「2020年11月25日」の記事一覧

東京スポーツ

J1川崎のFW家長昭博(34)が〝男の意地〟で最高のパフォーマンスを発揮した。  引き分け以上で2年ぶり3度目の優勝が決まる25日のG大阪戦でハットトリックを達成。チームも5―0で勝利を収め「今日が…

後で読む
サンケイスポーツ

 SMBC日本シリーズ第4戦(ソフトバンク4ー1巨人、ソフトバンク4勝、25日、ペイペイドーム)ソフトバンクが巨人を破り、パ・リーグでは初となる4年連続日本一に輝いた。また2年連続の4連勝日本一は史上初。

後で読む
サンケイスポーツ

SMBC日本シリーズ第4戦(ソフトバンク4-1巨人、ソフトバンク4勝、25日、ペイペイD)巨人の戸郷は今シリーズで3試合に中継ぎ登板し、計5回2/3を2失点で敢闘選手賞に選ばれた。第4戦は三回途中から3番手で投げ、四回を3者三振とするなど2回1/3を無安打無失点と好投した。大舞台で物おじせず速球を投げ込み「去年よりは自分自身の成長した姿を見せられた。1年間ローテーションを守った経験を生かせた」とうなずいた。

後で読む
サンケイスポーツ

SMBC日本シリーズ第4戦(ソフトバンク4-1巨人、ソフトバンク4勝、25日、ペイペイD)巨人の岡本は今シリーズ13打数1安打で5三振を喫し、主砲の役割を果たせなかった。「昨年、4連敗してやり返そうという気持ちで臨んだが、まだまだやらないといけないものがあると感じた。力足らずでこういう結果なのが現実」と唇をかんだ。

後で読む
サンケイスポーツ

SMBC日本シリーズ第4戦(ソフトバンク4ー1巨人、ソフトバンク4勝、25日、ペイペイドーム)ソフトバンク・王貞治会長は「不足はない」と語っていた巨人をまたも4連勝で退けたナインに賛辞が止まらなかった。

後で読む
サンケイスポーツ

SMBC日本シリーズ第4戦(ソフトバンク4-1巨人、ソフトバンク4勝、25日、ペイペイD)ソフトバンクのモイネロが4-1の八回を三者凡退に抑え、日本シリーズ通算7ホールドで、山口(巨人)の最多記録に並んだ。今シリーズは3試合に登板。3イニング、九つのアウトのうち八つを三振で奪う圧巻の投球だった。

後で読む
日刊スポーツ

目を背けたくなるような現実を直視するしかない。セ・リーグ覇者として迎えた日本シリーズで4戦全敗。昨季からソフトバンクに8連敗。2シーズン連続の4連敗は、プロ野… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

日本シリーズが終了し、26日から今季のフリーエージェント(FA)有資格者が権利を行使するための申請期間となる。有資格者は在籍球団に意思を伝えればFA権を行使で… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

SMBC日本シリーズ2020の第4戦は3連勝のソフトバンクが本拠地ペイペイドームで巨人と対戦し4-1で勝利。4年連続の日本一を達成した。  ◇  ◇  ◇ソフ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 「日本シリーズ・第4戦、ソフトバンク-巨人」(25日、ペイペイドーム) 巨人が攻守で完敗し、4連敗。プロ野球史上初めて、2年連続でスイープされた。

後で読む
サンケイスポーツ

SMBC日本シリーズ第4戦(ソフトバンク4ー1巨人、ソフトバンク4勝、25日、ペイペイドーム)巨人・坂本勇人内野手(31)が敗戦後にコメントを発表し、来季の雪辱を誓った。

後で読む
サンケイスポーツ

プロボクシングミニマム級8回戦が25日、東京・後楽園ホールで行われた。WBC世界同級11位、WBA世界同級15位の田中教仁(35)=三迫=が、高田勇仁(22)=ライオンズ=に3-0の8回判定勝ち。世界戦での敗戦から再起を飾った。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球日本シリーズとサッカーJ1の優勝が史上初めて同じ日に決まった。25日、プロ野球はソフトバンクが巨人に4連勝し、J1は川崎が大勝した。

後で読む
東京スポーツ

 巨人のキャプテン坂本勇人内野手(31)が2年連続で4連敗を喫した日本シリーズを総括した。  歓喜する鷹ナインの姿をベンチから見つめた背番号6は「去年の悔しい思いを、今年は何とかやり返したいという気持…

後で読む
デイリースポーツ

「明治安田生命J1、横浜FC1-3清水」(25日、ニッパツ三ツ沢球技場) 横浜FCが清水に3失点で敗れた。今季リーグ4試合目のメンバー入りとなったFW三浦知良(53)は、ベンチスタートで最後まで出番なく終わった。チームも前半だけで3失点と流れをつかめなかった。

後で読む
東京スポーツ

 巨人・岡本和真内野手(24)が2年連続シリーズ4連敗の責任を痛感した。  本塁打(31本)、打点(97打点)のセ打撃2冠王として臨んだ背番号25を鷹バッテリーは徹底マーク。第1戦で千賀の内角球にバッ…

後で読む
デイリースポーツ

「明治安田生命J2、徳島3-0町田」(25日、ポカリスエットスタジアム) J2徳島のリカルド・ロドリゲス監督(46)は25日、J1浦和から新監督就任への正式なオファーが届いていることを認めた。

後で読む
デイリースポーツ

「明治安田生命J2、徳島3-0町田」(25日、ポカリスエットスタジアム) 首位を走る徳島が、その攻撃力を存分に発揮し、町田に大勝。首位をがっちり守った。

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第4戦、ソフトバンク4-1巨人」(25日、ペイペイドーム) ソフトバンクが史上初となる2年連続の4連勝で、4年連続、11度目の日本一に輝いた。試合終了後、喜ぶ選手たちとともに、「背番号01」のユニホームがあった。

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第4戦、ソフトバンク4-1巨人」(25日、ペイペイドーム) 巨人が4連敗。プロ野球史上初めて2年連続でスイープされた。

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第4戦、ソフトバンク4-1巨人」(25日、ペイペイドーム) 巨人が4連敗。プロ野球史上初めて2年連続でスイープされた。

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第4戦、ソフトバンク4-1巨人」(25日、ペイペイドーム) ソフトバンクが圧倒的な力で巨人を退け、4年連続11度目の日本一を達成した。2年連続の4戦4勝は史上初めて。日本シリーズでの最長連勝記録を12に伸ばし、ここ10年間での日本一は7回目。新たな歴史を刻む勝利となった。

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第4戦、ソフトバンク4-1巨人」(25日、ペイペイドーム) 巨人が悪夢の4連敗。プロ野球史上初めて、2年連続でスイープされた。完膚なきまでにたたきのめされ、球団史に刻まれる屈辱的な大惨敗となった。

後で読む
スポーツニッポン

首位の川崎Fが2位のG大阪を5―0で下し、2年ぶり3度目のリーグ制覇を成し遂げた。4試合を残しての優勝決定は、10年名古屋の3試合を超えるリーグ史上最速記録。直接対決を圧巻の内容で制し、今季限りで現役を引退する元日本代表MF中村憲剛(40)の花道を飾った。

後で読む
スポーツニッポン

イングランド・プレミアリーグの昨季王者リバプールのユルゲン・クロップ監督(53)が、出場機会が減っている日本代表FW南野拓実(25)について言及した。

後で読む
スポーツニッポン

コロナ禍に揺れた柏が、活動再開後初勝利を挙げた。1―1で迎えた後半30分だ。MF江坂からパスを受けたFWオルンガがゴール前へ抜け出すと、相手ディフェンダーを交わして左足でネットを揺らした。今季得点ランクを独走する出場26試合で25得点目。「追いつかれても、冷静に勝利をつかめた」と話したエースの一発を口火に、FWクリスティアーノ、FW神谷が立て続けにネットを揺らした。

後で読む
スポーツニッポン

湘南が先制したが、後半に追いつかれて引き分けた。

後で読む
東京スポーツ

4年連続の日本一に輝いたソフトバンクの工藤公康監督(57)が正妻・甲斐の好リードをたたえた。  4試合を通じて合計4失点は最少タイ記録。被安打16は日本シリーズ史上もっとも少ない数字だった。  圧倒…

後で読む
東京スポーツ

4年連続日本一のソフトバンク・栗原陵矢捕手(24)が日本シリーズMVPに輝いた。第1戦で巨人のエース・菅野から先制2ランを含む3安打4打点の大活躍。チームに勢いをつけると、4試合14打数7安打、打率…

後で読む
東京スポーツ

試合終了の瞬間、巨人ベンチは長い沈黙に包まれた。3連敗の崖っぷちで迎えた日本シリーズ第4戦は1―4。2年連続4連敗を喫し、球団ワーストタイとなるシリーズ9連敗の屈辱劇で幕を閉じた。1989年以来の逆…

後で読む
東京スポーツ

【加藤伸一 インハイアウトロー】初回の攻防に両軍の勝利に対する意識の差が表れていた。3連敗で後がない巨人は4番の岡本を除くすべての打順を変えて、1番・若林、2番・坂本の連続二塁打で今シリーズ初の先制点…

後で読む
東京スポーツ

Jリーグの村井満チェアマン(61)が、川崎の2年ぶり3度目の優勝を受けて祝福コメントを出した。 「川崎フロンターレの皆さま、2020明治安田生命J1リーグ優勝、おめでとうございます。クラブに関わる全…

後で読む
サンケイスポーツ

 日本ハムは25日、千葉県鎌ケ谷市の球団施設で宮台康平投手(25)、鈴木遼太郎投手(24)、吉田侑樹投手(26)、姫野優也外野手(23)の4選手へ来季の契約を結ばないことを通達した。

後で読む
サンケイスポーツ

 SMBC日本シリーズ第4戦(ソフトバンク-巨人、25日、ペイペイD)巨人のビエイラが日本シリーズ最速となる球速164キロをマークした。4番手として登板した六回、2死無走者での牧原との対戦で、2ストライクから内角高めに外れた3球目の速球で164キロを計測。ファウルを挟み、再び164キロで空振り三振に仕留めた。

後で読む
サンケイスポーツ

SMBC日本シリーズ第4戦(ソフトバンク4-1巨人、ソフトバンク4勝、25日、ペイペイドーム)2年連続の屈辱に、巨人・原辰徳監督は「攻撃型のチームが攻撃が機能しなかった。私を含め、コーチ、選手が一回りも二回りも大きくならないといけない」と言葉を絞り出した。4戦でわずか4得点、41三振を喫した。これで日本シリーズは2013年楽天戦から9連敗となり、59年ぶり2度目の屈辱。原監督にとっても9連敗で、巨人では1958年第4戦から翌59年第4戦まで8連敗した水原茂監督の8連敗を超える球団ワースト記録となった。

後で読む
サンケイスポーツ

SMBC日本シリーズ第4戦(ソフトバンク4-1巨人、ソフトバンク4勝、25日、ペイペイドーム)巨人は4連敗で敗退となった。原辰徳監督(62)は2年連続で同じ相手に4戦全敗で終わった日本シリーズを振り返った。一問一答は以下の通り。

後で読む
サンケイスポーツ

SMBC日本シリーズ第4戦(ソフトバンク4ー1巨人、ソフトバンク4勝、25日、ペイペイドーム)巨人は2年連続でソフトバンクに4戦全敗で敗退した。シリーズ通算16安打は、2005年の阪神と昨年の巨人が記録した22安打(ともに4試合)を下回り、史上ワーストとなった。4得点も2005年の阪神に並ぶワーストタイ。ソフトバンク投手陣の前に、打線が力を発揮できなかった。

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンク栗原陵矢捕手が日本シリーズMVPを獲得した。第1戦では巨人菅野から先制2ランを打つなど3安打4打点。第2戦ではシリーズタイ記録の1試合4安打を記録… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

▼巨人は日本シリーズで13年<7>戦から9連敗。シリーズ9連敗は巨人が58~61年に続けたワースト記録に並んだ。原監督のシリーズ9連敗は水原監督の10連敗(5… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

