東京スポーツ

【ニューヨーク州ママロネック17日(日本時間18日)発】海外メジャー「全米オープン」初日(ウイングドフットGC=パー70)、メジャー初制覇の期待がかかる松山英樹(28=LEXUS)は2バーディー、3ボ…

後で読む
サンケイスポーツ

大相撲秋場所6日目(18日、両国国技館)貴景勝は照強、朝乃山は妙義龍と対戦。

後で読む
サンケイスポーツ

フェンシングの全日本選手権個人戦第2日は18日、東京・駒沢体育館で行われ、2012年ロンドン五輪団体銀メダルの三宅諒(フェンシングステージ)と17年世界選手権2位の西藤俊哉(長野ク)は初戦敗退。

後で読む
日刊スポーツ

リーグ5位の浦和レッズの大槻毅監督(47)が、20日の首位・川崎フロンターレとのホーム戦(埼玉スタジアム)に向けて臨戦態勢を整えた。18日にさいたま市内で非公…

後で読む
サンケイスポーツ

大相撲秋場所6日目(18日、両国国技館)腰痛のため、5日目に予定されていたNHKのテレビ解説を休場した北の富士勝昭氏(78)=元横綱=が、ラジオ解説で“再出場”した。「大丈夫だから出てきた。ご心配をおかけしました」と謝罪。「腰は多少痛いけど、しゃべれますから」と強調したが、実況の厚井大樹アナウンサー(42)から「しゃべりには影響はないですか?」と尋ねられると、「影響は多少あります」と苦笑していた。

後で読む
日刊スポーツ

横浜FCの19歳MF安永玲央が、父からの金言「武器を磨け」を胸にさらなる飛躍を誓った。安永は9月9日のFC東京戦に先発しJ1デビューを果たすと、続く13日の名…

後で読む
日刊スポーツ

J1第17節が9月19、20日に行われる。各カードのoptaファクトは以下の通り。※ファクト内の数字はJ1での成績北海道コンサドーレ札幌 – …

後で読む
日刊スポーツ

ヴィッセル神戸のGK前川黛也(26)が18日、神戸市内での練習後、前節16日のセレッソ大阪戦でFW都倉賢(34)から危険行為を受けて顔を負傷した件について説明…

後で読む
サンケイスポーツ

産業能率大スポーツマネジメント研究所は18日までに、20代から60代のプロ野球ファン1000人を対象に調査した「夢の五輪先発メンバー」を発表し、指名打者で米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平ら日米で活躍する豪華な顔ぶれがそろった。来年の東京大会でもし実現すれば、ホスト国が誇るドリームチームといえそうだ。

後で読む
日刊スポーツ

J1清水エスパルスが、19日のアウェー湘南ベルマーレ戦(BMWス、午後6時30分)に不退転の覚悟で臨む。18日は静岡市内で約1時間の調整。冒頭15分が報道陣に…

後で読む
サンケイスポーツ

阪神・梅野隆太郎捕手(29)が18日、出場選手登録を抹消された。17日の巨人戦(東京ドーム)で、プレー中に右脇腹の張りを訴えて途中交代。この日、17日中に都内の病院を受診して「右腹斜筋の筋挫傷」と診断されたことが発表された。

後で読む
スポーツニッポン

意外な展開になりました。大会前は優勝スコアが8オーバー前後になるのでは、という話も出ていましたが、フタを明けてみれば、ラフは練習ラウンドよりも刈られ、グリーンも硬くなっていませんでした。そのため、上位のスコアは予想より伸びました。

後で読む
スポーツ報知

巨人2軍は18日、G球場で楽天と対戦。2回途中から登板したナティーノ・ディプラン投手(26)は、3回1/3を投げ2安打1死球で無失点の投球だった。右腕は「何とかチームに良い流れを持ってこれるように意

後で読む
デイリースポーツ

「フェンシング・全日本選手権」(18日、駒沢体育館) 男子フルーレの予選が行われ、ロンドン五輪団体フルーレ男子銀メダリストで新婚の三宅諒(29)=フェンシングステージ=は初戦で飯村一輝(16)=龍谷大平安=に10-15で敗れ、敗退となった。26日の決勝には永野雄大(中大)と松山恭助(JTB)が進出を決めた。

後で読む
デイリースポーツ

「大相撲秋場所・6日目」(18日、両国国技館) 西前頭11枚目の元大関琴奨菊(36)=佐渡ケ嶽=が7日目の19日から再出場することが決まった。炎鵬(宮城野)戦が組まれた。

後で読む
デイリースポーツ

左ふくらはぎを痛め、大相撲秋場所を3日目から休場していた西前頭11枚目の琴奨菊(36)=本名菊次一弘、福岡県出身、佐渡ケ嶽部屋=が7日目の19日から再出場することが18日、決まった。平幕炎鵬との対戦が組まれた。 元大関で関取最年長の琴奨菊は6日目まで1勝2敗3休となっている。

後で読む
デイリースポーツ

産業能率大スポーツマネジメント研究所は18日までに、20代から60代のプロ野球ファン千人を対象に調査した「夢の五輪先発メンバー」を発表し、指名打者で米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平ら日米で活躍する豪華な顔ぶれがそろった。来年の東京大会でもし実現すれば、ホスト国が誇るドリームチームといえそうだ。 五輪決勝の先発メンバーを選ぶという設問で、投手は田中将大、捕手は甲斐拓也がトップ。一塁手は筒香嘉智、二塁手は菊池涼介、三塁手は岡本和真、遊撃手は坂本勇人。左翼手は秋山翔吾、中堅手は柳田悠岐、右翼手は鈴木誠也が1位だった。

後で読む
デイリースポーツ

フェンシングの全日本選手権個人戦第2日は18日、東京・駒沢体育館で行われ、男子フルーレは昨年の世界選手権代表の松山恭助(JTB)と2連覇を目指す永野雄大(中大)が26日の決勝に進んだ。 2012年ロンドン五輪団体銀メダルの三宅諒(フェンシングステージ)と17年世界選手権2位の西藤俊哉(長野ク)は初戦敗退。

後で読む
日刊スポーツ

米大リーグ公式サイトが17日、担当記者38人による投票で今季のサイ・ヤング賞(最優秀投手賞)を予想し、ナ・リーグはカブスのダルビッシュ有投手が1位となった。2…

後で読む
日刊スポーツ

ツインズ前田健太投手(32)の今季6勝目と日米通算150勝は持ち越しとなった。ホワイトソックス戦で5回5安打2失点。勝利投手の権利を得たが、救援陣が逆転を許し…

後で読む
日刊スポーツ

ヤンキース田中将大投手(31)が17日(日本時間18日)、ブルージェイズ戦で今季最長の7回を7安打3失点と好投し、今季3勝目(2敗)を挙げた。3回に同点に追い…

後で読む
スポーツ報知

西武は18日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため制限していたメットライフドームの入場者数について、10月6~8日のソフトバンク戦、同16~18日のオリックス戦、同20~22日のロッテ戦では上限を1

後で読む
スポーツ報知

阪神・梅野隆太郎捕手(29)が18日、右腹斜筋の筋挫傷のため出場選手登録を抹消された。この日帰阪した梅野は、球団広報を通じ「自分としても初めて痛めた箇所なので、(状態は)よく分からないというのが正直

後で読む
デイリースポーツ

巨人は18日、21日から東京ドームの試合で来場者の上限を緩和することに関連し、新型コロナウイルスの感染対策として規制退場を行うことなどを発表した。 東京ドームでは21日から来場者の上限をこれまでの5000人から19000人に引きあげる。試合当日は球場内外の混雑緩和を目的に規制退場を実施。オーロラビジョンとアナウンスで退場可能のゲートを指定、案内していくという。

後で読む
デイリースポーツ

巨人は18日、左尺骨骨折で戦列を離れていた巨人・小林誠司捕手、右膝の違和感で同じく2軍調整中だったヘラルド・パーラ外野手、堀岡隼人投手を出場選手登録した。 小林は6月21日・阪神戦(東京ドーム)で2度死球を受けて、2日後の23日に出場選手登録を抹消された。パーラは8月15日・中日戦(東京ドーム)の試合で途中交代し、そのまま戦線を離脱した。

後で読む
日刊スポーツ

午前から行われていた男子フルーレは、日本代表主将の松山恭助(23=JTB)と、大会2連覇を狙う永野雄大(21=中大)が決勝進出を決めた。男女6種目の優勝決定戦…

後で読む
サンケイスポーツ

日本サッカー協会は18日、明大のDF蓮川壮大(22)を大学所属のままJリーグの試合に出場できる特別指定選手に認定したと発表した。受け入れ先は来季加入が決まっているFC東京。

後で読む
スポーツ報知

 米女子ゴルフのポートランド・クラシック(オレゴン州)は米西部で拡大している山火事による大気汚染の影響で、開幕日を1日遅らせ18日とし、72ホールから54ホールに短縮して20日までの3日間、行われる。

後で読む
スポーツニッポン

中日のアリエル・マルティネス捕手(24)が18日、ウエスタン・リーグ阪神戦(甲子園)で負傷交代した。

後で読む
スポーツニッポン

阪神の梅野隆太郎捕手(29)が18日、出場選手登録を抹消される可能性が高くなった。

後で読む
スポーツニッポン

阪神・中田賢一投手(38)が18日、1軍に合流した。

後で読む
スポーツニッポン

日本ハムは18日、楽しみながらファイターズの知識や理解を深めていただけるファイターズ公式の検定試験「ファイターズ検定2020」を10月下旬に開催すると発表した。

後で読む
スポーツニッポン

仙台育英の新チームが公式戦初戦となる古川工戦に臨み、7回コールド勝ちで白星スタートを切った。

後で読む
サンケイスポーツ

Jリーグは18日、雷雨の影響で中止となった8月30日のJ3第12節、岐阜-秋田を来月14日に開催すると発表した。岐阜長良川競技場で午後7時開始。

後で読む
サンケイスポーツ

西武は18日、政府が新型コロナウイルス感染拡大防止のためのイベント人数制限を19日に緩和することを受け、10月6日から22日までメットライフドームで行う9試合の観客数の上限を1万2000人に引き上げると発表した。9月中は1万人を上限としている。

後で読む
サンケイスポーツ

男子ゴルフの下部ツアー、AbemaTVツアーの今季初戦となるPGMチャレンジIIは18日、千葉県のPGM総成GC(6738ヤード、パー70)で最終ラウンドが行われ、佐藤太地が4位から66をマークし、通算13アンダー、197で優勝した。竹内廉と上井邦裕が2打差の2位。

後で読む
スポーツ報知

東京五輪組織委は18日、1年延期となった五輪の簡素化の費用削減効果が現時点で約200億円にとどまるとの一部報道に対して「遺憾」とのコメントを発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

イースタン・リーグは18日、カーミニークフィールドで10月2日午後0時半試合開始予定だった西武-巨人を午後1時開始に、同4日にウェルファムフーズ森林どりスタジアム泉で午後0時半開始予定だった楽天-ロッテの開催地を楽天生命パーク宮城に変更すると発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

男子ゴルフのメジャー第2戦、全米オープン選手権は17日、ニューヨーク州ママロネックのウイングドフットGC(パー70)で第1ラウンドが行われ、8年連続出場の松山英樹は2バーディー、3ボギー、日本ツアー2年連続賞金王の今平周吾は3バーディー、4ボギーの71で、暫定33位となった。首位と6打差。日没までに3人が回り終えられなかった。

後で読む
サンケイスポーツ

左ふくらはぎを痛め、大相撲秋場所を3日目から休場していた西前頭11枚目の琴奨菊(36)=本名菊次一弘、福岡県出身、佐渡ケ嶽部屋=が7日目の19日から再出場することが18日、決まった。平幕炎鵬との対戦が組まれた。

