「2020年11月26日」の記事一覧

日刊スポーツ

マリナーズの会長付特別補佐兼インストラクターを務めるイチロー氏(47)が26日、神戸市内で、日本新聞協会主催の第73回新聞大会で講演した。同協会に加盟する社の… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

マリナーズの会長付特別補佐兼インストラクターを務めるイチロー氏(47)が26日、神戸市内で、日本新聞協会主催の第73回新聞大会で講演した。同協会に加盟する社の… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

 DDTの竹下幸之介(25)が、秋山準(51)への雪辱を再起への絶対条件に義務づけている。  団体をけん引してきた若きエースは、3日の大田区大会で秋山に屈辱のギブアップ負け。「おそらく、25年の人生の…

後で読む
デイリースポーツ

ドイツ1部シュツットガルトは26日、日本代表MF遠藤航(27)との契約を2024年6月30日まで2年間延長したと発表した。 遠藤は19年8月にベルギー1部シントトロイデンから期限付き移籍で当時2部のシュツットガルトに加入。20年4月に完全移籍へ移行し、22年6月末までの契約を結んでいた。

後で読む
デイリースポーツ

オリックスは26日、西浦颯大外野手(21)が厚生労働省の特定疾患に指定されている両側特発性大腿骨頭壊死症との診断を受けたと発表した。年内に手術を行い競技復帰を目指す。 西浦は同日、自身のインスタグラムで「先日病院で指定難病の突発性大腿骨頭壊死と診断されました」と報告。現在の心境を「先生にも復帰はかなり厳しいと言われ、最初は凹んでいたのですが、今はこれからこの病気と闘うんだ!という前向きな考えになっています」とつづった。

後で読む
サンケイスポーツ

第91回都市対抗野球大会第5日(26日、伏木海陸運送1-2パナソニック、東京D)都市対抗野球大会第5日は26日、東京ドームで1回戦3試合が行われ、四国銀行(高知市)パナソニック(門真市)ホンダ熊本(大津町)が2回戦に進んだ。

後で読む
日刊スポーツ

マリナーズの会長付特別補佐兼インストラクターを務めるイチロー氏(47)が26日、神戸市内で、日本新聞協会主催の第73回新聞大会で講演した。同協会に加盟する社の… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

マリナーズの会長付特別補佐兼インストラクターを務めるイチロー氏(47)が26日、神戸市内で、日本新聞協会主催の第73回新聞大会で講演した。同協会に加盟する社の… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

マリナーズの会長付特別補佐兼インストラクターを務めるイチロー氏(47)が26日、神戸市内で、日本新聞協会主催の第73回新聞大会で講演した。同協会に加盟する社の… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

広島は26日、広島市の球団事務所で契約更改交渉を行い、2016-18年のセ・リーグ3連覇に貢献した中崎翔太投手(28)ら主力4投手の減俸に踏み切った。

後で読む
サンケイスポーツ

東海大は26日、ラグビー部に所属する学生、教職員の5人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。24日に確認され、5人は軽症もしくは無症状という。部活動は当面停止し、部員らには外出禁止措置を講じた。濃厚接触の疑いがある学生らにはPCR検査を実施している。

後で読む
デイリースポーツ

ボクシング元世界ミニマム級4団体制覇王者・高山勝成(37)=寝屋川石田=が26日、プロ復帰戦を12月27日に枚方市立総合体育館でWBC同級11位の小西伶弥(27)=サンライズ=と行うことを発表した。 この試合は11月23日に三田市総合文化センターで行われる予定だったが、試合前日の計量時のPCR検査で小西に新型コロナウイルスの陽性判定が出たため、当日になって中止となった。しかし隔離後に2度の再検査を行ったところ小西は陰性判定だったことが判明。会場を変えて約1カ月後に仕切り直しして再設定された。試合は当初の予定通りライトフライ級6回戦で開催される。

後で読む
デイリースポーツ

世界ボクシング評議会(WBC)ライトフライ級王座を7度防衛しているチャンピオンの寺地拳四朗(28)=BMB=が26日、泥酔して他人の車を破損させたとの一部報道に出た不祥事を認め、謝罪文を発表した。「社会人として自覚に欠けた行動であり、次戦の準備をしていただいていた関係各位には多大なるご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません」などとコメントした。 関係者によると、12月に計画の8度目の防衛戦が白紙になったという。日本ボクシングコミッションの安河内剛事務局長は「細かい報告を受けてから今後の対応を決めたい」と話し、倫理委員会などで処分を協議する可能性も示した。

後で読む
日刊スポーツ

元日本代表の水沼貴史氏(60)が、同い年のマラドーナ氏死去を悼んだ。アルゼンチンが世界一に輝いた1979年のワールドユース(現U-20W杯)での強烈な出会い。…

後で読む
日刊スポーツ

女子日本代表なでしこジャパン候補は、福島・ふたば未来学園高の男子と練習試合を行い、4-0で勝利した。後半から出場した日テレMF長谷川唯が、3得点に絡む活躍で攻…

後で読む
東京スポーツ

大日本プロレスのアブドーラ小林(44)が、全日本プロレス暮れの祭典「世界最強タッグ決定リーグ戦」優勝への青写真を語った。  26日の大日本プロレス東京・新木場1stRING大会では、BJW認定デスマ…

後で読む
東京スポーツ

 フィギュアスケートのNHK杯(27~29日、大阪・東和薬品ラクタブドーム)の滑走順が26日に発表された。  今年からアイスダンスに挑戦中の高橋大輔(34=関大KFSC)、同種目の平昌五輪代表・村元哉…

後で読む
デイリースポーツ

都市対抗野球大会第5日は26日、東京ドームで1回戦3試合が行われ、四国銀行(高知市)パナソニック(門真市)ホンダ熊本(大津町)が2回戦に進んだ。 四国銀行は菊池が5安打完封し、初出場のハナマウイ(富里市)を1-0で下した。パナソニックは伏木海陸運送(高岡市)に2-1で勝った。七回に勝ち越し、北出ら救援陣が踏ん張った。

後で読む
デイリースポーツ

米大リーグで活躍したイチローさんが26日、神戸市で開かれた新聞大会で記念講演し「現役の時は追い込むことができなかったが、今はできてしまう。47歳で球が速くなった」と近況報告し、会場を驚かせた。引退会見後、公の講演は初めて。3月に帰国し、トレーニングの日々を過ごしているという。 司会から「近いうちに学生に野球を教える姿は見られるか」と問われると「見られると思います」と答え「引退はしたが、野球人として何かお返しできたら」と今後の活動を予感させた。

後で読む
東京スポーツ

23日に予定されていながら当日に中止となったボクシングの元ミニマム級世界4団体王者、高山勝成(37=寝屋川石田)のプロ再起戦が、12月27日に大阪・枚方市立総合体育館で行われることが26日に発表され…

後で読む
デイリースポーツ

西武を戦力外となった相内誠氏が26日、自身のインスタグラムを更新。一部で大みそかの「RIZIN.26」で格闘家デビューする可能性があると報じられたことについてコメントした。 ストーリー機能を使って、「大晦日RIZIN参戦の件ですが、決定したわけではありません」と報告。周囲の反響が大きかったようで「RIZINデビューおめでとうのご連絡が多かったので…」とした。

後で読む
日刊スポーツ

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ最終戦NHK杯が27日、大阪・東和薬品ラクタブドームで開幕する。今季からアイスダンスに転向した元男子世界王者の高…

後で読む
日刊スポーツ

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ最終戦NHK杯は27日、大阪・東和薬品ラクタブドームで行われる。26日、大会主催者は滑走順を発表。27日に行われ…

後で読む
日刊スポーツ

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ最終戦NHK杯は27日、大阪・東和薬品ラクタブドームで行われる。26日、大会主催者は滑走順を発表。27日に行われ…

後で読む
日刊スポーツ

バレーボール日本代表の石川祐希(24=ミラノ)がホームで行われたペルージャ戦に先発出場。首位を走る強豪に1セット先取したが、その後3セット連続で取られて1-3…

後で読む
日刊スポーツ

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ最終戦NHK杯は27日、大阪・東和薬品ラクタブドームで行われる。26日、大会主催者は滑走順を発表。27日に行われ…

後で読む
サンケイスポーツ

都市対抗野球大会第5日は26日、東京ドームで1回戦3試合が行われ、四国銀行(高知市)パナソニック(門真市)ホンダ熊本(大津町)が2回戦に進んだ。

後で読む
日刊スポーツ

中日は26日、垣越建伸投手(20)と竹内龍臣投手(18)に戦力外通告を行った。ともに自由契約選手として公示された後、12月に育成で再契約する。2年目の垣越は左… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

マリナーズの会長付特別補佐兼インストラクターを務めるイチロー氏(47)が高校野球に熱血メッセージを送った。26日、神戸市内で、日本新聞協会主催で加盟社向けの第… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

都市対抗野球大会第5日は26日、東京ドームで1回戦3試合が行われ、四国銀行(高知市)パナソニック(門真市)ホンダ熊本(大津町)が2回戦に進んだ。四国銀行は菊池… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「フェニックスリーグ、DeNA1-7阪神」(26日、天福球場) 阪神は初回に井上広大外野手の先制適時打が生まれ、これが決勝点となった。先発の小野は6回2安打1失点、7奪三振と好投し、平田2軍監督も絶賛。27日・ヤクルト戦で相手先発で奥川が来るだけに、指揮官は期待感を口にした。

後で読む
サンケイスポーツ

中日は26日、2年目の垣越建伸(20)と新人の竹内龍臣(18)の両投手に来季の契約を結ばないことを通告したと発表した。球団は今後、育成選手として再契約する方針。

後で読む
サンケイスポーツ

全日本柔道連盟(全柔連)は26日、オンラインで常務理事会を開き、定款で「20人以上30人以下」となっている理事定数の上限を33人に引き上げる方針を確認した。競技団体に健全運営を促す国の指針「ガバナンスコード」に沿って、女性理事の増加を促す狙いがある。

後で読む
東京スポーツ

 フィギュアスケートのNHK杯(27~29日、大阪・東和薬品ラクタブドーム)の前日練習が26日に行われ、2大会連続優勝中の山本草太(20=中京大)が今季3連勝を誓った。  現在、中部選手権、西日本選手…

後で読む
東京スポーツ

 国内女子ツアーの年内最終戦「JLPGAツアー選手権リコー杯」初日(26日、宮崎・宮崎CC=パー72)、小祝さくら(22=ニトリ)はいつも通りのマイペースぶりで、3アンダーの3位と好発進した。首位は原…

後で読む
東京スポーツ

 広島・一岡竜司投手(29)が26日、契約更改交渉を行い1700万円ダウンの年俸5600万円で更改。今季はシーズン途中に守護神も任されたが、結果を出せず2014年の移籍後、最少の19試合の登板で防御率…

後で読む
デイリースポーツ

中日は26日、垣越建伸投手、竹内龍臣投手に来季の契約を結ばないことを通達したと発表した。来季は育成選手として契約する方針。 垣越は山梨学院高から18年ドラフト5位、竹内は札幌創成高から19年ドラフト6位でそれぞれ入団。ともに今季はウエスタン・リーグでも登板がなかった。

後で読む
デイリースポーツ

楽天・小深田大翔内野手(25)が26日、仙台市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、今季から1800万増の年俸3300万円で更改した。 大幅増に「すごくうれしかった。自分が思っていたより、いい評価だった」と小深田。プロ1年目の今季は7月後半からスタメンに定着。112試合に出場し、打率・288、3本塁打、31打点。チームトップの17盗塁を記録し、新人王の候補にも挙がっている。

後で読む
東京スポーツ

広島・今村猛投手(29)が26日、マツダスタジアムで契約更改交渉を行い、減額制限いっぱいの2000万円減の年俸6000万円でサインした。今季は6試合の登板で防御率12・46に終わったとあって「思った…