巨人坂本勇人内野手が今シリーズチーム初の先制打を放ったが、勝利に結び付かなかった。1回無死二塁、和田の121キロを捉え、左翼フェンス直撃の適時二塁打とし「チー… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 「日本シリーズ・第4戦、ソフトバンク4-1巨人」(25日、ペイペイドーム) 巨人が悪夢の4連敗。プロ野球史上初めて、2年連続でスイープされた。完膚なきまでにたたきのめされ、球団史に刻まれる屈辱的な大惨敗となった。

後で読む
サンケイスポーツ

明治安田J1第29節最終日(25日、横浜FC1-3清水、ニッパツ)横浜FCは主力MFの手塚が出場停止で、前半はサイドバックが主戦場の武田が中盤に入る布陣で戦った。しかし前線からの守備の連動性を欠き、3失点。下平監督は「いい入りができなかった。大いに反省すべきところ」と残念がった。

後で読む
サンケイスポーツ

明治安田J1第29節最終日(25日、鹿島1-4柏、カシマ)天皇杯全日本選手権に出場できる2位を目指す鹿島は痛い黒星を喫した。守備時は5バックになる相手をなかなか攻略できず、1点止まり。終盤は相手の速攻を止められずに失点が重なった。4失点は今季最多で、右サイドバックの小泉は「相手の方がボールを取った後の切り替えが速かった」と課題を挙げた。

後で読む
サンケイスポーツ

明治安田J1第29節最終日(25日、横浜FC1-3清水、ニッパツ)清水は前半の戦いが秀逸だった。前線の選手が労を惜しまずプレスをかけ、何度も相手のミスを誘った。攻撃時のパス回しも安定感があった。5失点で大敗した前節の札幌戦から立て直し、平岡監督は「前半は完璧に近かった」と満足げだった。

後で読む
サンケイスポーツ

SMBC日本シリーズ第4戦(ソフトバンク4ー1巨人、ソフトバンク4勝、25日、ペイペイドーム)ソフトバンクが怒濤の4連勝で4年連続日本一となり、MVPは栗原陵矢内野手(24)が選ばれた。

後で読む
日刊スポーツ

川崎フロンターレがJリーグで、ソフトバンクが日本シリーズで、それぞれ優勝を決めた。Jリーグが1シーズン制の年(96年、05年~14年、17年~現在)で、日本シ…

後で読む
日刊スポーツ

ガンバ大阪が、独走川崎フロンターレに0-5で完敗し、優勝阻止はならなかった。05年、宮本恒靖監督(43)が現役だったG大阪は、この等々力で初優勝を決めた。その…

後で読む
日刊スポーツ

ヴィッセル神戸が広州広大(中国)と、横浜F・マリノスは上海上港(中国)と、ともにカタールで対戦。横浜戦は午後10時開始予定。ニッカンスポーツコムで速報します。…

後で読む
日刊スポーツ

川崎Fが史上最速Vを決めた。2位G大阪との直接対決を5-0で圧勝し、4試合を残し2年ぶり3度目の優勝を飾った。今季は新型コロナウイルスの影響でリーグ戦が開幕直…

後で読む
日刊スポーツ

川崎フロンターレが2位ガンバ大阪を下して、2年ぶり3度目のリーグ優勝を決めた。川崎F52-03-00G大阪==…

後で読む
東京スポーツ

 国内女子ツアーの年内最終戦「JLPGAツアー選手権リコー杯」(26日~、宮崎・宮崎CC=パー72)を前に、先週棄権の原英莉花(21=日本通運)が右ヒザ痛の回復を報告した。  先週は初日のラウンド後に…

後で読む
東京スポーツ

 J1川崎が2年ぶり3度目の優勝を果たし、今季限りで引退するMF中村憲剛(40)が万感の思いを明かした。  2位G大阪との直接対決で5―0と圧勝でVを決めた試合後にオンラインで会見した中村は最高の形で…

後で読む
デイリースポーツ

都市対抗野球大会第4日は25日、東京ドームで1回戦が行われ、JR東日本(東京都)日本新薬(京都市)三菱重工広島(広島市)が2回戦に勝ち上がった。 JR東日本は九回に佐藤がサヨナラ2ランを放ち、三菱自動車岡崎(岡崎市)を4-2で下した。阪神ドラフト2位指名の伊藤は5安打完投。日本新薬は六回に福永が先制2ランを放ち、TDK(にかほ市)に2-1で競り勝った。三菱重工広島は3-3の五回に松永の適時打などで4点を挙げ、日本製鉄鹿島(鹿嶋市)を7-6で破った。

後で読む
デイリースポーツ

【ベルリン共同】オーストリア・スキー連盟は25日、ジャンプ男子でワールドカップ(W杯)歴代最多53勝を誇るグレゴア・シュリーレンツァウアーとフィリプ・アシェンワルトの2選手、アンドレアス・ビドヘルツル・ヘッドコーチの計3人が新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示したと発表した。シュリーレンツァウアーとヘッドコーチは軽い症状が出ているという。 感染予防策として、21、22日にビスワ(ポーランド)のW杯に出場していた昨季の個人総合王者クラフトら同国の他選手も自主隔離をしている。28、29日にルカ(フィンランド)で開催されるW杯にはBチームを派遣するという。

後で読む
デイリースポーツ

SMBC日本シリーズ2020は25日、ペイペイドームで第4戦が行われ、ソフトバンク(パ・リーグ優勝)が巨人(セ・リーグ優勝)に4-1で勝ち、4連勝として4年連続11度目(南海、ダイエー時代を含む)の日本一に輝いた。シリーズ4連覇は、1965年から9連覇した巨人以来2球団目。 同一チームが2年連続で4勝0敗としてシリーズを終えるのは史上初。8年連続でパの球団が日本一となり、71度目の日本シリーズでパのチームの優勝回数が36度となり、セを上回った。

後で読む
デイリースポーツ

「アジアCL・1次リーグ、広州恒大1-3神戸」(25日、ドーハ) G組の神戸は広州恒大(中国)とハリファ国際スタジアムで対戦し、元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(36)のACL初ゴールなどで昨季中国王者を下した。2連勝で勝ち点6とした神戸は2試合を残して同組2位以内が確定し、初出場で決勝トーナメント進出を果たした。

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第4戦、ソフトバンク4-1巨人」(25日、ペイペイドーム) 巨人が攻守で完敗し、4連敗。プロ野球史上初めて、2年連続でスイープされた。

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第4戦、ソフトバンク4-1巨人」(25日、ペイペイドーム) ソフトバンクが圧倒的な力で巨人を退け、4年連続11度目の日本一を達成した。2年連続の4戦4勝は史上初めて。日本シリーズでの最長連勝記録を12に伸ばし、ここ10年間での日本一は7回目。新たな歴史を刻む勝利となった。

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第4戦、ソフトバンク4-1巨人」(25日、ペイペイドーム) ソフトバンクが圧倒的な力で巨人を退け、4年連続11度目の日本一を達成した。2年連続の4戦4勝は史上初めて。日本シリーズでの最長連勝記録を12に伸ばし、ここ10年間での日本一は7回目。新たな歴史を刻む勝利となった。

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクが逆転勝ちした。0-1の一回に柳田の右越え2ランで逆転し、二回には甲斐の左越え2ランでリードを広げた。先発の和田は2回1失点で交代。その後は松本や嘉弥真らでつなぎ、終盤もモイネロ、森のリレーで試合を締めた。 巨人は畠が2本塁打を浴びて二回途中4失点で降板。打線も一回の1得点だけに終わった。

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第4戦、ソフトバンク4-1巨人」(25日、ペイペイドーム) ソフトバンクが史上初となる2年連続4連勝で、4年連続11度目の日本一に輝いた。MVPは栗原が選ばれた。

後で読む
スポーツニッポン

ACL初出場の神戸が、元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(36)の活躍などで1次リーグ2連勝を飾り、早くも決勝トーナメント進出を決めた。

後で読む
スポーツニッポン

ACL初出場の神戸が24日、1次リーグ広州恒大戦に臨み、先発に抜てきされたルーキーDF山川哲史(23)らの活躍で3―1と勝利し、2位以内が確定したことで決勝トーナメント進出を決めた。

後で読む
スポーツニッポン

明治安田生命J1リーグ第29節最終日の6試合が25日に行われ、首位・川崎Fがホームで2位・G大阪を5―0で下し2年ぶり3度目のリーグ制覇を決めた。4試合を残しての優勝決定は、現行の34試合制となった2005年以降では10年の名古屋の残り3試合を上回る史上最速となった。

後で読む
スポーツニッポン

明治安田生命J1リーグ第29節最終日の6試合が25日に行われ、首位・川崎Fがホームで2位・G大阪を5―0で下し2年ぶり3度目のリーグ制覇を決めた。

後で読む
スポーツニッポン

鳴門の海から吹く風がJ2徳島イレブンに活力を与えた。ホームで3発の快勝劇。引き分けた3位長崎に勝ち点7差をつけ、次節アウェー金沢戦(29日)にも、7年ぶりのJ1昇格へ王手がかかることになった。

後で読む
日刊スポーツ

B1新潟アルビレックスBBは25日、新外国籍選手のPFアレン・ダーラム(32)と契約合意したことを明らかにした。26日の練習から合流予定で、リーグ戦が再開する…

後で読む
サンケイスポーツ

明治安田J1第29節最終日(25日、川崎5-0G大阪、等々力)今季限りで現役を引退する40歳の中村は、後半41分から出場した。キャプテンマークを大島から託され「にくいことをするなと思った。ちょっと泣きそうになった」。終了の笛に両手を握り、仲間たちと抱き合った。

後で読む
東京スポーツ

まさかのエース投入となるのか。巨人・菅野智之投手(31)が3点ビハインドの7回からブルペンでの投球を始めた。  後がない巨人は6回に勝ちパターンのビエイラが登板。それと同時にまさかの背番号18がブル…

後で読む
東京スポーツ

J1川崎は25日のG大阪戦(等々力)に5―0で勝利し、2年ぶり3度目のリーグ優勝。4試合を残してのJ1史上最速Vに、他クラブのサポーターからは数々の愚痴がこぼれてきた。  FC東京サポーターは「逆に…

後で読む
東京スポーツ

J1神戸は25日、カタールで集中開催されているアジアチャンピオンズリーグ(ACL)の再開初戦となる1次リーグG組の広州恒大(中国)戦に3―1で快勝した。  元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(…

後で読む
東京スポーツ

J1川崎は25日のG大阪戦(等々力)に4―0で勝利を収め、2年ぶり3度目のリーグ優勝を果たした。  勝てば優勝が決まる21日の大分戦(昭和電ド)では、0―1でまさかの敗戦。不穏な空気が漂ったが、鬼木…

後で読む
サンケイスポーツ

この日の川崎フロンターレは、前節・大分トリニータ戦(0ー1)から先発5人を変更。中村憲剛、長谷川竜也、小林悠、齋藤学、出場停止の谷口彰悟が外れ、ジェジエウ、田中碧、3試合ぶりの家長昭博、レアンドロ・ダミアン、三笘薫が入った。

後で読む
サンケイスポーツ

SMBC日本シリーズ第4戦(ソフトバンク-巨人、25日、ペイペイD)ソフトバンクの松本が日本シリーズ初登板で好投した。4-1の三回から2番手でマウンドに上がり、坂本、丸、岡本の好打順を三者凡退に抑えるなど2回2/3を2安打無失点、4三振。150キロ超の速球に切れのある変化球を交えて抑え「しっかりと準備はできていた」と納得の表情だった。

後で読む
サンケイスポーツ

明治安田J1第29節最終日(25日、川崎5-0G大阪、等々力)G大阪の宮本監督は「残念に思う。相手の良さがたくさん出て、われわれは少しパワーが足りなかった」。現役時代の2005年にリーグ初制覇を決めたスタジアムで川崎の優勝を阻止できなかったことを悔やんだ。

後で読む
日刊スポーツ

日本ハム中田翔内野手(31)が25日、都内で開かれた「第13回ペアレンティングアワード」の授賞式に出席した。今年育児業界に影響を与えた著名人らに贈られる同賞の… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