後で読む
サンケイスポーツ

米大リーグ公式サイトが17日、担当記者38人による投票で今季のサイ・ヤング賞(最優秀投手賞)を予想し、ナ・リーグはカブスのダルビッシュが1位となった。2位はメッツのデグロム、3位はレッズのバウアー。

後で読む
サンケイスポーツ

阪神・能見篤史投手(41)が18日、ウエスタン・中日戦(甲子園)に2番手で登板。1-0で迎えた八回を無失点に抑えた。

後で読む
サンケイスポーツ

ヤンキース10-7ブルージェイズ(17日、ニューヨーク)ヤンキースは記録ずくめの猛攻だった。2-2の四回にガードナー、ラメーヒュー、ボイトの3者連続本塁打などで、メジャー記録に並ぶ1イニング5本塁打を放った。

後で読む
スポーツニッポン

両膝のケガなどで序二段まで落ちてから西幕下5枚目まで盛り返してきた元幕内の宇良(28=木瀬部屋)が勝ち越しに王手をかけた。幕下だった昨年初場所以来、2度目の対戦となった西幕下8枚目・貴健斗(24=千賀ノ浦部屋)に対し、低く当たり、すぐに相手の右足を取った。そのまま前に出て白房下に押し出し。1番相撲から無傷の3連勝とした。

後で読む
スポーツ報知

野球データ分析会社のDELTAが、野球分析講座「ベースボール・アナリティクス・ナウ」の中級編第2回講座をオンラインで14日に開催した。

後で読む
東京スポーツ

若手Gナインに心強い援軍だ! 巨人のアドバイザーを務めるウォーレン・クロマティ氏(66)が18日、二軍施設であるジャイアンツ球場を訪れ、選手たちへ熱い指導を行った。  この日行われるイースタン・リー…

後で読む
スポーツニッポン

左ふくらはぎ痛で2軍調整中の阪神・マルテが「3番・DH」で8月8日ウエスタン・リーグ、広島戦以来、41日ぶりとなる実戦復帰を果たした。

後で読む
サンケイスポーツ

Rマドリードのギャレス・ベイルに、トットナム復帰のうわさが浮上している。この動きを受けて、かつてのトットナム指揮官が見識を示した。

後で読む
サンケイスポーツ

左ふくらはぎを痛めていた阪神のジェフリー・マルテ内野手(29)が18日、ウエスタン・中日戦(甲子園)で実戦復帰。「3番・DH」でスタメン出場し、3打数無安打だった。

後で読む
サンケイスポーツ

米プロフットボールNFL第2週第1日は17日、クリーブランドで行われ、ホームのブラウンズがベンガルズを35-30で下し、今季初白星で1勝1敗とした。ベンガルズは開幕2連敗となった。

後で読む
日刊スポーツ

J1得点ランク2位につける鹿島アントラーズFWエヴェラウド(29)が18日、セレッソ大阪戦(19日、ヤンマー)の前日練習を終えて取材に応じた。ルヴァン杯含めて…

後で読む
日刊スポーツ

ヴィッセル神戸は18日、来季の新入団選手として前橋育英のMF桜井辰徳(18)の加入を発表した。埼玉・越生町生まれで昨年はU-17日本代表にも選ばれていた。17…

後で読む
サンケイスポーツ

【ニューヨーク17日(日本時間18日)】米大リーグ、ヤンキースの田中将大投手(31)が本拠地ニューヨークでブルージェイズ戦に先発し、7回を投げ7安打3失点、無四球、5奪三振で今季3勝目を挙げた(2敗)。チームは今季最多の8連勝となり、先発は過去12試合で防御率2.26と勝利に大きく貢献している。田中はチームの強さの要因について「みんないい仕事を間違いなくしているし、いい循環で回っていると思う。オフェンスもいい仕事をしてくれているので、チームにとっていい流れで勝ちにつながっているんだと思う」と語った。

後で読む
日刊スポーツ

ガンバ大阪の元日本代表で背番号10のMF倉田秋(31)が18日、最近6試合で1勝1分け4敗と不振が続くチームの現状打破について意見を語った。大阪・吹田市内で練…

後で読む
サンケイスポーツ

左ふくらはぎを痛めていた阪神のジェフリー・マルテ内野手(29)が18日、ウエスタン・中日戦(甲子園)で実戦復帰。「3番・DH」でスタメン出場し、3打数無安打だった。

後で読む
サンケイスポーツ

DeNAは18日、横浜スタジアムのバックスクリーン下「DREAM GATE」横に、ハンバーガーをメインに提供する新しい飲食店舗「BALLPARK BURGER &9」を29日にオープンすると発表した。

後で読む
東京スポーツ

https://www.tokyo-sports.co.jp/prores/njpw/2193303/

後で読む
東京スポーツ

新日本プロレスのIWGPタッグ王者・タイチ(40)が祭典「G1クライマックス」(19日、エディオンアリーナ大阪で開幕)に不穏予告だ。実力者が揃うAブロックで特に注目を集めるのが、23日に北海きたえー…

後で読む
スポーツニッポン

女子ゴルフの渋野日向子(21=サントリー)が、18日からオレゴン州のコロンビアエッジウオーターCCで始まる「キャンビア・ポートランドクラシック」で米国本土での第2戦を迎える。米国西部で拡大する山火事による大気汚染の影響で大会は72ホールから54ホールに短縮。練習も時間帯やコースが制限されるなか、渋野は17日、午前11時から後半の9ホールを回った。

後で読む
スポーツニッポン

フェンシング全日本選手権(東京・駒沢体育館)の大会事務局は18日、女子エペ、男子サーブルの準決勝までが行われた17日のデータを公表した。

後で読む
スポーツ報知

巨人2軍は18日、G球場で楽天と対戦する。17日に支配下登録されたエスタミー・ウレーニャ内野手(21)は「4番・左翼」でスタメン出場。先発のマウンドには井上温大投手(19)が上がる。スタメンが発表さ

後で読む
デイリースポーツ

東京五輪・パラリンピック組織委員会は18日、一部報道で来夏の東京大会に向けた簡素化による費用削減効果が「数百億円」と報じられたことについて、コメントを発表した。 「現段階で協議を進めている簡素化の見直し内容については9月下旬の調整委員会で合意が得られるよう現在調整が進められているところであり、削減効果については、合意が得られた後にすみやかにそのインパクトを精査していく。現時点では具体的な数字をお示しする段階には全く至ってない。簡素化の取り組みは、調整委員会で終わるものではなく、今後も引き続き進めていくべきものである。現段階で具体的な金額が積み上がっているかのような誤解を与える報道が出たことは遺憾である」

後で読む
デイリースポーツ

北米プロアイスホッケーNHLのプレーオフは17日、カナダのエドモントンで東カンファレンス決勝(7回戦制)第6戦が行われ、ライトニングが延長の末、アイランダーズに2-1で競り勝ち、4勝2敗で王座を争うスタンリー・カップ決勝に進んだ。 19日に開幕する決勝(7回戦制)では西で勝ち上がったスターズと対戦する。(共同)

後で読む
デイリースポーツ

「フェンシング・全日本選手権」(18日、駒沢体育館) 男子フルーレの予選が行われ、ロンドン五輪団体フルーレ銀メダリストで新婚の三宅諒(29)=フェンシングステージ=は初戦で飯村一輝(16)=龍谷大平安=に10-15で敗れ、敗退となった。26日の決勝には永野雄大(中大)と松山恭助(JTB)が進出を決めた。

後で読む
デイリースポーツ

【ニューヨーク共同】米プロフットボールNFL第2週第1日は17日、クリーブランドで行われ、ホームのブラウンズがベンガルズを35-30で下し、今季初白星で1勝1敗とした。ベンガルズは開幕2連敗となった。(共同)

後で読む
デイリースポーツ

テニス女子の世界ランク3位で、先日の全米オープンでグランドスラム3勝目を達成した大坂なおみ(22)=日清食品=が18日、自身のツイッターなどを更新し、27日にパリで開幕する全仏オープンを欠場することを発表した。 「残念ながら今年のフレンチオープンの出場を断念することにしました。まだ太もも裏に違和感があり、体をクレーコートに向けて整える時間が足りない。とても残念ですが素晴らしい大会になるように応援してます」と説明した。

後で読む
日刊スポーツ

ホワイトソックスは2-3で迎えた7回に、ホセ・アブレイユ一塁手の適時打で同点にすると、続くイーロイ・ヒメネス左翼手の適時二塁打で逆転に成功。1点差を守り切り、…

後で読む
日刊スポーツ

この日が28歳の誕生日だったインディアンスのホセ・ラミレス三塁手が、2本塁打を含む5打数4安打、4打点、3得点、1三振の内容でチームの快勝に貢献した。ラミレス…

後で読む
日刊スポーツ

ヤンキース田中将大投手(31)が、7回7安打3失点無四球5奪三振と好投し、今季3勝目(2敗)を挙げた。2点リードの3回に同点に追い付かれたものの、その後は打線…

後で読む
日刊スポーツ

緊急事態宣言後にオリンピック(五輪)競技として初めて実施された「日本選手権」は、成功裏に幕を閉じた。9日から13日にかけて5日間、石川県小松市の木場潟カヌー競…

後で読む
日刊スポーツ

12年ロンドン五輪(オリンピック)男子フルーレ団体銀メダリストの三宅諒(29=フェンシングステージ)が、初戦で敗退した。1回戦の第2試合に登場し、昨年インター…

後で読む
日刊スポーツ

バスケットボール女子Wリーグの新潟BBラビッツは19、20日、開幕カードで日立ハイテクと東京・大田区体育館で対戦する。大滝和雄新監督(75)の下で戦う今季、チ…

後で読む
サンケイスポーツ

J1神戸は18日、群馬・前橋育英高のMF桜井辰徳(18)が来季加入すると発表した。

後で読む
スポーツ報知

テニス4大大会の全米オープン女子シングルスで2年ぶりに優勝した大坂なおみ(22)=日清食品=が18日、自身のSNSを更新し、フランス・パリで27日開幕の全仏オープンを欠場すると発表した。

後で読む
スポーツ報知

男子フルーレ予選が行われ、2012年ロンドン五輪団体銀メダルで、8月に自身の動画投稿サイト「ユーチューブ」で一般女性との結婚を発表した三宅諒(29)=フェンシングステージ=が、昨年高校総体王者の飯村

後で読む
スポーツ報知

B1レバンガ北海道は17日、19、20日に行われるB1三遠とのプレシーズン戦(北海きたえーる)に向け練習を公開。B2越谷との同戦(5、6日)で先発し初戦10得点、2戦目17得点と日本人選手最多得点の

後で読む
スポーツ報知

男子フルーレ予選で初戦敗退した2012年ロンドン五輪団体銀メダルの三宅諒(29)=フェンシングステージ=が、試合後に取材に応じた。8月に自身の動画投稿サイト「ユーチューブ」で一般女性との結婚を発表し

後で読む
スポーツ報知

松山将吾(26)=滋賀=が、2R、5コースから差して地元勢初勝利を決めた。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、DeNA-巨人、13回戦、16日、横浜)左尺骨骨折から復帰した巨人・小林誠司捕手(30)と、右膝の違和感から復帰したヘラルド・パーラ外野手(33)が1軍に合流することが決まった。

後で読む
デイリースポーツ

「ウエスタン、阪神-中日」(18日、甲子園球場) 左ふくらはぎ痛で2軍調整中の阪神・マルテが8月8日・広島戦(由宇)以来の実戦復帰を果たした。「3番・DH」でスタメン出場。完全復活に向けて大きな一歩を踏み出した。

