関係者1267人が新型コロナウイルスのPCR検査を受け、1人の陽性が判明したと発表した。無症状で自宅隔離となった。濃厚接触者はおらず、管轄の保健所から許可を得て、陽性者をのぞいた当該チームの大会出場は認めた。

後で読む
サンケイスポーツ

ペイペイドームへ舞台を移して行われている24日のSMBC日本シリーズ2020第3戦は、ソフトバンク先発のムーアが七回を終え、巨人打線を無安打に抑える快投。試合は終盤に入った。

後で読む
日刊スポーツ

高校野球の監督として取手二、常総学院(ともに茨城)で計3度の甲子園大会優勝を果たした木内幸男氏が24日、死去した。89歳だった。がんが全身に転移しており、自宅… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

日本野球連盟(JABA)は24日、都市対抗野球のチーム関係者1267人にPCR検査を行い、1人に陽性反応が出たと発表した。当該陽性者は無症状で、自宅隔離の措置… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

SMBC日本シリーズ第3戦(巨人-ソフトバンク、24日、京セラ)車いすラグビーで東京パラリンピック日本代表の乗松聖矢(SMBC日興証券)が始球式を務めた。競技用車いすに乗り、右手での投球はワンバウンドになった。「こんなに緊張する場面はなかなかない。もし東京パラリンピックでこういう緊張感が出たらどう対処しようかなと、考えられる良い機会になった」とコメントした。

後で読む
日刊スポーツ

サッカー日本代表の森保一監督(52)が24日、オンラインで取材対応した。2試合を行ったオーストリア遠征を総括し、成果と課題を挙げた。来年3月にはW杯アジア2次…

後で読む
日刊スポーツ

川崎フロンターレは25日のホームG大阪戦で、自力最速Vへのラストチャンスに挑む。現在のJ1最速記録は、10年に名古屋が記録した「残り3試合」。引き分け以上なら…

後で読む
日刊スポーツ

日本サッカー協会(JFA)の反町康治技術委員長(56)が24日にオンラインで取材対応し、今季のJ1終了後に東京五輪世代のU-23(23歳以下)日本代表の国内合…

後で読む
日刊スポーツ

女子日本代表なでしこジャパンの候補合宿が23日から福島・Jヴィレッジで始まり、2日目の24日は主将のDF熊谷紗希(30=リヨン)がオンライン取材に応じた。フラ…

後で読む
日刊スポーツ

FC東京がカタールで上海申花(中国)と対戦。東 京00-00-00上海申花…

後で読む
スポーツニッポン

卓球の世界ランキング2位、伊藤美誠(20=スターツ)が24日、8カ月ぶり国際大会となった中国遠征から帰国し、オンライン取材に応じた。

後で読む
東京スポーツ

 卓球女子の東京五輪代表で世界ランキング2位の伊藤美誠(20=スターツ)が24日、8か月ぶりの国際大会が行われた中国から帰国し、オンラインで報道陣の取材に応じた。  W杯は準決勝で中国の同3位・孫穎莎…

後で読む
東京スポーツ

 なでしこジャパンのMF水谷有希(24=浦和)が第二の故郷・福島への思いを口にした。  中学入学と同時にJFAアカデミー福島でプレーしていたが、中学2年の3月11日に東日本大震災が発生。引っ越しを余儀…

後で読む
デイリースポーツ

大相撲の元大関琴奨菊の秀ノ山親方(36)が24日、故郷の福岡県柳川市を訪れた。市役所で面会した金子健次市長に現役引退を報告した上で「苦しい時も地元の人たちの激励のおかげで続けてこられた」と感謝の気持ちを伝えた。相撲を通じて地元に恩返しするとの決意も語った。 市役所には「感動をありがとう」などと記されたのぼりやボードが用意され、秀ノ山親方が到着すると大勢の職員や市民らが拍手で出迎えた。

後で読む
デイリースポーツ

ワコール所属で、東京五輪女子マラソン代表の一山麻緒選手(23)が24日、京都府警伏見署の一日署長に就任した。制服姿で委嘱式に参加し「大切な命を守るため、交通事故には十分お気をつけください」と訴えた。 京都市の伏見区役所周辺でも、交通安全を住民に呼び掛けた。暗い道路を走って危険を感じた経験から、夜は腕にライトを付け練習しており「お互いが気をつけて事故が少なくなれば」と語った。

後で読む
デイリースポーツ

高校野球で茨城の取手二高、常総学院高の監督として春1度、夏2度の甲子園大会優勝を成し遂げた木内幸男(きうち・ゆきお)さんが24日、肺がんのため死去した。89歳。 母校の茨城・土浦一高監督を1956年まで務めて取手二高へ。84年夏の決勝で桑田真澄、清原和博を擁した大阪・PL学園高に打ち勝ち、茨城県勢初の甲子園大会優勝に導いた。常総学院高に移り、2001年に茨城県勢初の春の優勝。03年夏は決勝でダルビッシュ有の宮城・東北高を破り、同年勇退。07年に監督に復帰し80歳の11年まで務めた。

後で読む
デイリースポーツ

新型コロナウイルスの影響で中断していたアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)が再開し、1次リーグG組のJ1神戸は25日午後1時(日本時間午後7時)からカタール・ドーハのハリファ国際スタジアムで広州恒大(中国)と対戦する。24日は試合会場で三浦淳寛監督(46)とMF郷家友太(21)が前日会見に臨み、悲願のACL初制覇へ意気込みを語った。 アジア王者へ再び歩み出す。昨季中国王者との再開初戦を前に、三浦監督は「最善を尽くしていいゲームをしたい」と抱負を語った。

後で読む
デイリースポーツ

卓球女子のエース伊藤美誠(スターツ)が24日、8カ月ぶりに出場した中国での国際大会2連戦から帰国してオンラインで取材に応じ「卓球は楽しいな、卓球が好きだなと思わせてくれた大会だった。中国人の選手とも練習し、すごくいい経験ができた」と1カ月に及んだ遠征を振り返った。 2大会は3位とベスト4に入り健闘したが、2戦目の国際卓球連盟(ITTF)ファイナル準決勝は世界ランキング5位の王曼イク(中国)に0-4で完敗。「普通にやっていては一生勝てない。対応能力を上げないと」と課題を挙げた。今後は来年1月の全日本選手権に向け国内で調整する。

後で読む
デイリースポーツ

サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」は24日、福島県のJヴィレッジで候補選手による強化合宿を行い、守備戦術などを確認した。東京五輪を目指す選手らを対象に、帰国後の待機措置が緩和される特例が適用された主将のDF熊谷(リヨン)は「海外から戻って合宿に参加できることに感謝している。多くの方の協力でここまで無事に来ている」と話した。 普段はフランスの強豪でプレーする守備の要。代表は敵陣でボール奪取を狙う戦術に取り組んでおり「相手のフォーメーションや選手が変われば、課題はすごく出てくる。共通理解を持ってやっていきたい」と先をにらんだ。

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第3戦、ソフトバンク-巨人」(24日、ペイペイドーム) ソフトバンクが3戦連続となる先制点を挙げた。

後で読む
デイリースポーツ

SMBC日本シリーズ2020は24日、ペイペイドームに舞台を移して第3戦が行われ、4連覇を狙うソフトバンク(パ・リーグ優勝)と8年ぶりの日本一を目指す巨人(セ・リーグ優勝)が対戦し、ソフトバンクが三回に2点を先制した。 ソフトバンクは三回、中村晃の2ランで先取点を奪った。

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第3戦、ソフトバンク-巨人」(24日、ペイペイドーム) 巨人打線が五回の攻撃を終え、無安打無得点。2点の先制を許し、またも苦しい展開となった。

後で読む
スポーツニッポン

サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」のDF熊谷紗希(30=リヨン)が、若手に遠慮なしの対話を求めた。候補合宿2日目の24日、福島・Jヴィレッジで練習。3月のシービリーブス杯(米国)以来の代表招集となったベテランは「聞いてくるというより、むしろ(私を)求めてほしい。正直、新しい選手だからとかどうでもいい」と、密なコミュニケーションを図る考えを明かした。