巨人菅野智之投手(31)がブルペンで投球練習を行い、中3日でのリリーフ登板に備えた。千賀と投げ合った第1戦では、6回6安打4失点。87球で降板し「次のチャンス… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「都市対抗野球・1回戦、JR東日本4-2三菱自動車岡崎」(25日、東京ドーム) 阪神ファン注目の一戦はJR東日本のサヨナラ勝ちで幕を閉じた。スタンドには阪神の帽子とユニホームを着用し応援するファンの姿もあった。

後で読む
サンケイスポーツ

バルセロナのDFジョルディ・アルバは、同僚のセルジーニョ・デストについて太鼓判を押した。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は25日、カタールのドーハで東地区1次リーグのG組第3戦が行われ、神戸が広州恒大(中国)を3-1で下し、勝ち点を6として決勝トーナメント進出を決めた。H組の横浜Mは上海上港(中国)との顔合わせ。

後で読む
東京スポーツ

 12月24日に後楽園ホールで行われる「チャクリキ8 Girls Bravo」のカード発表会見が行われ、メインに出場する〝鬼に金棒〟こと世志琥(27=シードリング)とSareee(24=WWEカウント…

後で読む
東京スポーツ

 国内女子ツアーの年内最終戦「JLPGAツアー選手権リコー杯」(26日~、宮崎・宮崎CC=パー72)を前に、昨年11アンダーでこの大会を制したペ・ソンウ(26=韓国)は今年の優勝スコアを「1桁アンダー…

後で読む
東京スポーツ

 第4戦(25日、ペイペイ)もソフトバンクの一方的な展開となっている今年の日本シリーズを巡り、〝球界の狂犬〟こと元ロッテOBの愛甲猛氏(58)と加藤哲郎氏(56)がツイッター上で軽妙なやり取りを繰り広…

後で読む
デイリースポーツ

「明治安田生命J1、川崎5-0G大阪」(25日、等々力陸上競技場) 川崎がFW家長昭博のハットトリックなど5ゴールで圧勝し、2年ぶり3度目のJ1優勝を決めた。4試合を残しての優勝は18チーム34試合制が固定した2005年以降では3試合残した10年の名古屋を超えて史上最速となる。24勝3分け3敗の勝ち点75とした川崎は、15年・広島、16年・浦和の74を超えてJ1最多勝ち点も記録した。

後で読む
デイリースポーツ

「アジアCL・1次リーグ、広州恒大1-3神戸」(25日、ドーハ) G組の神戸は広州恒大(中国)とハリファ国際スタジアムで対戦し、元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(36)のACL初ゴールなどで昨季中国王者を下した。2連勝で勝ち点6とした神戸は2試合を残して同組2位以内が確定し、初出場で決勝トーナメント進出を果たした。

後で読む
デイリースポーツ

「明治安田生命J1、川崎5-0G大阪」(25日、等々力陸上競技場) 川崎が2位・G大阪に5ゴール圧勝し、2年ぶり3度目のJ1優勝を決めた。今季限りでの現役引退を表明しているMF中村憲剛(40)は後半41分から途中出場。歓喜の瞬間をピッチで迎えた。

後で読む
デイリースポーツ

サッカーのJ1川崎は25日、ホームの川崎市等々力陸上競技場でG大阪を5-0で下し、2年ぶり3度目のリーグ制覇を決めた。4試合を残しての優勝は、2010年に3試合を残して優勝した名古屋を上回る最速記録。 川崎は前半から持ち前の攻撃力で圧倒し、家長昭博が3得点と活躍した。今季は、延長を除く同一シーズンのJ1新記録となる12連勝をマークするなど、第4節から一度も首位の座を譲ることなく独走。その強さを見せつける試合で優勝を決めた。

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第4戦、ソフトバンク-巨人」(25日、ペイペイドーム) 3番手でマウンドに上がった巨人・戸郷が四回の3者連続三振を含む、4奪三振で2回1/3無安打無失点の好投でバトンをつなげた。

後で読む
デイリースポーツ

取手二、常総学院の監督として甲子園通算3度の優勝へと導いた木内幸男氏(享年89)の死去から一夜明けて教え子でもある常総学院・島田直也監督が25日、茨城・土浦市内の同校グラウンドで恩師への恩返しを誓った。 突然の訃報を耳にして「まだ本当に気持ちの整理がついていなくて。(思い出を)振り返っていたら寝られなくて、いまもまだ実感が湧かない」と率直な思いを打ち明けた。1987年夏に監督、エースの間柄で甲子園準優勝。卒業後にプロ入りも果たし、「木内先生の指導があっていまの僕がある」と感謝は尽きない。

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第4戦、ソフトバンク-巨人」(25日、ペイペイドーム) 巨人のビエイラ投手が4番手で登板。自己最速164キロをマークした。160キロ台の直球を連発させ、スタンドをどよめかせた。

後で読む
デイリースポーツ

元ロッテの里崎智也氏と、アンタッチャブル・山崎弘也が25日、日本シリーズ第4戦・ソフトバンク-巨人でフジテレビ中継の副音声を担当した。里崎氏が「YouTubeで試合の総評をやると…すごい勢いで回るんですよ。邪心ですけど巨人応援してます」と第7戦まで続くことを願うなど、2人で奔放トークを展開した。 巨人・増田が里崎氏と同郷の徳島であることが話題になると、山崎が「四国の中で第2位でしたっけ?」と切り出した。

後で読む
スポーツニッポン

明治安田生命J1リーグ第29節最終日の6試合が25日に行われ、首位・川崎Fがホームで2位・G大阪を5―0で下し2年ぶり3度目のリーグ制覇を決めた。4試合を残しての優勝決定は、現行の34試合制となった2005年以降では10年の名古屋の残り3試合を上回る史上最速。驚異的な強さでの頂点到達で、今季限りでの引退を発表している元日本代表MF中村憲剛(40)の花道を飾った。

後で読む
スポーツニッポン

等々力競技場に足を運ぶたび、上海のことを思い出す。

後で読む
スポーツニッポン

明治安田生命J1リーグ第29節最終日の6試合が25日に行われ、首位・川崎Fがホームで2位・G大阪を5―0で下し2年ぶり3度目のリーグ制覇を決めた。4試合を残しての優勝決定は、現行の34試合制となった2005年以降では10年の名古屋の残り3試合を上回る史上最速となった。

後で読む
東京スポーツ

J1川崎の元日本代表MF家長昭博(34)が25日、引き分け以上でリーグ優勝が決まるG大阪戦(等々力)でハットトリックを達成した。  1―0の前半45分に追加点を決めると、後半に勢いが爆発。2―0の後…

後で読む
東京スポーツ

いまだ所属先が決まらない元日本代表MF香川真司(31)に〝恩師〟が救いの手を差し伸べるのか――。  10月にスペイン2部サラゴサを退団後は所属先が決まらずフリーの身が続いている香川。希望するスペイン…

後で読む
東京スポーツ

J1川崎は25日のG大阪戦(等々力)に5―0で勝利を収め、2年ぶり3度目のリーグ制覇を成し遂げた。  前半22分にDF登里享平(30)が左サイドからクロスを供給すると、ペナルティーエリア手前からゴー…

後で読む
東京スポーツ

やっぱり持っている男だ。J1川崎は25日のG大阪戦(等々力)に5―0で勝利を収め、J1史上最速で2年ぶり3度目のリーグ優勝が決定。今季限りでの引退を表明しているMF中村憲剛(40)も後半41分から出…

後で読む
サンケイスポーツ

第91回都市対抗野球大会第4日(25日、JR東日本4x-2三菱自動車岡崎、東京ドーム)阪神からドラフト2位指名されたJR東日本・伊藤将司投手(24)が9回5安打2失点で完投。チームは三菱自動車岡崎に4-2でサヨナラ勝利した。

後で読む
サンケイスポーツ

SMBC日本シリーズ第4戦(ソフトバンク-巨人、25日、ペイペイD)ソフトバンクの和田は2回で48球を要し、3安打1失点で降板した。一回、先頭打者の若林と坂本に連続二塁打を浴びて先制された。なお2死一、二塁では中島に追い込んでから9球連続ファウルで粘られたが、チェンジアップで空振り三振に仕留め切り抜けた。

後で読む
サンケイスポーツ

広島・河田雄祐新ヘッドコーチ(52)=前ヤクルト外野守備走塁コーチ=が25日、マツダスタジアムでの秋季練習後取材に応じ、今年取得した国内FA権行使の有無に注目が集まる田中広輔内野手(31)を通信アプリ「LINE」で説得していると明かした。

後で読む
日刊スポーツ

阪神ドラフト2位のJR東日本・伊藤将司投手(24)が9回5安打2失点と好投し、チームをサヨナラ勝利へ導いた。初回に先頭打者本塁打を許し、2回にも1点を献上。や… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

都市対抗大会第4日は1回戦3試合。https://www.nikkansports.com/baseball/amate… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

日本スケート連盟(JSF)は25日、フィギュアスケートの全日本選手権(12月24~27日、長野・ビッグハット)のエントリー選手を発表し、男子で五輪連覇の羽生結弦(25=ANA)が名を連ねた。  羽生…

後で読む
サンケイスポーツ

SMBC日本シリーズ第4戦(ソフトバンク-巨人、25日、ペイペイD)日本シリーズ初登板を先発で果たした巨人の畠は2本の2点本塁打を浴び、二回途中でKOされた。1点を先行して迎えた一回1死二塁で柳田に初球のフォークボールを右翼席に運ばれた。1-2の二回2死一塁では甲斐に直球を左翼ポール際に打ち込まれ、降板となった。

後で読む
サンケイスポーツ

SMBC日本シリーズ第4戦(ソフトバンク-巨人、25日、ペイペイD)巨人の坂本が0-0の一回に適時二塁打を放った。先頭打者の若林が二塁打で出塁して無死二塁で、和田の内寄りの変化球を鋭い回転で振り抜いて左越えへ運び「自分がランナーをかえす気持ちでいった」とうなずいた。

後で読む
サンケイスポーツ

SMBC日本シリーズ第4戦(ソフトバンク-巨人、25日、ペイペイD)ラグビー元日本代表で、福岡県出身の福岡堅樹(パナソニック)が始球式に臨んだ。高めにいった球が捕手のミットに直接収まり「マウンドに立って投球するという夢がかない、大変うれしく感じている」と笑みを浮かべた。

後で読む
日刊スポーツ

なでしこジャパン(女子サッカー日本代表)の候補合宿に初招集されたGKスタンボー華(21=INAC神戸レオネッサ)が25日、オンライン取材に応じた。23日から福…

後で読む
日刊スポーツ

川崎フロンターレが、史上最速となる4試合を残しての2年ぶり3度目Vを決めた。終盤は足踏みしたが、シーズン中に10連勝と12連勝を達成するなど、圧倒的な強さで数…

後で読む
スポーツニッポン

女子ゴルフ今年最終戦となるメジャーのツアー選手権リコー杯は26日、宮崎県の宮崎CC(6543ヤード、パー72)で開幕する。前週の大王製紙エリエール・レディースで今季最高の5位に入り、上り調子の渋野日向子(22=サントリー)は「絶好調です!」と笑顔で宣言した。

後で読む
東京スポーツ

 欠場者が出たことによる繰り上がりで初の海外メジャー「全米女子オープン」(12月10日~、テキサス州)出場が決まった三ヶ島かな(24=ランテック)がその顛末を明かした。  最初に連絡を受けたのは10日…

後で読む
デイリースポーツ

「明治安田生命J1、川崎-G大阪」(25日、等々力陸上競技場) 2年ぶり3度目のリーグ優勝に王手をかけている川崎と2位・G大阪との注目の一戦。前半から両チームの選手がエキサイトする場面が起こった。

後で読む
デイリースポーツ

東京都府中市で合宿中のラグビー7人制男子の日本代表候補が25日、練習を報道陣に公開し、代表選考の一環として29日に行われる候補選手同士の試合を控え、2016年リオデジャネイロ五輪代表の合谷(クボタ)は「練習からばちばち(やり合う)感がある。セブンズの魅力をファンに見せられるのはうれしい」と抱負を語った。 練習では接触を伴ったメニューで攻守を磨いた。新型コロナウイルスの影響で大会などがなくなり、29日は久しぶりの実戦となる。加納(明治安田生命)は「久しぶりだからといって浮いた気持ちで派手なプレーをせず、自分らしいプレーをしたい」と決意した。