後で読む
サンケイスポーツ

 東京・豊洲のマンションで7月に泥酔して他人の車を壊し、警察の事情聴取を受けていたと「週刊文春」に報じられたプロボクシングのWBC世界ライトフライ級王者、寺地拳四朗(28)=BMB=が26日、報道内容を認めた上で謝罪文を発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

 国内ツアーの年内最終戦が開幕。今季初優勝を目指す渋野日向子(22)=サントリー=が9番(パー5)でイーグルを奪うなど4アンダー68で回り、首位と1打差の2位と好スタートを切った。10月の「日本女子オープン」に続く国内メジャー2連勝を狙う原英莉花(21)=日本通運=が1イーグル、5バーディー、2ボギーの67で首位。史上3人目の3週連続優勝が懸かる古江彩佳(20)=フリー=は1アンダーの15位にいる。シーズンは来年と統合することが決まっている。

後で読む
サンケイスポーツ

 ロッテからドラフト2位で指名された明石商高の中森俊介投手(18)が26日、神戸市内のホテルで入団交渉に臨み、入団が決まった。契約金6000万円、年俸720万円(いずれも推定)で合意した。

後で読む
サンケイスポーツ

日本相撲協会は26日、東京・両国国技館で理事会を開き、12月に高砂親方(元大関朝潮)が定年を迎えることに伴い、部屋付きの錦島親方(39)=元関脇朝赤龍、本名バダルチ・ダシニャム、モンゴル出身=が年寄「高砂」を襲名し、部屋を継承することを承認した。元朝潮は錦島親方となる。

後で読む
サンケイスポーツ

楽天の安部井チーム統括本部長が26日に始まった契約更改交渉で、全選手に厳しい経営状況を説明する意向を示した。新型コロナウイルスの影響で観客動員が大幅減。「プロ野球が始まって以来、こういう状況になってしまっている。一人一人にわかりやすく説明していきたい」と話した。

後で読む
サンケイスポーツ

巨人が育成ドラフト4位で指名した神奈川・横浜高の木下幹也投手(18)=185センチ、88キロ、右投げ右打ち=の入団が26日、決まった。支度金300万円、年俸360万円で合意した。

後で読む
日刊スポーツ

巨人の支配下にはい上がり、球界のエースを目指す。育成4位の横浜・木下幹也投手(18)が都内のホテルで支度金300万円、年俸360万円で仮契約した。(金額は推定… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

広島は26日、新外国人のカイル・バード投手(27=レンジャーズ)と契約合意したことを発表した。契約金1040万円、年俸4160万円プラス出来高。背番号は未定。… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

日本相撲協会は26日、東京・両国国技館で理事会を開き、12月9日に65歳で定年を迎える高砂親方(64=元大関朝潮)と部屋付きの錦島親方(39=元関脇朝赤龍)の年寄名跡交換を承認したことを発表した。 …

後で読む
サンケイスポーツ

ヤクルトの高津臣吾監督が26日、東京都港区のヤクルト本社で根岸孝成オーナーにシーズン終了を報告した。就任1年目は投手陣を立て直せず2年連続最下位に終わり「順位を上げることが全てだと思う」と巻き返しを誓った。

後で読む
サンケイスポーツ

日本相撲協会は26日、大相撲初場所(来年1月10日初日・両国国技館)に向けた合同稽古を12月18~23日に国技館内の相撲教習所で行うと発表した。10月に続いて2度目の実施。新型コロナウイルス感染対策のために部屋を行き来する出稽古が禁止の状況で、貴重な鍛錬の場になる。

後で読む
サンケイスポーツ

西武がドラフト6位で指名した東農大北海道オホーツクのタイシンガー・ブランドン大河内野手(22)=179センチ、84キロ、右投げ右打ち=の入団が26日、決まった。契約金3千万円、年俸700万円で合意した。球団を通じ「将来的にはトリプルスリー(打率3割、30本塁打、30盗塁)を達成したい」とコメントした。

後で読む
サンケイスポーツ

中日・木下拓哉捕手(28)が26日、ナゴヤ球場で契約更改交渉を行い、保留した。この日が契約更改交渉初日で、チームで最初の保留者となった。

後で読む
日刊スポーツ

北海道コンサドーレ札幌FWアンデルソン・ロペス(27)が26日、札幌・宮の沢での練習後、3シーズンぶりの2ケタゴール達成を誓った。現在チーム最多8得点。あと2…

後で読む
日刊スポーツ

FC東京は27日、カタールで集中開催されているアジア・チャンピオンズリーグの1次リーグ第4節で上海申花(中国)と対戦する。25日の前戦は多くのチャンスをものに…

後で読む
東京スポーツ

 女子プロレス界の横綱・里村明衣子(41)率いる「センダイガールズ(仙女)」29日の後楽園ホール大会が「白紙」の大ピンチを迎えた。  同大会では仙女(橋本千紘、DASH・チサコ、岩田美香、愛海、岡優里…

後で読む
東京スポーツ

 国内女子ツアーの年内最終戦「JLPGAツアー選手権リコーカップ」初日(26日、宮崎・宮崎CC=パー72)、ツアー3連勝がかかる古江彩佳(20)は71のラウンドで1アンダーの15位発進となった。首位は…

後で読む
東京スポーツ

 全日本柔道連盟(全柔連)は26日、常務理事会を開き、今後の講道館杯と全日本選抜体重別選手権において、青柔道着を導入する方向であることを明らかにした。12月3日の理事会で正式に決定される。  10月の…

後で読む
東京スポーツ

 フィギュアスケートのNHK杯(27~29日、大阪・東和薬品ラクタブドーム)の前日練習が26日に行われ、大会最年少で中学3年生の三浦佳生(15=KOSE新横浜プリンスFSC)が初参戦の意気込みを語った…

後で読む
デイリースポーツ

日本相撲協会は26日、理事会を開き、大相撲初場所(来年1月10日初日、東京・両国国技館)前後の日程を発表した。 11月場所前から再開された、他部屋の力士との合同稽古は12月18~23日まで両国国技館内の相撲教習所で行う。協会の仕事納めは12月25日、仕事始めは来年1月4日。年明けに例年、明治神宮で行う横綱奉納土俵入りは中止となる見通し。

後で読む
東京スポーツ

 早くも視界にあるのはV5! ソフトバンク・工藤公康監督(57)が4年連続日本シリーズ制覇から一夜明けた26日、早くもペイペイドームで2021年シーズンに向け〝無休スタート〟を切った。  オフ恒例とな…

後で読む
デイリースポーツ

日本レスリング協会は26日、12月に開催される全日本選手権(12月17日開幕、東京・駒沢体育館)の出場選手を発表した。東京五輪代表選手では、男子グレコローマンスタイル60キロ級世界王者の文田健一郎(24)=ミキハウス=がエントリーしたが、7選手は出場を見送った。 今年は新型コロナウイルスの感染リスクを考慮し、エントリー選手の中から1階級8選手以内に選抜して人数を絞った上で、無観客で開催される。文田は2月のアジア選手権以来10カ月ぶりの実戦で、五輪延期決定後初の大会出場となる。

後で読む
デイリースポーツ

東京五輪・パラリンピックのホストタウン交流をテーマにしたシンポジウムが26日、岐阜県で開かれ、内閣官房東京大会推進本部の平田竹男事務局長は、新型コロナウイルス対策や検査費用などの負担について「やはり国が100%出すということを、ぜひ進めていきたい」と述べた。政府の2020年度第3次補正予算確保に向け全力を尽くす。 平田氏は(1)医療機関と連携構築(2)宿泊先でのフロア単位の貸し切り(3)公共交通機関で移動する際に一般客との間に空席を設ける-などといったコロナ対策で生じる費用の負担を念頭に「事務局として動こうと強く思った」と話した。

後で読む
デイリースポーツ

日本相撲協会は26日、東京都墨田区の両国国技館で理事会を開き、大相撲初場所(来年1月10日初日・両国国技館)の観客数上限を約5300人で開催すると発表した。定員の1万1千人弱の半分ほどに当たる。11月場所は約5千人だった。芝田山広報部長(元横綱大乃国)によると、土俵近くのたまり席分を増やした。 入場券の販売は協会公式販売サイトに加え、コンビニなどでの取り扱いも再開する。先場所までは公式サイト上に限られていた。新型コロナウイルス感染者が判明した場合に備え、コンビニなどでの購入者は入場券の裏面に氏名、電話番号の記入が必要で、追跡のため入場時に回収される。

後で読む
デイリースポーツ

楽天の則本昂大投手が26日、仙台市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、現状維持の年俸3億円プラス出来高払いでサインした。今季は2年連続で5勝にとどまりチームも4位に終わった。7年契約の3年目となる来季に「原点の外角低めがいかに大事かと再確認した。もう一回、原点に返って来季一年間やりたい」と巻き返しを誓った。 今季は新型コロナウイルスの感染拡大で3月下旬から1カ月以上、球団施設が閉鎖され「キャンプから積み上げてきたものが消えてしまった。調整する選手としては難しい」と振り返った。

後で読む
デイリースポーツ

「フェニックス・リーグ、西武1-1日本ハム」(26日、南郷スタジアム) 日本ハムの野村佑希内野手が、「侍ジャパン」入りへ向け、猛アピールした。

後で読む
デイリースポーツ

ロッテからドラフト2位で指名された中森俊介投手(18)が26日、神戸市内のホテルで入団交渉に臨み、契約金6000万円、年俸720万円で仮契約を結んだ。背番号は未定で、後日球団から発表される。 ドラフト会議から1か月が経ち、少し大人びた表情で会見場に現れた右腕は「改めて、プロ野球選手になれたんだと身の引き締まる思いです。1年目から15勝できるように頑張りたいです」と高い目標を掲げた。

後で読む
デイリースポーツ

巨人は日本シリーズ敗退から一夜明けた26日、福岡発の航空機で帰京した。 リーグ連覇を果たしたものの、昨年に続き4連敗で8年ぶりの日本一ならず。開口一番「敗軍の将、兵を語らずです」と心境を明かした。

後で読む
デイリースポーツ

「都市対抗野球・1回戦、四国銀行1-0ハナマウイ」(26日、東京ドーム) 創部2年目のハナマウイは善戦したが、初出場初勝利には届かなかった。オリックス、阪神などで活躍した本西厚博監督が「硬くならない方がおかしい」と認めたように、序盤はナインの緊張と相手投手のフォークに苦しんで五回までわずか1安打。最後までホームが遠かった。

後で読む
日刊スポーツ

背番号05(まるこ)の赤いユニホームを着たまるちゃんが、華麗なドリブルを披露!?バスケットボールB1千葉ジェッツは26日、来月5、6日の島根スサノオマジック戦…

後で読む
日刊スポーツ

日本レスリング協会は26日、12月17~20日に東京・駒沢体育館で開かれる全日本選手権の出場選手を発表した。新型コロナウイルスの感染防止のため、各階級を8人に…

後で読む
日刊スポーツ

「ウインターカップ2020第73回全国高等学校バスケットボール選手権大会」(12月23~29日=東京体体育館、武蔵野の森総合スポーツプラザ)の組み合わせが26…

後で読む
日刊スポーツ

「百獣の王」こと、タレントの武井壮が26日、環境省の「サステナビリティ広報大使」に就任した。スポーツを切り口に気候変動問題への関心を広げる狙いで、幅広い分野に…

後で読む
日刊スポーツ

バスケットボールBリーグ2部(B2)の西宮ストークスは26日、所属選手1人が新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けたと発表した。選手名は公表していない。当該…