後で読む
日刊スポーツ

24日午前11時25分ごろ、青森県おいらせ町松原2丁目の県道で、スピードスケートの高木菜那選手(28)が乗った自転車と乗用車が衝突した。けが人はいない。高木選…

後で読む
日刊スポーツ

18年ピョンチャン・オリンピック(平昌冬季五輪)スピードスケート女子で金メダル2個を獲得した高木菜那(28=日本電産サンキョー)が24日、ナショナルチームの合…

後で読む
日刊スポーツ

小池百合子都知事(68)は24日、都内の外国特派員協会で会見を行い、東京オリンピック(五輪)に備えて、選手村や都内各所にイスラム教徒のための礼拝堂設置準備を進…

後で読む
サンケイスポーツ

サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」は24日、福島県のJヴィレッジで候補選手による強化合宿を行い、守備戦術などを確認した。東京五輪を目指す選手らを対象に、帰国後の待機期間が緩和される特例が適用された主将のDF熊谷(リヨン)は「多くの方の協力で、ここまで無事に来ている」と感謝した。

後で読む
東京スポーツ

なでしこジャパンのMF伊藤美紀(25=INAC神戸)が〝常盤木ライン〟の結成に笑顔を見せた。  23日から福島・Jヴィレッジで行われている強化合宿には、伊藤と同じ常盤木学園高出身で主将のDF熊谷紗希…

後で読む
東京スポーツ

またもや苦しい展開だ。巨人は24日のソフトバンクとの日本シリーズ第3戦(ペイペイドーム)で、序盤に2点を先制され、この日も主導権を握られた。  2回までは先発したサンチェスがリズムよく無失点で抑えた…

後で読む
東京スポーツ

日本サッカー協会は24日に技術委員会の強化部会を開き、森保ジャパンのオーストリア遠征の総括などを行った。  今年最後の代表戦となった強豪メキシコ戦では決定力不足を露呈して0―2と完敗。この試合を巡っ…

後で読む
東京スポーツ

なでしこジャパンのMF遠藤純(20=日テレ)が真夏の主役に名乗り出る。  2019年フランスW杯では、チーム最年少の19歳でメンバー入りを果たしたが、チームはベスト16敗退。リベンジを誓った東京五輪…

後で読む
サンケイスポーツ

ソフトバンク・中村晃外野手(31)が右翼席へ先制2ラン。ソフトバンクが3試合連続で先制に成功した。

後で読む
サンケイスポーツ

高校野球で茨城の取手二高、常総学院高の監督として春1度、夏2度の甲子園大会優勝を成し遂げた木内幸男(きうち・ゆきお)さんが24日午後7時5分、肺がんのため茨城県取手市の病院で死去した。89歳。茨城県出身。

後で読む
サンケイスポーツ

中国で行われた卓球の女子W杯とITTF(国際卓球連盟)ファイナルに出場し、どちらも4強で終えた世界ランク2位の伊藤美誠(20)=スターツ=が24日、帰国してオンラインでの代表取材に応じた。

後で読む
日刊スポーツ

ロッテ井口資仁監督が、海外FA権行使を検討している沢村にあらためて残留を願った。23日に自主練習でZOZOマリンを訪れた右腕と顔を合わせたが、FAについては「… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「フェニックス・リーグ、阪神-巨人」(24日、清武第二) この日先発し、6回途中1失点と粘投した阪神・斎藤友貴哉投手が、試合前に巨人・阿部慎之助2軍監督のもとにあいさつする場面があった。

後で読む
サンケイスポーツ

24日午前11時25分ごろ、青森県の県道で、スピードスケートの高木菜那選手(28)が乗ったロードバイク(スポーツタイプ自転車)と乗用車が衝突した。日本スケート連盟関係者によると、高木選手は左手に軽い打撲を負ったが元気という。1人でトレーニング中だった。高木選手は2018年の平昌冬季五輪で金メダル二つを獲得した。

後で読む
サンケイスポーツ

ラグビーの女子15人制日本代表候補の強化合宿が24日、約40人が参加して千葉・市原市で始まった。来年9~10月にニュージーランドで開催されるW杯出場を目指し、来年開催予定のアジア予選突破を狙う。

後で読む
東京スポーツ

 大相撲の横綱審議委員会(横審)が横綱白鵬(35=宮城野)に対して「注意」を決議したことを受けて、白鵬の師匠の宮城野親方(63=元幕内竹葉山)が24日、日本相撲協会を通じて「横綱審議委員会のこの度の決…

後で読む
東京スポーツ

 ラグビーのニュージーランド代表が、14日に15―25で歴史的敗戦を喫したアルゼンチンへのリベンジを誓った。  3度のW杯制覇を誇る世界最強軍団であるオールブラックス(ニュージーランド代表の愛称)が、…

後で読む
東京スポーツ

 なでしこジャパンのDF熊谷紗希(30=リヨン)が自身の経験を若手に伝授する。  2011年ドイツW杯では、全試合にフル出場して優勝に貢献するなど、長年主力として活躍。8月下旬の欧州女子チャンピオンズ…

後で読む
デイリースポーツ

サッカー日本代表の森保一監督が24日、オンラインの取材に応じ、0-2で敗れたメキシコとの年内最終戦(17日)を振り返り「痛い思いをしたが、乗り越えるべきことが分かった」と語った。 相手が布陣を変えた後半に劣勢となったが、消耗した鈴木武(ベールスホット)や脚の違和感を訴えた柴崎(レガネス)を先に下げる必要に迫られ、流れを変える有効な交代策が遅れた。その間、ピッチ上の選手も対応力を欠いた。

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第3戦、ソフトバンク-巨人」(24日、ペイペイドーム) 巨人が初回の絶好機を逃した。

後で読む
デイリースポーツ

日本ハムが米大リーグ挑戦を希望している有原航平投手(28)と西川遥輝外野手(28)に今オフのポスティングシステムの利用を容認する方針であることが24日、関係者への取材で分かった。両選手は昨年の契約更改交渉の際に球団に希望を伝え、今季の最終戦後にも気持ちが変わっていないことを表明していた。 有原は6年目を終えたところで、10年目の西川も今季、国内FA権を取得したばかり。大リーグに移籍するにはポスティング制度を利用する必要がある。新型コロナウイルス感染拡大の影響で変則日程となった今年は例年よりも1週間遅い12月12日まで申請できる。

後で読む
東京スポーツ

もう少し時間がかかりそうだ。今季、国内フリーエージェント(FA)権を取得したヤクルトの小川泰弘投手(30)が24日、神宮外苑で練習を行った。球団とはここまで既に数回以上の残留交渉に加えて条件提示も済…

後で読む
サンケイスポーツ

SMBC日本シリーズ2020第3戦は、24日にペイペイドームへ舞台を移して実施。先発はソフトバンク・ムーア、巨人・サンチェス。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカー日本代表の森保一監督が24日、オンラインの取材に応じ、0-2で敗れたメキシコとの年内最終戦(17日)を振り返り「痛い思いをしたが、乗り越えるべきことが分かった」と語った。

後で読む
サンケイスポーツ

都市対抗野球大会第3日は24日、東京ドームで1回戦が行われ、鷺宮製作所(東京都)とホンダ(狭山市)が2回戦に進んだ。

後で読む
日刊スポーツ

楽天真喜志康永ヘッドコーチがサポート体制を強化する。今季は育成総合コーチを務めていたが、新体制では19年以来2年ぶりに1軍ヘッドコーチに復帰。「話をいただいた… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

SMBC日本シリーズ2020の第3戦は敵地で2連勝したソフトバンクが本拠地ペイペイドームに巨人を迎えて対戦。ソフトバンクが勝って王手をかけるか、それとも巨人が… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

都市対抗大会第3日は1回戦3試合。https://www.nikkansports.com/baseball/amate… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

【KJ松井のCatch&Shoot(43)】米プロバスケットボールNBAは16日からフリーエージェント(FA)選手との交渉がスタート。初日にいきなりクリス・ポール(35)がオクラホマシティー・サンダー…

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球の日本一を決めるSMBC日本シリーズ2020は24日、福岡市のペイペイドームに舞台を移し、2連勝スタートのソフトバンクと、巻き返しを狙う巨人が第3戦を行う。パ・リーグを3年ぶりに制したソフトバンクは南海、ダイエー時代を含めて4年連続11度目、セ・リーグ2連覇の巨人は8年ぶり23度目の日本一を目指す。