後で読む
デイリースポーツ

「アジアCL・1次リーグ、広州恒大-神戸」(25日、ドーハ) G組の神戸は広州恒大(中国)とハリファ国際スタジアムで対戦し、前半44分に元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(36)の神業アシストからFW古橋亨梧(25)が先制ゴールを決め、1-0で前半を折り返した。

後で読む
デイリースポーツ

「明治安田生命J1、川崎-G大阪」(25日、等々力陸上競技場) 引き分け以上で2年ぶり3度目の優勝が決まる川崎がFW家長昭博がハットトリックを決めた。

後で読む
デイリースポーツ

ヤクルト・小川泰弘投手が、今季中に取得した国内FA権の行使を検討していることが25日、分かった。 球団側に「(他球団の)評価を聞いてみたい」と伝えているもようで、球団幹部は「ぜひ小川にも残留してほしいなと思っていて、仮にFA宣言したとしても、やはり残ってもらうべく最大限の努力はしていかないといけない」と語った。球団は宣言残留も認めているという。

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第4戦、ソフトバンク-巨人」(25日、ペイペイドーム) ソフトバンクは三回から2番手の松本が登板し、早いイニングからの継投に入った。先発の和田は2回1失点で降板した。

後で読む
デイリースポーツ

SMBC日本シリーズ2020は25日、ペイペイドームで第4戦が行われ、4連覇を狙うソフトバンク(パ・リーグ優勝)と8年ぶりの頂点を目指す巨人(セ・リーグ優勝)が対戦し、ソフトバンクが二回を終えて4-1とリード。 ソフトバンクは一回に1点の先制を許したが、その裏に柳田の2ランで逆転。二回には甲斐の2ランで加点した。

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第4戦、ソフトバンク-巨人」(25日、ペイペイドーム) 巨人の坂本勇人内野手が意地のファインプレーでチームを鼓舞した。

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクが4連勝日本一に王手をかけて迎えた、日本シリーズ第4戦が行われた25日、ネット上ではソフトバンクが得点するたびに「あと9点」などがトレンド入りし、4-1となった二回には「7点」がトレンド1位となった。 試合は巨人が1点先制したが、一回裏にソフトバンクが柳田の2ランで逆転すると、ネット上は「あと9点」で沸き、二回に甲斐の2ランでリードを広げると「7点」がトレンド1位となった。

後で読む
日刊スポーツ

バスケットボールのB1秋田ノーザンハピネッツは25日、野本建吾(28=写真)の新型コロナウイルス感染を発表した。14、15日にアウェーで対戦した千葉の選手・チ…

後で読む
日刊スポーツ

関西学生アメリカンフットボールの立命大が、打倒関学大を誓った。25日、甲子園ボウル出場をかけたトーナメント決勝(28日、万博記念競技場)を前にオンラインで会見…

後で読む
サンケイスポーツ

国際サッカー連盟(FIFA)は25日、各年間最優秀賞の候補者を発表し、女子最優秀選手の候補11人に日本代表の熊谷紗希(リヨン)が名を連ねた。対象期間は2019年7月から20年10月で、熊谷は欧州チャンピオンズリーグ決勝でゴールを決めてチームの5連覇と、国内タイトルを含む「3冠」達成に貢献した。

後で読む
サンケイスポーツ

J1横浜Mは25日、下部組織やスクール事業、地域貢献活動を担う「一般社団法人F・マリノススポーツクラブ」を立ち上げたと発表した。トップチームの運営や強化は従来通り「横浜マリノス株式会社」が管轄する。

後で読む
東京スポーツ

国際サッカー連盟(FIFA)は25日、各年間最優秀賞の候補者を発表した。  男子の最優秀選手部門は、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(33=バルセロナ)、ポルトガル代表FWクリスチアーノ・ロナウ…

後で読む
東京スポーツ

日本シリーズに3連敗中の巨人は25日のソフトバンク戦(ペイペイ)に先発した先発の畠世周投手(26)が、初回に2点を失い、あっさりと逆転を許した。  初回の攻撃で今シリーズ初めて先制点をもぎ取ったのも…

後で読む
東京スポーツ

広島・佐々岡真司監督(53)が〝直談判〟で残留要請を行った。25日、マツダスタジアムでは秋季練習が行われ、この日から合流した河田ヘッドコーチが見守るなかナインは午前と午後の2部練習で汗を流した。  …

後で読む
東京スポーツ

反攻ムードが無残に打ち砕かれた。巨人先発・畠世周投手(26)がわずか34球、2被弾4失点、2回持たずにマウンドを降りた。  1点リードの初回一死二塁で柳田に弾丸ライナーの一発であっさり逆転を許すと、…

後で読む
サンケイスポーツ

日本バスケットボール協会は25日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターでの男子日本代表合宿中に、エドワーズ・ギャビン(千葉)の新型コロナウイルス感染が判明したことを受けてPCR検査を受けた選手・スタッフら23人が全員陰性と判定されたと発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

SMBC日本シリーズ第4戦(ソフトバンク-巨人、25日、ペイペイドーム)ソフトバンク・甲斐拓也捕手(28)が追加点となる2ラン。今シリーズ2号を突き刺し、巨人を突き放した。

後で読む
日刊スポーツ

中日の最優秀中継ぎ賞コンビ、祖父江大輔投手、福敬登投手の2人にスロー調整指令が出された。「今年フル回転した人は来年の始動までに疲れを取ってもらう。2月に何試合… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

19年ドラフト2位の阪神井上広大外野手(19)が中日大野雄にリベンジを誓った。今季は10月14日中日戦で1軍初昇格即スタメンを飾り、竜のエースと3打席対戦。2… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 「日本シリーズ・第4戦、ソフトバンク-巨人」(25日、ペイペイドーム) ソフトバンクが一発攻勢でリードを広げた。二回に甲斐が2号2ランを放った。

後で読む
サンケイスポーツ

女子ゴルフの今季国内メジャー第3戦「JLPGAツアー選手権リコー杯」は26日、宮崎・宮崎CC(6543ヤード、パー72)で開幕する。ツアー史上3人目の3週連続優勝が懸かる古江彩佳(フリー)は最終調整を終え「調子はぼちぼち。記録は運。楽しんだらいいのかなと思います」と話した。単独2位以上ならば賞金ランキング1位に立つ可能性があり、単独6位以上で生涯獲得賞金は1億円を突破する。五輪代表に急浮上の20歳は今年の漢字一文字に「笑」を選び、「笑顔で試合を楽しめているから」と話した。

後で読む
サンケイスポーツ

SMBC日本シリーズ第4戦(ソフトバンクー巨人、25日、ペイペイドーム)4年連続の日本一を目指すソフトバンクの柳田悠岐外野手(32)が逆転2ラン。スタンドインを確信して、華麗にバットを放り投げた。

後で読む
サンケイスポーツ

東京・府中市内で強化合宿中のラグビー7人制男子日本代表候補が25日、練習を公開。約1時間半にわたり攻防練習などで汗を流した。29日には、埼玉・熊谷ラグビー場で来夏の東京五輪の選考を兼ねた紅白戦が行われる。観客も入れて行う真剣勝負に、加納遼大(28)=明治安田生命=は、「練習してきたことを全て出せればいい。個人的に取り組んできたことも出せるのがベスト」と力を込めた。

後で読む
スポーツニッポン

今月29日に埼玉・熊谷ラグビー場で行われる東京五輪代表選考を兼ねたチーム内マッチ「リポビタンD presents JAPAN RUGBY CHALLENGE 2020」を控える7人制ラグビー男子日本代表が25日、東京都府中市で実施中の合宿を報道陣に公開した。

後で読む
東京スポーツ

 国内女子ツアーの年内最終戦「JLPGAツアー選手権リコー杯」(26日~、宮崎・宮崎CC=パー72)を前に、渋野日向子(22=サントリー)、古江彩佳(20)がそれぞれ色紙に今年を振り返る感じ一文字を書…

後で読む
デイリースポーツ

「アジアCL・1次リーグ、広州恒大-神戸」(25日、ドーハ) G組の神戸は広州恒大(中国)とハリファ国際スタジアムで再開初戦を迎える。両チームの先発メンバーが発表され、神戸は主将の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(36)らが名を連ねた。外国籍選手ではDFダンクレー(28)とMFセルジ・サンペール(25)は帯同していない。

後で読む
東京スポーツ

 引き分け以上でJ1史上最速Vとなる川崎は、25日にG大阪(等々力)と対戦。前半22分に待望の先取点を挙げた。  DF登里享平(30)が左サイドからクロスを供給すると、ペナルティーエリア手前からゴール…

後で読む
デイリースポーツ

サッカースペイン1部リーグ、ベティスがビリャレアルからの退団を考えているとされる日本代表MF久保建英の獲得に少なくない関心を持っているという。セビージャのスポーツ紙、エスタディオ・デポルティボが伝えている。 情報によると、ベティスは所属選手でスペイン代表のMFカナレスが負傷で来年2月まで戦線離脱する見通しのため、ゲームメーカーの補強が緊急課題となっている。ともにバルセロナ所属のMFリキ・プッチ、MFアレニャの獲得が現実味のある戦力補充だが、今年夏にレンタル獲得を目論んだ久保の現状を考えると実現までの障害はあるものの望みを捨てていないという。

後で読む
デイリースポーツ

「明治安田生命J1、川崎-G大阪」(25日、等々力陸上競技場) 2年ぶり3度目のリーグ優勝に王手をかけている川崎が前半22分、FWレアンドロダミアンのゴールで先制した。

後で読む
デイリースポーツ

【ロンドン共同】国際サッカー連盟(FIFA)は25日、各年間最優秀賞の候補者を発表し、女子最優秀選手の候補11人に日本代表の熊谷紗希(リヨン)が名を連ねた。対象期間は2019年7月から20年10月で、熊谷は欧州チャンピオンズリーグ決勝でゴールを決めてチームの5連覇と、国内タイトルを含む「3冠」達成に貢献した。 男子の最優秀選手はメッシ(バルセロナ)やロナルド(ユベントス)、レバンドフスキ(バイエルン・ミュンヘン)らが候補に挙がった。受賞者は各代表チームの監督や主将をはじめ、記者やファンの投票で決まる。表彰式は12月17日にオンラインで行われる。

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第4戦、ソフトバンク-巨人」(25日、ペイペイドーム) 巨人が先制し、今シリーズ初めてリードを奪った。

後で読む
デイリースポーツ

元ロッテの里崎智也氏と、アンタッチャブル・山崎弘也が25日、日本シリーズ第4戦・ソフトバンク-巨人でフジテレビ中継の副音声を担当した。 里崎氏に巨人を応援してますかと聞かれると、山崎は「芸人として関係を築いてきた元木大介ヘッドコーチもいますから。4タテは避けて欲しいな。わくわくしたい」と語った。

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第4戦、ソフトバンク-巨人」(25日、ペイペイドーム) 今シリーズ初めて先制を許したソフトバンクが、初回のうちに柳田が逆転2ランを放った。

後で読む
東京スポーツ

崖っぷちの巨人が、今シリーズ、初の先制点をたたき出した。打線を大幅に変えて臨んだ、25日の日本シリーズ第4戦(ペイペイ)。ソフトバンク先発・和田の立ち上がりを捉えた。  1番に入った若林晃弘内野手(…

後で読む
東京スポーツ

スペイン1部ビリャレアルの日本代表MF久保建英(19)を巡って同国メディアが、それぞれの立場で主張を展開している。  保有権を持つスペイン1部レアル・マドリード寄りメディアとされる「ディフェンサ・セ…

後で読む
サンケイスポーツ

広島の田中広輔内野手が25日、マツダスタジアムで取材に応じ、今季取得した国内フリーエージェント(FA)権について「時期がくれば、お話しします」と語るにとどめた。この日、佐々岡真司監督から残留を願われ「もちろんうれしいし、それも踏まえてしっかり考えたい」とした。