後で読む
東京スポーツ

広島・中崎翔太投手(28)が26日、マツダスタジアムで契約更改交渉に臨み減額制限いっぱいとなる40%減の年俸8700万円でサインした。今季は6試合の登板で防御率9・00と低迷。大減俸にも「何もやって…

後で読む
サンケイスポーツ

サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」は26日、福島県のJヴィレッジでの候補選手による強化合宿で、福島・ふたば未来学園高の男子と合同練習を実施した。

後で読む
サンケイスポーツ

日本相撲協会は26日、東京都墨田区の両国国技館で理事会を開き、大相撲初場所(来年1月10日初日・両国国技館)の観客数上限を約5300人で開催すると発表した。定員の1万1千人弱の半分ほどに当たる。11月場所は約5千人だった。芝田山広報部長(元横綱大乃国)によると、土俵近くのたまり席分を増やした。

後で読む
サンケイスポーツ

東京五輪・パラリンピックのホストタウン交流をテーマにしたシンポジウムが26日、岐阜県で開かれ、内閣官房東京大会推進本部の平田竹男事務局長は、新型コロナウイルス対策や検査費用などの負担について「やはり国が100%出すということを、ぜひ進めていきたい」と述べた。政府の2020年度第3次補正予算確保に向け全力を尽くす。

後で読む
日刊スポーツ

ヤンキースのGM特別アドバイザーを務める松井秀喜氏(46)が、古巣・巨人の奮起に期待した。26日、都内で開催されたビジネスセミナーに米ニューヨークからオンライ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ヤクルト高津臣吾監督が根岸オーナーに来季の巻き返しを誓った。都内の本社を訪れ、最下位だった就任1年目の成績を報告。「若手も積極的に使って来シーズンに生きる戦い… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

阪神井上広大外野手(19)がみやざきフェニックス・リーグのDeNA戦(日南)で3安打を放ち、ヤクルト奥川との再戦に弾みをつけた。4番右翼でフル出場。初回に左腕… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」は26日、福島県のJヴィレッジでの候補選手による強化合宿で、福島・ふたば未来学園高の男子と合同練習を実施した。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」は26日、福島県のJヴィレッジでの候補選手による強化合宿で、福島・ふたば未来学園高の男子と合同練習を実施した。セットプレー練習の後、前後半各40分の試合を行い、4-0だった。

後で読む
サンケイスポーツ

オリックスは、ドラフト4位指名の立大・中川颯投手(22)が26日、東京・池袋のホテルメトロポリタンで入団交渉を行い、契約金5000万円、年俸900万円(いずれも推定)で入団に合意し、仮契約した。背番号は「37」。

後で読む
サンケイスポーツ

男子ゴルフでアマチュアの中島啓太(20)=日体大2年=が、25日に発表されたアマチュア世界ランキングで1位に浮上。中島は26日に自身のインスタグラムのストーリーズを更新し、「たくさんのメッセージありがとうございました。これからがスタートだと思うのでまた頑張ります!!」と投稿した。

後で読む
東京スポーツ

 初代タイガーマスク(62=佐山聡)が主宰するリアルジャパン(RJ)が26日、「ストロングスタイルプロレスVol.8」(12月17日、東京・後楽園ホール)のメインカードを発表。レジェンド王者の〝野獣〟…

後で読む
スポーツニッポン

日本相撲協会は26日、大相撲初場所(来年1月10日初日、東京・両国国技館)の開催方法と入場券販売方法を発表し、たまり席は4列目以降を1席空けて使用し、一部を一般販売することになった。11月場所ではたまり席の5、7列目のみを1席空けて使用していた。その他の席は11月場所と同様で、4人のマス席は2人で、イス席は前後左右を空けて使用する。1日当たりの席数の上限は、11月場所の約5200人(当初発表は…

後で読む
スポーツニッポン

日本相撲協会は26日、東京・両国国技館で理事会を開き、同日付でモンゴル出身の錦島親方(元関脇・朝赤龍)が12月に65歳の定年を迎える高砂親方(元大関・朝潮)と年寄名跡を交換し、高砂部屋を継承することが承認された。

後で読む
東京スポーツ

 日本相撲協会は26日、東京・両国国技館で理事会を開き、大相撲初場所(来年1月10日初日、両国国技館)の観客数を行政指導範囲内の5300人に引き上げて開催することを決定した。上限が約5000人だった1…

後で読む
デイリースポーツ

サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」は26日、福島県のJヴィレッジでの候補選手による強化合宿で、福島・ふたば未来学園高の男子と合同練習を実施した。セットプレー練習の後、前後半各40分の試合を行い、4-0だった。 前半は高倉監督就任後初招集の高瀬(INAC神戸)と代表合宿初参加の浜田(マイナビ仙台)の2トップが好機を迎えたが無得点。メンバーを入れ替えた後半、トップ下の長谷川(日テレ)が相手GKの頭上を抜くループシュートで先制。その後も長谷川を軸に攻め、杉田(INAC神戸)が2点、田中(INAC神戸)が1点を挙げた。

後で読む
デイリースポーツ

元アルゼンチン代表の選手、監督のディエゴ・マラドーナさんの死去はサッカー界全体はもちろん、特にアルゼンチンサッカー界で大きな衝撃を与えている。  現在の中心選手、FWリオネル・メッシは自身のソーシャルサイトで同氏との記念写真を掲載した上でコメント。「全てのアルゼンチン人、サッカー界にとってとても悲しい一日。彼は僕らを残して行ったけど、去ったのではない。なぜならディエゴは永遠なんだから」とマラドーナ氏が今後も心の中に生き続けるとした。さらに「彼と一緒に過ごした素晴らしい瞬間を心に留め、この機会に全ての彼の家族と友人にお悔やみを申し上げたい」としている。 

後で読む
デイリースポーツ

オリックスからドラフト4位で指名された中川颯(はやて)投手(立大)が26日、都内のホテルで入団交渉に臨み、契約金5000万円、年俸900万円で仮契約を結んだ(金額は推定)。 背番号は37に決まった。

後で読む
デイリースポーツ

プロ野球のフリーエージェント(FA)有資格者が権利行使できる手続き期間が26日、始まった。海外FAの資格を得たロッテの沢村拓一投手に米大リーグ移籍の可能性があり、動向が注目される。 国内FAの資格を取得した中日の大野雄大投手、ヤクルトの山田哲人内野手と石山泰稚投手は権利を行使せず残留することを決めた。今季最多セーブに輝いた西武の増田達至投手やヤクルトの小川泰弘投手、DeNA梶谷隆幸外野手、井納翔一投手は国内FA権を行使する可能性がある。梶谷、井納には巨人が関心を示しており、ヤクルトも井納獲得に動くとみられる。

後で読む
スポーツニッポン

FC東京の長谷川健太監督(55)が26日、フットボール界のスーパースターで元アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナ氏(享年60)の死を悼んだ。

後で読む
東京スポーツ

ヤクルトの高津臣吾監督(52)が26日、東京都港区のヤクルト本社を訪れ、根岸孝成オーナー(71)にシーズン終了の報告を行った。  高津監督は就任1年目だが、チームは2年連続での最下位に沈んだ。根岸オ…

後で読む
東京スポーツ

ヤクルトの高津臣吾監督(52)が26日、東京都港区のヤクルト本社を訪れ、根岸孝成オーナー(71)にシーズン終了の報告を行った。  高津監督は就任1年目で、チームは2年連続での最下位に沈んだ。根岸オー…

後で読む
サンケイスポーツ

阪神はDeNAに7-1で勝利。あす27日はヤクルト・奥川恭伸投手(19)が先発予定。ゴールデンルーキー同士の対決に平田勝男2軍監督(61)が早くも興味津々だ。平田2軍監督の主な一問一答は以下の通り。

後で読む
スポーツニッポン

 26日発売の「週刊文春」に泥酔しての不法侵入、器物損壊を報じられたプロボクシングWBC世界ライトフライ級王者・寺地拳四朗(28=BMB)が同日、報道各社へ送った文書で“騒動”を謝罪した。

後で読む
サンケイスポーツ

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ最終戦、NHK杯は27日、大阪府門真市の東和薬品ラクタブドームで開幕する。男子で優勝候補の鍵山と佐藤の高校2年生コンビはGP初出場優勝の鍵となる4回転ジャンプの調整に努めた。

後で読む
サンケイスポーツ

広島の中崎が26日、広島市の球団事務所で契約交渉に臨み、野球協約の減額制限(1億円超は40%)いっぱいとなる5800万円減の年俸8700万円で更改した。今季は6試合の登板で1勝0敗、防御率9・00。「このまま終わってしまうわけにはいかない。一生懸命頑張りたい」と語った。今年9月には右上腕部を手術。「まずはキャンプインに向けてしっかり取り組んでいきたい」と話した。

後で読む
日刊スポーツ

侍ジャパン稲葉篤紀監督(48)が「五輪モード」で約1年ぶりにタクトを振るった。宮崎で無観客で行われている若手主体のフェニックスリーグで日本ハムの指揮官として西… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

広島今村猛投手(29)が26日、広島市内の球団事務所で契約交渉に臨み、減額制限(25%)となる2000万円減の年俸6000万円で更改した。今季について「3月時… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

都市対抗大会第5日は1回戦3試合。第1試合はホンダ熊本(大津町)が日本通運(さいたま市)に延長10回タイブレークの末、6-5で逆転サヨナラ勝ちした。第2試合は… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

国内女子ツアーの年内最終戦「JLPGAツアー選手権リコー杯」初日(26日、宮崎・宮崎CC=パー72)、原英莉花(21=日本通運)が2番でイーグルを奪うなど、67をマークし、5アンダーで単独首位に立っ…

後で読む
サンケイスポーツ

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ最終戦、NHK杯は27日、大阪府門真市の東和薬品ラクタブドームで開幕する。体調不良で昨季を棒に振った三原は2季ぶりのGP出場に「せっかくのチャンスなので、笑顔でしっかり元気の良さをアピールできたらいい」と意欲を語った。

後で読む
サンケイスポーツ

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ最終戦、NHK杯は27日、大阪府門真市の東和薬品ラクタブドームで開幕する。女子はともにGP初優勝を狙う樋口と坂本が挑戦的な構成でしのぎを削ることになりそうだ。樋口は公式練習でフリーの音楽を流し、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を着氷。「90パーセントは気持ちで跳んでいる」という大技の実戦初成功が大きな鍵を握るだけに「しっかり決め、大きなミスがないように滑りきりたい」と決意をにじませた。

後で読む
デイリースポーツ

ボクシングWBC世界ライトフライ級王者の寺地拳四朗(28)=BMB=が26日、7月に都内のマンションで住人の車を破損させ、警察から事情聴取を受けた事件(25日に示談成立)を起こしていたと「週刊文春」(11月26日発売)で報じられたことについての謝罪文を発表した。 謝罪文は以下の通り。

後で読む
日刊スポーツ

J1自動昇格圏の2位につけるアビスパ福岡の長谷部茂利監督(49)が、25日に4年連続日本一を決めたソフトバンクホークスに続くJ2優勝を誓った。26日の練習後、…

後で読む
東京スポーツ

 フィギュアスケートのNHK杯(27~29日、大阪・東和薬品ラクタブドーム)の前日練習が26日に行われ、18年平昌五輪代表の田中刑事(26=倉敷FSC)がリモート会見で抱負を語った。  今月22日に誕…

後で読む
東京スポーツ

 日本相撲協会は26日、東京・両国国技館で理事会を開き、12月9日に65歳で定年を迎える高砂親方(64=元大関朝潮)と部屋付きの錦島親方(39=元関脇朝赤龍)の年寄名跡交換を承認したことを発表した。錦…

後で読む
東京スポーツ

 日本相撲協会は26日、東京・両国国技館で理事会を開き、常盤山親方(69=元関脇舛田山)と千賀ノ浦親方(59=元小結隆三杉)の年寄名跡を交換し、千賀ノ浦部屋を常盤山部屋に変更することを承認した。  千…