後で読む
サンケイスポーツ

第91回都市対抗野球大会第3日(24日、鷺宮製作所8-1ジェイプロジェクト、東京D)鷺宮製作所は左腕・野口亮太投手(27)が六回から登板して打者13人に対し1安打1死球3三振で無失点に抑え、5回3安打1失点の先発右腕・平川祐太投手(24)に勝利をもたらした。

後で読む
日刊スポーツ

北海道コンサドーレ札幌の外国人枠争いが始まった。左膝を痛めていたブラジル人FWドウグラス・オリヴェイラ(25)が24日、札幌・宮の沢での練習に復帰した。1週間…

後で読む
日刊スポーツ

J2アルビレックス新潟は24日、アルベルト監督(52)の来季続投を発表した。就任1年目の今季はチームに攻撃的スタイルを浸透させ、ここまで14勝14分け7敗の勝…

後で読む
日刊スポーツ

アルビレックス新潟MF中島元彦(21)が、10月21日のホーム岡山戦以来の今季5得点目でチームを連勝に導く。愛媛戦に向け「1試合1試合、全力でプレーすることが…

後で読む
日刊スポーツ

FC東京がカタールで上海申花(中国)と対戦する。試合は午後7時開始予定。ニッカンスポーツコムで速報します。東 京  -  - …

後で読む
東京スポーツ

 国内女子ゴルフの2020年最終戦「ツアー選手権リコーカップ」(26日~、宮崎・宮崎CC)の初日ペアリングが24日に発表され、3週連続優勝がかかる古江彩佳(20)は最終19組で今季2勝の笹生優花(19…

後で読む
デイリースポーツ

【ニューヨーク共同】米プロフットボールNFL第11週最終日は23日、フロリダ州タンパで行われ、ラムズが27-24でバッカニアーズに競り勝ち7勝3敗とした。NFL史上初めて審判団の全員を黒人が務めた。 AP通信によると、NFLで雇用の多様性を支持してきたバッカニアーズのアリアンズ監督は「歴史的な夜であり、素晴らしいと思う」と称賛した。同リーグでは1965年に初めての黒人審判員が採用された。

後で読む
デイリースポーツ

米プロフットボールNFLのベンガルズは23日、今年のドラフト全体1位のQBバローが左膝に手術とリハビリを要する重傷を負って今季終了の見通しと発表した。来季には復帰できるという。22日のワシントン戦で痛めた。スポーツ専門局ESPNによると、前十字靱帯と内側側副靱帯の断裂などの重傷。バローはツイッターに「来年会おう」と記した。(共同)

後で読む
デイリースポーツ

アメリカンフットボールの日本社会人選手権「ジャパンエックスボウル」(12月15日・東京ドーム)で対戦する富士通とオービックが24日、オンラインで記者会見し、史上初の5連覇を狙う富士通の趙翔来主将は「目の前の一プレーに集中して社会人日本一になりたい」と意気込みを述べた。 4年ぶりの出場で7年ぶりの頂点を目指すオービックの大橋誠ヘッドコーチは「浮足立たないゲームをすることが第一」と話した。

後で読む
デイリースポーツ

日本スポーツ振興センター(JSC)は24日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)にあるバスケットボール専用練習場、フェンシング専用練習場と大浴場の利用を再開したと発表した。バスケットボール、フェンシングの代表選手1人ずつが新型コロナウイルスの陽性反応を示したことを受けて利用を中止していた。 保健所の調査を踏まえて安全が確認されたため再開を決めた。陽性となったバスケットの選手が使った宿泊施設の部屋は引き続き利用中止となる。

後で読む
デイリースポーツ

日本相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会(横審)からの「注意」決議を受け、24日、横綱白鵬(35)=宮城野=の師匠・宮城野親方(元前頭竹葉山)が協会広報部を通じ、コメントを出した。 「横綱審議委員会のこの度の決議を受け、横綱としての責任を果たすべく、師弟共に真摯(しんし)に受け止めました」と文書で回答した。

後で読む
デイリースポーツ

サッカースペイン1部リーグ、ビリャレアルの日本代表MF久保建英(19)がレンタル移籍を解消、来年1月に他チームへ移ることを考えているという。カステジョンの地元一般紙エル・ペリオディコ・メディタラーネオが23日までに伝えている。 記事によると、久保は出場機会が制限されている現状に満足しておらず、このままでは選手としての成長が止まるではとの認識を持っているという。下部組織選手の後に続く形で後半42分からの出場にとどまった前節レアル・マドリード戦が象徴的なもので、さらなる経験を積むため新天地を求める考えもあるとしている。所属元のレアル・マドリードもかなりの出場機会を想定していただけに当てが外れた格好で、ビリャレアルからの退出を後押しすることも考えられる。

後で読む
デイリースポーツ

楽天からドラフト1位指名された早大の早川隆久投手(22)=180センチ、77キロ、左投げ左打ち=の入団が24日、決まった。東京都内のホテルで入団交渉し、契約金1億円、年俸1600万円で合意した。オンライン取材に応じ「新人王は1年目とかに取れる限られたタイトル。狙っていければ」と意気込んだ。 快速球に加えて多彩な変化球を操り、ドラフト会議では4球団が1位指名で競合した。今季は同じ左投手の大野雄(中日)が沢村賞を受賞しており「自分も沢村賞を取れるような投手になれれば。完投、完封できる投手は信頼が厚くなる」と目標を掲げた。(金額は推定)

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第3戦、ソフトバンク-巨人」(24日、ペイペイドーム) 3連敗を避けたい巨人は、サンチェスが先発する。上位の並びは変わらず、好調のウィーラーが6番に昇格してDH。7番・亀井、8番・大城となった。

後で読む
スポーツニッポン

神戸の三浦淳寛監督(46)が、あす25日に再開初戦を迎えるACLに向けて、リーグ戦からの“変身”を誓った。1次リーグ広州恒大戦を控え、24日にドーハの試合会場で公式会見に出席。「広州恒大という非常に力のあるチームと対戦する。難しい戦いになるとは思うけど、我々もしっかりと広州を分析をして、いい戦いをできればと思っています」と抱負を語った。

後で読む
日刊スポーツ

日本スケート連盟(JSF)は24日、都内で理事会を開き、スピードスケートのワールドカップ(W杯)代替として開催が検討されている国際大会に、現時点で日本勢を派遣…

後で読む
日刊スポーツ

富士通の5連覇か、オービックの7年ぶりか。アメリカンフットボール日本社会人選手権ジャパンXボウルが、12月15日の東京ドームで開催される。両ヘッドコーチらが2…

後で読む
日刊スポーツ

関西学生アメリカンフットボールの関学大が24日、甲子園ボウル出場をかけたトーナメント決勝・立命大戦(28日、万博記念競技場)を前に、オンラインで会見を行った。…

後で読む
東京スポーツ

日本代表MF南野拓実(25)が所属するイングランド・プレミアリーグ、リバプールのユルゲン・クロップ監督(53)が、改めてリーグの過密日程を猛批判した。  クロップ監督は、かねてイングランドプレミアリ…

後で読む
サンケイスポーツ

 ★第1戦(11月21日、京セラ) ソフトバンクは二回に栗原が巨人先発・菅野から先制2ラン。六回も栗原の2点二塁打で突き放した。先発・千賀は7回無失点の好投で5―1で先勝した。

後で読む
サンケイスポーツ

日本スケート連盟は24日の理事会で、来年1月にオランダで計画されているスピードスケートのワールドカップ(W杯)に選手を派遣しないことを決めた。新型コロナウイルスへの感染を懸念したため。年内のW杯が全て中止となり、当初予定になかった2大会のオランダ開催が検討されている。

後で読む
スポーツニッポン

 東京第4代表の鷺宮製作所が3年連続で初戦を突破した。

後で読む
サンケイスポーツ

アメリカンフットボールの日本社会人選手権「ジャパンエックスボウル」(12月15日、東京ドーム)で対戦する富士通とオービックが24日、オンラインで記者会見し、史上初の5連覇を狙う富士通の趙翔来主将は「目の前の一プレーに集中して社会人日本一になりたい」と意気込みを述べた。

後で読む
日刊スポーツ

ナショナルズからフリーエージェント(FA)となっているエリク・テムズ内野手(34)について、日本と韓国の球団が関心を示していることをMLBネットワークのジョン… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