後で読む
サンケイスポーツ

ユベントス指揮官アンドレア・ピルロが、フェレンツヴァーロシュ戦終了後にコメントを発している。

後で読む
サンケイスポーツ

元ヴィッセル神戸指揮官のトルステン・フィンク氏が、ドイツ『spox』のインタビューで日本と欧州の違いについて言及。チーム内の上下関係やサポーターとの関係に関して、賛辞を惜しまなかった。

後で読む
サンケイスポーツ

SMBC日本シリーズ2020は25日、ペイペイドームで第4戦を実施。ソフトバンクが勝てば、4年連続11度目の日本一。史上初となる2年連続の4連勝を狙う。先発はソフトバンク・和田、巨人・畠。

後で読む
日刊スポーツ

SMBC日本シリーズ2020の第4戦は3連勝のソフトバンクが本拠地ペイペイドームで巨人と対戦。ソフトバンクが勝って4年連続の日本一を達成するか、それとも巨人が… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第4戦、ソフトバンク-巨人」(25日、ペイペイドーム) 崖っぷちの巨人はエース・菅野がベンチ入りメンバーに名を連ねた。初戦に先発して敗戦し、87球で交代していた。

後で読む
デイリースポーツ

DeNAからドラフト4位で指名された小深田大地内野手(17)=履正社=が25日、大阪市内のホテルで母・美子さんとともに入団交渉に臨み、契約金4000万円、年俸560万円(金額は推定)で仮契約を結んだ。背番号は佐野恵太が付けていた「44」に決まった。 仮契約を終えた期待のスラッガーは「改めて頑張らないといけないと思いました。『佐野さんの後継者になれるように』と言われたので、その背番号で伝説をつくっていけるよう頑張りたいです」と目を輝かせた。

後で読む
デイリースポーツ

「都市対抗野球・1回戦、三菱自動車岡崎-JR東日本」(25日、東京ドーム) 阪神ファン注目の一戦が行われる。JR東日本の先発を務めるのは阪神がドラフト2位で指名した伊藤将司投手(24)。即戦力候補として期待される左腕が社会人野球集大成となる大会の初戦でエースとしてマウンドに上がる。

後で読む
サンケイスポーツ

阪神・矢野耀大監督(51)が25日、甲子園で行われた秋季練習後、報道陣に対応し、2020年のドラフト1位・西純矢投手(19)について言及。来年2月の春季キャンプのメンバー入りを示唆した。一問一答は以下の通り。

後で読む
サンケイスポーツ

日本ボクシングコミッション(JBC)は25日、新型コロナウイルスに感染した小西伶弥(SUN-RISE)が2度の検査で陰性と判定されたと発表した。23日に兵庫県三田市で、元ミニマム級世界王者でプロ復帰戦の高山勝成(寝屋川石田)と闘う予定だったが、試合前日に受けた検査で陽性と判定されたため中止となっていた。

後で読む
サンケイスポーツ

日本スケート連盟は25日、フィギュアの全日本選手権(12月25~27日・長野)のエントリーリストを発表し、男子の羽生結弦(ANA)が名を連ねた。今季は一度も大会に出場しておらず、世界選手権(来年3月・ストックホルム)の代表最終選考会となる全日本が2022年北京冬季五輪プレシーズンの初実戦になる見通しだ。

後で読む
サンケイスポーツ

SMBC日本シリーズ第4戦(ソフトバンクー巨人、25日、ペイペイドーム)3連敗で背水の陣となる巨人・原辰徳監督(62)が、大幅な打線組み換えを敢行した。

後で読む
デイリースポーツ

日本ボクシングコミッション(JBC)は25日、新型コロナウイルスのPCR検査で陽性と判定され、11月23日に予定された試合が中止となったWBC同級11位の小西伶弥(27)=サンライズ=がその後、2度のPCR検査で陰性と判定されたと発表した。 小西は陽性判定を受けて、11月23日に兵庫・三田市総合文化センター・郷の音ホールで予定された元世界ミニマム級4団体制覇王者・高山勝成(37)=寝屋川石田=との試合が当日に中止となった。JBCによると、小西は1週間前のPCR検査で陰性だったが、試合前日の計量後の検査で陽性となった。しかし、隔離後に2度の検査を行った結果、陰性と判定された。

後で読む
デイリースポーツ

日本ボクシングコミッション(JBC)は25日、新型コロナウイルスに感染した小西伶弥(SUN-RISE)が2度の検査で陰性と判定されたと発表した。23日に兵庫県三田市で、元ミニマム級世界王者でプロ復帰戦の高山勝成(寝屋川石田)と闘う予定だったが、試合前日に受けた検査で陽性と判定されたため中止となっていた。 小西はJBCを通じて試合中止をわびた上で「陰性と証明できて、家族とともに本当にほっとしています」などとコメントした。

後で読む
日刊スポーツ

ヴィッセル神戸が広州広大(中国)と、横浜F・マリノスは上海上港(中国)と、ともにカタールで対戦する。神戸戦は午後7時、横浜戦は午後10時開始予定。ニッカンスポ…

後で読む
日刊スポーツ

リーグ優勝に王手をかけた川崎フロンターレがホームでガンバ大阪戦に挑む。試合は午後6時30分に開始予定。ニッカンスポーツコムでライブ速報します。▲s…

後で読む
東京スポーツ

 日本スケート連盟(JSF)は25日、フィギュアスケートの全日本選手権(12月24~27日、長野・ビッグハット)のエントリー選手を発表し、男子で五輪連覇の羽生結弦(25=ANA)が名を連ねた。  羽生…

後で読む
東京スポーツ

 国内女子ツアーの年内最終戦「JLPGAツアー選手権リコー杯」(26日~、宮崎・宮崎CC=パー72)で史上3人目の3試合連続優勝がかかる古江彩佳(20)は25日の練習ラウンドで最終調整を終えた。  先…

後で読む
東京スポーツ

 ソフトバンクとの日本シリーズで3連敗を喫し、崖っ縁となった巨人が25日の第4戦(ペイペイドーム)で、打線の大幅改造に踏み切った。  不振だった1、2番コンビの吉川尚、松原はスタメンから外れ、1番には…

後で読む
デイリースポーツ

2026年に愛知・名古屋で開催されるアジア競技大会の推進議員連盟(発起人代表 馳浩衆議院議員)設立総会が25日、衆議院第一議員会館で行われ、愛知県の大村秀章知事、名古屋市の河村たかし市長、日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長らが出席した。会長には馳議員が選出された。 あいさつに立ったJOCの山下会長は「来年の東京五輪・パラリンピックをなんとしても安心安全な形で成功させて、26年への機運を盛り上げていきたい」と、誓った。

後で読む
デイリースポーツ

日本スケート連盟は25日、全日本選手権(12月、長野)のエントリー選手を発表し、男子30人の中に五輪2連覇王者の羽生結弦(25)=ANA=も名を連ねた。出場すれば、今季初戦となる。 羽生は8月にGPシリーズ欠場を発表。「呼吸器系基礎疾患を有する者が新型コロナウイルスに罹患(りかん)した場合、重症化しやすいとの情報もあるので、可能な限り慎重に行動したい」、「私が動くことによって、多くの人が移動し集まる可能性があり、その結果として感染リスクが高まる可能性もある」と、新型コロナウイルスによる、ぜんそくを抱える自身への健康面のリスクや、移動による周囲の感染リスク拡大を考慮しての判断であることを明かしていた。

後で読む
デイリースポーツ

2026年に愛知県と名古屋市で開催される夏季アジア大会の推進議員連盟設立総会が25日、東京都内で開催された。会長に就任した馳浩元文部科学相は東京五輪・パラリンピックや25年大阪・関西万博について触れ「できるだけ連動し、スポーツを通じた友好、新しいビジネスチャンスにもしていく必要がある。協力して頑張りたい」と語った。 愛知県の大村秀章知事、名古屋市の河村たかし市長、日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長らが出席。山下会長は「東京大会を成功させ、機運を盛り上げていきたい」と話した。

後で読む
デイリースポーツ

日本スケート連盟は25日、フィギュアの全日本選手権(12月25~27日・長野)のエントリーリストを発表し、男子の羽生結弦(ANA)が名を連ねた。今季は一度も大会に出場しておらず、世界選手権(来年3月・ストックホルム)の代表最終選考会となる全日本が2022年北京冬季五輪プレシーズンの初実戦になる見通しだ。 ぜんそくの持病がある羽生は「呼吸器系基礎疾患を有する者が(新型コロナウイルスに)罹患した場合、重症化しやすいとの情報もあるので、可能な限り慎重に行動したい」として10~11月のグランプリ(GP)シリーズを回避していた。

後で読む
デイリースポーツ

日本スケート連盟は25日、オランダのヘーレンフェインで来年2月11~14日に開催されるスピードスケートの世界選手権への選手派遣を見送ると発表した。新型コロナウイルスの感染を懸念し、24日の理事会で決定。これにより、日本勢は今季の主要国際大会には出ないことになった。 国際スケート連盟(ISU)は当初、世界選手権を2022年2月の北京五輪のテスト大会として来年2月に計画していたが、コロナ禍の影響で北京開催を断念。代替地を模索し、24日にヘーレンフェインでの実施を発表した。

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第4戦、ソフトバンク-巨人」(25日、ペイペイドーム) プロ野球史上初の2年連続スイープに崖っぷちの巨人は、畠が先発。打順を大幅に組み替えた。1番から若林、坂本、丸、岡本、ウィーラーを起用。田中俊、岸田、増田大も初スタメンとなった。

後で読む
スポーツニッポン

終盤戦に突入しつつあるサッカーJ1はきょう25日、第29節の6試合が各地で開催される。

後で読む
デイリースポーツ

 女子ゴルフの国内四大大会で年内最終戦となるツアー選手権リコー杯の出場選手が25日、宮崎県の宮崎CCで最終調整を行い、史上3人目の3週連続優勝が懸かる20歳の古江彩佳は26日の開幕を前に「特に(記録は)考えていない。楽しんでいたらいいのかな」と自然体を強調した。 痛みのあった右足裏の状態が上向きの渋野日向子は「今できる全てをしっかり出せるようにしたい」。昨年、この大会で5位となって賞金女王を決めた鈴木愛は「今週あまり稼げなかったら(来年巻き返しても)追い付かないと思うぐらい、大事な試合。優勝しかない」と意気込んだ。

後で読む
日刊スポーツ

フィギュアスケート全日本選手権(12月24~27日、長野・ビッグハット)のエントリー選手が25日、日本スケート連盟(JSF)から発表され、男子でシード権を持つ…

後で読む
日刊スポーツ

関西学生アメリカンフットボールの立命大が25日、甲子園ボウル出場をかけたトーナメント決勝関学大戦(28日、万博記念競技場)を前に、オンラインで会見を行った。同…

後で読む
サンケイスポーツ

Rマドリードのイスコが国外での挑戦を望んでいるようだ。

後で読む
東京スポーツ

広島・野間峻祥外野手(27)が25日、契約更改交渉に臨み400万円減の年俸3000万円でサインした。6年目の今季は定位置奪取を期待されながらも70試合の出場で打率2割4分、1打点に終わり「何もできな…

後で読む
サンケイスポーツ

女子ゴルフの国内四大大会で年内最終戦となるツアー選手権リコー杯の出場選手が25日、宮崎県の宮崎CCで最終調整を行い、史上3人目の3週連続優勝が懸かる20歳の古江彩佳は26日の開幕を前に「特に(記録は)考えていない。楽しんでいたらいいのかな」と自然体を強調した。

後で読む
サンケイスポーツ

女子ゴルフの国内四大大会で年内最終戦となるツアー選手権リコー杯の出場選手が25日、宮崎県の宮崎CCで最終調整を行った。

後で読む
サンケイスポーツ

ヤクルトの奥村が25日、宮崎県内で契約更改交渉に臨み、野球協約の減額制限(1億円以下は25%)いっぱいの350万円減の年俸1050万円でサインした。今季は春季キャンプで負傷した右膝の手術を3月に受け、出場がなかった。