後で読む
デイリースポーツ

「フィギュアスケート・NHK杯」(27日開幕、東和薬品ラクタブドーム) 男子の公式練習が26日、本番会場で行われ、佐藤駿(16)=フジ・コーポレーション=が氷の感覚を確かめた。

後で読む
東京スポーツ

 FC東京が26日、カタールで集中開催されているアジアチャンピオンズリーグ(ACL)1次リーグの上海申花(中国)戦(27日)の公式会見を行い、長谷川健太監督(55)とGK波多野豪(22)が、25日に6…

後で読む
デイリースポーツ

日本相撲協会は26日、理事会を開き、12月9日に65歳定年を迎える高砂親方(元大関朝潮、本名長岡末弘)と同部屋付きの錦島親方(39)=元関脇朝赤龍、本名バダルチ・ダシニャム=が年寄名跡を交換することを承認した。錦島親方が第8代高砂として名門部屋を継承する。 高砂部屋は明治初期から続く角界でも屈指の名門。外国出身では初めての師匠となる。第7代高砂親方は錦島親方として再雇用制度を利用し参与として協会に残る。

後で読む
デイリースポーツ

日本相撲協会は26日、理事会を開き、千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)が年寄名跡「常磐山」を継承・襲名し、常磐山親方(元関脇舛田山)が年寄名跡「千賀ノ浦」を継承・襲名することを承認した。同日付で千賀ノ浦部屋は常磐山部屋に変更となった。 11月場所で優勝した大関貴景勝、関脇隆の勝、十両貴源治ら旧千賀ノ浦部屋の力士は常磐山部屋所属になる。

後で読む
デイリースポーツ

日本相撲協会は26日、理事会を開き、大相撲初場所(来年1月10日初日、東京・両国国技館)前後の日程を発表した。 11月場所前から再開された、他部屋の力士との合同稽古は12月18~23日まで両国国技館内の相撲教習所で行う。協会の仕事納めは12月25日、仕事始めは来年1月4日。年明けに例年、明治神宮で行う横綱奉納土俵入りは中止となる見通し。

後で読む
デイリースポーツ

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ最終戦、NHK杯は27日、大阪府門真市の東和薬品ラクタブドームで開幕する。26日に公式練習が行われ、アイスダンスでデビューする2010年バンクーバー冬季五輪男子銅メダルの高橋大輔がパートナーの村元哉中(以上関大KFSC)と氷の感触を確かめた。 今年からアイスダンスに転向した34歳の高橋はフリーの曲をかけ、リフトを無難にこなすなど調整。「これまでやってきたことの確認ということで丁寧に練習した。楽しんでいいスタートが切れれば」と声を弾ませた。

後で読む
デイリースポーツ

【ベルリン共同】サッカーの元アルゼンチン代表、ディエゴ・マラドーナさんが25日に死去し、サッカー界は深い悲しみに包まれた。元ブラジル代表で「王様」と呼ばれる80歳のペレさんは「何と悲しい知らせだ。いつか一緒に天国でボールを蹴ろう」とツイートした。 10番を受け継ぐメッシは思い出の写真とともにインスタグラムに「全てのアルゼンチン人とサッカーにとって悲しい日だ。ディエゴは永遠だから」と記し、ロナルドは「比類なき魔術師」と表現した。

後で読む
東京スポーツ

世界ボクシング評議会(WBC)は25日、元世界5階級制覇王者で世界バンタム級1位のノニト・ドネア(37=フィリピン)が同級4位のエマヌエル・ロドリゲス(28=プエルトリコ)と王座決定戦を行うことが承…

後で読む
東京スポーツ

ボクシングのWBCは25日(日本時間26日)、12月に米国で防衛戦を予定していたバンタム級世界王者のノルディーヌ・ウバーリ(34=フランス)が、10月に行った新型コロナウイルスのテストで陽性となって…

後で読む
東京スポーツ

ボクシングのWBC世界ライトフライ級王者・寺地拳四朗(28=BMB)は26日、同日発売の「週刊文春」が報じた、7月に泥酔して自宅外のマンションに侵入して車を破損した事件を起こしていたことについての謝…

後で読む
デイリースポーツ

14年間のブランクを経て現役復帰を目指している元プロ野球選手の新庄剛志氏(48)が26日、インスタグラムに新規投稿。参加を表明している12月の合同トライアウトに向け「初の試合形式での練習」を行ったことを伝えた。 結果は「7打席 146キロ安河内君、他左投手 他右投手 7打数2安打 2三振」だったとし、親指を立てた絵文字を付けている。

後で読む
デイリースポーツ

カブスのダルビッシュ有投手が25日、ツイッターを更新。ソフトバンクの圧倒的な強さについて、「フィジカル」を挙げた。 ソフトバンクは4勝0敗で巨人を破り、4年連続の日本一に輝いた。交流戦を含めてセ・パの実力差が顕著になっていることに「パリーグが強い理由はソフトバンクが関係しているってずっと思っています。自分が今ここにいるのもソフトバンクがかなり関係してますし」とし、詳細は自身のYouTubeチャンネルで語ることを予告した。

後で読む
デイリースポーツ

 ツアー選手権リコー杯第1日(26日・宮崎CC=6543ヤード、パー72)日本女子オープン選手権覇者で国内四大大会2連勝を狙う原英莉花が1イーグル、5バーディー、2ボギーの67で首位に立った。渋野日向子が1打差2位につけた。 69の3位に昨年大会覇者ペ・ソンウ、李知姫(ともに韓国)、鈴木愛、小祝さくら、上田桃子、三ケ島かな、蛭田みな美が並んだ。笹生優花、河本結らが70で10位、3週連続優勝を狙う古江彩佳は71で15位発進。

後で読む
日刊スポーツ

フィギュアスケート男子で18年世界選手権5位の友野一希(22=同大)は26日、グランプリ(GP)シリーズ最終戦NHK杯(大阪・東和薬品ラクタブドーム)の公式練…

後で読む
日刊スポーツ

20年ユース五輪(オリンピック)金メダリストの鍵山優真(17=星槎国際高横浜)が、シニアGPシリーズのデビュー戦へ会場の感触を確かめた。4回転トーループ-2回…

後で読む
日刊スポーツ

3連勝を狙う。フィギュアスケート男子で16年ユース五輪金メダルの山本草太(20=中京大)が26日、グランプリ(GP)シリーズ最終戦NHK杯(大阪・東和薬品ラク…

後で読む
日刊スポーツ

18年平昌五輪(ピョンチャンオリンピック)代表の田中刑事(倉敷FSC)が26歳の誓いを立てた。22日に誕生日を迎え、今大会が26歳として臨む初戦。8月に右膝を…

後で読む
日刊スポーツ

19年ジュニアグランプリ(GP)ファイナル王者の佐藤駿(16=フジ・コーポレーション)が、フリーの構成変更を明かした。28日に向けた曲かけ練習で「バトル・オブ…

後で読む
東京スポーツ

中日・高橋周平内野手(26)が26日、ナゴヤ球場で契約更改交渉に臨み、2000万円アップの年俸8000万円でサインした。  今季は7月に左太もも裏の肉離れで約10日間の離脱こそあったが、3年連続で規…

後で読む
サンケイスポーツ

 西武は26日、来年3月のグランドオープンする「西武ライオンズ40周年記念事業 メットライフドームエリア改修計画」の工事途中の様子を配信した。

後で読む
サンケイスポーツ

 東京・豊洲のマンションで泥酔して他人の車を壊し、警察の事情聴取を受けていたことが「週刊文春」に報じられたプロボクシングのWBC世界ライトフライ級王者、寺地拳四朗(28)=BMB=が26日、報道内容を認めた上で、「社会人としての自覚に欠けた行動であり、多大なるご迷惑をおかけして誠に申し訳ありません。今回の不祥事を猛省し、自分を見つめ直して参ります」などとする謝罪文を発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

ツアー選手権リコー杯第1日(26日、宮崎CC=6543ヤード、パー72)四大大会2連勝を狙う原英は堂々の首位発進。2番(パー5)で残り110ヤードの第3打をねじこんでイーグルとし、後半はボギーなしで伸ばした。「イーグルで、いい流れでできた。集中力を途切れさせないでできた」と胸を張った。

後で読む
サンケイスポーツ

世界ボクシング評議会(WBC)は25日(日本時間26日)、WBC世界バンタム級王者のノルディーヌ・ウバーリ(34)=フランス=を休養王者にすることを承認したと発表した。

後で読む
日刊スポーツ

中日高橋周平内野手(26)が26日、ナゴヤ球場で契約交渉に臨み、2000万円増の年俸8000万円で更改した。プロ9年目で初めてシーズンの通算打率が3割を突破。… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

DeNA大卒6年目を終えた山下幸輝内野手が、体力アップを誓った。代打で一時は打率4割超をマーク。「昨季は1軍でプレーすることができなかったので、少しでも結果を… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

西武ドラフト6位指名の東農大北海道オホーツク・タイシンガーブランドン大河内野手(22)が、同郷の先輩の背中を追いプロ入りを果たす。26日、東農大世田谷キャンパ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

ツアー選手権リコー杯第1日(26日、宮崎CC=6543ヤード、パー72)昨年、この大会で5位に入って賞金女王を決めた鈴木が2打差の3位で滑り出した。11番からの3連続など5バーディー(2ボギー)を奪い「良かった。久しぶりにいいゴルフができた」と頬を緩めた。

後で読む
サンケイスポーツ

ツアー選手権リコー杯第1日(26日、宮崎CC=6543ヤード、パー72)史上3人目の3週連続優勝を目指す古江は、14番からの2連続ボギーに「ちょっとショックでした」と落胆の色を見せた。12番でバーディー、13番でイーグルと伸ばした直後だけに、思わずため息も漏れた。

後で読む
スポーツニッポン

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ・NHK杯(大阪・東和薬品ラクタブドーム)は27日に開幕する。26日は会場で公式練習が行われ、男子の田中刑事(26=倉敷FSC)がオンラインで取材に応じた。

後で読む
スポーツニッポン

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ・NHK杯(大阪・東和薬品ラクタブドーム)は27日に開幕する。26日は会場で公式練習が行われ、男子の友野一希(22=同大)がオンラインで取材に応じた。

後で読む
スポーツニッポン

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ・NHK杯(大阪・東和薬品ラクタブドーム)は27日に開幕する。26日は会場で公式練習が行われ、男子で今年1月のユース五輪金メダルの鍵山優真(17=星槎国際高横浜)がオンラインで取材に応じた。

後で読む
スポーツニッポン

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ・NHK杯(大阪・東和薬品ラクタブドーム)は27日に開幕する。26日は会場で公式練習が行われ、男子で昨季のジュニアGPファイナル王者の佐藤駿(16=フジ・コーポレーション)がオンラインで取材に応じた。

後で読む
スポーツニッポン

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ・NHK杯(大阪・東和薬品ラクタブドーム)は27日に開幕する。26日は会場で公式練習が行われ、男子の三浦佳生(15=KOSE新横浜プリンスFSC)がオンラインで取材に応じた。

後で読む
東京スポーツ

 国内女子ツアーの年内最終戦「JLPGAツアー選手権リコー杯」初日(26日、宮崎・宮崎CC=パー72)、ホステスプロの河本結(22=リコー)が70で回り、2アンダーの10位と好スタートを切った。首位は…

後で読む
東京スポーツ

 フィギュアスケートのNHK杯(27~29日、大阪・東和薬品ラクタブドーム)の前日練習が26日に行われ、アイスダンスの小松原美里(28)、ティム・コレト(29=ともに倉敷FSC)がリモート会見を行った…