先発の斎藤友貴哉投手(25)が、6回途中4安打1失点と先発の役割を果たした。19年ドラフト2位の阪神井上広大外野手(19)は6回に決勝の2点適時二塁打。若き4… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 昨季限りで阪神を退団し、今年の3月にロッテに入団した鳥谷敬内野手。春季キャンプに参加しないという異例の形で開幕を迎えることになった。 今季のスタメン出場は5度。42試合に出場して打率・139だった。それでも主に代打や代走、守備固めなどの役割をこなした。レジェンドがベンチスタートの際、試合のイニング間に外野手とのキャッチボールも率先してこなした。

後で読む
デイリースポーツ

「フェニックス・リーグ、阪神8-1巨人」(24日、清武第二) 1、2軍ともに合わせて今年最後となる“伝統の一戦”に8-1で快勝した阪神。井上の決勝適時二塁打や遠藤の3安打など若虎が活躍したが、平田2軍監督は厳しい言葉を投げかけた。

後で読む
サンケイスポーツ

都市対抗野球大会第3日は24日、東京ドームで1回戦が行われ、ホンダ(狭山市)が大阪ガス(大阪市)を12-5で破り2回戦に進んだ。0-0の三回、佐藤の3ランなど打者一巡の猛攻で11点を奪った。

後で読む
サンケイスポーツ

あの、三島由紀夫の壮絶な自死から50年になる。1970年11月25日。衝撃は耳ざとい級友からもたらされた。「三島が市ケ谷の自衛隊に立て籠もり、切腹した」と。

後で読む
サンケイスポーツ

白血病からの完全復活を目指す競泳女子の池江璃花子(20)=ルネサンス=を今年6月から指導する西崎勇コーチ(41)が、24日までにサンケイスポーツのインタビューに応じた。池江が今月からチームメートと同じ練習メニューを開始したことや、レース復帰後、出場する種目は50メートル自由形に限られていたが、来年の大会から100メートル自由形やバタフライへのエントリーを視野に入れていることを明かした。

後で読む
サンケイスポーツ

24日午前11時25分ごろ、青森県の県道で、スピードスケートの高木菜那選手(28)が乗った自転車と乗用車が衝突した。けが人はいない。高木選手は2018年の平昌冬季五輪で金メダル二つを獲得した。

後で読む
スポーツニッポン

18年平昌五輪スピードスケート女子の金メダリスト高木菜那(28=日本電産サンキョー)がナショナルチーム合宿中に交通事故を起こした。

後で読む
東京スポーツ

 日本スケート連盟は24日、都内で理事会を開き、フィギュアの世界選手権(来年3月、スウェーデン・ストックホルム)の代表選考会を兼ねた全日本選手権(12月24日開幕、長野市ビッグハット)のペアを中止する…

後で読む
デイリースポーツ

阪神や日本ハム、大リーグで活躍した新庄剛志氏が24日、インスタグラムを更新。12月7日に行われるプロ野球のトライアウトに向けて練習に励む動画を添付し、強肩健在をアピールした。 48歳の年齢ながら、1%の可能性にかけてNPB復帰を目指している新庄氏。三塁の定位置から一塁へ矢のような送球を披露し、「トライアウトはデビューしたサードで始まり、ラストはユニフォームを脱いだセンターを守る!」と宣言した。

後で読む
東京スポーツ

J2のFC琉球は24日、スペイン2部サバテルの下部組織に所属するMF澤田将(17)が来季から新加入することが内定したと発表した。  2003年4月12日生まれの澤田は北海道出身。地元クラブから15年…

後で読む
東京スポーツ

日本ハムが24日、来季のコーチ人事について発表した。  今季までDeNAの一軍外野守備走塁コーチを務めていた球団OBの上田佳範氏が、来季から一軍外野守備走塁コーチに就任。  また、矢野謙次一軍外野守…

後で読む
サンケイスポーツ

 対戦成績を2勝0敗として福岡に帰ってきたソフトバンク・工藤公康監督(57)が、試合前に取材に対応。ここまで10打数無安打の周東佑京内野手(24)の“目覚めの一打”を期待しつつ、記録に残らない貢献を評価した。

後で読む
サンケイスポーツ

 お笑いコンビ、ナイツの塙宣之(42)が24日放送のニッポン放送「ナイツ ザ・ラジオショー」(月~木曜後1・0)に生出演。自身がひいきにしているプロ野球、巨人の日本シリーズ連敗を嘆いた。

後で読む
サンケイスポーツ

DeNAの6選手が24日、横須賀市内の2軍施設で契約交渉に臨んだ。3年目の斎藤俊介投手(26)は、野球協約が定める減額制限(1億円以下は25%)に迫る24・8%減の年俸1010万円でサインした。

後で読む
サンケイスポーツ

米プロフットボールNFL第11週最終日は23日、フロリダ州タンパで行われ、ラムズが27-24でバッカニアーズに競り勝ち7勝3敗とした。NFL史上初めて審判団の全員を黒人が務めた。

後で読む
サンケイスポーツ

アメリカンフットボールの関西学生トーナメント決勝(28日、万博記念競技場)で立命大と対戦する関学大が24日、オンラインで記者会見し、大村和輝監督は「お互いに守備はある程度粘れる。攻撃でどちらが先に突破口を開くか」と勝負のポイントを語った。

後で読む
サンケイスポーツ

(みやざきフェニックス・リーグ、阪神8-1巨人、24日、清武第二)阪神は井上広大外野手(19)が逆転となる2点適時打を放つなど、巨人に8-1で勝利した。平田勝男2軍監督(61)の主な一問一答は以下の通り。

後で読む
日刊スポーツ

DeNA新人の蝦名達夫外野手が75万円増の年俸825万円で契約を更改した。9月10日阪神戦でプロ初安打初本塁打。17試合で1割4分3厘、1本塁打、1打点の成績… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

日本サッカー協会は24日、福島県のJヴィレッジで実施中の女子日本代表「なでしこジャパン」候補合宿から、FW上野真実(愛媛)がコンディション不良のため離脱したと発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

日本スケート連盟は24日、東京都内で理事会を開き、フィギュアの全日本選手権(12月24~27日、長野市ビッグハット)でペアを実施しないことを決めた。三浦璃来、木原龍一組(木下グループ)のみが出場予定だったが、2人がカナダを練習拠点としているため、新型コロナウイルス禍を考慮したという。

後で読む
日刊スポーツ

ナインティナイン矢部浩之(49)が、DAZNで生配信の新番組「YABECCHI STADIUM(やべっちスタジアム)」(毎週日曜午後11時)をスタートさせるこ…

後で読む
日刊スポーツ

J2アルビレックス新潟は24日、アルベルト監督(52)との来季の契約を更新したことを発表した。アルベルト監督は「クラブに残るという判断は難しいことではなかった…

後で読む
日刊スポーツ

現在2位のガンバ大阪が、25日に首位川崎フロンターレと敵地で直接対決に臨む。引き分け以下なら川崎Fの優勝が決定する。宮本恒靖監督(43)が24日の練習後にオン…

後で読む
日刊スポーツ

J1清水エスパルスFW後藤優介(27)が、ゴールへの執念を燃やした。24日は静岡市内で最終調整。25日のアウェー横浜FC戦(ニッパツ、午後7時)に向けての準備…

後で読む
日刊スポーツ

ナインティナイン矢部浩之(49)が、DAZNで生配信の新番組「YABECCHI STADIUM(やべっちスタジアム)」(毎週日曜午後11時)をスタートさせるこ…

後で読む
スポーツニッポン

日本スケート連盟の理事会が24日に都内で行われ、12月24日から行われるフィギュアの全日本選手権(長野)でペアの競技を実施しないことが承認された。昨季の世界選手権代表の三浦璃来(18)、木原龍一(28)組(ともに木下グループ)のみがエントリーしていたが、カナダ・オークビルが拠点の2人が全日本出場のため帰国した場合、新型コロナウイルスの影響で再び拠点に戻るのが困難となるため。

後で読む
デイリースポーツ

日本スケート連盟は24日、都内で理事会を開き、世界選手権代表選考会を兼ねた全日本選手権(12月24日開幕、長野)のペア競技を中止することを決定した。 伊東秀仁フィギュア委員長によると、エントリーしていたのは三浦璃来(18)、木原龍一(28)組=木下グループ=の1組のみで、同ペアはカナダ、トロント近郊のオークビルを拠点としており、日本に戻った場合、再び拠点に渡ることが困難となり、練習ができなくなることを考慮した。