後で読む
日刊スポーツ

日本ハムの1軍外野守備走塁コーチに就任した上田佳範氏(47)が25日、2軍本拠地の千葉・鎌ケ谷で就任会見を行った。現役時代の05年以来の古巣復帰に「16年ぶり… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

巨人ドラフト6位の中京大・山本一輝投手(22)が25日、名古屋市のホテルで契約金3500万円、年俸740万円(金額は推定)で仮契約を結んだ。「大事なところを任… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

24日に亡くなった木内幸男氏が、常総学院(茨城)の監督として指揮を執った最後の夏を全試合取材していた。9年ぶりに当時の取材メモを見直すと、木内節が全開だった。… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 日本ハムは25日、宮台康平選手、鈴木僚太郎選手、吉田侑樹選手、姫野優也選手に来季の契約を結ばないと通達したと発表した。宮台、姫野、鈴木の3選手は育成契約を打診されたもようだ。 宮台は東大から17年ドラフト7位で入団した技巧派左腕。1軍での登板は18年の1試合だけに終わった。今季はイースタン・リーグで14登板。0勝4敗、防御率7・71と結果は残せなかった。

後で読む
サンケイスポーツ

SMBC日本シリーズ2020は25日、ペイペイドームで第4戦が行われる。ソフトバンクは24日の第3戦で巨人を4-0で下して3連勝を飾り、4年連続11度目の日本一にあと1勝とした。日本シリーズ11連勝、ポストシーズン15連勝はともにプロ野球記録を更新。史上初となる2年連続の4連勝を狙う。予告先発はソフトバンク・和田、巨人・畠。

後で読む
サンケイスポーツ

日本ハムは25日、宮台康平投手(25)、吉田侑樹投手(26)、鈴木遼太郎投手(24)、姫野優也外野手(23)の4選手に来季の契約を結ばないと通告したと発表した。吉田侑は他球団で現役続行を目指す意向で、他の3選手は育成契約を打診されたもよう。

後で読む
スポーツニッポン

フィギュアスケート男子で14年ソチ、18年平昌五輪連覇の羽生結弦(25=ANA)が12月24日開幕の全日本選手権(長野・ビッグハット)にエントリーした。日本スケート連盟が25日に発表した同大会のエントリーリストに名を連ねた。

後で読む
東京スポーツ

 日本ハムの中田翔内野手が25日、都内で行われた「第13回ペアレンティングアワード」の授賞式に参加した。  一男二女の父である中田は、子育てに関するトレンドなった人物に贈られる同賞を「スポーツ部門」で…

後で読む
デイリースポーツ

「明治安田生命J1、横浜FC-清水」(25日、ニッパツ三ツ沢球技場) 横浜FCのFW三浦知良(53)がメンバー入りを果たした。発表されたメンバーに名を連ね、ベンチスタート。イニエスタとの対決が実現した8日の神戸戦で途中出場して以来2試合ぶりで今季4試合目となった。

後で読む
デイリースポーツ

ヤクルトの奥村政之編成部国際担当部長が25日、新外国人としてパイレーツのホセ・オズナ内野手(27)を本格調査し始めていたことを明かした。 ホセ・オズナ選手は19年に95試合に出場し、打率・264、10本塁打、36打点を記録。守備では一、三塁に加えて、両翼もこなせるユーティリティー性も兼ね備えた選手だ。奥村部長は「三塁手として」未来絵図を描いていることを明かし、獲得に向け「順調に進んでいます」とした。

後で読む
デイリースポーツ

日本ハムは25日、宮台康平選手、鈴木僚太郎選手、吉田侑樹選手、姫野優也選手に来季の契約を結ばないと通達したと発表した。 宮台は東大から17年ドラフト7位で入団した技巧派左腕。1軍での登板は18年の1試合だけに終わった。今季はイースタン・リーグで14登板。0勝4敗、防御率7・71と結果は残せなかった。

後で読む
デイリースポーツ

巨人からドラフト6位指名を受けた山本一輝投手(22)=中京大=が25日、愛知県名古屋市内のホテルで入団交渉に臨み、契約金3500万円、年俸740万円で仮契約を結んだ。(金額は推定) 「ようやくスタートラインに立ったかな」と話した最速147キロ左腕は自身の持ち味を「球持ちの良さ」と分析。球団からは「中川を越えるような投手になってほしい」と期待を寄せられた。

後で読む
東京スポーツ

J1横浜FCの元日本代表FW三浦知良(53)が、25日のホーム清水戦でベンチ入りした。  直近では8日の神戸戦(ニッパツ)で1―1の後半42分から投入され、得点こそ挙げられなかったが、後半アディショ…

後で読む
東京スポーツ

日本ハムは25日、宮台康平投手、鈴木遼太郎投手、吉田侑樹投手、姫野優也外野手の4選手に対し、戦力外通告を行ったことを千葉県鎌ケ谷市内の球団施設で発表した。  宮台は2017年のドラフトで7位指名を受…

後で読む
東京スポーツ

スペイン1部ビリャレアルの日本代表MF久保建英(19)が、欧州リーグ(EL)で初めて先発落ちする可能性が出てきた。  スペイン紙「アス」は、26日のEL1次リーグのマッカビ・テルアビブ(イスラエル)…

後で読む
東京スポーツ

元チームメートとガチバトル? サッカーのポルトガル代表FWクリスチアーノ・ロナウド(35=ユベントス)が英マンチェスターに高級ホテルをオープンさせることになった。  英紙「ザ・サン」によると、C・ロ…

後で読む
東京スポーツ

J1横浜FCの元日本代表FW三浦知良(53)が、25日のホーム清水戦でベンチ入りした。  直近では8日の神戸戦(ニッパツ)で1―1の後半42分から投入され、得点こそ挙げられなかったが、後半アディショ…

後で読む
サンケイスポーツ

 阪神・西純矢投手(19)が25日、宮崎市内のチーム宿舎で契約更改交渉を行い、現状維持の年俸1200万円でサインした。

後で読む
サンケイスポーツ

 競馬の第40回ジャパンカップ(29日・東京12R2400メートル芝、GI)の最終追い切りが25日、東西(美浦、栗東)のトレーニングセンターで行われ、初対決となる3頭の三冠馬が順調な仕上がりをアピールした。

後で読む
サンケイスポーツ

 対戦成績を3勝0敗とし4年連続日本一に王手をかけたソフトバンク・工藤公康監督(57)が試合前に取材対応。現役時代に11度の日本一をつかんだ経験から、日本一が懸かったマウンドで心がけてきたことを振り返った。

後で読む
サンケイスポーツ

日本スケート連盟は25日、オランダのヘーレンフェインで来年2月11~14日に開催される世界選手権への選手派遣を見送ると発表した。新型コロナウイルスの感染を懸念し、24日の理事会で決定。これにより、日本勢は今季の主要国際大会には出ないことになった。

後で読む
日刊スポーツ

新型コロナウイルス陽性などのため今季全休したヤシエル・プイグ外野手(29=前インディアンス)が、来季のメジャー復帰を明言。SNSで「過去最高の状態にもっていく… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ドジャースは、集中治療室(ICU)に入っていた元監督のトミー・ラソーダ氏(93)が回復していると発表。すでに人工呼吸器を外し、元選手やコーチとビデオ通話を行っ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

SMBC日本シリーズ2020の第4戦は3連勝のソフトバンクが本拠地ペイペイドームで巨人と対戦。ソフトバンクが勝って4年連続の日本一を達成するか、それとも巨人が… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

日本ハムは25日、2軍本拠地の千葉・鎌ケ谷で鈴木遼太郎投手(24)宮台康平投手(25)吉田侑樹投手(26)姫野優也外野手(23)の4選手に対し、来季の契約を結… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神秋季練習」(25日、甲子園球場) 阪神がスチール練習を行った。秋山、青柳がけん制などを入れ、梅野、原口が二塁送球を繰り返した。

後で読む
デイリースポーツ

阪神・井上広大外野手が25日、宮崎県のチーム宿舎で契約更改交渉に臨み、現状維持の720万円でサインした。(金額は推定) ウエスタン・リーグでは本塁打部門や打点部門でリーグ2冠を争い、1軍戦も経験。10月16日・ヤクルト戦では初安打&初打点をマークする活躍を見せた。自身も一番、印象に残った試合に挙げた。

後で読む
デイリースポーツ

阪神・西純矢投手が25日、宮崎県のチーム宿舎で契約更改交渉に臨み、現状維持の1200万円でサインした。(金額は推定) ルーキーイヤーはコロナ禍という未曽有の事態が待ち受けていたが、ウエスタン・リーグでは11試合に登板し、チームトップタイの4勝を挙げるなど、経験を踏んできた。「本当に後半は自分の投球ができるようになってよかったなと思います」と振り返った。

後で読む
サンケイスポーツ

阪神・井上広大外野手(19)が25日、宮崎市内のチーム宿舎で契約更改交渉を行い、現状維持の年俸720万円でプロ初の契約更改を終えた。

後で読む
日刊スポーツ

コンサドーレ札幌は25日、MFチャナティップ(27)がタイに向けて日本を出発したことを発表した。前日24日の練習を最後にチームから離れ、チームへの合流は来年1…

後で読む
東京スポーツ

 スペイン1部ビリャレアルの日本代表MF久保建英(19)が、欧州リーグ(EL)で初めて先発落ちする可能性が出てきた。  スペイン紙「アス」は、26日のEL1次リーグのマッカビ・テルアビブ(イスラエル)…

後で読む
デイリースポーツ

J1札幌はタイ代表MFチャナティップ・ソングラシン(27)が、タイに帰国することが決定したと25日発表した。 クラブによると、24日のチームでの活動を最後に、25日に日本を出発し、治療とリハビリのためタイに一時帰国する。そのままシーズンオフに入り、チームへの合流は来年1月の予定だという。チャナティップは11日のFC東京戦で負傷し、右ハムストリング肉離れと診断されていた。

後で読む
デイリースポーツ

「都市対抗野球・1回戦、三菱重工広島7-6日本製鉄鹿島」(25日、東京ドーム) 今大会を最後に系列チームに再編されるため、75年の歴史に幕を閉じる三菱重工広島が初戦を突破した。

後で読む
デイリースポーツ

元ロッテの愛甲猛氏が24日、ツイッターを更新し、ソフトバンクが3連勝の日本シリーズについて「このチームに勝ち越してるチームがあるなんて!」と古巣・ロッテを暗に自慢した。 愛甲氏は「日本シリーズ、ソフトバンク強すぎねぇか…」と、圧倒的な強さで連覇へ王手をかけたソフトバンクにあ然。3戦目はわずか1安打に抑える継投を見せたかと思えば、2戦目は打線が爆発するというすごさを発揮するパリーグ覇者に脱帽だ。

後で読む
デイリースポーツ

「日本シリーズ・第4戦、ソフトバンク-巨人」(25日、ペイペイドーム) ソフトバンクが2年連続の4連勝(4タテ)で4年連続の日本一を決めるか、また巨人が一矢報いるか注目されている。過去、引き分けなしの4戦4勝で決着がついたシリーズは、1950年の開始以降6度しかない。

後で読む
日刊スポーツ

国際スケート連盟(ISU)は24日、2022年の北京オリンピック(五輪)テスト大会の全面的な中止を受け、代替開催を模索していたスピードスケートの世界選手権を2…

後で読む
サンケイスポーツ

ドルトムント指揮官ルシアン・ファーヴルが3-0で勝利したクラブ・ブルージュ戦後に試合を振り返った。

後で読む
サンケイスポーツ

日本ハムの外野守備走塁コーチに就任した上田佳範氏(47)が25日、千葉・鎌ケ谷市で会見に臨み、意気込みを語った。

後で読む
サンケイスポーツ

バドミントンの強豪チーム、再春館製薬所は25日、熊本県益城町で2021年度新入団選手の記者会見を行い、女子シングルスで昨年の世界ジュニア選手権覇者の郡司莉子(熊本・八代白百合学園高)は「ずっと入団したかったチームの一員になれてうれしい。パリ五輪は出場を目標に、ロサンゼルス五輪で金メダルを取れるようにしたい」と意気込みを述べた。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)は24日、各地で1次リーグ第4戦の8試合が行われ、G組のバルセロナ(スペイン)ユベントス(イタリア)、E組のチェルシー(イングランド)セビリア(スペイン)が各組2位以内を確保してベスト16による決勝トーナメント進出を決めた。