後で読む
東京スポーツ

 国内女子ツアーの年内最終戦「JLPGAツアー選手権リコー杯」初日(26日、宮崎・宮崎CC=パー72)、渋野日向子(22=サントリー)は1イーグル、3バーディー、1ボギーの68をマーク、首位に1打差の…

後で読む
デイリースポーツ

巨人は26日、吉川大幾内野手(28)と来季の契約を結ばないことを発表した。 吉川大はPL学園から10年ドラフト2位で中日入り。14年に戦力外通告を受け15年に巨人入りした。プロ10年目の今季は30試合に出場し、10打数1安打、通算成績は打率・180、0本塁打、6打点だった。

後で読む
デイリースポーツ

ロッテは26日、原嵩投手(22)に支配下選手契約を結ばない旨を通知したと発表した。原は、2015年ドラフト5位で専大松戸から入団した右腕。入団から5年間で1軍登板がなかった。 また、育成選手の森遼大朗投手(21)と高浜卓也内野手(31)を自由契約とし再度、育成契約を結ぶ予定。

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクが4連勝で巨人を下した、今年のプロ野球・日本シリーズを巡り、ネット上では「33×4=132」の書き込みが相次ぎ、盛り上がっている。 ネット上ではこれまでロッテが阪神を圧倒して4連勝した2005年シリーズ4試合の両軍得点合計「33-4」が“伝説”とされており、25日の第4戦もソフトバンクが再現、更新するかと注目され、「あと7点」がトレンド1位となる現象も。

後で読む
スポーツニッポン

 巨人は26日、吉川大幾内野手(28)に来季の契約を結ばないことを通知したと発表した。

後で読む
東京スポーツ

元アルゼンチン代表のスーパースター、ディエゴ・マラドーナ氏(享年60)が25日に死去したことを受けて、J1横浜FCのキング・カズこと元日本代表FW三浦知良(53)は26日、クラブを通じてコメントを発…

後で読む
東京スポーツ

マラドーナ氏の訃報を受けて日本サッカー協会の田嶋幸三会長(63)がコメントを発表し、故人をしのんだ。 「2017年1月に行われたFIFA(国際サッカー連盟)の年間表彰式とカウンシル会議のためにチュー…

後で読む
東京スポーツ

J1川崎のMF中村憲剛(40)が26日、自身のツイッターを更新し、60歳で急死した元アルゼンチン代表ディエゴ・マラドーナ氏への思いをつづった。  2年ぶり3度目のリーグ制覇を成し遂げた直後に飛び込ん…

後で読む
スポーツニッポン

 国内ツアー今年最終戦となるメジャーが開幕。原英莉花(21=日本通運)が1イーグル、5バーディー、2ボギーの67をマークし、首位発進を決めた。1打差の2位には68をマークした渋野日向子(22=サントリー)。2打差の3位タイには小祝さくら(22=ニトリ)ら7選手が続いた。

後で読む
日刊スポーツ

広島一岡竜司投手(29)が26日、広島市内の球団事務所で契約更改を行い、1700万円減の5600万円でサインした。一岡は「単純にやることがうまくいかなかったの… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

広島5年目の岡田明丈投手(27)が26日、広島市内の球団事務所で契約交渉に臨み、1100万円減の3300万円で更改した。再起を期し、昨秋から中継ぎに転向して挑… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

中日大野奨太捕手が現状維持の年俸1億円で契約を更改した。今季は12年目で初めて1軍出場がなく「1度も1軍の戦力として戦うことができなかったのは悔しい」と悔やん… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
東京スポーツ

日本レスリング協会は26日、12月17日から20日まで東京・駒沢体育館で行われる全日本選手権のエントリーを発表した。東京五輪代表に決定している男子グレコローマン60キロ級の世界王者・文田健一郎(24…

後で読む
東京スポーツ

国内女子ツアーの年内最終戦「JLPGAツアー選手権リコー杯」初日(26日、宮崎・宮崎CC=パー72)、原英莉花(21=日本通運)が2番でイーグルを奪うなど、67をマークし、5アンダーで単独首位に立っ…

後で読む
サンケイスポーツ

ソフトバンクは26日、加治屋蓮投手(29)、松田遼真投手(26)、西田哲朗内野手(29)に来季の選手契約を締結しない旨を伝えたと発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

ツアー選手権リコー杯第1日(26日、宮崎CC=6543ヤード、パー72)日本女子オープン選手権覇者で国内四大大会2連勝を狙う原英莉花が1イーグル、5バーディー、2ボギーの67で首位に立った。渋野日向子が1打差2位につけた。

後で読む
日刊スポーツ

08年から13年まで名古屋グランパスで監督を務めたストイコビッチ氏の来日が見送られることになった。12月12日の横浜F・マリノス戦が、パロマ瑞穂スタジアムが建…

後で読む
日刊スポーツ

J1最速Vを決めた川崎フロンターレMF中村憲剛(40)が26日、世界的スターだったディエゴ・マラドーナ氏の訃報を受けて、ツイッターに「謹んでご冥福をお祈りいた…

後で読む
日刊スポーツ

J2FC琉球の元日本代表MF小野伸二(41)が26日、自身の公式インスタグラムで25日に死去した元アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナ氏に追悼の意を示した。…

後で読む
日刊スポーツ

J2アルビレックス新潟のアルベルト監督(52)が、25日に亡くなったディエゴ・マラドーナ氏を自身のツイッターで追悼した。スペイン出身のアルベルト監督。バルセロ…

後で読む
日刊スポーツ

J3アスルクラロ沼津MF伊東輝悦(46)が26日、25日に亡くなった元アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナ氏に哀悼の意を示した。若手時代アタッカーだった伊東…

後で読む
スポーツニッポン

日本レスリング協会は26日、12月17~20日に開催する全日本選手権(駒沢体育館)のエントリー選手を発表し、東京五輪代表ではグレコローマンスタイル60キロ級の文田健一郎(ミキハウス)が名を連ねた。

後で読む
スポーツニッポン

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ・NHK杯(大阪・東和薬品ラクタブドーム)は27日に開幕する。26日は会場で公式練習が行われ、男子の山本草太(20=中京大)がオンラインで取材に応じた。

後で読む
東京スポーツ

 フィギュアスケートのNHK杯(27~29日、大阪・東和薬品ラクタブドーム)の前日練習が26日に行われ、16年の世界ジュニア女王・本田真凜(19=JAL)が同大会初参戦へ向けた決意を口にした。  練習…

後で読む
東京スポーツ

〝英雄〟マラドーナ氏の破天荒すぎる私生活とは――。英紙「サン」が、生前のマラドーナ氏の恋人や子供たち、さらに〝隠し子〟などその家族構成を特集した。  同紙はマラドーナ氏の最近の〝パートナー〟として、ロ…

後で読む
デイリースポーツ

日本フェンシング協会は26日、日本代表の選手1人が新型コロナウイルスに感染したことを受け、保健所から濃厚接触者または感染の可能性があると指定された選手、コーチら計21人にPCR検査を実施し、全員が陰性だったと発表した。 検査結果に基づき、日本協会は拠点になっている東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)で練習を順次再開する。今回の検査対象とならなかった全ての代表選手らも検査し、陰性が確認されれば練習参加を認める方針。

後で読む
東京スポーツ

 巨人の吉川大畿内野手(28)が26日、来季の契約を結ばないことを通知された。  PL学園から2010年のドラフト2位で中日に入団した吉川大は14年オフに戦力外を通告された。15年から巨人に入団し内外…

後で読む
デイリースポーツ

「フィギュアスケート・NHK杯」(27日開幕、東和薬品ラクタブドーム) 女子の公式練習が行われ、樋口新葉(19)=明大=は「練習してきたことを全部出せるようにすることを目標にしている」と力強く語った。

後で読む
デイリースポーツ

「フィギュアスケート・NHK杯」(27日開幕、東和薬品ラクタブドーム) 女子で2季ぶりの国際大会となる三原舞依(21)=シスメックス=が公式練習を行った。体調不良で昨季は休養したが、今季は近畿選手権、西日本選手権、全兵庫選手権と3試合をこなし、調子を上げてきた。公式練習ではフリー曲「フェアリー・オブ・ザ・フォレスト&ギャラクシー」でルッツ-トーループの3回転の連続技などすべてのジャンプで着氷した。

後で読む
デイリースポーツ

「フィギュアスケート・NHK杯」(27日開幕、東和薬品ラクタブドーム) 女子で平昌五輪代表の坂本花織(20)=シスメックス=らが公式練習を行った。フリー曲「マトリックス」をかけて練習した坂本は、すべてのジャンプで着氷するなど順調な調整ぶりを見せた。

後で読む
デイリースポーツ

「フィギュアスケート・NHK杯」(27日開幕、東和薬品ラクタブドーム) アイスダンスの公式練習が行われ、小松原美里(28)、コレト・ティム(29)=ともに倉敷FSC=組が氷の感覚を確かめた。

後で読む
デイリースポーツ

米大リーグ、マリナーズなどで活躍したイチロー氏(47)が26日、神戸市内で開催された日本新聞協会主催「第73回新聞大会」での記念講演に出演。現在も厳しいトレーニングを重ねており、球速がアップしたことを明かした。 やはりストイックだ。現役引退時もトレーニングを続けていく考えを示していたイチロー氏が体を鍛えている現在の様子を紹介した。「現役の時よりキツいですね。トレーニングは。(自身)どうなるかを見てみたい」と意図を説明する。

後で読む
デイリースポーツ

米大リーグ、マリナーズなどで活躍したイチロー氏(47)が26日、神戸市内で開催された日本新聞協会主催の「第73回新聞大会」での記念講演に出演した。オリックス在籍時で阪神・淡路大震災が発生した1995年と96年のリーグ連覇の当時を振り返った。 「初めて死ぬかもなと思った瞬間でした」。阪神・淡路大震災発生時はイチロー氏は当時、神戸市西区の寮で生活。発生の瞬間は、何が起きたか把握できなかった。

後で読む
デイリースポーツ

米大リーグ、マリナーズなどで活躍したイチロー氏(47)が26日、神戸市内で開催された日本新聞協会主催「第73回新聞大会」での記念講演に出演。将来的に高校球児を指導する場面を「見られると思います」と話した。 一緒に汗をかきながら野球の素晴らしさを教えたい。今年2月に学生野球資格回復を認められていたイチロー氏が喜々とした。「彼らと一緒に走ったり投げたり。そういうアプローチは面白い。それは僕にしかできないかなと」。今もトレーニングを継続しているからこその指導法だ。

後で読む
デイリースポーツ

DeNA・山下幸輝内野手(28)が26日、安定感を身に付け1軍定着を目指すと意気込んだ。この日は2軍施設DOCKで汗を流した。 昨季は1軍出場がなかったが、今季は39試合で打率・209、1打点。シーズン途中には代打の切り札として存在感を発揮した。「昨季は1軍でプレーすることができなかったので、今季は覚悟を持って臨んだシーズンでした。その中で少しでも結果を残すことができたことはよかったです」と振り返った。

後で読む
デイリースポーツ

ソフトバンクは26日、加治屋蓮投手、松田遼馬投手(26)、西田哲朗内野手(29)と来季契約を結ばないことを発表した。 加治屋はJR九州から13年ドラフト1位でソフトバンク入り。18年にはリーグ最多の72試合に登板し、4勝3敗31ホールド、防御率3・38の成績の成績を収めたが、今季は登板6試合にとどまった。

後で読む
スポーツニッポン

横浜FCは26日、25日に心臓発作で亡くなった元アルゼンチン代表のスーパースター、ディエゴ・マラドーナ氏(享年60)を追悼。元日本代表FW三浦知良(53)らがコメントを発表した。