後で読む
サンケイスポーツ

北米プロアイスホッケーNHLのプレーオフは17日、カナダのエドモントンで東カンファレンス決勝(7回戦制)第6戦が行われ、ライトニングが延長の末、アイランダーズに2-1で競り勝ち、4勝2敗で王座を争うスタンリー・カップ決勝に進んだ。

後で読む
サンケイスポーツ

オリオールズ1-3レイズ(17日、ボルティモア)レイズの筒香はメジャー初の1番で仕事をした。同点の最終七回無死二、三塁、二ゴロで勝ち越し点をたたき出した。一回にも先頭で安打を放っており、役割は十分に果たした。

後で読む
サンケイスポーツ

(米大リーグ、ヤンキース10-7ブルージェイズ、17日=日本時間18日、ニューヨーク)ヤンキースの田中将大投手(31)が先発し、今季最長となる7回を投げ7安打3失点(自責3)、無四球、5奪三振で今季3勝目を挙げた(2敗)。チームは10-7で勝利した。

後で読む
スポーツニッポン

NFLは17日にオハイオ州クリーブランドで第2週の1試合を行い、大学時代にともに年間最優秀選手に与えられるハイズマン賞を受賞した2人のQBが対決。3季目を迎えて“先輩”となっていたブラウンズのベイカー・メイフィールド(25)がパスで219ヤードと2TDをマークして、35―30(前半21―13)での勝利に貢献した。

後で読む
スポーツニッポン

男子フルーレが行われ、12年ロンドン五輪団体銀メダリストで8月1日に一般女性と結婚した三宅諒(29=フェンシングステージ)は、1回戦で飯村一輝(16=龍谷大平安高2年)に10―15で敗れた。「非常にふがいない結果。他の選手の本気の気持ちを感じることで、まだまだ頑張らないといけないなと痛感させられた」と振り返った。

後で読む
スポーツ報知

日本ハムは18日、楽しみながらチームの知識や理解を深められる公式の検定試験「ファイターズ検定2020」を10月下旬に開催すると発表した。

後で読む
スポーツ報知

ロッテ・美馬学投手(33)と清田育宏外野手(34)が自身のデザインロゴの入った「洗える3Dマスク」(2枚組、税込2420円)の売上金(諸経費除く)を井口監督が代表を務める「愛基金」を通じて国立国際医

後で読む
スポーツ報知

ソフトバンク・明石健志内野手(34)が、自身のデザインロゴの入った「洗える3Dマスク」(2枚組、税込2420円)の売上金(諸経費除く)を「愛基金」を通じて国立国際医療研究センターに寄付することが18

後で読む
東京スポーツ

ヤンキースの田中将大投手(31)は17日(日本時間18日)に本拠地でのブルージェイズ戦に先発。今季最長となる7回を投げ、2被弾を含む7安打3失点、5三振無四球で今季3勝目(2敗)を挙げた。打者27人…

後で読む
東京スポーツ

レイズの筒香嘉智外野手(28)は、17日(日本時間18日)に敵地でのオリオールズとのダブルヘッダー第1試合に「1番・DH」でスタメン出場。1―1の7回に二ゴロの間に勝ち越し点を挙げ、4打数1安打1打…

後で読む
東京スポーツ

若手Gナインに心強い援軍だ! 巨人のアドバイザーを務めるウォーレン・クロマティ氏(66)が18日、二軍施設であるジャイアンツ球場を訪れ、選手たちへ熱い指導を行った。  この日行われるイースタン・リー…

後で読む
スポーツニッポン

ヤンキースの田中将大投手(31)が17日(日本時間18日)、本拠地・ニューヨークでのブルージェイズ戦に先発登板。今季最長の7回を投げ、7安打3失点で今季3勝目を挙げた。打線はメジャー新の3連戦19本塁打、3試合連続6本塁打以上で援護。チームは10―7で勝ち、8連勝した。

後で読む
サンケイスポーツ

ヤンキース10-7ブルージェイズ(17日、ニューヨーク)ヤンキースの田中は今季最長の7回を投げ、2試合連続勝利とした。三回に2点を失って一時は同点とされたが、味方が四回に5本塁打などで一挙7点。その後は1失点に粘り「いい登板だった」と胸を張った。

後で読む
サンケイスポーツ

セリエAのユベントスは17日、ゴンサロ・イグアインと契約解消に至ったことを正式発表した。

後で読む
東京スポーツ

【Restart パラヒーローズ その壁を乗り越えろ(15)】東京大会で初めて実施されるパラテコンドー。その第一人者として期待される男子61キロ級の田中光哉(28=ブリストル・マイヤーズスクイブ)は、…

後で読む
東京スポーツ

女子テニスのイタリア国際(ローマ)2回戦で究極の圧勝劇が起きた。世界ランキング14位のビクトリア・アザレンカ(31=ベラルーシ)が、同5位で第3シードのソフィア・ケニン(21=米国)を6―0、6―0…

後で読む
東京スポーツ

ゴルフ用品総合メーカーのキャスコは26日、見えやすいと評判のゴルフボール「KIRA」シリーズから輝きを増した「KIRA ダイヤモンド」を発売する。  同商品は、反発性能を向上させた「高弾性デュアルコ…

後で読む
サンケイスポーツ

今週、フランス西部のサルト・サーキットでは伝統の自動車耐久レース「第88回ルマン24時間」が行われている。

後で読む
サンケイスポーツ

朝晩は涼しくなったが、日中はまだまだ夏の延長。そんな現実から逃れようと出掛けたのが、静岡県富士宮市にある『田貫湖』。富士山の麓、朝霧高原の一角にある環境抜群の釣り場で、驚異の200枚。大爆釣だった。

後で読む
サンケイスポーツ

ヤンキース-ブルージェイズ(17日、ニューヨーク)ヤンキースの田中は先発で7回を投げ、7安打3失点、5三振で3勝目(2敗)を挙げた。防御率は3・27。チームは10-7で勝った。

後で読む
サンケイスポーツ

その実力は球界でも突出している。“ハマのモノマネ王”ことDeNA・上茶谷大河投手(23)の「モノマネ力」だ。

後で読む
日刊スポーツ

J3ヴァンラーレ八戸は17日、練習中に負傷したMF村瀬勇太(30)が、左腓腹筋損傷で全治4週間の診断を受けたと発表した。

後で読む
サンケイスポーツ

サンケイスポーツは無料のメールマガジン「サンスポ花子」を好評配信中です。「サンスポって、どんな人たちが作っているの?」「芸能記者はどんな取材へ行っているの?」「試合に出ていないときの選手はどんな感じ?」などなど…。サンスポ紙面とは少し違った切り口でスポーツ&芸能情報をお伝えします。

後で読む
スポーツニッポン

NBA東地区決勝の第2戦が17日にフロリダ州オーランドで行われ、第5シードから勝ち上がってきたヒートが106―101(前半47―60)で第3シードのセルティクスを退けて2戦2勝。第2Q残り2分31秒で17点差を追う展開となりながら、第3Qを37―17として流れを変え、第4Q終盤の接戦を制して6年ぶりのファイナル進出にあと2勝と迫った。

後で読む
スポーツニッポン

日本女子プロゴルフツアーの今季第6戦、デサントレディース東海クラシック(賞金総額8000万円、優勝賞1440万円)は当地で午前7時45分から第1ラウンドを行っている。

後で読む
スポーツニッポン

男子フルーレが行われ、12年ロンドン五輪団体銀メダリストで8月1日に一般女性と結婚した三宅諒(29=フェンシングステージ)は、1回戦で飯村一輝(16=龍谷大平安高2年)に10―15で敗れた。

後で読む
スポーツニッポン

今回のテーマはフェアウェーウッド(FW)をどのように打つかについてです。ミス日本ミススポーツの田中絵梨果さんにとって、FWは初めて使用するクラブですが、使いこなすことができれば大きな武器となります。藤田寛之プロによれば、ボール位置がポイントとのこと。やはり素振りが重要になるようです。ティーチングプロのジミー常住氏が進行役を務めます。

後で読む
スポーツ報知

巨人の岸田行倫捕手(24)と北村拓己内野手(25)が18日、ジャイアンツ球場で2軍に合流した。

後で読む
デイリースポーツ

米プロバスケットボールNBAのプレーオフは17日、フロリダ州オーランド近郊で、東カンファレンス決勝(7回戦制)第2戦が行われ、ヒートがセルティックスを106-101で下し、2連勝とした。(共同)

後で読む
デイリースポーツ

「大相撲秋場所・6日目」(18日、両国国技館) 大好きな阪神タイガースをしこ名にする西序二段15枚目の朝阪神(20)=高砂=が爆羅騎(式秀)に引き落とされて2連敗で1勝2敗となった。

後で読む
デイリースポーツ

【ニューヨーク共同】米大リーグは17日、ヤンキースの田中がニューヨークでのブルージェイズ戦に先発し、7回を投げて2本塁打を含む7安打3失点、5三振で3勝目(2敗)を挙げた。チームは10-7で8連勝とした。 ツインズの前田はホワイトソックス戦に先発し、5回を2本塁打など5安打2失点、8三振で勝敗は付かなかった。チームは3-4で敗れ、ホワイトソックスが12年ぶりのプレーオフ進出をア・リーグ一番乗りで決めた。

後で読む
日刊スポーツ

レイズ筒香嘉智外野手は「1番DH」でオリオールズとのダブルヘッダー第1試合に先発出場。4打数1安打1打点。7回の第4打席で決勝点となる二ゴロを放った。第2試合…

後で読む
日刊スポーツ

レイズ筒香嘉智外野手(28)が、今季初めて「1番DH」で出場し、4打数1安打1打点だった。毎試合、目まぐるしく打順を変えるレイズでは、全選手の打順を固定するこ…

後で読む
日刊スポーツ

16日の試合でアクシデントに見舞われ、わずか2回で降板となったメッツのエース右腕ジェイコブ・デグロム投手について、ルイス・ロハス監督が回復を見せていると示唆し…

後で読む
デイリースポーツ

巨人の小林誠司捕手(31)、ヘラルド・パーラ外野手(33)、堀岡隼人投手(22)が18日、この日のDeNA戦から1軍昇格する見込みとなった。 3選手はこの日のイースタン・楽天戦の試合前練習に姿がなく、代わりに田中豊、北村、岸田が2軍に合流した。

後で読む
日刊スポーツ

女子バスケットボールWリーグの20-21年シーズンが、18日に開幕する。昨季8位の東京羽田ヴィッキーズは初戦(19日)でシャンソン化粧品と対戦する。チームを引…

後で読む
日刊スポーツ

女子バスケットボールWリーグのシャンソン化粧品は19、20日のアウェー東京羽田戦で、今季の開幕を迎える。14年ぶりに監督復帰した名将・李玉慈(イ・オクチャ)氏…

後で読む
日刊スポーツ

B1新潟アルビレックスBBは、20-21年シーズンに向けた体制づくりを進めている。小菅学社長(46)がリーグ参戦5季目を迎えるチームについて、連載「小菅学社長…

後で読む
日刊スポーツ

アメリカンフットボールのXリーグが18日、X1スーパーのオール三菱が今季公式戦辞退を発表した。「選手の所属企業が担っている経済インフラとしての役割と社会的な位…

後で読む
東京スポーツ

【デスクと記者のナイショ話】広島担当記者:借金ってなかなか減らないものですね…。  デスク:連勝してもまだ借金8か。巨人にマジックも出たし、V奪還を目指していたからチームはガクンときてるんじゃないか…

後で読む
東京スポーツ

巨人から電撃トレードでロッテ入りした澤村拓一投手(32)の復活劇のインパクトが9月の日本球界を席巻した。そのトレード、外国人補強期限が今月30日に迫っている。新型コロナ禍における補強、トレード市場の…