後で読む
日刊スポーツ

阪神西勇輝投手(30)が、26日に放送される読売テレビの朝の生情報番組「朝生ワイド す・またん!」(月~金曜午前5時50分=関西ローカル)で、スタジオ生出演す… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

オリックスは25日、若月健矢捕手(25)の背番号を「37」から「2」に変更すると発表した。この日、大阪・舞洲の球団施設で行われた秋季練習に参加した若月は「心機… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 ヤクルトは25日、新コーチに伊藤智仁氏、尾花高夫氏が就任すると発表した。 伊藤氏は1軍投手コーチ、尾花氏は2軍投手チーフコーチに就任する。

後で読む
デイリースポーツ

 元ロッテの愛甲猛氏が24日、ツイッターを更新し、ソフトバンクが3連勝の日本シリーズについて「このチームに勝ち越してるチームがあるなんて!」と古巣・ロッテを暗に自慢した。 愛甲氏は「日本シリーズ、ソフトバンク強すぎねぇか…」と、圧倒的な強さで連覇へ王手をかけたソフトバンクにあ然。3戦目はわずか1安打に抑える継投を見せたかと思えば、2戦目は打線が爆発するというすごさを発揮するパリーグ覇者に脱帽だ。

後で読む
デイリースポーツ

阪神・斎藤友貴哉投手が25日、宮崎県のチーム宿舎で契約更改交渉に臨み、100万円減の850万円でサインした。(金額は推定) 今季は中盤から先発に挑戦し、9月10日・DeNA戦ではプロ初先発登板を果たした。「自分的には来年につながるいい一年だった」と右腕も振り返る。

後で読む
サンケイスポーツ

ヤクルトは25日、球団OBで昨年から秋田・ノースアジア大明桜高の総監督兼投手コーチを務めた尾花高夫氏(63)が2軍投手チーフコーチに、今季楽天の投手チーフコーチだった伊藤智仁氏(50)が投手コーチに就任すると発表した。尾花氏は野村監督の下で投手コーチだった98年以来23年ぶり、伊藤氏は4年ぶりの復帰となる。

後で読む
サンケイスポーツ

阪神・斎藤友貴哉投手(25)が25日、宮崎市内のチーム宿舎で契約更改交渉を行い、100万円減の年俸850万円でサインした。

後で読む
サンケイスポーツ

オリックスは25日、若月健矢捕手(25)の背番号を「37」から「2」に変更すると発表した。

後で読む
デイリースポーツ

大阪から3番目のJリーグ入りを目指すサッカーJFLのFC大阪は25日、MF須ノ又諭(31)、MF稲垣雄太(28)、FW木藤舜介(23)、GK李在根(26)の4選手が今季限りで退団することを発表した。 契約満了で退団する須ノ又は桃山学院大、アミティエSCを経て14年にFC大阪に入団。今季リーグ戦では13試合出場で2得点だった。4選手はクラブを通じてコメントを発表した。

後で読む
デイリースポーツ

元ロッテの愛甲猛氏が24日、ツイッターを更新し、ソフトバンクが3連勝の日本シリーズについて「このチームに勝ち越してるチームがあるなんて!」と古巣・ロッテを暗に自慢した。 愛甲氏は「日本シリーズ、ソフトバンク強すぎねぇか…」と、圧倒的な強さで連覇へ王手をかけたソフトバンクにあ然。3戦目はわずか1安打に抑える継投を見せたかと思えば、2戦目は打線が爆発するというすごさを発揮するパリーグ覇者に脱帽だ。

後で読む
デイリースポーツ

オリックスは25日、若月健矢捕手の背番号が『37』から『2』に変更すると発表した。 若月は「心機一転です。捕手らしい番号かなと思います。三輪さん(2軍バッテリーコーチ)とか、城島さんとか、捕手は『2』のイメージがありました。入団から一桁の番号を付けたい思いはあったので」と心境を語った。

後で読む
東京スポーツ

なでしこジャパンのDF宝田沙織(20=C大阪)が大先輩を参考にさらなるレベルアップを目指している。  23日から福島・Jヴィレッジで行われている強化合宿には、主将のDF熊谷紗希(30=リヨン)も参加…

後で読む
東京スポーツ

J1浦和は25日、大槻毅監督(47)が今季限りで退任すると発表した。昨季途中に就任した指揮官はアジアチャンピオンズリーグ(ACL)でチームを準優勝に導いたものの、今季はここまで13勝6分け11敗の9…

後で読む
東京スポーツ

なでしこジャパンのGKスタンボー華(21=INAC神戸)が自らのキャラを貫き通している。  今季は神戸でレギュラーを獲得し、代表に初招集。「本当にびっくりした。狙ってはいたが、今年から試合に出れるよ…

後で読む
サンケイスポーツ

日本製鉄鹿島のエース右腕・飯田晴海投手(25)は先発で2回2/34安打3失点で降板。打線が追い上げたものの、敗戦に肩を落とした。

後で読む
日刊スポーツ

ヤクルト高津臣吾監督が25日、52歳の誕生日を迎えた。51歳で1軍の監督に就任した今季は、最下位と悔しい結果に終わった。誕生日ケーキを前に「51歳になって新し… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

恩師に勝利を届けられなかった。日本製鉄鹿島(鹿嶋市)は、一時4点差をつけられたが、7回に3点を追い上げ。6-7とした8回には1死三塁とチャンスを作ったが、あと… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

阪神・長坂拳弥捕手が25日、宮崎市内のチーム宿舎で契約更改交渉に臨み、現状維持の750万円でサインした。(金額は推定) 3月末に新型コロナウイルスに罹患(りかん)。全体復帰後は1軍昇格のチャンスをうかがい、8月25日・中日戦で昇格。9月20日・中日戦では2年連続シーズン初打席本塁打となる1号2ランを放って見せた。ただ、5試合の出場にとどまっただけに「試合で活躍する場面が少なく悔しいシーズンでした」と振り返った。

後で読む
デイリースポーツ

阪神・斎藤友貴哉投手が25日、宮崎県のチーム宿舎で契約更改交渉に臨み、100万円減の850万円でサインした。(金額は推定) 今季は中盤から先発に挑戦し、9月10日・DeNA戦ではプロ初先発登板を果たした。「自分的には来年につながるいい一年だった」と右腕も振り返る。

後で読む
東京スポーツ

日本相撲協会は25日、東京・両国国技館で大相撲初場所(来年1月10日初日、国技館)の番付編成会議を開き、白石(24=玉ノ井)が新十両に昇進し、しこ名を「東白龍」と改名することを発表した。  この日、…

後で読む
サンケイスポーツ

「みやざきフェニックス・リーグ」に参加している阪神・尾仲祐哉投手(25)が25日、宮崎市内で契約交渉に臨み、100万円減の年俸850万円(金額は推定)でサインした。

後で読む
サンケイスポーツ

阪神・長坂拳弥捕手(26)が25日、宮崎市内のチーム宿舎で契約更改交渉を行い、現状維持の年俸750万円でサインした。

後で読む
デイリースポーツ

「ボクシング・WBOアジア・パシフィック・ライトフライ級王座決定戦」(23日、三田市総合文化センター・郷の音ホール) 同級1位の加納陸(23)=大成=が、同級2位で平井亮輝(29)=千里馬神戸=を2-1判定で下して、新王者になった。3回に平井の右をもらってダウンを喫した加納は、その後の打ち合いで手数を出してポイントを挽回。「ダウンを取られてから気持ちを切り替えて戦えた。冷静に立て直せたことはよかった」と収穫を挙げた。

後で読む
日刊スポーツ

J1浦和は25日、大槻毅監督(47)が契約満了のため今季限りで退任すると発表した。また上野優作ヘッドコーチ、山田栄一郎コーチ(分析担当)、末藤崇成コーチ(分析…

後で読む
東京スポーツ

 日本相撲協会は25日、東京・両国国技館で大相撲初場所(来年1月10日初日、国技館)の番付編成会議を開き、「昭和の大横綱」大鵬の孫で元関脇貴闘力の三男の納谷(20=大嶽)が新十両に昇進し、しこ名を「王…

後で読む
東京スポーツ

 日本相撲協会は25日、東京・両国国技館で大相撲初場所(来年1月10日初日、国技館)の番付編成会議を開き、「昭和の大横綱」大鵬の孫で元関脇貴闘力の三男の納谷(20=大嶽)が新十両に昇進し、しこ名を「王…

後で読む
東京スポーツ

 なでしこジャパンのFW浜田遥(27=仙台)が25日、オンライン取材に応じ、あるスター選手を参考にしていることを明かした。  今季はなでしこリーグで15得点をマークするなど、大きな飛躍を遂げた1年とな…

後で読む
デイリースポーツ

日本相撲協会は25日、東京・両国国技館で21年初場所(1月10日初日、東京・両国国技館)の番付編成会議を開き、新十両に白石改め東白龍(24)=玉ノ井、納谷改め王鵬(20)=大嶽=の昇進を決めた。 両国国技館からオンラインで会見。「実感はあんまりないけどうれしいのと、小、中、高、大学、玉ノ井部屋で関わってきた方に感謝の気持ち」とかみしめた。

後で読む
東京スポーツ

ボクシングの元ミドル級世界3団体統一王者で現IBF世界同級王者のゲンナジー・ゴロフキン(38=カザフスタン)が12月18日(日本時間19日)に米フロリダ州でIBF同級3位カミル・シェルメタ(31=ポ…

後で読む
スポーツニッポン

浦和の主将でGK西川周作(34)が25日、オンライン取材に応じた。この日、大槻監督、上野ヘッドコーチらが今季限りで契約満了となることが発表され、選手にも練習前のミーティングで報告があった。

後で読む
日刊スポーツ

SNSの画像が、ふと目に留まった。競泳日本代表経験がある藤森丈晴(26=ミキハウス)が、第1回水泳教室の受講生を募集していた。画像には藤森丈が契約する水着メー…

後で読む
日刊スポーツ

高校女子バレーボール屈指の名門東京・下北沢成徳高が、2大会連続で全日本高校選手権(春高)出場を逃した。15日の代表決定戦準決勝(文京学院大女子)、3位決定戦(…

後で読む
サンケイスポーツ

J1浦和が25日、大槻毅監督(47)の今季限りでの退任を発表した。

後で読む
東京スポーツ

スペイン1部ビリャレアルからの退団がささやかれている日本代表MF久保建英(19)に同国内の4クラブが熱視線を注いでいる。  地元メディア「ディフェンサ・セントラル」は「久保は欧州サッカーのレベルにあ…

後で読む
スポーツニッポン

 最後の戦いは、まだ終わらない。今季限りで系列チームに再編される三菱重工広島が一丸となって勝利をもぎ取った。初回に2点を先行すると、同点に追いつかれた直後の5回には6安打を集めて一挙4得点。最終的には1点差にまで迫られたが、継投でリードを守り切り、3年ぶり17回目の出場で5年ぶりの初戦突破を決めた。

後で読む
日刊スポーツ

9回2死まで3投手でのノーヒットノーランリレーで、ソフトバンクが巨人に3連勝し、4年連続日本一に王手をかけた。先発マット・ムーア投手(31)が7回を無安打無失… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

<SMBC日本シリーズ2020:ソフトバンク4-0巨人>◇第3戦◇24日◇ペイペイドームホームに帰ってもソフトバンクは強かった。プレーボール直後にいきなり遊撃… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 ヤクルトは25日、新コーチに伊藤智仁氏、尾花高夫氏が就任すると発表した。 伊藤氏は1軍投手コーチ、尾花氏は2軍投手チーフコーチに就任する。