後で読む
スポーツニッポン

日本サッカー協会の田嶋幸三会長(63)は26日、元アルゼンチン代表のスーパースター、ディエゴ・マラドーナ氏(享年60)が25日に心臓発作で亡くなったことを受け、追悼のコメントを発表した。

後で読む
デイリースポーツ

 「女子ゴルフ・ツアー選手権リコー杯、第1日」(26日、宮崎CC=パー72) 渋野日向子(22)=サントリー=が1イーグル、3バーディー、1ボギーの4アンダー68をマーク、首位に1打差2位と好スタートを切った。5アンダー67を出した原英莉花が首位発進。

後で読む
日刊スポーツ

NHK杯初出場の本田真凜(19=JAL)が、懐かしのピアノ曲で勝負をかける。この日、曲をかけての通しでは17-18年の平昌五輪シーズンで演じたショートプログラ…

後で読む
日刊スポーツ

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ最終戦NHK杯の開幕を翌日に控えた26日、会場の大阪・東和薬品ラクタブドームで公式練習が行われ、女子で18年世界…

後で読む
日刊スポーツ

日本ラグビー協会は26日、来年1月11日に開催する全国大学選手権決勝を東京・国立競技場で行うことを発表した。関東大学対抗戦同士の決勝となった前大会決勝も国立競…

後で読む
日刊スポーツ

2季ぶりの国際大会に臨む三原舞依(21=シスメックス)が、自身もビックリのNHK杯で復調を示す。昨季はGPシリーズに出場予定だったが、体調不良で欠場。10月の…

後で読む
日刊スポーツ

GP初優勝を目指す坂本花織(20=シスメックス)が、新しいジャンプ構成でレベルアップを図る。フリー「マトリックス」の曲をかけての通しでは、得点源のフリップ-ト…

後で読む
東京スポーツ

なでしこジャパンのDF高橋はな(20=浦和)が海外への思いを語った。  福島・Jヴィレッジで行われている強化合宿(23~29日)には、DF宮川麻都(22=日テレ)の負傷により、急きょ招集された。26…

後で読む
東京スポーツ

広島は26日、新たな外国人選手としてカイル・バード投手(27=レンジャーズ3A)と契約金1040万円、年俸4100万円で契約したことを発表した。主にリリーフとしてマイナー通算214試合で防御率は2・…

後で読む
東京スポーツ

広島は26日、ガイル・バード投手(27=レンジャーズ3A)と契約したことを発表。主にリリーフとしてマイナー通算214試合で防御率2・66をマークする左腕だが、今季はコロナ禍によりマイナーリーグの開催…

後で読む
東京スポーツ

なでしこジャパンのMF林穂之香(22=C大阪)が、攻撃的なボランチを目指している。  今季はなでしこリーグで7得点をマーク。26日のオンライン取材では「得点に関しては、ボランチからでも得点を取れる選…

後で読む
サンケイスポーツ

 日本ラグビー協会は26日、来年1月11日に開催を予定している大学選手権決勝の会場を東京・国立競技場で行うと発表した。新しくなった国立競技場での決勝開催は2季連続で、キックオフは13時15分の予定。

後で読む
サンケイスポーツ

楽天の菅原秀投手(26)が26日、仙台市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、400万円減の年俸900万円でサインした。

後で読む
サンケイスポーツ

昨年現役を引退し、現在は米大リーグ、マリナーズの会長付き特別補佐兼インストラクターを務めるイチロー氏(47)が26日、神戸市内のホテルで行われた「第73回 新聞大会」の記念講演の講師として登壇した。

後で読む
日刊スポーツ

マリナーズの会長付特別補佐兼インストラクターを務めるイチロー氏(47)が26日、神戸市内で催された新聞大会で「スポーツが持つチカラ」と題して記念講演を行った。… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

オリックス松井雅人捕手(33)が、今季途中で取得した国内FA権を行使せず、残留する見込みとなった。福良GMが26日、大阪市内の球団施設で「本人とは話しました。… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

全日本大学野球連盟は、26日、12月4日から6日まで予定していた大学日本代表候補選手強化合宿の中止を発表した。新型コロナウイルス感染拡大の状況下での、選手や関… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

6年目のシーズンを終えたDeNA・山下幸輝内野手(27)が26日、神奈川・横須賀市のファーム施設「DOCK」で自主練習に参加した。

後で読む
サンケイスポーツ

オリックスは26日、中嶋聡新監督で臨む来季の新コーチ3人を発表し、今季広島で2軍監督を務めた水本勝己氏(52)がヘッドコーチ、元広島の梵英心氏(40)が1軍打撃コーチ、巨人などでプレーした入来祐作氏(48)が2軍投手コーチに就任することが決まった。背番号は水本氏が88、梵氏は77、入来氏は82。

後で読む
スポーツニッポン

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ・NHK杯(大阪・東和薬品ラクタブドーム)は27日に開幕する。26日は会場で公式練習が行われ、女子の三原舞依(21=シスメックス)がオンラインで取材に応じた。昨季は体調不良で休養したため、2季ぶりのGPシリーズの舞台。「NHK杯に出させていただけると思っていなくて、一文字違いの方かと本当にビックリした」とし「感謝の気持ちでいっぱい。チャンスをいただ…

後で読む
スポーツニッポン

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ・NHK杯(大阪・東和薬品ラクタブドーム)は27日に開幕する。26日は会場で公式練習が行われ、女子の坂本花織(20=シスメックス)がオンラインで取材に応じた。

後で読む
スポーツニッポン

モバイルゲーム「クラッシュ・ロワイヤル」(クラロワ)のeスポーツ「クラロワリーグ イースト フォールシーズン」の決勝が今月1日にあり、日本勢のポノスは1―3でNovaEsports(ノヴァイースポーツ=中国)に敗れて準優勝に終わった。ポノスと4位になったFAVゲーミングは世界一決定戦(12月5、6日)に挑む。

後で読む
スポーツニッポン

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ・NHK杯(大阪・東和薬品ラクタブドーム)は27日に開幕する。26日は会場で公式練習が行われ、女子の河辺愛菜(16=木下アカデミー)がオンラインで取材に応じた。

後で読む
東京スポーツ

 フィギュアスケートのNHK杯(27~29日、大阪・東和薬品ラクタブドーム)の前日練習が26日に行われ、今年からアイスダンスに挑戦中の高橋大輔(34=関大KFSC)、同種目の平昌五輪代表・村元哉中(2…

後で読む
東京スポーツ

 なでしこジャパンのFW高瀬愛実(30=INAC神戸)が〝ベテランの力〟でチームをけん引する。  今回の強化合宿(23~29日、福島・Jヴィレッジ)は、メンバーの多くが若手選手。自身としては、約4年ぶ…

後で読む
デイリースポーツ

サッカーのブラジル全国選手権で25日、ボタフォゴの本田圭佑は1-2で敗れた敵地でのアトレチコ・ミネイロ戦で後半7分から途中出場した。得点はなかった。ボタフォゴは4連敗で20チーム中19位に沈んでいる。(リオデジャネイロ共同)

後で読む
デイリースポーツ

横浜FCのFW三浦知良が26日、60歳で死去したディエゴ・マラドーナ氏への追悼メッセージをクラブを通じて発表した。 三浦はポルトガル語で「Obrigado par todo que voce fez pelo futebol(あなたがフットボールのためにしてくれたことすべてにありがとう)」、さらにスペイン語で「Gracias Descanse(ありがとう、安らかに)」ちとコメントした。

後で読む
デイリースポーツ

オリックスは26日、3年目の西浦颯大外野手(21)が厚生労働省の特定疾患に指定されている両側特発性大腿骨頭壊死症との診断を受けたと発表した。年内に手術を行い競技復帰を目指す。 西浦は11月に左大腿骨頸部の疲労骨折の診断を受けたあと、関西の医療機関で検査を行った結果、両側特発性大腿骨頭壊死症が発覚。来季の支配下選手契約を行わなず、育成契約となる見込み。

後で読む
東京スポーツ

サッカー元日本代表FW武田修宏氏(53)が26日、公式ブログを更新し、60歳で急死した元アルゼンチン代表ディエゴ・マラドーナ氏との思い出をつづった。 「今日は朝方にサッカー界のスーパースター、マラド…

後で読む
サンケイスポーツ

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ最終戦・NHK杯(大阪・東和薬品ラクタブドーム)で新ペアとしてアイスダンスのデビュー戦に臨む村元哉中、高橋大輔(関大KFSC)組が開幕前日の26日、会場で公式練習を行い、高橋は「どんな得点や評価をもらえるか分かってくる。楽しんで良いスタートが切れれば」と決意を込めた。

後で読む
スポーツニッポン

 ソフトバンクは26日、加治屋蓮投手(29)に来季の契約を結ばないことを通達した。13年ドラフト1位で入団した加治屋は、18年に球団タイ記録となる72試合に登板したが、今季はわずか6試合の登板にとどまった。

後で読む
サンケイスポーツ

楽天・太田光捕手(24)が26日、仙台市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、250万円増の1700万円でサインした。

後で読む
サンケイスポーツ

29日に東京競馬場で行われる「第40回ジャパンカップ」(GI、東京12R、3歳以上オープン、定量、芝2400メートル、1着賞金3億円)の枠順が26日に確定した。

後で読む
日刊スポーツ

オリックスは26日、近藤大亮投手(29)と西浦颯大外野手(21)に対し、来季の支配下選手契約を結ばないことを通告した。近藤は9月10日に右肘の内側側副靱帯(じ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 オリックスは26日、近藤大亮投手、西浦颯大外野手と来季の支配下選手契約を行わない旨を通告した。 プロ5年目の近藤は9月に右肘内側側副靭帯再建術(通称トミー・ジョン手術)を受けた。

後で読む
日刊スポーツ

楽天石井一久GM兼任監督が、国内フリーエージェント(FA)権を保有する塩見、島内、岡島の残留に手応えを示した。26日、秋季練習後に取材に応じ「ある程度、チーム… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

名古屋グランパスのDF丸山祐市(31)が、王者川崎フロンターレ撃破を誓った。26日、練習前にオンラインで取材対応。前日25日に川崎Fが史上最速優勝を決めたこと…

後で読む
日刊スポーツ

ヴィッセル神戸のMFイニエスタ(36)が、25日に亡くなったディエゴ・マラドーナ氏を追悼した。ACLに出場しているため、滞在しているカタールで自身のツイッター…

後で読む
スポーツニッポン

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ・NHK杯(大阪・東和薬品ラクタブドーム)は27日に開幕する。26日は会場で公式練習が行われ、アイスダンスデビューとなる村元哉中、高橋大輔組(関大KFSC)がリモート取材に応じた。2人の主な一問一答は以下の通り。

後で読む
スポーツニッポン

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ・NHK杯(大阪・東和薬品ラクタブドーム)は27日に開幕する。26日は会場で公式練習が行われ、女子の本田真凜(19=JAL)がオンラインで取材に応じた。

後で読む
スポーツニッポン

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ・NHK杯(大阪・東和薬品ラクタブドーム)は27日に開幕する。26日は会場で公式練習が行われ、女子の樋口新葉(19=明大)がオンラインで取材に応じた。

後で読む
スポーツニッポン

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ・NHK杯(大阪・東和薬品ラクタブドーム)は27日に開幕する。26日は会場で公式練習が行われ、女子の川畑和愛(18=早大)がオンラインで取材に応じた。

後で読む
東京スポーツ

 米プロバスケットボールNBAは25日、来年2月12~14日にインディアナ州インディアナポリスで開催予定だったオールスター戦を、2024年2月16~18日に延期すると発表した。新型コロナウイルスの影響…