後で読む
東京スポーツ

現在、インドネシア・バリ島から帰国し、日本に滞在中の新庄剛志氏(48)は、自身のインスタグラムで近況を随時報告。直近では日焼けサロンに行ってきたことや、室内練習場での打撃練習やキャッチボール、ランニ…

後で読む
東京スポーツ

エンゼルスの大谷翔平投手(26)は17日(日本時間18日)の本拠地でのダイヤモンドバックス戦で5試合連続でスタメンから外れ、4試合連続で欠場した。チームは7―3で勝った。  ダイヤモンドバックスとの…

後で読む
スポーツ報知

 第1ラウンドが行われ、昨季賞金女王の鈴木愛(26)=セールスフォース=、勝みなみ(22)=明治安田生命=、原英莉花(21)=日本通運=の注目組がハーフターンした。鈴木は1番から出て2番、6番、9番で

後で読む
スポーツニッポン

ヤンキースの田中将大投手(31)が17日(日本時間18日)、本拠地・ニューヨークでのブルージェイズ戦に先発登板し、今季最長の7回を投げ、7安打3失点。打線はメジャー新の3連戦19本塁打、3試合連続6本塁打以上で援護した。チームは10―7で勝ち、8連勝した。

後で読む
東京スポーツ

欧州リーグ(EL)予選2回戦(17日=日本時間18日)でパルチザン(セルビア)に所属する日本代表FW浅野拓磨(25)はスフィントゥル(モルドバ)戦に0―0の後半終了までプレーした。チームは延長の末に…

後で読む
サンケイスポーツ

米プロバスケットボールNBAのプレーオフは17日、フロリダ州オーランド近郊で、東カンファレンス決勝(7回戦制)第2戦が行われ、ヒートがセルティックスを106-101で下し、2連勝とした。

後で読む
スポーツ報知

新型コロナウイルスの感染拡大以降、五輪実施の対人競技では初となる国内主要大会が開幕した。女子エペでは、東京五輪で3大会連続出場を目指す佐藤希望(34)=大垣共立銀行=が5年ぶり6度目の制覇に王手をか

後で読む
サンケイスポーツ

男子ゴルフのメジャー第2戦、全米オープン選手権は17日、ニューヨーク州ママロネックのウイングドフットGC(パー70)で第1ラウンドが行われ、日本ツアー2年連続賞金王の今平周吾は3バーディー、4ボギーの71で、暫定33位となった。首位と6打差。日没までに3人が回り終えられなかった。

後で読む
サンケイスポーツ

男子ゴルフのメジャー第2戦、全米オープン選手権は17日、ニューヨーク州ママロネックのウイングドフットGC(パー70)で第1ラウンドが行われ、世界ランキング3位のジャスティン・トーマス(米国)が65で首位発進した。

後で読む
東京スポーツ

【平岡洋二「アスリートの解体書」(23)】もう2、3年前になるだろうか、あるNHK特集を見た。2017年の全国高校野球選手権大会で大会最多本塁打数を更新(06年の60本→68本)したことの要因を探るこ…

後で読む
東京スポーツ

ツインズの前田健太投手(32)は17日(日本時間18日)に敵地でのホワイトソックス戦に先発し、5回を2本塁打を含む5安打2失点、8三振無四球で勝敗は付かなかった。勝利投手の権利を持って降板したが、救…

後で読む
スポーツニッポン

シカゴで17日に行われたホワイトソックス戦にツインズの「2番・三塁」で先発していたジョシュ・ドナルドソン(34)が本塁打を放ったあとに退場処分を科せられた。

後で読む
スポーツニッポン

阪神・原口文仁捕手(28)のきょう18日の1軍昇格が有力になった。

後で読む
スポーツニッポン

ヤンキースがメジャータイ記録の1イニング5本塁打をマークした。田中将大投手(31)が先発した17日(日本時間18日)の本拠地・ニューヨークでのブルージェイズ戦の4回に3者連続を含む5本塁打を記録。ヤンキースの3者連続アーチは、17年のブルージェイズ戦以来3年ぶり。

後で読む
スポーツニッポン

ヤンキースの田中将大投手(31)が17日(日本時間18日)、本拠地・ニューヨークでのブルージェイズ戦に先発登板し、今季最長の7回を投げ、7安打3失点。打線の大量援護もあり、勝ち投手の権利を持って降板した。

後で読む
サンケイスポーツ

陸上のダイヤモンドリーグ(DL)は17日、ローマで行われ、男子棒高跳びは20歳のアルマント・デュプランティス(スウェーデン)が自身の世界記録まで3センチに迫る6メートル15で優勝した。屋外での記録としてはセルゲイ・ブブカ(ウクライナ)が1994年に跳んだ6メートル14を超える世界最高。

後で読む
サンケイスポーツ

テニスの四大大会、全米オープン女子シングルスで2年ぶり2度目の優勝を果たした大坂なおみ(22)=日清食品=が18日、今月27日に開幕する全仏オープンを欠場することを自身のインスタグラムなどで明かした。

後で読む
スポーツニッポン

全米オープンで2年ぶりの優勝を果たした世界ランキング3位の大坂なおみ(22=日清食品)が18日、自身のツイッターを更新。全仏オープン(27日開幕、パリ)の出場を断念することを発表した。

後で読む
スポーツニッポン

男子ゴルフのメジャー第2戦、全米オープンが17日にニューヨーク州のウイングドフットGC(7477ヤード、パー70)で開幕し、第1ラウンドが行われた。日本勢は4選手が出場し、8年連続出場の松山英樹(28=LEXUS)は2バーディー、3ボギーの71で暫定33位だった。日没までに3人が回り終えられなかった。

後で読む
デイリースポーツ

【ジュネーブ共同】27日にパリで開幕するテニスの四大大会、全仏オープンの主催者は17日、新型コロナウイルス感染予防として、警察当局の要請を受けて1日の観客数を5千人に制限すると発表した。7日には1日1万1500人での開催計画を公表したが、同国内での感染再拡大で大幅な削減を迫られた。 全仏に出場予定で8月にコロナ感染を経験した錦織圭(日清食品)は17日「(感染者が)増えてるので若干怖い気もする。選手個人が気を付けてやるようにしたい」と述べた。ロイター通信によると、フランスでの1日の感染数は、17日に過去最多の1万593人を記録した。

後で読む
デイリースポーツ

テニスの全米オープン女子シングルスで2年ぶり2度目の優勝を果たした世界ランキング3位の大坂なおみ(22)=日清食品=が18日、ツイッターで全仏オープン(27日開幕・パリ)を欠場すると明らかにした。「二つの大会の日程が近いため体を整える時間が足りないと判断した」としており、左太もも裏の状態が万全でないことが理由とみられる。 大坂は、全米の直前の大会の準決勝で左太もも裏を痛めて決勝を棄権。全米では2回戦からテーピングを施して決勝までを戦い抜いた。昨年の全豪オープン以来となる四大大会3勝目を挙げ、世界ランク1位在位13週の条件と合わせ、殿堂入り資格も満たした。

後で読む
日刊スポーツ

マリナーズの菊池雄星投手は18日午後6時40分(日本時間19日午前10時40分)開始予定の敵地でのパドレス戦で次回先発に臨むと球団が公表した。今季は7試合で2…

後で読む
日刊スポーツ

ヤンキースが4回裏、1イニング5本塁打のメジャータイ記録の猛打を見せた。2-2同点で迎えたこの回、1死一塁からサンチェスの適時二塁打で勝ち越すと、ガードナー(…

後で読む
デイリースポーツ

 【ニューヨーク共同】男子ゴルフのメジャー第2戦、全米オープン選手権は17日、ニューヨーク州ママロネックのウイングドフットGC(パー70)で第1ラウンドが行われ、8年連続出場の松山英樹は2バーディー、3ボギー、日本ツアー2年連続賞金王の今平周吾は3バーディー、4ボギーの71で、暫定33位となった。首位と6打差。日没までに3人が回り終えられなかった。 アマチュア世界ランキング1位の金谷拓実(東北福祉大)と石川遼は72で暫定57位。世界ランキング3位のジャスティン・トーマス(米国)が65で首位発進し、1打差でパトリック・リード(米国)ら3人が続いた。

後で読む
日刊スポーツ

フェンシングの全日本選手権が17日、東京・駒沢体育館で開幕し、予選初日は女子エペと男子サーブルが準決勝まで行われた。試合前に全選手がスマートアンプ法による新型…

後で読む
日刊スポーツ

27日にパリで開幕するテニスの4大大会、全仏オープンの主催者は17日、新型コロナウイルス感染予防として、警察当局の要請を受けて1日の観客数を5000人に制限す…

後で読む
日刊スポーツ

女子テニスの大坂なおみ(22=日清食品)が、全仏オープン(27日開幕、パリ)を欠場することを明かした。18日、自身のツイッターで表明した。大坂は「残念ながら今…

後で読む
サンケイスポーツ

シュツットガルトは19日に行われるブンデスリーガ開幕節でフライブルクと対戦。1部復帰戦を前に、ドイツ誌『キッカー』は日本代表MF遠藤航を昇格組の中心的な存在として紹介した。

後で読む
サンケイスポーツ

男子ゴルフのメジャー第2戦、全米オープン選手権は17日、ニューヨーク州ママロネックのウイングドフットGC(パー70)で第1ラウンドが行われ、8年連続出場の松山英樹は2バーディー、3ボギー、日本ツアー2年連続賞金王の今平周吾は3バーディー、4ボギーの71で、暫定33位となった。首位と6打差。日没までに3人が回り終えられなかった。

後で読む
サンケイスポーツ

エンゼルスの大谷は勝利の瞬間を観客席で、マスク姿で迎えた。ここ10試合で欠場は6度。18日のレンジャーズ戦も相手先発が左腕のためベンチスタートの見通しだ。

後で読む
スポーツ報知

平幕の阿武咲(おうのしょう)が幕内・碧山を押し出しで下し、初日から無傷の5連勝を飾り、2017年秋場所以来、自身2度目となる5日目での平幕単独トップに立った。7月場所では初日から13連敗。苦い経験を

後で読む
スポーツ報知

日本相撲協会は秋場所5日目の17日、東前頭16枚目・旭大星(30、旭川市出身)=友綱=の休場を発表した。この日、相撲協会に「左アキレスけん断裂で約6週間の加療を要する見込み」との診断書を提出した。4

後で読む
スポーツ報知

高安が復調してきた。5日目は栃ノ心の捨て身の掛け投げに屈したが、復活の階段を着実に上っている。立ち合いで右の前まわしをつかんだ。当たりも負けていなかった。今場所は突っ張りも出始めている。あの横綱・白

後で読む
スポーツ報知

再入幕で幕尻・逸ノ城は、192キロの魁聖を寄り切りで下し、総重量390キロの巨漢対決を制した。「相手に左を取らせなかったので。自分の形を作って、早く(前に)出たのがよかった」と額に大粒の汗を浮かべた

後で読む
スポーツ報知

女子バスケットのWリーグが18日に開幕する。昨季6位で、2005―06年シーズン以来、15季ぶりの優勝を狙うシャンソン化粧品は、19、20日の開幕2連戦で東京羽田(同8位)と対戦。入社3年目のPG小

後で読む
サンケイスポーツ

マリナーズの菊池は18日午後6時40分(日本時間19日午前10時40分)開始予定の敵地でのパドレス戦で次回先発に臨むと球団が公表した。

後で読む
サンケイスポーツ

米大リーグ、マリナーズは17日、本拠地シアトルで予定していた18日からのパドレス3連戦の開催地を敵地サンディエゴに変更すると発表した。米西部の山火事による大気汚染を受けての措置。