後で読む
デイリースポーツ

楽天からドラフト1位指名を受けた早川隆久投手(22)=早大=が24日、東京都内で入団交渉を行い、契約金1億円、年俸1600万円で合意した。 契約に合意し、「もう1回、気が引き締まるというか、プロに向けて準備していかないといけないという思いです」と気持ちを新たにした早川。「開幕1軍を目指して頑張っていきたい」と意気込みを示した。

後で読む
日刊スポーツ

日本スケート連盟(JSF)は24日、都内で理事会を開き、来月の全日本選手権(24~27日、長野・ビッグハット)でペア競技を実施しないと決定した。カナダ・オーク…

後で読む
東京スポーツ

イタリア1部ACミランの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(39)が、自身の名前や顔写真の〝無許可使用〟に激怒している。  イブラヒモビッチが自身のツイッターで怒りの持論を展開した。「…

後で読む
サンケイスポーツ

楽天がドラフト1位で指名した早大の早川隆久投手(22)=180センチ、77キロ、左投げ左打ち=の入団が24日、決まった。契約金1億円、年俸1600万円(金額は推定)で合意した。

後で読む
日刊スポーツ

4年連続34回目の出場のホンダ(狭山市)が、大阪ガス(大阪市)に快勝し、3年ぶりの初戦突破を果たした。2回までは無安打無得点に抑えられていたが、3回に4番佐藤… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

かつて巨人と日本ハムでプレーしたウィルフィン・オビスポ投手(36)が、母国ドミニカ共和国で外出禁止令に違反し逮捕されたと23日、ESPNなどの地元メディアが報… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

都市対抗大会第3日は1回戦3試合。https://www.nikkansports.com/baseball/amate… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「みやざきフェニックス・リーグ、阪神-巨人」(24日、清武総合運動公園第二野球場) 阪神・井上広大外野手(19)が六回に逆転の2点二塁打を放った。

後で読む
サンケイスポーツ

DeNAは24日、新外国人選手としてドミニカ共和国出身のスターリン・コルデロ投手(22)=201センチ、100キロ、右投げ右打ち=と育成契約で合意したと発表した。2015年から米大リーグ、パドレス傘下のマイナーに所属し、主に救援を務めた。

後で読む
サンケイスポーツ

日本ハム・栗山英樹監督(59)が24日、今季限りでDeNAを退団した上田佳範氏(46)の外野守備走塁コーチ就任発表を受け「いつか戻ってきてほしいと思っていた。走れる選手をつくっていかないと。ファームの足の速い選手たちを前に進めないといけない」と、チームの走力アップに期待した。

後で読む
東京スポーツ

 ノアのGHCナショナル王者・拳王(35)が24日、次期挑戦者の桜庭和志(51)に痛烈なメッセージを送った。  拳王は22日横浜武道館大会で清宮海斗(24)の挑戦を退けV2に成功。12月6日代々木大会…

後で読む
東京スポーツ

J2新潟は24日、アルベルト・プッチ・オルトネダ監督(52)の来季続投を発表した。  世界ナンバーワンと言われるスペイン1部バルセロナでスカウトやアカデミーコーチ、アカデミーダイレクターを歴任。20…

後で読む
サンケイスポーツ

ロッテの井口資仁監督は24日、海外フリーエージェント(FA)権を今季取得し、米大リーグに挑戦するか注目される沢村拓一投手に「(本人から)何も聞いていないし、球団からもまだ報告はない」と述べた。日本シリーズ終了翌日から土、日曜日と祝日を除く7日以内に在籍球団に意思を伝えればFA権を行使できる。

後で読む
サンケイスポーツ

ロッテがドラフト4位で指名した星槎道都大の河村説人投手(23)=192センチ、87キロ、右投げ右打ち=の入団が24日、決まった。契約金4500万円、年俸800万円で合意した。オンライン取材に応じ「角度のある球が武器。ロッテは若い選手が多いので、そこに自分も加わっていきたい」と抱負を語った。

後で読む
日刊スポーツ

大阪ガスの補強選手・西脇雅弥内野手(23=龍谷大)が所属する大和高田クラブの元近鉄佐々木恭介監督(70)へ特大アーチを届けた。3回に味方投手陣が大量11失点で… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

大阪ガス(近畿第3代表)が都市対抗で2年連続初戦敗退した。3回に先発阪本大樹投手(25=関大)が制球を乱し、押し出しで先制点を与えると一気に6失点。リリーフ陣… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

日本ハムは24日、来季の1軍外野守備走塁コーチに球団OBの上田佳範氏(47)が就任することを発表した。16年ぶりの古巣復帰となる。上田氏は91年ドラフト1位で… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

ホンダは三回、1死一、三塁で佐藤竜彦外野手(26)が、大阪ガスの阪本大樹投手(25)から左翼スタンド中段に3ランを放った。

後で読む
サンケイスポーツ

日本ハムは24日、今季限りでDeNAを退団した上田佳範氏(46)が日本ハムの外野守備走塁コーチに就任すると発表した。矢野謙次外野守備コーチ兼打撃コーチ補佐(40)は、2軍打撃コーチに配置転換される。

後で読む
日刊スポーツ

セレッソ大阪のミゲル・アンヘル・ロティーナ監督(63=スペイン)が24日、大阪市内での練習後にオンラインで取材対応を行った。25日は大分トリニータ戦(昭和電ド…

後で読む
日刊スポーツ

J1は11月25日に第29節6試合を行う。各カードのoptaファクトは以下の通り。※ファクト内の数字はJ1での成績川崎フロンターレ – ガンバ…

後で読む
日刊スポーツ

J2アルビレックス新潟は24日、アルベルト・プッチ・オルトネダ監督(52)と来季の契約を更新したと発表した。スペイン出身で来季が2年目となる。(共同)

後で読む
スポーツニッポン

NFLは23日、フロリダ州タンパで第11週の残り1試合を行い、ラムズが27―24(前半17―14)で地元のバッカニアーズを下して7勝3敗。シーホークスと同率ながら直接対決で勝っているためにNFC西地区の首位となった。

後で読む
スポーツニッポン

米ユタ州ソルトレイクシティーにキャンパスがあるユタ大の男子バスケットボール・チームで新型コロナウイルスへの感染者が続出。ラリー・クリスコービアク監督(56)と、選手17人中8人の感染が確認され、今週に予定されていた今季開幕戦となる2試合は中止となった。

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド23日(日本時間24日)発】WWEのロウ大会が配信され、早くもWWE王者ドリュー・マッキンタイア(35)への挑戦権をめぐる争いが大混乱の様相を呈してきた。  マッキンタイアは、前…

後で読む
東京スポーツ

 ドイツサッカー連盟(DFB)が、欧州ネーションズリーグ・スペイン戦(17日)に0―6で大敗し、対応を余儀なくされている。  ドイツが6点差で敗れたのは、1931年のオーストリア戦の0―6以来。ドイツ…

後で読む
デイリースポーツ

日本ハムは24日、上田佳範氏(47)の外野守備走塁コーチ就任を発表した。 上田コーチは松商学園高でエースとして活躍。91年ドラフト1位で日本ハム入り。93年に投手から野手に転向。05年に戦力外通告を受け、トライアウトを経て06年に中日入りした。現役通算1027試合に出場。打率・236、37本塁打、192打点の成績を残した。

後で読む
日刊スポーツ

日本スポーツ振興センター(JSC)は24日、都内のナショナルトレーニングセンター(NTC)で施設利用者1人が新型コロナウイルスに感染していることを発表した。感…

後で読む
東京スポーツ

Jリーグは24日、大分戦(21日)で退場処分となったJ1川崎のDF谷口彰悟(29)の処分を発表した。  谷口は、25日のG大阪戦(等々力)1試合の出場停止となった。引き分け以上で優勝が決まる大一番で…

後で読む
サンケイスポーツ

ドルトムントのFWユスファ・ムココは、ブンデスリーガ史上最年少でデビュー後も夢を追いかけ続けると主張した。

後で読む
サンケイスポーツ

★第1戦(11月21日、京セラ) ソフトバンクは二回に栗原が巨人先発・菅野から先制2ラン。六回も栗原の2点二塁打で突き放した。先発・千賀は7回無失点の好投で5―1で先勝した。