後で読む
デイリースポーツ

「フィギュアスケート・NHK杯」(27日開幕、東和薬品ラクタブドーム) 今季、男子からアイスダンスに転向した10年バンクーバー五輪銅メダリスト、高橋大輔(34)、村元哉中(27)=関大KFSC=が26日、同会場で初の公式練習に臨み、アイスダンスのデビュー戦となる27日のリズムダンス、28日のフリーダンスへ準備を整えた。

後で読む
デイリースポーツ

「フィギュアスケート・NHK杯」(27日開幕、東和薬品ラクタブドーム) 今季、男子からアイスダンスに転向した10年バンクーバー五輪銅メダリストの高橋大輔(34)と、カップルを組む村元哉中(27)=関大KFSC=が26日、同会場で初の公式練習に臨み、アイスダンスのデビュー戦となる27日のリズムダンス、28日のフリーダンスへ準備を整えた。

後で読む
デイリースポーツ

「フィギュアスケート・NHK杯」(27日開幕、東和薬品ラクタブドーム) 女子の公式練習が26日、本番会場で行われた。16年世界ジュニア女王の本田真凜(19)=JAL=は、ショートプログラム(SP)を、17-18年平昌五輪シーズンに使用した「ザ・ギビング」に変更すると明かした。

後で読む
デイリースポーツ

今季限りでJ1川崎を引退するMF中村憲剛が26日、自身のブログを更新。「マラドーナ。今でも信じられません。」と亡くなったディエゴ・マラドーナ氏を悼んだ。 「初めてマラドーナを見たのは1986年メキシコW杯。総集編のビデオを文字通り擦り切れるまで何度も観てマラドーナのプレーをマネしていました。」

後で読む
デイリースポーツ

西武は26日、「西武ライオンズ40周年記念事業 メットライフドームエリア改修計画」に伴う工事の途中経過を発表。バックスクリーン上に設置された大型ビジョン「Lビジョン」の解体作業の様子を報告した。 Lビジョンは縦6・5メートル、横49・1メートル、約320平方メートルという“超横長”であることが特徴的な同スタジアムの1つの象徴的存在だったが、今回の改修により姿を消す。現在はその全体を覆うように足場が設置され、全ての液晶の取り外し工事が行われている段階となっている。

後で読む
デイリースポーツ

楽天・則本昂大投手(29)が26日、仙台市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、7年契約の3年目となる来季契約を現状維持の年俸3億円で更改した。 「今シーズンは僕自身としても、ふがいないシーズンだった」と振り返った則本昂。開幕投手を務めた今季は開幕3連勝を飾るも、中盤以降は状態が上がらず。18試合登板で5勝7敗、防御率3・96の成績に終わった。

後で読む
デイリースポーツ

オリックスは26日、近藤大亮投手、西浦颯大外野手と来季の支配下選手契約を行わない旨を通告した。 プロ5年目の近藤は9月に右肘内側側副靭帯再建術(通称トミー・ジョン手術)を受けた。

後で読む
デイリースポーツ

オリックスは26日、水本勝己1軍ヘッドコーチ、梵英心1軍打撃コーチ、入来祐作2軍投手コーチの就任を発表した。 背番号は水本氏が88、梵氏が77、入来氏が82に決まった。

後で読む
デイリースポーツ

 「LPGAツアー選手権リコー杯・第1日」(26日、宮崎CC=パー72) 渋野日向子(21)=サントリー=が1イーグル、3バーディー、1ボギーの4アンダー68をマークした。4番でバーディーが先行すると、9番パー5で残り234ヤードを3番ウッドで2オンに成功。7メートルの下りスライスラインを見事に沈めてイーグルを奪った。後半インも13番、15番とバーディーを重ねたが、17番で第1打を左へ曲げて痛恨のボギー。18番は2メートルのパーパットを強めに沈めてパーで締めた。

後で読む
日刊スポーツ

今季からフィギュアスケートのアイスダンスでカップルを結成した村元哉中(かな、27)、高橋大輔(34=ともに関大KFSC)組がいよいよ初めての競技会に臨む。グラ…

後で読む
日刊スポーツ

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ最終戦NHK杯の開幕を翌日に控えた26日、会場の大阪・東和薬品ラクタブドームで公式練習が行われた。アイスダンスで…

後で読む
日刊スポーツ

今季からフィギュアスケートのアイスダンスでカップルを結成した村元哉中(かな=27)高橋大輔(34=ともに関大KFSC)組がいよいよ、初めての競技会に臨む。26…

後で読む
サンケイスポーツ

史上最高のサッカー選手の一人で「5人抜きゴール」で知られる元アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナさんが25日、ブエノスアイレス近郊の自宅で死去した。死因は急性心不全。10月30日に60歳になったばかりだった。

後で読む
東京スポーツ

中日の契約更改交渉が26日からナゴヤ球場でスタート。来季5年契約の最終年となる平田良介外野手(32)は、現状維持の年俸1億8000万(金額は推定)でサインした。  今季は打撃不振と右ヒジ痛も重なり、…

後で読む
東京スポーツ

日本ハムは26日、有原航平投手(28)のポスティングシステムを利用したメジャーリーグ移籍を承認し、同日、申請したことを発表した。  有原とメジャー球団との契約交渉期限は、米国東海岸時間26日午前8時…

後で読む
サンケイスポーツ

 中日・大野奨太捕手(33)が26日、ナゴヤ球場で契約更改交渉を行い、現状維持の7500万円(金額は推定)でサインした。

後で読む
サンケイスポーツ

都市対抗野球大会第5日は26日、東京ドームで1回戦が行われ、ホンダ熊本(大津町)が日本通運(さいたま市)に延長十回タイブレークの末、6-5で逆転サヨナラ勝ちし、2回戦に進んだ。タイブレークは今大会初。3-5の延長十回2死満塁から和田の適時打で3点を挙げた。

後で読む
サンケイスポーツ

 今秋のドラフト会議で指名された選手の仮契約が続々と行われている。巨人から1位指名を受けた平内龍太投手(22)=亜大=は23日に東京・立川市のホテルで仮契約。契約金1億円プラス出来高払い、年俸1600万円の最高評価で合意した。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球日本ハムは26日、有原航平投手(28)が米大リーグに移籍するために、ポスティングシステムの申請手続きを日本野球機構(NPB)に行ったと発表した。大リーグ球団との交渉期間は日本時間26日午後10時から12月27日午前7時までと通知された。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカー界のレジェンドと称される、元アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナ氏が25日(日本時間26日)、ブエノスアイレス近郊の自宅で死去した。死因は急性心不全で、60歳だった。

後で読む
日刊スポーツ

ルートインBCリーグの神奈川は26日、山下大輔ゼネラルマネジャー(68)の退任を発表した。山下氏は、大洋ホエールズ、横浜大洋ホエールズで14年プレーした後、横… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

日本ハムは26日、有原航平投手(28)のポスティングシステムを利用したメジャー移籍を承認し、同日に申請したことを発表した。有原とメジャー球団との契約交渉期限は… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

「フェニックスリーグ、DeNA-阪神」(26日、天福球場) 阪神・井上広大外野手(19)が初回に先制適時打を放ち、4番が勝負強さを発揮した。

後で読む
サンケイスポーツ

楽天の契約更改交渉が26日、仙台市内の球団事務所でスタート。則本昂大投手(29)が、現状維持の3億円プラス出来高払いでサインした。来季は、7年契約の3年目となる。

後で読む
サンケイスポーツ

中国国営通信の新華社は26日、サッカー元アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナさんを悼む記事を配信し「世界最高の伝説」だと絶賛した。

後で読む
サンケイスポーツ

野球殿堂博物館(東京・文京区)は26日、「野球報道写真展2020」を12月19日-来年3月7日に同館内で開催すると発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

中日・平田良介外野手(32)が26日、ナゴヤ球場で契約更改交渉を行い、現状維持の1億8000万円でサインした。

後で読む
スポーツニッポン

国内ツアー今年最終戦となるメジャーが開幕し、前週の大王製紙エリエール・レディースで今季最高の5位に入った渋野日向子(22=サントリー)は1イーグル、3バーディー、1ボギーの4アンダー68をマークした。ホールアウト時点では暫定首位となっている。

後で読む
東京スポーツ

 サッカーのセルビア杯2回戦が25日(日本時間26日)に行われ、日本代表FW浅野拓磨(26)は2部メタラツ戦の前半43分に決勝ゴールを奪い、1―0の勝利で準々決勝進出の立役者となった。  右サイドから…

後で読む
東京スポーツ

 開幕延期から始まり球界にも大きな影響を及ぼしたWITHコロナシーズン。日本一となったソフトバンクはコロナ対策でも抜きん出ていた。  NPBから課された月1回のPCR検査とは別に、シーズン後半から行わ…

後で読む
デイリースポーツ

サッカーのセルビア・カップは25日、各地で行われ、パルチザンの浅野拓磨はメタラツ戦で前半44分に左足でゴールを決めた。終了間際までプレーし、チームは1-0で勝って準々決勝に進出した。(共同)

後で読む
デイリースポーツ

日本ハムは26日、有原航平投手のポスティングシステムを利用したメジャーリーグ移籍を容認し、同日に申請したことを発表した。有原とMLB球団の契約交渉期間は米国東海岸時間26日午前8時(日本時間26日午後10時)から12月26日午後5時(同12月27日午前7時)までと通知された。 有原は14年ドラフト1位で日本ハム入り。通算129試合に登板して60勝50敗、防御率3・74。今季は20試合に登板して8勝9敗だった。

後で読む
スポーツニッポン

サッカー元日本代表MFでタレントの前園真聖(46)が26日、自身のブログを更新。25日に心臓発作で亡くなった元アルゼンチン代表のスーパースター、ディエゴ・マラドーナ氏(享年60)を追悼した。

後で読む
東京スポーツ

サッカーのイタリア杯4回戦が25日(日本時間26日)に行われ、日本代表DF冨安健洋(22)が所属するボローニャは延長戦の末、スペツィアに2―4で敗れ、敗退が決まった。冨安は120分間フル出場した。 …

後で読む
東京スポーツ

サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)1次リーグ第4節が25日(日本時間26日)に行われ、B組レアル・マドリード(スペイン)はインテル(イタリア)を2―0で下し、2連勝とした。  前半7分にDF…

後で読む
サンケイスポーツ

 女子ゴルフの今季国内メジャー第3戦「JLPGAツアー選手権リコー杯」は26日、宮崎・宮崎CC(6543ヤード、パー72)で開幕。渋野日向子(22)=サントリー=は1イーグル、3バーディー、1ボギーの68で回り、4アンダーでホールアウトした。

後で読む
サンケイスポーツ

サッカーのセルビア・カップは25日、各地で行われ、パルチザンの浅野拓磨はメタラツ戦で前半44分に左足でゴールを決めた。終了間際までプレーし、チームは1-0で勝って準々決勝に進出した。

後で読む
日刊スポーツ

広島は26日、カイル・バード投手(27=レンジャーズ)と契約が合意に達したことを発表した。契約金1040万円、年俸4160万円プラス出来高。背番号は未定。身長… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

ヤンキースのGM特別アドバイザーを務める松井秀喜氏(46)が、古巣の巨人へエールを送った。26日、「COMPANY Forum 2020」(主催:株式会社Wo… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
サンケイスポーツ

――師匠、父に聞いたんですが、今シーズンは木更津方面のハゼが、あまり良くなかったようですね。

後で読む
サンケイスポーツ

大相撲の一年納めの場所、さきの11月場所限りで元大関の西十両3枚目琴奨菊(36)が現役を引退、年寄「秀ノ山」を襲名した。同場所6日目の土俵で「勝っても負けても最後」と自ら決断した。

後で読む
サンケイスポーツ

米プロバスケットボールNBAを代表する往年の名選手マイケル・ジョーダン氏が、飢餓の救済に取り組む団体に200万ドル(約2億800万円)を寄付したと25日、NBA公式サイトが伝えた。スポーツ専門局ESPNで放送された自身のドキュメンタリーシリーズの収益を充てた。