後で読む
サンケイスポーツ

オリオールズ-レイズ(17日、ボルティモア)レイズの筒香はダブルヘッダー第1試合に「1番・指名打者」で出場し、4打数1安打1打点だった。内容は中前打、中飛、一ゴロ、二ゴロ(打点1)で打率は1割9分2厘。チームは3-1で勝った。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人0-11阪神」(17日、東京ドーム) 阪神・西勇にとって、最高の条件がそろった中で、最高のピッチングができた試合だった。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人0-11阪神」(17日、東京ドーム) 東京ドームで初めて響かせたごう音とともに、阪神・ボーアがゆっくりと歩き出す。ボール球でも関係なく、豪快に振り抜いた打球が右中間席へ吸い込まれていく。ついに東京ドームで“ファイアボール”を披露する機会がやって来た。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人0-11阪神」(17日、東京ドーム) 阪神は3本塁打で11点を奪った中、目立たなくても価値ある走塁が随所に見えた。東京ドームで好き放題やられてきた巨人に、スキを見せずに完勝。矢野監督が声をはずませた。

後で読む
スポーツニッポン

2018年にマスターズを制しているパトリック・リード(30=米国)が、7番(165ヤード=パー3)で9Iを使用してホールインワンをマークした。新型コロナウイルス感染の影響でギャラリーが不在で歓声はなかったが、5番(502ヤード=パー4)でダブルボギーをたたいていただけに窮地を救う値千金のエースとなった。

後で読む
スポーツニッポン

メジャーで5勝を挙げながら全米オープンでは2位が6回と勝利から見放されているフィル・ミケルソン(50=米国)は初日、2バーディー、9ボギー、1ダブルボギーの9オーバー、79と苦闘。「ドライバーとパットがひどかった」と渋い表情でホールアウトした。

後で読む
スポーツニッポン

全米オープンで2年ぶりの優勝を果たした大坂なおみ(22=日清食品)が18日、自身のツイッターを更新。全仏オープンの出場を断念することを発表した。

後で読む
スポーツニッポン

レイズの筒香嘉智外野手(28)は17日(日本時間18日)、敵地・ボルティモアでのオリオールズとのダブルヘッダー第1試合(7回制)に「1番・DH」で先発出場。勝ち越しの内野ゴロを放つなど4打数1安打1打点で、打率は・192となった。チームは3―1で勝利した。

後で読む
スポーツニッポン

打率・189と打撃不振に苦しむエンゼルスの大谷翔平投手(26)は17日(日本時間18日)、本拠地・アナハイムでのダイヤモンドバックス戦で5試合連続で先発メンバーから外れ、そのまま出場機会なく終わった。最近11試合では8度目のスタメン落ちとなり、4試合連続で出番なし。チームは7―3で連敗を2で止めた。

後で読む
スポーツニッポン

ツインズの前田健太投手(32)が17日(日本時間18日)、敵地シカゴでのホワイトソックス戦に先発し、5回5安打2失点、8奪三振。粘りの投球を見せたが勝敗は付かず、今季6勝目とはならなかった。プロ野球広島時代の97勝も含めた日米通算150勝は持ち越し。チームは3―4で逆転負けした。

後で読む
スポーツニッポン

出場71試合でリーグ2位の19本塁打。強打者への道を順調に歩んでいるのが、プロ4年目の阪神・大山だ。

後で読む
日刊スポーツ

サッカー選手になってからの方がビジネスマン時代より愚痴を聞く回数が増えた。ビジネスマンよりも一瞬一瞬で思い通りにならない時が多いという事と、毎日…

後で読む
日刊スポーツ

ツインズ前田健太投手(32)が、5回5安打2失点で勝利投手の権利を得て交代したが、今季6勝目と日米通算150勝はならなかった。投球を振り返り、「決めたいところ…

後で読む
日刊スポーツ

レイズ筒香嘉智外野手は「1番DH」でオリオールズとのダブルヘッダー第1試合に先発出場。4打数1安打1打点。7回の第4打席で決勝点となる二ゴロを放った。エンゼル…

後で読む
日刊スポーツ

ヤンキース田中将大投手が3勝目を目指しブルージェイズ戦に先発。チーム123456789計ブ0…

後で読む
デイリースポーツ

 「女子ゴルフ・デサントレディース東海クラシック」(18日開幕、新南愛知CC美浜C=パー72) ミレニアム世代のルーキー、安田祐香(19)=NEC=が体調不良のため欠場することを17日、発表した。

後で読む
デイリースポーツ

 「女子ゴルフ・デサントレディース東海クラシック」(18日開幕、新南愛知CC美浜C=パー72) 女子ゴルフのデサント東海クラシックは18日から愛知県美浜町の新南愛知CC美浜C(6456ヤード、パー72)で行われる。17日は試合会場で各選手が最終調整。

後で読む
デイリースポーツ

 「女子ゴルフ・デサントレディース東海クラシック」(18日開幕、新南愛知CC美浜C=パー72) 女子ゴルフのデサント東海クラシックは18日から愛知県美浜町の新南愛知CC美浜C(6456ヤード、パー72)で行われる。17日は試合会場で各選手が最終調整。前週の国内メジャー、日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯で2位となった田辺ひかり(伊藤園)は「成績よりゴルフの内容が自信になった」と、大きな手応えを胸に好発進を誓った。

後で読む
日刊スポーツ

世界35位で、日本のエースの錦織圭(30=日清食品)が敗れた。18歳で、昨年のジュニア世界王者、ムセッティ(イタリア)に3-6、4-6のストレートで敗退。第2…

後で読む
サンケイスポーツ

現地時間17日、延期となっていたリーグ・アン第1節マルセイユvsサンテティエンヌが行われた。

後で読む
サンケイスポーツ

Bミュンヘンのハンジ・フリック監督は、チアゴ・アルカンタラ退団への思いを語った。

後で読む
スポーツ報知

 女子プロゴルフの今季ツアー第6戦、デサント東海クラシックが18日から3日間、愛知・新南愛知CC美浜C(6456ヤード、パー72)で無観客開催される。昨季賞金女王の鈴木愛(26)=セールスフォース=が

後で読む
スポーツニッポン

【永瀬郷太郎のGOOD LUCK!】記者生活40年を振り返るシリーズ。今回は1986年11月8日の日米野球第6戦(横浜)、カル・リプケン(オリオールズ)が山本浩二のアドバイスを受けて2打席連続ホームランを放った話――。

後で読む
スポーツニッポン

「球際」は巨人V9監督・川上哲治の言葉である。著書『遺言』(文春文庫)で<わたしの造語で相撲の土俵際の強さから採ったものだ>と明かしている。<捕れそうにない球を飛び込んでいって捕って、捕れなければグラブではたき落としてでも食い止めるプロの超美技のことである>。

後で読む
デイリースポーツ

サッカーの欧州リーグ予選2回戦は17日、各地で行われ、パルチザン(セルビア)の浅野拓磨はスフィントゥル(モルドバ)戦に0-0の後半終了までプレーした。チームは延長の末に1-0で競り勝った。リオアベ(ポルトガル)に加入した食野亮太郎は2-0で勝ったボラツ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)戦でベンチ外だった。(共同)

後で読む
デイリースポーツ

【マルセイユ(フランス)共同】サッカーのフランス1部リーグで17日、マルセイユの酒井宏樹はホームのサンテティエンヌ戦に後半34分まで出場した。チームは0-2で敗れて今季3戦目で初黒星を喫した。 試合は8月21日から延期されたカードのため、同31日に加入した長友佑都は出場資格がなくベンチ外だった。

後で読む
スポーツ報知

バルセロナのFWリオネル・メッシ(33)が、17日に発売されたゲームソフト『eFootball ウイニングイレブン2021 SEASON UPDATE』(ウイニングイレブン2021)のトレーラー映像

後で読む
スポーツ報知

男子シングルス2回戦で、世界ランク35位の錦織圭(30)=日清食品=は、同249位で地元イタリアの18歳、ロレンツォ・ムゼッティに3―6、4―6で敗れた。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、巨人0-11阪神、16回戦、巨人12勝4敗、17日、東京D)安定感のある西勇との対戦で、二回までに0-5。阪神にもエースで負けられない、東京ドームで何とか勝利をという意地がある。巨人は岡本と坂本を欠いているとなると、一方的な展開で終わっても仕方がない。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、巨人0-11阪神、16回戦、巨人12勝4敗、17日、東京D)たとえ前日までの対戦成績が3勝12敗だろうが…東京ドームで8連敗だろうが…巨人のキャプテン坂本と4番・岡本の名がメンバーになかろうが…首位・巨人と11・5ゲームと大きく差をつけられていようが…。

後で読む
サンケイスポーツ

点が入る時は簡単なんもんだ。8月に、ここ東京ドームで3試合連続完封負けした時は、1点取るのが悲願だったのに。

後で読む
サンケイスポーツ

プロ野球は政府の指針に従って、19日から観客数を収容人数の最大50%まで増やす。新型コロナウイルスの感染防止と経済活動の両立は大事で、ようやくここまできたかという印象だ。

後で読む
サンケイスポーツ

(米大リーグ、ホワイトソックス4-3ツインズ、17日=日本時間18日、シカゴ)ツインズの前田健太投手(32)が先発し、5回2安打(2本塁打)、2失点、無四球8三振、86球だった。今季6勝目と日米通算150勝(日本97勝、メジャー52勝)は次戦以降に持ち越しとなった。今季成績は5勝1敗、防御率2・52とした。

後で読む
サンケイスポーツ

これまでの悔しさを、すべて107球に込めた。西勇が敵地のド真ん中に仁王立ち。自身初の2試合連続完封勝利で、チームの東京ドームでの開幕からの巨人戦連敗を「8」で止めた。

後で読む
スポーツニッポン

フィギュアスケート女子で10年バンクーバー五輪銀メダル、世界選手権3度優勝の浅田真央さん(29)が、9月25日に30歳の誕生日を迎える。

後で読む
スポーツ報知

高卒2年目の浜田がバットを振り抜いた瞬間に一塁ベンチで歓声が上がった。1点リードの5回1死。代名詞のフルスイングではなく、体勢を崩しながらすくい上げた打球を左中間スタンドへ運んだ。照れくさそうに急ぎ

後で読む
スポーツ報知

打球が三遊間を抜けると、岩下は悔しそうに唇をかんだ。9回無死一、二塁。西武・源田に適時二塁打を浴び失点。プロ初完投完封を逃し「(9回)めちゃめちゃりきみました。特にランナー出してからはりきみすぎたと

後で読む
スポーツ報知

西武・内海が2敗目を喫し、本拠地初勝利はお預けとなった。2回に森の2失策が絡んで2失点。深呼吸で自らを落ち着かせた内海だが、3回にマーティンにソロ、4回にも失点し、4回4失点(自責点2)。

後で読む
スポーツ報知

阪神の西勇が自身初の2試合連続完封をともに無四球で飾った。球団の連続完封は14年のメッセンジャー以来で、日本人では92年の湯舟、野田以来、28年ぶり。中5日のマウンドで二塁すら踏ませない散発4安打の

後で読む
スポーツ報知

ソフトバンクの中村晃外野手(30)が、天国にささぐ一打でプロ通算1000安打を達成した。0―0と投手戦の続いた9回。無死一塁で2度バントを失敗したが、ファウルで粘った6球目。鋭く三塁を襲う内野安打で

後で読む
デイリースポーツ

「日本ハム1-2ソフトバンク」(17日、札幌ドーム) 今季最長の8回を投げ、4勝目を挙げたソフトバンク・東浜は緊張から解き放たれると、あふれる感情をこらえきれなかった。「やっぱり…本当に…、入団してからずっとお世話になっていた方なので…」。試合後の取材。前日16日にくも膜下出血のため、遠征先の神戸で急逝した川村隆史3軍コンディショニング担当スタッフの話になると、涙が止まらなくなった。