後で読む
日刊スポーツ

レイズがエース、ブレーク・スネル投手(27)をトレードする可能性があるという。MLB公式サイトが報じている。スネルは2018年に21勝を挙げ、アメリカン・リー… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

米大リーグでダルビッシュが所属するカブスは23日、ホイヤー編成本部長と2025年シーズンまでの5年契約で合意したと発表した。ホイヤー氏はエプスタイン前編成本部… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

メッツはロビンソン・カノ二塁手(38)が禁止薬物を使用したとして162試合の出場停止処分を受けたため、フリーエージェント(FA)のD・J・ルメーヒュー二塁手(… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

日本ハム・西村天裕投手(27)が24日、宮崎市のSOKKENスタジアムで行われた『みやざきフェニックス・リーグ』ソフトバンク戦に先発したが、開始直後に投げたボールを西田哲朗内野手(29)が強振し、打球が左膝を直撃したため、わずか1球で途中降板した。

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド23日(日本時間24日)発】WWEのロウ大会が配信され、前夜のPPV大会「サバイバー・シリーズ」でスマックダウン(SD)女子王者サーシャ・バンクス(28)との頂上対決に敗れた女帝…

後で読む
東京スポーツ

【フロリダ州オーランド23日(日本時間24日)発】WWEのロウ大会が配信され〝小悪魔〟ことアレクサ・ブリス(29)が、かつての盟友ニッキー・クロス(31)との決別マッチで冷酷な勝利を決めた。  ニッキ…

後で読む
東京スポーツ

 東京パラリンピックの代表に内定している岩渕幸洋(25=協和キリン)は23日、パラ卓球のイベント「IWABUCHI OPEN」を都内で開催した。  当イベントには、岩渕、垣田斉明(35=八代市役所)ら…

後で読む
東京スポーツ

 国内女子ゴルフの2020年最終戦「ツアー選手権リコーカップ」(26日~、宮崎・宮崎CC)の予選ラウンドペアリングが24日に発表され、3週連続優勝がかかる古江彩佳(20)は最終19組で今季2勝の笹生優…

後で読む
東京スポーツ

 日本代表MF久保建英(19)が来年1月にビリャレアルを退団する可能性が出てきた。  スペイン紙「エル・ペリオディコ・メディテラネオ」は「久保は(来年1月に)冬の移籍市場が開くのに伴い、ビリャレアルか…

後で読む
東京スポーツ

 ドイツサッカー連盟(DFB)が、欧州ネーションズリーグ・スペイン戦(17日)に0―6で大敗し、対応を余儀なくされている。  ドイツが6点差で敗れたのは、1931年のオーストリア戦の0―6以来。ドイツ…

後で読む
デイリースポーツ

ロッテ・井口資仁監督(45)が24日、海外FA権を保有している沢村拓一投手(32)について残留を改めて熱望した。 今季、セットアッパーを担った右腕が今オフ、海外FA権を行使することが明らかになり、メジャー移籍に向けて動き出すことは決定的な状況だ。

後で読む
スポーツニッポン

 Hondaが3回に大量11得点を奪い、3年ぶりに初戦を突破した。

後で読む
東京スポーツ

スペイン1部に今季昇格したカディスはホームで行われた22日(日本時間23日)の首位レアル・ソシエダード戦で0―1と敗れた。あのレアル・マドリードに完封勝利を収めた自慢の守備陣が粘りを見せたが、後半2…

後で読む
東京スポーツ

米大リーグ機構(MLB)は23日(日本時間24日)に新型コロナウィルスの感染拡大の影響で延期になっていた野球映画「フィールド・オブ・ドリームス」の舞台、アイオワ州ダイアーズビルでのホワイトソックス―…

後で読む
東京スポーツ

米CBSスポーツ(電子版)は23日(日本時間24日)に「近年で最も重要なオフシーズンで、この3項目がフランチャイズとしてヤンキースが突出するために必要なのか」と題したコラムを掲載。エースのゲリット・…

後で読む
東京スポーツ

J1川崎は今季限りで現役を引退する元日本代表MF中村憲剛(40)の引退セレモニーを12月21日(月)に等々力陸上競技場で行うことを発表した。  今回は「おフロの恋人!LOTTE presents 中…

後で読む
東京スポーツ

新型コロナウイルス陽性となっていたイングランド・プレミアリーグ、リバプールFWモハメド・サラー(28)が陰性になったことがわかった。ユルゲン・クロップ監督(53)が明かしたもので、25日(日本時間2…

後で読む
サンケイスポーツ

 獅子に脈々と流れる系譜。西武のドラフト3位野手は必ずチームの主力となる。今秋のドラフト会議で、その西武から3位指名されたのが東海大相模高(神奈川)・山村崇嘉内野手(18)。高校通算49本塁打を誇る左のスラッガーで、渡辺久信GM(55)はドラフト後に「高校生野手ではナンバーワン評価をしていたので、まさか3位まで残っているとは…」とほくそ笑んだ。

後で読む
サンケイスポーツ

バルセロナは、DFジェラール・ピケの離脱によって今冬の移籍市場のターゲットを変更することとなった。『Goal』の取材で明らかとなっている。

後で読む
サンケイスポーツ

リバプールOBのデイヴィッド・ジェームズ氏は、同クラブがモハメド・サラーを売却する可能性もあると考えているようだ。

後で読む
日刊スポーツ

先発ローテーションの立て直しを目指すレッドソックスは、フリーエージェント(FA)の左腕J・A・ハップ投手(38)の獲得に関心を示しているという。MLBネットワ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

メッツのルイス・ロハス監督(39)が来季も続投することが決まった。サンディ・アルダーソン球団社長が23日、発表した。MLB公式サイトが報じている。ロハス氏はメ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「フェニックス・リーグ、阪神-巨人」(24日、清武総合運動公園第2野球場) 先発のマウンドには斎藤友貴哉投手が上がる。今季途中から先発に転向し、1軍でもプロ初先発した右腕。来季につながる投球を演じたい。

後で読む
サンケイスポーツ

夏スルメの残党なのかそれとも冬スルメの早期襲来なのか、外房・勝浦沖でコンスタントにスルメイカが釣れている。相模湾や東京湾口はヤリイカが盛期を迎えているが、スルメの強烈な引きを味わいたいファンも多い。千葉県勝浦市・川津『鈴丸』へ向かった。

後で読む
サンケイスポーツ

アーセナルとリーズ・ユナイテッドは、ニコラ・ペペとエズジャン・アリオスキへの中傷を非難する声明を出した。

後で読む
サンケイスポーツ

元マンチェスターUのギャリー・ネヴィル氏は、プレミアリーグ優勝争いの展開を予想した。

後で読む
日刊スポーツ

サッカー日本代表がメキシコに完敗した。早朝の5時キックオフ。眠い目をこすりながらテレビ観戦したファンは、ガッカリしただろう。日本の敗戦を見届けて、会社に向かっ…

後で読む
日刊スポーツ

なでしこリーグのマイナビ仙台は23日、FW池尻茉由(23)が右足首外側の靱帯(じんたい)損傷および捻挫のため、全治6週間の見込みと発表。14日の浦和戦で負傷し…

後で読む
日刊スポーツ

J3ヴァンラーレ八戸は23日、FW金弘淵(30)、MF貫名航世(25)との今季限りでの契約満了を発表。金は18年から八戸に所属。昨季はレンタルでJFL奈良でプ…

後で読む
スポーツニッポン

スポーツ界にかかわる選手、指導者、トレーナーの手へのこだわりを紹介する。そこには、競技や仕事へのこだわりが詰まっている。

後で読む
デイリースポーツ

貴景勝の優勝で幕を閉じたNHK総合放送の「大相撲11月場所千秋楽」の22日世帯平均視聴率が20・5%だったことが24日、分かった。(ビデオリサーチ日報調べ、関東地区) 貴景勝は本割で小結照ノ富士に屈し、13勝2敗で並ばれたが、決定戦では勝利。大関の優勝は17年初場所の稀勢の里以来、22場所ぶりだった。優勝インタビューでは「一人では優勝できなかった。サポートしてくれる皆さんのおかげ」と感謝の言葉を伝えていた。