後で読む
サンケイスポーツ

ヤクルトは25日、伊藤智仁氏(50)=前楽天1軍投手チーフコーチ=が1軍投手コーチに、尾花高夫氏(63)=秋田・明桜高総監督兼投手コーチ=が2軍投手チーフコーチに就任すると発表した。

後で読む
スポーツニッポン

日本相撲協会は25日、東京・両国国技館で初場所(来年1月10日初日、東京・両国国技館)の番付編成会議を開き、玉ノ井部屋の白石改め東白龍(24)が新十両に昇進した。都内で会見に臨み、「あまり実感がない。うれしいのと関わってきた人たちに感謝の気持ちです。次の場所で勝ち越せるように、よくを言えば優勝したい」と気持ちを引き締めた。11月場所優勝の大関・貴景勝とは同学年で、中学、高校時代は何度か対戦した…

後で読む
デイリースポーツ

ヤクルトは25日、新コーチに伊藤智仁氏、尾花高夫氏が就任すると発表した。 伊藤氏は1軍投手コーチ、尾花氏は2軍投手チーフコーチに就任する。

後で読む
スポーツニッポン

浦和は25日、大槻毅監督(47)と今季限りで契約を満了し、来季の契約を更新しないことで合意したと発表。上野優作ヘッドコーチ(47)、山田栄一郎コーチ(49)、末藤崇成コーチ(31)も今季限りで契約満了となる。

後で読む
サンケイスポーツ

 J1浦和は25日、昨季途中から指揮を執る大槻毅監督(47)が今季限りで退任すると発表した。来季の新監督として、J2徳島のリカルド・ロドリゲス監督(46)に候補を一本化している。

後で読む
サンケイスポーツ

 【ノーサイドの精神】《ラグビーが好きや いつもありがとうな 感謝してんぞ》  今夏、SNSに投稿された一文だ。そういうファンはたくさんいるだろう。が、その投稿主の置かれた状況を知るだけに心が動かされた。

後で読む
サンケイスポーツ

 7月25日の巨人戦。5-5の同点で迎えた九回1死満塁。あの登場曲が神宮球場に流れると、ファンのボルテージは最高潮に達した。

後で読む
サンケイスポーツ

マンチェスターUのオーレ・グンナー・スールシャール監督は、ドニー・ファン・デ・ベークとエディンソン・カバーニを称賛した。『BTスポーツ』が報じている。

後で読む
サンケイスポーツ

チェルシーのフランク・ランパード監督が、レンヌ戦勝利に貢献したFWオリヴィエ・ジルーを称えた。

後で読む
サンケイスポーツ

パリサンジェルマン(PSG)のトーマス・トゥヘル監督は、ライプツィヒ戦の勝利についてチームの姿勢を評価した。

後で読む
日刊スポーツ

健康面の問題により、今季の大半を指揮することができなかったインディアンスのテリー・フランコナ監督が、体調の回復をアピールし、来季に向けた意気込みを語った。春季… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

東都大学野球の立正大は25日、新幹部を発表した。【主将】桂川弘貴内野手(3年=桐光学園)【副主将】比留間海斗外野手(3年=日大三)中嶋良平捕手(3年=関西)山… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

かってながら、私にとって木内幸男監督が「野球の父」だった。野球を始め、努力を継続出来たのは、木内さんのおかげと言っても過言ではない。小3だった84年夏、取手二… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「阪神・秋季練習」(25日、甲子園球場) 阪神がスチール練習を行った。秋山、青柳がけん制などを入れ、梅野、原口が二塁送球を繰り返した。

後で読む
サンケイスポーツ

東都大学野球の立正大野球部は25日、新幹部を発表した。主将・桂川弘貴内野手(3年、桐光学園)、副主将・比留間海斗外野手(3年、日大三)、中嶋良平捕手(3年、関西)、山本雅也投手(3年、広陵)、主務・田村金太郎(3年、関東第一)。

後で読む
サンケイスポーツ

米プロバスケットボールNBAの昨季王者レーカーズは24日、2018~19年シーズンにラプターズの優勝に貢献したセンター、M・ガソルと契約したと発表した。AP通信が報じた。

後で読む
サンケイスポーツ

東京湾のタチウオが湾奥の浅場にステージを移して、良型を中心に展開中だ。今年はテンヤ釣りで大にぎわいを見せた東京湾だが、ここはじっくりテンビン仕掛けで身厚の極上モノを誘い出すのが面白い。千葉県富津市・富津『ひらの丸』に乗ってテクニカルな釣りに挑んだ。

後で読む
スポーツニッポン

優勝32度を誇る元横綱・大鵬(故人)の孫で、元関脇・貴闘力の三男、納谷改め王鵬(20=大嶽部屋)が25日、大相撲初場所(来年1月10日初日、両国国技館)の番付編成会議で新十両昇進が決まった。都内の大嶽部屋でオンラインによる会見に臨んだ王鵬は「よかったなと思う。祖父の鵬の字をいただき、うれしい」と喜びを語った。

後で読む
東京スポーツ

 ノアのGHCナショナル王者・拳王(35)が、V3戦(12月6日、東京・国立代々木競技場第二体育館)で迎え撃つ桜庭和志(51)を“覚醒”させる。格闘技界のビッグネームとの防衛戦はメリットが大きい一方で…

後で読む
スポーツニッポン

米中西部のウィスコンシン州で24日、新型コロナウイルスの感染者が新たに6202人判明。陽性率は37・6%と高い数値を示しており(23日の東京都は6・7%)、死者は初めて1日で100人以上を記録した。

後で読む
スポーツニッポン

麻雀プロリーグ戦「大和証券Mリーグ2020」は24日までに60試合が行われ、渋谷ABEMASが松本吉弘の今季リーグ初役満となる四暗刻などで連勝し、総合198・7ポイント(P)の3位に浮上した。首位は274PのEX風林火山、2位には269・8Pの赤坂ドリブンズがつけた。

後で読む
デイリースポーツ

【ジュネーブ共同】国際オリンピック委員会(IOC)は24日、新型コロナウイルスの影響で来夏に延期となった東京五輪を目指す選手に向けたバッハ会長のメッセージ動画を公開し、同会長は「五輪へ準備し、非常に困難な状況下でもさらにハードな練習をしてください」と呼び掛けた。今月中旬の来日時に東京都中央区晴海の選手村で撮影した。 バッハ会長は湾岸エリアを背景にして「あなた方が9カ月後に満喫する景色だ。努力する価値がある。選手村での時間を一生忘れないだろう」と、五輪開催を前提に語った。同会長は16日に菅義偉首相と会談。五輪の安全開催に向けて緊密に協力することで一致した。

後で読む
デイリースポーツ

日本相撲協会は25日、東京・両国国技館で21年初場所(1月10日初日、東京・両国国技館)の番付編成会議を開き、新十両に納谷改め王鵬(20)=大嶽=、白石改め東白龍(24)=玉ノ井=の昇進を決めた。 王鵬は“昭和の大横綱”大鵬(故人)の孫、元関脇貴闘力の三男で“親子3代”での関取。祖父の1字をもらったしこ名に「鵬の字をいただけるのはうれしい」と笑みを浮かべた。

後で読む
デイリースポーツ

米プロバスケットボールNBAの昨季王者レーカーズは24日、2018~19年シーズンにラプターズの優勝に貢献したセンター、M・ガソルと契約したと発表した。AP通信が報じた。 レーカーズは優勝メンバーだった2人のセンター、マギーとハワードを放出。35歳のガソルは昨季、けがに苦しんだが、高いパスの技術や堅い守備が評価された。(共同)

後で読む
デイリースポーツ

J1浦和は25日、、大槻毅監督(つよし、47)と来季の契約を更新しないことで合意したと発表した。上野優作ヘッドコーチ、山田栄一郎コーチ(分析担当)、末藤崇成コーチ(分析担当)の契約満了も併せて発表した。 大槻監督は昨季途中、成績不振で解任されたオリヴェイラ監督の後任として就任し、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)準優勝に導いた。今季は30試合を終えて13勝6分け11敗の9位。ACL出場権を獲得する3位以内の可能性をわずかに残しているが、優勝争いには絡めなかった。

後で読む
日刊スポーツ

米プロバスケットボールNBAの昨季王者レーカーズは24日、2018~19年シーズンにラプターズの優勝に貢献したセンター、M・ガソルと契約したと発表した。AP通…

後で読む
日刊スポーツ

国際オリンピック委員会(IOC)は24日、新型コロナウイルスの影響で来夏に延期となった東京オリンピック(五輪)を目指す選手に向けたバッハ会長のメッセージ動画を…

後で読む
日刊スポーツ

米プロバスケットボールNBAのグリズリーズは24日、ウィザーズの八村塁とゴンザガ大でチームメートだったフランス出身のキリアン・ティリとツーウエー契約を結んだと…

後で読む
日刊スポーツ

グランドホッケーのU-15ジュニアユース・オールスター戦が12月5、6日、東京・大井ホッケー競技場で行われる。巻東中から鈴木榎七(3年)が新潟県から唯一、30…

後で読む
日刊スポーツ

グランドホッケーのU-15ジュニアユース・オールスター戦が12月5、6日、東京・大井ホッケー競技場で行われる。巻東中から佐藤颯晟(3年)が新潟県から唯一、30…

後で読む
サンケイスポーツ

ノルウェーの怪物、アーリング・ハーランドがUEFAチャンピオンズリーグにおいて、史上最速ペースでゴールを量産している。

後で読む
東京スポーツ

欧州チャンピオンズリーグ(CL)1次リーグ第4節が24日(日本時間25日)に行われ、E組チェルシー(イングランド)は敵地でレンヌ(フランス)に2―1で競り勝ち、勝ち点を10に伸ばして2季連続の決勝ト…

後で読む
サンケイスポーツ

 ■11月25日 ラグビーの早慶戦は1922(大正11)年の11月23日に第1回が行われ、慶大が14-0で勝った。試合日を決めたのは早大マネジャーの中村元一で、当時の中央気象台(気象庁)で調べ一番雨の少ないことで「新嘗祭」の祝日だったこの日に固定された。以来100年近くたち今年も好天の下で97回目が行われた。

後で読む
東京スポーツ

欧州チャンピオンズリーグ(CL)1次リーグ第4節が24日(日本時間25日)に行われ、昨季準優勝のH組パリ・サンジェルマン(フランス)はライプチヒ(ドイツ)に1―0で辛勝し、勝ち点6として首位マンチェ…

後で読む
東京スポーツ

欧州チャンピオンズリーグ(CL)1次リーグD組で3連勝と好調なリバプール(イングランド)のユルゲン・クロップ監督(53)は24日、アタランタ(イタリア)戦(25日=日本時間26日)に向けて記者会見し…

後で読む
サンケイスポーツ

ラグビーの元フランス代表WTBで1999年ワールドカップ(W杯)でニュージーランド撃破の立役者となったクリストフ・ドミニシ氏が亡くなったと英BBC放送が24日、報じた。48歳だった。建物に登って転落したとの目撃情報があるという。

後で読む
日刊スポーツ

ロサンゼルス近郊のオレンジ郡の病院に入院し、集中治療室(ICU)で治療を受けていると伝えられたトミー・ラソーダ氏(93)の容体が良化していることが分かった。ド… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

今季ポストシーズンで大きな活躍を見せたレイズのランディ・アロザレーナ外野手が、メキシコのユカタン州で逮捕されたことが分かった。子どもの親権を巡ってトラブルが発… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

今秋のプロ志望届提出者(NPBドラフト対象者)は、高校生215人、大学生158人と、ともに史上最多を数えた。多くの若者がプロを目指した一方で、プロに注目されな… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

日本相撲協会は25日、東京・墨田区の両国国技館で来年1月の初場所(10日初日、国技館)の番付編成会議を開き、「昭和の大横綱」といわれた元横綱大鵬(故人)の孫で、西幕下筆頭の納谷(20)=本名納谷幸之介、東京都出身、大嶽部屋=の新十両昇進を発表した。

後で読む
並び替え可能( Cookieで保存)。
よく使用する競技を下に(片手で届く場所に)並び替えて使用してください。
追加したい競技があればコメントください。