後で読む
東京スポーツ

阪神は17日の巨人戦(東京ドーム)に11―0で大勝し、開幕からの東京ドームでの連敗を8で止めた。苦しみ抜いた敵地で悔しさを一気に晴らすかのようにボコボコに打ち負かし、投げては西勇輝投手(29)が2戦…

後で読む
東京スポーツ

西武・森友哉捕手(25)の迷走ぶりがいよいよ深刻だ。森は1―8のワンサイドで敗れ連勝が3で止まった17日のロッテ戦(メットライフ)で、攻守ともに精彩を欠いた。  先発・内海の制球が甘かったこともある…

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンク・中村晃外野手(30)が17日の日本ハム戦(札幌ドーム)で通算1000安打を達成した。プロ野球308人目。9回無死一塁で放った三塁内野安打に「泥くさくて僕らしい」と振り返った。名門・帝京…

後で読む
東京スポーツ

中日のドラフト4位ルーキー・郡司裕也捕手(22)の好感度がチーム内外で上がりまくっている。  その要因は3つある。まず勝ち運を持っていることだ。ここまで今季21試合に出場し、スタメンマスクをかぶった…

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、西武1-8ロッテ、17回戦、西武11勝6敗、17日、メットライフ)パ・リーグ2位のロッテは17日、西武17回戦(メットライフ)に8-1で快勝。6年目右腕の岩下大輝投手(23)がプロ入り後最長の8回0/3を投げ、4安打1失点で昨季に並ぶ5勝目を挙げた。首位・ソフトバンクとは1・5ゲーム差のままだが、2005年以来15年ぶりの優勝を狙うチームに頼もしい戦力が台頭した。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人0-11阪神」(17日、東京ドーム) 11点のリードにも最後まで、気の緩みは見せなかった。初回と同じように丁寧に、細心の注意で打者に向かう。27個目のアウトを奪い、阪神・西勇はようやく表情を緩めた。自身初の2戦連続完封は、球団の日本投手では28年ぶりの快挙。敵地8連敗の不名誉な記録にエースが終止符を打った。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人0-11阪神」(17日、東京ドーム) ホンマに、こんなG倒劇が敵地で見たかったんよ-。阪神は近本光司外野手(25)が先頭打者弾にダメ押し弾の1試合2発で流れを呼び込み、14安打11得点で宿敵に快勝。巨人3連戦で計4発を放ったのは、84年のバース以来という快挙だ。今季8戦全敗だった東京ドームで初白星を挙げた虎は残り45試合、懸命に戦っていく。

後で読む
東京スポーツ

大相撲秋場所(東京・両国国技館)で両大関が沈黙を貫いている。5日目(17日)は朝乃山(26=高砂)と貴景勝(24=千賀ノ浦)が揃って快勝したが、2人とも報道陣の取材に応じることなく国技館を後にした。…

後で読む
サンケイスポーツ

テニスのイタリア国際は17日、ローマで行われ、男子シングルス2回戦で世界ランキング35位の錦織圭(日清食品)は249位で18歳のロレンツォ・ムゼッティ(イタリア)に3-6、4-6で敗れた。錦織は昨年10月の右肘手術と今年8月の新型コロナウイルス感染を経て復帰2戦目だった。

後で読む
デイリースポーツ

WBO世界フライ王座決定戦に臨む同級3位の中谷潤人が17日、相模原市役所で本村賢太郎市長を表敬訪問し、王座奪取を誓った。 試合は新型コロナウイルス感染拡大の影響で4月、8月と2度も延期となり、20年内の開催で調整中。中谷は「残念な形ではあった」と話しながらも、「この期間をプラスと捉えて、充実した練習に励んでいます」と前向きにあいさつした。

後で読む
スポーツニッポン

男子ツアーの最高峰のメジャー、全米オープンが17日(日本時間同日夜)、米国ニューヨーク州のウイングドフットGCで開幕した。前回、同GCで行われた06年大会はジェフ・オギルビー(43=オーストラリア)が通算5オーバーで優勝しているが、今回もコース関係者が「優勝スコアは8オーバーを目指す」と難度の高いセッティングになることを予告。プロコーチの内藤雄士氏(50)が、松山英樹(28=LEXUS)ら注目…

後で読む
スポーツニッポン

ゴルフの日本シニアオープン選手権は17日、兵庫県の鳴尾GC(6601ヤード、パー70)で第1ラウンドが行われ、寺西明が5バーディー、ボギーなしの65で回って単独首位に立った。2打差の2位に川岸良兼、さらに1打差の3位に比嘉勉ら4人がつけた。連覇を狙う谷口徹は73で34位発進となった。大会は4日間で、優勝賞金は1200万円。

後で読む
スポーツニッポン

日本女子プロゴルフツアーの第6戦、デサントレディース東海クラシック(優勝賞金1440万円)は18日に愛知県美浜町の新南愛知CC美浜C(6456ヤード、パー72)で開幕する。

後で読む
スポーツニッポン

男子ゴルフ下部ツアーのAbemaTVツアー開幕戦「PGMチャレンジ2」は17日、千葉県のPGM総成GC(6738ヤード、パー70)で第2ラウンドを行い、102位から出た女子の三浦桃香(21=アウトソーシング)は1バーディー、7ボギーの76と崩れ、通算7オーバーの141位で、4オーバーの幡野夏生(23=フリー)とともに予選落ちした。63で回った大谷俊介(36=iTEM)ら3選手が通算10アンダー…

後で読む
スポーツニッポン

米女子ゴルフのポートランド・クラシックは18日、オレゴン州のコロンビアエッジウオーターCC(6467ヤード、パー72)で開幕する。世界ランキング8位の畑岡奈紗(21=アビームコンサルティング)は16日、米国西部で拡大する山火事による大気汚染を考慮して欠場すると発表した。大会は大気汚染の影響で開幕日が1日遅れ、72ホールから54ホールに短縮され3日間で行われる。日本からは渋野日向子(21=サント…

後で読む
スポーツニッポン

正代は北勝富士を圧倒し、4日目の初黒星から立て直した。立ち合いは上体を反りながら相手の左おっつけ、右喉輪を受け止めると、右差しで一気に出た。「負けを引きずらなかったのが良かった。負けた相撲はあまり振り返らないようにしています」。

後で読む
スポーツニッポン

幕内最小兵の炎鵬にようやく初日が出た。立ち合いで右に動いて手繰りながら竜電の突進をかわし、左を差してからも休まず、背後を取って送り出した。

後で読む
スポーツニッポン

三役返り咲きを目指す照ノ富士が大栄翔を破って連勝を3に伸ばした。立ち合いから圧力をかけて前に出ると、最後は土俵際で粘る相手を寄り切った。

後で読む
スポーツニッポン

平幕の阿武咲が初日から5連勝で、単独トップに立った。碧山の引き技に落ちずに前に出て押し出した。平幕力士が5日目に単独トップに立つのは17年秋場所の自身以来で3年ぶり。初日から13連敗した7月場所から一転、快進撃が続いている。1敗は大関・貴景勝、関脇・正代ら7人となった。

後で読む
スポーツニッポン

テニスのイタリア国際は17日、ローマで行われ、男子シングルス2回戦で世界ランキング35位の錦織圭(日清食品)は249位で18歳のロレンツォ・ムゼッティ(イタリア)に3―6、4―6で敗れた。

後で読む
スポーツ報知

先発したサンチェスは今季3敗目を喫した。近本に初回先頭打者本塁打を被弾するなど、2回までに5失点。3回以降は無失点で抑えたが、結果は5回114球、7安打6四球で今季ワーストの5失点(自責3)。宮本投

後で読む
デイリースポーツ

「フェンシング・全日本選手権」(17日、駒沢体育館) 男子サーブルは19年高校総体優勝の17歳、小久保真旺(星槎国際高川口)が同種目で最年少の決勝進出を果たした。26日に無観客で実施される決勝では、19年の世界選手権代表の吉田健人(警視庁)と対戦する。

後で読む
デイリースポーツ

「大相撲秋場所・5日目」(17日、両国国技館) 平幕阿武咲が碧山を押し出して初日から5連勝に伸ばし、17年秋場所以来の単独トップに立った。無傷5連勝は19年初場所以来、自身3度目。先場所初日から13連敗を喫した屈辱の“倍返し”はまだまだこれからだ。

後で読む
デイリースポーツ

「大相撲秋場所・5日目」(17日、両国国技館) 炎鵬がようやく初日を出した。立ち合い右に動いて腕をたぐると、竜電の後ろについて送り出した。「やっと勝ったという感じです。弱い自分と向き合って、今日できることをやった」。

後で読む
デイリースポーツ

世界最高峰の自転車ロードレース、ツール・ド・フランスは17日、フランスのメリベルからラロシュシュルフォロンまでの第18ステージ(175キロ)が行われ、ミハウ・クフィアトコフスキ(ポーランド)が4時間47分33秒で制した。プリモシュ・ログリッチ(スロベニア)が総合首位を守った。(共同)

後で読む
デイリースポーツ

【ジュネーブ共同】テニスのイタリア国際は17日、ローマで行われ、男子シングルス2回戦で世界ランキング35位の錦織圭(日清食品)は249位で18歳のロレンツォ・ムゼッティ(イタリア)に3-6、4-6で敗れた。錦織は昨年10月の右肘手術と今年8月の新型コロナウイルス感染を経て復帰2戦目だった。 クレーコートが舞台の今大会は、27日に開幕する四大大会の全仏オープン(パリ)の前哨戦。

後で読む
日刊スポーツ

ツインズ前田健太投手(32)が、5回5安打2失点で勝利投手の権利を得て交代したが、今季6勝目と日米通算150勝はならなかった。球数86球で8三振を奪い、防御率…

後で読む
スポーツ報知

月が隠れた夜空目がけてバットを振り抜いた。4点リードの6回1死から代打で登場した中山が、山崎の初球を迷わずフルスイングすると、強烈な打球はあっという間に左翼席へ飛び込んだ。4試合ぶりの3号はすべて代

後で読む
スポーツ報知

電光石火の一撃で流れを一変させた。初回。近本はサンチェスの初球、150キロ直球を振り抜いた。「コンパクトにスイングすることを強く意識して打席に入りました」。右翼席への6号先制ソロは今季3本目、サンチ

後で読む
デイリースポーツ

巨人は17日、エスタミー・ウレーニャ内野手(21)と支配下選手契約を締結したと発表した。年俸は推定500万円で背番号は「98」。昨年12月に育成枠で入団し、今季ここまで2軍戦51試合に出場して打率.297、11本塁打、35打点。 オンライン会見では「岡本さんの動画をいつも見ています。1軍に早く上がって結果を残したい」と誓った。

後で読む
デイリースポーツ

「西武1-8ロッテ」(17日、メットライフドーム) ロッテは強烈な2発で相手を沈めた。マーティンの打棒が爆発し、連敗を2で止めた。助っ人が本塁打をかっ飛ばすと、これで12連勝。井口監督は思わず「毎日、打ってもらわないと困ります」と笑い交じりに本音を漏らした。