後で読む
デイリースポーツ

国際体操連盟(FIG)が23日にオンラインで開いた理事会で、体操の東京五輪予選でテスト大会を兼ねる個人総合ワールドカップ(W杯)シリーズ東京大会が来年5月4日に開催されることが報告された。新型コロナウイルスの影響で今年4月に実施できなかった。新体操のテストイベントとなる国内大会は5月8日に設定され、いずれも五輪会場の有明体操競技場で行われる。 来年の体操と新体操の世界選手権(ともに北九州市)が10月に開催されるため、FIG総会(トルコ)は両選手権後の11月に実施されることになった。(共同)

後で読む
デイリースポーツ

DeNAは24日、スターリン・コルデロ投手(22)と2021年シーズンの育成契約を結ぶと発表した。 ドミニカ出身のコルデロは身長201センチ、体重100キロの右腕で、15年からパドレス傘下のマイナーリーグでプレー。2019年シーズンは1Aトリシティでプレー。マイナー通算5年間で80試合に登板、8勝6敗5セーブ、防御率4.67の成績。123回1/3回を投げて158三振を奪うなど奪三振率の高さを誇る。

後で読む
スポーツニッポン

 日本シリーズは24日、ソフトバンクの本拠ペイペイドームへ舞台を移して第3戦が行われる。2連敗中の巨人・原辰徳監督(62)は、2試合3得点の打線の大幅組み替えは行わず、リーグ戦同様の戦いを貫く方針を示した。一方的な敗戦が続く中、天下統一を果たした将軍・徳川家康のように、巻き返しへのナインの奮起を待つ。

後で読む
日刊スポーツ

花園に出場する東北勢の代表校が、12月27日に開幕する「第100回全国高校ラグビー大会」に向けて弾みをつけた。宮城・石巻市内で20日から4日間の強化練習を実施…

後で読む
日刊スポーツ

初の大舞台で勝利をつかむ。ハンドボール日本選手権(12月2日開幕、岡山)に、10月の北海道学生選手権で優勝した北海学園大が初出場する。コロナ禍で各地方の日本選…

後で読む
日刊スポーツ

世界に羽ばたく先輩たちも、中学生では届かなかった表彰台の頂点に立った。今月1日の札幌市長杯大倉山サマージャンプ大会。中高生11人が出場した男子少年で、坂野旭飛…

後で読む
日刊スポーツ

国際体操連盟(FIG)が23日にオンラインで開いた理事会で、体操の東京オリンピック(五輪)予選でテスト大会を兼ねる個人総合ワールドカップ(W杯)シリーズ東京大…

後で読む
サンケイスポーツ

 ■11月24日 昔の力士は土俵下を「がけ下」と呼んで怖がった。高さ約50センチ。一気に押されたり土俵際でもつれて落ちる恐怖感は素人には想像がつかない。22日に終わった大相撲11月場所では新大関正代が転落した際、左足を痛めて休場するなど「がけ下」でのけがもあった。それだけ死に物狂いの手に汗握る相撲が多かった。

後で読む
サンケイスポーツ

J2新潟は24日、アルベルト・プッチ・オルトネダ監督(52)と来季の契約を更新したと発表した。スペイン出身で来季が2年目となる。

後で読む
サンケイスポーツ

国際体操連盟(FIG)が23日にオンラインで開いた理事会で、体操の東京五輪予選でテスト大会を兼ねる個人総合ワールドカップ(W杯)シリーズ東京大会が来年5月4日に開催されることが報告された。新型コロナウイルスの影響で今年4月に実施できなかった。新体操のテストイベントとなる国内大会は5月8日に設定され、いずれも五輪会場の有明体操競技場で行われる。

後で読む
日刊スポーツ

阪神平田2軍監督が今季1、2軍ともリーグ制覇したソフトバンクを手本にする育成方針を明かした。ウエスタン・リーグで5勝15敗2分けと力の差を見せつけられた。「ソ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

DeNAは24日、パドレス傘下マイナーのスターリン・コルデロ投手(22)と、来季の育成選手契約を結んだと発表した。背番号は未定。コルデロはドミニカ共和国出身で… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 女子ゴルフの渋野日向子(21)=サントリー=がようやく復調の兆しを見せている。今季国内ツアーは開幕戦のアースモンダミンで予選落ち。夏場の英米遠征も不本意な成績に終わり、帰国後第一戦の三菱電機も予選落ち。予選落ちがないTOTOレディースでようやく30位に入って今季国内初賞金をゲットすると、以後は伊藤園23位、大王製紙エリエール5位と徐々に結果を出してきている。今、渋野に何が起きているのか、本当に完全復調への階段を上り始めたのか。本紙木曜日付け「ゴルスペ」で「女子プロここがすごい」を好評連載中で渋野とも親交がある人気プロコーチの大西翔太氏が分析する。 「日向子ちゃんの調子のバロメータは一にも二にもパッティングです。今年夏から秋にかけての海外遠征から帰国後に直接話した時には、パターの調子がイマイチなんですと言っていました。私がその後の国内戦を見た感じでは、パットを打ち切れていないなという印象でした。日向子ちゃんの持ち味は自分で決めたラインに対して打ち切れるということです。それができていないなと思いましたね」

後で読む
サンケイスポーツ

シャルケFWのマルク・ウートは相当なフラストレーションが溜まっているようだ。ウォルフスブルク戦後、「ただ泣きたい」と話している。

後で読む
サンケイスポーツ

今年のプロ野球の日本一を決めるSMBC日本シリーズ2020は24日にペイペイドームへ舞台を移して第3戦が行われる。先発投手は2連勝しているソフトバンク(パ・リーグ優勝)がムーア、巨人(セ・リーグ優勝)はサンチェスと発表された。

後で読む
スポーツニッポン

大関・貴景勝が優勝を飾った22日のNHK総合「大相撲11月場所 千秋楽」(後5・00)の平均世帯視聴率(関東地区 ビデオリサーチ調べ)が20・5%の高視聴率だったことが24日、分かった。 個人視聴率は11・4%だった。

後で読む
東京スポーツ

【KJ松井のCatch&Shoot(43)】米プロバスケットボールNBAは16日からフリーエージェント(FA)選手との交渉がスタート。初日にいきなりクリス・ポール(35)がオクラホマシティー・サンダー…

後で読む
東京スポーツ

【前園真聖 ゾノの焦点】欧州のシーズンも中盤にさしかかり日本人選手が各国リーグで奮闘を続けていますが、気になるのが現在クラブに所属していないMF香川真司(31)です。  実戦の機会を得られないというこ…

後で読む
スポーツニッポン

J2アルビレックス新潟は24日、アルベルト・プッチ・オルトネダ監督(52)の来季続投を発表した。

後で読む
東京スポーツ

西武の「投げるおかわり」こと、平良海馬投手(21)の強い先発志向の行方がにわかに注目されている。  3年目の今季は自己最多の54試合に登板し、1勝33ホールド、防御率1・87で62奪三振の好成績をマ…

後で読む
東京スポーツ

カブスは23日(日本時間24日)にジェド・ホイヤー球団社長兼編成本部長(46)と2025年までの5年間、契約延長に合意したと発表した。先日、退任したセオ・エプスタイン氏の後任として就任した。  ホイ…

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンクがシリーズ2連勝で地元福岡に戻ってきた。過去のデータでは、シリーズ△○○を含む2連勝発進ならばV確率は76%。数字からすれば、ホークスの絶対的有利… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

都市対抗大会第3日は1回戦3試合。https://www.nikkansports.com/baseball/amate… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

21日に日本テレビ系で放送された巨人-ソフトバンクのプロ野球の日本一決定戦「SMBC日本シリーズ2020」第1戦の視聴率(関東地区世帯)が12・3%だったこと… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球草創期に活躍した巨人の大投手、沢村栄治をたたえて先発完投型の投手を表彰する「沢村栄治賞」の選考委員会が23日、東京都内で開かれ、中日の大野雄大投手(32)が初めて選ばれた。中日の投手の受賞は2004年の川上憲伸以来、16年ぶり。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球草創期に活躍した巨人の大投手、沢村栄治をたたえて先発完投型の投手を表彰する「沢村栄治賞」の選考委員会が23日、東京都内で開かれ、中日の大野雄大投手(32)が初めて選ばれた。中日の投手の受賞は2004年の川上憲伸以来、16年ぶり。