後で読む
日刊スポーツ

J2アルビレックス新潟はホームで愛媛FCと対戦し、0-3で敗れた。前半15分と後半5分に、愛媛FW丹羽詩温に得点を許し、その後ダメ押し弾を奪われた。0-1の前…

後で読む
日刊スポーツ

元日本代表のMF小野伸二(41=J2琉球)が、25日に死去した元アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナ氏を追悼した。26日、自身の公式インスタグラムを更新。W…

後で読む
東京スポーツ

 マラドーナ氏の右腕には、同じアルゼンチン出身の革命家チェ・ゲバラの入れ墨が入っている。志半ばで1967年に39歳で命を奪われたゲバラはカリスマ化し、その顔絵はTシャツの柄としても世界的に知られる。ゲ…

後で読む
東京スポーツ

 60歳で死去したディエゴ・マラドーナ氏と現役時代にアルゼンチン代表とセビリア(スペイン)で一緒にプレーしたアトレチコ・マドリード(スペイン)のディエゴ・シメオネ監督(50)もCLのロコモティフ・モス…

後で読む
東京スポーツ

 新型コロナウイルス感染拡大の影響でカタール・ドーハでの集中開催となったアジアチャンピオンズリーグ(ACL)で1次リーグH組のJ1横浜Mは25日、上海上港(中国)に1―0で競り勝った。3連勝で勝ち点を…

後で読む
デイリースポーツ

米プロバスケットボールNBAを代表する往年の名選手マイケル・ジョーダン氏が、飢餓の救済に取り組む団体に200万ドル(約2億800万円)を寄付したと25日、NBA公式サイトが伝えた。スポーツ専門局ESPNで放送された自身のドキュメンタリーシリーズの収益を充てた。 ジョーダン氏は声明で「人々を救うために寄付することを誇りに思う」と述べた。6月にはナイキと展開する「ジョーダン・ブランド」とともに、人種の平等などに尽力する団体へ1億ドルを寄付している。(共同)

後で読む
デイリースポーツ

巨人が、今季国内フリーエージェント(FA)権を取得したDeNAの梶谷隆幸外野手(32)の獲得に向け調査していることが26日、球団幹部の話で分かった。同じく今季国内FA権の資格取得条件を満たしたDeNAの井納翔一投手(34)の獲得にも関心を持っている。 梶谷は島根・開星高から2006年に高校生ドラフト3巡目で横浜(現DeNA)に入団。14年目の今季は109試合に出場してリーグ2位の打率3割2分3厘をマークし、19本塁打、53打点の好成績だった。

後で読む
日刊スポーツ

全国高校駅伝は12月20日、京都で開催される。東北6県の男女代表校を紹介する「都大路で輝く」、今回は山形編です。山形城北は女子の出場回数で全国3位タイになる2…

後で読む
日刊スポーツ

全国高校駅伝は12月20日、京都で開催される。東北6県の男女代表校を紹介する「都大路で輝く」、今回は山形編です。東海大山形は2年生主体の若い布陣で4年連続18…

後で読む
日刊スポーツ

11月21日、22日に“SportsPolicyforJapan(SPJ)”が開催された。今回は第10回目となる記念すべき大会。オンラインで開催された。私は今…

後で読む
日刊スポーツ

コロナ禍を乗り越え、もう1度、大舞台を目指す。札幌市出身の宮崎哲(29=あいおいニッセイ同和損保)は知的障害を抱えながら、16年リオデジャネイロパラリンピック…

後で読む
東京スポーツ

【インハイ アウトロー 加藤伸一】両チームに明らかな差があったことは言うまでもないだろう。バットスイング、球速、走塁、守備…すべての面でスピードが段違いだった。一つひとつのプレーに対する意識の差もそう…

後で読む
東京スポーツ

サッカー界のスーパースターで元アルゼンチン代表FWディエゴ・マラドーナ氏が25日、ブエノスアイレス近郊の自宅で死去した。10月30日に60歳になったばかりだった。同国メディアによると死因は心不全だっ…

後で読む
東京スポーツ

サッカー界のスーパースターで元アルゼンチン代表FWディエゴ・マラドーナ氏が25日、ブエノスアイレス近郊の自宅で死去した。10月30日に60歳になったばかりだった。同国メディアによると死因は心不全だっ…

後で読む
日刊スポーツ

今オフに先発投手の補強を目指しているジャイアンツが、カブスからフリーエージェントとなったベテラン左腕ジョン・レスター投手に関心を寄せていることが分かった。これ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 広島は26日、クリス・ジョンソン投手、ホセ・ピレラ外野手と来季の契約を結ばないと発表した。テイラー・スコット投手とは再契約することが合意に達した。 ジョンソンは15年に来日し先発として14勝7敗、防御率1・85で最優秀防御率のタイトルを獲得するなど、昨季まで5年間で57勝を記録。今季は10試合に登板し、0勝7敗、防御率6・10と結果を残せなかった。広島での6年間の通算成績は57勝37敗、防御率2・76だった。

後で読む
日刊スポーツ

ソフトバンクと巨人に、思った以上に力の差を感じた。シリーズ前からある程度は実力差があるとは思っていたが、ここまでとは思わなかった。第2戦で象徴的なシーンがあっ… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
日刊スポーツ

日本シリーズが終了し、26日から今季のフリーエージェント(FA)有資格者が権利を行使するための申請期間となった。有資格者は在籍球団に意思を伝えればFA権を行使… – 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

後で読む
デイリースポーツ

 巨人菅野智之投手(31)が今オフにポスティングシステムによる米大リーグ移籍を視野に入れているとの報道を受けて米大リーグ情報サイト「トレードルーマーズ」は25日(日本時間26日)、「トモユキ・スガノがMLB球団に向けてポスティングされるだろう」との見出しで速報した。 同サイトは10月31日に同投手のポスティングの可能性を伝えたニューヨーク・ポスト紙の報道を基に「日本でひと際完成された投手の一人」と表現。15年から19年の成績が1015回1/3を投げて防御率2・20、奪三振率8・2、与四球率1・7で、各シーズンの防御率が19年の3・89を除いて2・14以下であること、球宴6回、MLBのサイ・ヤング賞に相当する沢村賞を2回受賞していることなどを紹介した。

後で読む
サンケイスポーツ

女子ゴルフの今季国内メジャー第3戦「JLPGAツアー選手権リコー杯」は26日、宮崎・宮崎CC(6543ヤード、パー72)で開幕。渋野日向子(22)=サントリー=は前半を1イーグル、1バーディー、ノーボギーの33で回り、3アンダーで折り返した。4番でこの日初めてのバーディーを奪うと、9番でイーグルを奪取しスコアを伸ばした。

後で読む
スポーツニッポン

女子ゴルフ今年最終戦となるメジャーのツアー選手権リコー杯は26日、宮崎県の宮崎CC(6543ヤード、パー72)で開幕した。

後で読む
東京スポーツ

 全日本プロレス暮れの祭典「世界最強タッグ決定リーグ戦」に出場中の芦野祥太郎(30)、羆嵐(29)組が後半戦に向けて怪気炎を上げた。ユニット「アンファンテリブル」に所属する2人は18日の開幕戦で世界タ…

後で読む
東京スポーツ

 サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)1次リーグ第4節が25日(日本時間26日)に行われ、C組マンチェスター・シティー(イングランド)は敵地でオリンピアコス(ギリシャ)を1―0で下し、4連勝で2…

後で読む
東京スポーツ

 国際サッカー連盟(FIFA)は25日、各年間最優秀賞の候補者を発表し、女子最優秀選手の11人になでしこジャパンDF熊谷紗希(30=リヨン)が選出された。2年ぶりにノミネートされた熊谷は名リヨン(フラ…

後で読む
東京スポーツ

 25日(日本時間26日)に行われた欧州チャンピオンズリーグ(CL)の全8試合のキックオフ前に、60歳で死去したディエゴ・マラドーナ氏への黙とうがささげられた。  バルセロナ(スペイン)の下部組織出身…

後で読む
デイリースポーツ

元サッカー日本代表で横浜F、東京Vなどでプレー、96年アトランタ五輪代表主将としてブラジル五輪代表撃破に貢献したMF前園真聖が26日、自身のブログを更新。死去した元アルゼンチン代表MFディエゴ・マラドーナ氏を追悼した。 「小学生の頃にサッカーを始めて馴染みのサッカーショップに通い、スパイクやユニフォームを見るより楽しみだったのは、お店にたくさん置いてある海外の試合のVHSビデオを借りること たくさんある海外の試合やプレーヤーの中で圧倒的に僕の心を動かしたのは ディエゴ・マラドーナだった」と書き出した。

後で読む
デイリースポーツ

スペインリーグのエイバルに所属するMF乾貴士が26日、自身のツイッターを更新。60歳で死去した元アルゼンチン代表・ディエゴ・マラドーナ氏への思いをつづった。 「初めてプロの選手で憧れて、真似したのがマラドーナやったなぁ。何回もビデオ借りて見ての真似しての繰り返しやった。肩でトラップして後ろの相手抜いたのはほんまに衝撃やった!!」と大きな影響を受けたことを明かした。

後で読む
デイリースポーツ

【サンパウロ共同】「大きな喪失」「こんなに悲しかったことはない」-。国民的スターのマラドーナさんを失ったアルゼンチンの市民は25日、各地のサッカー場などに集まり、悲しみを共有した。 首都ブエノスアイレス近郊の警察官エステバン・イルスタさん(49)は「世界とアルゼンチンのサッカー界にとって大きな喪失だ。毀誉褒貶のある人物だったが、フィールドでの天才的なプレーは消えることがない」と惜しんだ。

後で読む
デイリースポーツ

サッカー日本代表MF堂安律(22)=ビーレフェルト=が26日、自身のツイッターを更新。60歳でなくなったディエゴ・マラドーナ氏を悼んだ。 「小学生の頃、恩師に誕生日プレゼントで貰ったのがマラドーナのプレー集だった。その頃から憧れはマラドーナだったなー。」と特別な存在だったことをつづり「沢山の夢を与えてもらいました。ご冥福をお祈りします」と追悼の意を表した。

後で読む
デイリースポーツ

4年連続日本一に輝いたソフトバンクが、来季のヘッドコーチに球団OBで前日本代表監督の小久保裕紀氏(49)を招請することが26日、分かった。2012年に現役引退して以来の球団復帰となる。13年に日本代表監督に就任し、4強入りした17年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)後に退任してからは評論家などを務めていた。 小久保氏は和歌山・星林高から青学大を経て94年、ソフトバンクの前身のダイエーに入団。95年に本塁打王、97年に打点王を獲得した。04年から3年間は巨人に在籍し、07年からソフトバンクに戻った。

後で読む
東京スポーツ

サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)1次リーグ第4節が25日(日本時間26日)に行われ、日本代表DF長友佑都(34)と同DF酒井宏樹(30)が所属するC組マルセイユ(フランス)はホームでMF中…

後で読む
東京スポーツ

米メディアの多くがヤンキースが今オフにやるべきことの一つに「大不振を極めたゲイリー・サンチェス捕手(27)の処遇をどうするべきか」を挙げている。アーロン・ブーン監督はテレビのインタビューで「メディア…

後で読む
東京スポーツ

米スポーツビジネスサイト「スポーティコ」は25日(日本時間26日)にエンゼルスのオーナーであるアルトゥーロ・モレノ氏(74)が公約として掲げている「ボールパーク・ビレッジ計画」に関する特集記事を掲載…

後で読む
並び替え可能( Cookieで保存)。
よく使用する競技を下に(片手で届く場所に)並び替えて使用してください。
追加したい競技があればコメントください。