後で読む
デイリースポーツ

東京六大学野球の秋季リーグ戦が19日から神宮球場で開幕する。決戦を2日後に控えた17日、6校の監督と主力選手がオンラインで記者会見を行った。全国屈指の名門リーグには今秋ドラフト候補がズラリ。開幕カードでの投げ合いが予想される最速155キロ左腕の早大・早川隆久投手(4年・木更津総合)と最速153キロ右腕の明大・入江大生投手(4年・作新学院)の両エースは、早くも火花を散らした。 大学ラストシーズンの幕開けは、好敵手との投げ合いが待ち受ける可能性が大きい。今秋リーグ戦に向け、早大・早川と明大・入江は互いの存在について「絶対負けたくない」と口をそろえた。両軍は開幕週の19日にいきなり激突。これまでのリーグ戦で、ともに先発での対決はなし。実現すれば初の“ガチンコ勝負”だ。

後で読む
デイリースポーツ

 「ヤクルト9-0DeNA」(17日、神宮球場) 大敗にもDeNA・ラミレス監督は前を向いた。完封負けでヤクルト3連戦に負け越し、貯金が底を突いた。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人0-11阪神」(17日、東京ドーム) 巨人は攻守に精彩を欠き、完封負けを喫した。今季ワーストの3失策で連勝は9でストップ。原監督は「こういうゲームは2度とやってはいけないゲーム。やりたくないゲーム」と怒りの表情で振り返った。

後で読む
スポーツニッポン

フランス1部リーグ、パリ・サンジェルマンのネイマールが13日のマルセイユ戦で差別的な暴言を浴びせられたと主張した件で、母国ブラジルのアウベス女性・家族・人権相が「連帯したい。ネイマールが人種差別の被害者となったのはこれが初めてではない」と声明を発表した。

後で読む
スポーツニッポン

日本代表が10月に予定するオランダ遠征(9日=カメルーン戦、13日=コートジボワール戦)が再びコロナ禍に直面する可能性が出てきた。

後で読む
スポーツニッポン

セリエAで2季目を迎えるボローニャのDF冨安は本職センターバックで勝負する。シントトロイデン(ベルギー)から加入した昨季は主に右サイドバックで29試合1得点3アシストと活躍。開幕に向けた強化試合は2試合ともにセンターバックで出場しており、ミハイロビッチ監督は「良いプレーをしている」と期待を寄せる。

後で読む
スポーツニッポン

欧州5大リーグで最多の日本人6選手がプレーするドイツ1部は、18日に開幕する。PSVアイントホーフェン(オランダ)からビーレフェルトに期限付き移籍したMF堂安律(22)、2部から昇格したシュツットガルトのMF遠藤航(27)、横浜から期限付きでウニオン・ベルリン入りしたMF遠藤渓太(22)の初顔組に注目が集まる。

後で読む
デイリースポーツ

 「男子ゴルフ・Abemaツアー・PGMチャレンジ2・第2日」(17日、PGM総成=パー70) 女子ゴルフの三浦桃香(21)=アウトソーシング=は102位から出て1バーディー、7ボギーの76と崩れて通算7オーバー、144人中141位に終わった。韓国女子ツアーを主戦場とする幡野夏生は71で回り、通算4オーバー125位。ともに国内男子大会で女子初となる予選通過はならなかった。63をマークした大谷俊介、64だった上井邦裕、65の蛭川隆が通算10アンダーで首位に並んだ。

後で読む
スポーツニッポン

欧州5大リーグで最多の日本人6選手がプレーするドイツ1部は、18日に開幕する。PSVアイントホーフェン(オランダ)からビーレフェルトに期限付き移籍したMF堂安律(22)、2部から昇格したシュツットガルトのMF遠藤航(27)、横浜から期限付きでウニオン・ベルリン入りしたMF遠藤渓太(22)の初顔組に注目が集まる。またセリエAは19日に開幕。ボローニャのDF冨安健洋(21)、サンプドリアのDF吉田…

後で読む
デイリースポーツ

 「男子ゴルフ・全米オープン選手権・第1日」(17日、ウイングドフットGC=パー70) 全米オープン選手権が開幕し、8年連続出場で日本男子初のメジャー制覇を目指す松山英樹(28)=LEXUS=は前半アウトを1バーディー、ノーボギーの34、1アンダーで折り返した。メジャー通算15勝のタイガー・ウッズ(米国)は2バーディー、3ボギーの36。5年ぶり出場の石川遼は4番でバーディーを奪い、7番を終えて1アンダー。日本ツアー賞金王の今平周吾、アマチュア世界ランキング1位の金谷拓実(東北福祉大)も出場する。

後で読む
日刊スポーツ

世界35位で、日本のエースの錦織圭(30=日清食品)が敗れた。18歳で、昨年のジュニア世界王者、ムセッティ(イタリア)に3-6、4-6のストレートで敗れた。第…

後で読む
サンケイスポーツ

フランス1部リーグ、パリ・サンジェルマンのブラジル代表FWネイマール(28)が16日(日本時間17日)、2試合の出場停止処分を受けた。終盤の乱闘で5選手の退場者を出した13日のマルセイユ戦で相手DFゴンサレスを殴ったため。左サイドバックのアマビは3試合の出場停止となった。

後で読む
東京スポーツ

巨人は17日の阪神戦(東京ドーム)に0―11で惨敗し、連勝が9で止まった。それでも首位を独走するチームに新たな戦力も加わった。育成1年目のエスタミー・ウレーニャ内野手(21)を支配下登録し、これで上…

後で読む
東京スポーツ

ロッテのレオネス・マーティン外野手(32)が来日2年目で「タイトル取り」を視野に入れる活躍ぶりだ。昨季途中にチームに加入したキューバ人助っ人は今季序盤からチームをけん引。打率こそ2割5分台も、17日…

後で読む
スポーツニッポン

日本ハムの上原健太投手(26)が17日、ソフトバンク戦で自己最長の8回1/3を5安打2失点(自責1)と好投。同じ沖縄県うるま市出身のソフトバンク・東浜巨投手(30)と白熱した投手戦を展開したが、0―0で迎えた9回に決勝打を浴びて力尽きた。チームは2連敗で、首位ソフトバンクとのゲーム差は今季最大の10に広がった。

後で読む
スポーツニッポン

【川村さんという人】川村さんといえば“ひょうきん者”のイメージだ。顔中にシェービングクリームを塗り、自ら「白星」になったり、水泳帽で試合前の声出しする姿は忘れられない。ただ、それは単なるムードメーカーではなく、勝ち星から遠ざかる投手の登板日や連敗している時、見せる一面だった。

後で読む
スポーツニッポン

天国に届ける、節目の一打だった。0―0の9回無死一塁。送りバントを試みたソフトバンク・中村晃が2度、ファウルで追い込まれた。強攻に切り替え、6球目の直球を捉えた打球を三塁手・石井がはじいた。三塁内野安打で通算1000安打を達成した。

後で読む
スポーツニッポン

鎮魂の97球だ。首位のソフトバンクは17日、日本ハムに2―1で競り勝ち、2位・ロッテとの1・5ゲーム差を守った。16日に川村隆史3軍コンディショニング担当が、くも膜下出血のため55歳で死去。東浜巨投手(30)は今季最長の8回を無失点で投げ切り、4勝目を挙げた。試合後に号泣した右腕は恩人の墓前に届けるウイニングボールを手にした。

後で読む
スポーツニッポン

【関本賢太郎 視点】10・5ゲーム差をいきなりひっくり返すのは並大抵のことではないですが、まずは5ゲーム差に縮めることを目指すべきです。ここから逆転するには巨人の動揺、焦りを誘うようにしなければなりません。現状では状態が良くない坂本、岡本を休ませる余裕もありますが、仮に5ゲーム差ぐらいまでに詰めていけば巨人の戦い方そのものが変わってくるはずです。メディアも騒々しくなりますし、何より阪神に勢いが…

後で読む
デイリースポーツ

Jリーグは17日、J3秋田が14年開幕戦から19年開幕戦までの主催試合計85試合で、リーグの規約に反して虚偽の入場者数を報告していたとして、罰金400万円の処分とすると発表した。 Jリーグによると、秋田は入場者数を正確にカウントできておらず、(1)入場口で数えた人数の10%程度(2)入場者数には算入できない運営ボランティアやスタッフ、出店者、メディア関係者を1試合平均で75~120人-をともに加えて公式入場者数として報告していた。

後で読む
デイリースポーツ

サッカーのフランス1部パリ・サンジェルマンのFWネイマール(28)が13日に行われたマルセイユ戦で人種差別的な暴言を浴びせられたと主張している件で、母国ブラジルのアウベス女性・家族・人権相が「連帯し(て対抗し)たい。ネイマールが人種差別の被害者となったのはこれが初めてではない」との声明を発表した。16日までにブラジルメディアが報じた。 ネイマールは、マルセイユのDFゴンサレスから「猿」と呼ばれたと主張している。試合中に暴力行為で報復したネイマールは退場処分を受け、16日に2試合の出場停止処分を科された。

後で読む
東京スポーツ

フランス1部の強豪マルセイユに加入したばかりのDF長友佑都(34)にビッグチャンスが巡ってくるのか。  フランスプロリーグ機構(LFP)が懲戒委員会を開き、13日に行われたパリ・サンジェルマン(PS…

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、巨人0-11阪神、16回戦、巨人12勝4敗、17日、東京D)試合開始から数秒で、乾いた打球音が敵地に残る屈辱の余韻を一掃した。ようやく爆発した虎の意地。近本が1球で火をつけた。

後で読む
サンケイスポーツ

(パ・リーグ、西武1-8ロッテ、17回戦、西武11勝6敗、17日、メットライフ)パ・リーグ2位のロッテは17日、西武17回戦(メットライフ)に8-1で快勝。6年目右腕の岩下大輝投手(23)がプロ入り後最長の8回0/3を投げ、4安打1失点で昨季に並ぶ5勝目を挙げた。首位・ソフトバンクとは1・5ゲーム差のままだが、2005年以来15年ぶりの優勝を狙うチームに頼もしい戦力が台頭した。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、巨人0-11阪神、16回戦、巨人12勝4敗、17日、東京D)右中間スタンドに突き刺さる打球を、しばらく目で追いかけた。ボーアが8月26日の中日戦(甲子園)以来、実に19試合ぶりの13号ソロ。東京ドームでは35打席目で待望の初アーチだ。

後で読む
サンケイスポーツ

これまでの悔しさを、すべて107球に込めた。西勇が敵地のド真ん中に仁王立ち。自身初の2試合連続完封勝利で、チームの東京ドームでの開幕からの巨人戦連敗を「8」で止めた。

後で読む
サンケイスポーツ

(セ・リーグ、ヤクルト9-0DeNA、18回戦、DeNA9勝8敗1分、17日、神宮)法大から入団して2年目のヤクルト・中山翔太外野手(23)が17日、DeNA18回戦(神宮)の六回、代打で3号ソロを放った。月間3本目の代打本塁打とし、1976年4月にマークした大杉勝男の球団記録に並んだ。菅義偉氏(71)が法大出身者で初の首相に就任し、大学の後輩にあたる中山はグラウンドで活躍。9-0で快勝したチームは、9カードぶりの勝ち越しを決めた。

後で読む
東京スポーツ

【ニューヨーク州ママロネック17日(日本時間18日)発】海外メジャー「全米オープン」初日(ウイングドフットGC=パー70)、松山英樹(28=LEXUS)は2バーディー、3ボギーの71で回り、1オーバー…

後で読む
サンケイスポーツ

男子ゴルフのメジャー第2戦、全米オープン選手権は17日、ニューヨーク州ママロネックのウイングドフットGC(パー70)で第1ラウンドが行われ、8年連続出場の松山英樹は2バーディー、3ボギーの71だった。

後で読む
スポーツ報知

巨人の小林誠司捕手(31)が近日中に1軍昇格する方針となったことが17日、分かった。バッテリーを含めた守備力のさらなる強化が目的とみられ、早ければ18日のDeNA戦(横浜)から、約3か月ぶりに合流す