後で読む
サンケイスポーツ

【ニューヨーク23日(日本時間24日)】ヤンキースからフリーエージェント(FA)になったJ・A・ハップ投手(38)にレッドソックス、ブルージェイズ、レンジャーズ、エンゼルスの4球団が獲得に関心を示していると米大リーグ公式サイトのジョン・モロシ記者が自身のツイッターで伝えている。

後で読む
日刊スポーツ

2010年11月20日に、Jリーグの名古屋グランパスというクラブがリーグ初優勝を成し遂げた。圧倒的な強さで悲願のタイトルをつかみ取り、主将の楢崎正剛がシャーレ…

後で読む
スポーツニッポン

メリーランド州ボルティモアに本拠を置いているNFLレイブンズ(6勝4敗)のマーク・イングラム(30)と、ドラフト2巡目(全体55番目)に指名されたJ・K・ドビンズ(21)の主力RB2人が新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示し、リーグ規定に従って10日間の自主検疫に入った。

後で読む
デイリースポーツ

 女子ゴルフの23日付世界ランキングが発表され、22日までの大王製紙エリエール・レディースで2週連続優勝を果たした古江彩佳は30位から16位に浮上した。日本勢トップの畑岡奈紗は一つ下げて7位で、渋野日向子は15位で変動なし。鈴木愛は20位に下げ、稲見萌寧は59位に後退した。 1位の高真栄、2位の金世ヨン(ともに韓国)、3位ネリー・コルダ(米国)ら上位に動きはなかった。(共同)

後で読む
日刊スポーツ

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ最終戦NHK杯が、27日から大阪・東和薬品ラクタブドームで行われる。新型コロナウイルスの影響でGP第2戦スケート…

後で読む
サンケイスポーツ

バルセロナFWアントワーヌ・グリーズマンが、自身の現状について口を開いた。

後で読む
サンケイスポーツ

 プロ野球草創期の名投手、故沢村栄治氏を記念し、シーズンで最も活躍した先発投手を表彰する「沢村賞」の選考委員会が23日、東京都内で開かれ、中日・大野雄大投手(32)が初受賞を果たした。

後で読む
サンケイスポーツ

米大リーグ機構は23日、来年8月12日に映画「フィールド・オブ・ドリームス」の撮影地、アイオワ州ダイアーズビルでホワイトソックスとヤンキースの試合を行う計画を発表した。来夏の新型コロナウイルスの感染状況で開催の可否を判断する。

後で読む
サンケイスポーツ

国際柔道連盟(IJF)は23日、来年の東京五輪シーズン開幕戦に位置付けるマスターズ大会を1月11~13日にカタールの首都ドーハで開催すると発表した。新型コロナウイルスの影響で中断している主要国際大会の再開戦となる。各階級の世界ランキング上位36人で争い、12月20日のアフリカ選手権終了後に出場者が決まる。感染状況に応じて延期の可能性もある。

後で読む
サンケイスポーツ

女子ゴルフの23日付世界ランキングが発表され、22日までの大王製紙エリエール・レディースで2週連続優勝を果たした古江彩佳は30位から16位に浮上した。日本勢トップの畑岡奈紗は一つ下げて7位で、渋野日向子は15位で変動なし。鈴木愛は20位に下げ、稲見萌寧は59位に後退した。

後で読む
日刊スポーツ

米大リーグ機構は23日、来年8月12日に映画「フィールド・オブ・ドリームス」の撮影地、アイオワ州ダイアーズビルでホワイトソックスとヤンキースの試合を行う計画を… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

カブスのダルビッシュ有投手(34)が24日、ソフトバンクが2連勝して迎える日本シリーズ第3戦を前に、自身のツイッターを更新。「ソフトバンクが圧倒的な2連勝をし… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

18時30分開始予定。予告先発はソフトバンクがムーア、巨人がサンチェス。 – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

新型コロナ禍でのベストワン投手が決まった。故沢村栄治氏の功績をたたえ、シーズンで最も優れた先発完投型投手に贈られる「沢村賞」の選考委員会が23日に都内で開かれ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

10月のドラフト会議で阪神から指名を受けた9選手の連載をお届けする。第5回はドラフト5位・村上頌樹(22)=東洋大。プロへの扉を開くまでの道のりを振り返る。  ◇  ◇

後で読む
デイリースポーツ

阪神は23日、チームの課題である失策数削減に向け、筒井外野守備走塁兼分析担当コーチが中心となって「30回連続アウトノック」を行った。「もっともっとプレッシャーを与えたい」と狙いを説明した。 今季は両リーグワーストの85失策。「アウトの内容を上げる」ために打者を想定し、一塁でアウトにするまでの時間を右打者なら4秒~4秒2、左打者なら3秒8~4秒と設定。間に合わなければ一からの再スタートとした。

後で読む
デイリースポーツ

足のコンディション不良で、別メニュー調整を続けてきた阪神・糸原健斗内野手(28)が23日、甲子園室内での秋季練習で打撃練習を再開した。今季は右手有鉤(ゆうこう)骨の骨折、新型コロナウイルス感染と2度の離脱。「312」でストップした連続試合出場記録に再挑戦する決意を語った。 「今年はケガだったり、体調が難しかった。でも、言い訳はできない」。主将2年目の今季は悔いを残す結果になった。2度の離脱で63試合の出場。打率・294と尻上がりに調子を上げたが、終盤は再びコンディション不良で出場機会を減らした。それでも、矢野監督は成長を認める。

後で読む
サンケイスポーツ

ACミランFWズラタン・イブラヒモヴィッチは、3週間近い離脱を強いられることになりそうだ。

後で読む
サンケイスポーツ

パリサンジェルマン(PSG)のトーマス・トゥヘル監督は、チャンピオンズリーグ(CL)のライプツィヒ戦にネイマールを先発で起用することを明言した。

後で読む
サンケイスポーツ

アーセナルFWニコラ・ペペが、リーズ戦の一発退場を謝罪している。

後で読む
スポーツニッポン

ルイジアナ州立大時代に全米大学最優秀選手に与えられるハイズマン賞を受賞し、NFLドラフトで全体トップでベンガルズに指名されていた新人QB、ジョー・バーロウ(23)が23日の精密検査で左膝の前十字じん帯および内側側副じん帯の断裂と診断されて今季の出場は絶望となった。

後で読む
東京スポーツ

 国際柔道連盟(IJF)は23日、来年の東京五輪シーズンの開幕戦として、マスターズ大会を1月11~13日にカタール・ドーハで開催することを発表した。  新型コロナウイルス禍でIJFは今年3月から国際大…

後で読む
東京スポーツ

 女子ゴルフの世界ランキングが23日に発表され、日本女子ツアーで2週連続Vの古江彩佳(20)が30位から16位へと順位を大きく上げた。  15位の渋野日向子(22=サントリー)に肉薄する日本人3番手と…

後で読む
東京スポーツ

24日(日本時間25日)に行われる欧州チャンピオンズリーグ(CL)1次リーグ第4節のディナモ・キエフ(ウクライナ)戦を前に、バルセロナ(スペイン)のロナルド・クーマン監督(57)は23日に行われた公…

後で読む
東京スポーツ

ベルギー1部リーグ第13節、日本人選手5人が所属するシントトロイデンは敵地でルーベンと2―2で引き分けた。日本代表GKシュミット・ダニエル(28)はフル出場。FW鈴木優磨(24)は2トップの一角で先…

後で読む
東京スポーツ

イタリア1部ACミランのFWズラタン・イブラヒモビッチ(39)が最大で1か月の戦線離脱を余儀なくされそうだ。  22日のナポリ戦で2得点して今季通算10得点目をマーク。前日の試合で2得点したクリスチ…

後で読む
日刊スポーツ

エンゼルスは、ミナシアンGMのブレーブス時代の同僚3人を新たにフロントに加えた。11年からドジャース、17年からブ軍の編成部門で経験を積んだアレックス・タミン… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

新型コロナ禍でのベストワン投手が決まった。故沢村栄治氏の功績をたたえ、シーズンで最も優れた先発完投型投手に贈られる「沢村賞」の選考委員会が23日に都内で開かれ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
並び替え可能( Cookieで保存)。
よく使用する競技を下に(片手で届く場所に)並び替えて使用してください。
追加したい競技があればコメントください。