後で読む
スポーツ報知

 当初予定の6月開催から3か月遅れとなり、新シーズンにずれ込んだ今季メジャー初戦は、無観客で開幕した。初のメジャー制覇に挑む8年連続出場の松山英樹(28)=LEXUS=は2バーディー、3ボギーの1オー

後で読む
スポーツニッポン

今年2戦目のメジャーが開幕し、第1ラウンドが行われ、石川遼(29=CASIO)は4番でバーディーを先行させ、前半を1アンダーで折り返した。

後で読む
スポーツニッポン

今年2戦目のメジャーが開幕し、第1ラウンドが行われた。8年連続出場で悲願のメジャー制覇を目指す松山英樹(28=LEXUS)は5番でバーディーを奪い幸先の良いスタートを切ったが、10、12番でボギーとし12番を終えて通算1オーバーとした。石川遼(29=CASIO)は4番でバーディーを先行させ、前半を1アンダーで折り返した。

後で読む
サンケイスポーツ

全米オープン選手権第1日(17日、米ニューヨーク州ママロネック、ウイングドフットGC=7477ヤード、パー70)今季メジャー第2戦が開幕した。日本男子初のメジャー制覇を目指す8年連続出場の松山英樹(28)=LEXUS=は5番でバーディーを奪ったものの後半スコアを落とし、13ホールを終えて2オーバー。5年ぶりに出場の石川遼(29)=CASIO=は11番を終えてイーブンパーとした。タイガー・ウッズ(44)=米国=は12番を終えて1アンダー。新型コロナウイルスの影響で、大会は無観客で行われる。

後で読む
サンケイスポーツ

世界最高峰の自転車ロードレース、ツール・ド・フランスは17日、フランスのメリベルからラロシュシュルフォロンまでの第18ステージ(175キロ)が行われ、ミハウ・クフィアトコフスキ(ポーランド)が4時間47分33秒で制した。プリモシュ・ログリッチ(スロベニア)が総合首位を守った。

後で読む
サンケイスポーツ

男子ゴルフのメジャー第2戦、全米オープン選手権は17日、ニューヨーク州ママロネックのウイングドフットGC(パー70)で開幕し、8年連続出場で日本男子初のメジャー制覇を目指す松山英樹は11ホールを終えてイーブンパーとした。

後で読む
サンケイスポーツ

世界陸連の独立監視部門「インテグリティー・ユニット」は17日、2018年のジャカルタ・アジア大会で男子1万メートルを制したハッサン・チャニ(バーレーン)が血液ドーピングをしたとして、4年間の資格停止処分を科したと発表した。アジア大会などの成績は抹消となる。

後で読む
スポーツ報知

巨人のエンジェル・サンチェス投手(30)が17日、阪神戦(東京D)に先発したが、制球に苦しみ、今季自己ワーストの5失点(自責3)を喫した。宮本投手チーフコーチは試合後、右腕の投球内容についてコメント

後で読む
デイリースポーツ

国際テニス連盟(ITF)は17日、オンラインで記者会見を開き、女子の国別対抗戦のフェド杯の名称を「ビリー・ジーン・キング杯」に変更すると発表した。女子ツアーを統括するWTA創立者で名選手だったキングさんの名前を使うことで、大会の地位向上などを目指すという。 記者会見では今月に2度目の全米オープン優勝を果たした大坂なおみ(日清食品)がビデオメッセージで登場し「自分にとってもさらに価値がある大会になる」と話した。(共同)

後で読む
デイリースポーツ

テニスのイタリア国際は17日、ローマで行われ、女子ダブルス2回戦で青山修子(近藤乳業)柴原瑛菜(橋本総業)組はシモナ・ハレプ、モニカ・ニクレスク組(ルーマニア)を6-1、6-3で下して準々決勝に進んだ。 日比野菜緒(ブラス)二宮真琴(エディオン)組は台湾とチェコのペアに0-6、0-6で屈した。(共同)

後で読む
スポーツ報知

ソフトバンクの東浜巨投手(30)が8回6安打無失点で無四球の熱投。前日16日にくも膜下出血で55歳で急逝した、川村隆史3軍コンディショニング担当へ弔いの白星を送った。

後で読む
スポーツニッポン

日本代表MF南野拓実(25)の所属するイングランド・プレミアリーグのリバプールが、ドイツ1部バイエルン・ミュンヘンからスペイン代表MFティアゴ・アルカンタラ(29)を獲得することで合意したと、17日付の英紙ガーディアン(電子版)が報じた。

後で読む
日刊スポーツ

国際テニス連盟(ITF)は17日、オンラインで記者会見を開き、女子の国別対抗戦のフェド杯の名称を「ビリー・ジーン・キング杯」に変更すると発表した。女子ツアーを…

後で読む
日刊スポーツ

東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長(83)は17日、新型コロナウイルスの自粛から徐々に再開する各スポーツ団体の競技大会について、慎重な姿勢を崩…

後で読む
東京スポーツ

さすがに指揮官も怒りを抑えきれなかった。巨人は17日の阪神戦(東京ドーム)に0ー11の惨敗。攻守に精彩を欠く内容で、連勝も9でストップした。  本拠地で大敗した直後、ベンチから引き上げて報道陣に応対…

後で読む
東京スポーツ

幻に終わった、巨人・増田大輝内野手の2度目の投手起用の裏側を宮本投手チーフコーチが明かした。  優勝へのマジック「35」で迎えた、17日の阪神戦(東京ドーム)は0―11の大敗。連勝は9でストップした…

後で読む
サンケイスポーツ

16日にフランクフルトとの契約延長が発表された日本代表MF鎌田大地は、同日に記者会見に臨み、決断に至った経緯などについて語った。

後で読む
東京スポーツ

ソフトバンクの三軍コンディショニング担当で16日に55歳で急逝した川村隆史さんの訃報には、同い年で本紙評論家の加藤伸一氏もショックを隠せなかった。  川村さんは1992年にトレーナーとしてダイエー(…

後で読む
スポーツ報知

 当初予定の6月開催から3か月遅れとなり、新シーズンにずれ込んだ今季メジャー初戦は、新型コロナ感染症対策として無観客で開幕した。日本男子初のメジャー制覇に挑む8年連続出場の松山英樹(28)=LEXUS

後で読む
スポーツニッポン

大リーグは17日(日本時間18日)、両リーグ12試合が行われる。

後で読む
サンケイスポーツ

男子ゴルフのメジャー第2戦、全米オープン選手権は17日、ニューヨーク州ママロネックのウイングドフットGC(パー70)で開幕し、8年連続出場で日本男子初のメジャー制覇を目指す松山英樹は6ホールを終えて1アンダーとした。

後で読む
スポーツニッポン

【荒磯親方 真眼】照ノ富士は踏み込みがしっかりしていて我慢もできていました。左上手が取れないと思った瞬間に左からのはず押しに変えて、大栄翔の右からの攻めを半減以下に抑えました。突き押し相撲が嫌がるのは脇の下に手を入れられること。赤ちゃんが高い高いをされると何もできなくなるのと同じです。あそこまでポイントを押さえられてしまうと、大栄翔もたまったものではありません。

後で読む
スポーツ報知

オリックスが9回2死から1点差に迫る粘りを見せたが反撃及ばず、8月21日~23日の西武戦(京セラD)以来の3連勝はならなかった。

後で読む
スポーツ報知

日本ハムの上原健太投手(26)が8回1/3を5安打2失点(自責1)の好投も、勝利には結びつかなかった。8回までは先頭打者を一度も許さず、無失点。同郷(沖縄)の先輩・東浜と0―0の投手戦を演じたが、9

後で読む
スポーツ報知

日本ハムは、ソフトバンクに競り負けて4カード連続の負け越しとなった。

後で読む
スポーツ報知

完敗を喫して貯金がなくなったDeNAのラミレス監督は試合後、「あしたからのシリーズが重要。勝って5割以上になるようにしたい」と18日からの首位・巨人との3連戦(横浜)で巻き返す意欲を示した。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人0-11阪神」(17日、東京ドーム) 巨人・宮本投手チーフコーチが今季3敗目を喫した先発のサンチェスに苦言を呈した。

後で読む
デイリースポーツ

「オリックス4-5楽天」(17日、ほっともっとフィールド神戸) あと一歩まで追い詰めた。2点ビハインドで迎えた九回に1点差に詰めより、なおも続いた2死満塁の好機で杉本が打席へ。ただ、最後は一邪飛に倒れた。1995年当時の復刻版ユニホームで臨んだ今カード3連戦は2勝1敗で勝ち越し。それでも、中嶋監督代行は「負けは負け。良いところまでいったとしても負けは負け」と、この日の敗戦を受け止めた。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人0-11阪神」(17日、東京ドーム) 試合後、巨人・田中豊の出場登録抹消が決まった。代わって、堀岡が1軍に昇格する。

後で読む
デイリースポーツ

「巨人0-11阪神」(17日、東京ドーム) 巨人は九回の守備時に、内野手登録の増田大がブルペンで投球練習をする場面があった。結果的には2試合目となる登板はなかったが、宮本投手チーフコーチは「監督のお気遣いによって」のことだったと説明した。

後で読む
東京スポーツ

中日は10月10日の巨人戦(ナゴヤドーム)で、今年1月17日に急性心不全のため、78歳で亡くなった高木守道元監督の追悼試合を開催することを17日に発表した。  当初は2月29日にナゴヤドームで、3月…

後で読む
東京スポーツ

投打がかみ合った。ヤクルトは17日のDeNA戦(神宮)に9―0で快勝し、8月16日以来の2連勝で9カードぶりの3連戦勝ち越しを決めた。先発の高梨は粘りの投球で5回無失点。中継ぎ陣も6回から近藤―中沢…

後で読む
東京スポーツ

深いつながりと感謝があったから涙が止まらなかった。ソフトバンク・東浜巨投手(30)が17日の日本ハム戦(札幌ドーム)で8回無四球無失点の快投。16日に急逝した三軍コンディショニング担当の川村隆史さん…

後で読む
東京スポーツ

ヤクルトの浜田太貴外野手(20)が17日のDeNA戦(神宮)に「1番・右翼」で2試合連続でスタメン出場を果たし、プロ初本塁打を含む5打数2安打3打点と大活躍を見せた。  初回の先頭での第1打席では投…

後で読む
東京スポーツ

西武は17日のロッテ戦(メットライフドーム)に1―8で敗れて3連勝でストップ。再び借金3となった。  先発・内海が4回5安打4失点(自責2点)と粘れず、打線も相手先発・岩下の前に9回途中まで4安打1…

後で読む
スポーツニッポン

日本ハムの5年目左腕・上原が、自己最長8回1/3を2失点(自責1)と好投も、報われなかった。

後で読む
スポーツニッポン

ヤクルトの2年目・中山翔太外野手(23)が、4―0の6回1死から「チームの流れに乗ろう」と代打で左越え3号ソロを放った。

後で読む
スポーツニッポン

プロ初完封まであと3人となり、ロッテの6年目・岩下は力んでしまった。

後で読む
スポーツニッポン

東京六大学野球は19日に秋季リーグ戦が開幕する。開幕を控えた17日、6校の監督と主力選手がオンラインで会見し、抱負を語った。

後で読む
サンケイスポーツ

国際テニス連盟(ITF)は17日、オンラインで記者会見を開き、女子の国別対抗戦のフェド杯の名称を「ビリー・ジーン・キング杯」に変更すると発表した。女子ツアーを統括するWTA創立者で名選手だったキングさんの名前を使うことで、大会の地位向上などを目指すという。

後で読む
並び替え可能( Cookieで保存)。
よく使用する競技を下に(片手で届く場所に)並び替えて使用してください。
追加したい競技があればコメントください。